ラーメン:がんこ系

2020.10.29

プレオープン「名無しのラーメン屋@東中野」でアンガーラ再び

 およそ一週間ぶりの再訪。我が家からはチャリで10分の距離のこの店は現在東中野にプレオープン中のまだ名前の無いラーメン屋。
 黄色いシャツに黄色い覆面を被った若き?店主が一人で頑張ってます。

201021hanaki01

 まだ店名と場所は出さないで欲しいという要望は生きているそうなので(出されちゃってるけど)「謎」の部分を残しておきたいという店主君の気持ちを汲んでオープン日まで出さないことにします。店の外観も判る人には判ってしまうのでまだ出しません。

 さて在宅勤務の今日、開店時間の数分前に着いてみると、すでに先客が三人。定刻に開店、食券を買って着席。

 店主君一人だけでのオペレーション。だからこの規模(カウンター6席のみ)の店にしたのだとは先日書いたとおり。前回同様1ロットは2杯ずつらしい。

20102902r

 「ラーメン 800円+ワンタン1枚 100円」
 プレオープン中は味玉かワンタン一枚がサービスなのでワンタンを買った人には味玉が付いてくる。ちょっとリッチに見えるかな。そして他に青唐辛子。言わずとも増してくれたタレ(^^;

 いかにも***系という濃い醤油色の清湯スープはタレ(カエシ)増量により店主君の出身店にちょっと近づいた感じ。でもまだ(私個人の感想だけど)優しい味。それはこの地域に合わせている または 店主君がこういう味を目指しているということなら、それはそれで応援しよう。
 大山地鶏に豚骨、各種の魚介。きっちり出汁が効いていて旨いのは間違いないのだから。

20102903r

 カタメに茹でられたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺は、ある意味慣れた味。この濃いスープに良く合っていて安心感すらある。

20102908r

 「ワンタン」は餡が沢山詰まっている「*ん*系」。最後にこの系統のワンタンを食べたのは本郷三丁目だったろうか。四谷の方かも知れない。ともあれこのタイプ、好きなんです。

 チャーシューは豚ばら肉と腕肉かな? 半熟味玉も丁寧に温め直して出してくれるところがいい。

 例によってて完食の全汁。ご馳走様でした。アンガーラ!

 そうそう、11/1のオープン日は味噌ベースのオマールブルーと「?」の組み合わせだそうです。

◆店名をまだ出していない店
(予想仮店名(^^; Fortune-Men HANAKI
 中野区東中野 最寄駅:東中野
 11:00-19:30 定休日不明 11/1オープン予定

 

| | コメント (0)

2020.10.21

東中野にプレオープン「店名不明のラーメン店」アンガーラ!

 東中野に新しいラーメン店がオープン予定。神田方面の某有名店で長いこと修行をしていた若者が心機一転、この地で店を出すことになった。現在店主は覆面でプレオープン中。

201021hanaki01

 まだ店名と場所は出さないで欲しいとのことで、店の外観も判る人には判ってしまうので出しません。神保町の店のスタートがそうだったように「謎」の部分を残しておきたいということだと思われます。代わって店先に貼ってあったこんな告知を(^^;

 開店時間をわずかに過ぎた頃、カウンター6席だけの店内に先客は 4人。厨房には覆面をした若きご主人。

 目が合って私を認知したのが判ったので「アンガーラ!」のご挨拶。即「アンガーラ」と返事があったので、これで決まり。大当たり!(^^;

201021hanaki02

 券売機で食券を買って着席。その券売機には値段だけあってメニュー名が書かれていないボタンがAからFまで並んでいる。ということは、いつか限定をやってくれるということだろうか。
 ご主人一人だけでのオペレーション。だからこの規模の店にしたのだとご主人。1ロットは2杯ずつみたいだ。

201021hanaki03

 待つことしばしでご提供。覆面をかぶったご主人もろともパチリ。(掲載許可は貰っています)

201021hanaki04

 「ラーメン 800円+味玉 100円+ワンタン2枚 160円」
 プレオープン中は味玉かワンタン一枚がサービスなのを知らずにそれぞれを買ってしまったので、なんだか具だくさん。

201021hanaki06

 いかにも「○ん○」系らしい濃い醤油色の清湯スープに、慣れたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。間違いありませんな。でも、あの味とはちょっと違って、割りと優しい味に仕上がっているのは地域性を意識しているからか。大山地鶏に豚骨、各種の魚介。きっちり出汁が効いているのも「らしい」よね。

 タレを増量して貰うと、かなり「あのショッパ旨い味」に」近くなった。但し一般向けではない(^^;

201021hanaki07 201021hanaki08

 「ワンタン」は2種類。生姜が効いているのと通常のもの。かなり肉が詰まっていて、なるほど一つ80円取るだけのことはある。
 豚チャーシューも大山鶏のチャーシューも、コリコリメンマも旨かったなぁ。

 美味しく頂いて完食のもちろん全汁。ご馳走様でした。アンガーラ!

