ラーメン:がんこ系

2017.01.10

「覆麺智@神保町」で オマール海老の塩

 今週もいきなり神保町。先週時点で今日のメニューは「オマール海老の塩」とアナウンスされていたからだ。

170110fukmen01

 というわけで「覆麺 智」ね。

170110fukmen02 170110fukmen03

 12時少し前に着いて見ると、外待ちの行列は5人。例によって店先には今日のメニューと食材(出汁)が出ている。ソソられますな。
 幸い開店は早く、新しくなった券売機で食券を買って着席。

170110fukmen06

 「オマール海老の塩 900円」
 がんこの塩らしく黄金色をした清湯スープが素晴らしい。オマール海老かどうかの判別は私のバカ舌にはつかないが、とにかく海老の風味がドッと押し寄せる・・・つくづく旨い。

170110fukmen07

 レンゲに載っているのは、海老ミソだそうだ。これを溶かし込むとさらに海老の風味が強くなり、もう参りました状態。

170110fukmen08

 細ストレート麺はいつもどおり硬めに茹でられて、このスープをよく持ち上げますな。
 例によってバラ肉チャーシューと一緒に頬張りつつ食べ進む。何気なく添えられた水菜がいい仕事してます。半熟トロリの味玉もグッド。

 例によって完食の全汁でご馳走様でした。

170110fukmen04 170110fukmen05

 さてさて、ところでこの店の券売機。なんと新しくなっていたのですね。いわゆるボタンはなく。大きな液晶デイスプレイの画面にタッチするというヤツなんですね。そうして驚きなのは待受画面(右の画)まで表示することができるのだそう。思わず見入ってしまった。

 この券売機、Oさんは使いこなせているのだろうか(^^;

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.06

「覆麺智@神保町」で 新春スペシャル

 年明け初の神保町攻め。例によって「覆麺 智」ね。

170104fukmen01

 ツイッターで「凄い悪い奴」なんて煽られてしまっては、もう堪りません。

170104fukmen02 170104fukmen03

 12時少し前に着いて見ると、お待ちは3人。店先には今日のメニューと食材(出汁)。たった3人なのに進むのが遅いなと思ったら、店内には女性軍が2組5人。なるほどそういうことね。いつもより若干時間がかかって着席。座ってからは早かった。

170104fukmen04

 「金目鯛と渡り蟹出汁の凄い悪い奴 1,200円」

170104fukmen06 170104fukmen05

 左はいつもの「悪魔肉」で、右は「金目鯛のカマの身」をほぐしたものだそうだ。この身をまずはひとくち。金目鯛の旨味が口の中いっぱいに広がる。さらにこれをスープに溶かし込んでやると、ショッパ辛くも魚介の旨味タップリの悪魔スープが更にコク深くなる。そんな感じだ。

170104fukmen07

 硬めに茹でられたいつもの細ストレート麺が、悪魔色に染まって上がってくる。この麺をトロトロに溶け始めたいつものバラ肉ロールのチャーシューと一緒に頬張るのが至福の瞬間。

 さらに悪魔肉に半熟トロリの味玉。もう文句ない文句ないと完食の・・・やっちゃいけない全汁。でも残せないんですね。
 というわけで、今年初の悪魔注入完了!

 来週の火曜日は「オマール海老の塩」らしい。果たしていけるだろうか。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.24

「覆麺智@神保町」でターキーと牡蛎のホワイトラーメン

 11月末の「阿波尾鶏出汁の悪い奴」の時に「ホワイトがいい」と言ったのがきっかけで決まった今日のクリスマス・スペシャル。

161224fukmen01 161224fukmen02

 言い出しっぺとしては行かないわけにはいかぬと今週三回目の「覆麺 智」である。
 開店時間の15分ほど前に着いて見ると、すでに行列が。でもギリギリ一巡目で店内に入れる人数だったので、そのままお並び。

 定刻に開店。入口でS嬢にお代の 1,200円也を渡してハジッコに着席。3ロット目でご提供。

161224fukmen03

 「ターキー(七面鳥)と牡蛎出汁のホワイトラーメン(牡蛎のバターソテー付)」
 水菜の向こう側になってしまったけど、中くらいのツブの牡蛎のバターソテーが二つとブロック状のままトッピングされたターキーのチャーシュー。

 久しぶりのホワイトラーメン。スープをひと口すすると牡蛎の風味がフワリと広がる。続いてターキーというか鶏のダシが着いてくる。いやぁ旨いねぇ。

161224fukmen04

 このスープに合わせる麺はいつもの細ストレート麺。いつもどおり硬めに茹でられていて、文句なしね。

161224fukmen05

 牡蛎のバターソテーを頬張ると、口腔内は全てカキ牡蛎かき。堪りませんな。

161224fukmen06

 ブロックのターキーは意外なほど柔らかく、ハシで持ち上げようとするとホロホロと崩れてしまうくらい。これまた旨い。

 食べ終わってしまうのが持ったいないくらいのホワイトラーメン。でもアッという間に完食。そしてこのスープを残せるはずもなく全汁。ドンブリを舐めてしまおうか(^^;

