美味しいお店や料理

2018.04.20

新店「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」

 本日、中野ふれあいロード(中野ラーメンストリートとも言う)の早稲田通り側出口近く、あの「YamiYamiカレー」の隣りにオープンしたスープカレーの専門店。

180420garaku01

 「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」
 なんでも札幌の人気店の東京進出だそうだ(八王子にもあるらしいが)。先日来工事中でスープカレー専門店ができることはその貼り紙でも知ってはいた。
 食べたことがないわけではないけれど、スープカレーというのはあまりピンと来ない。とはいえ、せっかく帰り道にできたのだからと寄ってみることにした。

 白が基調の おしゃれな内外装の店は、外から中が丸見え。昨秋オープンした すぐそばの「幸運豚人」も同じだから、最近はこの手の作りが流行りなんだろうか。
 オープン初日の 18時少し過ぎという時間で店内は七割り程度の入り。

180420garaku02 180420garaku03

 こちらが店内に置かれているメニューと、オーダーの仕方を書いたもの。

180420garaku08r

 最初にメニューからカレーを選び、次ぎに三種類あるスープから一つを選び、続いてトッピング(有料)を選ぶ。さらに辛さを選び、これで終わりかと思ったら、最後にご飯の量を選ぶ。はぁはぁ(^^;

180420garaku09

 辛さは無しから大辛までは無料。それ以降は有料で、ピッキーヌ、ハバネロと進み、40倍の辛さまであることになっている。SMLと三種類あるご飯も"L"は有料。

180420garaku21

 「やわらかチキンレッグと9種野菜 1,250円」
 若干、迷いつつも私が頼んだのはこれ。一番人気と書いてある。当然札幌ではという意味だろう。
 スープはスタンダードだと思われる"オリジナル"。辛さは2段目のちょい辛、ご飯は"S"100g。トッピングは無し。

 辛いのが苦手な私でも「ちょい辛」のもう一つ上「中辛」でも良かったかなというレベル。でもかなりスパイスが効いているのか、途中から汗が噴き出してきた。

180420garaku24

 この画像だと判りにくいかも知れないが、鶏のもも肉(チキンレッグ)がドンと一本隠れている。この肉を備え付けられているフォークとスプーンだけで、どうやって食べろというのだろう。肉は柔らかくホロホロではあるのだけど、食べにくいことこの上ない。箸かもう一本フォークが欲しいところだ。

 気をつけていたのだけれど、このもも肉と格闘するうちにスープがワイシャツに飛んでしまった。チキンレッグを選んだのが失敗だったのだろう。

 ともあれ、スパイシーでコクのある美味しいスープカレーでした。鶏も野菜も旨い。この後の呑みが控えてなければ、ご飯もMかLにしたと思うのだけど、今日は軽めに。

 でもね。ちと高いよねと言うのが正直な感想。おしゃれなお店。おぢさんには若干敷居が高い気がする。
 ま、明らかに私のようなおっさんはターゲットではなさそうだものね(^^ゞ

◆スープカレー GARAKU(ガラク)中野店
 中野区中野5-50-3 最寄駅:中野駅
 11:30-15:00 17:00-22:30
 不定休(当分無休?) 2018/4/20オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.15

「オリエント・スパゲッティ@中野」で たらこイカ納豆

 金曜日の夜に、この店の隣にオープンした「タンタンタイガー」に寄ったことを書いた。
 そういえば最近行ってないよね、近々行かなくては。そう思ってのお昼時は「オリエントスパゲッティ」

180415orientspa00

 言わずと知れたというか その筋?では有名なパスタのお店。開店間もない時間、先客は一組。

180415orientspa03

 「たらこ・イカ・納豆(大盛) 1,050円」
 今日のオーダーは大好物のこれ。ランチタイムだから、大盛り無料。さらにドリンクとキャベツのサラダが付く、のだけど撮り忘れた。

