美味しいお店や料理

2018.02.24

「幸運豚人@中野」で トンテキのランチ再び

 およそ10日ぶり。最近お気に入りの豚肉低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」。中野あれふいロード(中野ラーメンストリートともいう)の早稲田通り側出口直前にある。

180224tonjin01

 開店時間をわずかに過ぎて店の前に着いてみると、店内には既に数人の先客が。土日も結構な人気らしい。

180224tonjin02

 そうして、今日もいつもの三種類のランチメニューが迎えてくれた。
 着席して「トンテキ」をオーダー。好物の「レアカツ」は前回食べたばかりなのでね。

180224tonjin04

 「低温調理 トンテキ 1,000円」
 この分厚さが素晴らしい。低温で既に8割がた調理済みだからか、IHのフライパンで表面に焼き目を付けつつ蒸すだけという調理。提供は早い。

180224tonjin05

 横から見ると、その分厚さが良く判る。まともに焼けばそれなりの時間がかかることだろう。この店のいわゆる仕込みの殆どの時間は低温調理に充てられていそうだ。

180224tonjin06

 ナイフで切り分けてみると、さらにそのボリューム感が際立つ。こんな肉にかぶりつける幸せ。しいて言えば、ナイフとフォークで切るのが少々面倒臭い。わずかだけどスジが残っていて、切れにくいところがあるのだ。
 でも、そんなことはほっといて構わないと思わされる豚肉の食感と旨み。

 前にも書いたけど、濃い味強い味が好きな私には、ソースがちょっともの足りない。これを補うのはガーリックとテーブル上の塩(岩塩?)。 この二つで見事に私好みに。

 キャベツもキッチリ食べ終えて、ご馳走様でした。しばらくは毎週通いそうだ。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.15

「幸運豚人@中野」で レアカツのランチ

 最近ランチと言えばここ。豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」

180215tonjin01

 平日の13時少し過ぎという時間帯での訪問は初めてだけど、結構な混みよう。ということは、12時-13時という時間はきっと行列もできているのね。わずかに空いていた席に着席。

180215tonjin02 180215tonjin03

 ランチをレアカツ、トンテキ、ポークジンジャーの3種類から選べるようになったので、余計に通ってしまいそう。今日のオーダーは一番のお気に入り。

180212tonjin11

 「低温調理 レアカツ 250g 1,000円」
 他の二種類のメニューもそうだけど、肉は低温調理が済んだ状態のため、あとは揚げるだけ または 焼き色を付けるだけらしく、提供は早い。

180212tonjin12

 この分厚くも柔らかく、そしてしっかり豚肉の旨みのあるトンカツを頬張れる幸せ。

180212tonjin13

 今回からカレー味と味噌味、ちょっと酸っぱいジュレ状のソースが少量付いていた。カレー味が一番よかったかな。でも私的には普通のソースが王道。殆どこれで頂きました。

 カラシが辛くないのと少ないのが、ちょっと不満。

 次回はまた「トンテキ」かな(^o^)v

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

「幸運豚人@中野」で トンテキのランチ

 最近土日のランチでのお気に入り。豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」でR。(←昔の「笑っていいとも増刊号」嵐山光三郎氏風)

180210tonjin01

 今回もまたおよそ二週間ぶりの訪問になる。

180210tonjin02

 店先についてランチメニューをと見てみると前回までと違って、週替わりの一品メニューではなくなっていて、ご覧のとおり三品から選べるようになっている。おお、これはありがたい。

