呑みと肴

2021.12.27

ある日の「もつやき 石松@中野昭和新道」

 中野駅北口 昭和新道商店街で私がこよなく愛する店「もつやき 石松」

 この日もまたパニパニで軽く一杯やったあと、寄って見ることにした。17:30過ぎという早い時間、先客は二人だけだ。

Ishimatsu03

 例によってキンミヤを白ホッピーで。お通しはラッキーなことに煮込み(^o^)v

Ishimatsu04

 こちらは最近お気に入りの「手羽ニンニク」 。ニンニクとワサビが良く合って旨い。

 「なんでもいいよ」とマスターM氏。それではとお決まりの「シロ、レバー、ハツ、テッポウ」をお願いと私。

Ishimatsu05

 上から「シロ・ハツ・テッポウ」ね。依然と違って提供は早い。間もなくおそろい。

Ishimatsu06

 しまった「レバー」を撮り忘れた。以前の画像を上げておきましょう(^^;

 他にもナンコツやツクネなど食べたいのはいくつもあるのだけど、家で夕食が待っているので、この辺で切り上げることにいたしましょう。

 年内にまだ一度や二度は来るな。間違いなく(^^ゞ

もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5-50-8 最寄駅:中野
 最近の営業時間 16:30頃-23:00頃まで? 水木休
 日祝は休むことあり。営業時間もあまりアテにはなりません。

| |

2021.12.22

新店「やきとん やんぐセカンド NAKANO」

 先週 16日木曜日、昭和新道商店街の路地裏、以前「999」があった場所にオープンした「やきとんやんぐ セカンド NAKANO」

211222young01

 なんでも「板橋で2店舗やきとん屋! 1店舗町中華!やってる やきとん屋が中野にお邪魔します」ということだそうだ。やきとん(もつ焼き)激戦地の中野へようこそ!

211222young02

 某T氏に誘われ訪問。17時をわずかに過ぎた店内はすでに半分ほどの入り。開店間もないというのに盛況ですな。

211222young03 211222young04

 まずはメニューを紹介しておきましょう。通常のフードメニュー(左)とドリンクメニュー。

211222young05 211222young06

 そして手書きの(日替わり?)メニューと日本酒のメニュー。
 まずは生ビールで乾杯して、そのあとはホッピー瓶レモンサワーなど。

211222young13 211222young14

 八女の「大吟醸酒粕焼酎 SHIGEMASU」の炭酸割り。これが旨かった。

211222young08 211222young10

 「突き出し?(マカロニでもペンネでもないパスタ)」と「キャベツみそ 130円」

211222young07

 「レバー」 中心付近がレアでなかなか良し。もう少し大粒だったらなお良しかな。

211222young09

 続いて「シロ」と「ハラミ」 もつ系は全て@110円。

211222young11

 「もつ煮込み 420円」
 ほかに「ハツ」や「テッポウ」なども食べたのだけど撮り忘れた(^^ゞ

 どれもなかなか美味しかった。結構なレベルです。中野界隈ではかなり上位に入るお店が出来た感じ。

 「石松」が休みの日には再訪必至です。(^o^)v

やきとんやんぐ セカンド NAKANO
 https://www.instagram.com/yakitonyoung2nd_nakano/
 中野区中野5-53-10
 17:00-24:00 不定休

| |

2021.11.07

新店「角打ち割烹 三才@中野」トリパニの跡に

 今年3月末、コロナ禍により惜しまれつつ閉店したトリパニの跡地に先日11/1にオープンした店。なんでも中野駅南口レンガ坂にある青二才の姉妹店だそう。青「二才」の次だから、この店名なのかな(^^;

From_hp_3sai

 「角打ち割烹 三才」  改めて書いておくと中野駅から中野ラーメンストリート(ふれあいロード)に入り、北へ向かってすぐ左という場所。(上の画像はHPから拝借したもの)