 この画像だと判りにくいけど、海苔の下にはイカと納豆が控えている。

180415orientspa04r

 アルデンテなスパゲッテイにタラコと納豆のヌルヌル、そしてイカのツルツル感が、実に良く合うのですよ。

 大盛でもアッという間に食べ終わってしまった。もう少しこの食感を味わっていたい、そんな気もしたけど無理。お腹も一杯だ。

 ご馳走様でしたと店を出た。この店も、もっと頻繁に通うべき店なのです。

◆オリエント スパゲッテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.13

「幸運豚人@中野」で 何回目かのレアカツのランチ

 今年 1/9のランチ開始以来、何度か通っているこのお店。近くの「つけ麺」と迷ったのだけど、今日もまた食べてみることにした。

1803413tonjin01

 「レアカツランチ 1,000円」
 あれ? 若干の違和感。感覚的なものかも知れないけど、肉がやや小さく薄くなった?

1803413tonjin02

 食感やお味の方は変わっていない。

 うーむ、また機会を見つけて食べてみよう。単なる気のせいならいいのだけど。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.10

美食焼肉トラジ 葉菜(はな) 西新宿

 先日行った焼き肉店。西新宿の小滝橋通り沿い(新宿広小路)にある。分厚い肉を比較的リーズナブルなお値段で食べられるのが特徴のお店。

 実は二度目の訪問なのだけど、最初の時は食べるのに夢中。写真を撮り損なって画像が無いので載せられなかった。

 というわけで、何枚か撮ったヤツを載せることにしますね。今回も焼きと食べるのが忙しくして枚数は少ないのですが(^^ゞ

1803413trj_hana01_2 1803413trj_hana02

 分厚い肉を食べ放題でいけるのは一番上の「プレミアム 5,480円」か、その下の「スペシャル 4,480円」。これに飲み放題をつけると +1,480円。
 オーダーバイキング形式で時間制限は 120分 (但し ラストオーダーまでは100分?)。

 頼んだのはプレミアム。スペシャルとの 1,000円差は、主にサーロインステーキとイベリコの豚トロも食べ放題で行けるか行けないか。

1803413trj_hana03

 普通の大きさ厚さの焼き肉も全ての種類にあるのだけど、なんと言ってもこの「ダイヤモンドcut」「カルビ」「ハラミ」に「タン」がハイライト。

1803413trj_hana04

 うまくこの分厚さが伝わるといいのだけど、判りにくいか。これを焼き網に載せて、焼き上がったところを用意されたハサミで一口サイズに切っても良し、そのままかぶりつくのもよし。

1803413trj_hana05

 無煙ロースターでジュージュー焼いた分厚い肉たちを口イッパイに頬張れる幸せ。

1803413trj_hana06

 こちらは「サーロインステーキ」ね。どれも A4だ A5だというような特別に素晴らしい肉では無さそうだけど、必要にして充分。やたら脂が強くないのも好ましい。

1803413trj_hana09

 この店の良いところは、こんなサラダバー(お店のHPから拝借)があって、玉子スープやご飯もここに並んでいる。もちろん全て取り放題。

1803413trj_hana07

 〆は、やはり食べ放題メニューの中にある「クッパ」

1803413trj_hana08

 そして「冷麺」。いずれもミニサイズになっている。本当は石焼きビビンバも行きたかったけど、さすがに腹一杯で入らない。

 とにかく「肉を食ったぞー」という気になれる、楽しくも美味しいお店なのでした。

◆美食焼肉トラジ葉菜(はな) 西新宿店
 http://www.ebisu-toraji.com/shop/tokyo/shinjyuku/hana-nishishinjuku/?area=shinjyuku
 新宿区西新宿7-1-7 最寄駅:大江戸線 新宿西口<西武新宿<新宿
 11:30-16:00 16:00-24:00 (LO 23:30)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.20

「豚珍館@新宿西口」の とんかつ定食

 人間ドックを終えて高層ビル街を抜けると、ちょうどお昼時。ドックの後は不思議とガッツリ系をイキたくなるよねと。

180320tonchinkan01

 そんなわけで久しぶりの「豚珍館」。言わずと知れた新宿におけるトンカツの名店ね。着いてみると雨だというのに行列は階段からあふれて外まで伸びている。平日の昼時とあって周りはサラリーマン風の人たちばかりだ。

