ラーメン:二郎(直系)

2019.11.05

2019秋の上州路「ラーメン二郎 前橋千代田町店」

 上州遠征最後の 且つ 真の目的地は 10/27にオープンしたばかりのここ。

191105maejirou01

 「ラーメン二郎 前橋千代田町店」
 そう前橋に二郎がオープンしてしまったのですよ。となれば行かねばならぬ、どこまでも。直系二郎全店制覇を継続せん。このために前橋のビジネスに1泊したのです(^^; 前夜は居酒屋で一杯ね。(上の画像は食べ終わった後に撮ったもの)

191105maejirou02 191105maejirou03

 開店時間は11時。平日でもあり、その1時間前に行けば余裕で1巡目だろうと思っていたのだけど店の前に着いてみると、なんとすでに20人ほどの行列。ゲゲッ! 1ロットが 5杯ずつだとすると 5ロット目かぁなどと思いつつ最後尾へ。

 この付近はかつて前橋一の繁華街だったそうだが、この通りだけでなく周囲はどこもシャッター商店街で人通りも殆どなく寂しいかぎり。幸いアーケードの中なので雨風の心配だけはない。

 並び始めてちょうど1時間。定刻の3分ほど前に開店。列が動き出した。この時点で行列はざっと80人ほど。オープンからすでに一週間経つというのに凄いことになってる。

191105maejirou04191105maejirou

 店内に入り券売機で小ラーメンの食券(プラ札ではない)をゲット。L字型カウンターは14席。店内待ち席は7席用意されている。
 元はレコード店というかCDショップらしく、店内には2階へ通じる階段があってトイレはその2階になっている。

 スタッフは小金井出身だと聞く店主のほか助手君と結構可愛い女子1名(^o^)v

 幸い待ち席に座ることが出来たので、提供されるヤサイの盛り状況などを観察。初めての店ではこれが重要。1ロットは7杯みたいだ。つまり私は 3rdロットとなる。

 じきに 1stロットの皆さんが食べ終わりカウンター席へ移動。天板に食券を置いてお待ち。開店から28分後、ご主人から「小ラーメンの方、ニンニク入れますか?」

191105maejirou06

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールは「ヤサイちょいマシのニンニクアブラ」。1stロットの盛りを見ていて、これなら大丈夫とヤサイをちチョイマシにして貰った。

191105maejirou08

 それでもこんなもんだから単にマシでも良かったか。ブラックペッパーは自分でかけたもの。

191105maejirou09

 ヤサイを崩し、なんとか天地返し。二郎にしては割りと白い極太平打ち麺。ほぼ二郎標準の柔らかさかな。

191105maejirou12

 スープは微乳化していて醤油が効いたタイプ。これ旨い。私好みだ。

191105maejirou11 191105maejirou10

 ブタはブロックタイプの大小のバラ肉が二枚。柔らかく、しっかりと醤油味がついて、これまたいいではありませんか。

 途中で飽きることもなく、旨いウマイと食べ進み、完食の7割汁でご馳走様でした。

 提供から11分。店を出るとまだ行列は50人ほどもいただろうか。閑散としたシャッター商店街に、ここだけ沢山人がいる不思議な光景。

 ともあれ、これにて二郎全店制覇を継続することができました。めでたしめでたし。

ラーメン二郎 前橋千代田町店
 群馬県前橋市千代田町4-12-3 (前橋オリオン通り)
 11:00-14:30 17:00-20:00 (売切れ終了)
 月曜休(祝日の場合も休み) 2019/10/27オープン

|

2019.09.28

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で ニンニクアブラ

 ちょうど3ヶ月ぶりの直系 且つ ホーム二郎。真夏は行列に並ぶ気にならなかったというのが間が空いた理由(^^ゞ

190928jirous01

 土曜日の開店時間は10時。9:30過ぎに着いてみるとすでに行列。1stロットはダメでも二巡目はなんとか確保。

 定刻に開店。今日は(きざみ)ネギがある。であればと券売機でネギも買って着席。ご主人はおらず、いつものメガネの助手君ともう一人の助手君の二人体制。
 青と茶色のプラ札を天板に置いてから15分ほどで「ニンニク入れますか?」


190928jirous03

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ネギを入れたのでヤサイマシは無し。

 一番上にトッピングされているのがそのネギ。桜台の乳化したスープにこのネギのアッサリ感が合うのですね。

190928jirous07

 なんとか天地返しをしたのがこちら。

190928jirous05

 いつもの極太麺をヤサイ・ネギと一緒に頬張るのが私的二郎の食べ方。

 ある程度食べ進んだところでドンブリを持って乳化したスープを一口。相変わらず旨い。メガネのスーパー助手君、ご主人がいなくても同じ味を出せてしまうのですね。もういつでも店を持てるではありませんか。

