旅・ミニ旅・体験

2023.01.21

2023真冬の北海道「愛車で一人旅」の まとめ

 走行距離や費用など、簡単にまとめておきます。

230114oarai_ferry01

◇出発から帰着までの 総走行距離 945km
 (うち自宅-大洗フェリーターミナル往復 256km)
 道内走行距離 688km(うち雪道走行距離はざっと 300km強)

211213snowdrv03

◇消費ガソリン 94.66L(ハイオク) 平均燃費 9.98km/L
 ガソリン代 22,112円 (東京より 10円強/L高い)
 高速道路代 11,910円

Furano_twinroom23

◇フェリー(クルマ+スーペリア室料) 往復 67,380円(片道 33,690円)

230118_otaru01

◇宿泊費 道内4泊(すべて朝食付)    32,151円

230115yozorano08

◇食費・飲み代、入園料、お土産代等 ざっと 32,000円

旅費計 165,553円

230116for_furano03

北海道の冬道について
 これまで家内の里 信州はもちろん、南東北遠征(2017年2月)北東北遠征(2018年2月)信越国境遠征(2019年2月)尾瀬丸沼の雪道等々、毎年厳冬期の雪国を走破してきたものの、これほど氷雪路を長い距離(連続で)走ったことはなかった。

 本州の雪国は清く正しい圧雪路が多く、結構スノードライブを楽しむことができたのだけど真冬の北海道は違った。

230117to_biei01

 書いたように踏み固められた雪がアイスバーンとなり、その上に新たな雪が乗っている状態。とにかくやたらよく滑る。

230117to_biei03

 幸い他に人やクルマがいない道だったけど、停止線(があるはずの位置)で停まれずに大きくはみ出したこと二回。カーブを曲がり切れず大きく膨らんだこと一回。その後は慣れに慎重さが加わったことで同じことはなかったけど、快適なスノードライブばかりが続くというわけには行かない氷雪路でした。
 大胆に、慎重に、そして楽しく走りきりました。

 たまに除雪されて間もない清く正しい圧雪路が出て来ると凄く嬉しかったなぁ。

 そういえば苫小牧を離れると東京および首都圏ナンバーのクルマには全く遭わなくなりました。さすがにこの時期、クルマで来る人は少ないみたい。

最後に携行品・装備品について

◇持って行ったけど幸い使わなかったもの。
 スノーチェーン、スタック脱出用ラダー、折り畳みスコップ、ジャンプスターター、イヤーマフ、分厚い手袋。

◇持って(装備して)行って正解だったもの。

221124dmv3_22

 スタッドレスタイヤ、は当たり前ね(BLIZZAK DM-V3)。

211201_4winter01

 そして、スノーワイパー。通常のワイパーだと雪国では役に立ちません。

Windowwasher60

 -60度まで対応のウインドウォッシャー液原液のまま入れておくこと。-18.7度の富良野でも凍らなかった。(以前 -40度まで対応のもの(原液のまま)が富士ケ嶺の -10度で凍って出なかったとの証言有り)

230123snow_ice

 左が普通のスノーシューズで圧雪路までは大丈夫。右がスパイクが付いた氷雪路専用のアイスシューズ。これのおかげで札幌や旭川の夜の街(歩道はツルツルなんです)でも普通に歩けました。ただしドライ路面やホテルのロビーだとカチャカチャとウルサイ(^^;

 ほかにスノーブラシとアイススクレーパーは必需品。はてさて、こんなものかな?
 というわけで、これにて真冬の北海道一人旅の総括?とします(^^ゞ

 もう冬の北海道に愛車で行くことは無さそう。でも本州の秋田・山形等の豪雪地帯には行きたい場所がいくつかある。私とクルマが元気なうちに行っておきたいと思っています。

・追記:持っていったけど使おうとさえしなかったもの
 一眼レフカメラ 2基、レンズ 沢山、三脚(^^; バッグから出しもせず。

230117santouka02

 道内4泊で食べたラーメン:5杯(札幌けやき、旭川 蜂屋・山頭火、小樽 麻ほろ、支笏湖 支笏莊)

