ラーメン:がんこ系

2022.09.11

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+ワンタン2種

 ここ数日は涼しい日が続いた。昨夜もエアコンをかけずに寝られたので身体が楽だ。昼メシ時にはちょっと出遅れた日曜日。電チャリで目指したのは東中野。

220805hanaki01

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 何度も書いているように、一条流がんこの系列店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回で9回目、ほぼ一ヶ月ぶりの訪問。12時を25分ほど廻って着いてみると<、店内は満席ながら外待ちはゼロ。ラッキーと食券を買って店先のイスでお待ち。しばらくして花木君が食券と注文を取りに来た。「濃いめですね。ワンタンはどうしますか?」と「はい、アオサれんこんとイカ」と告げると間もなく席が空いて店内へ。

 提供直前にトッピングを聞かれたので、珍しく今日は青唐をハズして「味玉に海苔」をコール。

220911hanaki01

 「ラーメン 850円+わんたん2個 190円」
 濃い醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんとイカのワンタンがひとつずつ。海苔二枚、メンマ、味玉にバラ肉とモモ肉?のチャーシュー。中央にキザミねぎ。

 まずはこの清湯の醤油スープをひと口。うん、旨い。やっぱり濃いめ(タレ増し)をしたほうが、がんこ系らしいし私好み。卓上のコショーを多めに振って更に私好みに。

220911hanaki02

 いつもどおり硬めに茹でられたサッポロめんフーズ製の黄色味が強い細ストレート麺が旨い。海苔と一緒に あるいは トロトロのバラ肉チャーシューと一緒に頬張るのが吉。

220911hanaki03

 そして餡がきっちり詰まった大きめのワンタンもいい。左手前の「アオサれんこん」の方はアオサの香りとレンコンの食感。右は「イカ」の風味と柔らかな食感との対比もいい。この店に来たらワンタン(できれば2種)は必須なのです。

 このワンタン二つ入りだと大盛りにする必要はなし。お腹一杯の幸せイッパイ。
 完食の全汁でご馳走様でした。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.08.05

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+2種のワンタン

 珍しく涼しい日。昨夜は久しぶりにエアコンをかけずに寝られたので身体が楽。というわけで今日は久しぶりに熱いラーメンを食べようと目指したのは東中野。

220805hanaki01

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 何度も書いているように、一条流がんこの系列店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回で8回目、ちょうど一ヶ月ぶりの訪問。開店時間の11時少し前に着いてみると先客は一人だけ。店先のイスに座って待つことしばし。定刻に開店。

 券売機で食券を買って着席。「ワンタンはアオサれんこんとイカ」とコール。厨房は変わらず花木君一人でのオペレーション。

 提供前に「トッピングはどうしますか?」と聞かれ「味玉と青唐」と回答。今回は「濃いめですか?」とは聞かれなかったので。そのまま。

220805hanaki02

 「ラーメン 950円(大盛)+わんたん2個 190円」
 濃い醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんとイカのワンタンがひとつずつ。味玉、細いメンマにバラ肉とモモ肉?のチャーシュー。中央にキザミねぎと多めの青唐辛子。。

 久しぶりにタレ(カエシ)増しをせずそんまんま。この清湯の醤油スープが相変わらず旨い。全体に青唐辛子をなじませて、卓上のコショーを多めに振るのが私流。

220805hanaki03

 サッポロめんフーズ製の黄色味が強い細ストレート麺はいつもどおり硬めに茹でられていて。これも良し。トロトロのバラ肉チャーシューと一緒に頬張るのが吉。

220805hanaki04

 そして餡がきっちり詰まった大きめのワンタンもいい。左の「アオサれんこん」の方はアオサの香りとレンコンの食感。右の「イカ」の風味と柔らかな食感との対比もいい。この店に来たらワンタン(できれば2種)は必須ですな。

 例によって旨いウマイと完食の全汁。大盛りの上にワンタン二つ入りでお腹一杯の幸せイッパイ。ご馳走様でした。

 青唐辛子の量がいつもより多かったみたいで途中から大汗。食べ終わるとTシャツまでグッショリ。結局炎天下を歩いたのと変わらぬ状態になったのでした(^^;

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.07.21

「覆麺智@神保町」で 牡蛎出汁の冷やし塩

 Twitterを見ていると本日の「覆麺 智」は「冷やし」を出すという。おおっ、それは行かねばならぬと電車でGO!