 でも回転は速い。さほど待つこともなく店内へ。いつもテーブルの相席になるのだけど、今日は初めてかな?カウンターに通された。

 席に着くと間髪を置かずご提供。お待ちの間に注文を聞かれているから提供も早いのだ。

180320tonchinkan02

 「とんかつ定食 950円」
 相変わらずこの店のコストパフォーマンスは高い。この大きさのトンカツに山盛りのキャベツ。豚汁に結構な量のご飯。あと写ってないけど少量の柴漬け。

180320tonchinkan03

 うっすらとピンク色が入った分厚いトンカツ。甘口の方のソースをドバッ(^^;、そしてカラシをお皿のハジっこに山盛り取っておいて、まずは真ん中のヤツにかぶりつきますな。

 サクサクのコロモと柔らかな豚肉は、噛むほどにその甘みと旨み伝えてくれる。キャベツを間に挟みながら、ご飯とともに食べ進む。とにかく旨い!

 先日来お気に入りの中野「幸運豚人」の「レアカツ」とは一線を画す「とんかつ」らしい「とんかつ」だと思った。

 「レアカツ」のあの柔らかい食感も素晴らしいのだけど「とんかつ」としては、こちらの方がそれらしいし、明らかに私好みだ。もっとも「レアカツ」側としては比べられるのは迷惑な話だろう。「とんかつ」を名乗ってはいないのだから(^^;

 ともあれ、旨いウマイとアッという間に完食。豚汁をお代わりしようかと思ったけど、すでにお腹がイッパイだ。

 すぐ脇にいたオヤジさんにご馳走様と言って店を出た。いやはや大満足の「豚珍館」なのでした。

 そうそう話は変わるけど、神保町の「いもや(とんかつ天ぷら両方)」が今月末をもって閉店するらしい。なんとかもう一度食べておきたい。はたして行けるだろうか。

◆豚珍館 (とんちんかん)
 新宿区西新宿1-13-8 高橋ビル 2F
 11:00-15:00 17:00-23:00(土は 22:00)
 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.24

「幸運豚人@中野」で トンテキのランチ再び

 およそ10日ぶり。最近お気に入りの豚肉低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」。中野あれふいロード(中野ラーメンストリートともいう)の早稲田通り側出口直前にある。

180224tonjin01

 開店時間をわずかに過ぎて店の前に着いてみると、店内には既に数人の先客が。土日も結構な人気らしい。

180224tonjin02

 そうして、今日もいつもの三種類のランチメニューが迎えてくれた。
 着席して「トンテキ」をオーダー。好物の「レアカツ」は前回食べたばかりなのでね。

180224tonjin04

 「低温調理 トンテキ 1,000円」
 この分厚さが素晴らしい。低温で既に8割がた調理済みだからか、IHのフライパンで表面に焼き目を付けつつ蒸すだけという調理。提供は早い。

180224tonjin05

 横から見ると、その分厚さが良く判る。まともに焼けばそれなりの時間がかかることだろう。この店のいわゆる仕込みの殆どの時間は低温調理に充てられていそうだ。

180224tonjin06

 ナイフで切り分けてみると、さらにそのボリューム感が際立つ。こんな肉にかぶりつける幸せ。しいて言えば、ナイフとフォークで切るのが少々面倒臭い。わずかだけどスジが残っていて、切れにくいところがあるのだ。
 でも、そんなことはほっといて構わないと思わされる豚肉の食感と旨み。

 前にも書いたけど、濃い味強い味が好きな私には、ソースがちょっともの足りない。これを補うのはガーリックとテーブル上の塩(岩塩?)。 この二つで見事に私好みに。

 キャベツもキッチリ食べ終えて、ご馳走様でした。しばらくは毎週通いそうだ。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.15

「幸運豚人@中野」で レアカツのランチ

 最近ランチと言えばここ。豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」

180215tonjin01

 平日の13時少し過ぎという時間帯での訪問は初めてだけど、結構な混みよう。ということは、12時-13時という時間はきっと行列もできているのね。わずかに空いていた席に着席。

