うどん:讃岐・九州系ほか

2021.01.21

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げうどん

 今日の昼食は家内と二人でお気に入りの「備前うどん」の店。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 開店時間を30分ほど過ぎて着いてみると、もうすでに行列ができはじめていた。でも幸いすんなり入店。券売機で食券を買って着席。

210121daitiudon01

 「かきあげうどん(大盛り) 780円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で上げる。掻き揚げの方も麺の茹で上がりに合わせて揚げてくれる。

210121daitiudon02

 見るからにサクサクに揚げられたエビ天入りの掻き揚げが旨い。この店の「ごぼ天うどん」も見事なので捨てがたいけど、このエビ天の誘惑に勝てないのですね。

210121daitiudon04

 この店のうどんは半透明。本当にツルツルでもっちもち。素晴らしいコシを持っている。全国の有名うどんは結構食べている方だと思うけど、こんな食感は初めて。
 そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい

 本場福岡出身者も驚く旨さ。皆さん「こげんウマかうどん食べたことなか!」と言ったとか(^^; ←私のエセ福岡弁

 同じものを頼んだ家内もこの店では出汁つゆは殆ど残さない。もちろん私はきれいに飲み干しましたよ。
 お腹いっぱいの幸せいっぱいで、ご馳走様でした・・・・。

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.11.28

「大地のうどん@高田馬場」掻き揚げうどんと 肉うどん

 土曜日。今日の昼メシは家内と二人お気に入りの備前うどんの店。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 開店時間を5分ほど過ぎて着いてみると、先客は4組7人。幸いまだ空いている。券売機で食券を買って着席。

201128daichudon01

 「肉かきあげうどん880円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で上げる。掻き揚げも麺の茹で上がりに合わせて揚げてくれる。見るからにサクサクに揚げられた海老天入りの掻き揚げが旨いのですよ。

201128daichudon02

 半透明のうどんは本当にツルツルでもっちもち。そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい。「肉」を足すと牛の旨味も出汁つゆに溶け込んで旨みがプラス。相変わらず旨い。

201128daichudon05

 少し遅れて出てきた「かしわおにぎり 200円」「煮たまご天 150円」

201128daichudon06

 「かしわおにぎり」はそのまま食べてももちろん良いけど、うどんを食べ終わった出汁つゆに浸けておじや風にするのがグッド。家内とシェアして頂いた。

201128daichudon07

 半熟トロトロの「煮たまご天」は塩または、やはり出汁つゆにインというのが吉。

201128daichudon08

 「肉うどん」
 家内が頼んだもの。掻き揚げだと後に残るのとボリュームが多すぎるからこれにしたそうだけど、かしわおにぎり少しとで、ちょうどよかったそうだ(^^;

 二人とも満腹の大満足で、ご馳走様でした・・・・。

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.10.17

「大地のうどん@高田馬場」温かいうどんと かしわおにぎり

 今朝の最低気温は 12度。昼食には温かいうどんを食べたいよねと家内と二人で高田馬場。

201017daichiu01

 「大地のうどん 東京馬場店」 11時を15分ほど過ぎて着いてみると、雨のせいかまだ空いている。券売機で食券を買って着席。今日は二人とも同じメニューになった。

201017daichiu02

 「肉かきあげうどん880円+かしわおにぎり 200円」
 注文を受けてから製麺機で製麺し茹で、掻き揚げも麺の茹で上がりに合わせて揚げ始める。

201017daichiu03

 だから見るからにサクサクに揚げられた海老天入りの掻き揚げが旨いのですよ。

201017daichiu05

 半透明のうどんは、まさにツルツルでもっちもち。そしてそのうどんに絡んで上がってくる出汁つゆがまた素晴らしい。

201017daichiu04

 さらに牛肉の旨味も出汁つゆに溶け込んでくれる。この店に来るのはもう6回目になるけど、いつも変わらぬ旨さに感心してしまう。

201017daichiu06

 「かしわおにぎり」
 以前から美味しいと聞いていたもの。家内とシェアして食べたけど、残した出汁つゆに浸しておじや風にしてやると、これがまた旨い。今度からうどんを大盛りにするか、これにするか迷いそうだ。

