うどん:讃岐・九州系ほか

2024.05.21

「うどんや大門@中野」で かけの冷や冷や

 朝、月イチ恒例の通院を済ませると 10:30。今からなら一巡目に間に合うかもしれない。そう思って中野ブロードウェイの地下へ。

230600daimon01

 「うどんや 大門」 店の前に着いてみるとすでに行列。でもなんとかギリギリで一巡目を確保。(上の画像は過日撮ったもの)

240521daimon01

 本日の天ぷらが書かれた黒板。嬉しかったのはご覧のとおり「代表待ち禁止」の紙が掲示されていること。たぶんトラブルがあったのでしょう。かくいう私も二度ほど嫌な思いをしております。「代表待ち」をなんとも思っていない人が一定数いるんですね。

 てなことはおいといて、いつもどおり女将さんが注文を取りに来て定刻に開店。

240521daimon02

 「サッポロビール赤星 570円」と「天ぷら2種 310円」
 ビールの提供からわずかに遅れて天ぷら(とり天 170円とゲソ天 140円)のお出まし。この店に来る楽しみの一つなんです。

240521daimon03

 「かけうどん(中) 冷や冷や 550円」
 卓上の無料トッピング三種(ダイコンの鬼おろし、生姜、天かす)を加え、七味唐辛子を軽く振った状態。真っ白なうどんがきれいに麺線を揃えて提供されます。もちろん小麦粉はASWn(日清製粉の赤丸金魚)なのですよ。讃岐はこれでなきゃね?(^^;

 右端にあるのはいわゆる一反木綿風の幅広麺。早い時間帯に並んで 且つ運がいいと出てきます。

240521daimon04

 いかにも讃岐という うどんはツルツルのシコシコ。イリコでとった冷たいダシつゆも素晴らしい。

 これに生姜の風味が加わり鬼おろしが新たな食感をプラス。七味もいいアクセントになってます。

 文句なし。出汁つゆまできれいに飲み干して、ご馳走様でした・・・・#

◇かつてスタジオジブリのスタッフでもあり「映画 うどん」の制作にも携わったご主人が、その縁から讃岐の名店「一福」で修業した讃岐うどん。ご主人が打ち、茹で上げるうどんと奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.05.20

「生そば 長岡屋@中野」で カレー南蛮のランチ

 最初は中野駅方向でどこかラーメンをと考えていたのだけど、この店の前を通ると店頭に書かれたランチメニューが目に入った。カレー南蛮、いいではないですか。

Nagaokaya0709_01

 「生そば 長岡屋」 中野駅北口地区の早稲田通り沿いにあって、店先の看板にあるとおり昭和二年の創業。すでに97年も続いている老舗。
 かつ丼や親子丼、焼肉定食などもある昔ながらの正しい町そば屋です。(上の画像は過日撮ったもの)

240520_001r

 右端に写っているのがそのランチメニュー。11:30過ぎに店に入ると、先客は一組のみ。雨が上がって間もなくのせいか後客もパラパラ。テレビが見える位置に座って、オーダーしたのはこちら。

240520nagaokaya03

 「瓶ビール 600円」「おしんこ 460円」
 まずはこれですよね。ちゃんと冷えていたのが嬉しい。ちょっと間をおいて「カレー南蛮」をオーダー。

240520nagaokaya04

 「カレー南蛮(うどん) 小ライス付 950円」
 いかにもそば屋さんのカレー南蛮というルックス。カレーつゆの中にうどんと豚肉、ネギがチラリ。旨そうだ。

240520nagaokaya05

 うどんはフニャっとしていて正しいそば屋のうどん(^^; 昭和の前半生まれの私にとって昔の東京のうどんって、みんなこんな感じだった気がする。
 卓上の一味をサッと振りかけて食べ進み、うどんを食べ終わったら・・・

240520nagaokaya06

 小ライスに肉とねぎ、カレーを移して「カレー丼化」してみた。のだけど何だかよくわからないものが出来上がった(^^; 私がヘタクソなだけか。でもこれが旨い(^^ゞ

 ともあれ、美味しくきれいに頂いてご馳走様でした・・・♭

生そば 長岡屋
 中野区新井1-8-1 最寄駅:中野
 11:00-15:00 17:30-21:00
 土休 1927.4.18オープン

| |

2024.05.19

「大地のうどん@高田馬場」で 肉かき揚げうどん

 家内と出かけた帰り道。久しぶりに うどんを食べたいねと。時間はもうじき11時。いつもの「うどんや大門」に並ぶには遅すぎる。それではと早稲田通りを西へと進み高田馬場方向へ。