180215tonjin02 180215tonjin03

 ランチをレアカツ、トンテキ、ポークジンジャーの3種類から選べるようになったので、余計に通ってしまいそう。今日のオーダーは一番のお気に入り。

180212tonjin11

 「低温調理 レアカツ 250g 1,000円」
 他の二種類のメニューもそうだけど、肉は低温調理が済んだ状態のため、あとは揚げるだけ または 焼き色を付けるだけらしく、提供は早い。

180212tonjin12

 この分厚くも柔らかく、そしてしっかり豚肉の旨みのあるトンカツを頬張れる幸せ。

180212tonjin13

 今回からカレー味と味噌味、ちょっと酸っぱいジュレ状のソースが少量付いていた。カレー味が一番よかったかな。でも私的には普通のソースが王道。殆どこれで頂きました。

 カラシが辛くないのと少ないのが、ちょっと不満。

 次回はまた「トンテキ」かな(^o^)v

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.10

「幸運豚人@中野」で トンテキのランチ

 最近土日のランチでのお気に入り。豚肉(熟成肉)の低温調理専門店「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」でR。(←昔の「笑っていいとも増刊号」嵐山光三郎氏風)

180210tonjin01

 今回もまたおよそ二週間ぶりの訪問になる。

180210tonjin02

 店先についてランチメニューをと見てみると前回までと違って、週替わりの一品メニューではなくなっていて、ご覧のとおり三品から選べるようになっている。おお、これはありがたい。

 席に着いて、未食の「トンテキ」をオーダー。

180210tonjin03

 「低温調理 トンテキ 1,000円」
 予想していたとおりだけど、この分厚さが素晴らしい。ご飯は大盛が無料だけど、普通盛りで充分。

180210tonjin05

 横から見ると、その分厚さが良く判る。

180210tonjin06

 ナイフで切り分けてみると、こんな感じ。結構なボリューム感でしょう。

 強い味濃い味が好きな私的には、ソースがちょっとだけもの足りなかったので、テーブル上の塩(岩塩)を軽く振りかけてやると、ジャスト私好み。

 一口サイズに切り分けるのだけが面倒臭いけど、美味しい豚肉を食べさせてくれる貴重なお店。

 ランチを三種類から選べるようになったのは大きい。これまで食べた中では、レアカツ、トンテキ、ポークジンジャーの順かな。

 近日中の再訪は必至。中野にうれしいお店ができました。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

2018北東北遠征・湯煙り旅「乳頭温泉から盛岡冷麺」

 出立直前の「乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯」

180203tsurunoyu51

 朝食の時点では、全く降っていなかったはずが、チェックアウトを済ませて外へ出ると、あれま結構な雪降り。

180203tsurunoyu52 180203tsurunoyu54

 山の天気は変わりやすい。積もり始めてるし。フワフワの雪なのでクルマから雪を払うのも簡単・・・だけど、最初に払ったフロントウインドーにはもう積もってる(^^;

180203tsurunoyu53

 雪降りの「鶴の湯」を振り返って、お世話になりました。また来られますように。

 今日の目的地は南下して仙台。その前に再び奥羽山脈を越えて(抜けて)盛岡まで戻らなくてはならない。

180203tazawako

 せっかくだからと「田沢湖」に立ち寄ってパチリ。オフシーズンだからか全く人気が無くて寂しいねと家内。最初は田沢湖を一周して有名な「たつこ像」を見るつもりだったのだけど、天気も良くないし、あまりにも閑散としているのでパス(^^;

180203pyon2sya01

 というわけで盛岡は「ぴょんぴょん舎 稲荷町本店」である。

 盛岡と言えば、私の浅い知識によると「わんこそば」か「冷麺」。家内にどっちがいい?と聞くと、牛タンが食べられそうだからと「冷麺」だって(^^;

180203pyon2sya02

 盛岡で冷麺と言えばここ「ぴょんぴょん舎」というくらい有名な店だそうだ。改めて調べてみたら、あらま銀座にも店があったのね(^^;
 さすが人気店。ちょうどお昼時とあってかなり混んでいる。でも回転は早く10分と待たず着席。