220721fukumen01

 10時をわずかに廻って店に着いてみると、事前告知どおり限定の貼り紙が出されていますね。でもなんと15人もの行列。油断したなぁ。

220721fukumen02r

 一瞬迷ったものの、ここまで来たのだからと食券を買って最後尾へ。(限定の冷やしはラーメンと まぜそばを選べるので入り口の案内役のおじさんにラーメンを申告)

 幸い隣のビルの日陰になっているのと適当に風邪が吹き抜けてくれるのでお待ちもツラくない。スマホを眺めつつ待つ内に行列は進み、およそ 40分後に入店の着席。

 厨房は大将OさんとS嬢の2人。息の合ったオペレーション。トッピングを聞かれるかな?と思ったけど、何も聞かれずにご提供。

220721fukumen04

 「宮城県産 熟成牡蛎出汁の冷やし塩ラーメン 1,200円」
 美しいルックス。S嬢、ちゃんと青唐辛子と味玉をトッピングしてくれている。ありがたい。家元引退後の今、顔パスが効くがんこは、もうココと「覆めん花木」くらい。西早稲田もだけど何も特典は無いので意味もなし(^^;

 澄んだ清湯スープががんこ系の塩の特徴。それは冷やしでも変わりませんね。スープをひと口すすると、牡蛎出汁のガツンと同時にがんこらしいショッパさがズドン。大将が「少し(タレを)足しますか?」と効いてくれたけど、もう充分。

220721fukumen05

 この中太のストレート麺がビックリの食感。いつもどおりサッポロめんフーズ製のはずだけど、これまでのがんこの太麺の中でも最強レベルのコシ。と言うかギュッギュッとゴムのようで容易に噛みきれないくらいの食感。でもこの麺が冷やしに実に良く合っている。

 よく冷やされたチャーシューも半熟トロリの味玉もグッド。もちろんメンマもね。途中で青唐辛子を全体に溶け込ませると、これぞがんこの冷やし!みたいな感激が(^^;

 全てきれいに美味しく頂いて、完食のもちろん全汁。ご馳走様でした。

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-15:00 売切れ終了あり 日曜休

| |

2022.07.05

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+2わんたん

 昨日は涼感を求めて冷やしのアッサリ系だつたので、今日は濃いヤツを食べたい。というわけで連日の東中野。今日は西口ね。

220705hanaki09

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 何度も書いているように、一条流がんこの系列店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回で7回目の訪問。開店時間の11時少し前に着いてみると先客3。一巡目に入れれば文句なし。

 券売機で食券を買って着席。「ワンタンはアオサれんこんと枝豆塩昆布」とコール。厨房は変わらず花木君一人でのオペレーション。

 提供前に「トッピングはどうしますか?」と聞かれ「味玉と青唐」と回答。更に「濃いめですか?」と聞かれ「うん、そうして」。日によってトッピングや濃さを聞かれたり聞かれなかったり。ちょっと不思議。

220705hanaki01

 「ラーメン 850円+わんたん2個 190円」
 濃い醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんと枝豆塩昆布のワンタンがひとつずつ。青唐辛子、味玉、細いメンマにバラ肉とモモ肉?のチャーシュー。中央にキザミねぎと水菜。
 スープは日曜日の鱧のスープを更に追っているそうだ。

