エッセイまたは ひとりごと

2019.10.05

2019初秋・アクアラインを越えて

 先日の台風15号で痛めつけられた房総半島。浜金谷の「the fish」も例外ではない。

ザフィッシュ

 でもこのHPで「さぁ行こう!金谷」というポスター(というか一種の檄文?)に接して、その気になってしまった。これまで金谷というか房総半島へ行くこと自体が躊躇(ためら)われていたのだ。

 そんなわけで久しぶりに「梅乃家」のラーメンも食べたいしで「さぁ行こう!房総半島」とばかりアクアラインを越えた。

 木更津金田ICからはずっと下道。君津の国道沿いまでは目立った被害は少ないように見えたけど、富津市に入り海辺に近づくと、ブルーシートに屋根や壁が覆われた家々が目立ちはじめた。

191005umenoya

 竹岡も例外ではない。幸い「梅乃家」は営業を再開していたが、周囲にはブルーシートの家が点在している。

191005takeoka

 すぐ近くの小さな保育園(保育所)では運動会が始まろうとしていた。良かった、運動会ができて。子供たちが楽しみにしていた行事のはずだもの。

191005_thefish

 さらに南下して金谷。頑丈そうに見える金谷港の「the Fish」も部分的に損傷を受けている。今日から営業再開だそうだ。いつもなら混雑しはじめる時間。まだお客さんは殆どいない。

 保田漁港あたりからは、さらに台風の傷跡が目立ちはじめた。屋根や壁は南側が特にひどい。台風の強風がまともに吹きつけたからだろう。

 かつて海キャンプによく訪れた富浦に入ると、さらに状況はよくない。
 半壊?した家屋や、全壊した古い納屋。ブルーシートに覆われた家々が本当に痛ましい。あちこちで消防関係や役人と思われる人たちの姿が見られる。
 ライフラインは戻っても、まだまだ日常生活を取り戻せてはいないのだ。

191005haraoka02

 そんな町並みの写真は何枚も撮ったものの、とても上げる気にはならない。だから家屋が写らないように富浦の原岡海岸からの画像を何枚か。<br/ > 振り返ればブルーシートの家々。

191005haraoka03

 快晴。海の青と空の青。かえってもの悲しく感じてしまうのです。

 館山まで行くつもりでいたのだけど、観光気分ではいられない。一旦帰ることにしよう。落とすべきお金もないし(^o☆)\カシッ

|

2019.06.16

父の日のプレゼント

 長女が贈ってくれたもの。

190616bushmills

 BUSHMILLS
 世界最古といわれる蒸留所で造られるアイリッシュウイスキー。この銘柄をハンドルとして FADVという冒険小説のフォーラムで使い始めてから、もう23年にもなる。

 てなことはおいといて。お父さん、嬉し(^o^)v

|

2019.01.01

平成31年 元旦 謹賀新年

 今年も安曇野から新年のご挨拶です。

1901011_03

あけましておめでとうございます。

 例年どおり家内の里の氏神様で初詣でを済ませてきました。

 お陰様でこの「ぶぅログのーと」も 2004年のスタート以来 15年目に突入しています。一時期に比べると更新の間隔は開きがちですが、なんとか続けていきたいと思っております。

 BUSH本人ともども、本年もよろしくお願い申し上げます。m(__)m

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.13

娘からの父の日プレゼント 兼 石垣島土産

 石垣島へ遊びに行っていた長女からのお土産。

180613omiyage12

 父の日のプレゼントも込みだそうだ。

180613omiyage11

 で、こちらが既に一部では好評の「海人Tシャツ」。え?なんと書いてあるかって?

"HEAVY DRUNKER"

明日の朝には記憶無し

"REMEMBER NOTHING"

 とにかく、お父さん嬉し(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.01

2018年 元旦 謹賀新年

 ここ信州安曇野は今年も穏やかな正月を迎えています。

180101_1stmoude

あけましておめでとうございます

 早速、家内の里の氏神様へ初詣でをしてきました。例年は境内に多少なりと雪が残っているのですが、今年は全くと言っていいほど無く、ここ安曇野の里は今のところ雪とは殆ど縁が無いみたいです。

 お陰さまで 14年目に突入している「ぶうログのーと」。更新の間は空きがちではありますが、なんとか続けていきたいと思っておりますので、本年も変わらずご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

平成三十年 元旦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

還暦+1

 早いもので、昨年「干支(十干十二支)が一巡しました」と書いてから、もう1年が過ぎました。

170730barbacoa15

 この間、定年退職・再雇用や、ちょっとした事故(^^;などが立て続けにあって氏神様に厄払いに行ったりと、あれこれあったたものの、またもや無為に齢を重ねてしまった気がします。

