美味しい店:和食・海鮮

2020.11.24

2020秋の熱海「魚ごころ 季魚喜人」で 海鮮丼

 お世話になった「うたゆの宿 熱海四季ホテル」を後にしたのは 11時。チェックアウトがこの時間だというのは温泉旅館としては正しい姿だと思ふ。
 てなことはおいといて向かったのはこちら。

201124kitokito01

 「魚ごころ 季魚喜人(きときと)」 これは入口の画像(店は3階)。この字で「きときと」と読ませるのは無理があるよね(^^;
 熱海の中心地を少し外れた場所にある海鮮系の食事処。ネットで調べてそこそこ評価も良かったのと、駐車場があって熱海の水産会社直営というのがこの店を予約した理由。
 この似非でない水産会社直営とか漁協直営という言葉に弱いんです。

201124kitokito02 201124kitokito03

 まだ早い時間だったせいか店内はスカスカ。予約の必要もなかったみたい。メニューを広げてスタッフのお姉さんにオーダー。

201124kitokito04

 「豪快漁師丼 2,380円(税抜)」
 ご覧のとおり海の幸がどっさり。アラ汁とお新香もついて、なるほど「豪快」と名が付くだけある。Go toクーポンの力を借りてちょっと奮発したのだ(^^;

201124kitokito08

 ワサビを醤油に溶いてサッと掛け廻し、いただきまーす。実際見た目だけでなく、どのネタも新鮮で美味しい。アラ汁も良し。
 ・・・なのだけど、ご飯が残念ながらペケ。水気がなくてバサバサ。ひょっとして昨日の夜営業の残りもの?みたいな。ネタがいいだけにもったいない。

201124kitokito07

 「魚ごころ丼 1,780円(税抜)」 店の名前を冠した海鮮丼は家内が頼んだもの。同じくアラ汁とお新香が付いている。こちらもネタは良かったけどご飯は同じだったそうだ。

 ほかに「きのこの天ぷら 480円」も頂いたのだけど写真を撮り忘れた。これもなかなか良し。

 というわけで、ご飯だけが残念なお店だったのです。

 さてさて、これにて一泊二日のミニ熱海旅行はおしまい。どこかでお土産を買って東京へと戻ることにいたしましょう。

魚ごころ 季魚喜人(きときと)本店
 http://www.nakajima-suisan.co.jp/uogocoro.html
 静岡県熱海市清水町1-5 最寄駅:来宮 or 熱海
 11:00-14:00 17:00-21:30
 水曜休 ほかに臨休および営業時間の変更あり

| |

2020.09.12

京王百貨店「秋の北海道展」で海鮮系の弁当を

 コロナ禍で久しぶりの開催となった各デパートの催事。中でも家族が楽しみにしているのが「秋の北海道展」。家内と娘たち3人に置いていかれた父は「海鮮弁当を買ってきて」。
 というわけで本日の夕食は北海道展の弁当となりました。

20091101

 積丹半島「海のや の 特選海鮮弁当」

20091105

 花咲ガニ、ボタン海老、ホタテ貝、うに、イクラ、サーモン、かずのこ等々が載った豪華バージョン。娘たちが見た中で、一番高い海鮮系だったそうだ。2千数百円だとか。お父さん持ちだって。ゲッ!

 ボリュームも結構あって、旨かったなぁ。

 この催しは 9/15まで。機会があったら父も行ってみようと思っています。

◆京王百貨店 秋の北海道展
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_2009.html

| |

2020.08.04

「八海山 千年こうじや コレド室町2店」のランチ

 久しぶりのコレド室町。どこもちょっとお高いのですよねと、斜めに見ながらも目に飛び込んできたのが八海山の文字。酒造りだけでなく飲食店も手掛けてたのね。

Sennen_kouji

 「八海山 千年こうじや」。店先のメニューを覗いてみると、まぁなんとか許容範囲内(^^;
 奥にいくつかテーブル席があるものの基本はカウンターで、メインは夜のバーという感じ。

200803_8kaisan01

 こちらがランチメニュー。店名どおり麹(こうじ)に特化した店らしく、どの料理にも麹が使われているようだ。

200803_8kaisan02

 「本日の焼き魚・刺身定食 1,200円」  出された瞬間、味噌汁の芳香にやられてしまった。麹味噌を使ったものなのだろう。ご飯はもちろん魚沼産コシヒカリ、サラダに小鉢、漬けものが付く。
 焼き魚は赤魚。キングサーモンも選べたのだけど気分は赤魚。その赤魚の上にも刺身の上にも麹が少量載っているのが判る。

