美味しいお店や料理

2018.12.13

「幸運豚人@中野」で 極厚トンテキのランチ

 今日もまた何故か平日の昼を地元で過ごすことに。で昼食はここ。

181014tonjin01

 久しぶりの「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」

181213tonjin01

 開店後間もなくの店内はすいていて奥の席へ。いつもの?レアカツにしようかと一瞬迷ったけど今日はこれ。

181213tonjin02

 「極厚トンテキ(肩ロース 300g)ランチ 1,000円」
 ポークジンジャーの時と同じで低温調理済の豚肉をフライパンに載せ温め直すだけみたいな行程だから提供も早い。

 このメニューがオープン当初の頃と違うのは、適度な厚さにスライスされていること。これなら箸で食べられる。以前は、時々スジが残っている分厚い肉塊をナイフとフォークで切り分けなければならなかったのだ。

181213tonjin04

 低温調理。それにしても思い切りピンク色の肉。大丈夫なのか?と思わず感じてしまうほど。でも当然のようにとても柔らかく旨い。かかっているソース(タレ?)も甘辛くちょうどよい。ニンニクチップは必須のアイテムだ。

 今日のこの厚切り豚はスジが殆ど入っておらず、とても食べやすかった。結構キツくスジが残っていることがあるんだよね。

 ともあれ「肉を食った感」を強く感じられる美味しいトンテキなのでした。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.11

「豚肉料理専門店 とんかつのり」で ロースカツランチ

 先日土曜日に初訪問となった「とんかつ のり」

181211ton_nori01

 「この店の平日」には なかなか行けそうにないと書いたばかりなのだけど、全国的に平日の今日、急遽時間が空いて再訪することができた。

181208ton_nori04 181211ton_nori02

 改めてランチメニューを見てみると、少し内容が変わっている。先日(左)は有料だった大盛りが無料に。200円だった お代わりの記載がなくなっている。低温調理だから時間がかかる云々はそのまま(^^; また「この店の平日」の定義までは書いていない(^^;(^^;
 ともあれご飯の大盛無料はいいことだ。

181211ton_nori03

 「ロースカツランチ(平日限定) 1,500円」
 ライスは大盛りね。さほど料理提供に時間はかからずにご提供。先日の画像と比べて貰うと判るかも知れないけど、どうやら「上ロース」との違いはとんかつのボリュームだけのようだ。

181211ton_nori04

 中央部分がわずかにピンク色。またこのとんかつのサイズで見ると相対的に「厚切り」にはなっている。

 最初にピンク色の岩塩で一切れ、つづいて普通の白い塩でひと口。どちらも旨いけど、やっぱり私的にはソースドバッがいい(^^;

 今回もまた美味しく頂いた。とんかつ専門店としては、これがたぶん標準的なボリュームなのだろう。「いもや(閉店)」や「豚珍館」を食べ慣れてしまった身としては、若干?マークが付くのだけど、そういう店と比べること自体がトンチンカンなのだと思った。

 また機会があったら、今度は「豚の生姜焼きランチ」をいってみたいと思います。だって豚肉料理専門店だものね。

◆豚肉料理専門店 とんかつ のり
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-14:00 17:00-23:30
 月曜休 2018.12.3オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.08

新店「豚肉料理専門店 とんかつのり」

 先日の 12/3にオープンした「とんかつ のり」

181203ton_nori01

 オープン直前に店の前に行ってみると店先に沢山の生花。狸小路という場所でこれだけ並ぶのも珍しい。

181203ton_nori02 181203ton_nori03

 店先に出ていたメニューを見てみると「しゃぶしゃぶ」や「豚肉と白菜のミルフィーユ鍋」なんてのが。何ページか後ろにやっとトンカツが出てきた。しかも単品で。
 たしかに看板には「豚肉料理専門店」とある。

 でも私は「とんかつ定食」が食べたかったのぢゃ!と回れ右(^^;