 席に着いて、未食の「トンテキ」をオーダー。

180210tonjin03

 「低温調理 トンテキ 1,000円」
 予想していたとおりだけど、この分厚さが素晴らしい。ご飯は大盛が無料だけど、普通盛りで充分。

180210tonjin05

 横から見ると、その分厚さが良く判る。

180210tonjin06

 ナイフで切り分けてみると、こんな感じ。結構なボリューム感でしょう。

 強い味濃い味が好きな私的には、ソースがちょっとだけもの足りなかったので、テーブル上の塩(岩塩)を軽く振りかけてやると、ジャスト私好み。

 一口サイズに切り分けるのだけが面倒臭いけど、美味しい豚肉を食べさせてくれる貴重なお店。

 ランチを三種類から選べるようになったのは大きい。これまで食べた中では、レアカツ、トンテキ、ポークジンジャーの順かな。

 近日中の再訪は必至。中野にうれしいお店ができました。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

2018北東北遠征・湯煙り旅「乳頭温泉から盛岡冷麺」

 出立直前の「乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯」

180203tsurunoyu51

 朝食の時点では、全く降っていなかったはずが、チェックアウトを済ませて外へ出ると、あれま結構な雪降り。

180203tsurunoyu52 180203tsurunoyu54

 山の天気は変わりやすい。積もり始めてるし。フワフワの雪なのでクルマから雪を払うのも簡単・・・だけど、最初に払ったフロントウインドーにはもう積もってる(^^;

180203tsurunoyu53

 雪降りの「鶴の湯」を振り返って、お世話になりました。また来られますように。

 今日の目的地は南下して仙台。その前に再び奥羽山脈を越えて(抜けて)盛岡まで戻らなくてはならない。

180203tazawako

 せっかくだからと「田沢湖」に立ち寄ってパチリ。オフシーズンだからか全く人気が無くて寂しいねと家内。最初は田沢湖を一周して有名な「たつこ像」を見るつもりだったのだけど、天気も良くないし、あまりにも閑散としているのでパス(^^;

180203pyon2sya01

 というわけで盛岡は「ぴょんぴょん舎 稲荷町本店」である。

 盛岡と言えば、私の浅い知識によると「わんこそば」か「冷麺」。家内にどっちがいい?と聞くと、牛タンが食べられそうだからと「冷麺」だって(^^;

180203pyon2sya02

 盛岡で冷麺と言えばここ「ぴょんぴょん舎」というくらい有名な店だそうだ。改めて調べてみたら、あらま銀座にも店があったのね(^^;
 さすが人気店。ちょうどお昼時とあってかなり混んでいる。でも回転は早く10分と待たず着席。

180203pyon2sya03

 こちらがランチメニュー。この右の牛タン付のやつがお得だよねと冷麺と温麺をそれぞれオーダーすることにした。

180203pyon2sya05

「盛岡冷麺+ミニ石焼きピビンパ+牛タン塩 1,280円」

180203pyon2sya07

 「冷麺」は辛さを選べたので中辛。まずは、そのボリューム感に驚き。東京の焼き肉店で食べる冷麺の倍はあるだろうという麺の量。辛さもちょうど良くてこれはいい。

180203pyon2sya06

 「ピビンパ」。ビビンバ(bibinba)だと思っていたら正しくは Pibinpaだったの?
 ミニと付いているけど、こちらもそれなりのボリューム。

180203pyon2sya04

 さらに「牛タン塩」。かなり噛み応えのあるタイプ(^^;だったけど、値段的にはこれもまた充分にあり。

180203pyon2sya08

 家内が頼んだ同じセットで麺だけが違う「雪濃温麺」
 牛骨で取ったと思われる白湯スープが旨い。もしまた機会があったら、今度は絶対これ。そう思わせられる温麺だった。

 さてさて仙台までは およそ3時間の道程。頑張って参りましょう。

◆ぴょんぴょん舎 稲荷町本店
 http://www.pyonpyonsya.co.jp/
 岩手県盛岡市稲荷町12-5
 11:00-23:00 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

2018北東北遠征・湯煙り旅「十和田湖へ・そしてバラ焼き」

 酸ヶ湯温泉を後にして、向かったのは十和田湖。酸ヶ湯から十和田湖までの最短ルートは冬季になると通行止めになってしまう。だから八甲田山を時計回りにグルッと迂回するしか方法がない。

180202towada0

 でも、結果的にこの迂回ルートが楽しかった。天気は良いし、圧雪された雪道が続き、対向車も殆ど無ければ先行車も後続車も無いという絶好の状態。

180202towada02 180202towada03

 酸ヶ湯から蔦温泉までのおよそ35kmは、ずっとこんな感じの道で、スノードライブを楽しむことが出来た。

180202towada05

 ところが蔦温泉を越えると、道はこんな感じのズブズブ系が混じり始め、さらには半分ウエットで半分はシャーベット状みたいなヤツが続く。返ってコントロールが難しいのですよね。

