旅・ミニ旅・体験

2019.07.20

「ばんや@九十九里」で 海鮮丼とイワシのフライ

 最初は大網白里の有名な永田ドライブインに行く予定で、小雨模様の首都高から京葉道路、東金道路と乗り継いで目的地。着いてみるとなんと「改装のため当分の間休業」ですと。ここまで走ってきて振られるのはあまりにも悲しひ。
190720_99banya01

 気を取り直して次善の策はここ「ばんや」 。九十九里町の海岸からすぐそばにある。

190720_99banya02 190720_99banya03

 11時少し過ぎに着いてみると、すでにお客さんが入り始めている。この店で最も有名なのは「大盛り天丼(気になる人はクグッてね)」なのだけど、気分は海鮮丼。そして九十九里と言えば鰯(イワシ)でしょう。

190720_99banya04

 「海鮮丼(定食) 1,680」「イワシフライ 700円」
 海鮮丼だけでも結構なボリューム。イワシフライの質感を見誤ったかな。若干腰が引けつつもアタック開始。

190720_99banya05

 大きなエビにマグロ赤味、中トロに鯛、サーモン、ヒラメのエンガワ等々。「漁師がやってる店」というだけあって鮮度も抜群。

190720_99banya06

 イワシフライは身が厚くて、サクサクの衣に中はフワフワ。もう文句ない文句ない。

 なるほど九十九里でナンバーワンといわれる人気ぶりなのが良く判りますな。お腹いっぱいの幸せイッパイで、ご馳走様でした。

190720_99ri

 パッとしない天気だけど、せっかくだから九十九里の海岸も載せておきますね。

 

ばんや
 http://99banya.com/
 千葉県山武郡九十九里町不動堂450
 10:00-19:00(営業時間は変動するそう)
 月3回火曜休(祝日の場合は翌水曜休)
 7-8月は無休 050-5571-9136

|

2019.07.06

望月商店@富士宮「ヤオヤノフルーツサンド」再び

 昨夜は富士市まで移動して「APAホテル」に一泊。夕食はすぐ隣りにある「大阪王将」。ギョウザで一杯ね。
 どうして富士市かというと今日の富士宮のため。クルマで20分強の距離 かつ 富士市の方がビジネスホテルが多いのですね。

190706fruitssand

 「望月商店」。例の「ヤオヤノフルーツサンド」のお店ね。
 今回は家内のリクエスト。可能なら昨日だけで済ませてしまいたいところだけど、お目当てのフルーツサンドは 10:00と 14:00の二回しか販売しないので、小田原と同日にというのは無理。

 9:00直前に着いて店内に入ると、すでに8人ほどの行列。前回は 9:10着で 20人だったから、今日は比較的軽い方か。

190706fruit3d02

 定刻ジャストに販売開始。ショーケースにズラリと並んだ・・・と言いたいところだけど先客の8名様が一組ずつ買い終えた後なので、ちょっと歯抜けになってる。家内と二人で、お土産分を含めて 8,500円ほど。サンドイッチにこんな散財することは普通ないよね(^^;

190706fruit3d03

 こちらが家族4人分ね。いかにも美味しそうでしょう。これはもう立派なケーキです。
 買って帰ると前回で味をしめた娘達の嬉しそうな笑顔。でも今晩は同じく富士宮で買ってきた「シャトーブリアン」様を中心とする焼き肉パーティーだから、明日の朝食または昼食用にね。