 今日は讃岐でも武蔵野でもなく「豊前国 (旧小倉市や門司市など)のうどん」です。

231016daichiudon00

 「大地のうどん 東京馬場店」 (上の画像は過日撮ったもの)
 改めて書いておくと北九州東部の「豊前裏打ちうどん」の店。福岡県(北九州地区)のうどんというとフニャフニャの食感をイメージしがちだけど、この豊前うどんは、まるで違う。
 「豊前うどん」について詳しくは当店のHPまたは「豊前裏打会」のHPへどうぞ。

 さて近くのPにクルマを置いて 11:15に着いてみると既に 1/3ほどの入り。相変わらず人気ですね。

231016daichiudon03

 券売機で食券を買って真ん中のテーブルに着席。出遅れたのと、注文を受けてから製麺機で製麺し茹で上げるのとで提供までに少々時間がかかりそう。ビールを飲めないのがなんと恨めしいことか。

240519daichiudon01

 「肉かきあげうどん 960円」
 いかがでしょう、このルックス。

240519daichiudon02

 麺の茹で上がりに合わせて揚げてくれる掻き揚げが見事でしょう。中央に大きめの海老。これがあるだけで豪華さがグッと増しますね。

240519daichiudon03

 そして薄く澄んだつゆは鰹節などの魚介を中心とした出汁感が素晴らしいのですよ。200円もプラスになる「肉」は・・・無くても十分な旨味があるうどんなので要らなかったかな(^^;

 まずはかき揚げをひと口。サクサクのフワッ。これまで掻き揚げの方にはほとんど入っていなかったはずのゴボ天の存在が光ります。これならゴボ天うどんでなくてもいいかも。
 ゴボ天の食感と野菜の旨みのバランス。そうしてプリプリのエビ天。相変わらず旨いっ!

240519daichiudon04

 半透明のうどんは先に書いたように九州らしからぬコシを持っていてツルツルでもっちもち。この食感が素晴らしい。これまでに食べた数多のうどんとはまるで違う食感なのです。

 サクサク、パリパリの掻き揚げの半分ほどを出汁つゆでフヤケさせて食べるのも吉。

240519daichiudon05

 「大地のうどんセット 860円」
 家内が頼んだもの。ゴボ天に肉、ワカメが入ったうどんに「おいなりさん(2ケ)」がセットになっている。早い時間に売り切れてしまう人気メニューらしい。
 最初からシェアするつもりで頼んだおいなりさん。ひとつ貰っていただきました。これも文句なしです。

 二年ぶりとなる家内も大満足。二人揃って美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・・。

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

| |

2024.04.25

「うどんや大門@中野」で かけの冷や冷や

 最近この店のうどんを食べてないなぁと、およそ一か月ぶりに中野ブロードウェイの地下へ。

230600daimon01

 「うどんや 大門」 開店時間の30分前に着いてみると、すでに行列が出来始めている。でもなんとか一巡目は確保できたので良しとしましょう。

230522menu01a240425daimon01

 上はメニュー(の一部)と本日の天ぷら。天ぷらは何にしようかな、などと考えつつスマホのニュースなどチェックしているうちに開店。

240425daimon02

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら3種」
 ビールの提供からわずかに遅れて天ぷらのお出まし。「ちくわ天 100円」「ゲソ天 140円」に「新たまねぎ 110円」ね。

240127daimon01

 こちらは卓上にある無料トッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。下は出汁醤油ほかの調味料類。

240425daimon03

 「かけうどん(大) ひやひや(冷や冷や) 850円」
 無料トッピング三種を加え、七味唐辛子を軽く振った状態です。相変わらず美しいルックス。きれいに麺線を揃えて提供される白いうどん。これぞASWn(この店は日清製粉の赤丸金魚)なのですよ。讃岐はこれでなきゃダメっ!?(^^;

 右端しにはいわゆる一反木綿風の幅広麺。早い時間帯に並んで 且つ運がいいと出てきます。

240425daimon04240425daimon05

 ツルツルのシコシコ。一反木綿はツルツルのビロビロ(^^; いかにも讃岐というこの食感が素晴らしい。イリコでとった冷たいダシつゆも完璧。

 これに生姜の風味が加わり鬼おろしが新たな食感をプラス。七味もいいアクセントになってます。うん、もう文句なし。

 出汁つゆまできれいに飲み干して、お腹イッパイのタプンタプンでご馳走様でした・・・・#

◇かつてスタジオジブリのスタッフでもあり「映画 うどん」の制作にも携わったご主人が、その縁から讃岐の名店「一福」で修業した讃岐うどん。ご主人が打ち、茹で上げるうどんと奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.03.26

「ガスト 中野駅南口店」で ガス郎(^^;

 昨日O崎さんのFBで知った情報。なんと、ガストまでが二郎インスパイヤ!?

