呑みと肴

2020.02.18

新店「幸縁 中野店@薬師あいロード」

 新店と言っても 2/3のオープンからすでに二週間ほどが経つ。

200218kouen01

 「幸縁 中野店」。薬師あいロードの南側入口近く、元「十七番地」の後にほぼ居抜きで入った居酒屋。中野店というくらいだから他にも店があるのかと調べてみると、新高円寺でも同名の炭火焼き鳥店を経営しているみたいだ。
  暗めの看板に「ひもの」と書いてあるから、ひものがメインなのだろう。

200218kouen03 200218kouen02

 実際店に入りメニューを見てみると「ひもの」が並んでいる。なるほど。お客さんは 7時過ぎという時間で4割ほどの入り。

200218kouen04

 まずはホッピーで一杯。パニに次いで二軒目ね。

200218kouen05

 「えぼ鯛の干物 780円」
 オーダーして間もなく出てきたのがこちら。実はえぼ鯛は私の好物なのですね。まぁまぁの大きさ。喜々として食べ始めると、残念ながら、やや火が入り過ぎ。えぼ鯛は強めに炙る程度でいいのに。せっかくの旨味が飛んでしまう・・・。

 他に「とりの唐揚げ 480円」も頼んだのだけど撮るのを忘れた。こちらは普通に旨かった。

 好物のひものメインの店が帰り道に出来たのだから、今日の火の入り過ぎは無かったことにして、また寄ってみることにしよう。

幸縁 中野店
 https://ameblo.jp/kouennakano/
 中野区新井1-14-1 最寄駅:中野
 17:00-25:00(LO.24:00)
 水曜休 2020.2.3オープン

|

2020.02.10

「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)」で利き酒と手打蕎麦

 先日、日本橋から神田方面に中央通りを歩いていると、左側に「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」があった。その名のとおり福島県のアンテナショップだ。

Midette

 三年前には会津・喜多方、先日は南会津・白河に遠征した縁から何気なく立ち寄ってみると、地元の名産品コーナーの奥にイートイン風のスペースがあって、見てみると日本酒の試飲もできるようになっている。
 そ、それは試してみなければならぬと、ツマミとともに早速オーダー。

200131fukushima

 「福島の酒 三種飲み比べ 500円」「お新香 200円」
 飲み比べだがらほんの少量かなと思ったら、ぐい呑みサイズのグラスにそこそこの量が注がれている。お新香だって 200円でこれなら文句ない。

 この日の酒は左から「辰泉(しぼりたて純米)」「夢心(無濾過生原酒)」「開当男山(純米)」。どれも旨かったけど「夢心」のすっきりした喉越しが一番私好み。

 そして今日。前を通ったついでに覗いて見ると、入り口脇に見慣れぬ「蕎麦打ち」のスペースが出来ていて、若者が蕎麦を打っている。
 聞いてみると、会津喜多方の西方「福島県立耶麻農業高校」の生徒達による手打ちの十割蕎麦だそうだ。実際生徒達が一生懸命呼び込みをしている。

 そ、それは食べてみなければならぬと、またまた奥のイートインコーナーへ。もちろん日本酒の試飲もね(^^ゞ

200210fukushima01
 「福島の酒 三種飲み比べ 500円」
 今日の三種類は左から「百十五(純米)」「生粋左馬(純米吟醸)」「花春(純米大吟醸)」。好みは「百十五」かな。
200210yamanou02

 「手打ち十割そば 600円」
 そうして真打ならぬ手打蕎麦登場。耶麻農高の生徒たちによる純手打ちね。当然蕎麦粉も地元のものなのだろう。プラスチックの容器は、まぁ仕方ない。

200210yamanou03

 新蕎麦のような香りは既にないものの。十割蕎麦らしくやや硬く短めの蕎麦が好ましい。下地もお手製?甘過ぎずすっきりした味わいで、これも良し。

 食べ終わり、生徒さん達に「美味しかった、ご馳走様でした」と言い残して店を出た。なんだか得をした気になれた夕方なのでした。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-2::00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2019.12.25

