ラーメン:がんこ系

2017.10.27

元がんこ池袋「AKAMARU(赤丸)」」で 黒悪魔

 日光からの帰りが池袋のはとバスターミナル。となれば、夕食はここに気まってますね。

 なんと3ヶ月ぶりのラーメンであり、「AKAMARU(アカマル)」だ。もちろん夜の部だから呑みがメインの狙い目ではあるのだけどね。

 先客一人だけの店内には。ご主人ルイス(=フェルナンド)さんだけ。ざんねんなことに、やたらと可愛いJちゃんは今日はいない。
 そうそう「フェルナンド=ルイス」であることは、もうすでにバレバレの解禁状態だそうだ。

171027akamaru01

 「海老のマリネ風なんとか?」
 大きなエビは半生だそう。これ旨いっす。

171027akamaru02

 「黒悪魔ラーメン 800円」
 そうして〆はもちろんこれ。久しぶりのラーメンには、やっぱり悪魔でしょう。

171027akamaru03

 安定したお味の悪魔は、ちょっと優しめ。久しぶりの私的にはこれくらいが、ちょうど良い。

 ウマイ旨いと完食の全汁で、ご馳走様でした。

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.31

元がんこ池袋「赤丸」で フェルナンドの秘密な夜(^^;

 夜の部の「AKAMARU(アカマル)」は久しぶり。昨日のスペシャルが残っているのではないかという下心付きね(^^ゞ

Akamaru

 18時半過ぎに着いてみると先客は一人だけ。ご主人ルイスさんと、やたらと可愛いJちゃんが笑顔で迎えてくれた。ルイスさんからは「久しぶりだね」と。

 そうそう「フェルナンド=ルイス」であることは、もうすでにバレバレの解禁状態だそうだ。

 髪を切り、ひげを剃っただけで、あれほど変わるとは・・・最初 奥さんも「どちら様ですか?」状態だったそうだから、我々がアッサリ騙されたのは仕方ないことだろう。

 たしかに若く見えた。なるほど「弟フェルナンド」は無理のない設定だ。わざわざカタコトで日本語をしゃべってたしね。あの一条家元にして、この弟子ありみたいな・・・アンガーラっ!(^^;

 3/17のリニューアルオープン後、すぐにそうだと教えてもらったのは、実際に訪問した大物ラーメン評論家のO崎さんと一部の人間だけだったみたい。O崎さんはさすがと思われる書き方で、レビューに「余韻」を残していたのが印象的。

170731akamaru01

 てなことは置いといて、珍しく「とりビー」でスタート。最初のアテはルイスさん自慢の「ポテサラ 450円」。呑み進むうちに待ち合わせていた友人S登場で乾杯。

170731akamaru03 170731akamaru04

 「豚しゃぶの土佐仕立て 750円」「シュラスコのカルビとハラミ 計950円」
 シュラスコは昨日食べたばかりなのだけど、やっぱりうまい。ほかに「生シジミの紹興酒漬け 600円」もやたら旨かったのだけど撮るの忘れた(^^ゞ

170731akamaru05

 「黒悪魔ラーメン 800円」
 そうして〆はもちろんこれ。最初は昨日のスペシャルをイクつもりだったのだけど、〆はどーしても悪魔な気分だったので、こちらを。もちろん文句なし。

170731akamaru07

 「カルビクッパラーメン(スペシャル)」
 友人Sが頼んだもの。ピリ辛で旨かったそうだ。

 呑みは途中からキンミヤの炭酸割りへ。ルイスさんと可愛いJちゃんの店「赤丸 AKAMARU」を堪能してご馳走様でした。

170731akamaru11

 おっと、最後に最新のメニューを。でもやっぱり今日は何があるの?と聞く方が速いみたい(^^;