| |

2023.01.20

2023真冬の北海道「苫小牧から大洗へ」

 支笏湖からは 27km、40分ほとで苫小牧着。まずは調べておいた高圧洗浄機のあるコイン式洗車場へで氷雪混じりのドロ落とし。

230119tomakomai01

 15時過ぎには苫小牧フェリーターミナル着。乗船予定の「さんふらわあ ふらの(往路と同じ)」が着岸して待ってくれてますね。

230119tomakomai02

 乗船手続きを済ませ、お土産も買わなきゃね。スマホの充電がてら喫茶室でまったり。向うに見えているのは太平洋フェリーの「きそ」ね。そうこうしているうちに乗船開始。慌ててクルマに戻り乗船。

230119tomakomai03

 18時前には船室(これもまた往路と同じスーペリアツイン)に入り展望デッキからフェリーターミナルをパチリ。

 長いようで短かった道内4泊5日(+船中2泊)の旅もこれにてお終い。往路みたいに揺れると嫌だなと思っていたのだけど幸い復路はベタ凪。よく眠れました。

230120ft23

 翌日14時、定刻どおり大洗フェリーターミナル着

230120ft43

 最後に大洗フェリーターミナル着岸(寸前)の画像を載せておきましょう。

 あとは東京へ帰るだけ。圏央道→常磐道→首都高と順調に走って17時過ぎには無事帰宅となりました。

 これまでお付き合い頂いた皆様、どうもありがとうございました。

◇CANON PowerShot G7X Mk3 24-100mm/F1.8-2.8

| |

2023.01.19

2023真冬の北海道「支笏湖へ」

 今日は渡道最終日。だから余裕をもって苫小牧へ着かないと。そう思って今日はこれと言った予定は入れていない。
 あ、小樽から日本海フェリーで新潟へというルートももちろん考えたけど、冬の日本海は演歌の世界。荒れると半端じゃないのですね。

 さて余裕をもってとは言うものの、小樽から直接苫小牧を目指すと時間が余り過ぎてしまう。チェックアウト時間までギリギリ粘って出立。

 札樽道の札幌西ICからはずっと下道。一日で 50cmも積もったという三日前の大雪がウソみたいに除雪されていて、殆どがウエットかドライ路面。さすが北海道、雪対策は万全みたいだ。とまれ立ち寄ったのはこちせ。

230119shikotsuko01

 「支笏湖」

230119shikotsuko02

 ご存じのとおり抜群の透明度を誇る湖ですね。でも不凍湖だというのは知らなかった。一度は来て見たかったのですよ。

230119shikotsuko04

 着いてみると近辺の店は殆どが冬季休業らしく閑散としたもの。湖畔をかるく散策していると急に騒がしくなった。また例によって例の団体さんたち(^^;

 取り敢えず昼食をと、営業している数少ない店の一つへ入ってみることにした。

230119shikotsusou01

 「食事処 支笏荘」 ご夫妻だけで営業している店みたいだ。1951年創業というから、もう71年。ご夫妻ともそんなお年に見えないので二代目なのかな。
 支笏湖名物のヒメマスを使った料理を期待したのだけど無かった。漁が無いためだそうだ。残念。

230119shikotsusou02

 「みそラーメン 850円」
 仕方ないので創業時から変わらない味だというこれを注文。うん、昔ながらの味噌ラーメンですね。

230119shikotsusou03

 ややヤワ目の細ストレート麺は後半若干ダレぎみかな。

 見た目よりたくさんの野菜(モヤシ)が入っていて、その甘みも溶け込んでいる。特別なことはなくても充分旨いラーメンではありました。

 時間はまだタップリあるので、最初はかつて FCAMPerの憧れであった「美笛キャンプ場」へ廻ってみるつもりだったのだけど、ビジターセンターで聞くとやはり冬季閉鎖だという。

