うどん:讃岐・九州系ほか

2023.01.27

「うどんや 大門@中野」で ぶっかけの冷や

 中野ブロードウエイでお買い物のついで。となれば今日のランチは館内でというのが手っ取り早い。

230127daimon00

 「うどんや 大門」 11:15頃に着いてみると行列は6人。その程度ならと最後尾へ。

 20分ほどで着席。待つ内に注文を聞かれたので、今回は「ぶっかけ」の冷やと天ぷら2種を注文。

230127daimon03 230127daimon02

 メニューの一部。天ぷら各種は黒板に書かれていて日によって違うようだ。もの凄く迷ったのはビールをイクかどうか・・・堪えました(^^; 着席から7分後ご提供。

230127daimon04

 「ぶっかけうどん(中)冷や 550円+天ぷら2種 200円」
  冷たいだしつゆに漬かった冷たいうどんの上には青ネギにショウガ、天カス。(ショウガ、大根おろし、天カスは無料で提供。注文時に伝える)

230127daimon06

 そうしてご覧下さい。このエッヂの効いた麺を。讃岐系にしてはやや細麺であるのに、このエッヂ。そして透き通るような白。見事だと思いませんか。

 ツルツルで強すぎないコシもいい。これぞ讃岐とでも言うべきうどんなのです・・・って本場で食べたことはないんだけど(^^ゞ

230127daimon07

 手前が「ナス 90円」で後ろが「まいたけ 110円」
 うどんの茹で上がりに合わせて揚げ始める天ぷらはアツアツ。だしつゆに軽く漬けて食べてやるのが吉ですね。思ったよりボリュームもあって旨い。

 讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんと、奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも素晴らしい。

 待ち時間より食べている時間の方がずっと短い。食べ終わるのが惜しい。いつもそう思う(^^ゞ

 ともあれ全てきれいに頂いてご馳走様でした・・・・#

 食器を片付け支払いを終えると 行列は4人だけ。前回もそうだったけど、12時近辺の方が少ないのかも知れない。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-18:00 水曜休

| |

2023.01.23

「うどんや 大門@中野」で 釜玉(中)+げそ天

 北海道から帰着後、初の外ランチは中野ブロードウエイ地下にあるこの店。

221210daimon01_20230124133901

 「うどんや 大門」 11時半頃に着いてみると、やっぱり行列。でも 7人ほどだったのでおとなしく最後尾へ。

 30分弱で着席。前回は「ぶっかけ」を食べたので、今回は釜玉のつもり。並んでいるうに注文を聞かれたので「釜玉とげそ天」をお願いした。

221210daimon02 221210daimon04

 メニューの一部。天ぷら各種は黒板に書かれている。事前に注文を聞かれていたこともあって、まもなくご提供。

230123daimon02

 「釜玉うどん(中) 600円+げそ天 140円」
 画像の「バターは別注のトッピングで 60円。讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんは、しっかりとエッヂが立っていて透き通るような白。毎度思う、これ ASWなんだろうか。機会があったら聞いてみたいと思っている。

 出汁醤油?を廻しかけ、よぉくマゼマゼして早速ツルツルと食べ進みます。もうね、この旨さは堪りません。途中でミルタイプのブラックペッパーを適量振りかけてやると、さらに私好みに。

230123daimon01

 アツアツでホクホクのげそ天も旨いしで、例によって文句なし。

 待ち時間に比べて食べるのはアッという間。もったいないくらい。全てきれいに頂いてご馳走様でした・・・・#

 食べ終わって店を出ると 12時を回ったばかりのランチタイムだというのに、なんと行列が無い。こんなこともあるんだ(^^;

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-18:00 水曜休

| |

2022.12.13

「うどんや 大門@中野」で ぶっかけ再び

 昼食時、近くのクリニックへ出かけたついで。取り敢えず中野ブロードウエイへと。

221213daimon01

 「うどんや 大門」。地下の目立たない場所にあると言うのに常に行列の人気店。11時半を過ぎていたので 10人以上並んでたらパスと思ってたんだけど、不思議と6人だけ。ラッキー!と最後尾へ。
 おや、先に食べている人の中に Fkちゃんが。食べ終わったところでご挨拶。なんでも開店の30分も前に並んでいたのだとか。

221128daimon04 221210daimon04

 行列の先頭に近づくと奥さんに注文を聞かれる。前回「釜玉」だったので今日は「ぶっかけ(温)」で行くことにした。

221213daimon02

 「ぶっかけうどん(大) 650円」
 サイドメニューの「とり天 160円」と別注のトッピングは「九条ねぎ大盛り 60円」。ほかに無料のショゥガと天かすを載せて貰った。

