美味しい店:とんかつ

2020.03.26

「豚珍館@新宿西口」で とんかつ定食

 新宿で人間ドックを終えるとちょうどお昼時。いつもならドック後恒例の「旧若月(現次作)」で、焼きそばとビールをと思っていたのだけど、もうじき12時だというのに何故かやってない。

180901tonchin01

 諦めて向かったのは新宿における庶民派トンカツの雄「豚珍館」
 木曜日の12時半過ぎという時間に着いてみると、行列は階段の下まではみ出しており、ざっと10人ほど。以前は目に付いた大陸系外国人はおらず、殆どが仕事中の皆さん。
 日本人は危機感がなさ過ぎるとブラジル辺りから揶揄されたそうだけど、外出せざるを得ない人たちに食事は必要なの(^^;

 回転は速い。例によってテーブル席で相席。行列の間に注文を聞かれていたので、席に着くと間もなくご提供。

200326tonchinkan01

 「とんかつ定食 980円」
 ここ何年も 950円でいてくれたのだけど、消費税UPでわずかに(30円)値上げ。それでも 1,000円未満で食べられる「とんかつ定食」にはとても見えない。

200326tonchinkan02

 濃いキツネ色で厚く大きいトンカツ(衣も厚い)と山盛りのキャベツ。ほかに写ってないけど少量の柴漬け。さらに豚汁という変わらぬ構成。ご飯も豚汁もお代わり無料ね。

200326tonchinkan04

 久しぶりに食べた豚珍館の The 昭和なとんかつ。テーブルには2種のソースと醤油のほか味塩しか置いてない。こんなとんかつには絶対これでしょうと、久しぶりにソースをドバッ。
 今日の豚汁は旨かったなぁ。ちゃんと豚も入ってたし(^^;

 ソースと大量のカラシで美味しく頂いて、ご馳走様でした。この店のコストパフォーマンスの高さはやはり有り難い・・・。

豚珍館 (とんちんかん)
 新宿区西新宿1-13-8 高橋ビル 2F
 11:00-15:00 17:00-23:00(土は 22:00)
 日祝休

|

2020.02.28

「あげづき コレド室町テラス店」で 南の島豚のロースかつ

 さて今日のランチはしばらくご無沙汰?のとんかつ。1ヶ月ほど前に行った「あげづき COREDO室町テラス店」を再訪。
 前にも書いたように神楽坂の行列店「あげづき」の日本橋店という位置づけだ。

 11:30過ぎに着いてみると七割りほどの入り。カウンターに座って「南の島豚(宮崎県)」をオーダー。

200228agezuki11

 「南の島豚 ロースかつ定食 1,628円(税込)」
 提供までに時間がかかると書かれていたとおり、オーダーから約20分後にご提供。

200228agezuki12

 粗目のパン粉の衣は薄いキツネ色。その衣をまとってボリューム感のあるロースかつと山盛りのキャベツ。赤だしの味噌汁にご飯。見事なルックスですな。
 ご飯とキャベツのお代わりは無料だそうだ。

200228agezuki14

 さて一番厚そうな部分を返してみると、前回もそうだったけど、全体にきれいにロゼが入って見るからに旨そう。

 いつもどおり何もつけずにまずはひと口。うん、旨い。柔らかくあふれ出す肉汁と脂身の甘味。
 さすが「あげづき」。神楽坂の本店を凌ぐのではないかというくらいのクオリテイだ。

 いつもどおり殆どをピンク岩塩とカラシで食べた。ハジッコの一切れだけをソースで食べてみたら、これもまた旨いではありませんか。

 ご飯をお代わりしたいところをグッとこらえて、ご馳走様でした・・・・。
 ランチタイムでも神楽坂の本店みたいな大行列はないだけ、こちらの方がいい。また来よう。

◆あげづき COREDO室町テラス店
 中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラス 1F
 最寄駅:新日本橋<三越前
 11:00-14:00 17:00-23:00 不定休

|

2020.02.17

「かつ平(かつへい)@日本橋」で ロースかつ定食

 さてさて本日のランチは再び日本橋。すっかりビジネス街となり、さらにオシャレなグルメの街へと変貌を遂げたこの街。ここいらへんでランチとなるとお金がかかります。
 でも、裏通りを昭和通り方向に進み路地を入ると、ビル街の中にこんな店も。

Katsu_hey01

 「日本橋 かつ平(かつへい)」  11時半過ぎの店内はほぼ満席。幸いカウンター席が空いていたのですぐに着席。年の頃は60過ぎのご主人一人とフロア担当のおば様二人。

