ラーメン:二郎(直系)

2018.11.30

「ラーメン二郎 神田神保町店」で ニンニクアブラ

 前回の訪問からはなんと3年半ぶり。そしてこの店が神保町交差点近くから駿河台下に移転してからはお初となる。

181130jiroujbc01

 夕方16時過ぎに店の前に着いてみると 19人の行列。一瞬迷ったけど、すでに店外に流れ出すあのニオイを嗅いでしまっていて「二郎でなきゃダメ」状態。というわけで20番目に接続。ワンロット15分として、ざっと一時間待ちかなと。(上の画像は食べ終わった後に撮ったもの)

 とっぷりと日が暮れた頃ようやく店内へ。ピッタリ一時間で「ニンニク入れますか?」

181130jiroujbc04

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。この店の麺量・ヤサイの盛りの良さは二郎全店の中でもトップクラス。だからいつものヤサイのコールはナシ。それでもこの盛りね。ちと弱気で正解。

181130jiroujbc05

 例によってコショーと一味唐辛子は自分でかけたもの。この位置からだとブタの厚さも判るでしょう。

181130jiroujbc06

 まずは上手にヤサイを崩しつつ麺とヤサイを入れ替えますな。いつもの二郎らしい極太平打ち麺を引っ張り出してヤサイと一緒に頬張るのが吉。うん、ウマイ。

181130jiroujbc07

 こちらが今日のブタ(チャーシュー)。こんなのが二枚入っているのだから凄い。この店のブタのレベルは昔からかなり高い。ほぼ神ブタと言っていいレベルだろう。でもすぐにカブリついたりはしない。しばらくスープの中に浸しておいてさらに柔らかくほぐれやすくなるのを待つのだ。

 少し食べ進んだところで、滑るドンブリを上手に持って乳化したスープをゴクリ。旨いっ!ってか文句なし。
 この店の評価がジロリアンの中でも非常に高いのがよく判る。しかも夕方という時間、乳化度が上がって更に私好みになっている。素晴らしい。

 ブタを適当にほぐしつつ麺と一緒に食べるのもまた嬉し。いやぁ旨いねぇ。

 完食の7割り汁。ドンブリ上げてテーブル拭いて、ご馳走様でした。

 超久しぶり 且つ 移転後初の神保町二郎。一時間待って良かった。そう思わせられる一杯なのでした。

◆ラーメン二郎 神田神保町店
 千代田区神田神保町1-21-4 最寄駅:神保町<お茶の水
 11:00-17:30頃 日祝休 2017.12.11現住所に移転

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.17

「ラーメン二郎 桜台駅前」で ヤサイ少しマシ

 なんと 7ヶ月ぶりの「ラーメン二郎 桜台駅前店」。直系二郎も川越店以来半年ぶりとなる。何故かは不明だけど、私的にはとても珍しい現象(^^;

181117jirouskd01

 というわけで 9:30少し前の店先に先客は1人だけ。(上の画は食べ終わってから撮ったもの)

 定刻に開店。今日はご主人はおらず助手君だけのワンオペ。着席して待つことしばし。「小のかた、ニンニク入れますか?」

181117jirouskd02

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールはやや弱気。「ヤサイ少しマシのニンニクアブラ」。

181117jirouskd03

 ヤサイの山はあきらかに低め。とは言っても一般的には充分多い方だろう。コショーと一味唐辛子は自分でかけたものね。

181117jirouskd04

 ご主人がいなくても麺の茹で加減は変わらない。ある程度天地返しができたところで、いつもの極太平打ち麺とヤサイを一緒に頬張って食べ進みます。

 美乳化したスープが旨い。これぞ桜台の味。ご主人抜きなのに助手君大したものだ。

181117jirouskd05

 バラ肉ロールのブタは、かつてに比べれば随分と良くなって、神レベルに近づいている。

 例によってウマイ旨いと食べ進み・・・途中で若干ペースダウンしたけど、完食の9割汁。

 やっぱりマイホーム二郎の桜台。文句なしの二郎っぷりなのでした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.12