221213daimon04

 私の知っている讃岐うどんに比べると、透き通るようなやや細麺。ちゃんとエッヂが立っていてツルツルでモッチモチ。ASWなのかを聞いてみようと思ってたけど、そのタイミングがなかった。ぶっかけのダシつゆはやや濃いめで実に私好み。

221213daimon03

 今回もまたうどんの提供に合わせて揚げられた「とり天」が熱々で柔らかく文句なしに旨い。このご夫婦の連携プレーも見事だ。

 全て美味しく頂いてご馳走様でした・・・・♭

 なんでもご主人は讃岐の名店「一福」で修業した人だとか。めちゃくちゃ丁寧な作業でワンロットは1杯。同じメニューの時だけ2杯かな。
 奥さんは受注と天ぷらを担当している。こちらもまた丁寧で、うどんの茹で上がりに合わせて天ぷらを揚げ始めている。
 とてつもなく忙しいはずなのに、お二人の優しい応対もまた特筆すべき点だろう。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-18:00(売り切れ終了)水曜休

| |

2022.12.10

「うどんや 大門@中野」で 釜玉(大)+とり天

 中野ブロードウエイの「うどんや 大門」。地下街の判りにくい場所にあると言うのにいつも行列ができている店。
 先日初めて食べて以来にわか大ファン。これまで食べた東京の讃岐うどんでは No.1ではなかろうか。

221210daimon01

 11:30を過ぎた頃に着いてみると 10人ほどの行列。この程度ならと最後尾へ。

221210daimon02 221210daimon04

 行列の最中に注文を聞かれたので、。当初からの狙いどおり今回は釜玉攻め。上はメニューの一部。ジブリのプロデューサー氏の色紙もあったりする。

 前回書いたように、店主は讃岐の名店「一福」で修業した人だそうで、めちゃくちゃ丁寧な作業。ワンロットは同じメニューならMax 2杯という感じ。奥さんは主に受注と天ぷら担当らしい。こちらもまた丁寧で、うどんの茹で上がりに合わせて天ぷらを揚げ上がるようにしているのが判る。さらにお二人の応対も素晴らしい。

221210daimon05

 「釜玉うどん(大) 700円+とり天 160円」
 画像の「バター」と「九条ねぎ大盛り」は別注のトッピングで各々 60円。
 私の知る讃岐うどんに比べるとやや細麺。しっかりとエッヂが立っていて透き通るような白。大盛りにすると玉子も二つ付いてくるのですね(嬉し)。

221210daimon06

 出汁醤油?を廻しかけ、ネギとバターも含めて、よぉくマゼマゼしたのが上の画。混ぜてしまうと美味しそうに見えない?(^^;

 でもね、とにかく美味しいのですよ。ツルツルでモッチモチの食感もさることながら、バターがこれほど釜玉に合うとは知らなんだ。
 さらにご主人からお好みでと奨められたミルタイプのコショーを味変にと廻しかけるとこれまた良し。出汁醤油との相性も素晴らしい。
 次回から釜玉には絶対この組合せだな。

 釜玉の提供に合わせて揚げられた「とり天」も熱々で柔らかく旨い。醤油でもいいけど、ドンブリに残った玉子汁に軽く漬けてやるのも吉。

 いやぁ、前回のぶっかけも良かったけど、この釜玉は輪を掛けて素晴らしい。

 もちろん今後とも通い込むこと必至。全てきれいに頂いてご馳走様でした・・・・#

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-18:00 水曜休

| |

2022.11.28

「うどんや 大門@中野」で ぶっかけ

 中野ブロードウエイの「うどんや 大門」。地下街の判りにくい場所にあると言うのにいつも行列ができている店。

221128daimon01

 11時の開店時間少し前に着いてみると、すでに数人の行列。何度も前を通っているけれど、この行列もせいもあって、なんとなくスルーしてた。
 でも先日某PP店の AKM嬢に是非にと奨められたので、最後尾に並んでみることに。

221128daimon02 221128daimon04

 行列の最中に注文を聞かれる。壁にも短冊のメニューがあるけれど事前に頭に入っていたので、ぶっかけ(温)と とり天、ネギ大盛りをオーダー。上はメニューの一部。

 なんでも店主は讃岐の名店「一福」で修業した人だとか。めちゃくちゃ丁寧な作業でワンロットは1~2杯みたいだ。奥さんは受注と天ぷら担当らしい。こちらもまた丁寧で、うどんの茹で上がりに合わせて天ぷらを揚げ始めているのが判る。