240326gust_gusrou2s

 なんでも「がっつりごはん」というメニュー展開の中で始めたものらしい。であれぱと早速「ガスト 中野駅南口店」 に行ってみることに。

 10時半過ぎの店内は思ったより混んでますね。なんとか空きテーブルを見つけて着席。オーダリングシステム・・・上手くできてますね。予定外に「ミニねぎとろ丼」なんてのもボチッてしまいました(^^ゞ

240326gusrou01

 「ガス郎魚介つけ汁うどん 950円+ミニねぎとろ丼 400円」
 たいして待つこともなくご提供。ガス郎の方は思ったほどのボリューム感がないなぁ。下にうどん、野菜はキャペツとモヤシ半々に青ネギ、トッピングはチャーシューと煮卵。
 まずはある程度ヤサイをやっつけた上で天地返し。最初はつけ汁に漬けて食べたのだけど、どうも雰囲気が出ない。だからつけ汁をどんぶりにドバッ!

240326gusrou03

 これで魚介が効いたタレの「マゼそば風」になりました。つけ汁をぶっかけて正解。それなりに美味しいし。

 でもでも、どうしても中華麺が欲しい。そんなメニューなんです。
 かつて信州松本で食べた「大日本邪道そば」ほどの違和感やスベッた感はないものの、どうにも、やりきれない思いが・・・(^^;

 ま、元々話題作り先行的メニューなのだろうから、こうして釣られるワタクシみたいなのが狙われたか(^^ゞ

 というわけで、機会があったら他の「がっつりごはん」を行ってみようと思いました。

240326gusrou02

 あ、そうそう。「ミニねぎとろ丼 400円」は大変 美味しゅうございました。

ガスト 中野駅南口店
 https://www.skylark.co.jp/gusto/
 中野区中野3丁目36番15号 2F 最寄駅:中野
 06:30-23:30 土日 07:00-23:30 無休

| |

2024.03.25

「うどんや大門@中野」で 豚ぶっかけの温(あつ)

 今日は朝から"うどんモード"。となればこの店ですね。

230600daimon01

 「うどんや 大門」
 開店時間の30分前 10:30を目指して行ってみると、よしよし一巡目確保ね。いつもの開店準備の作業など眺めながらお待ち。
 定刻に開店。この時点でのお待ちは 17-8人ほどだったかな?

240208daimon03240326daimon_s01

 開店15分前に奥さんがオーダーを取りに来られたので、豚ぶっかけにに天ぷら、ビールを伝えて再びお待ち体制。定刻に開店。

240326daimon01

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら3種」
 ビールの提供からわずかに遅れて天ぷらのお出まし。「トリ天 170円」「まいたけ天 120円」に「ナス天 100円」ね。

240127daimon01

 こちらは卓上にある無料トッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。右下は出汁醤油。

240326daimon02

 「豚ぶっかけ(中) あつ(温) 800円」
 毎度のことながら美しいルックスです。提供される直前に熱湯でしゃぶしゃぶした豚ロースがうどんの上を覆っています。(上の画像は上記のトッピング三種を加えた状態)

240326daimon04

 わずかに出汁つゆの醤油色がかって見えるうどんは元々真っ白。いかにも讃岐というツルッツルのシコシコ。
 使っている粉はもちろん「ASWn(日清製粉の赤丸金魚)」です。もちろんイリコでとった出汁と醤油のつゆも完璧。しゃぶじゃぶな豚ロースと一緒に頬張るのも吉です。

 そうしてこれに生姜、大根おろしの風味、天かすの油が加わり、もう文句ない文句ない。早くから並んだ甲斐があるというものです。

 中盛でも見た目よりボリュームのある「とり天」を加えたことでお腹イッパイ。大満足でご馳走様でした・・・・・♭

◇かつてスタジオジブリのスタッフでもあり、「映画 うどん」の制作にも携わったご主人が、その縁から讃岐の名店「一福」で修業した讃岐うどん。ご主人が打ち、茹で上げるうどんと奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.03.15

「うどんや大門@中野」で 釜玉と天ぷら3種

 前日、友人のSNSでこの店の画像を見せられてから、もう気分はずっとうどん。

230600daimon01

 「うどんや 大門」 というわけで開店時間の30分前(開店時間は11時)に着いてみると、先客は3人だけ。良かった一巡目確保です。後客ポツポツで開店時間には8人ほど。