 その名のとおり道路側手前が立ち飲みというか角打ちができるスペースで、店の最奥にあるカウンターが予約制の割烹スタイルとなっている。

 てなことはおいといて、今回その最奥のカウンターで「お任せコース」を頂く機会があったので、その料理と日本酒のいくつかをご紹介。

211107_3sai_01

 こちらが本日の「お品書き」

211107_3sai_02

 カウンターに整然と並べられたお品書きにナプキン、そして箸を見ただけで店の格調が判ろうというもの。

211107_3sai_03

 「大豆の燻製」 燻製のチカラって凄いと今更ながらに(^^ゞ

211107_3sai_04

 「清酒 伊根満開」
 それぞれの料理毎にお奨めの日本酒が出されるという具合。何でも常時40種類の日本酒が取りそろえてあるそうだ。

211107_3sai_05

 「大山鶏のシュークリーム」 どの料理もとても手間が掛かっているのがよく判る。

211107_3sai_06

 「加茂金秀 特別純米酒13」

211107_3sai_08

 「自家製キメラのクリームコロッケ」 海老と蟹がベシャメルに溺れる、と副題が付いてます。

211107_3sai_07

 「出雲杜氏 無窮天穏(むきゅうてんおん)」

211107_3sai_09 211107_3sai_10

 「ポテトチップス(きたあかり)の燻製」  ポテトチップスの燻製がこれほど旨いものかと。今度やって見よう(^^;

211107_3sai_11

 「ローストディア~鹿肉のロースト」 アウトドアスパイスとイチゴジャム添え

211107_3sai_12

 「かぼちゃどぶろく WAKAZE」

211107_3sai_13

 「本枯れカツオ節のスライス」 メニューにはないサービス。久しぶりにカツオ節削りを見た。子供の頃、よく手伝わされたよね。まさに上質なカツオ節の旨味!

211107_3sai_14

 「本日の炊き込みご飯」  ここいらへんはすでに記憶が・・・。この白身魚はなんだったろうか。とにかく美味しくてお代わりしたのは覚えて(画像が残って)ます(^^;

211107_3sai_15

 「本日のデザート」  中央のモナカのは食べた記憶があるのだけど、プリンと右の小ぶり大福みたいなのは食べた覚えがなく・・・(;_;)

 まぁとにかく出された料理にペアリングされた日本酒、どれもがとても美味しくて文句なしの店なのでした。

 中野駅北口に名店誕生か。この最奥の空間はちょっとした接待にも使えそう。
 そして再訪必至のお店なのです。

角打ち割烹 三才
 https://aonisai.jp/
 中野区中野5-60-2 最寄駅:中野
 17:00-23:00 土日祝は23:00 LO. 水曜休

| |

2021.10.01

緊急事態宣言解除の夕べ(一気に三軒ハシゴで・・・)

 待ちに待った緊急事態宣言解除。まだ事実上は蔓延防止状態ではあるけれど、ようやく外呑みができると浮かれまくって 16:00の開店時間を目がけて突撃。

211001_pani2

 最初は「パニパニ」。ご存じ中野昭和新道の商店街会長のお店ね。ずぅっと休業を余儀なくされていたので、智さんも AKMさんも張り切っていますね。店内は見知った顔ばかり。珍しく生ビールで始めて酎ハイをたぶん三杯。
 画像の小鉢は新メニュー「AKMの水キムチ 320円」

211001ishimatsu01

 続いては斜め前の店。たったの5歩で「もつ焼き 石松」。この店も宣言期間中は休業していたので満を持してのリスタート。

 例によってキンミヤとホッピーで。キンミヤのボトルに書いた "BUSH"と"ニンニク入れますか?"がかなりカスレてきてしまっている。中身だけを入れ替えているからなのですね。

211001ishimatsu02

 「ハツ(塩)」と「シロ(タレ)」

211001ishimatsu03

 「手羽先(ニンニク胡椒)」

211001ishimatsu04

 「まるいヤツ(つくね)」と「レバー(塩)」

 「春」の時代から通い始めてかれこれ18年になるけど、この店のモツ焼きは当時から変わらずどれも文句なしに旨い。

 残念なのはレバ刺しがなくなってしまったこと。仕方ないこととは言え、食の文化に行政が介入するのは止めてくれと(^^;
 どの程度飲んだのだろうホッピーでたぶん三杯程度。

 三軒目は「海賊船」 昭和新道とふれあいロードの中間。マグロマートの対面にあるお店。泡盛や黒糖焼酎の種類が豊富でお気に入りの店。この店もまたずっと休業を余儀なくされていた口だ。