焼鳥 虎忠(とらただ)@中野昭和新道

 パニパニの隣にありながら、これまで未食だった焼きとり屋さん。12月に入って2度ほど訪問したので載せておきますね。

201912toratada01

 「焼鳥 虎忠 (とらただ)」
 実際パニパニのマスターに勧めて貰った店だ。17時過ぎと早い時間の店内に先客は無し。しばらくして後客。カウンターの向こう側はご主人一人だけ。

201912toratada03 201912toratada02

 メニューを眺めつつ、まずはハイボール。その左はお通し。

 「焼き鳥おまかせ七本セット(鳥スープ付) 1,850円」を頼んだので、それぞれ載せておきましょう。

201912toratada06 201912toratada07

 最初に出てきたのが「ささみ」「レバー」

201912toratada09

 大好物の「ハツ」。この食感が堪りませんね。

 焼き台から眼を離さず、飲み物のオーダーが入ると焼いていた串を脇によけて飲み物を作り、焦げ目を細かくハサミで切り落として提供という、ご主人の非常に丁寧な仕事ぶりが印象的。

201912toratada08 201912toratada10

 「おび(ももの内側)」 と「砂肝」

201912toratada11 201912toratada12

 「正肉」「せせり(首肉)」  ここまでがコースの焼き鳥。日によって人によって違うようだ。あと多少部位名が間違っていてもご容赦願いたい(^^ゞ

201912toratada13

 コース最後の「鳥スープ」。たしかに鶏出汁のスープだけどかなり薄味だったな。

201912toratada15 201912toratada16

 追加で頼んだ「つくね 230円」「皮 230円」

 どれも美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・#

 お値段はハイボール三杯を入れて、たしか 3,400円ほど。リーズナブルですな。また店内には越後の銘酒のワンカップがズラリと並ぶ。日本酒好きには堪らない店だろう。訳あって私は呑まないが(^^;

 また中野で気分が焼き鳥になったときには、この店に立ち寄ることにしよう。

焼鳥 虎忠 (とらただ) http://toratada.com/
 中野区中野5-49-2 最寄駅:中野
 17:00-24:00(LO 23:00,ドリンク 23:30)
 月曜・第三火曜休 2011/11オープン

|

2019.10.28

tokinon(ときのん) 50/1,4@中野昭和新道

 もの凄く久しぶりの「中野写真機居酒屋 tokinon(ときのん) 50/1,4」。変わった店名でしょう。ご主人の名前とレンズのブランド名・スペックを合せたものなのですね。

191028tokinon01

 中野昭和新道商店街の中ほどにあって、夜ごとカメラ好き写真好きが集まってくるお店。パニパニで一杯やった後、ふらりと寄ってみることにした。
 10人も入ればもう一杯という小さな店。先客は4人ほど。かつては知った顔が必ず一人二人はいたはずだけど、長い間ご無沙汰していたせいで判るのはご主人だけ(^^;

191028tokinon02 191028tokinon03

 カウンターの天板に並ぶ酒類。大好きな与論の黒糖焼酎「(島)有泉」に、なんと"BLACK BUSH"も。嬉しいね。

191028tokinon04

 「カンパチ?の刺身」
 かつてと変わらず「有泉」の水割りで一杯始めると、お通しに続いてポンと出てきたのがこれ。値段は不明、てか頼んでないし(^^ゞ あまり脂が強くなく身が締まっていて旨い。だから文句は無い。

 「有泉」をもう一杯。だいぶ気持ちよくなってきたところで頼んだのはスパゲッティ。

191028tokinon05

 「スパゲッティ・ナポリタン」
 値段忘れた。トッピングはその日によって変わることもあるけれど、ケチャップベースの昭和の薫り高いナポリタンなのです。

191028tokinon06

 これはこれで大好きなんですね。大びんのタバスコを多めに振りかけて頂きます。

 元々はトンカツがメインのお店なんだけど、スパゲッティのほかチャーハン、サンドイッチ、焼きうどん、シチュー系 etc. なんでもあるんです。

 写真やカメラに興味があって、何より飲んで食べたい方には、是非一度どうぞとお奨めしておきます。

中野写真機居酒屋 tokinon(ときのん) 50/1,4
 http://tokinon5014.main.jp/
 ブログ http://tokinon50-14.way-nifty.com/
 中野区中野5-47-6 最寄駅:中野駅
 18:00-24:00 日祝休

|

2019.10.03

今年初めての秋刀魚(さんま)