 タレ濃いめにして貰ったので、かなりショッパ辛く仕上がった清湯の醤油スープが旨い。全体に青唐辛子をなじませて、卓上のコショーを多めに振ってやるとさらに私好みに。

220705hanaki02

 黄色味が強い細ストレート麺はサッポロめんフーズ製。いつもどおり硬めに茹でられている。これも良し。トロトロのバラ肉チャーシューと一緒に頬張ると尚のこと良しなのです。

220705hanaki03

 そして餡がぎっちり詰まったワンタンもいい。手前の「アオサれんこん」の方はアオサの香りとレンコンの食感が素晴らしい。「枝豆と塩昆布」の方は枝豆がすりつぶされて混ぜられているのかと思ったら、豆のまま入ってた。これ新しい。この店ではワンタンのトッピングは必須ですよ。

 例によって旨いウマイと完食の全汁。ワンタン二つ入りでお腹も一杯。ご馳走様でした。

 余談ですが。先客のスリムなお姉さん。特製ラーメンにワンタン二つのほか、ご飯まで付けていたけど、アッという間に食べ終わってた。ビックリ!

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.06.25

「がんこラーメン 立川たま館分店」で 塩のレベル7

 10:25中野発の中央特快に乗って 20分の立川。駅改札で友人Sと待ち合わせて、歩くこと 5分強。

220625gankotk07

 「立川ラーメンたま館」 いわゆるラーメン集合施設で、目指す「がんこ」のほか「立川マシマシ」「井の庄」「圓・たんぎょう彩花」が入っている。

220625gankotk01

 「元祖一条流がんこ 立川たま館分店」 昨年10月にオープンしたこの店。4月に続き今回で二度目の訪問となる。
 ご主人は四谷三丁目ではなく家元の弟の店(相模原=現在の総本家)で修行した人とのこと

 開店時に「がんこ」前の券売機に並んだのはに私たちのほか先客3、後客続々でたった7席の店内はあっという間に満席。数人の行列ができていた。やはり土日は早めの方が吉みたい。

220625gankotk02

 券売機の前でちょっと迷ったけど今日は塩。デフォルトは豚もも肉のチャーシューなのでバラ肉チャーシューと味玉を追加。

220625gankotk03

 食券を天板に置くと、味の濃さと青唐の有無を聞かれたので「7で青唐も」と回答。

220625gankotk04

 「塩ラーメン 850円+バラチャーシュー 200円+味玉 100円」
 1ロットは2杯らしい。しばらくして出てきたのはご覧のとおり いかにもがんこらしい塩の清湯だ。

220625gankotk05

 左にバラチャーシュー、味玉と海苔、右はモモ肉チャーシュー。そして中央にキザミねぎと青唐。

 ドンブリが素手で持てないくらい熱い。当然スープも熱々できっちりショッパ辛く旨い。

 レベル4が標準であるのに対して"7"にしただけあって「そう、これでなくちゃがんこじゃないよね」というショッパ旨さに仕上がっている。思わず笑みがこぼれてしまうのが がんこ中毒者?の性(さが)かもしれない。

 でもどうせなら Maxのレベル8にすれば良かったな、とは後の祭り。ちょっとだけ警戒してしまったせいだ(^^ゞ

220625gankotk06

 サッポロめんフーズ製の細ストレート麺はもちろん硬めに茹でられていて、これもまたちゃんとがんこしてる。

 例によってショッパイけど旨い!でもやっぱりショッパイ、旨いを繰り返して完食の・・・やってはいけない全汁(^^;

 悪魔を食べた友人Sは今一つがんこらしくないと言っていたなぁ。
 中野から特快なら立川たま館まで 30分かからない。次回はまた、その悪魔を食べてみようと思っている。

元祖一条流 がんこラーメン 立川たま館分店
 https://twitter.com/gankotachikawab
 立川市錦町1-2-16 立川アーバンホテル1F
 11:00-20:00 無休(たま館の休業日)
 2021/10/2 Open

| |

2022.06.21

一条流がんこ総本家分家四谷荒木町@四谷三丁目

 家元がいなくなって初の「がんこ四谷」。家元のカリスマ性で保っていた感のある店だったので、どうかなと思っていたけど、しっかり根付いているようで、スペシャルを提供する日や土日は以前と変わらぬ?行列だそうだ。