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.25

がんこ池袋系「AKAMARU(アカマル)」で青柳貝の悪魔

 最近夜の部ばかりだったフェルナンド?さんの「拉麺居酒屋 AKAMARU(アカマル)」で昼の部。

170625akamaru1

 雨模様の日曜日。がんこ池袋のブログによると今日のスペシャルは青柳貝の悪魔だという。

170625akamaru2 170625akamaru3

 開店時間少し前に着いてみると先客はわずか。1順目確定ねと並んだけど、定刻に開店しないのがルイスさん譲り?のフェルナンド流?(^^; 15分遅れての開店。

170625akamaru5

 「青柳貝スープの悪魔ラーメン 1,100円」
 青柳貝を使った究極スペシャルだそう。ご覧のとおり、一番上に青柳が載っている。他は悪魔肉と柔らかチャーシューのほか、いつもの具材たち。

170625akamaru6

 まずはスープをひと口。うん、旨いっ! 青柳貝の香りと旨味がスッと入ってくる。
 そしてかなり優しい「悪魔」になっている。もっと「悪魔」らしい「悪魔」を期待したいところではある。醤油ダレを足そうかとも思ったけど、多めのコショーと一味唐辛子で私流に。

170625akamaru7

 麺が変わっている。これまでの断面が丸の中細ストレート麺から、同じ中細ストレートでも断面が丸でないやや縮れ麺。ツルツルの食感が好きだったのだけど、スープの持ち上げがいいこの麺も良く合っている。

 旨いウマいと完食の、やっぱり全汁。あとで喉が渇いて仕方がないのが判っていても残せませんね。

 というわけで、久しぶりの昼の部スペシャル悪魔なのでした。

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル (AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 HPはがんこ 池袋のものを当面流用
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.18

「元祖一条流 がんこ総本家 分店@相模原」で塩

 帰路は小田原厚木道路から圏央道へ。相模原ICを降りて目指すは「元祖一条流 がんこ総本家 分店」

170618gankosg01

 「コピオ相模原インター」という郊外型ショッピングモールの中にあって、真新しく清潔。

 そうしてこの店は家元の実弟が経営する店。だから「分店」というわけだ。一旦閉店していたそうだが、今年5月 この地に移転、新規オープンした。

 ちょっと違和感があるのは、きれいすぎるというだけでなく、かつて目黒の駅ビル内にあった「がんこ総本家客分・目黒店」が、じきに閉店してしまったのを思い出すからだろうか。
 同じような商業施設で一般の買い物客相手では「がんこラーメン」が理解されないのではないか。そんな危惧がチラリと脳裏をかすめる。
 だからか、メニューには「がんこ」にあるまじき(^^;マイルドなんていうオプションがある。

170618gankosg02

 てなことはおいといて、まずは店頭でそれらメニューを確認し、券売機で「塩(バラ)」をボチっ。

170618gankosg03

 この店はチャーシューを豚バラ肉、同モモ肉、鶏ムネ肉の3種類から選ぶことができるようだ。どれも旨いのは判ってはいるけれど、がんこと言えばバラ肉でしょうと。

 食券を買うと可愛いお姉さんが、しょっぱい「がんこ味」か「マイルド味」かを聞きに来た。もちろん「がんこ」に決まっているでしょう。

170618gankosg04 170618gankosg05

 テーブル上にはスープに関する能書きと、良かった、家元推奨?の「SBのコショー」がある(^o^)v

 店内は盛況。お昼時とあってほぼ満席。わずかに間があって、ご提供。

170618gankosg11

 「塩ラーメン(豚バラ肉)800円」
 いかにも がんこの塩らしく、黄金色に澄んだ清湯スープがなつかしい。この白のドンブリと澄んだ がんこ色とでも言うべきスープが見られたのは八代目末広町が最古ではあるまいか。

 お味の方も、古き佳き?(って現在もいいのだけど) 正統派とでもいうべき「がんこ」の塩になっている。ショッパ旨い がんこの味が帰ってきた。

170618gankosg14

 麺は「がんこ」御用達サッポロめんフーズだろうか。慣れた細ストレート麺に思える。このスープとの組合せに文句がはない。

170618gankosg15

 ショッパイ、でも旨い、そして懐かしい。ショッパイ、旨い、懐かしいと食べ進み、あっという間に完食の全汁。

 いやぁ、相模原の人たちがうらやましい。ほとんど縁のない土地、近所に行くことがあればになってしまうけど、裁縫必死の「がんこ分店」なのでした。

◆元祖一条流 がんこ総本家 分店
 神奈川県相模原市緑区向原4-2-3 コピオ相模原インター店1F
 11:00-15:00 18:00-22:00 (LO 21:45)
 月曜・第3火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.12