 今年2月、中野昭和新道商店街にオープンした「大衆酒場 NONDAKURE ジョージ」。16時から開いていることもあって、その後もちょくちょく寄らせて貰っている。

 店に入ると大将が「今日は秋刀魚がありますよ」と。「じゃ、それ」と私。今年はまだ秋刀魚を食べていないから食いつきも早い(^^;

191003george01

 「新秋刀魚(さんま)刺身 480円」

191003george02

 新秋刀魚が食べられたというだけで、なんだかやたらと嬉しい。

 我が家では高いし痩せてるし見るからに美味しそうじゃない。とかで買ってもらえないので、まだお預け。できれば炭火の塩焼きも食べたいなぁ。

191003george03

 おまけ。「くじらの刺身 480円」。これもまた旨かった。思ったよりずっと柔らかいのです。

◆大衆酒場 NONDAKURE ジョージ
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 16:00-翌朝 04:00 無休?

|

2019.08.18

「拉麺酒場 六や@新井薬師前」浅利らーめん

 夜は拉麺居酒屋、昼間は「煮干しらーめん専門店」としての二毛作営業をしている「拉麺酒場 六や」

Rokuya_asari01

 新井薬師への表参道である薬師柳通りの中ほどにあって、我が家から一番近いラーメン屋さんになる。

 先日食べた浅利ラーメンがやたら旨かったので、その後も再訪して食べてみたのだけど、その時は酔っていたせいか、単に私の感じ方のせいか、はたまたブレなのか、今一つピンと来なかった。

Rokuya_asari02 Rokuya_asari03

 で今回、またもや酔った勢いで訪問。やめておけばいいのに、ここでも「塩辛」と「イリコの天ぷら」を肴にホッピーで一杯やって、三度目となる浅利ラーメンをオーダー

Rokuya_asari04

 「浅利らーめん(煮干し出汁) 750円」
 濃い煮干しダシに支えられたスープにアサリの旨みがきっちり効いて、これはまた旨いわぁ。やはり前回の印象は私の感じ方だったのだろう。

Rokuya_asari06 Rokuya_asari07

 どこの麺を使っているのだろう、この店の細ストレート麺は硬めに茹でられて、この旨いスープを良く持ち上げる。

 アサリを食べると口の中は、アサリ味で満たされる。やはりこの浅利ラーメンはいい。

 酔った後、帰り道にこういう店があるとヤバイ。長浜食堂の代替になってしまいそうだ。

拉麺酒場 六や (煮干しらーめん専門店 ニボロク)
 https://yakitori-rokuya-nakano.owst.jp/
 中野区新井1-18-4 最寄駅:新井薬師前
 11:30-14:30 17:30-23:00(LO) 水 17:30-23:00(LO)
 火曜休・祝日の月曜は昼のみ

|

2019.03.26

えっ!どうしたの、石松?

190326_ishimatsu

  今日が初お目見えの看板。ちょっとビックリ。メニューが貼ってあります。

◆もつやき 石松(いしまつ) 旧「もつ焼き春」
 中野区中野5-50-8  最寄駅:中野
 本来の営業時間 19:00-24:00頃まで 木曜休
 日祝は休むことあり。営業時間もあまりアテにはなりません。

| | コメント (0)

2019.03.20

新店「4.10.9(よってく?)@中野昭和新道商店街」

 中野北口昭和新道商店街に立ち吞みの新店が本日オープン。「パニパニ」の真っ正面、元「Cry Baby」の場所ね。

190319_4109_01_1

 その名も「4.10.9 (よってく?)」。「十七番地系」の新店で、オーナー自ら店に立ちます。

190319_4109_02

 昨日のプレオープンに少しだけお邪魔しました。内装外装ともにオーナーの手作り。

190319_4109_03

 