221128daimon07

 「ぶっかけうどん(温) 650円」
 サイドメニュー「とり天 160円」と別注のトッピングは「九条ねぎ大盛り 60円」。ほかに無料のショゥガと天かすを載せて貰った。
 結論から書くと、旨いっ! AKM嬢が激推しするだけのことはある。

 一般の讃岐うどんに比べると、透き通るようなやや細麺(撮り損ねた)。しっかりとエッヂが立っていてツルツルでシコシコ。お見事です。思わず拍手してしまいそう。これASWなんだろうか。ぶっかけのダシつゆはやや濃いめで実に私好み。

221128daimon05

 うどんの提供に合わせて揚げられた「とり天」が熱々で柔らかく文句なしに旨い。

 これまで未食だったのを後悔してしまった。天ぷらを何種類も、中にはうどんを2種類とか頼んでいる人もいるようだ。

 もちろん再訪必至。次回は釜玉と複数の天ぷらを頼んでみようと思っている。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-18:00 水曜休

| |

2022.05.22

「大地のうどん@高田馬場」で かき揚げうどん

 日曜日。さて昼食は何にしよう。家内とアンドが取れて出かけたのが高田馬場のこのお店。
 近くにあったシチズンの駐車場が使えなくなってから足が遠退いていたのですね。

220522daichiudon01

 「大地のうどん 東京馬場店」
 何度か紹介している福岡の「豊前裏打ちうどん」の店ね。11時少し前着で先客は一組二人。開店時には7人ほどの行列になっていて変わらず人気店のよう。(全員すんなり入店して我々が退店する11:20過ぎまでは外に行列はありませんでした)
 券売機で食券を買って着席。今日は二人とも同じメニューを選択。

220522daichiudon02

 「かきあげうどん680円+かしわおにぎり 200円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹でる。掻き揚げも麺の茹で上がりに合わせて揚げ始めます。だからどちらも出来たてね。

 見るからにサクサクの掻き揚げ。中央には海老天が載っていて、すでにこのビジュアルがいい。

220522daichiudon03

 ご覧下さい、この半透明のうどんを。まさにツルツルでもっちもち。
 いわゆる福岡風のヤワいうどんではない。また「讃岐」とも「吉田の」とも「武蔵野」とも、「水沢」や「稲庭」とも違う、より強いツルツル感と秀でたコシが「豊前裏打ちうどん」の特徴なのだと思う。そしてこのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい。

 掻き揚げを適当に崩しつつ食べ進むのが吉。久しぶりだけど「そうそうこれこれ」と思わず唸る旨さなのです。

220522daichiudon04

 「かしわおにぎり」
 これを頼んだので、うどんは大盛りにしなかったのですね。残しておいた出汁つゆに浸して「おじや風」にして食べてやると、これがまた旨い。家内とシェアして頂いた。

 二人とも満腹の大満足で、ご馳走様でした・・・・#

 もっと頻繁に食べに来たいけど、このあたり、駐車場代がやたら高い(200円/10分)のが難点。かき揚げうどんより駐車場代が高くついてしまった(;_;)

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2021.01.21

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げうどん

 今日の昼食は家内と二人でお気に入りの「備前うどん」の店。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 開店時間を30分ほど過ぎて着いてみると、もうすでに行列ができはじめていた。でも幸いすんなり入店。券売機で食券を買って着席。

210121daitiudon01

 「かきあげうどん(大盛り) 780円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で上げる。掻き揚げの方も麺の茹で上がりに合わせて揚げてくれる。

210121daitiudon02

 見るからにサクサクに揚げられたエビ天入りの掻き揚げが旨い。この店の「ごぼ天うどん」も見事なので捨てがたいけど、このエビ天の誘惑に勝てないのですね。

210121daitiudon04

 この店のうどんは半透明。本当にツルツルでもっちもち。素晴らしいコシを持っている。全国の有名うどんは結構食べている方だと思うけど、こんな食感は初めて。
 そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい

 本場福岡出身者も驚く旨さ。皆さん「こげんウマかうどん食べたことなか!」と言ったとか(^^; ←私のエセ福岡弁

 同じものを頼んだ家内もこの店では出汁つゆは殆ど残さない。もちろん私はきれいに飲み干しましたよ。
 お腹いっぱいの幸せいっぱいで、ご馳走様でした・・・・。

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.11.28

「大地のうどん@高田馬場」掻き揚げうどんと 肉うどん

 土曜日。今日の昼メシは家内と二人お気に入りの備前うどんの店。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 開店時間を5分ほど過ぎて着いてみると、先客は4組7人。幸いまだ空いている。券売機で食券を買って着席。

201128daichudon01

 「肉かきあげうどん880円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で上げる。掻き揚げも麺の茹で上がりに合わせて揚げてくれる。見るからにサクサクに揚げられた海老天入りの掻き揚げが旨いのですよ。

201128daichudon02

 半透明のうどんは本当にツルツルでもっちもち。そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい。「肉」を足すと牛の旨味も出汁つゆに溶け込んで旨みがプラス。相変わらず旨い。

201128daichudon05

 少し遅れて出てきた「かしわおにぎり 200円」「煮たまご天 150円」

201128daichudon06

 「かしわおにぎり」はそのまま食べてももちろん良いけど、うどんを食べ終わった出汁つゆに浸けておじや風にするのがグッド。家内とシェアして頂いた。

201128daichudon07

 半熟トロトロの「煮たまご天」は塩または、やはり出汁つゆにインというのが吉。

201128daichudon08

 「肉うどん」
 家内が頼んだもの。掻き揚げだと後に残るのとボリュームが多すぎるからこれにしたそうだけど、かしわおにぎり少しとで、ちょうどよかったそうだ(^^;

 二人とも満腹の大満足で、ご馳走様でした・・・・。

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.10.17

「大地のうどん@高田馬場」温かいうどんと かしわおにぎり

 今朝の最低気温は 12度。昼食には温かいうどんを食べたいよねと家内と二人で高田馬場。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 11時を15分ほど過ぎて着いてみると、雨のせいかまだ空いている。券売機で食券を買って着席。今日は二人とも同じメニューになった。

201017daichiu02

 「肉かきあげうどん880円+かしわおにぎり 200円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で、掻き揚げも麺の茹で上がりに合わせて揚げ始める。

201017daichiu03

 だから見るからにサクサクに揚げられた海老天入りの掻き揚げが旨いのですよ。

201017daichiu05

 半透明のうどんは、まさにツルツルでもっちもち。そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい。

201017daichiu04

 さらに牛肉の旨味も出汁つゆに溶け込んでくれる。この店に来るのはもう6回目になるけど、いつも変わらぬ旨さに感心してしまう。

201017daichiu06

 「かしわおにぎり」
 以前から美味しいと聞いていたもの。家内とシェアして食べたけど、残した出汁つゆに浸しておじや風にしてやると、これがまた旨い。今度からうどんを大盛りにするか、これにするか迷いそうだ。

 家内と二人、満腹の大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.08.11

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げぶっかけ

 家内の痛飲(違っ!)通院に付き合って、代々木からの帰り道。遅めの昼食はどこにしようかと聞いて決まったのがここ。若干遠回りにはなるけれど高田馬場は家からも近い。

200620daichino01

 というわけで家内と二人「大地のうどん 東京馬場店」でありますね。この店、家内もお気に入りで今回で五度目の訪問。

 改めて書いておくと、この「大地のうどん」は福岡系ではあるものの、東京ではまだ馴染みの薄い「豊前うどん」を出す店で、福岡以外ではここ高田馬場だけだそう。
 「豊前うどん」について詳しくは「豊前裏打会」やネット記事などをご参照くださいまし。あのやたらと柔らかい福岡系うどんとは一線を画します。

 さて 14時半に近い時間。さすがに行列は無かったけど、ほぼ満席。さすが人気店。入口脇の券売機で食券を買って、案内されたテーブル席へ。

200811daichiudon02

 「かきあげぶっかけ 780円」
 なるほど、温かい「かきあげうどん」をそのまま冷しにしたというルックス。結構迫力がありますね。

200811daichiudon03

 半透明でツルツルもっちもちのうどんが旨い。冷水で締めることで、モチモチの食感にさらにコシが加わって噛み応えもたっぷり。

 この麺を横に添えられた下地というかダシつゆをかけて食べるわけだけど、鰹節とショウガが効いて、いい感じ。さらにきざみ海苔の風味。
 もちろん揚げたての掻き揚げも、そして海老天もサクサクのプリプリで文句なし。やっぱりこの店のうどんはうまい。

 家内と二人大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

より以前の記事一覧