再訪「ラーメン二郎 川越店」で ニンニクアブラ

 ちょうどこちら方面に用があったので、久しぶりの川越攻め。

180512k_jirou01

 「ラーメン二郎 川越店」。昨年3/19のオープンから、すでに1年以上が経つ。

 開店時間の40分ほど前に着いてみると行列は4人だけ。定刻の開店時間になっても店内の待ち席が三つほど埋まっただけだから、かなり落ち着いてきているのだろう。

 券売機で珍しく「小ブタ」をボチッ。1年前の初訪問で、この店は「神ブタ」の印象があったからだ。

180512k_jirou03

 「小豚ラーメン 900円」
 今日のコールは「ニンニクアブラ」。ホワイトペッパーと一味唐辛子を廻しかけたところでパチリ。

180512k_jirou04

 小ブタにしたのでヤサイマシはパス。ボリューム感としてはちと寂しいか。

180512k_jirou06

 でも、なんと言ってもブタの存在感が凄いでしょう。バラ肉ロールの神ブタが5枚。実際これがまた旨いのですよ。

180512k_jirou05

 二郎標準に比べれば、やや細めかなという麺。麺量としてはかなり多いのではなかろうか。前回もそうだったけど、途中でシンドくなってしまったのだ。

 やや乳化したスープはかなりショッパめ。でも決してマズイわけではないのに、なかなか進まない。ブタ増しの影響もあるかも知れないが、ちょっと不思議だ。
 先日、立川でも同じような思いをしたなぁ。

 なんとか完食したけど、かなりキツかった。途中で折れそうになった心をなんとか立て直し、もう義務感で食べきりましたね(^^;

 次回訪問した時のために書いておこう。この店ではブタ増しは止め。さらに負けを認めて「麺少なめ」コールでね(^^ゞ

◇ラーメン二郎 川越店
 埼玉県川越市旭町1-4-15 最寄駅:川越
 11:00-14:00 18:00-21:00
 月・木休(他に臨休有)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.28

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で ニンニクアブラ

 なんと 10ヶ月ぶりの「ラーメン二郎 桜台駅前店」。先日の立川が、久しぶりの直系二郎だったのに私的には日光の手前だった。
 ・・・立川まで行ったのに日光の手前とは、これ如何に(^^;

180428sjirou01

 というわけで、どーしてもホーム桜台でなくてはならぬと 9:30少し前。店の前に着いてみると先客は6人ほど。(上の画は食べ終わってから撮ったもの)

 定刻に開店。今日はご主人と助手君の二人体制。今日は「ネギ(きざみネギ)」があるというので茶色のプラカードも買って着席。およそ10分後。「小のかた、ニンニク入れますか?」

180428sjirou02

 「小ラーメン 700円+ネギ 100円」
 今日のコールはかなり弱気。ヤサイは無しで「ニンニクアブラ」。

180428sjirou03

 とは言っても「ネギ」があるので、見た目のボリューム感はそれなり。コショーと一味唐辛子を振って、丹念に天地返し。

180428sjirou04

 この程度のヤサイの量だと攻めやすい。いつもどおりのデロ加減に茹でられた極太平打ち麺とヤサイ、ネギを一緒に頬張って食べ進む。

 スープが顔を出してくれたところで、ドンブリを持ってひと口。
 う、ウ、旨いっ! 絶妙に美乳化したスープが素晴らしい。これぞ私の好きな二郎味なのですよ。

 バラ肉ロールのブタは、ほぼ神と言っていいレベル。文句ありませんな。

 例によってウマイ旨いと食べ進み、完食の・・・ギリギリ全汁は思いとどまりました(^^ゞ

 午前中の予定を変更してまでも行ってみて良かった桜台二郎なのでした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 昼の部 11:00-14:00(油そばのみ。臨休多し)
 17:30-23:30 土曜 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.24

初訪問「ラーメン二郎 立川店」で全店制覇再び

 検索中にたまたま見つけてしまった。およそ4年もの間 休業していた「ラーメン二郎 立川店」が、なんと営業を再開しているという。それもこの2月から。ここのところ「ラ界」にアンテナを張ってなかったせいもあって、全く知らずにいた。

 でもそうと知っては居ても立っても居られないから、座って仕事した(^^; そして無理矢理時間を作って電車でGO!

180424tjirou01r

 実はこの立川店だけは未食。私が全店制覇を考え始めた時には、すでに長期休業に入っていて、実質閉店状態だったのだ。でも、このままでは「全店制覇」を名乗るなどおこがましい。

 というわけで 13:25頃の「ラーメン二郎 立川店」。どれほどの行列かと思っていたのだけど、お待ちは14人。この程度なら無問題と最後尾へ。(上の画は店を出てから撮ったもの)

180424tjirou03 180424tjirou02

 店に入れたのが 15分後。さらに着席まではしばらくかかって「ニンニク入れますか?」までは、お並び開始から 35分後というペース。思ったより回転はよくないのかな。
 そして、今日のコールは「ゼンマシで」。