 家内と二人、満腹の大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.08.11

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げぶっかけ

 家内の痛飲(違っ!)通院に付き合って、代々木からの帰り道。遅めの昼食はどこにしようかと聞いて決まったのがここ。若干遠回りにはなるけれど高田馬場は家からも近い。

200620daichino01

 というわけで家内と二人「大地のうどん 東京馬場店」でありますね。この店、家内もお気に入りで今回で五度目の訪問。

 改めて書いておくと、この「大地のうどん」は福岡系ではあるものの、東京ではまだ馴染みの薄い「豊前うどん」を出す店で、福岡以外ではここ高田馬場だけだそう。
 「豊前うどん」について詳しくは「豊前裏打会」やネット記事などをご参照くださいまし。あのやたらと柔らかい福岡系うどんとは一線を画します。

 さて 14時半に近い時間。さすがに行列は無かったけど、ほぼ満席。さすが人気店。入口脇の券売機で食券を買って、案内されたテーブル席へ。

200811daichiudon02

 「かきあげぶっかけ 780円」
 なるほど、温かい「かきあげうどん」をそのまま冷しにしたというルックス。結構迫力がありますね。

200811daichiudon03

 半透明でツルツルもっちもちのうどんが旨い。冷水で締めることで、モチモチの食感にさらにコシが加わって噛み応えもたっぷり。

 この麺を横に添えられた下地というかダシつゆをかけて食べるわけだけど、鰹節とショウガが効いて、いい感じ。さらにきざみ海苔の風味。
 もちろん揚げたての掻き揚げも、そして海老天もサクサクのプリプリで文句なし。やっぱりこの店のうどんはうまい。

 家内と二人大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.06.20

お気に入り「大地のうどん@高田馬場」

   昨日から都境を越える移動が自由になった。少し足を伸ばしてみようかなと、念のために渋滞情報を見てみると、あれま東名も中央高速も、さらにアクアラインも渋滞してる。みんな同じ事考えてるのね。ダメだこりゃ。

200620daichino01

 というわけで家内と二人「大地のうどん 東京馬場店」今回で四度目の訪問。家内も含めお気に入りの店となっている。

 開店時間ちょうどに着いてみると先客は無し。券売機で食券を買って、初めてテーブル席に座ってみた。

200620daichino03

 「肉かきあげうどん(大盛)980円」
 珍しく正方形にトリミングしてみた。結構な迫力に見えるかな。実際初めてこれが出てくると、おおっ!となるのですよ。
 これを食べるのは二度目だけど見た目だけでなく、サクサクに揚げられた掻き揚げも海老天もやっぱり旨いのです。

200620daichino04

 半透明でツルツルもっちもちのうどんが旨い。そしてそのうどんを活かす出汁つゆが素晴らしい。さらに「肉」が旨みを添えて、やっぱりうまい。

200620daichino05

 「天ざるうどん 930円」
 こちらは家内が頼んだもの。見た目だけでも楽しめるではありませんか。天ぷら好きの家内は嬉しそうだ。

200620daichino06

 少しだけうどんを食べさせて貰ったけど冷水で締められた麺のコシが凄い。これはすでに福岡系のうどんの範疇ではない感じ。
 家内も美味しかったと大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.06.17

「えびすやうどん博多 中野店」で 肉ごぼう天うどん

 この店がオープンして1ヶ月ほど。はたして中野ラーメンストリートに福岡・北九州系のうどんが根付くかと思ったけど、結構繁盛しているようだ。

200522ebisu_u01

 というわけで「えびすやうどん 博多 中野店」を再訪。
 開店時間11時の数分前に付いてみると、たった6席の店に既に先客二人。あっという間に在宅勤務風のお父さん達で満席。