 なんと中野区(東中野)にあの系統の店が出来てしまいました。今の東中野のなんと羨ましいことか。在宅のたびに東中野詣でしてしまいそう。

◆店名をまだ出していない店
(予想仮店名(^^; Fortune-Men HANA
 中野区東中野 最寄駅:東中野
 11:00-19:30 定休日不明 11/1オープン予定

|

2020.10.01

「がんこ西早稲田」で 正油こってり

 木曜日。在宅勤務の昼食はと高田馬場というか西早稲田までひとっ走り。

190613gankow01

 「元祖一条流がんこ 西早稲田店」 ちょうど一ヶ月ぶりの訪問。いつもどおり12時をわずかに過ぎて開店。先客2、後客ゼロ。

201001gankonw01

 「正油ラーメンこってり 900円+大盛 100円」
 例によって提供の直前に熱せられた香味油を中央のキザミねぎにジュッ! 先客の二人は初めてだったらしく、このパフォーマンスにちょっと驚いていた。

201001gankonw02

 醤油色の清湯スープに背脂が浮き、大判のチャーシュー2枚にメンマと多めのキザミねぎと、いかにも「がんこ」の醤油らしいルックス。

 相変わらずショッパ辛く舌がシビレるくらいのスープ。これがいいのです。クセになるのですよ(^^ゞ
 もちろんショッパ辛いだけではなくて、出汁の旨味、背脂の甘みが押し寄せてきて、きっちり旨い。

201001gankonw03

 硬めに茹でられたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺が、この強いスープをよく持ち上げる。そしてトロトロのチャーシュー併せて頬張ると文句なし。

 このスープは残せません。完食の全汁でご馳走様でした。

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

2020.09.01

「がんこ西早稲田」で こがしねぎラーメン

 在宅勤務のランチはちょっとクルマを飛ばして高田馬場。「ひなた」狙いだったのだけど開店時間を勘違いして大行列。サッと諦めて向かったのは「元祖一条流がんこ 西早稲田店」。こっちは行列無しのPP。例によって12時をわずかに過ぎて開店。先客ゼロの後客4。
 入り口の貼り紙で今日は焦がしネギがあると判ったので、オーダーはそれに決定。

200901gankonw02

 「こがしねぎ塩ラーメン(大盛)1,000円」
 「がんこ」の塩を代表する黄金色のスープが殆ど隠れてしまうほどの焦がしネギと大判のチャーシュー。そしてメンマと提供の直前に熱せられた香味油でジュッ!とやられたネギ。

 焦がしネギを全体に混ぜてやると、いつものショッパ旨いスープに焦がしネギの芳香と旨味が加わって、さらに良し。

 この店で焦がしネギを食べるのはいつ以来だろうと調べてみると 2009年9月が最後だった。もっと頻繁にやってくれると嬉しい・・・って私があまり行っていないだけか(^^;

200901gankonw03

 いつものサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺に焦がしネギも絡んで上がってきます。(上の画は混ぜる前の状態)

 トロトロのチャーシューもコリコリショッパなメンマもよしで完食の全汁。ご馳走様でした。

◆元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

2020.08.14

「がんこ西早稲田」で 塩分補給?!

 在宅勤務の金曜日。昨日に続いて「波と雲」を目指したら今日は休みだった。それではと西早稲田。

190613gankow01

 「元祖一条流がんこ 西早稲田店」 今では最もかつての「がんこ」に近い「がんこラーメン」を出す店として私の中では確立されているのですね。さていつもどおり12時をわずかに過ぎて開店。先客ゼロ、後客3。

 厨房にはいつもの風貌の店主Oさん。そしていつもの店内(^^;。そのうち「とんねるずの○○○シュラン」に載ってしまうのではないかと思ってたけど番組の方が終わってしまったみたい(^^;

200814gankonw01

 メニューを眺めてはみたものの最初からオーダーは決まっている。今日はきっちりショッパいのが食べたいよねと、正油でGO!