 仕方ないのでコーヒーなど頂いてこの店でまったりしつつネット検索。高圧洗浄機があるコイン洗車場を見つけて、フェリーに乗る前にこびり付いたドロ雪をザッとでも落としておきたいからなのです。

 さて苫小牧フェリーターミナルまでは 27km。北海道における最後のひとっ走りです。

◇CANON PowerShot G7X Mk3 24-100mm/F1.8-2.8

| |

2023.01.18

2023真冬の北海道「麻ほろ 小樽本店」で醤油ラーメン

 前に書いたように小樽駅近くで呑んだ帰り道、〆はラーメンだよねなどど思いながら歩いていると、暗い夜道の途中にポツンと点いた灯りを発見。

230118mahoro01

 「自然派ラーメン 麻ほろ 小樽本店」
 もう雰囲気がすでに名店? ためらいなく入りましたね(^^; 外も中も新しく清潔。本店と言うから他に支店があるのかは調べたけど不明。店内に先客は無し(後客ひとり)。スタッフは男性二人体制みたいだ。

230118mahoro02

 メニューを眺め飲んだ後的にはアッサリだよねと。一番左上を選択。注文を告げて待つことしばし。

230118mahoro03

 「あっさり醤油ラーメン 880円(税込)」
 いかがでしょう。正統派の醤油清湯ではありませんか。

230118mahoro04

 鶏と魚介(煮干し?)でとった澄んだスープをひと口すすると、うん旨い。最近求め続けているのが、こんなラーメン。とりわけ呑んだ後には余計に身体が欲しているのですよ。

230118mahoro05


 中細ストレートの麺も硬すぎずヤワ過ぎずで好ましい。

 小樽って札幌に近いせいか、ご当地ラーメンみたいなものはないみたいだけど、こんな醤油清湯のラーメンが名物になると良いかもしれない。

 ともあれ、全て美味しく頂いて完食の七割汁。ご馳走様でした。

 さて北海道で迎える最後の夜。明日は苫小牧からフェリーの船旅です。ホテルへ戻ってノンビリ過ごしましょう。

自然派ラーメン処 麻ほろ 小樽本店
 北海道小樽市色内1-7-7 最寄駅:小樽
 10:00-14:45 17:00-20:30
 朝ラー 7:00-9:15 (除月・火) 月曜休

| |

2023真冬の北海道「小樽へ」

 今朝、旭川の気温は -10度だったという。昨日は -19度だったから、これでも寒さ厳しいというわけではないみたい(^^;
 今日は特にこれといった寄り道の予定もない。そんなわけで遅めに旭川を出立。

 最初は曇りだったお天気は札幌方面に向かって南下していくにつれ曇りから雪降りとなった。道はほとんどドライというかバッチイ泥混じりのウエットという状態。

230118_3dououdou

 途中の滝川からは道央道を利用することにした。しばらく行くと大雪となり三笠ICあたりからは吹雪。それでも走行車線は轍のところだけはウエットで普通に皆さん 100km/hで走ってる。間もなくまるで嵐のようなブリザード。怖いくらいの横風が吹きつける中、時折り出て来るのが妙に遅いクルマ。こいつを追い越すために車線を変える時がちょっとしたバンジーチャレンジ(^^;

 そんな吹雪も札幌市内に入ると、嘘のように止んでくれた。途中から札樽道へと入り、15時少し前に小樽着。手近なGSで給油して本日の宿へ。北海道のハイオクは 175円/Lが普通みたい。10円高い(^^;

230118_otaru01

 「ホテル ノルド小樽」という、今回の旅の中では一番高級なホテル(^^;へチェックイン。小樽運河を見下ろせるホテルなのでちょっとお高いのですね。

230118_otaruunga

 一休みして暗くなったところで例によって宵の口の街へと。まずは夕暮れの運河をグルリと散策するつもりだったのだけど、ここでも大陸系の沢山の皆さんが・・・。

 それではと早めの呑み兼夕食をと 17時からやっていて地域クーポンが使える店を二つほど調べていたのだけど、なぜか臨休。
 駅前まで行けばなんとかなるだろうと小樽駅方面へと向かうと、途中で海鮮が売りの居酒屋を発見。