Katsu_hey02 Katsu_hey03

 メニューを眺めオーダーを通してお待ち。混んでいるから結構待つかなと思っていたのだけど、わずか8分ほどでご提供。

Katsu_hey04

 「ロースかつ定食 1,200円」

Katsu_hey05

 やや濃いめのキツネ色をしたとんかつ。その上にレモン、右上には付け合わせのスパゲッティとデザート?のオレンジ。手前にはカラシと、見た目は「ザ昭和」。

Katsu_hey06

 でもね。右から二番目を返してみると、肉は良い加減にピンク色だし、厚めの衣にはどこにも破綻がない。ロース肉が薄いのが珠に瑕。でも場所的値段的には充分マル。

 早速何もつけずに食べてみると、おおっ柔らかく美味しいではありませんか。調味料に岩塩系がなく甘口辛口のソースとアジシオしかないのが惜しい。
 仕方なく、それぞれソースとカラシで食べたけど、なかなかどうして。あまり聞かない店だからと油断していたけど、60過ぎと思われるご主人の接客を含め、この店はいい。

 キャベツがやや硬め、赤だしの味噌汁は具がないのがちと残念。でも想定外に美味しかったので文句なし。さすが日本橋、昔ながらの良いお店がありますな。

 再訪必至。機会があったら夜の部も来てみようと思った・・・・♭

かつ平 (かつへい)
 中央区日本橋本町1-2-3 最寄駅:三越前駅
 11:00-14:00 17:30-20:00 土日祝休

|

2020.02.12

「成蔵@南阿佐ヶ谷」で 岩中豚の特ロースとヒレ

 高田馬場から南阿佐ヶ谷に移転しても、変わらず「ミシュランのビブグルマン2020」に継続して選出されている超有名店。もちろん「東京とんかつ会議」の殿堂入りでもある。ネットでの完全予約制になったおかげで、整理券やそのための大行列がなくなり行きやすくなった。

00narikura_ent

 とんかつの「成蔵」。今年二度目、移転後通算12回目の訪問になる。予約時間の15分ほども前に着くと、先客は無し。またも夜の部PPゲット(^^;

00narikura_menu200212narikura01

 間もなく壁に掛けられた本日のスペシャルメニュー(右)を見ると、残念ながら「愛農ナチュラル(のヒレ)」はないようだ(左は通常のメニュー)。でも今日はしばらく入荷がなかった「岩中(SPF)豚」がある。であればそれでしょうと、特ロースとヒレのセットに決めた。

00narikura_beer00narikura_table

 予約(来店)時間を 7分ほど過ぎて入店(いつもより早い)。カウンターに座ってまずはビールをオーダー。「エビスビール 650円」でプハーっ。至福の時ですな。
 右は変わらぬ調味料。左奥から練りカラシ、ごま油、ピンク岩塩、ドレッシングにソースときれいに並んでいる。

200212narikura04

 「岩中豚(SPF)の特ロースかつとヒレかつ定食 4,680円」
 特ロースかつは 180gで、ヒレかつは 35gかな?

200212narikura05

 右上にチョコンと載っているのが、その「ヒレかつ」ね。いつもと変わらぬ白い衣が美しい。もちろん衣のどこにも破綻などない。

200212narikura06

 一番厚い部分を返してみると、こんな感じ。薄っすらと全体にロゼ。絶妙とも思える火の入り加減であるのが判る

 実際食べてみると、柔らかく適度な歯応え。そしてあふれ出る肉汁とその旨み。さらに脂身部分の甘味が加わって、もう文句ない文句ない。

 今まで何ヶ店かで食べてきた「岩中ポーク」は一体何だったんだろうと思わせられるくらいの出来。もちろん殆どをピンク岩塩とねりカラシの組み合わせで頂いた。

200212narikura07

 そうして「ヒレかつ」の方を食べてみると、これまた豚肉の旨味とはこういうことを言うのだと。ちと大袈裟か(^^;

 今日のはとんかつばかりか「味噌汁(豚汁)」も旨かった。いつもより味噌が強めで私好み。

 フレーク状に皿に残った衣のカケラたちを、少しだけ残しておいたキャベツできれいにすくい取って食べるのも私流。これ結構旨いのです。
 美味しく頂いてご馳走様でした・・・・m7