望月商店
 静岡県富士宮市青木325
 9:00-18:00 日曜休

|

2019.07.05

「ヒルトン小田原リゾート&スパ」で 湯ったりランチビュッフェ

 金曜日。平日の都内はやはり混んでいる。初台南で首都高に乗るまでが ひと苦労。そのせいもあって、ゆとりを持って出たつもりが到着は予約時間ギリギリとなった。

190705hiltonoda01

 「ヒルトン小田原リゾート&スパ」
 東京から2時間弱。小田原にヒルトンホテルがあるとは知らなんだ。

190705hiltonoda02 190705hiltonoda03

 温泉好きの家内のリクエストで、ここのレストラン「ブラッスリー フローラ」での「湯ったりランチビュッフェ」というプランを予約したものだ。

190705hiltonoda04

 11:30スタートの 90分一本勝負。まずは家内と二人、食べたいものをひと通りとって、このルックスだけで結構満足。あ、撮ってないけどドリンクバーも付けている。

190705hiltonoda05

 ローストビーフをメインに肉類中心のコーナーや魚介中心のコーナー。

190705hiltonoda06

 さらにその他海の幸、山の幸。もちろんサラダバーも充実。最初に取ってきたモノだけで、もうお腹いっぱいの幸せいっぱい。

190705hiltonoda07 190705hiltonoda08

 でもこちらのデザートや果物は別腹だそう(^^;

Hilton_flora

 そうしてこちらが大浴場。もちろん天然温泉ね。画像はHPから拝借したもの。

 滞在時間は3時間ほどだったけど、比較的安いしで大満足の小田原ヒルトンなのでした。

ヒルトン小田原リゾート&スパ
 https://hiltonhotels.jp/hotel/kanto/hilton-odawara-resort-and-spa

|

2019.06.23

「食事処 やまよ@木更津」で アナゴ天

 友人の君ちゃんがFBで紹介していた情報を見て、居ても立ってもいられず、走り出した(^^; 向かうは木更津。昨日上州遠征から帰ってきたばかりだというのにね。

190623umihotaru

 潮干狩りの狂騒もひと段落したようで、雨模様のせいもあって朝からアクアラインはスカスカ。もちろん浮島ICまでは下道ですよ。

 木更津金田ICを降りてわずか 5分ほど。こんなところに?というような場所に店はあったのですね。

190623yamayo01

 「食事処 やまよ」
 この木更津の地にあって、いわゆる江戸前の穴子(アナゴ)料理を出す店として有名だそうだ。
 人気店でもあるし日曜日だしで早めが吉だよねと開店時間の 11:00 少し前に着いてみると、すでにお客さんが店内に入り始めている。

190623yamayo04

 でも広い店内はまだまだ余裕。私は一人だったのでカウンターに着席。壁には有名人と撮った写真が沢山飾られている。

190623yamayo02

 メニューを眺め、一番人気だという「あな天重」をオーダー。たいして待つこともなくご提供。

190623yamayo06

 「あな天重定食 1,300円」
 アナゴが丸々一本と、かぼちゃ、ししとうが添えられて天ぷらのお重になっている。そして味噌汁に冷奴、ひじきの小鉢とお新香という構成。このルックスだけでもかなりお得な気分。

190623yamayo07

 さくさくの衣とフンワリのアナゴ。食感だけでなく、ウナギほどではないにしても脂の載ったアナゴが旨い。
 ドンツユを自分で足すことができるのも良いところ。適量掛けまわして、山椒を多めに振って食べ進み、完食。
 強いていえば、ご飯の量がちょっと物足りないか。大盛りができるのか聞いてみれば良かった。

 この地でアナゴ料理というと、アナゴの刺身や白焼きが食べられる富津岬の「大定」が有名だけど、この店もまたいい。何よりコストパフォーマンスに優れている。

 君ちゃん、美味しい情報をありがとう。今度は家内を連れてきてやろうと思います。

食事処 やまよ
 千葉県木更津市瓜倉610
 11:00-14:00 16:00-20:00
 火曜、第3月曜休

|

2019.06.22

赤城高原SAで「へぎそば」

 さてさて、「とんかつ街道」への ひとり旅も「金重」の大満足をもっておしまい。東京へと戻ることにいたしましょう。

 今日は宿にした前橋から沼田IC間は高速で。ドラ割りの「ググッとぐんまフリーパス」だから、高速代が気にならないのがいい。

190622akagisa01

 途中「赤城高原SA」でトイレタイム。このSAに寄るのは初めて。中のフードコートを覗いてみると、おやま「へぎそば」の店があるではありませんか。

190622akagisa02

 「越後十日町 小嶋屋」(総本店でない方ね)とあるので、それは食べておかねばと予定外の一杯というか一箱。(中野に帰ってから行くべき店がまだあったのですよ)