230523daimon03240315daimon01

 こちらがメニューの一部と本日の天ぷら。新玉ねぎが嬉しい。

240315daimon02

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら3種」
 まずはこれでスタートです。天ぷらは上から、まいたけ 120円、アスパラ 130円に新玉ねぎ 120円。新玉ねぎのなんと甘いこと。素晴らしい。

240315daimon03

 「釜玉(大) 700円」
 画像の「バター」は別注のトッピングで +60円。大の場合、卵が二つ付きます。九条ネギを増量(60円)すれば良かったかな。

240315daimon04

 出汁正油を廻しかけマゼマゼ、そして黒コショーを振った後の状態・・・まぜそば、油そばもそうだけど、混ぜてしまうと美しくない(^^;
 バターと黒コショーがうどんによく合います。まさに相性ピッタシ。

240315daimon05

 大盛りはシンドイかなと毎度思うのだけど、ここのうどんは無問題。使用している粉は、讃岐と言えばの日清赤丸金魚(ASWn )。 スルスルと入ってしまいますね。エッヂの効いた、ツルシコのザ讃岐うどんなんです。

 もちろん、全てきれいに頂いて、ご馳走様でした・・・・#

 元「映画うどん」のスタッフだったことが縁で讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんと、奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.03.08

「うどんや 大門@中野」で ぶっかけの温(あつ)

 今日の昼食は・・・ちょっと出遅れてしまった。でも昨夜来の雪でひょっとしたら空いているかもと念のためブロードウエイの地下へと降りてみると、期待どおり行列が少ない。開店時間の 5分前でお待ちは 6人だけ。これ幸いとばかり並びます。つまり二巡目のトップですね。

240220daimon01

 「うどんや 大門」 20分ほどのお待ちで着席。ほんとラッキーです。私の後ろはまだ 5人ほど。雪のおかげですね。

230600daimon02

240308daimon02

 メニューの一部と本日の天ぷらを載せておきます。珍しく下仁田ネギなんてのがあったので、こいつも頼んで今日は3種です。

240127daimon01

 こちらは無料のトッピング。左からダイコンおろし、おろし生姜、天かすに出汁醤油。

240308daimon04r

 「サッポロラガー赤星 550円」と「天ぷら3種」
 ビールの提供からわずかに遅れて天ぷらも出てきました。左から「舞茸天 120円」「ナス天 100円」「下仁田ネギ天 120円」ね。

240308daimon05r

 「ぶっかけうどん(大) 温(あつ) 650円」
 大きなドンブリにきれいに麺線を揃えて提供されるうどん。セクシーですらありますね。右端に見えるのは一反木綿風というか上州ひもかわうどん風の幅広麺。これが入っていると今日は何かいいことがありそうな。

240308daimon07r

 そのうどんは透き通るような白。さすが ASWn、日清の赤丸金魚です。そしてエッヂも効いていて、ツルシコのザ讃岐うどん。

 もちろんイリコで採ったダシつゆだって文句なしの旨さ。「大」にしたのでちょっと多いかなとおったのだけど、旨いウマイとアッというまに胃袋に収まってしまいました。

 今日もまた全てきれいに頂いてご馳走様でした・・・・#

 讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんと、奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも素晴らしい。未食の方には一度是非どうぞとお奨めしておきますね。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.02.20

「うどんや大門@中野」で かけの冷や冷や

 近くのクリニックに行く日はその後ブロードウエイの地下に並ぶというのがほぼルーチンとなっている。

240220daimon01

 「うどんや 大門」 でもクリニックで想定外に時間がかかり 11時の開店時間を 5分ほど過ぎての到着となった。6席しかない店内は当然満席。ただ壁際の行列は不思議なことにたったの4人。ラッキーと最後尾へ。先頭には見知った顔 M-On氏(^^;

230522menu01a240220daimon06

 メニューの一部と本日の天ぷら。なんとなく眺めているうちに女将さんが注文を取りに来た。ここに着くまでは熱々の釜玉を食べようと思っていたのだけど、今日は暑い。天気予報によると五月並みの暑さになると言う。というわけで急遽方針変更。今日は冷やでしょと。天ぷらを二種とビールも伝えて再びお待ち体制。結局20分ほどのお待ちで M-on氏のお隣りに着席。

240208daimon04

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら2種」
 ビールの提供からちょっと遅れて天ぷらのお出まし。「ナス天(左) 100円」と「しいたけ天 120円」ね。

240127daimon01

 こちらは無料トッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。出汁醤油。

240220daimon04

 「かけうどん(大) ひやひや(冷や冷や) 650円」
 トッピング三種と七味を少々振りかけた加えた状態です。きれいに麺線を揃えて提供される白いうどん。右端には一反木綿風の幅広麺。早い時間帯で運がいいと出てきます。