とんかつ 成蔵(なりくら)
 https://twitter.com/narikura_1010/
 杉並区成田東4-33-9 最寄駅:南阿佐ヶ谷
 11:00-14:00 17:30-20:00 [完全予約制]
 水・日休 2010/8 高田馬場で創業 2019/7/8移転
 予約サイト https://www.omakase-japan

|

2020.02.09

「とんかつ 太志@池ノ上」ランチとんかつ定食

 日曜日の昼食はクルマで20分ほどの「とんかつ 太志」

190616taishi01

 東京とんかつ会議の殿堂入りであるほか、「ミシュラン2020のビブグルマン」にも選出された店だ。
 定刻にわずかに遅れて着いてみると先客は4組6人。カウンター席に座って目の前のメニューを見ると、珍しく「鹿児島黒豚」がある。でも今日はパス。ランチのとんかつ定食で行くことにした。。

 いつもどおりご主人とフロア担当のおば様の二人体制。でもなんだか今日のオペレーションは、衣付けにしてもフライヤーへの投入にしても妙に慌ただしく急いでいるように見える。うーん、どうしたんだろう。小さな店、開店とほぼ同時に一気に7人も入ったせい?

200209taishi02

 「ランチとんかつ定食 1,100円(税込)」
 15分強のお待ちでご提供。パッと見はいつもと変わらぬ薄いキツネ色。

200209taishi04

 例によって一番厚い部分を返そうとしてみると、あっさり衣が剥がれてしまった。(上の画は食べやすいように衣を押さえ直したもの)。あれ?こんなこと今までなかった。
 そして肉の方はいつものロゼは殆ど見られず。これもまた珍しいことだ。・・・そう言えば、揚げてから油切り(余熱入れ)の時間もいつもより長かったような。何か手違いとか段取りの乱れとかがあったのか。

 実際の食感の方も見た目どおりで、肉は硬め、衣は剥がれてしまうので食べにくい。
 例によって殆どをミルタイプの塩とカラシで食べたけど、肉の旨味はあまり感じられず、今日のはソースで良かった気がする。

 名店であっても名手であっても、ブレがあるのは仕方のないことだろう。ご飯と味噌汁は変わらず旨い。
 でも考えて見れば、これは税抜き 1,000円のランチだ。そう考えると文句は言えまい。勝手にこちらでハードルを上げてしまっているのかもしれないのだから。ともかく次回に期待しよう・・・。

とんかつ 太志
 http://www001.upp.so-net.ne.jp/aqua/
 世田谷区代沢4-34-12 最寄駅:井の頭線池ノ上
 11:00-14:00 17:30-22:00(売切終了)
 火曜・第3水曜休

|

2020.02.01

「とんかつ のり@中野」で 上ロースかつ

 土曜日の昼食。少し出遅れて最初に目指した2店は既に一杯だった。それならばと行って見たが地元で唯一のとんかつ専門店であるここ。

200111nori01r

 「とんかつ のり」。幸いまだ空いていて即入店。カウンターに着席。

200201ton_nori01

 「上ロースカツ(定食) 1,500円」
 迷うことなくオーダーしたのがこちら。遅れて入ったわりには大して待つこともなくご提供。

200201ton_nori02

 やや濃い目のキツネ色に揚がったとんかつ。肉は林SPFね。

200201ton_nori03

 一番厚そうな部分を返してみると、わずかにロゼ。衣は残念ながらこのとおり肉から浮いてしまっていて箸で持つと剥がれてしまった。

 何も付けずにひと口食べてみると、あれ? いつもの衣のサクサク感に欠ける。肉も硬めで旨みに欠けるような。それでも林SPFらしい脂身の甘みは良かったか。

 何故かこの店はよくブレる。すごく良い時と、あれっ?という時が半々くらいの印象。

 ともあれ今日もヒマラヤ黒塩とレモンの組合せできれいに頂いてご馳走様でした・・・♭

豚肉料理専門店 とんかつ のり
 https://tonkatsunori.owst.jp/
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-14:00 17:00-23:30
 月曜休 2018.12.3オープン