220621gankp4ya00

 「一条流がんこ総本家分家四谷荒木町」
 やたら長い名前(^^; 9時の開店時間に対して 9:35に着いてみると 7人ほどの行列。平日のこの時間でも行列ができてるのが凄い。でもこの程度なら問題無いと最後尾へ。大きな送風機が廻っているのが有り難い。

220621gankp4ya01

 家元時代と違って券売機制。並ぶ前に先に食券を買っておく?システムみいだ。青唐が別料金になっている。
 順調に行列は進み 9:51着席。

 厨房はご主人の後藤さんと小池さんの二人体制。家元がいないのでオールドファンの私の場合、もう顔パスは通用しない(^^;
 席について食券を出すと後藤さんから「どっちにしますか?」と。今の"100"とか"上品"とかを判っていないので取り敢えず「上品で」と回答。

220621gankp4ya04

 「ラーメン上品 1,100円」
 なるほど、お値段だけあって、いわゆる全部入りになっていてカニカマがいる(^^; 何よりがんこらしい醤油の清湯が嬉しい。

 そのスープをレンゲでひと口。うん旨い。ちゃんと がんこの醤油になっている。あたり前か。でもちょっとだけもの足りないかな。家元がいたら「濃いめにして」とタレ増量をお願いするところだけど、さすがに遠慮してしまう。

220621gankp4ya05

 いつものサッポロめんフーズ製の細ストレートのやや縮れ麺。相変わらず硬めに(45秒だそう)茹でられていて旨い(ちょっとダマになってたけど(^^;) まずはテーブル上のSBのコショーと唐辛子を多めに振りかけて。

 途中でホロホロのチャーシューをほぐして麺と一緒に頬張るのが大吉。ショッパ旨いスープを時々口に含みつつ一気に食べ進みます。

 美味しく頂いて、もちろん完食の全汁でご馳走様でした。

 家元がいないというのはお味の問題ではなく、何かもの足りないものを感じてしまう。言ってもせんなきことですが(^^ゞ

一条流がんこ総本家分家四谷荒木町
 https://twitter.com/ganko_yotsuya
 新宿区舟町4-1 メゾンド四谷1F 最寄駅:四谷三丁目
 9:00-15:00(売り切れ終了)不定休
 メニュー内容や営業情報は上記SNS参照

| |

2022.05.31

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+わんたん

 マイディーラーでオイル交換した後、最初はそのお待ち時間にすぐ近くのそば屋「じゆうさん」に行くつもりだったのだけど改装中のため休業。再開は 6月中旬あたりらしい。

 いったん帰宅してしばらく孫ッチをあやした後、再度出発。目指すは東中野。行列だったらパスしようと思ってたけど、平日 14時少し前という時間は行列もなくすんなり入店。

220531fukmenhnk00

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 いわゆる一条流がんこ系の店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回でようやく6回目、1ヶ月半ぶりの訪問。

 たった6席の店内は4席が埋まっている。券売機で食券を買って着席。ちょっと値上げされてましたね。昨今の情勢からは仕方ないことだと思いますね。「ワンタンはアオサれんこんと生姜」とコール。
 厨房は変わらず花木君一人でのオペレーション。

220418hanaki02

 提供前に「濃いめですか?」と聞かれ「うん、お願い」。

220531fukmenhnk02

「ラーメン 850円+わんたん二つ 190円」
 醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんとショウガのワンタンがひとつずつ。青唐辛子、味玉、細いメンマにバラ肉とモモ肉?のチャーシューが計3枚。中央に青ネギと白ねぎ。
 何も言わずとも味玉と青唐辛子をトッピングしてくれるのが家元時代からの常連さん特権? この店では常連というのには程遠いのだけどね(^^ゞ