がんこ池袋系「AKAMARU(アカマル)」で 呑みと〆ラー

 月曜、夜の部の「AKAMARU(アカマル)」。19時少し前に着いてみると先客は無し。ご主人フェルナンド?さんと、そんじょそこらのアイドルは ひれ伏すというくらいに可愛いJちゃんが笑顔で迎えてくれた。

 昨日のスペシャル悪魔が残っているのではないかという下心付きで行ったのだけど、残念ながら売切れ。

170612akamaru01

 「チャーシュー 値段不明」
 それではと頭上の棚からキープしてあるキンミヤを取り出して、チャーシューをアテに一杯二杯とやり始めると、待ち合わせていた友人Sが登場。

170612akamaru02 170612akamaru03

 「枝豆(値段不明)」「焼きナス(値段不明)」

 たしか他に、ルイスさん特製の生ハムも出して貰ったような気がするが・・・(^^;

170612akamaru04

 「黒悪魔ラーメン 800円」
 そうして〆はもちろんこれ。濃い醤油色のスープが悪魔らしい。

 かなり呑みも進んでいたので、どんな話をしたかも定かではないけれど、月曜日から正しい?呑みとラーメン生活なのでした(^^;

 スマホで撮ったものなので、ヘロヘロな画像なのはご容赦。

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 HP(ブログ)は がんこ池袋のものを当面流用
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.31

「覆麺智@神保町」で ホタテ出汁の悪い奴

 先週に続いて神保町攻め。今日水曜は「覆麺 智」の悪い奴の日だ。

170531fukumen1

 店頭の貼り紙メニューを確認しつつ店内へ。幸いすいていて、すぐに着席。

170531fukumen2

 「ホタテ出汁の悪い奴 1,000円」
 左上には悪魔肉。右上の海苔の上に載っているはホタテのディップね。ブラックペッパーと一味は自分でかけたもの。(今日の画はスマホで撮ったものなのでダメダメなのはご容赦)

 濃い正油色のスープがいかにも悪魔(悪い奴)らしい。実際お味の方もきっちりショッパく、そしてホタテの旨味濃く仕上がっている。

170531fukumen3

 硬めに茹でられたサッポロめんフーズ製の細ストレート麺。もう悪魔はこの麺でないとダメくらいの感じ。

 例によって旨いウマイと完食の・・・今日は9割汁で思い留まってご馳走様。というわけで久しぶりの悪魔注入が完了したのでした。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.29

がんこ池袋系「AKAMARU(アカマル)」で 呑みと〆・天使のラーメン

 ざっと半月ぶり。夜の部は半分居酒屋「AKAMARU(アカマル)」である。

170529akamaru1

 18:30頃に着いてみると先客は無し。店内にはご主人フェルナンド?さんと、例のメチャ可愛いJちゃんの2人。

 例によって頭上の棚からキープしてあるキンミヤを取り出してと。

170529akamaru2

 「悪魔肉(チャーシュー)値段不明」
 三枚載ってきたのだけど、一枚を食べてもう一枚に差し掛かったところで、写真を撮ってないのに気がついた。そのせいでちとバッチく見えるのはご容赦。一味とブラックペッパーは自分でかけたものね。

 この通常より分厚い悪魔肉でイッパイ飲るというのが、がんこファンの憧れでもあるのですよね。ちなみにこの悪魔肉はいつもあるとは限りません。てか無いときの方が多い(^^;

170529akamaru3

 「豚しゃぶ (値段不明)」
 今日のお奨めは何?と聞いて出てきたもの。この店の場合、メニューを見てあれこれ悩むよりも、今日あるモノを聞いてしまった方が早い(^^;

 豚に続いて豚かよと思ったものの、この豚しゃぶ旨い! 寸胴の出汁でしゃぶしゃぶするのもいい。

170529akamaru4

 「真鯛のナントカ(^^;(値段不明)」
 メニュー名も忘れた。1人で食べるにはどれもちと量があるのだけど、これも旨い。いかにも飲ん兵衛が飲ん兵衛のために作ったメニューという感じ。