200803_8kaisan05

 麹付けにした赤魚を丁寧に焼いたのだろう。麹が優しく効いて柔らかくジューシーな白身が旨い。これはいい。

200803_8kaisan03

 と思ったら、刺身の方も麹を使った味付けがされていて、これもまたいい。

 みそ汁をひと口すすると、口の中に味噌と具材の旨味が一杯に広がる感じ。もちろんご飯の炊き加減も申し分なく旨い。大盛り(無料)にしなかったのを後悔させられた。このみそ汁と漬け物だけでも、ご飯がお代わりできる。

 いやはやビックリ。どれも麹による柔らかな旨み甘みがよく出ていて、1,200円が惜しくない、ってこともないか(^^;

 さすがは「八海山」が出す店だけのことはあると納得。そうそう行けないけど、再訪必至のお店なのでした・・・・。

八海山 千年こうじや コレド室町2店
 https://www.sennen-koujiya.jp/shop/
 中央区日本橋室町2-3-1 最寄駅:三越前
 ランチ 11:00-14:00
 BAR 平日 17:00-22:00 土日祝 15:00-21:00
 不定休(コレド室町に準じる)

| |

2020.07.20

2020夏の湯河原「漁港の駅 TOTOCO小田原」で とと丸頂上丼

 お世話になった湯河原千代田荘を後にして、立ち寄ったのは「漁港の駅 TOTOCO小田原」

200720totoko01

 昨年11月末にオープンした新しい施設で、TBSの「王様のブランチ」で紹介されていたのを見たことがある。今回は家内が地産の野菜類とお土産を買っていきたいというので寄ることにした。
 お父さん的には好物のエボ鯛の干物があればいいかなと。宿の朝食が遅かったので、まだお腹は空いてないし。

200720totoko02 200720totoko03

 でも、入り口のこの看板を見て気が変わりましたね。4月の伊豆行きの際に立ち寄った「伊豆高原ビール本店」の「漁師の漬け丼」を思い出してしまったのですね。

 2階にある「とと丸食堂」という名の店内に入り、券売機の前で食べ切れるだろうかと危惧しながらも目指すボタンをボチッ。家内はドンブリ系は無理とラーメンを選択。

200720totoko04

 「とと丸頂上丼 2,480円」
 伊豆での経験からどんなに凄いのが出てくるのだろうと思ってたら、あれま?ドンブリが小さい。ご飯茶碗の少し大きめくらいの器に海鮮系が山盛りになっている程度だった。

200720totoko045

 とはいえ、ご覧のとおりそれなりのボリュームはある。取り皿を別に取ってきて、上半身の多くをそちらに移し、ワサビ醤油をかけ回して食べ進む。充分旨いのですが、ご飯がややバサバサだったのがイマイチ、イマニ。もったいないよなぁ。

200720totoko05

 「鮪節(まぐろぶし)ラーメン 780円」
 家内が頼んだものだけど、これがまた美味しかったそうだ。私に連れられて旨いラーメンを結構食べているはずの家内が何度も「これ凄く美味しい」と繰り返す。
 釣られて私もスープを貰ってみると、たしかにこれは旨い! 道の駅レベルでは決してない旨さ。麺はちゃんと食べていないので評価はできないけど、私も次回は海鮮系を差し置いてでも、これを食べてみようと思わされる旨さだった。

 ラーメン好きとしては大発見の「漁港の駅 TOTOCO小田原」。もちろんメインの海鮮系メニューも沢山あって、お隣のテーブルで見た「刺身の盛合せ」の分厚く切られた刺身が凄かった。もう間違いなく再訪必至の「漁港の駅」なのでした。

 そうそう、お土産にと買った「金魚プリン(正式名 小田原漁港プリン) @450円」。小さい金魚鉢に入っていて金魚が泳いでいるように見える可愛らしいルックス。実際美味しかったそうです。

 ちなみに東京方面から小田原厚木道路経由で来る場合は「小田原西IC」で降りてくださいね。西湘バイパスに入り終点の「石橋IC」まで行ってしまうとココを通り過ぎちゃいます。帰路に寄る場合も「石橋IC」から入ってしまうと、やはり通り過ぎてしまいますよ。