180424tjirou04

 「小ラーメン 750円」
 これが出てきたときは小声で「ヤバイっ!」・・・ゼンマシコールを後悔しましたね(^^;

180424tjirou05

 もう少し下から撮ると、こんな感じ。他のお客さんに提供されていた「ヤサイマシ」と思っていたのが「普通」だったのね。10年前ならいざ知らず、今この高さ・盛りを見ると、さすがにヒルム。

 でもでも還暦を過ぎたとはいえ男の子。お残しはあきまへんでぇとばかり、まずはヤサイの山にアタック。このヤサイ、一般的なラーメン二郎に比べればクタ感のないと言うか、かなりシャキシャキ感のある芯が残ったもので、私的には嬉しくない。

180424tjirou06

 かなりヤサイを攻め込んで、ようやくたどり着いた麺は、二郎標準からすればやや細めの平打ち麺。

 この辺からは普段ならクタっとしたヤサイとともに麺を頬張り、ペースを上げて行くのだけれど、今日のはそうはいかない。麺とヤサイの食感に差がありすぎるせいだろうか。

 微乳化したスープはゼンマシ(カラメ含む)にしたせいか、かなり醤油感の強いもので、イマイチ私好みではなかったか。

 そうそう、バラ肉ロールの分厚いブタは、ちゃんとその形が残っていたのが1枚。後は崩れてしまっていた。でも旨いブタでしたよ。

 なんとか完食はしたものの、スープは7割がた残してしまった。いやはや、結構シンドイ立川二郎なのでした。

 ともあれ、これにて再びの「ラーメン二郎 全店制覇」。やれやれだったのです(^^ゞ

◆ラーメン二郎 立川店
 立川市柴崎町2-10-1 最寄駅:立川
 11:00-15:00 日祝・木曜休
 2008/4 Open 2014/3休業へ 2018/2/20再開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.15

初訪問「ラーメン二郎 京都店」で全店制覇再び

 それにしても、よくここまで来たもんだ。

171215kyoujiro01

 7:00 東京駅発「のぞみ」に乗るために、余裕を持って家を出た。6:30には東京駅に着いているはずだった。
 ・・・のだけど、荻窪駅?で発生した人身事故の影響で中央線は運転見合わせ・総武線は遅延。30分の余裕は吹っ飛び、見事に乗り遅れて指定席は台無し。幸い 7:13発「のぞみ」の自由席に滑り込んで、遅れながらも京都駅着。

171215kyoujiro02 171215kyoujiro03

 さらに2回の乗換を経て、ようやく叡山電車。そして「一乗寺」。車窓からも駅からもはっきり見える、ずっと機会を窺っていた憧れの?お店。

171215kyoujiro04

 「ラーメン二郎 京都店」
 そう、このため(だけ)に、はるばる京都一乗寺までやってきたのですね。今年 4/2にオープンしたこのお店。ここをイクと再びの「直系二郎全店制覇」となるのですよ。だからドーシタとは言わないように(^^;

 開店は11時。10時をわずかに廻って着いてみると、店先には人影もなし。しばらく待っていると、ご主人が出てきて「並んではりますか?」と。「はい」と答えると「平日はギリギリに来ても大丈夫ですよ」と。そうなんだ、であればと目の前の喫茶店で暖を取りつつ待つことに。

 念のためと15分前に店の前に行ってみると先客が一人。すぐに後ろに並び始めたので、ギリギリでなくて正解。1stロット確保ね。定刻に開店。

 券売機で食券を買って、奥の出口側に着席。待つことしばしで大柄な助手君から「ニンニク入れますか?」

171215kyoujiro05

 「ラーメン 730円」
 今日のコールはいつもどおり「ゼンマシで」。メニューには京都らしく「九条ねぎ 100円」というオプションもあったのだけど、ここはあくまでもいつもどおりで。

171215kyoujiro06

 ゼンマシのデフォルトはこんな感じね。これにコショーと一味を振りかけてやると、

171215kyoujiro07

 いつもの凶悪?なルックスに(^^;