170529akamaru6

 「真鯛スープの天使のラーメン 1,000円」
 そうして〆はこれ。昨日のスペシャルがまだ残っていたのですね。ま、それも狙いの一つだったのですけどね。

170529akamaru7

 悪魔の反対で天使のラーメン。殆ど残っていたボトルを空けてしまったし、三種類のツマミだけでも結構お腹がくちくなっていたのだけど、これは旨いっ!

 でも、どう旨かったかは・・・また食べに行きましょう(^o☆)\コンッ!

 そうそう、今週日曜は「赤貝と大山鶏と豚 スッキリ透明スープの天使のラーメン」だそう。残念ながらこれには行けそうにない(;_;)

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 HP(ブログ)は がんこ池袋のものを当面流用
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋
 11:45-15:00 18:00-22:00 (日祝は12:00-売切れまで)
 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.23

「覆麺智@神保町」で ホタテ貝出汁の塩

 今日は火曜日。ということは「覆麺 智」の塩の日。お店の情報を見てみると「ホタテ貝を20kg使った塩」だというので、そりゃあ行くでしょうと2か月半ぶりの神保町攻め(^^;

170523fukumen01

 店の前には今日のメニューを知らせる貼り紙。幸い行列もなくすんなり入店。

170523fukumen02 170523fukumen03

 ホタテのディップと大葉 各100円を追加。フロア担当のS嬢に 1,100円を渡して着席。

170523fukumen04

 「ホタテ貝出汁の塩(+ホタテディップと大葉) 1,100円」
 がんこの塩らしく、わずかに黄金色をした清湯スープ。見慣れたスープだけど、口に含んだ瞬間、ショッパ旨さに続いてホタテ味。見事ですな。

170523fukumen05

 いつもの細ストレート麺がこの旨いスープをよく持ち上げる。もちろんカタメに茹でられてもいる。

170523fukumen06 170523fukumen07

 大判のチャーシューが熱々のスープの中でとろけていくところを麺と一緒に頬張るのが吉ね。

 海苔の上に見えているのが「ホタテのディップ」。こいつをスープに溶かし込んでやると、一気にホタテ味が加速する。うまいっ!
 貝類とがんこの塩。さらに大葉と塩は実によくあいますな。

 もちろん完食の全汁ね。火曜日の塩、週によって出汁となる食材が変わりますが、どれを持ってきてもハズレはありません。
 ご興味のある方には是非どうぞとお奨めしておきます。

 ちなみにこの店に来る途中で見た「神保町二郎」の行列がなんと外待ち9人。お昼時だというのにそんなこともあるんだぁ。中待ちを入れると12-3人? それでも昼休み時間中には帰社できそうにないよなぁと。神保町二郎は近いようで遠い。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は助手君メニュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.12

がんこ池袋系「AKAMARU(アカマル)」で 夜の部5

 およそ2週間ぶり。仕事終わりでの池袋攻め。私の場合、池袋と言えばここ。例によって「AKAMARU(アカマル」。夜の部は半分居酒屋なのだ。

170512akamaru1

 18時過ぎに着いてみると先客は一人だけ。厨房にはご主人フェルナンド?さんの他に、Luisさんのお嬢さん?!だという、やたらクォリティーの高いカワイコちゃん。
 FBでこのJちゃんを見つけて、早速友達になってしまった(^o^)v

170512akamaru2

 てなことはおいといて。頭上の棚からキンミヤを取り出して、最初は「チャーシューとチューハイ」でスタート。これがまた旨いのですね。

170512akamaru4 170512akamaru5

 続いて「大シイタケの肉詰め(値段不明)」。大きくて肉厚のシイタケと挽き肉の食感が素晴らしい。もちろんお味の方もいい。よくこういうのフェルナンド?さんは思いつくよね。要するに自分が食べたいものを作っているのだそう。