 というわけで、今回の湯河原行きのミニ旅は、これでお終い。お付き合いいただいた方にはありがとうございます。

漁港の駅 TOTOCO小田原
 https://www.totoco-odawara.com/
 神奈川県小田原市早川 1番地の28 最寄IC:小田原西
 年中無休 9:00-17:00 2019.11.29オープン

| |

2020.06.22

小田原(早川)漁港「魚市場食堂」で海鮮三昧

 時折強い雨が振りつける箱根路を下り、向かったのは小田原(早川)漁港

200622hayakawa01

 ここの漁協市場内にあるその名も「小田原漁港 魚市場食堂」の海鮮丼がお目当てだ。
 今回で二度目、3年ぶりの訪問。朝7時から営業していて、朝マズメの漁を終えた漁師さんや、この漁協で働く人々のための食事処になっている。

200622hayakawa02 200622hayakawa03

 11時半過ぎに付いてみると、月曜日とあって行列はあったものの比較的空いている。待つ内に店の外に張り出されているお奨めメニューを眺めて品定め。

 間もなく入店。券売機で食券を買って着席。その店内は席数を減らし相対での着席もなくし、精一杯の新型コロナ対策がなされている。

200622hayakawa04

 「限定 小田原丼(つみれ汁付) 1,850円」
 結局前回と同じものを頼んでしまった。でも提供された瞬間「おおっ!」って唸らされたのは同じ。

200622hayakawa05

 結構な迫力でしょう。今日使われている地魚は、かつおたたき、マト鯛にイサキ、真鯛、甘海老、いくら、ホタテ、地鰺の昆布和え、イカ、鰺の骨せんべい(素揚げ)、玉子焼きなど。そして鰺のつみれ汁付きという内容。刺身類の下には釜揚げしらすが散らされていた。

 ネタの種類とボリューム。これだけでも満足なのだけど、さらにこの鮮度とお味。鰺のつみれ汁も実にいい。どれもこれも美味しくて、もう文句ない文句ない。

200622hayakawa06

 「市場定食 1,800円」
 家内が頼んだもの。刺身が2点にフライが3種、ぶりのアラ炊きがセットになっている。

200622hayakawa07

 食べきれないというので鰺フライ分けて貰った。ほかに「ちょっと食べてみて」と言われて食べた「ぶりのアラ炊き」がとてつもなく旨かった。これ素晴らしい。
  次回はこの定食のぶりの代わりに金目鯛の煮付けがつく「大漁定食」を食べてみたいそうだ。

 二人とも満腹の大満足で、ご馳走様でした。

 さてさて、これにて家内と2人、一泊二日の箱根ミニ旅はお終い。朝から変わらずの雨ではあるけれど、東京へと帰ることにいたしましょう。

◆魚市場食堂
 http://www.0465.net/omise/uoichiba-shokudou/index.html?CATEGORY=153
 神奈川県小田原市早川1-10-1 最寄駅:JR早川駅
 (小田原漁港内・小田原魚市場2階中央)
 7:00-15:00 日祝 及び魚市場休業日 10:00-15:00
 第3水曜休 他に市場日程により不定休あり

| |

2020.06.10

「北海道厚岸 牡蛎場 コレド室町店」のランチ海鮮丼

 先日書いたように、京橋から日本橋にかけてのビジネス街は多くの店が営業を再開している。高級路線のコレドに入るテナントも例外ではない。でもニューノーマルの在宅が定着しつつあるのか、ランチタイムだというのに多くのお店は空いている。

200610kakiba01

 「北海道厚岸 牡蛎場 コレド室町店」
 そんな中で前から一度行ってみたいと思っていたこの店が再開しているというので、寄ってみることにした。

 その名のとおり仕入れ先は厚岸(あっけし)の A-Uroko。釧路のさらに東にある厚岸はかつて北海道をキャンプ旅行をした時の思い出の地でもあるのですね。

200610kakiba02

 カウンターに案内されて着席。まずはメニューを眺め・・・さすがコレド価格、ちょっと引く(^^; あれ?生牡蠣の定食はないのね。それではと、ランチタイム定食4種の中でちょっと無理して一番高いヤツを。(ランチメニュー外の単品生牡蛎は高いのでパス)