211001kaizokusen01

 「奄美黒糖焼酎 紅さんご 40度」

211001kaizokusen02

 「お通しのアジフライとサラダ」 なんとこのお通しが 350円なのですよ。もう立派な一品というレベル。

 この店でどれだけ飲んだのかは全く記憶は無く以降画像も無い。でも身体には相当飲んだのであろう痕が残っている(^^ゞ
 自分が前期高齢者であることを忘れ、宣言解除の外呑みに浮かれ過ぎた結果だろう。もっと自重しなくては(^^;

| |

2021.09.03

本日の家呑みの酒と肴(その2)

 最早当たり前、そして慣れてしまった家呑み。

Yorosiku_senman

 本日の酒は八海山の八海醸造が造る「よろしく千萬あるべし 25度」。本格米焼酎黄麹三段仕込なのだそうだ。
 なんとも言えない甘みがあって、これ旨い! これはロックでしょうと言いつつ途中からハイボールへ。

Verbenas02

 そして本日の肴は「牛サーロインステーキ」以前にも書いた「ラジュール東京 "Verbena's Kitchen"」の冷凍自販機で買っておいたもの。

Verbenas04

 レンチンだけなので簡単。そして結構旨い。

 赤ワインの方が合う? いいんです。おぢさんたる私は焼酎なんです(^^;

 さて明日は何を肴に呑もうかな。

| |

2021.08.25

本日の家呑みの酒と肴

 プー太郎な私は毎日が日曜日(^^; そして悲しいかな、ずっと続いている家呑み。

Iichico_special30

 本日の酒は「いいちこスペシャル 30度」。これ旨い! 最初はロックで、続いてハイボール。

Nakamura_sui3

 そして本日の肴はブロードウエイ地下、中村水産謹製の「刺身盛り合わせ 580円」。焼酎ハイボールが進みますな。
 外呑みに比べてあまりお金を使わないのがいいところ。

 一応どんなに呑みたくても夕方4時までは始めないようにしています(^^ゞ

 なお「いいちこスペシャル」のビンは綺麗なので、家内が一輪挿しとして利用する予定になっています。

| |

2021.06.21

待ちに待った、ようやくの外呑み

 三度目の緊急事態宣言が発出されてからほぼ 2ヶ月。長かったよね。ようやく解除された月曜日は朝からそわそわ。

 16:00の開店を狙って真っ先に「パニパニ」へ。智さん AKMさん、お二人ともいつもどおりの笑顔で迎えてくれました。

210621pp04

 そして貼り紙。お国と都の要請に忠実に答えていますね。頭が下がります。

210621pp2

 まずは生ビールでしょと、プハーッ! いやー家呑みと違ってなんと旨いことか。


210621ismt

 30分ほどの滞在でお向かいの「石松へ」。久しぶりに見たキンミヤ君(^^;

210621pirate1

 さらに「海賊船」で黒糖焼酎を二酒類(^^; 上の画像、これが「お通し 350円」だって信じられます?

 わずか2時間とちょっとの間に三軒ハシゴで充分酔っ払わせて貰いました。これにて酒場不足解消ね(^o^)v

| |

2021.04.27

いつもの店が・・・。

 三度目の緊急事態宣言。

210427pani2

 愛するいつもの店たちが・・・。

210427kaizoku

 ここも。

210427ishi

 ここも・・・。

 一体どうしろと言うんぢゃ(^^;

| |

2021.04.06

新店・クラフト麦酒酒場「シトラバ 中野店」

 新店と言っても開店からほぼ1ヶ月が経過してしまっているので、ちょっとなんだけど取り敢えずご紹介。

210406citraba01

 この 3/13に中野五丁目の早稲田通り沿い、元モスバーガーがあった場所にオープンした「クラフト麦酒酒場 シトラバ 中野店」である。中野店とあるように本店は高円寺にある人気店らしい。

210406citraba10

 外から店内が丸見えなことに若干の抵抗を感じつつ入店。まず壁面にズラリと並ぶビヤサーバー(の注ぎ口)が目を惹く。16時少し過ぎという時間、先客は奥に女性の二人組だけ。