190622akagisa03

 「へぎそば 800円」
 この冬に津南の「とみざわ」で食べて以来の へぎそばになる。

190622akagisa04

 思ったよりヌルヌル感が少なめだけど適度なコシがあって旨い。この手のフードコートにしては充分まとも。

 久しぶりに へぎそばを頂いて、ご馳走様でした。

 途中、藤岡Jct.あたりから何度か大雨というか豪雨に遭遇。そう言えば大気の状態が不安定だとか言ってたっけ。

 1泊2日の上州遠征。無事に帰り着いて、ひと安心。

赤城高原サービスエリア(上り)
 https://www.driveplaza.com/sapa/1800/1800101/1/

|

上州沼田とんかつ街道「とんかつ 金重」

 土曜日。今日もまた雷雨の予報が出ている上州北部。前橋のビジネスを発って再び沼田へ。途中、何度か大雨。

 そうそう、今回の上州ミニ旅には ドラ割りの「ググッと群馬フリーパス(首都圏発着)」を使っているので群馬県内の高速は東京からの往復を含めて定額(6,000円)で使いたい放題なのですね。

190622kanejyu01

 というわけで今回のミニ旅最大の目的地「とんかつ 金重」。昨日も紹介した「上州沼田とんかつ街道」にあって、一度は行ってみたいと思っていた店だ。
 駐車場が6台分しかないというので少し早めに行くことにした。幸い先客は無し。端っこにクルマを駐めて待つうちに定刻となり開店。

190622kanejyu02 190622kanejyu03

 左がメニュー。銘柄豚は「超熟尾瀬ドリームポーク」「奥利根もち豚」の二種類。事前情報どおり前者をオーダー。
 調味料は店主自ら探し歩いたというソース。そしてピンクソルトに七味唐辛子の三つだけ。ある意味潔い。このソースは足利市にある「月星食品」のとんかつソースだそうだ。

190622kanejyu04

 「超熟尾瀬ドリームポークのロースカツ定食 1,750円」
 低温で二度揚げするので時間がかかりますという注意書きどおり、オーダーから 20分強経ってご提供。
 何故「超熟」かというと専用の熟成庫で五週間も寝かせたものだからだそうだ。

190622kanejyu05

 ご覧のとおり白い衣。低温で揚げたとんかつに共通の色。またこの土地でこの色のとんかつを見られるとは思っていなかったので、ちょっとしたサプライズ。その衣は肉に寄り添って、どこにも破綻がない。

190622kanejyu06

 一番厚い部分を返してみると、赤味に見える部分があるのだけど、ちゃんと火が通っているのが伝わってくる。

 食べて見ると肉は驚くほど柔らかく旨い。特筆すべきとはこのことだろう。脂身の甘さも同じ。
 衣はサクサクでありながらパリッとした食感も併せ持っている。このとんかつ凄いや。

 例によって何も付けずから始まってレモンとピンクソルトの組合せで多くを食べた。最後のふた切れをソースで。どれも旨い。

 キャベツが別盛りでドレッシングがかかってしまっている。ソースで食べたかった私的にはちょっと惜しい。でも炊きたてのご飯も味噌汁も旨いしで、もう文句なし。

 この値段にしてこのクオリティー。ちょっと遠すぎるのが難点だけど、機会を作ってでもまた来たい、再訪必至の店なのです・・・・・。

とんかつ 金重(かねじゅう)
 0278-20-9116
 群馬県沼田市白沢町高平26-8
 11:00-14:30 17:00-20:00
 金曜休

|

2019.06.21

2019梅雨の上州路「奥利根うどん本舗」で ひもかわうどん

 「吹割の滝」を見物し、山奥の「花の駅・片品 花咲の湯」で汗を流した後(いいお湯でした)、先ほど来た道を戻って向かったのは「奥利根うどん本舗」

190621okutone01

 往路で「ひもかわうどん」のノボリを見つけていたので、これは寄って見なくてはと。平日の 15時少し前という時間、広い店内に先客は一組二人だけ。

190621okutone02

 こちらがメニュー(の一部)。他の物には目もくれず「ひもかわうどん」ね。東京ドームの「ふるさと祭り」で食べたことがあるのだけど、ご当地(諸説あり)で食べてみたかったのですよ。