200610kakiba04

 「海鮮丼定食(カキフライ2個付き)1,600円」
 出てきた途端に、おっ豪華版じゃん!というルックス。ご飯の量は選べるそうだが、これは普通盛り。

200610kakiba05

 メインの「海鮮丼」 マグロのたたき、蟹むき身、イクラ、鮭とキュウリを細かく刻んだもの、海苔、ゴマにキザミねぎ。これに黄身だけの解き卵に牡蛎醤油を混ぜた物を掛け廻して食べてくださいと。
 実際なかなか旨いではありませんか。

200610kakiba06

 サブメイン?の「カキフライ」 大粒のものが二つ。塩だけでも充分旨いのだけど、向こう側に隠れているタルタルソースがやっぱり合いますな。

 スープも旨かったし、ちょっと(かなり)お高いけど、充分満足感が得られるランチ定食なのでした・・・#
 他に「カキフライとザンギ定食」なんてソソられるものもあった。次回はそれだな。

 ちなみに厚岸とはアイヌ語のアッケシン(=牡蛎)に由来していると聞いたことあり。真偽不明。

北海道厚岸 牡蛎場 コレド室町店
 https://m.facebook.com/kakiba.coredo/
 中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 最寄駅:三越前
 11:00-15:00(LO.14:30) 17:00-22:00
 土日祝 11:00-14:00- 16:00-22:00
 不定休(コレド室町2に準ずる)

| |

2020.04.06

2020春の伊豆熱海「福浦漁港 みなと食堂」

 熱海の宿を後にして向かったのは湯河原。道中はずっと海岸線沿いの道。好天のドライブは気持ちいい。などと言っているうちに目的地着。

200406minato01

 「福浦漁港 みなと食堂」。昨年12月に続き二度目の訪問。真鶴半島の西側付け根にある小さな漁港で、その朝獲れた地魚をボリュームたっぷりに出すので評判の漁協食堂だ。

 11:00の開店時刻を少し過ぎて着いてみるとすでに先客が5組ほど。月曜 且つ「自粛推奨中(まだ緊急事態宣言前)」だというのに皆さん熱心。何度かTVにも取り上げられたせいで土日祝日は大行列が出来るそうだ。

200406minato03

 こちらが本日のメニュー。他にメニュー表みたいなものはなく、ここでスタッフのお姉さんに注文をするようになっている。家内は限定2食の「刺身定食」を私は限定1食の「スペシャル MIXフライ定食」をオーダー。
 案内されたテーブル席について、待つことしばし。

200406minato05

 「刺身定食 2,450円 (限定2食)」
 最初に出てきたのは家内がオーダーしたこちら。注文の時点ですでに残り1食になっていたものだ。

200406minato06

 あじ、すずき、ひらめに さわら、そして真鯛。どれも肉厚で見るからに旨そうでしょう。実際とても美味しかったそうだ。

200406minato07

 「スペシャル MIXフライ定食 2,850円 (限定1食)」
 いかがでしょう、このルックス。というかボリューム。左上にチラッと見えているのはお姉さんに勧められたサイドオーダーの「イカの塩から 380円」

200406minato08

 ジャンボ海老(皇帝エビ)、地サバ×2枚、カマス、アジに白身魚の刺身串揚げ2種と盛り沢山。

200406minato09 200406minato10

 「ジャンボ海老フライ」 その身のプリプリさもさることながら、ミソがたっぷり入った頭の部分がまた素晴らしい。そうして、どのフライも新鮮なのが伝わってきて美味しい。
 でもね、これだけ揚げ物が並ぶと途中でさすがに飽きてくる。きっと何人かでシェアするのが正しい食べ方だろう。

 家内の刺身数切れと私のアジフライ(半身)と地サバフライとを交換して食べたけど、なんとか刺身のサッパリ感で持ちこたえた感じ(^^;

 ともあれ、どれも美味しく頂いて残すことなく完食。ご飯と海草の味噌汁も旨かったことを書き添えて置きましょう。

 店内には沢山の有名人のサインが板壁に直接書かれている。「梅辰会」と書かれた大きな提灯が二つ。もしかするとここは故梅宮辰夫氏が愛用した漁港であり食堂であるのかもしれない。
 お腹いっぱいで、ご馳走様でした・・・・。