190928jirous06

 今日のブタがとてつもなく旨かった。元々この店のブタは旨いのだけど、今日のはそれを超える正に神レベル。大当たり!そう思いながら二枚のブタを頂いた。

 後から後から湧き出して来るような麺も、全く飽きることなく食べ進み完食の7割汁。

 やっぱり桜台は旨い。ご主人がいなくても?安心安定。文句なしのホーム二郎なのでした。

 そうそう、最後になったけど、以前から新店情報があった「ラーメン二郎 前橋千代田町店」のオープン日が本決まりになったそうだ。その日とは 10月27日の日曜日。
 きっとしばらくは大変な行列になるだろうから、落ち着いた頃を狙って行ってみるつもり。前橋だから泊まりにして渋川の「とんかつ街道」とセットが楽しそう。

ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

|

2019.06.29

「ラーメン二郎 桜台駅前店」安心安定のホーム二郎

 先日のインスパイア系新店に充足感を得られなかったせいで、そのリベンジにとホーム二郎の桜台。

190629jirous01

 早めに店の前に着いて 1stロットを確保。でも雨の中 40分も待つのはちとシンドイ。最初はほんの小ぶりだった雨も開店時間頃には結構強くなっていた。

 定刻に開店。行列は20人ほどに延びていた。券売機で茶色のプラ札(ネギ)も買って着席。今日はメガネの助手君一人体制。さして待つこともなく「ニンニク入れますか?」。

190629jirous02

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 一番上にトッピングされているのがネギ。白髪というより食感がしっかり残る太さにキザんでいるのが特徴。これがある時は必ず頼むのですね。その代わりヤサイマシは無し。

190629jirous03

 横から見るとこんな感じ。ちょっとジャンクに見えるのは一味とコショーをかけたから。

190629jirous04

 ヤサイとこのネギを二郎らしい極太麺と一緒に頬張るのが吉。やっぱりこのネギがあるといい。何かと濃い二郎の中にサッパリ感加わる。

190629jirous05

 そしてこバラ肉ロールのブタもまた神レベル。途中で乳化したスープを啜りながら旨いウマイと一気に完食の7割汁。
 前回の直系二郎もインスパイヤ新店も途中で飽きが来てしまったのだけど、ここのは違う。安心安定の味、文句なしのホーム二郎なのでした。

 ドンブリ上げて、テーブル拭いて、ご馳走様でした。

ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

|

2019.05.18

三訪目「ラーメン二郎 川越店」麺少なめでもキツイ?

 買い物がてらドライブがてらで、ちょうど一年ぶりの川越攻め。

190518jirou_kg01

 「ラーメン二郎 川越店」。2017/3/19のオープンから、すでに2年が経つ。

 開店時間の30分ほど前に着いてみると行列は6人だけ。よしよしこの程度なら無問題。
 定刻に開店。券売機で「小ブタ」を買って着席。プラ札を天板に載せながら恥を忍んで?「少なめ」を告げる。前回の訪問で麺量がやたら多いことから「麺少なめ」が吉。ブタはいくら「神ブタ」でも増してはいけないことを学んでいたのだ。って待つ内にブログを読み返しただけですが。

190518jirou_kg02

 「小ラーメン(麺少なめ) 750円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ホワイトペッパーと一味唐辛子は自分で廻しかけたもの。

190518jirou_kg03

 ヤサイをマシてないので、天地返しも簡単だ。二郎にしてはボリューム感が乏しいけど、これが正解。二郎らしい極太平打ち麺を食べ進む内に、これまでの川越同様また飽きが来始めてしまった。麺を少なめにしたというのに不思議。実際まだ満腹感は無いにもかかわらずだ。

190518jirou_kg04

 麺に飽き始めてもスープをひと口すすると持ち直すのが私の食べ方なのだけど。この微乳化したショッパめのスープが私に合わないのかもしれない。

190518jirou_kg05

 ブタは相変わらず神だ。これが救いだったろうか。なんとか食べきって、ご馳走様でした。

ラーメン二郎 川越店
 埼玉県川越市旭町1-4-15 最寄駅:川越
 11:00-14:00 18:00-21:00
 月・木休(他に臨休有)

|

2019.04.27

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で 平成ラスト二郎

 平成時代最後の直系二郎。ラスト二郎はやっぱりホームの桜台。

190427jiro_s01

 早めに店の前に着いてみると、よしよしなんとか 1stロットに入れそう。時折小雨がパラつく寒空の下、待つこと30分と少し。定刻をわずかに過ぎて開店。厨房はいつもの二人体制だけど、助手君が違う。手慣れた感じだから、どこかの店からの助っ人君かな。