 清湯の醤油スープが旨い。タレ濃いめにして貰ったので、かなりショッパ辛く仕上がっています。
 全体に青唐辛子をなじませて、さらに卓上のコショーと一味唐辛子を加えてやると悪魔に接近遭遇。さらに私好みに。

220531fukmenhnk03

 サッポロめんフーズ製の細ストレート麺は黄色味が強く、かなり硬めに茹でられています。これも良し。

 そして餡がきっちり詰まったワンタンがいい。アオサれんこんの方はアオサの香りとレンコンの食感が素晴らしい。ショウガは辛味と肉餡のバランスが秀逸。この店に来たならワンタンのトッピングは必須です。

 旨いウマイと食べ進み完食の全汁。ワンタン二つ入りでお腹も一杯。ご馳走様でした。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.05.18

「がんこ西早稲田」で 塩ラーメン(二連荘)

 久しぶりの「やまぐち」で鶏そばを食べた後「なんとなくもの足りないな」みたいに思いつつ帰路へ。

 昨日「覆麺 智」を食べたばかりなのだけど、やっぱりここまで来たら「がんこ」でしょうと十年ぶりくらいのラーメン二連荘。

220217westwaseda01

 「元祖一条流がんこ 西早稲田店」
 相変わらずボロボロの黒テント。いつまでこのままで行くんだろう?(^^;

 13:28着で先客1の後客ゼロ。清潔感とはほど遠い?店内ではあるけれど、まぁこれぞ「がんこ西早稲田」(^^;

220217westwaseda02

 こちらが現在のメニュー。あのバッチイ感じのタッパーに入った青唐辛子が有料になったのは、なんか釈然としないけど、今時としては仕方ないのだろうか。

220518gankowsd03

 「塩ラーメン 700円」
 例によって提供の直前に熱せられた香味油を中央のキザミねぎにジュッ! 見慣れた光景ではあるけれど、このパフォーマンスは家元時代からのものでもあり、無くてはならないモノ。

 大きなチャーシューが二枚。そして、がんこ系らしく淡済んだ琥珀色のスープが美しい。
 これがあくまでもショッパ辛く旨いのですよ。正統派がんこのスープなのですね。

220518gankowsd04

 例によって硬めに茹でられたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。この麺でなきゃがんこぢゃないと(^^ゞ

 トロットロのチャーシューも文句なし。コリコリのメンマもちょうど良い相棒。

 さきほどの「やまぐち」も間違いなく旨かったけど、がんこマニア(中毒者?)にとっては、かつての家元の味を頑固に守っているこの店こそが一等賞なんです。

 完食のもちろん全汁。やまぐちの残り香を完全に上書きしてしまって、ご馳走様でした(^o^)v

元祖一条流がんこ 西早稲田店
 新宿区西早稲田3-15-7 最寄駅:西早稲田、高田馬場
 12:15頃-21:00 土日休(祝日は営業らしい)

| |

2022.05.17

「覆麺智@神保町」で ホタテ貝出汁の塩

 火曜日は「覆麺 智」の塩の日。先日この店の「悪魔(悪い奴)」は食べたけど、長い間「塩」は食べていない。というわけで目指すは神保町。

Fukumen_mask

 開店時間の 9:00寸前に着いてみると、すでに 17人ほどの行列。テレワークやらフレックスタイムやらの影響だろうか。平日の朝だというのに凄いね。

220517fukmentm02 220517fukmentm01

 事前のSNSによると今日の塩はいわゆるスペシャルで「青森県八戸産 帆立貝30kに丸鶏、魚介類などを日本酒でキリッと仕上げます」とのこと。それは楽しみですね。

 不思議なことに私の後ろに並ぶ人がしばらく現れず、20分後にようやく一人。その後ポツポツと二人三人と。行列の進みは遅く、結局店に入れたのは 9:45のことでした。

220517fukmentm05

 「八戸産 ホタテ貝出汁の塩ラーメン 1,300円+ホタテのディップ 200円」
 着席後しばらくしてご提供。ここまで並び始めてから 50分ね。

 トッピングの青唐辛子と味玉は会員向けサービス。中央上、海苔の手前に載っている白いポテサラ風に見えるものがホタテのディップ(すり身?)。大きめのチャーシューが二枚にメンマ、青菜、揚げネギ。