 前回は看板メニューの「カルビぶっかけうどん」を食べて今一つピンと来なかったので、今日はいかにも福岡系という「ごぼ天うどん」をオーダー。

200617ebisuya03

 「肉ごぼう天うどん 780円+大盛 100円」
 前回出汁つゆが濃い醤油色だったのはカルビのせい? 今日のは薄い醤油色で私の知っている福岡系に近いルックス

200617ebisuya04

 ツルツルでフニャフニャのうどんもいい。途中で一味唐辛子と柚子胡椒を適量足してやると更に私好み。やっぱりカルビなんて邪道だ(^^;

 食べ終わって外へ出ると8人ほどの行列が出来ている。それほどかとは思うものの、空いていたら未食の方には一度どうぞとお奨めしておきますね。

えびすやうどん 博多 中野店
 https://ebisuyaudon.com/
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:00-23:00 無休? 2020.5.12オープン

| |

2020.06.09

「大地のうどん@高田馬場」で 肉ごぼう天うどん

 三度目の訪問となる 「大地のうどん 東京馬場店」。もう大のお気に入りだ。

20060502

 今回もまた家内に「私をうどんに連れてって」と頼まれたものだ。近くのPにクルマを置いて、開店時間の10分ほど前に着いてみると先客は無し。
 そして定刻に開店。券売機で食券を買って、製麺作業がよく見えるカウンターに着席。

200606daichino02

 「肉ごぼう天うどん(大盛)900円」
 この大きく丸いごぼう天が印象的。これを食べるのは二度目だけど、やっぱり旨い。九州人がこれを愛するのが判る気がする。

200606daichino04

 この半透明のツルツルシコシコのうどんもそうだけど、何よりこの出汁つゆがやたらと旨いのです。

200606daichino03

 さらに旨みを添えるのが、この「肉」。良いアクセントになってる。

200606daichino01

 「肉かき揚げうどん 880円」
 家内が頼んだもの。最初はそのボリュームに驚いていたのだけど、よほど美味しかったのだろう、家内には珍しく完食のほぼ全汁。

 そしてまた来ようねと、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/index.html
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.06.08

讃岐手打うどん 青ノ山@日本橋三越前

 京橋から日本橋にかけてのビジネス街。人通りが戻ってきたといっても、ニューノーマルの在宅が定着しつつあるのか、ランチタイムだというのに多くのお店はスカスカだ。

200608aonoyama01

 「讃岐手打うどん 青ノ山」
 三越前の中央通りから東に入った更に路地にあって、讃岐を名乗っているので気になっていた店だ。外観にしても店内の造作にしても、なかなか格調が高い。

200608aonoyama02 200608aonoyama03

 先ずは外の券売機で食券を・・・お値段も高い。店内にはうどんの手打ちを見せる板場がある。運良く帰り間際に見ることができた。先客後客ともに無し。

200608aonoyama04

 「肉うどん 980円」
 すぐに出てきた。トッピングは紅白かまぼこに牛バラ肉、青ネギ。いりこ出汁メインのつゆがいい。が、先日の「大地のうどん」の出汁つゆの旨さにやられて仕舞っているので、特別な感じはない。七味を多めに振りかけると私好みに。

200608aonoyama05

 うどんは、こんな感じ。讃岐特有のツルツル感とコシには掛けるかなぁ。

200608aonoyama06

 牛肉はかなり沢山入っていて旨い。これが有り難かった。980円のかなりの部分がこの牛肉かな。路地裏と言えど日本橋価格なのだろう。

 ともあれ美味しく頂いてご馳走様でした・・。

讃岐手打うどん 青ノ山
 中央区日本橋室町1-13-14 最寄駅:三越前
 11:00-15:00 土日休

| |

2020.06.05

「大地のうどん@高田馬場」で 肉かき揚げうどん

 昨年11月の初訪問以来大のお気に入りとなったうどん屋さん。高田馬場駅からも離れていたりして、ちょっと行きにくい。でも在宅勤務の今日、半年ぶりに再訪問することにした。