|

2020.01.29

「あげづき COREDO室町テラス店」で 南の島豚の特上ロースかつ

 さて今日の昼飯は一週間前に続いて「あげづき COREDO室町テラス店」

200122agezuki01

 先日も書いたように「東京とんかつ会議」の殿堂入りであるほかミシュランのビブグルマンにも 5年連続で掲載されていたという神楽坂の超有名店「あげづき」の日本橋店。

 11時半過ぎに着いてみるとイートインのような造りの店内は6割ほどの入り。カウンター席に案内されて着席。

200122agezuki02 200122agezuki04

 そして今日のオーダーは先日食べてみて神楽坂の本店にも劣らぬと感心した「南の島豚」、それも奮発して特上でいってみようと。

200129agezuki02

 最初に出てきたのはこれらの漬物。「特上は(厚切りなので)揚げるのに時間が掛かるから先にこちらをどうぞ」だそうだ。ビールが欲しいよね。

200129agezuki03

 「南の島豚 特上ロースかつ定食 3,036円(税込)」
 提供までに30分ほどかかると書いてあったとおり、オーダーから計ったように30分後、ご提供。

200129agezuki05

 衣は前回同様 白に近いキツネ色。かなり粗目のパン粉の衣がぴったりとロース肉に貼りついている。パッと見の大きさは「並」のものと変わらないけど確かに厚さが違う。このボリューム感も嬉しい。

200129agezuki04

 例によって一番厚そうな部分を返してみると、これまた見事にロゼが全体に入っている。

 いつもどおり、まずは何もつけずに頬張ってみる。低温からジックリ揚げているからこその柔らかさ。そして噛むほどに肉汁があふれ出し、豚肉の旨味がしっかりと伝わって来る。さらに脂身の甘味が追いかける。

 やっぱりこの肉にはピンク岩塩とカラシがよく合う。レモンと塩の組み合わせもいい。

 若干お高いのが珠に傷だけど、これはこれで、もう文句ない文句ない。きれいに頂いてご馳走様でした・・・・。

◆あげづき COREDO室町テラス店
 中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラス 1F
 最寄駅:新日本橋<三越前
 11:00-14:00 17:00-23:00 不定休

|

2020.01.22

「あげづき COREDO室町テラス店」で 南の島豚のロースかつ

 しばらく日本橋界隈のランチが続きます。さて今日の昼飯は「あげづき COREDO室町テラス店」

200122agezuki01

 神楽坂の行列店「あげづき」の日本橋店。本家神楽坂は「東京とんかつ会議」の殿堂入りであり、ミシュランのビブグルマンにも 5年連続で掲載されていたという超有名店なのですね。

 路面店のようなイートインのような造りの店内はカウンター 5席にテーブル席が 11席とかなり狭い。11:40頃に着いてみると6割りほどの入り。カウンターに案内されて着席。

200122agezuki02 200122agezuki04

 メニューを眺め、オーダーはこれまた希少種の「南の島豚(宮崎県)」。カウンター上の調味料は正面にナスの柴漬けと高菜漬け。右手にはピンク岩塩にドレッシング、ソースと並んでいる。

200122agezuki09

 「南の島豚 ロースかつ定食 1,628円(税込)」
 提供までに時間がかかると書いてあったとおり、オーダーから22分後にようやくご提供。まだ空いていたせいか、これでも早い方かもしれない(神楽坂よりズゥっと早い)。

200122agezuki08

 衣は神楽坂と同じく薄いキツネ色というか白に近い黄色。かなり粗目のパン粉をまとっている。もちろんどこにも破綻がない。160g強はありそうなボリュームもいい。味噌汁も神楽坂と同じシジミの赤ダシ。まずはお見事というルックスだ。

200122agezuki10

 そうして一番厚そうな部分を返してみると、全体に入ったロゼ。これは見るからに旨そうだ。低温からジックリ上げているのがよく判りますな。

 例によってまずは何もつけずに頬張ってみる。なんと柔らかく旨いのだろう。あふれ出す肉汁。脂身の甘味。この値段でこのクオリテイ。昨日の某店の銘柄豚なんて一体何だったんだというくらい。

 文句ない文句ない。そう思いつつ殆どをピンク岩塩とカラシだけで食べた。ハジッコの一切れだけをソースで食べたけど明らかに塩の方がいい。

 支店 且つ コレドなんていうお洒落なビルに入っているので、あまり期待していなかったのだけど、さすがは「あげづき」、ハズレがないどころか本店の「揚げ」をきっちり守った大当たりの旨さだったのでした・・・・#
 今度は特上ロースかつをいってみたい。