190621okutone03

 「もりひもかわ(冷やし)950円」
 木桶の中に武蔵野うどんで言う「一反木綿」風の幅広麺と水菜。めんつゆに薬味が五種類と天かす。

 最初はめんつゆだけで。このつゆ、鰹と鯖?の出汁が効いてかなり旨い。

190621okutone04

 そうして向こうが透けて見える薄さの平打ち麺の食感が素晴らしい。当然コシなどは無いのだけど、ピロピロのツルツル。

 面倒臭いので途中で薬味を全て投入したら、これがなかなか良かった。キレイに食べ終わって、ご馳走様でした。

190621okutone05

 最後にこの店の駐車場からの河岸段丘。午前中より条件は良かったけど、かろうじて河岸段丘と判る程度かな。

 さてさて今日の宿、前橋のビジネスホテルへと向かいましょう。

奥利根うどん本舗
 https://www.okutone-udon.com/
 群馬県沼田市久屋原町1486-1
 11:00-17:00(冬季は 20:00まで)
 年中無休

|

2019梅雨の上州路「吹割の滝」

 せっかく沼田まで来たのだから、とんかつだけではもったいないと、更に東へ。

190621fukiware10

 「とんかつ街道」が終わり本来の R120「日本ロマンチック街道」をしばらく行くと、名勝「吹割の滝」。国道からすぐのところにあるのですね。
 国道沿いにはいくつもの民間駐車場。滝に一番近いという看板の駐車場(500円/日)に停めて歩き出します。

190621fukiware12

 駐車場のおばさんに聞くと、遊歩道を一周で 2km、写真を撮りながらで1時間だそうだ。

190621fukiware13

 山道を下りて間もなく、吹割の滝の下流着。こんな感じの川沿いをもう少し歩くと・・・

190621fukiware14

 「吹割の滝」
 よくテレビや旅行雑誌などで見る光景ですね。

190621fukiware15

 少し上流からだとこんな感じ。全体を俯瞰できる場所がないのが難点か。
 コース図を見ると「第一観瀑台」から「第三観瀑台」まであるというので歩き始めると、ただヒタスラ山道。

190621fukiware16

 途中ではこんな注意書きもあったりして、おいおい勘弁してよ。こんな山道で出会ったら逃げようがないぢゃないのと。

190621fukiware17

 期待した観瀑台はどれも樹木が生い茂り、ちらりと滝が見えるだけ。キツイ山道を歩かされたあげくが これかいっ!(^^;

 大腿筋が悲鳴を上げながらも、なんとか歩き切ったけど、先ほどの滝の上流部分で引き返せば良かったと思い知らされた「吹割の滝」だったのでした。

 汗もかいたし、もう少し山奥の温泉にでも行くことにしましょう。

吹割の滝
 http://www.numata-kankou.jp/sight/fukiwarenotaki/

|

上州沼田とんかつ街道「とんかつ トミタ」

 金曜日、大気の状態が不安定になるとかで信越や関東北部に雷雨の可能性・・・なんて予報が出ている中、朝から関越道を上州群馬北部へ。

 平日とあって関越道もすいている。沼田ICを下りて東へと進路をとると、そこは目指す「上州沼田 とんかつ街道」。この街道沿いに10数店のとんかつ店があるそうだ。別名「日本ロマンチック街道(の一部)」。吹割の滝や金精峠を経由して日光へと抜ける道。こっちの方が有名(^^;

1906221tomita01

 最初の目的地は事前に調べておいた「とんかつ トミタ」。有名店だそう。
 開店時間ちょうどに着いてみると広めの駐車場に HISの観光バスが一台。中に乗客はいない。ということは団体さんはすでに店の中? 嫌な予感がしつつも店内へ。あれ?団体さんがいない、と思ったら二階に団体専用?の席があるらしい。
 とんかつは団体で食べるようなもんではない気がするけど・・・だって、どうしたって揚げ置きになるでしょう?