200814gankonw02

 「正油ラーメンこってり 900円+大盛 100円」
 いかにも「がんこ」の醤油らしいルックス。提供の直前に熱せられた香味油を中央のキザミねぎにジュッ!とやるのが恒例。
 醤油色の清湯スープに背脂が浮き、大判のチャーシュー2枚にメンマと多めのキザミねぎ。

 まずはスープをレンゲでひと口。いやはや相変わらずショッパ旨い。そしてそのショッパさに磨きが掛かっているようで舌がシビレるくらい。

 でもそれだけではなくて、豚骨鶏ガラに魚介の旨味、さらに背脂の甘みが押し寄せてきて、きっちり旨いのですよ。

200814gankonw03

 この強いスープに合わせるのがサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。いつもどおり硬めに茹でられていて文句なし。

 例によってトロトロのチャーシューも、コリコリでショッパ旨いメンマも文句なしで、あっという間に完食。そしてこのスープは残せません。やっちゃイケナイ全汁でご馳走様でした。

 塩分補給は充分。自然と大量の水分が欲しくなるのです。熱中症対策にどうぞ (^o☆)\カシッ!

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

2020.08.10

「覆麺智@神保町」で 覆麺ラーメン

 友人Sと誘い合わせて神保町。コロナやらなんやら諸般の事情により久しぶりの訪問となりました。

200810fukumen

 私にとって神保町と言えばここ「覆麺 智」。悪い奴(悪魔)でも限定でもない日に来るのはさらに久しぶり。

200810fukumen01

 「覆麺ラーメン 900円」
 がんこ系らしい濃い醤油色のスープに、かなり硬めに茹でられた中細ストレート麺。追加でお願いしたトッピングは味玉と青唐辛子。
 出汁は阿波尾鶏と牛骨に肉スープだそうだ。

 その出汁の旨味と強い醤油の味がガツン。でも悪魔に慣れた舌にはもの足りない。O氏にタレを増して貰って、よしよしコレコレ(^^;

 サッポロめんフーズ謹製の中細ストレート麺がこの強い醤油味のスープに良く合う。・・・麺上げの画像はドピンボケだったので無し。

 これぞがんこ系ラーメン。半熟トロトロの味玉も口の中で融けてしまうほど柔らかいチャーシューも文句なし。そして青唐辛子の刺激。

 旨いウマイと食べ進み「アッ」というまに完食。そして、やってはいけない全汁(^^;

 いつかまた「悪い奴」と心に誓って店を後にしたのでした。

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-20:00(売切れ終了) 無休 日曜休?

|

2020.07.07

「がんこ西早稲田」の 正油こってり進化?中

 本日の在宅ランチはクルマで高田馬場を越え、およそ一月ぶりの「元祖一条流がんこ 西早稲田店」

190906w_ganko01

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると、既に先客3人。後客一人で満席。密ですね(^^; 厨房にはいつもの風貌の店主Oさん。もちろん店内も変わらず(^^;
 塩こってりがメニューにあったので、若干迷ったけど、今日はきっちりショッパいのが食べたいと正油でGO!

200707gankonw01

 「正油ラーメンこってり 900円+大盛 100円」
 恒例のオマジナイ。熱せられた香味油でジュッとやってご提供。大判のチャーシュー2枚にメンマと多めのキザミねぎ。大盛りにしたのと背脂のせいで醤油色のスープが見えないけど、いかにも「がんこ」らしいルックス。

 スープをレンゲですくってひと口。前回も感じたけど、ここのところこの店特有のショッパ辛さが更に増してません? 舌がシビレるくらい。明らかに以前よりショッパ辛くなっている。

 でもそれだけではなくて、豚骨鶏ガラに魚介の旨味、背脂の甘みが押し寄せてくるので、やめられない止まらない。

200707gankonw02

 そうしてこの強いスープをよく持ち上げるのが、サッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。いつもどおり硬めに茹でられていて私好み。

 例によってトロトロのチャーシューも、コリコリでショッパ甘いメンマも文句なしで、完食のやっちゃイケナイ全汁(^^; ご馳走様でした。

 食べ終えて自宅へ戻ると、ちょうど一時間。在宅ランチ成立ね(^o^)v

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

2020.06.11

「がんこ西早稲田」で 超ショッパーな正油こってり

 高田馬場・早稲田あたりなら、クルマで行って食べて帰ってが1時間以内でいける。というわけで在宅勤務の今日、ささっと出かけることにした。

190613gankow01

 「元祖一条流がんこ 西早稲田店」。私見だが今では最も「がんこ」らしい「がんこラーメン」を出す店だ。
 開店時間の12時をわずかに過ぎて開店。先客1、しばらくして後客3。