181208ton_nori01

 で今日、昼時なら「とんかつ定食」があるだろうと行ってみると、果たして・・・良かったありました。

181208ton_nori04

 こちらがランチタイムのメニュー。普通のロースかつ定食は平日限定と書かれている。今日は土曜日だからセーフと思って頼むと、平日限定だからダメだという。どうやら平日の定義を間違えているらしい。そんなことを言っても仕方ないので「んじゃ、上ロースかつの方を」とお願いした。

181208ton_nori05 181208ton_nori06

 落ち着いて狭い店内を見回すと、テーブル席が4卓10人とカウンターが3席というレイアウト。
 テーブル上の調味料はこんな感じ。辛子を自分で好きなだけ使えるのは嬉しい。ソースの他に塩が二種類。ドレッシングも二種類。上方の棚には日本酒がズラリと並んでいる。

181208ton_nori07

 「上ロースかつランチ 1,500円」
 メニューに「料理提供に時間がかかる」旨書かれているとおり それなりの間があってのご提供。

181208ton_nori08

 またそのメニューに「林SPF豚を厚切りで出したいので芯の部分がミディアム状態になっております」と書かれているけど、見た目では特にピンク色っぽいところはナシ。
 また「厚切りで」というほど厚切りではないぢゃんと思いつつ、まずはソースをかけてひと口。

 うん、SPFというだけあって旨い豚だ。「とんかつ」としてもいい。そうしてご飯も旨いし、何より豚汁の味噌汁が旨い。バラ肉が入っていた。

 美味しく頂いて、ご馳走様でした。
 1,500円という値段をどう考えるかは、人それぞれ。とはいうものの、この値段でご飯の大盛りは +100円、お代わりは +200円。みそ汁は +100円。えっ?!と驚いて、ご飯の大盛りさえも断念したのは私です(^^;

 平日のロースかつはどうなんだろう。そう思ったけど「この店の平日」には なかなか来ることができない。

181208ton_nori09

 そうそう、低温調理のため料理提供に多少時間がかかる旨 書かれていたけど、その低温調理から始めるわけじゃないだろうから「何でだ?」と思ったのも付け加えておこう。

 メニューの一枚だけで いくつもツッこみどころがある楽しいお店なのでした。

◆豚肉料理専門店 とんかつ のり
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-14:00 17:00-23:30
 月曜休 2018.12.3オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.06

「魚重@茅ヶ崎」で 刺身とフライの定食

 何故か茅ヶ崎・・・ま、仕事です(^^; ちょうどお昼時。事前にちゃんとリサーチしていなかったので、東海道線の中で検索して見つけたお店。

181206uoshige01

 「魚重」
 駅からすぐ近くで、海鮮のお店というのが最優先。

181206uoshige03

 店先のメニュー。狙いどおり海鮮系が並んでいる。11時半過ぎの店内はガラガラ。ちょっと嫌な予感?
 店内でランチメニューをもう一度眺めて「刺身とフライのセット定食」というのを頼むと、スタッフのお姉さんがいくつかの選択肢の中から刺身とフライのタネを選んで下さいというので、割りと珍しい太刀魚と鰺をオーダー。

181206uoshige05

 「刺身とフライのセット定食 1,400円」
 てっきり刺身の盛り合わせの内どれか一つを選べるのだと思ってた。フライも同じ。だからお得なメニューと思ったのだけど・・・(^^;

 ともあれ、どちらも普通に美味しく頂きましたとさ。

◆魚重
 神奈川県茅ヶ崎市元町3-24 最寄駅:茅ヶ崎
 11:30-14:00 17:00-22:00 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.29