 でもね、壁には沢山のメニューが書かれているのだけど、実は必ずあるとは限らない。というか殆どない?(^^;
 むしろあるものを聞いた方が早いくらい。今日は何があるの?と聞いて、メニューにはないけど、出てきたのが、このシイタケ肉詰めだったりする。

170512akamaru6

 「自家製のハム(値段不明)」。前回も紹介したけど、これがまたいい。本当はもっと塩抜きしてからの方が明らかに一般的なのかも知れないけど、飲ん兵衛には返ってこれがいい。このショッパ旨さがあれば、他にアテは要らないくらいの感じ。

 これを刻んでチャーハンとかに炒め入れたら旨いだろうなと。

170512akamaru7

 「黒悪魔ラーメン 800円」

170512akamaru8

 もちろん〆はこれ。一味唐辛子とコショーは自分でかけたものね。いつもどおり、やや優しめのショッパ旨ぁな悪魔。
 最後にこいつを食べると、もう幸せイッパイの腹イッパイ。

 お勘定はというと キンミヤの720mlボトルを入れて、たしか 4,000円強だったと思う。可愛いJちゃんに手を振って、ご馳走様ぁと店を出た。今日は外で立ち飲みの若者達まで出て、賑やかだった。

 夜の部がクセになりそうなフェルナンド?さんの、というかJちゃんのいるアカマルなのでした。

 あ、そうそう。このJちゃんは常駐している訳ではないので、会えたらラッキーということで(^^ゞ

◆一条流がんこラーメン系 拉麺居酒屋 アカマル(AKAMARU)
 http://www5.hp-ez.com/hp/ikebukuroganko/page1
 豊島区東池袋1-13-12 最寄駅:池袋>東池袋
 11:45-14:00 16:00-22:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.02

「がんこ西早稲田」で 正油こってり

 ざっと2年ぶりの西早稲田。土日が休みの店なので、ハードルが高い。GWで有休な私は今日こそはと満を持して?の訪問。がんこ系三連チャンね(^^ゞ

170502ganko1

 「元祖一条流がんこ 西早稲田店」
 久しぶりに来てみると、さらに傷みが進んだ外観。牛骨がかかっていても、これじゃ何の店だか判らないよね。というか、知ってる人でさえ入りにくい雰囲気?(^^;

170502ganko2

 定刻の12時をわずかに過ぎて、いつもの儀式? 牛骨がかけられ、がんこの開店。先客は無し。
 
 昔のままというか清潔感とは程遠い店内も、無精ヒゲのご主人も全く変わっていない。こういうの、安心感と言っていいのだろうか(^^;

170502ganko3

 テーブル上のメニューを眺めはするものの、最初からオーダーは決まっている。がんこと言えば「塩」という人も多いけど、本来はまず正油。これにコッテリとキザミねぎをプラス。

 待つほどのこともなく、ラーメンの出来上がり。でももう一つ恒例のオマジナイがあって。
 そのラーメンをカウンターの天板の上に置いて、ご主人のOさんが熱せられた油を「キザミねぎ」の上にかけると・・・ジュッ! この音が堪りませんな。

170502ganko4

 「正油ラーメン こってり + ねぎ 900円」
 こってりにしたのと、提供直前のジュッ!のせいで、ラーメンがアブラでとじられている。この見た目がすでに「がんこ」してますな。

 そして魚介と鶏豚でとったタップリの旨味に、このショッパ旨さ。これこれ、これなんですよね。「がんこ」を「がんこ」たらしめているのは。

170502ganko5

 正油の清湯スープに細ストレート麺。もちろんサッポロめんフーズ謹製ね。やっぱり硬めに茹でられたこの麺がかなり強めのスープにもよく合っている。

170502ganko6

 大きくて厚めに切られたチャーシューが二枚。とにかく旨いっす。アッという間に食べ終わって、 ご馳走様ぁと店を出た。

 かつての「がんこ総本家」を彷彿とさせるショッパ旨いスープを出す店は、今ではここだけになってしまったような・・・。

 その立地や営業日から、かなり間が空いてしまう。でもわざわざ食べに来るだけの価値がある「がんこ西早稲田」なのでした。

◆元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:00-19:00 土日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