20060502

 「大地のうどん 東京馬場店」
 東京ではまだ馴染みの薄い「豊前うどん」の店で福岡以外では、ここ高田馬場だけだそうだ。
 「豊前うどん」について詳しくは「豊前裏打会」やネット記事などをご参照くださいまし。

 さて、開店時間の 11時をわずかに過ぎて付いてみると先客は4組8人ほど。券売機で食券を買ってカウンターに着席。

 オペレーションが見える席だったので眺めていると。前回と変わらず客の注文があってから、うどん玉を製麺機にかけ茹でるという手順。
 隣りのフライヤーでも麺の茹で上がりに合わせて揚げているようだ。

20060505

 「肉かき揚げうどん(大盛)980円」
 いかがでしょう。このルックス。大きなかき揚げの真ん中にエビ天、手前にバラ肉。

 このかき揚げの食感がまた素晴らしい。サクサクで細かく刻んだ具に至るまで、しっかり旨い。エビ天に至っては文句なし。出汁つゆに沈んでトロトロになった掻き揚げもまたイケる。

20060510

 そうして半透明で光線の加減で光って見えさえするうどん。このうどんがまた素晴らしく旨いのですよ。福岡系のヤワではなく、ツルツルでいてしっかりコシがある。かといって讃岐でも稲庭でもない。もちろん武蔵野や吉田とは違いすぎる。不思議な弾力を持ったうどんなのです。

 コンブやサバ節などの魚介出汁がバランスよく効いていて、中でもカツオを強く感じる出汁つゆがまた文句なしに旨い。

20060514

 バラ肉も旨かったなぁ。この出汁つゆを邪魔しない旨さとでも言うか。

 全てが高い次元でまとまっていて、九州らしくないとさえ思ってしまう。食べる前に感じていた、ちょっと高いかなという感覚を完全にかき消してしまう「大地のうどん」なのでした。

 完食、そして全汁でご馳走様でした・・・・・♭

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/index.html
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2020.05.22

新店「えびすやうどん博多 中野店」

 この 5/12、中野ラーメンストリートの「ようすけ」の跡地にほぼ居抜き?でオープンした「えびすやうどん 博多 中野店」

200522ebisu_u01

 本店は博多。同地に複数の店を持つらしい。いかにも資本系という看板や外観の中野店は「築地銀だこ」などを展開する「株式会社ホットランド」とのコラボでの出店だという。

200522ebisu_u02

 てなことはおいといて、開店直後の店内に入り取り敢えずメニューを眺めてみる。いかにも福岡系らしい「ごぼ天うどん」や「丸天うどん」などもあるけれど、看板メニューのカルビぶっかけをオーダー。

200522ebisu_u03 200522ebisu_u04

 テーブル上にはこんな「薬味」と「天カス」。激辛注意なんていう唐辛子もある。なんでも複数の辛味をミックスしたものだそうだ。興味はあるけど私はパス。きっとF氏かSP氏が試してくれることでしょう(^^;

200522ebisu_u05

 「カルビぶっかけうどん 780円+大盛 100円」
 出汁つゆが濃い醤油色だったり、カルビ(の小片たち)が載ってることもあって、なんとなく私の知っている(って、そんんなに知らないけど)福岡系っぽいルックスではない気がする。

200522ebisu_u06

 うどんの方はいかにも福岡系というフニャっとした柔らかさ。そうこれこれ。魚介系を感じる醤油ベースの出汁つゆもいい。
 ここで一味唐辛子と柚子胡椒を少量投入。一味が会うのは判っていたけど、柚子胡椒がこんなに合うとは思わなかった。あとは柚子胡椒を多めに投入して完食。

 また機会があったら、福岡系らしい丸天か肉ごぼ天を食べてみよう。

えびすやうどん 博多 中野店
 https://ebisuyaudon.com/
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:00-23:00 無休? 2020.5.12オープン

| |

より以前の記事一覧