200406minato02

 食堂前から良く晴れた漁港を臨む。こんな日にまたドライブがてら来てみよう。

福浦漁港 みなと食堂
 http://www.minatoshokudou.com/index.html
 神奈川県足柄下郡湯河原町福浦109-2 最寄駅:真鶴
 11:00-15:00 (LO 14:30) 水曜休

| |

2020.04.05

2020春「伊豆高原ビール本店」で 漁師の漬け丼

 世の中 "Stay home"の自粛ムード。でも困っているであろう旅館やレストランの予約をキャンセルしてしまうのは忍びない。移動は全てクルマだしね。ま、それでも叩きたい人はいるのだろうけど。

 というわけで日曜日のこの日。家内と二人、出かけてみることにした。その往路は高速にしても下道にしてもスカスカ。かと思ったら、それなりの数が走ってはいる。

200405izubeer00 200405izubeer01

 最初の目的地は以前から狙っていた「伊豆高原ビール 本店」
 開店時間の数分前に着いてみると、人気の店だというのに駐車場はスカスカ。先客も無し。こりゃ観光地の外食産業は大変だわ。

 定刻に開店。海が見える窓際のテーブルを案内され着席。入退店時にアルコール除菌液でシュッシュッ体制。食事中以外はマスク着用ね。

200405izubeer11 200405izubeer12

 こちらがメニュー(の一部)。ざっと眺めてみたものの、最初からオーダーは決まっている。

200405izubeer13

 「漁師の漬け丼膳 スーパー 2,880円(税抜)」
 いかがでしょう。このルックス。こうやって画像にすると相当なボリュームに見えるけど、ドンブリ自体は割りと小さいので実際の量はそれほどではない。

 マグロにアジ、サーモン、イカ、イクラの切り身(タタキほどではないが細かく刻んである)に箱ウニと温泉玉子、海草の味噌汁が付いたドンブリ御膳になっている。ランチタイム(11:00-15:00)なので通常価格より 400円安いというのが良いところ。

 「味は付いています」とスタッフのお兄さんは言ってくれたけど、私的には全くもの足りない。適量醤油を廻しかけ戦闘開始。

 と言っても二郎のヤサイマシよろしく、このままでは食べ進めない。山盛りの「漬け」の上から 3/4ほどを別皿に取り、更に少し掘ってみると大盛りのご飯が現れた。漬けの量もご飯の量もなかなかだ。ともあれ、これで「漬け」とご飯を食べられる。

 これ旨いし、細かい切り身にしてあることで食べやすい。
 ある程度食べ進んだところで、別皿に取り分けておいた「漬け」たちをドンブリに戻し、更に食べ進む。
 そうして、いざ箱ウニを投入。いやぁ文句ない文句ない。一番人気だと言うメニューだけのことはある。

200405izubeer14

 「鮪 雲丹 イクラ どんぶり膳 2,280円(税抜)」
 家内が頼んだもの。下には錦糸玉子が敷かれ、なかなか豪勢だ。実際美味しかったそうだ。
 ちなみに、一部のご飯は私のドンブリに移され、温泉玉子は家内が頂いた。

 店を出る頃になると多少お客さんは増え、窓際の席がなんとか埋まるくらいの入り。やはり観光地は大変だ。

 さてさて城ヶ崎にでも寄って行くことにいたしましょう。

伊豆高原ビール 本店
 https://www.izubeer.com/shop_honten.html
 0557(51)3000 静岡県伊東市富戸1103
 11:00-20:0 不定休(ほぼ無休)

| |

2020.02.14

稲庭うどんとめし 金子半之助@日本橋

 日本橋で天丼と言ったら「金子半之助」。老舗でもありとても有名な店なのだそう。

 三井のコレドに代表されるお洒落なビジネス街へと変貌を遂げた日本橋のランチは高い。今日もまた勇気(財布)を振り絞って、その系列店である「日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助 コレド室町店」へ。

Hannosuke01

 ランチメニューを眺め、やっぱり天丼ははずせないよねと、

Hannosuke02

 「鶏つくね稲庭うどんと金子半之助の天ばらめし 1,450円」
 小えびとイカがメインの掻き揚げ丼と稲庭うどんがセットになったメニュー。左上の小箱?には、温泉卵、揚げ玉、とろろ昆布、わかめ、山菜などが収められていて、ここから好きな具を好きなだけトッピングできるようになっている。