 超久しぶり、と言うか覆麺「智」になってからはたぶん初めてのホワイトラーメンは絶品、文句なしの「クリスマス・スペシャル」なのでした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.20

「覆麺 智@神保町」で 大和しじみの塩ラーメン

 青森県十三湖産の大和しじみを使った塩だというから、これは捨ておけません。 というわけで昨日に続いての神保町ね。 今年はしじみの味が濃く出ていて美味しいのだそう。
 お店の外観は昨日のものをご覧下さいまし。

161220fukmen05

 「大和しじみの塩ラーメン 900円?」

161220fukmen06

 淡く黄金色をした清湯のスープは、がんこ系に共通の者。スッキリした塩味に、おおっ正にしじみだっ!という出汁感がたまりません。

 この店では久しぶりの「塩」。やっぱりこれまた完食の全汁で文句なしの一杯なのでした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.19

「覆麺智@神保町」で あん肝出汁正油ラーメン

 さて、今日の昼飯は何にしようと「覆麺 智」ツイッターを覗くと、前日の鮟鱇&あん肝出汁を使った正油ラーメンとある。

161219fukmen01 161219fukmen02

 そ、ソ、それは行かねばならぬと神保町攻め。

161219fukmen03

 「あん肝出汁の正油ラーメン 1,000円?」

161219fukmen04

 ちょいピリ辛ね。この店のあん肝出汁にハズレがあろうはずもなく、旨いウマイと完食の全汁。
 ご馳走様でした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

「覆麺智@神保町」の気まぐれラーメン喜多方風

 二日連続での神保町攻め。昨日の悪い奴に続いての「覆麺 智」である。

16120102

 昨日店内に告知されていた「店主の気まぐれラーメン 薄口醤油喜多方風」という貼り紙に触発されてしまった形だ。

 券売機で「気まぐれラーメン」の食券を買って着席。今日は行列もなく空いている。
 着席して食券を渡すと弟子のH君が「脂は鶏にしますか、ブタの背脂にしますか?」と。ブタと答えて待つことしばし。

161201fukumen2

 「気まぐれラーメン 薄口醤油喜多方風 900円」
 わずかに白濁した清湯。塩ベースのようにも見える。
 SBのコショーを出して貰ってかけ廻し、レンゲでスープをひと口。その瞬間、ウンマッ! 久しぶりのガツンだ。

 豚骨魚介。その魚介のメインは鯵だそうだ。そうして薄口醤油だというのが信じられない。「がんこ八代目末広町」の味を彷彿とさせられた。背脂が一役買っているのも事実だろう。よくできた八代目の塩のようでもある。これで紫蘇の風味が効いていたら、そう勘違いしてたかもしれない。

161201fukumen3

 このスープに合わせる麺はいつもと違う細平打ち。ワンタンに使う粉で製麺したものだそうだ。なるほど、このツルツル感というかチュルチュルさ加減は、この喜多方風というよりも八代目風のスープにまぎれもなく合っている。すばらしい。

161201fukumen4

 バラ肉ブロックタイプのチャーシューが三枚。厚さと大きさ、そして塩加減がまた素晴らしい。

 このスープを残せるはずもなく、完食の全汁。ドンブリを舐めたいくらいだ(^^;

 文句なし。絶品の「店主の気まぐれラーメン」なのでした。がんこ系の中でも八代目の味がお好きだという人には是非に是非にとお奨めしておきます。

 この「気まぐれ」、次回昼の部でやってくれるのは再来週の木曜らしい。またイッてしまうのは間違いなさそうだ。

 そうそう、店内にクリスマスイブ12/24の店主作ラーメンが告知されていました。

161201fukumen5

 「ターキー(七面鳥)と牡蛎出汁のホワイトラーメン・牡蛎のバターソテー付」だそう。昨日まだメニューが白紙だった時に「ホワイトがいいな」と話したら、店主Oさんが考えていたものと一致したらしく、その場で七面鳥と牡蛎で行こうと決めてしまったものだ。

 翌日の「弟子作クリスマスラーメン」はまだ未定だそう。

 鶏と牡蛎のホワイトラーメン+牡蛎のバターソテーは鉄板中の鉄板。言い出した手前もあり、なんとか女房にウソ付いてでも食べにこなくてはと思っている(^^ゞ

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.30

「覆麺智@神保町」で 阿波尾鶏出汁の悪い奴再び

 水曜日は悪い奴の日。そう思い出すと神保町に吸い寄せられてしまった。

161130fukumen01

 「覆麺 智」 12時少し前という時間、着いてみると、店内二人、外待ち一人。

161130fukumen02 161130fukumen03_2

 おや、店頭の覆面が黒に変わっている。何故かドクロが描かれてるし。先週も使われていた阿波尾鶏(あわおどり)出汁の悪い奴という貼り紙が出ている。そうこれがお目当てなのですね。

161130fukumen04

 「阿波尾鶏(あわおどり)出汁の悪い奴 1,000円」
 先週書いたばかりなので、インプレッションはパス。ただ今回はどうやら特別に 12/18の「凄い奴」に使う予定のカエシを入れてくれたようだ。