230118_otaru04

 「濱焼北海道 魚萬 小樽駅前本店」
 ここでも例によって地域クーポン(2,000円)を使いましょう。なんと15時からやっているのですね。(後で調べたらモンテローザ系でした(^^;)

230118_otaru02

 呑み放題を頼んで、ビールでスタート。そして黒霧の水割を一杯二杯三杯・・・。17時半を過ぎると地元と思われる人たちで混み始めた。良かった大声で話す人たちでなくて。

230118uomanebi

 「刺身の盛合わせ(撮り忘れた)」のほか、東京ではなかなかお目にかからない「ぼたん海老の唐揚げ」なんてのがあったりして嬉しい誤算。呑み放題にしたこともあって、結構呑みました。

 さて、仕上げはどうしようなんて思いながらホテルへと戻る道をたどっていると、脇道にポツンと灯りが。

230118mahoro

 おおっ!と驚きつつ、ここから先は別にタイトルを分けましょう。

濱焼北海道 魚萬 小樽駅前本店
 https://www.monteroza.co.jp/shop.html?shop=870004
 北海道小樽市稲穂2-9-9 稲穂2丁目ビル
 15:00-24:00 土日祝 11:00-24:00
 無休

| |

2023.01.17

2023真冬の北海道「ラーメン 山頭火 旭川本店」

 旭川の安ビジネスホテルにチェックイン。ここ間違いなく元ラブホだよ(^^; ツインルームだけどベッドも風呂場も広々としてるのがいいところ(^^ゞ

 北海道ともなると暗くなるのも早い。ホテルから 3分ほどの焼き鳥屋で一杯。もちろん地域クーポン利用で安く済ませます。

230117santouka01

 「らーめん 山頭火 旭川本店」
 そして旭川で締めと言ったらラーメンでしょうと、立ち寄ったのがこちら。東京でもあまりにも有名ですね。ただ今残っているのは全てFC店?

 19時少し前という時間で空席はわずか。さすが本家、繁盛しているようだ。オーダーは山頭火と言ったら私的にはこれ。

230117santouka02

 「しおらーめん 900円」
 東京でも何度も食べた塩ラーメンと全く同じルックス。ちょっと嬉しい(^^;

230117santouka03

 でもお味の方が私が知っている(東京の)山頭火とは違うみたい。ずいぶんアッサリというか薄味な印象???。
 バラ肉のチャーシューも同じ。うーん。

 まぁ、かなり飲んだ後だし、自分の感覚の方がおかしくなっているのかも。

 店を出ると外は結構な雪降り。夜の旭川駅近辺を散策しながら宿へ戻ることにいたしましょう。

らーめん 山頭火 旭川本店
 https://www.santouka.co.jp/shop-jp/hokkaido/area01-001
 北海道旭川市1条通8-348-6 最寄駅:旭川
 10:00-21:00 無休

| |

2023真冬の北海道「旭川ラーメン 蜂屋本店」

 旭山動物園を出ると途端に孤独のグルメな五郎さんよろしく・・・腹がへった(^^;

 予定していたのは、もちろん旭川ラーメン。それも「青葉」でしょうと。営業日と時間をちゃんと調べた上で行ってみると、なんと臨休(;_;) おいおい、せっかくここまで来たのに臨休かよと。

 気を取り直して次善の策として考えておいたのは、こちら。

230117hachiya00

 「ラーメンの蜂屋 旭川本店」
 昭和22年(1947年)創業とここもまた旭川ラーメンの老舗中の老舗ですね。ほかに五条創業店なる店もあるみたいなので、どっちがどうなのかカオスです(^^;