 それでも奥入瀬渓流沿いに十和田湖まで遡上して小休止 兼 昼飯。

180202towadako01

 湖畔の食堂やお土産物屋さんが立ち並ぶ地域まで来ると、こんな雪だるまたちが迎えてくれた。

180202towadako02

 せっかくだから、湖岸沿いに少し歩くことにした。

180202towadako03

 「おとめ像」
 あの高村光太郎の傑作なのだそうだ。そして十和田湖のシンボルなのだとか。アート方面に造詣の浅い というか 造詣が無い私は、ただただ「ふーん」とうなるばかり(^^;

180202towadako04

 戻って来ると、いくつかの食堂がオープンしていた。で当然、目指すはこの旗印の店。先日「秘密のケンミンSHOW」でやっていた「十和田名物 バラ焼き」を食べてみたかったのですよ。

180202towadako05

 なんでも 2014年の B-1グランプリで優勝したメニューなのだそうだ。店に入るなり「これをください」とオーダー。

180202towadako06

 「十和田 バラ焼き定食」
 しばらくして出てきたのがこれ。あれま、TVで見た鉄板でジュージュー言いながら出てくるヤツと違う。野菜サラダなんかと相盛りにされていて結構お上品。TVに出てたお店というわけではないから、それも当然か。

180202towadako07

 若干戸惑いつつも食べ始めると・・・牛バラ肉の歯応えが凄い(^^; 味付けは良い。

 基本はタマネギと牛バラ肉なのだそうだけど、ここのはモヤシも入っていて、これはこれで良し。
 たしかにご飯に良く合うよねと完食。

 お土産屋さんで「バラ焼きのタレ」を買っておいたので、今度は家内が作ってくれるそうだ。

 さて腹ごしらえも済んだ。本日の行程の最後である投宿地へと向かうことにいたしましょう。

Route2towada
 (本日の十和田湖までのルート by MapFan Web)

◇お食事処 神田川
 青森県十和田市奥瀬休屋16
 営業時間 不明 無休らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

2018北東北遠征・湯煙り旅「青森駅前 三國」で海鮮丼

 前泊?した仙台泉ICからおよそ 350km。懸念していた東北道の雪は何度か降られはしたものの、結局最後の青森中央ICを降りるまで全くと言っていいほど影響無く。

180201_2aomori

 ・・・ずっと、こんな感じ。ある程度身構えていた私としては、ちょっと拍子抜け。でもまぁ、この時期に青森まで順調そのもので来られたのだから、文句を言ったら罰が当たるというものか。

180201aomorieki01 180201aomorieki02

 というわけで青森駅前である(^^; 幹線道路より駅前ロータリーの方が雪深いというか除雪されていないという不思議な状況。

 さて青森駅前まで来たのは、一つには海鮮系を食べて置きたかったこと。また、せっかくだから青森駅に青森港、そしてかつての青函連絡船を見ておきたかったから。

180201mikuni01

 ちょうどお昼時。ということで、まずは腹拵えにと選んだのは、ここ「寿し処 三國」。青森市役所(というかアウガという複合施設)の地下一階にある市場 兼 お食事処にある。
 ネットの評判が良かったのと、何より駅前にも関わらず駐車場があって、ここで食べれば駐車料金が無料または割引が受けられるというのが大きい(^^ゞ

180201mikuni02 180201mikuni03

 店先にはお魚系を中心とした美味しそうなお総菜の数々。店内の壁にはメニューに混じって有名人のサインなど。

180201mikuni04

 「海鮮丼(定食) 2,500円」
 私にしてはかなり奮発(^^; まぁこの旅行自体が我が家的にはかなりの奮発かな(^^ゞ
 中央にドンと毛ガニ?。見た瞬間に「おおっ!」と思うけど、カニは食べるのに少々手間がかかる。ここはメニューの写真どおりボタン海老の方が嬉しかったな・・・と思う間もなく「カニ、うまっ」(^^;