200611gankoww

 「正油ラーメンこってり 900円+大盛 100円」
 恒例の熱せられた香味油によるジュッていうオマジナイの後にご提供。いかにも「がんこ」らしい醤油というルックスだ。清湯スープに背脂が浮き、大判のチャーシュー2枚にメンマと多めのキザミねぎ。

 今日のスープはまた一段とショッパ辛かった。舌がシビレるくらい。でも豚骨鶏ガラに魚介の出汁がキッチリ効いていて旨いのですよ。このがんこらしいショッパ辛さと背油の甘みが堪りません。

200611gankoww02

 サッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。がんこの強いスープによく合うのですね。いつもどおり硬めに茹でられているのも、いいところ。

 例によってトロトロのチャーシューも、コリコリメンマも文句なしで完食の全汁。ご馳走様でした。

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

2020.05.06

「覆麺智@神保町」で トラフグ出汁の悪い奴

 水曜は「覆麺 智」の悪い奴(悪魔)の日。事前告知によれば、高級食材の虎河豚(トラフグ)出汁だという。ここのところ「がんこ系」づいている私としては、およそ4ヶ月ぶりの神保町。

191008fukmen01200506fukmen01

 本来、水曜日は会員制なのだけど本日はオープン制らしい。暖簾を出さずの営業だというのに開店時間の朝9時ですでに 14人ほどの行列。ゲゲッと思いながらも最後尾へ。みなさん、それなりに距離をとって並んでますね。
 そう言えば知った顔は一人もいない。常連さんも代替わりしていくのでしょう。
 事前にS嬢が注文を取ってくれるので代金はこの時点でお支払い。間もなく入店の着席です。

200506fukmen03

 「トラフグ出汁の悪い奴(超悪い肉付) 1,300円」
 悪魔らしい濃い醤油色のスープに、超悪い肉、味玉、海苔、青唐辛子、メンマにチャーシュー、キザミねぎ。
 超悪い肉とは悪い肉(悪魔肉)をさらにショッパ辛く煮詰めたヤツのこと。一味唐辛子とコショーは自分でかけてものね。

 まずはスープをひと口。ショッパ辛さとトラフグ出汁の旨みがガツン。いつもの阿波尾鶏や豚骨、魚介の上に更にトラフグを足しているのだそうだ。
 このショッパ辛さ。そして強い旨み。そうこれぞ悪魔ラーメンなのですね。

200506fukmen04

 いつもどおり硬めに茹でられた中細ストレート麺がまた旨い。サッポロめんフーズ謹製ね。

200506fukmen05

 「超悪い肉」がまたショッパ辛い。逃げ道は半熟トロトロの味玉とチャーシューだけ。
 口の中で融けてしまうほど柔らかいチャーシューは、麺と一緒に頬張るのが吉。

このショッパ旨さの虜(とりこ)になりつつ食べ進み「アッ」というまに完食。そして、やってはいけない全汁(^^; 久しぶりに「悪魔」注入完了。

200506fukmen02 200506fukmen06

 そうそう何故かこの時期、浅草「一福園」の焼肉弁当(500円)をここで販売している。ついでにテイクアウトして家族の昼食に。美味しかったそうです。

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00(9:00開店もあり) 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は弟子君メニュー

|

2020.05.05

「がんこ西早稲田」で 塩ラーメン

 再びというか、またもやの「元祖一条流がんこ 西早稲田店」

190906w_ganko01

 開店直後の店内には、いつもの風貌の店主Oさん。店内だっていつもどおりだ(^^; 先客は無し。

200428gankonw02

 先日「正油こってり」を、その前には「塩こってり」を食べているので、今日はシンプルにこれ。

200505ganko_nw02

 「塩ラーメン(大盛り)700円」
 恒例の熱油ジュッというオマジナイの後に提供された清湯スープの塩。

200505ganko_nw04

 いかにも「がんこ」らしい黄金色に澄んだスープにいつもの細麺。トッピングは大判のチャーシュー2枚にメンマ、多めのキザミねぎ。

200505ganko_nw03

 いつもと変わらず硬めに茹でられたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺は、それだけでも旨いのだけど、このショッパ辛くも旨みの強いスープを良く持ち上げる。

 トロトロのチャーシューも、コリコリでショッパいメンマもいつもどおり。

 安定の西早稲田。今では最も「がんこ」らしい「がんこ」を食べさせるのは、この店なのですね。例によって完食の全汁で、ご馳走様でした。

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

|

より以前の記事一覧