 さて店内に入ると先客x4の後客x3。スタッフは厨房x4のフロアx2。壁には有名人のサインが何枚も貼られている。

230117hachiya01

 こちらがメニュー。ちょっと迷ったけど、旭川と言えば醤油でしょうと、ライス小とともにオーダー。

230117hachiya02

 「しょうゆチャーシューメン 1,000円+ごはん小 150円」
 薄く大きなチャーシューが 3枚載っている。表面を黒く覆っているのは、この店発祥?の「焦がしラード」。隠れて見えないけどキザミねぎとメンマもちゃんとある(^^;

 提供された瞬間にこの焦げたラードのニオイが鼻孔を刺激する。これ好きなニオイ。 ラード層の下にある本来のスープは白濁した豚骨系。

230117hachiya03

 白い麺は細ストレートのやや縮れで、割りとヤワめ。チャーシューが思ったほど柔らかくはなかったかな。

 今時のラーメンとしてはもの凄く美味しいとかではないかもしれない。でも、旭川で「蜂屋 本店」を食べているんだぞ、と言う満足感が自分の舌を上回ります。文句なし。

230117hachiya04

 例によって白飯を「チャ丼化」したものね。このためにチャーシューメンにしたのです(^^ゞ

 全て美味しく頂いて完食の8割汁(最近全汁はしない)。ご馳走様でした。

 ちなみにこの後、高圧洗浄機のあるコイン式洗車場で、こびりついた氷雪混じりのドロ落としをしたのでした。ホイールハウス内外に着いたヤツが難敵でカチンカチンの氷状態。高圧のスプレーガン以外では落とせないのです。

ラーメンの蜂屋(はちや)旭川本店
 https://www.instagram.com/hachiya19471208/?hl=ja
 北海道旭川市三条通15丁目左8 最寄駅:旭川
 10:00-15:20 水曜休

| |

2023真冬の北海道「旭山動物園」

 美瑛の丘を後にして次の目的地へと進みましょう。晴れてはいても外気温はずっと -13度から -14度あたり。

230117to_zoo

 旭川市内までの道はずっとこんな感じ。今日もまたヘタなギャグみたいによく滑ります(^^; たまに出て来る清く正しい圧雪路が唯一の楽しみではありますね。ほんと結構な緊張の連続です。
 そんなこんなで、たどり着いたのは今日のメインであるこちら。

230117asahiymazoo1

 「旭山動物園」
 園内の気温は -10.8度とか(^^; でも不思議とやたら寒いという感じはしない。東京の真冬と変わらぬ服装でOKだ。

 撮った動物たちのいくつかを載せておきましょう。最初はやはりこれね。

230117asahiymazoo2

 あざらし館の「あざらし」君。旭山動物園と言えばここみたいに有名。

230117asahiymazoo4

 続いてシロクマ君。「ホッキョクグマのお.や.こ」

230117asahiymazoo5

 迫力の「エゾヒグマ」。堂々としたもんです。

230117asahiymazoo6

 ペンギン君は「キングペンギン」。シロクマもそうだけど、雪の上というのがリアルだよね。

 ほかにレッサーパンダやオオカミ、フクロウ、たんちょうづる等々。ノンビリとひととおり見て回ると13時を廻っている。二時間ほどもいたことになる。入園料 1,000円でこれだけ楽しめれば文句なしかな。やっぱりこの地に来たら寄らないとね。

 そろそろお腹もすいてきた。園内にレストランもあるけれど、それじゃ味気ない。ここから旭川市内までは30分ほどだという。であれば昼食はもちろん旭川ラーメンでしょう。

旭山動物園
 https://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/asahiyamazoo/

| |

2023真冬の北海道「美瑛の丘へ」

 今朝、富良野の気温はマイナス18.7度だったという。ホテルを出た 9:30過ぎにクルマの外気温系は -14度を指していた。

230117to_biei01

 富良野(中富良野)から美瑛への道はおおむねこんな感じ。昨日書いたように踏み固められたアイスバーンの道ばかりだ。

230117to_biei02

 最初に向かったのは「マイルドセブンの丘」。あれま途中から通行止めで近くへ寄れない。

 どうやらここは正確には「マイルドセブンの丘(旧)」だったようでカラマツ林は 5本だけとなり、CM当時の面影はほぼないのだと(^^;

230117to_biei03

 まぁそれでもと遠めからズームでパチリ。広い雪原とカラマツのコントラストは、それなり。青空だったら、もっと良かったのにね(^^ゞ

230117to_biei04

 続いて向かったのは「セブンスターの木」。着いてみるとご覧のとおり観光客だらけ。観光バスは 2台。大きな声で話す人たちがいっぱいで倭人は私だけ?