180203pyon2sya03

 こちらがランチメニュー。この右の牛タン付のやつがお得だよねと冷麺と温麺をそれぞれオーダーすることにした。

180203pyon2sya05

「盛岡冷麺+ミニ石焼きピビンパ+牛タン塩 1,280円」

180203pyon2sya07

 「冷麺」は辛さを選べたので中辛。まずは、そのボリューム感に驚き。東京の焼き肉店で食べる冷麺の倍はあるだろうという麺の量。辛さもちょうど良くてこれはいい。

180203pyon2sya06

 「ピビンパ」。ビビンバ(bibinba)だと思っていたら正しくは Pibinpaだったの?
 ミニと付いているけど、こちらもそれなりのボリューム。

180203pyon2sya04

 さらに「牛タン塩」。かなり噛み応えのあるタイプ(^^;だったけど、値段的にはこれもまた充分にあり。

180203pyon2sya08

 家内が頼んだ同じセットで麺だけが違う「雪濃温麺」
 牛骨で取ったと思われる白湯スープが旨い。もしまた機会があったら、今度は絶対これ。そう思わせられる温麺だった。

 さてさて仙台までは およそ3時間の道程。頑張って参りましょう。

◆ぴょんぴょん舎 稲荷町本店
 http://www.pyonpyonsya.co.jp/
 岩手県盛岡市稲荷町12-5
 11:00-23:00 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

2018北東北遠征・湯煙り旅「十和田湖へ・そしてバラ焼き」

 酸ヶ湯温泉を後にして、向かったのは十和田湖。酸ヶ湯から十和田湖までの最短ルートは冬季になると通行止めになってしまう。だから八甲田山を時計回りにグルッと迂回するしか方法がない。

180202towada0

 でも、結果的にこの迂回ルートが楽しかった。天気は良いし、圧雪された雪道が続き、対向車も殆ど無ければ先行車も後続車も無いという絶好の状態。

180202towada02 180202towada03

 酸ヶ湯から蔦温泉までのおよそ35kmは、ずっとこんな感じの道で、スノードライブを楽しむことが出来た。

180202towada05

 ところが蔦温泉を越えると、道はこんな感じのズブズブ系が混じり始め、さらには半分ウエットで半分はシャーベット状みたいなヤツが続く。返ってコントロールが難しいのですよね。

 それでも奥入瀬渓流沿いに十和田湖まで遡上して小休止 兼 昼飯。

180202towadako01

 湖畔の食堂やお土産物屋さんが立ち並ぶ地域まで来ると、こんな雪だるまたちが迎えてくれた。

180202towadako02

 せっかくだから、湖岸沿いに少し歩くことにした。

180202towadako03

 「おとめ像」
 あの高村光太郎の傑作なのだそうだ。そして十和田湖のシンボルなのだとか。アート方面に造詣の浅い というか 造詣が無い私は、ただただ「ふーん」とうなるばかり(^^;

180202towadako04

 戻って来ると、いくつかの食堂がオープンしていた。で当然、目指すはこの旗印の店。先日「秘密のケンミンSHOW」でやっていた「十和田名物 バラ焼き」を食べてみたかったのですよ。

180202towadako05

 なんでも 2014年の B-1グランプリで優勝したメニューなのだそうだ。店に入るなり「これをください」とオーダー。

180202towadako06

 「十和田 バラ焼き定食」
 しばらくして出てきたのがこれ。あれま、TVで見た鉄板でジュージュー言いながら出てくるヤツと違う。野菜サラダなんかと相盛りにされていて結構お上品。TVに出てたお店というわけではないから、それも当然か。

180202towadako07

 若干戸惑いつつも食べ始めると・・・牛バラ肉の歯応えが凄い(^^; 味付けは良い。

 基本はタマネギと牛バラ肉なのだそうだけど、ここのはモヤシも入っていて、これはこれで良し。
 たしかにご飯に良く合うよねと完食。

 お土産屋さんで「バラ焼きのタレ」を買っておいたので、今度は家内が作ってくれるそうだ。

 さて腹ごしらえも済んだ。本日の行程の最後である投宿地へと向かうことにいたしましょう。

Route2towada
 (本日の十和田湖までのルート by MapFan Web)

◇お食事処 神田川
 青森県十和田市奥瀬休屋16
 営業時間 不明 無休らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