 券売機で茶色のプラ札(ラーショ風千切りネギ)も買って着席。大して待つこともなく助手君から「ニンニク入れますか?」。今日のコールは「ニンニクアブラ」。

190427jiro_s02

 「小ラーメン 700円+ラーショ風ネギ 100円」
 一番上にトッピングされているのが「ラーショ風ネギ(ラーメンショップ風 味付けネギ)」。これを直系二郎で食べるのは初めてではなかろうか。右側下に見えているのはフライドガーリック。最近は時々卓上においてある。

190427jiro_s04

 ネギが味付けになったことで、クタッとしているのでボリューム感にはかけるか。でも、このネギの脂と味が加わったことで、やたらとラーメンが旨い。

 スープはもちろんヤサイとこのネギを麺と一緒に頬張るのが大吉。これ大当たり。

 そして今日のブタもまた神レベル。文句なしの平成最後のホーム二郎なのでした。ご馳走様でした。

190427jiro_s09

 最後にGW期間中の当店の営業情報も載せておきますね。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

|

2019.04.11

初訪問「ラーメン二郎 越谷店」

 この 3/10オープンだから、ちょうど1ヶ月。この店も遠隔地。ようやく訪問することができた。

190411jiroksga01

 「ラーメン二郎 越谷店」
 ここまで行くと駐車場代も安い。近くのパーキングに車をおいて 10時少し過ぎに着いてみると、お待ちは3人ほど。よしよし 1stロット確保ね(^o^)v
 北風が吹き付ける中、11時の定刻迄は長いなと思ってたら 10:35に開店。

 券売機で食券(プラ券)を買って待つことしばし。厨房は若きご主人と、同じく若い女性二人。更にフロア担当?の若者一人。

190411jiroksga02

 「小ラーメン 700円」
 女性スタッフに「ニンニク入れますか?」と問われて今日のコールは「ニンニクアブラ」。初めての店では盛りが判らないのでヤサイをハズすことが多くなった。

190411jiroksga03

 でも、ちょっと失敗。明らかにヤサイの盛りが少ない。この店ではヤサイマシが正解か。あと特徴的なのは非乳化タイプで濃い醤油色のスープ。かなりカラメに仕上がっている。この手の二郎は久しぶりだ。ご主人は湘南藤沢→新小金井街道出身と聞くけど、やはり新小金井の方が強く影響しているか。

190411jiroksga05

 二郎らしい極太平打ち麺は、カタメコールなしでも充分な食感。非乳化のせいかスープの持ち上げがイマイチ? 量的には問題無かったのだけど、途中で飽き始めた。

190411jiroksga06

 そこはスープをレンゲですくって呑むのと、これらのブタ(ウデ肉とロース?)を食べるのとで上手くいなして完食の七割汁。

 これで直系二郎の「全店制覇」継続ね(^o^)v

 ご馳走様でしたと店を出ると、この時点でのお待ちは店内のウエイティングシート一杯の他、外待ちが9人ほど。やっぱり行列覚悟であることは変わりませんね。

ラーメン二郎 越谷店
 埼玉県越谷市越ヶ谷2-3-7 最寄駅:越谷
 11:00-14:30 17:30-21:30
 日曜 10:00-15:00 火曜休
 2019.3.10オープン

| | コメント (0)

2019.03.30

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で 小ラーメン+ネギ

   人間ドックに向けて我慢してきた「二郎」(^^; そうもう充分「二郎不足」なのだ。

190330jirous01

 目指すはホーム「ラーメン二郎 桜台駅前店」。ちょっとばかり時間を読み違えて早めに着いてしまった。でもそのお陰で 1stロット確保。開店時にはざっと20人の行列だったから早めが正解か。

 定刻に開店。今日はご主人といつもの助手君の二人体制。券売機で茶色のプラカード(きざみネギ)も買って着席。

190330jirous02


 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 「小のかた、ニンニク入れますか?」と問われて今日のコールは「ニンニクアブラ」。

190330jirous03


 ネギを足しているので今日はヤサイのマシは無し。それでも横から見るとそれなりのボリューム。コショーと一味は自分でかけたものね。

190330jirous04


 コマメに麺とヤサイをひっくり返してなんとか天地返し風にして、いつもの極太平打ち麺とヤサイ、ネギを食べ進む。
 そうして、適当なタイミングで絶妙に乳化したスープをすすると旨いっ!文句なし。

190330jirous05  190330jirous06

 大小のバラ肉ロールのブタ。もう神レベルですな。

 途中で一回コップの水を口にした以外は休むことなく食べ進み、完食の8割汁でご馳走様でした。

 これにて二郎注入完了。そして二郎不足もめでたく解消したのでした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0)