230117to_biei05

 そんなわけでベストポジションは取れず、少し離れて白樺の並木をパチリ。

 「ケンメリの木」とかにも行ってみようかと思ったけど、かつて行ったことがあるのと、ここと同じような光景に出くわす可能性がもっと高いと思ったので、美瑛の丘を離れることに・・・まぁ、一面の雪景色を見に来たということで(^^;

 というわけで、旭山動物園編へと続きます。

◇CANON PowerShot G7X Mk3 24-100mm/F1.8-2.8

| |

2023.01.16

2023真冬の北海道「富良野へ」

 昨日の寝不足が幸いしたか、昨夜は熟睡というか爆睡。珍しくアラームに起こされた。窓から外を見ると雪降りだ。

230116for_furano01

 ホテルであまり変わり映えのしないバイキング形式の朝食を摂っていると、小降りだった雪が結構な降りに変わってきた。天気予報によると明日朝までに 20cmほども積もりそうだという。
 へぇーなんてだらだらと出発の準備をしていると、もう10時。クルマにも 7-8cmほど雪が積もっている。

230116for_furano02

 サラサラな雪をささっと払って、大雪の中を出発。今日の目的地は富良野。待望の雪道ではあるものの 115kmの行程がずっとこの雪だと大変だななんて思いつつ札幌市を過ぎるとそこは晴天。ちょっと不思議。

230116for_furano03

 高速は除雪されていてドライ状態だけど三笠ICから下道へ降りると殆どは雪道。楽しみながら慎重に行きましょう。外気温はマイナス4度から 5度あたり。

 富良野駅近くで給油して、最初の目的地は「麓郷の森」。富良野駅からは20km弱だ。

230116for_furano04

 でも着いてみると冬季閉鎖中。近くの「五郎の石の家」も同じで近くまでも行けない。

230116for_furano06

 途中の「拾って来た家」は定休日となっていたけど冬季休業なのだろう。でも家はすぐそこに見えていたのでパチリ。北の国から系の観光地は冬季閉鎖または休業が殆どみたいだ。このあたりの気温は -9度

230116for_furano07

 気を取り直して「青い池」へと向かってみると、雪に覆われた白銀の世界で、どこからどこまでが池なのか分らない(^^;
 いやはや、今日の観光の目玉は全てボツ。まぁちゃんと下調べをしてなかった私が悪いのだけどね。

 気が付くと 15時に近くなっている。昼メシを食べ損ねてしまった。

 取り敢えず天然温泉が売りだというお宿へと向かうことにいたしましょう。

 本日の走行距離はざっと 220kmほどか。そのうちの少なくとも半分は雪道だった。ほかにクルマも人もいない道ばかりだったから良かったものの、何度か怖い思いもした。
 カカァナビが同乗してたら、さぞやウルサかったことだろう(^^;

 北海道の道は踏み固められた雪がアイスバーンとなり、その上にサラサラの雪が載っている状態が多い。圧雪路のつもりで機嫌よく走っていると、よく滑る。

 思ったところで停まれずに、停止線を大きくはみ出したのが二回(^^ゞ 曲がり損ねて大きく膨らんだのが一回。細かいカウンターは数えきれない(^^;

 あれほど雪道を欲していたのに、ドライ路面が現れるとホッとする自分がいたのでした。

 というわけで本日はここまで。温泉に浸かって一杯やって、さっさと寝ることにいたしましょう。

| |

より以前の記事一覧