171215kyoujiro08

 一般的な二郎よりわずかに細めの麺。そのせいかややヤワメに感じる。ブタはかなり厚めで大ぶりなヤツが2枚。柔らかくて旨いブタだった。

171215kyoujiro09

 スープは微乳化した醤油味の強いもの。ゼンマシにしたからなのか醤油味がかなり前面に出ていて私的にはちょっと違和感。

 そのせいか途中から飽きが来てしまって、後半戦はかなりシンドかった。それでもなんとか完食の6割汁。

 いやはや5ヶ月半ぶりの二郎。結構キツかったなぁ。それでも再び全店制覇した充実感?の方が勝っていて、満腹そして大満足の京都二郎なのでした。

171215kyoujiro10 171215kyoujiro11

 そうそう、ちゃんと開店後の店前の様子と、貼り出されていた年末年始の営業予定を載せておきますね。

◆ラーメン二郎 京都店
 京都府京都市左京区一乗寺里ノ前町4番 最寄駅:一乗寺
 11:00-14:00 17:00-22:00
 日祝休(不定休あり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で いつものヤツ

 某SNSで 二郎の画像を見てしまった。そうなるともう「二郎でなきゃダメ」症候群発症。
 というわけで一ヶ月ぶりのマイホーム「ラーメン二郎 桜台駅前店」

 雨模様の中、開店時間の30分ほど前に着いてみると、ラッキー。1stロットに入れた。
 定刻に開店。ご主人といつもの助手君の二人体制。

 ・・・同じロットにカタメ二人の少なめ一人。結果的に最後の提供となって、ちといやな予感。

170701jirous01

 「小ラーメン 700円」
 「ニンニク入れますか?」で今日のコールはいつもどおり「ヤサイニンニクアブラ」。

170701jirous02

 いつもの美乳化、いつもの旨さ、いつもの太平打ち麺。
 最近肉屋を変えたのか豚が変わった、前回も書いたけど、バラ肉ロールタイプで柔らかく神ブタのレベルへ。嬉しいことですね。

 そしていつもどおりのペースで食べ進んだのだけど、まわりが硬めと麺少なめに野菜少なめだから、ゲッ!私が同ロットで最後に・・・早食いの私としては、こんなこと滅多にないのだけどねぇ。

 というわけで、いつもよりかなりスープを残して「ご馳走様でした」

170701jirous03

 そうそう、7/3 から昼の部を開始するそうだ。木曜を除く 11:00-14:00で、メニューは「油そば」のみですって。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 月~金 17:30-23:30 土 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.03

「ラーメン二郎 桜台駅前店」で 弱気にヤサイチョイマシ

 およそ一月半ぶりのホーム「ラーメン二郎 桜台駅前店」。ちょっと出遅れたかなと思いつつ、9:30過ぎに店の前に着くと行列は折り返して10人ほど。ギリギリ 2ndロット確保できたかな。(下の画は食べ終わってから撮ったもの)

170603jirous

 それからわずか15分後には25人超の行列。そのせいか開店時間がわずかに早まってくれた。
 今日は助手君一人のオペレーションみたいだ。食券(プラカード)を買って着席。しばらく待つうちに「ニンニク入れますか?」

170603jirous02

 「小ラーメン 700円」
 今日のコールはいつもとちょっと違って「ヤサイチョイマシ、ニンニクアブラ」。なんとなく弱気なのは、最近二郎的?衰えを感じ始めているから(^^;
 でもチョイマシだと凶悪さと言うか迫力に欠けますな。

170603jirous05

 天地返しをしてスープをひとくちすすって、おおっ旨いっ! 助手君やるではないですか。絶妙に乳化したスープが素晴らしい。

170603jirous06

 極太平打ち麺の茹で加減も文句なし。この助手君、もういつ自分の「二郎」を出してもおかしくないんじゃなかろうか。

 そんんな風に思いながら完食の9割汁。かろうじてニンニクやコショー、一味などが一番濃い底の部分を残すことができた。全汁回避ね(^^ゞ

170603jirous07

 そうそう、今日のブタはバラ肉ロールで柔らかく、脂との割合も素晴らしくて神ブタだったことを書き添えておきますね。

 ご主人不在でも全く文句なしの桜台二郎なのでした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 月~金 17:30-23:30 土 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.22

初訪問「ラーメン二郎 川越店」で ゼンマシ

 3/19のオープンから1ヶ月。そろそろ落ち着いた頃だろうと踏んでの川越攻め。とは言っても、それなりには混むだろうと開店の1時間前を目指してクルマでGO!