「大盛軒@東中野」で 鉄板麺

 つい先日、夕方の日テレ「News Every」で紹介された店。もっとも紹介されずとも東中野界隈の住民にとっては、お馴染みの店だ。

181129omoriken01

 「大盛軒(おおもりけん)」 東中野駅東口を出てすぐの場所にあって、その名のとおり盛りの良さでも有名な、いわゆる街中華の老舗。

 もう随分前に「全チャン半ラーメン」みたいなのを食べた記憶があるけど、最近はとんとご無沙汰。TVをきっかけに超久しぶりに寄ってみることにした。

181129omoriken02 181129omoriken03

 こんなきれいな店だったっけ?なんて思いつつ着席。

181129omoriken04

 各テーブル脇に置かれた調味料の中には やたらと大きいタバスコが鎮座してる(^^;
 メニューを見るまでもなく注文したのは名物のこれ。

181129omoriken05

 「鉄板麺 900円」
 熱せられた鉄板の上でジュージューと湯気を上げながらのご提供。その湯気を吹き払ったところでパチリ。

181129omoriken06 181129omoriken07

 大量のキャベツの上に豚バラ?肉とお店特製のソース。そして半ラーメン。

181129omoriken08

 メニューに書かれたお奨めの食べ方どおり、ニンニクチップを廻しかけ、生卵を中央に落としてかき混ぜる。そしておもむろに食べ始めますな。
 ある程度湯気が収まってもキャベツは殆ど生状態。こういう食べ物なのだろう。それではと大きなビンのタバスコを多めにドバッ。なるほど、この方が旨いというか特製ソースによく合って、タバスコ味で全てを包み込む感じ?

 半ラーメンの方は加水率高めのピロピロ麺に、やや薄味の醤油スープ。濃い鉄板焼きの相方としてはちょうど良いのかもしれない。こちらにはコショーをドバッ(^^;

 ご飯の盛りがいい。でもこの鉄板焼き?を食べるにはご飯の量も大事。でないと途中で飽きてしまいそうだ。

 ワシワシと食べ進み、お腹いっぱいになってご馳走様。さすがは「大盛軒」なのでした。

◆大盛軒 (おおもりけん)
 中野区東中野1-51-1 最寄駅:東中野
 11:00-22:00 年末年始以外無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野狸小路に とんかつ専門店「とんかつ のり」開店予定

 とんかつ専門店がなくなって久しい中野駅北口地区。そんな難民たち(^^; に朗報、になるかな。

181129nori

 中野ラーメンストリートから狸小路に入ってじき左側。「五丁目ハウス(旧五丁目煮干し)」の対面あたり、「神笑」の少し手前に「とんかつ のり」がオープン準備中。たぶん、元タイ料理の店だったところ。

 12/3(月) 17時オープンとある。当日行けるかどうかは判らないけれど、楽しみにしていよう。

 看板のブタ君の絵というか意匠、よく「とんかつ」をまとめてますね。素晴らしい。

追記:オープン後 初訪問時のインプレはこちら

◆とんかつ のり
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 営業日・時間不明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

「司食堂@河口湖」で カツ丼(上)

 先日初めて寄った、地元で人気のお店「司食堂」。夜の部は殆ど呑み屋と化しているみたいだけど、いわゆる大衆食堂という店構え。

181109tsukasa01

 前回「とんかつ定食(この店ではカツフライ定食という)」を食べたので、今回はもう一つの人気メニュー「カツ丼」を食べてみるべく再訪問。(上の画は前回撮ったもの)

181026tsukasa02

 こちらは前回も載せたお品書き。店内にメニューらしきものはこの壁にしかない。

181109tsukasa03

 「カツ丼(上) 1,100円」
 みそ汁とお新香がついて、このお値段。普通のカツ丼との差 100円は肉の質なんだろうか、それとも量?

181109tsukasa05

 ともあれ、大きめのドンブリに大きめのトンカツがドンと載って玉子でとじられている。このボリューム感がいい。

181109tsukasa04

 豚肉の厚さをご覧ください。前回のトンカツ定食より厚めのような気がする。

 玉子でとじられているだけに前回かなり硬いと感じたコロモは、玉子がかかっている部分はそれなりに柔らかくなっている。

 うん、この店はボリュームで勝負する店だ。豚肉にしてもタレにしても特別に旨いと言うわけではないけれど、この物量が与える満足感が腹ペコさんには堪らない。

 カツ系はなんとなく判ったので、次回また機会があったら、もう一つの人気メニュー「焼肉定食」に挑戦挑戦してみようと思っている。

◆司食堂
 0555-72-2037
 山梨県南都留郡富士河口湖町小立2100
 11:30-13:45 18:00-21:00
 月曜、第2日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.26