180201mikuni05

 カニを外して撮ったのがこちら。本マグロの大トロにホタテの貝柱とヒモ、身。さらにとろサーモンにウニ、イクラ、玉子にトビコ。他に・・・忘れた(^^;
 お値段なりのことはあるというか、とっても旨い海鮮丼なのでした。

180201mikuni06

 「三色丼(定食) 2,500円」
 二種類ある三色丼の一方で、家内が頼んだもの。これを見たとたんに「うわ、コッチにすれば良かった」と思った。ブ厚く切られた本マグロの大トロ、中トロ、赤身が下に敷かれ中間にホタテ、上にウニという夢の紅白黄歌合戦 状態(^^;

 一口目から美味しい美味しいと家内。そりゃそうでしょう、見りゃ判るわい(^^;

 二人とも大いに満足して、ご馳走様でした。

 それにしても店のスタッフ同士の会話が何も判らなかった。何度か「だきゃ」と聞こえた言葉が印象的。あれ?三河あたりと同じ? 聞き間違えだろうか。判らない。

180201hakkoudao

 この後かつての青函連絡船「八甲田丸」(横須賀の三笠のように繋留展示されている)の見学。

180201hakkouda11 180201hakkouda12

 青函連絡船の実物、ブリッジや電車や客車、貨車が納められた船倉、機関室など殆ど全部を見ることが出来て、なかなか見応えがありましたよ。大人 500円(JAF会員証提示で 450円)ね。

 さてさて、見学を済ませて本日の最終目的地 八甲田山中へと向かうのでした。

 道中、「天は我 ・・・」に ご加護(正しく美しい雪道)を与え賜らんことを。m(__)m

◇寿し処 三國
 青森県青森市新町1-3-7 アウガ B1F 最寄駅:青森
 5:30-18:00 不定休(アウガ次第)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.27

「幸運豚人@中野」で ポークジンジャーのランチ

 結構お気に入り。豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」

180127tonjin01

 およそ二週間ぶりの訪問になる。
 今日(今週)のランチメニューはなんだろな、と店先を見てみると「ポークジンジャー」とある。おお、大好物。それは食べてみねばと即入店。開店間もなくの店内に先客はなし。

180127tonjin02 180127tonjin03

 席に着いて、しばらくお待ち。きっと厚切りの豚肉が何枚か出てくるのだろうなと思っていたら・・・

180127tonjin05

 「低温調理 ポークジンジャー 1,000円」
 まさかこんなルックス、サイズだとは(^^; ポークジンジャーというより、ブロック肉のポークソテー、ジンジャー味みたいな。

180127tonjin04

 ご飯とスープを入れて、再度パチリ。

180127tonjin06

 テーブル上のナイフとフォークで切り分けてみると、一番右端の肉はこんな感じ。

180127tonjin07

 こちらは中央近く。スジの部分が切りにくかったけど、肉自体は充分柔らかくレア状態。

 一口サイズに切ってからハシで食べることにした。期待どおり旨い。肉の旨さがダイレクトに伝わって来る。ソースというかタレの生姜風味も私好みだ。

 これはたまらんとご飯も進む・・・のだけど、切り分けるのが少々面倒くさい。
 事前にある程度カットしておいて貰うか、厚めにスライスしてある方が食べやすいよね、とは思いました。

 ご飯はお代わりもできるし、大盛りにもできるのだけど、普通盛りでも肉のボリュームのおかげで充分な感じ。

 週替わりのこの店のランチ、楽しみになってきました。

◆幸運豚人 (Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-15:00 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

「幸運豚人@中野」で レアカツランチ再び

 先日、火曜日に初訪問した豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」である。

180113luckypigman1

 先日のランチ開始日は、ご飯が「日光の手前」だったので、果たして今日はどうかと思っての再訪。
 何しろ美味しいトンカツを食べさせる店が中野駅北口地区からなくなって来ているから、結構重要な問題なのだ(^^;

180113luckypigman2 180113luckypigman3

 週替わりで提供のランチメニューは当然火曜日と同じね。先日お願いしておいた「つまようじ(赤丸)」が用意されていた。よかった、おっさんには必要なアイテムなんですわ(^^ゞ