 澄んだ清湯スープががんこ系の塩の特徴。そのスープをひと口すするとホタテ出汁が効いたショッパくも優しい旨みが身体中に染みわたりますな。旨いっ!

220517fukmentm06

 サッポロめんフーズ製の黄色味が強い細ストレートはいつもどおり硬めに茹で上げられていて、この旨いスープを良く持ち上げる。時折り柔らかなチャーシューと一緒に頬張ると更にいい。

 途中でホタテのディップを崩してスープに溶け込ませます。味変というより出汁味の追加ね。
 こうすると もうスープはホタテ帆立ほたて! これが麺に絡むと堪りません。200円追加してよかったの文句なしね。

 アッというまに完食。そしてこのスープは絶対に残せませんと全汁。
 わざわざ神保町まで来て50分も待った買いがありました。ご馳走様でした。

 食べ終わって外へ出ると 9:59。お待ちは二人だけ。なぁんだ、最初からこの時間に来ればよかったのね(^^;

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-15:00 売切れ終了あり 日曜休

| |

2022.05.04

「覆麺智@神保町」で ホタテ出汁の悪い奴

 二週間ぶりの神保町。そう、今日水曜日は悪い奴(悪魔)の日なのですね。

 と言うわけで、GWでガラガラに空いている都内を駆け抜けて自宅から20分強で到着。

220420fukmen_t00

 「覆麺 智」 13時少し過ぎの店先には 12人ほどの行列。
 先に券売機で食券を買って並びなおそうと店を出ると、外で何やら話し込んでいたご主人Oさんと鉢合わせ。「おや先日(総本家で遭遇)はお疲れさんでした」などと言われ「どうもどうも」などと謎のご挨拶(^^; 最後尾へと並びます。

220504fukmentm01 220504fukmentm02

 事前告知によれば今日の出汁はホタテ貝の一番出汁に阿波尾鶏、魚介、動物系などを追って炊いた濃いスープだという。

 行列は徐々に進み、およそ15分ほどで入店。右端に着席してOさんS嬢のオペレーションなど眺めているうちにご提供。

220504fukmentm03

 「帆立貝出汁の悪い奴 1,400円」
 残念ながら追加用「悪い肉(悪魔肉)」や「帆立のディップ」は売り切れていた。

 悪魔らしい濃い醤油色のスープに、悪い肉、海苔、味玉、青唐辛子、メンマに謎肉。中央にキザミねぎ。軽くSBのコショーが振られておりますな。

 今日は提供前に「濃さ」を聞かれなかったけれど、それなりに盛ってくれたようだ。キッチリとショッパ旨辛いスープに仕上がっている。

 強烈なショッパさに続いて帆立を中心とする出汁の旨みがドンッ! いやはや堪りませんね。
 帰りにすぐそばのセブンイレブンで野菜ジュースを買うのを忘れないようにしなければ(^^;

220504fukmentm04

 硬めに茹でられたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺が醤油色に染まって上がってくる。うん、旨い! わざわざここまで来てよかった。

 例によってショッパイ、でも旨いっ!を繰り返して、完食の全汁。

 ご主人とS嬢に「ご馳走様でした」とご挨拶して店を出た。これにて「悪魔」注入完了!

 そうそう、私の後 5人ほどで売切れになっていたようだ。危ないところだった(^^ゞ

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-15:00 売切れ終了あり 日曜休

| |

より以前の記事一覧