Hannosuke04

 とろろこぶを多めにトッピングして、まずは「稲庭うどん」に取りかかります。もちろん伸びてしまわぬうちにという考えからね。よくカツオや煮干しが効いたおいしいダシ汁とツルツルの稲庭うどんが旨い。とろろこぶを多めに入れたことでさらにツルツルのヌルヌルへ(^^;

Hannosuke03

 「天ばらめし」の方は海老、イカ、ししとうに海苔という構成。強すぎない天つゆが好ましく、うどんの方に残したつゆとともに美味しく頂きました・・・。

 次回は「つじ半の海鮮贅沢めし」とのセットで食べてみたいと思う。

◆日本橋 稲庭うどんとめし 金子半之助
 http://kaneko-hannosuke.com/  中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 BF1
 10:00-21:30 不定休(ほぼ無休)

| |

2019.12.13

2019初冬の湯河原・熱海「福浦漁港 みなと食堂」

 家内と休みのアンドが取れた金曜日。9時過ぎに家を出て目指すは「湯河原(真鶴)」そして「熱海」
 都内を抜けるのに往生したけれど、東名から小田原厚木道路を経てほぼ予定どおりに最初の目的地。

191213minato01
 「福浦漁港 みなと食堂」。真鶴半島の西側付け根にある小さな漁港で、基本的にその朝獲れた地魚をボリュームたっぷりに出すので評判の漁協直営?の食堂だそう。

191213minato02 191213minato03

 ご覧のとおり、すぐ目の前が漁港で物揚場と市場が隣接している、そんな場所だ。
 11:00の開店時刻直前に着いてみると先客は3組8人。土日祝日は大行列が出来るそうだけど、今日はこの程度でラッキー。

191213minato04

 メニューは外の壁に張り出されたものしかなく、ここでスタッフのお姉さんに注文をするようになっている。

191213minato06 191213minato05

 じっくり眺めては見たものの、最初からオーダーは決まっている。お父さんは「刺身定食とアジフライ」を、家内は迷いつつも「大金目干物定食」。
 もう一品はスタッフのお姉さんにお奨めですよと言われて頼んだこちら。

191213minato07

 「自家製しめさば 980円」。一日4食限定だそうだ。たかが「しめさば」と侮ることなかれ。これがとてつもなく旨かった。これまで食べてきたあらゆる「しめさば」よりはるかに旨かったのだ。なんというか生感をきっちり残しながらシメられているサバとでもいうか。鮮度抜群であるがゆえの食感と旨みだろうか。いやはやこれは凄い。

191213minato08

 「新鮮刺身定食 2,280円+アジフライ 280円」  続いてご提供。せっかくここまで来たのだからと奮発したのですよ。

191213minato09

 ひらまさ、わかし、真鯛。そして奥にメアジ。どれも肉厚で一瞬歯を跳ね返すかのような食感が素晴らしい。ワサビと少量の醤油で頂いた。

191213minato10

 「アジフライ」。箸でキレイに切れなかったので断面の画像はなし。富津金谷の黄金アジほどではないものの肉厚の食感が楽しい。これも 280円なら頼まないのがもったいない。

 フロア担当のお姉さんが運んで来た定食の味噌汁をドッとこぼすというハプニングがあって、気が動転したせいか家内が頼んだ一日2食限定の「大金目干物定食 2,680円」の画像を撮り損ねてしまった。

 結構なボリュームで見た目も豪華な定食だった。かなり大きな金目の干物のほか、サバのフライとミニ刺身が付くという定食。途中で家内の大金目干物(の半身)と私の刺身(半分弱)とを交換して食べたけど、この干物がまた旨かった。お隣りのお客さんの眼が無かったら骨と皮をススってしまいたいくらい(^^;

 というわけで、それなりのお値段はしたけれど大満足のお腹いっぱいで店を出た。評判の行列店なのがよく判る。店内には沢山の有名人のサインが板壁に直接書かれていたりするのも納得。

 土日祝日以外で機会があったら再訪必至。そんな漁港の食堂なのでした・・・・。

福浦漁港 みなと食堂
 http://www.minatoshokudou.com/index.html
 神奈川県足柄下郡湯河原町福浦109-2 最寄駅:真鶴
 11:00-15:00 (LO 14:30) 水曜休

| |

より以前の記事一覧