240220daimon05

 ツルッツルでシコシコ。一反木綿はツルツルのビロビロ(^^; いかにも讃岐という食感。これぞASWn(この店は日清製粉の赤丸金魚)なのですよ。
 イリコでとった冷たいダシつゆも完璧で、讃岐はこうでなきゃ(^o^)v

 これに生姜の風味が加わり鬼おろし風の大根おろしが新たな食感をプラス。もう文句なしの一杯なのです。

 この出汁つゆは残せませんね。きれいに飲み干して、ご馳走様でした・・・・#

 会計を済ませて、店を出ると行列の中から手を振ってくれる ちゅらさんが。そう、そこに愛はあるんです(^^ゞ

 元「映画うどん」のスタッフだったことが縁で讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんと、奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.02.08

「うどんや大門@中野」で 豚ぶっかけの温(あつ)

  ここ数日間、貼り紙に「インフル罹患のため」とあって休んでいたので、まだやってないかもしれない。

230600daimon01

 「うどんや 大門」
 そう思いつつも 10:30を目指して行ってみると、良かった開いてる。開店準備中だ。それに先客は一人だけだったので待ち席に座れる。約30分座れるのは大きい。後客もボツボツと行列に並び始め、開店時には10人ほど。

240208daimon03 240208daimon02

 開店15分前に奥さんがオーダーを取りに来られたので、豚ぶっかけにに天ぷら、ビールを伝えて再びお待ち体制。定刻に開店。

240208daimon04

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら2種」
 ビールの提供からちょっとおくれて天ぷらのお出まし。「ナス天(左) 100円」と「しいたけ天 120円」ね。

240127daimon01

 こちらは卓上の無料のトッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。右下は出汁醤油。

240208daimon05

 「豚ぶっかけ(大) あつ(温) 900円」
 ご覧下さい、この美しいルックス。熱湯でしゃぶしゃぶした豚ロースがうどんの上を覆い尽くしてます。
 この画像は元々のトッピングの青ネギのほかに上記の無料三種を加えた状態です。

240208daimon06

 元は真っ白なうどんが わずかに出汁つゆの醤油色を纏って上がってきます。ツルッツルでシコシコ、いかにも讃岐というこの食感が素晴らしい。
 この白いうどんはASWn(この店は日清製粉の赤丸金魚)です。讃岐はこれだよね。もちろんイリコでとった出汁と醤油のつゆも完璧。

 これに生姜、大根おろしの風味、天かすの油が加わり、もう文句ない文句ない。早くから並んだ甲斐があるというものです。

 大盛りにしたのと出汁つゆをほぼ飲み干したのとでお腹イッパイ。大満足でご馳走様でした・・・・・♭

◇かつてスタジオジブリのスタッフでもあり、「映画 うどん」の制作にも携わったご主人が、その縁から讃岐の名店「一福」で修業した讃岐うどん。ご主人が打ち、茹で上げるうどんと奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 過去ログ うどん:吉田のうどん うどん:武蔵野うどん うどん:讃岐・九州系ほか おいしいキャンプ場 そば イベント・祭り エッセイまたは ひとりごと カメラ・レンズ キャンプ・アウトドア クルマ関係 グッズ グッズ:家電 AV パソコン・インターネット パチリ:00いろいろ パチリ:10花・植物 パチリ:20紅葉 パチリ:30風景 パチリ:90中野楽写 ラーメン:01千代田区 ラーメン:02中央区・港区 ラーメン:04新宿区 ラーメン:05文京区 ラーメン:09品川・大田 ラーメン:10目黒・渋谷 ラーメン:12世田谷・杉並 ラーメン:14中野区 ラーメン:16豊島・練馬・板橋 ラーメン:24その他の23区 ラーメン:50信州 ラーメン:88その他の地域 ラーメン:91袋麺・カップ麺等 ラーメン:がんこ系 ラーメン:がんこ総本家 ラーメン:二郎インスパ元等 ラーメン:二郎(直系) 中野真南風エイサー 呑みと肴 家メシ 富士宮やきそば 旅・はとバス・バス旅 旅・ミニ旅 11北海道 旅・ミニ旅 12東北 旅・ミニ旅 13関東 房総 旅・ミニ旅 14中部 甲信越 旅・ミニ旅 15東海道 旅・ミニ旅 16その他の地域 温泉・日帰り温泉・銭湯 美味しい店:とんかつ 美味しい店:中華系 美味しい店:和食・海鮮 美味しい店:洋食系 美味しい店:肉料理系 読書・映画・観劇など 食べ物・料理・テイクアウト