◆あげづき COREDO室町テラス店
 中央区日本橋室町3-2-1 コレド室町テラス 1F
 最寄駅:新日本橋<三越前
 11:00-14:00 17:00-23:00 不定休

|

2020.01.21

「平田牧場 COREDO日本橋店」で金華豚の厚切りロースかつ御膳

 さて今日の日本橋ランチ攻めは「コレド日本橋」。ここに「平田牧場」の直営店がある。あの平牧三元豚で有名な「平田牧場」ね。

200121hiraboku00

 「とんかつと豚肉料理 平田牧場 COREDO日本橋店」
 11:40頃の店内は6割ほどの入り。コレドだけあって、なんか高級そうな店内。

200121hiraboku01 200121hiraboku03

 カウンター席を案内されて着席。メニューを眺め、ちと高いなと思いながらも、せっかくだからと希少種「金華豚」のロースかつをオーダーすることにした。

 テーブル上の調味料は左から甘口ソース、サラサラな塩、奥にカラシ、辛口ソース。右はドレッシングが二種類。

200121hiraboku05

 最初に出てきたのは大盛のキャベツとゴマ。キャベツにドレッシングをかけ、ゴマをスリスリし終わった頃に、とんかつ本体のご提供。

200121hiraboku08

 「金華豚の厚切りロースかつ膳(150g) 2,530円(税込)」
 ひと通り揃ったのがこちらの画。味噌汁は赤だし、漬け物はキューちゃん風キュウリ。キャベツとご飯はお代わり無料だそうだ。

200121hiraboku09

 思ったより立派な見た目だ。やや粗めのパン粉の衣はキツネ色。ぴったりロース肉に貼りついていて、箸で持ち上げても破綻がない。

200121hiraboku10

 一番厚い部分を返してみると、わすかにピンク色。まずは何もつけずに頬張ると、あれ? ピンと来ない。肉はやや硬め。豚肉の旨味、脂身の甘味、ともに弱い。これ金華豚?みたいな。
 塩を多めにつけてみても印象は変わらない。結局ソースとゴマで食べるのが、このとんかつには一番合いそうだ。

 決して不味いわけではない。でも少なくともお値段的満足感には達していない感じ。
 ブレ? お初だから判断するのは早すぎるだろうか。次回は有名な三元豚の方を食べてみよう。

 そうそう、ご飯と赤だしは旨かったな。ご馳走様でした・・・♭

◆平田牧場 COREDO日本橋店
 http://www.hiraboku.info/ 最寄駅:日本橋
 中央区日本橋1-4-1 コレド日本橋 4F
 11:00-15:00 17:00-23:00
 不定休(コレド日本橋に準ずる)

|

2020.01.11

「とんかつ のり@中野」で スープかつカレー

 成人の日三連休の初日。出かけるついでの昼食はどこにしよう。と思いついたのがここ。

200111nori01r

 「とんかつ のり」。そう言えば食べていないメニューがあったことに気がついた。

Tonnori_soup 200111nori03

 左がそれ。右は土日用のランチメニュー。平日の「ロースかつランチ 1,100円」がなくなっているのが違うところ。オーダーをフロア担当のスタッフに通して待つことしばし。

200111nori04

 「スープかつカレー 1,500円」
 とんかつは 150gほどだろうか。結構なボリューム感がある。トッピングされているのは揚げ野菜。パプリカ、茄子、カボチャにニンジン。色とりどりでなかなか美しい。
 左上にチラッと見えているのはカイエンペッパー。「これで辛さを調節してください」とのことだった。

200111nori06

 キャベツが別皿であるほか、スープカレーも別皿で提供される。実はこれが嬉しい。とんかつ定食としても食べられるからだ。

200111nori07

 薄めの衣がいつもより濃いキツネ色に揚がったロースかつ。厚い部分を返して見るとこんな感じ。うっすらとピンク色が残っている。
 そうしてこのとんかつが旨かった。火の入り加減が見事なのだろう。林SPF豚のロースは柔らかく肉汁があふれ出る感じ。脂身部分の甘みもグッドだ。

 結局ほとんどをとんかつ定食として食べ、両端のとんかつだけをカツカレーとして食べた。スープカレーに浸してしまうのがもったいない。そう感じたからだ。

 そうそう、エスニック風スープカレーの方は、さほど辛くもなく私にはカイエンペッパーを使わなくても丁度良い辛さ。・・・でもホントはもっと日本的な粘度のあるカレーの方が好き(^^;

 この店は食べに来る度に私的評価がクルクル変わる。今日のは大当たりだけど、入荷した時々の肉質によるものだろうか、それとも揚げ加減なのだろうか。どうも安定しない印象が強い。
 最後に残したご飯にスープカレーをドッとかけて完食の全汁? ご馳走さまでした・・・・♭

豚肉料理専門店 とんかつ のり
 https://tonkatsunori.owst.jp/
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-14:00 17:00-23:30
 月曜休 2018.12.3オープン

|

より以前の記事一覧