 前回よりも醤油色に澄んだスープがそのカエシの特徴なのかもしれない。スッキリした悪魔というのもヘンだが、そんな感じ。

 振り掛けたコショーは例のSB食品製のヤツ。再度書いておくと「ラーメンに入れるコショーはSBかハウスのものでなくてはならぬ」という古くからの家元の教え?にあるやつね。

161130fukumen06

 いつものサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。

 例によって完食の・・・やっちゃいけない全汁でご馳走様。というわけで今週も悪魔全量の注入完了なのでした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

「覆麺智@神保町」で 牛テールと甘エビ出汁の塩

 なんとなく見てしまった twitterに今日の出汁が書いてあった。なんと「牛テール&甘エビ出汁」ですと。今日はラ抜きのはずなのに、こんなのを見てしまっては堪りません。 というわけで急遽の神保町攻め。

16112501r

 「覆麺 智」 12時少し前という時間。店内はいくつか空席ありでラッキー。今日はご主人Oさんと助手H君の二人体制。

161125fukumen03

 「牛テールと甘えび出汁の塩ラーメン 1,000円」
 表面に浮かぶのは牛テールの脂。そしてがんこ系らしくショッパ旨い塩ベースのスープ。

161125fukumen05

 左上には牛テール肉。バラ肉ロールのチャーシューにメンマ、海苔。味玉と青唐辛子は特権サービスのもの。

 相変わらず牛テールのスープが本当に旨い。この牛テールが強いせいか甘エビが弱く感じた。というか先日の甘エビ出汁の正油を勝手にイメージしていた私が悪いな(^^ゞ

161125fukumen04

 サッポロめんフーズ製の細ストレート麺はいつもどおり。食べ進むと中におでんのタネよろしくダイコンが隠れていた。出汁を良く吸ってこれまた旨い。ちょっとしたサプライズになっている。

 旨いウマいと完食の、やっぱり全汁(^^; ご馳走様でした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.16

「覆麺智@神保町」で 阿波尾鶏出汁の悪い奴

 水曜日は悪い奴の日。そう思い出すと神保町に吸い寄せられてしまった。

161116fukumen1 161116fukumen2

 「覆麺 智」 11時半過ぎという時間、店の前に着いてみると、阿波尾鶏(あわおどり)出汁の悪い奴という貼り紙。店内でS嬢にお金を渡して着席。厨房はご主人Oさんと助手H君の二人体制。

161116fukumen3

 「阿波尾鶏(あわおどり)出汁の悪い奴 1,000円」
 キザミねぎを中心に左上から悪魔肉、バラ肉ロールのチャーシューにメンマ、海苔。周囲に浮いた謎肉(^^; 味玉と青唐辛子は特権サービスのもの。

 そうして何より濃く正油色に茶濁した悪魔スープがいい。阿波尾鶏かどうかは私のバカ舌では判らないけど、鶏の旨味がタップリ効いた悪い奴らしいショッパ辛さだ。

161116fukumen4 161116fukumen5

 あくまでもきっちりとショッパ辛い悪魔肉。これがないと悪魔(悪い奴)にはならないのですよね。

 ちなみに中央のキザミねぎにかかっているコショーは卓上にある GABANのものではなくて、SB食品製の普通のヤツね。「ラーメンに入れるコショーはSBかハウスのものでなくてはならぬ」という古くからの家元の教え?(^^;を知っている人または常連さんにOさんがかけてくれるものだ。

161116fukumen6

 いつものサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。濃い醤油色に染まった麺が上がってくる。

 レンゲでスープをすすりつつ、ショッパいけど旨い。旨いけどショッパいといういつものパターンで食べ進み。完食の・・・やっちゃいけない全汁。残せないんです、このスープ(^^ゞ

 というわけで悪魔全量の注入完了! あとで野菜ジュースを買って飲もうっと(^^;

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

「覆麺智@神保町」甘えび出汁でアンガーラ!

 先週に続いて月曜日の神保町攻め。「覆麺 智」の甘えび出汁があまりにも美味しかったからだ。

161031fukumen01 161031fukumen02

 期待を込めつつ店の前に着いてみると、いくつもの干し網が提げられている。

161031fukumen03 161031fukumen04

 中にはかなり乾燥の進んだ甘エビたちが沢山。期待値はさらに高まりますな。店内はハロウィンにちなんでか、久しぶりに見た「覆面体制」挨拶も昔懐かしい「アンガーラ」だ。

161031fukumen07

 「甘えび出汁の正油ラーメン 1,000円」
 内容については先週も書いたので割愛。

161031fukumen09

 要するにメチャメチャ旨いのですよ。最初に甘えび出汁の強い旨味が正にガツン!と来て、がんこらしいショッパさはずっと後からいてくる感じ。

161031fukumen10 161031fukumen11

 しばらくの間、月曜日恒例にしてくれるのなら、来週もやってくれるのだろうか。今日干していた甘えびたちは、来週用?であるといいのだけど。

161031fukumen15

 ちなみに店内にはこんな貼り紙が。上海蟹が11月の19-20日、12月は17-18日で恒例の鮟肝味噌ね。どちらも「確約券」を先売りするそうだ。どちらかに行けるだろうか。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