210406citraba03

 10種類のクラフトビールが自慢のようだ。どれも値段は同じらしく Half 288mlが 580円で Pint 460mlが 980円。Halfで何種類か頼むのが面白そうだ。3種飲み比べセットなるものもあり、各150mlで 1,100円となっている。

210406citraba11

 でも諸般の事情によりビールを呑めない私は一番甘くないサワーを聞いて「いつものレモンサワー 450円」を。左に写っているのは「お通し 300円」

210406citraba02 210406citraba04

 左がドリンクで右がフードメニュー。鶏がメインかと思いきや焼売に合鴨、牛、豚、魚介と何でもござれ。ザッと見て頼んだのはこちら。

210406citraba07

 「白レバーの生姜煮 480円」  なかなか旨い白レバーだ。結構なボリュームがあってコスパに優れている。これはいい。

210406citraba08

 「シトラバチキン(大山どり雛)1/4身(胸・もも肉) 680円」

210406citraba09

 これも値段の割りにボリュームがあって良し。もう少し柔らかく揚がっていたら文句無しかな。

 サワーを2杯追加して小一時間。お会計は 2,810円也。ご馳走さまでした・・・。

クラフト麦酒酒場 シトラバ 中野店
 中野区中野5-49-7 最寄駅:中野
 14:00-21:00 月曜休 2021.3.13 Open

| |

2021.03.19

「海賊船@中野」島酒と お通し

 ここのところお気に入りで、ちょくちょく通わせてもらっている店がこちら。

210210kaizokusen

 「南国酒場 海賊船」 パニパニの南の路地を西に入った場所(まぐろマートの前)にあって、その名のとおり南国系というか沖縄・奄美系の酒類や料理が多い店になっている。

 で、今日はこの店で出される琉球泡盛や奄美の黒糖焼酎などの島酒と、驚くほどしっかりボリュームのあるお通し類をご紹介。

Kaizokusen02

 まずはこちら。「春雨 カリー 30度」。那覇の宮里酒造所謹製ね。ご覧のとおり この大きめのロックグラスになみなみと注がれて、まるでモッキリ風に提供されるのがこの店流。
 そして一般酒(高級銘柄でない)は全て 550円(税込)というのがうれしい。

Kaizokusen03

 続いてこの日の「お通し」がこちら。ね、とてもお通しというボリュームではないでしょう? 小食の人ならお腹一杯になれるかも。

Kaizokusen04

 別の日のお通し。宮古島の「琉球泡盛 太郎 30度」とともに出てきたお通しがこれ。なんと「サバの塩焼き」。もうビックリですね。

Kaizokusen05

 奄美大島にしかわ酒造謹製 「奄美黒糖焼酎 ざわわ」「鶏だんごとダイコンの煮込み」。おでん風でもあり、これまた旨い。

Kaizokusen06

 喜界島酒造謹製「黒糖焼酎 三年寝太蔵 30度」。喜界島は奄美群島の北の端っこだから奄美黒糖焼酎でいいのだろう。このマイルドな飲み口は奄美黒糖焼酎に共通するものみたいだ。

Kaizokusen07

 そうしてこの日のお通しは「おでん」と言ってしまっていいのだろうか。チンゲン菜が珍しい。

 どれも美味しくてかなりのボリュームで出される「お通し」は全て 350円(税込)だというのもウソみたいだ。

Kaizokusen08

 この日は最後にお気に入りの奄美群島最南端与論島の「島有泉 20度(有村酒造謹製)」を珍しく水割りで貰って仕上げ。

 なみなみと注がれた琉球泡盛や黒糖焼酎を二杯と、ボリュームがあって旨いお通しで 1,400円程度というのが、あまりにもお得。

Kaizokusen01

 そう言えば「麻婆豆腐」のお通しもあった。これ旨かったなぁ。ご飯にかけて食べたいと思ったのを覚えている。

 ともあれ、今後も通ってしまいそうな店なのです・・・・#

南国酒場 海賊船
 中野区中野5-53-5 最寄駅:中野
 18:00-26:00 自粛期間中は16時頃~20時まで
 月曜休

| |

より以前の記事一覧