 下道も関越も順調で10時少し前に着いて見ると、先客は一人だけ。良かった初めての店でPPだと要領が判らないで困ったりするのだ。

170422jirokwge01

 と言うわけで「ラーメン二郎 川越店」。PPの方はどうやら二郎各店でも名の知られたジロリアンさんらしく、開店までの間にいろいろなお話を聞けて楽しかった。

170422jirokwge02 170422jirokwge04

 定刻に開店。この時間での行列は30人。良かった早めに来ておいて。
 店内からはスープのニオイと共に乃木坂46の曲がずっと流れていた。さっきまで車内で聞いていたのと同じ曲たちだ(^^;

 この店はブタが良いとの評判だったので、豚入りの食券をボチッ。PPのかたに続いて席に着いて待つうちに、よく聞こえずらかったのだけど、ご主人からPPさんに麺量の問いがあったらしい。

 しばらくして見習い初日と覚しき助手君が恐る恐る「すいませんが、ニンニク入れますか?」

170422jirokwge05

 「小豚ラーメン 850円」
 今日のコールはそのお隣さんに倣って「ゼンマシデ」。この店には一味唐辛子はないみたいなのでコショーのみを振り掛けてと。一味の赤色がないと迫力に欠けるかな。

170422jirokwge06

 ヤサイマシの量は二郎標準か。例によってヤサイと麺を一緒に頬張りつつ食べ進む。時折ドンブリを持ち上げて、適度に乳化したスープを口にする。うーむ旨い。思わず唸ってしまう。

170422jirokwge07

 二郎標準に比べれば、やや細めの麺。でもこの麺がまた旨い。

170422jirokwge08

 バラ肉ロールのブタが5枚。小ぶりだけどたしかに神ブタだった。

 川越二郎、どれをとってもなんと素晴らしいのだろう、そう思いながら食べ進む。

 ところがだ、全体的なボリュームからは判らなかったのだけど、麺量がかなり多い。どうやら常連さんであるお隣さんの友達だと思われて盛られたようだ(^^; とてもありがたい勘違いなのだけど、今日の私には多すぎた。

 途中からシンドくなってブタ入りにしたのを後悔したのだけれど、メゲそうな気持ちにムチを打って、なんとか完食の5割汁(^o^)v

 いやはや、久しぶりに心折れそうな麺量だった。でも川越は旨い。なんとかまた再訪しなければ。そう思わせられる「二郎」だった。

◇ラーメン二郎 川越店
 埼玉県川越市旭町1-4-15 最寄駅:川越
 11:00-14:00 18:00-21:00
 当面 月・木休(他に臨休有)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.15

「ラーメン二郎 桜台駅前店」 で いつもどおり

 二郎欠乏症か、あるいは二郎でなきゃダメ症候群を発症。最初は先月オープンした「川越店」へとも思ったけど、まだかなり行列が長いらしいのでマイホーム二郎へ。

170415jirous01

 というわけで「ラーメン二郎 桜台駅前店」。開店の30分ほど前に着いてみると行列は5人ほど。どうやら 2ndロットは確保できるみたいだ。

 店内には久しぶりに見たご主人とメガネの助手君の二人体制。前回は助手君一人体制だったから、ちょっと心配してたのだ。

 券売機前まで進むうちに厨房内を見ていると、ご主人が切り始めたブタがロールタイプで外側に適度にアブラが載った旨そうなヤツ。これは神ブタかもしれない。そう思って物凄く久しぶりに「小ブタ入り」をボチッ!
 またこの券売機には茶色のプラ札が。そうそう「本日ネギあります」とメルマガで来てたっけ。であればと当然こいつもボチッ。

 しばしのお待ちのあと「ニンニク入れますか?」

170415jirous02 170415jirous03

 「小ブタ入りラーメン 850円+ネギ 50円」
 今日のコールはいつもどおり「ヤサイニンニクアブラ」。
 さらにコショーと一味を振り掛けた後が下の画。ややワイルド?

170415jirous04

 前回助手君一人体制だった時はヤサイマシが妙に少なかったので、いつものマシ具合に戻ってくれていてホッとした。

170415jirous05

 乳化したスープが旨い。でもいつもより若干マイルドに感じたのでテーブルの醤油を少量廻しかけてやると、私好みに。

 ネギがいい。やっぱり二郎に限らずラーメンにはキザミねぎが合いますな。50円がどうかは別として、足して正解。

170415jirous06

 麺はいつものデロ加減。クタッとしかけたヤサイとともに食べ進みますな。あ、しまった、ブタを撮るのを忘れた。せっかくの神ブタだったのに・・・。

 今日は麺もブタも素晴らしい。完食の8割汁でご馳走様でした。

◆ラーメン二郎 桜台駅前店
 練馬区桜台1-5-1 最寄駅:桜台駅
 月~金 17:30-23:30 土 10:00-16:00頃
 日祝休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