狭い店内ですが、雰囲気と肴、マスターはグッドです。よかったら、どうぞ。

◆ 4.10.9 (よってく?)
 中野区中野5-50-8 最寄駅:中野
 16:00?- ??? 休業日:不明

| | コメント (0)

2019.03.08

「NONDAKURE ジョージ@中野」で 一杯

 先日、中野昭和新道商店街にオープンした「大衆酒場 NONDAKURE ジョージ」

190308george01

 先日と書いたが 2/13のオープンだから、すでに1ヶ月ほどになる。そしてこの店の良いところの一つは午後4時から開いていること。

 いつもより早い退社時間の金曜日。まだ「パニパニ」が開くまでには間があるからと寄ってみることにした。今回で三度目の訪問。
 店内には先客一人。誰かと思ったら Sn君だった。しばらくして Mn君のカップルが登場。どうやら皆パニ待ちらしい(^^;

190308george02 190308george03

 飲み物とツマミ系のレギュラーメニュー。

190308george04

 こちらは ほぼ日替わりのメニュー。なんだか近くの居酒屋のメニューによく似てる。関係があるのかと思って、その居酒屋に聞いてみると、全くないとのこと。

 飲み物は「ホッピーセット 480円」をオーダー。続いて頼んだのはこちら。

190308george05

 「ささみ焼き @250円」 左から 梅しそ、柚子こしょう、わさび。
 火の通り加減がとても良かった。レア過ぎず硬過ぎず。どれも文句なしに旨い。

190308george06

 「究極の」と枕詞がついた「厚揚げ 380円」
 究極かどうかは別にして、たしかに中がフワッとして外がカリカリの旨い厚揚げだった。添えられたおろし生姜が良く合っていた。

190308george07

 こちらは先日寄った時に、今仕込んだばかりだと言ってサービスで出してくれた「自家製の塩カラ」。充分旨い。

190308george08

 どうやら顔を覚えられたらしい。今日もまたサービスで出してくれた「寒ブリ白子の照り焼き」。これまた旨かった。フグの白子ほど濃厚ではなく、タラのものほどミルキーでもなく。
 後でまたカカトかツマ先にピリピリ来るかもと思いながらも、美味しく頂いてしまった。

 わずかの時間で、ホッピーの中身(@280円)を二杯追加。この店の良いところのもう一つ。どうやら「ナカ」をお代わりするたびに、その量が増えて(濃く)なっていくようだ。いつもならナカ三杯で「外」が終わるところが、4杯は楽に行けてしまう。呑兵衛には嬉しくも酔い(良い)店だ。

 さて「パニパニ」が開く時間となった。お勘定をして移動することにしよう。

◆大衆酒場 NONDAKURE ジョージ
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 16:00-翌朝 04:00 休業日不明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.14

新店「NONDAKURE ジョージ」中野昭和新道にオープン

 先日、中野昭和新道商店街に近日オープン予定と伝えた「大衆酒場 NONDAKURE ジョージ」が 2/13にオープンした。

190214george01

 その翌日木曜日。本当は寄るつもりはなかったのだけど、呼び込みのお兄さんにキャッチされて、んじゃチョットだけと入店。

190214george02 190214george04

 飲み物は「ホッピーセット」。メニューを眺めてまずは「もつ煮」をオーダー。

190214george05

 「もつ煮」のもつ類がまだ硬かった。火が通っていないわけではないのだろうけど、あまり嬉しくない。(食べかけの画像でごめんなさい)

 メニューが「十七番地」にやたらよく似てるなぁ。なんか関係あるんだろうか。なんて思いながら中身を二杯呑んだところでお勘定。

 連日の酔っ払い状態。今日はあまり呑む訳には行かないので、本当にチョットだけで「移動」することにした(^^;

◆大衆酒場 NONDAKURE ジョージ
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 16:00-翌朝 04:00 休業日不明

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