美味しい店:和食・海鮮

2021.09.22

2021初秋の房州・君津 アド街ック天国な「田舎レストラン じんべえ」

 「出没!アド街ック天国」「千葉 君津」で紹介された名所・名物巡りその3。

210922jinbey01

 「田舎レストラン じんべえ」
 先ほどの「志保沢」からは車で20分ほど。ここもまた山の中だ。ナビが無ければ絶対にたどり着けない場所(^^; 焼きそばを食べたばかりなので、ちょっと迷ったのだけど、これが不思議とモタレてもおらず、まだ充分いける状態。

210922jinbey02 210922jinbey03

 さてレストランと名が付くと洋食の店のように思ってしまうけど、実際には海鮮丼や刺身、アジフライなどがメインの店。釣り堀もある。あ、養殖もあった。ヤマメやイワナね(^^;

 開店時間 11:00の 5分ほど前に着いてみると先客が8組ほど。平日だというのにテレビの威力はすごいね。入口(の中)に置かれた紙に名前を書いてしばらくのお待ち。
 定刻を少し遅れて開店。じきに名前を呼ばれて奥のカウンターに着席。

210922jinbey04 210922jinbey05

 メニューをひと通り眺めてみたものの、あまりにも品数が多いのでしばらく迷った。(上の画像はその一部) 結局のところ海鮮丼とアジフライのセットをご飯少な目でオーダー。

210922jinbey06

 「海鮮丼とアジフライのセット 税込 1,848円」
 オーダーを通してから 20分ほども待ったかな、というタイミングでご提供。

210922jinbey07

 赤身をメインにとメニューには書いてあったけど赤身はマグロとサーモンだけ(^^; ま、美味しいから文句はありません。

210922jinbey08

 アジフライは大きくはないけれど身がふっくらとしていて、なるほど房州のアジだよねと。ソースをかけてこれも美味しく頂きました。

 ご飯を少な目にする必要はなかったかな。味噌汁も漬物も美味しく頂いてご馳走様でした・・・#。

 この後やはり山の中にある「きみつのさんぽみち」というところを散策して今回の君津の名所めぐりは終了。いくつか廻り残したところもあるので、それは次回のお楽しみに。水曜日は休みの店が多いので他の曜日でね。

 せっかくアクアラインを超えたのに今回は内陸ばかり。海沿いの道を全く走れなかったのが心残りなのです。

田舎レストラン じんべえ
 https://www.jinbe-bosyunochikara.com/
 千葉県君津市大野台420-2 磯源フィッシィングパーク
 11:00-14:00 17:00-20:30
 土日祝 10:30-14:30 17:00-21:00
 定休日 火曜日・第3水曜日・第3木曜日

| |

2021.09.21

京王百貨店「秋の北海道展」で 牡蛎めし弁当

 イートインで札幌系ラーメンを食べた後、やっぱり弁当を買って帰りたいよねとそのまま「秋の北海道展」
 十勝牛や海鮮系、散々迷ったあげく催事最終日の今日、決めたのはこの店。

210921ujiie_noren

 牡蛎めし弁当で有名な「厚岸駅前 氏家待合所」。ちょうど21年前の夏、道東へのキャンプキャラバン時に厚岸駅前のプレハブ小屋「氏家待合所」で買った「カキめし弁当 900円」。友人に散々奨められた前評判に比べ「なんじゃコレ」みたいに期待外れだったヤツに再挑戦。

210921ujiie_kaki01

 何種類かある中から選んだのは「かき増量」というヤツ。普通の牡蛎めしは21年前よりは良さそうだったけど、ちともの足りない感じだったので。

210921ujiie_kaki03

 「かきめしスペシャル(かき増量) 1,480円」
 ご覧のとおり元は大きかったであろう牡蛎(加熱すると縮む)が8ケとアサリにツブ貝、フキなんかも載っていて、ちょっとリッチな気分。

210921ujiie_kaki04

 牡蛎のダシとタレが染み込んだご飯も旨かったので、ようやく21年前のリベンジができたような(^^;