1906221tomita02

 てなことはおいといて店内。グループや家族連れ用の小上がりというか座敷席とテーブル席。座敷席だと眼下に有名な「河岸段丘」が見られるのだけど、一人なので遠慮した。外で撮った写真は曇りで谷には靄がかかってしまっているので、店先にあった写真をどうぞ (^o☆)\カシッ

1906221tomita03 1906221tomita04

 さて、テーブル席に座ってメニューを眺め、スタッフのおばさまにオーダー。テーブル上の調味料はソースと醤油にアジシオ。ちょっとガックシ。10分ほどのお待ちでご提供。

1906221tomita05

 「上ロースかつ定食 1,850円」
 こんがりとキツネ色に揚がった厚切りのとんかつが目を惹きますな。

1906221tomita06

 見た目は昭和のとんかつ。だけどこの薄い衣はきっちり肉に貼り付いて破綻がない。なんでも数日寝かせたパンを手作業で非常に細かい目のパン粉に挽いたものだそうだ。

 さらに手前のソースは先代から受け継いだ秘伝のもので、これも手作りだそう。50年以上変えていないのだとか。


1906221tomita07

 特に銘柄は謳っていないけど地元産だという豚肉は、見た目にロゼっぽいところはなく良く火が入っているように見える。
 最初は何もつけずそのまま。特に硬いということもなく、なるほどこんな感じねと。続いてレモンだけ。さらにアジシオ(^^;

 結局、自家製で辛味の効いた秘伝のソースで食べるのが一番旨かった。実際久しぶりにタップリのソースで食べたとんかつだった。

 とんかつ街道一番の有名店は、昔ながらのというか昭和の香り豊かな「とんかつ」なのでした・・#。

とんかつ トミタ
 群馬県沼田市下久屋町767-7
 0278-23-3664
 11:00-21:00 水曜・年末年始休

|

2019.06.15

このために富士宮。「ヤオヤノフルーツサンド」

 先日TVで見た情報。富士宮市にとっても美味しい「フルーツサンドイッチ」を出す八百屋さんがあるそうだ。すでに1年ほども前から SNSを通じて拡散され「ヤオヤノフルーツサンド」として有名なのだとか。

 この番組を一緒に見た娘達も知っていたらしく「お父さん、富士宮にはよく行くでしょ。買ってきて!」という命令が。

 というわけで早朝から悪天候を突いて富士宮。東京からは 150km、2時間半ね。大雨の中央高速は走りでがありますな。

190615mochi01

 「望月商店」 結構な行列だというので 10:00のサンドイッチ販売開始に向け 9:10着。店自体はすでに開いていて、店先には八百屋らしく野菜類がズラッと並べられている。
 そして行列はなし。おお、ラッキーと思って店に入るとザッと25人ほどの行列が。私の番まで商品が残っているのだろうかと、ちょっと心配。

190615mochi04190615mochi03

 まだサンドイッチのショーケースには商品はなく、お隣のショーケースにはフルーツゼリーが並んでいる。スマホを眺めながら待つうちに、イチゴのジュースが配られた。ほんの少しだけど嬉しい心配りですな。

 10:00ジャスト、販売開始。先にお姉さんから何か説明があったのだけど、声が小さくて聞き取れない。私の後ろには 30人?行列が店の外にはみ出している。

190615mochi05

 並んでから 1時間強で、ようやく私の番。こちらがショーケースの様子。

190615mochizk4r

 幸い商品が補充されたので、少なくなってはいたけれど、売り切れてはいなかった。良かった良かった。そのせいでちょっと買い過ぎたけどね。

190615mochi06

 帰宅後撮ったもの。一番高いシャインマスカットが 800円で、他は 600円前後。全部で 5千円超(^^;

 娘達、喜びましたね。美味しい!を連発。今日買いに行くとは言ってなかったので、ちょっとしたサプライズにもなったみたい。いくつになっても親は子供が喜ぶ顔を見たいもの。往復の交通費を入れると凄い散財になったけど、まぁ良しといたしましょう。

 ちなみにフルーツサンドの販売時間は 10:00からと 14:00からの一日二回。私の後どれくらいで売り切れたのかは判りませんが、土日は早めの到着が吉のようです。

望月商店
 静岡県富士宮市青木325
 9:00-18:00 日曜休

|

より以前の記事一覧