 まだ半年ほど後厄が残っていますので、なんとか大過なく、そして悔いなく過ごしていければと思っています。

 ともあれ、もうじき 14年目に突入する「ぶぅログのーと」。ボチボチと続けていきたいと思っていますので、お付き合いのほどお願いいたします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.07.02

備忘録「運転免許更新@府中」

 日曜日、初めてクルマで行くことにした免許更新。

 中野を 6:10に出て 6:55 府中運転免許試験場着。まだ西側の駐車場もスカスカ。

170702update11

 6:57 試験場エントランス着。先客?二人。

170702update13

 事前に貰った案内やHPには 8:30受付開始とあるけれど、エントランス前のディスプレイはネット情報どおり 7:50開場となっている。

 7:20頃には見える範囲で50人ほどの行列。その後の行列は建物の角を曲がり、もう私の位置からは判らないレベル。

 表示どおり 7:50に開場。それだけではなく、そのまま受付開始。並び順3番手なので進捗も速い。アッという間に視力検査や写真撮影も終えて、開場からたったk10分で講習会場へ。

 あとは 8:30から始まる2時間もの(^^;講習を受けて 10:35には新しい免許証を一番手で交付。あとはすんなり帰路に着きましたとさ(^^;

 3年後のための備忘録として残しておきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.01

2017 元旦 謹賀新年

 晴天。ここ信州安曇野は穏やかな正月を迎えています。

Jyounen1711txt

 あけましておめでとうございます。

 お陰さまで、この「ぶうログのーと」は、13年目に突入しております。読んでくださっている皆様、ありがとうございます。

 さて上の画は安曇野のシンボル「常念岳 2857m」とその北に連なる「横通岳 2767m」の雄姿。いつもは山頂付近の雪が強風に吹き飛ばされている画ばかりだったりするのだけど、今日は山の上まで穏やからしい。

Jyounen1711_01

 せっかくだから、テキストのない画像も載せておきますね。
 常念岳と横通岳の鞍部「常念乗越(のっこし)」の向こうには「槍ヶ岳」が、常念岳の左後方には「穂高連峰」が屹立しているはずなのだけど、これら北アルプスの前衛達に阻まれて見えない。

Jyounen1711_04

 では「常念岳」に精一杯寄って寄って。

 皆様、本年もこの「ぶぅログのーと」共々、よろしくお願い申し上げます。

◇CANON EOS 5D Mk2 + CANON EF 70-200mm F2.8L USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.01

今時、文庫本のお値段は?

 活字中毒だった私が本を読まなくなって久しい。年のせいか薄暗い電車の中で本を読みづらくなったところへスマホを手にし、活字?には事欠かなくなったことが大きな理由だろう。

Midnight1_1

 先日本屋さんで、ふと見かけた文庫本。かつて何度か再読したお気に入りの一冊が目に入った。新訳で再版されたものらしい。

 思わず手にとって、とにかくその新訳を読みたいという欲求に駆られ、超久しぶりに正規の本屋さん(^^;で購入することにした。
 ハヤカワ文庫でやや厚めの文庫本。それでも千円で 2~3百円のおつりが来るだろうと、千円札を添えてレジにこの本を提示すると、「1,101円です」と言われ、思わず「え゛っ!」と声に出てしまった。

Midnight1_3

 改めて本の裏面を見ると、なるほど確かに・・・。いつの間にこんなに高くなってしまったのだろう。

 かつて本を読みまくっていた頃はブックオフや古本屋さんの、それも 100円とか 200円のものばかりしか買わなくなっていたのだけど・・・それにしても。

 文庫本が喫茶店1回分で、ハードカバーはちょい高めのランチ1回分。そんな勝手な認識なんぞ一体いつの話しだと。

 いやはや驚いた。本や雑誌のデジタル化だとか、そうでなくても活字離れだなんだで本が売れなくなっているという。古本屋でしか買わなかった自分を棚に上げておいて、これほどの値段ともなれば、そりゃそうだよなぁと(^^;

 本という媒体には捨てがたい魅力があるのだけど、果たして将来はどうなっているのだろう・・・などと思いながら、30年ぶり?にこの本の四読目を始めている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.08.01

干支(十干十二支)が一巡しました

 というわけで、小さなホールケーキなどでささやかに(^^;

160801bd

 お父さん用というより、間違いなく娘たちの好みのケーキ。ま、祝ってくれただけよしでしょうか。
 二人から、それぞれプレゼントも貰えたし。

 皆様には、たくさんのコメントやメッセ、メールをありがとうございました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。m(_ _)m

 キリギリスのように生きてきたこれまで。楽しかったけど貯えもなく、若干先行きに不安が・・・などと今さら言っても仕方ない。ま、なんとかなるでしょう(^_^)ゞ

 これからも本ブログともども よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