「司食堂@河口湖」で カツフライ定食

 ネットを検索しているうちに地元で人気の大衆食堂(と思われる店)を発見。食べログでも確認すると、どうやら行ってみるだけのことはあるみたいだ。

181026tsukasa01

 「司食堂」
 というわけで金曜日の18時過ぎ、夜の部の開店間もなくという時間に到着。店前の駐車場にクルマをおいて店内へ。

181026tsukasa02

 壁に並んだお品書きを眺め、カツ丼でいくかトンカツでいくかを一瞬悩んだのち、頼んだのはこちら。

181026tsukasa03

 「カツフライ定食 1.500円」
 要するに とんかつ定食ね。いかがでしょう、このボリューム感。そうして山盛りにされた大量のキャベツが嬉しい。トンカツはこうでなくっちゃね。

181026tsukasa04

 普通の店の倍(以上)はあると思われるトンカツ。豚肉の厚さは 1.5cmはあろうか。コロモは若干厚めで、サクっふわって感じではなくて、かなり硬め。バリッていう食感だった。先客の元へ運ばれたカツ丼が一番人気なのがよく判った気がする。

181026tsukasa05

 もの凄く旨い豚肉とか言うわけではないけれど、まさにトンカツを喰ったぞ的満足感を与えてくれるメニューになっている。

 さすがに途中で飽きが来た。でも大量のキャベツとお新香のおかげで、この分厚く巨大なトンカツもなんとか食べ切ることができた。

 お隣さんが頼んでいた「上カツ丼」や「焼肉定食」が凄く美味しそうだった。次回はそっちだな。初めての店ではまずは一番人気を頼むべきと改めて思った。

 地方の食堂にしては、ちょっと高めのお値段ながら、それだけの値打ちがあるからこその人気店なのだろう。ここまで来る機会はなかなか無いけれど、また来てみよう。

◆司食堂
 0555-72-2037
 山梨県南都留郡富士河口湖町小立2100
 11:30-13:45 18:00-21:00
 月曜、第2日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「縄文の豚@思い出横丁」で 若月の焼きそば

 今年1月に惜しまれながら閉店した新宿思い出横丁の「若月」。その後しばらくの間シャッターが閉まったままだったが、6月になって居抜きで入ったのは「縄文の豚」という もつ焼きの店。

 そこまでは単に「ふーん」という状態だったのだけど、なんとその店の平日のランチタイム限定で元若月のご主人による「若月焼きそば」が復活しているという。そんなニュースを知ったのが9月のこと。

 それは何が何でも行ってみねばならない。そう思っても平日の昼のみというのはハードルが高かった。

181026wakatuki01

 そうして なんとか都合をつけての思い出横丁。平日昼の横丁がこれほど大陸系の人だらけだったとは(^^;
 ともあれ店に着いてみると、あの優しい笑顔の元ご主人がいてくれた。思わず小さくガッツポーズ。

181026wakatuki02

 表にはランチメニューの看板。「復活!若月焼きそば」の他、「もつ煮込み定食」と「本まぐろ山かけ丼」とある。

181026wakatuki04 181026wakatuki03

 ともあれ見慣れた店内に入ってメニューを見上げ、やっぱりラーメンはやってないんだと、わずかにガッカリしつつもまずはビールでしょ。もちろん焼きそばも。

181026wakatuki05

 取り敢えず枝豆でプハッ。憧れの平日昼ビールね(^o^)v

181026wakatuki06

 そうこうしているうちに、ご主人が鉄板に火を入れて、チャチャチャッと炒め直してくれてご提供。

181026wakatuki07

 「若月焼きそば(大盛) 600円」
181026wakatuki08

 かつてと変わらぬルックス。色も味も同じだ。もうそれだけで何だかうれしい。

181026wakatuki09

 ご主人ご自慢の自家製麺。全く変わらぬ食感。中濃?ソースと良く合うのですね。

 もちろん完食。帰り際「おばさんはどうされているんですか?」と元ご主人に聞くと、笑いながら「うちで寝ころんでますよ」と。「さんざん働いたから、もういい」のだそうだ。でも元気でいらっしゃるのが分かってよかった。
 「じゃぁ、おじさん頑張ってくださいね。ご馳走様」と言って店を出た。