180113luckypigman5

 「低温調理 レアカツ 250g 1,000円」
 先日同様かなり大きめ厚めのトンカツにご飯とコンソメスープが付いている。
 まずは気になっていたご飯。先日とはすでに色が違いますな。ひと口頬張ってみると、ふっくらした美味しいご飯だった。良かった、良かった(^o^)v

180113luckypigman6

 トンカツは変わらず美味しい。先日よりレア感が若干低く、ややウエルダン寄りか。でも充分旨い。これなら、もちろん再訪必至。というか常用したい店の一つになった感じだ。

 強いて言えばキャベツが少な目なのと、カラシが少なく辛くないのが私的にはちと悲しい。

 ご飯とカラシをお代わりして、ご馳走様でした。

 来週のポークソテーもイッたみようと思っています(^^ゞ

◆幸運豚人 (Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-15:00 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

「幸運豚人@中野」でランチ・レアカツ 250g

 昨年10月に中野あれふいロード(中野ラーメンストリートともいう?)の早稲田通り側出口直前、右側にできた豚肉(熟成肉)の低温調理専門店。

180109happyton01

 「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」
 昼過ぎに店の前を通ってみると夜のみの営業と思っていたのがランチをやっている。今日のメニューはトンカツらしい。中野駅北口地区からトンカツ専門店が姿を消して久しい。そんなこともあって、入ってみることにした。

180109happyton02 180109happyton03

 メニューには「低温調理 レアカツ 250g」とある。聞けばランチを始めたのは今日が最初で、メニューは一品だけ。週替わりでの提供なのだそうだ。

180109happyton04

 「低温調理 レアカツ 250g 1,000円」
 ご覧のとおりご飯とコンソメスープが付く。低温調理だというトンカツは注文を受けてから目の前のフライヤーで時間をかけて揚げられている。

180109happyton05

 豚のボリューム感もたっぷり、そしてレア感も。さらにご飯は大盛りまたはお代わり1杯まで無料だという。お得感がありますね。キャベツが少な目なのが私的にはちと悲しい。

 で、この豚がそのレア感のとおり柔らかくて、もの凄く旨かった。これで 1,000円なら文句なしの再訪必至!

 ・・・なのだけど、残念なことにご飯がバサバサ。前日の夜営業の残りもの?そう思ってしまう状態だった。レアカツが素晴らしかっただけに実に惜しい。

 「いかがでしたか?」とスタッフに問われて「美味しかった」と答えたのだけど、ご飯の件も言った方が良かったか。それとは別に「ご馳走様。あと、つまようじがあるといいよね」と言い残して店を出たのでした。

 来週はポークソテーだそう。土日もランチを提供するそうだから、また行ってみようと思っている。

 そして偶然居合わせたパニマス。ご馳走様でしたm(_ _)m

◆幸運豚人 (Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-15:00 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.15

「京の焼肉処 弘 京都タワーサンド店」で牛の串焼き

 ホテルで一休みしたおかげで呑みに行く元気が出た。と言っても、エレベーターで下へ降りるだけだ。

 京都タワーの地下街に今年4月にオープンしたフードコート「京都タワーサンド」

Hiro

 「京の焼肉処 弘 京都タワーサンド店」
 なんでも京都では人気の店が京都駅前に出店と話題になったのだそう。

171215hiro01 171215hiro02

 メニューを眺めて、まずはハイボール。

171215hiro03

 そして「牛串焼きのおまかせセット」
 自家製スモーク牛タン・和牛切り落としカルビ・牛ハラミ・ホルモン・玉ねぎカツの5本。

171215hiro04 171215hiro05

 期待値よりもずっと美味しかった。いつもならもっと頼むところだけど、今日はすでに「二郎」をイッている。さらにこの後もある(^^;

 というわけで夜の京都の街に繰り出して、次の目的地へと向かうのでした。

◆京都タワーサンド
 https://www.kyoto-tower-sando.jp/
 京の焼肉処 弘
 http://www.yakiniku-hiro.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