2019.02.17

3月10日「ラーメン二郎 越谷店」オープンへ

 昨日マイホーム二郎の桜台へ行って初めて知った新店情報。

190216jirou_ksgy

 店先に貼ってあった越谷店オープンを知らせるポスター。ネットでは既に10日ほど前からこの情報が出回っていて、ジロリアンの間では既知の話題となっていたようだ。

Jirou_ksgy_google

 場所は東武スカイツリーライン越谷駅の東側。徒歩3分程度の距離だそうだ。都内ではなかったけど、首都圏の店で良かった。店主は湘南藤沢店で助手を勤めていた人らしい。

 3/10のオープン初日は 100杯限定の抽選制だそう。毎度の混乱を避けるためだろう。

 全店制覇中の私としては川越の時のように、しばらく経って落ち着いた頃を見計らって行くつもり。楽しみがまた一つ増えた。

◆ラーメン二郎 越谷店
 https://ksgy26.tumblr.com/
 埼玉県越谷市越ヶ谷2-3-7 最寄駅:越谷
 11:00-14:30 17:30-21:30
 日曜 10:00-15:00 火曜休 2019/3/10オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.16

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で ニンニクアブラ+ネギ

 そうだ二郎に行こう。昨日呑んでいてそう思い立った。というわけで3ヶ月ぶりのホーム「ラーメン二郎 桜台駅前店」

190216jirou_s01

 開店時間の30分ほど前に着いてみると行列は4人。良かった 1stロットに入れる。(上の画は食べ終わってから撮ったもの)

 定刻に開店。あれ?見慣れない人がと思ったら、いつもの助手君が髭を生やしてただけだった。3ヶ月も経てば立派な髭も蓄えられるか。ご主人の姿は無し。

 今日は「ネギ(きざみネギ)」があるというので茶色のプラカードも買って着席。しばらくして「小のかた、ニンニク入れますか?」

190216jirou_s04

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。コショーと一味は自分でかけたものね。

190216jirou_s05

 ヤサイのマシは無くても「ネギ」が盛られているので、ルックスは変わらぬ二郎風。

190216jirou_s06

 いつもの極太平打ち麺とヤサイ、ネギを一緒に頬張りつつ食べ進み、適当なタイミングでドンブリを持ってスープをすする。絶妙に微乳化したスープが文句なしに旨いっ!

190216jirou_s07

 二郎的に神レベルのバラ肉ロールのブタが素晴らしい。
 例によってウマイ旨いと食べ進み、完食の8割り汁でご馳走様でした。

 ご主人がいなくても無問題の桜台二郎。それでいいかは別にして、美味しいのだから文句はない。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.30

「ラーメン二郎 神田神保町店」で ニンニクアブラ

 前回の訪問からはなんと3年半ぶり。そしてこの店が神保町交差点近くから駿河台下に移転してからはお初となる。

181130jiroujbc01

 夕方16時過ぎに店の前に着いてみると 19人の行列。一瞬迷ったけど、すでに店外に流れ出すあのニオイを嗅いでしまっていて「二郎でなきゃダメ」状態。というわけで20番目に接続。ワンロット15分として、ざっと一時間待ちかなと。(上の画像は食べ終わった後に撮ったもの)

 とっぷりと日が暮れた頃ようやく店内へ。ピッタリ一時間で「ニンニク入れますか?」

181130jiroujbc04

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。この店の麺量・ヤサイの盛りの良さは二郎全店の中でもトップクラス。だからいつものヤサイのコールはナシ。それでもこの盛りね。ちと弱気で正解。

181130jiroujbc05

 例によってコショーと一味唐辛子は自分でかけたもの。この位置からだとブタの厚さも判るでしょう。

181130jiroujbc06

 まずは上手にヤサイを崩しつつ麺とヤサイを入れ替えますな。いつもの二郎らしい極太平打ち麺を引っ張り出してヤサイと一緒に頬張るのが吉。うん、ウマイ。

181130jiroujbc07

 こちらが今日のブタ(チャーシュー)。こんなのが二枚入っているのだから凄い。この店のブタのレベルは昔からかなり高い。ほぼ神ブタと言っていいレベルだろう。でもすぐにカブリついたりはしない。しばらくスープの中に浸しておいてさらに柔らかくほぐれやすくなるのを待つのだ。

 少し食べ進んだところで、滑るドンブリを上手に持って乳化したスープをゴクリ。旨いっ!ってか文句なし。
 この店の評価がジロリアンの中でも非常に高いのがよく判る。しかも夕方という時間、乳化度が上がって更に私好みになっている。素晴らしい。

 ブタを適当にほぐしつつ麺と一緒に食べるのもまた嬉し。いやぁ旨いねぇ。

 完食の7割り汁。ドンブリ上げてテーブル拭いて、ご馳走様でした。

 超久しぶり 且つ 移転後初の神保町二郎。一時間待って良かった。そう思わせられる一杯なのでした。

◆ラーメン二郎 神田神保町店
 千代田区神田神保町1-21-4 最寄駅:神保町<お茶の水
 11:00-17:30頃 日祝休 2017.12.11現住所に移転

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