 平日の昼はなかなか難しいけど、なんとか機会を見つけてまた来よう。

◆もつ焼き 縄文の豚 featuring 若月焼きそば
 新宿区西新宿1-2-10 思い出横丁
 若月焼きそば営業は平日のみ 16:00まで
 休業日・営業時間不明 2018.6.14オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

「BARBACOA(バルバッコア)青山」 シュラスコでディナー

 この店の夜の部というかディナータイムに来るのは一体いつ以来だろう。少なくとも15年は経っている気がする。

Barbacoa_Aoyama

 言わずと知れたシュラスコの名店「BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店」。サンパウロに本店があるそうだ。
 バブル末期頃にはよく利用させて貰ったものだけど、最近では年に一度家族でランチタイムに来るのがせいぜいだった。

 今回は旨い肉を喰いたいと言っていた友人にこの店を奨めたところ、即予約して今晩となったものだ。
 正直、仲間との飲み食いという意味では予算オーバーぎみではあるけれど、たまの贅沢。家族には内緒だ(^^;

181018barbacoa01 181018barbacoa02

 この店はサラダバーがものすごく充実しているので、これらを取り過ぎてしまわないのがコツの一つ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまうのだ。

181018barbacoa03 181018barbacoa04

 ランチタイムと違ってシュラスコのメニューも充実している。今月は「ブラックアンガスビーフフェア」なのだそう。

181018barbacoa05

 サラダバーで取ってきたのはこの程度。

181018barbacoa06

 ブラジルの庶民派カクテル「カイピリーニャ」。ショッパくも甘い、そしてライムも効いてクセになる味。何杯お代わりしただろうか。(ワイン以外は呑み放題を選択)

181018barbacoa07 181018barbacoa08

 そうこうしているうちにシュラスコがやってきた。左が大好きな「ピッカーニャ(イチボ肉)」で 右はちょっと変わりダネ「焼きパイナップル」。これも実に美味しいのです。
 鉄串に刺され炭火で炙られた肉塊が、こんな風にギャルソンにより目の前で切り取られて供されるのがシュラスコ。ブラジル流バーベキューね。

181018barbacoa09

 こちらがその「ピッカーニャ」。いかにもうまそうでしょう。右側にあるのは「揚げバナナ」ね。やたら甘い。

181018barbacoa10 181018barbacoa11

 順番が前後するけど、いつも最初に出てくる「ソーセージ」と「ローストチキン」。右はたぶん「フラウジィニア(カイノミ)」

181018barbacoa12

 こちらは「トモサンカク(もも肉)」(たぶん)。

181018barbacoa13 181018barbacoa14

 ここから先は牛肉の部位名は殆ど訳が分からなくなっているので、撮った画像を取り敢えず載せておきます。

181018barbacoa15

 どれも旨い。和牛のサシが入るような柔らかな肉と違って、しっかり噛みごたえがあって、きっちり肉の旨みがあるのが本場シュラスコの特徴。全て岩塩で味付けされているので、テーブルに用意されたタレを殆ど必要としないくらいだ。

 写真を撮り損ねたけど、他に「アルカトラ(ランプ肉)」「トマホーク」「クッピン」「ショートリブ」など、ブラックアンガス君の全ての部位を食べ尽くした。

181018barbacoa16

 なんども来て貰ったのは、やっぱりピッカーニャね。これが一番旨い。

 でも、そのせいで腹いっぱい。「フェジョアーダ(豆と豚・牛の煮込)」を食べ損ねてしまった。

 2時間縛りで、お一人様あたり 8,748円也なわけだけど、コスパというか満足度高し。もうお腹いっぱいの幸せいっぱいで動けないくらい。

 やっぱり日本におけるシュラスコはバルバッコア、それも青山店(表参道)に限ります。・・・なんて他をいくつも知っているわけではないのだけどね(^^ゞ

◆BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://www.barbacoa.jp/aoyama/index.html
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