 家呑みを相当イッた後なので若干評価は甘いかもしれないけど、来年もまた買ってみようと思わせられる「かきめし弁当」なのでした・・・#

京王百貨店 秋の北海道展
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_2009.html

| |

2021.07.09

2021梅雨の最中の「小田原(早川)漁港」で海鮮丼

 四回目の緊急事態宣言が発出されることが決まり、熱海市伊豆山地区では大規模な土石流災害があったばかりという金曜日。家内・長女と三人で目指すは熱海。
 と言っても国道135も熱海ビーチラインも止まっているので、いつものように小田原から直接熱海入りはできない。箱根を越えて芦ノ湖からアプローチするしかないよねと。

 ともあれC2→東名→小田原厚木と進んで10時ジャスト。まずは最初の目的地「小田原(早川)漁港」着。

170605uo1ba01

 「小田原漁港 魚市場食堂」
 よくHISなどを利用している長女もバス旅行ではまず行けない場所 且つ あまり遠回りにならない場所ということで選んだのはここ。私としては三度目の訪問となる。

210709hayakawa01 210709hayakawa02

 こちらが本日のメニュー。でも三人ともここへ来たら狙うは海鮮丼。その中でもこれだよねと。

210709hayakawa03

 「限定 小田原丼(つみれ汁付) 1,850円」
 地鯵の骨せんべいが横たわり、その上にアジのタタキ。そして今日の地魚の刺身は平目にサワラ、カツオ、スズキ。ほかに甘えび、生ホタテ、イカ、イクラ、玉子焼き。
 そうそう、刺身類の下には釜揚げしらすが散らされていましたね。

210709hayakawa04

 お初の長女はビックリ。寿司屋などで見る洗練された切り口の刺身ではないけれど、このボリュームとルックスは素晴らしい。提供された瞬間に思わず笑みがこぼれてしまいますな。(^o^)v

 そうしてもちろん鮮度とお味も文句なし。食べ終わりたくないなんて思いつつ。アッという間に食べ終わってしまった。

 地鯵のつみれ汁も旨かったなぁ。これぞ漁港で求めていた海鮮丼なのでした。

 また機会があったら刺身定食に海老・鯵のフライと金目の煮付けがつく「大漁定食」というのを、今度こそイッてみたい。

 三人ともお腹いっぱいの幸せいっぱいで、ご馳走様でした・・・・。
 まだ宿のチェックインまでは余裕がある。取り敢えず経由地の箱根を目指すことにいたしましょう。

魚市場食堂
 http://www.0465.net/omise/uoichiba-shokudou/index.html?CATEGORY=153
 神奈川県小田原市早川1-10-1 最寄駅:JR早川駅
 (小田原漁港内・小田原魚市場2階中央)
 7:00-15:00 日祝 及び魚市場休業日 10:00-15:00
 第3水曜休 他に市場日程により不定休あり

| |

2021.06.24

2021梅雨の合間「秩父 新世界」で 豚味噌丼

 長瀞渓谷を後にして向かったのは秩父駅近くにあるこちら。今回のミニ旅第二の目的地。

210624sinsekai01

 「豚味噌丼お食事処 秩父新世界」。ここは豚肉の味噌漬けの老舗中の老舗(大正四年創業)として有名な「秩父豚肉味噌漬本舗せかい」が昨年5月にオープンさせた直営店。一度は食べてみたかったのですね。先日「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されてました。

 開店時間の5分ほど前に着くと先客は女子2名だけ。店先のノートに名前とに人数を書いて待つシステムになっている。平日のせいか開店時間になっても後客は一組だけ。並ぶほどのことはなかったみたい。定刻に入店。

210624sinsekai02

 こちらがメニュー。基本は「せかい豚味噌セット」というドンブリ定食で、ほかに「すき焼き重」「とんみそ饅頭」というのがある。

210624sinsekai03

 「せかい豚味噌セット(大盛 肉3枚) 1,210円」「とんみそ饅頭 330円」
 でオーダーしたのがこちら。10分ほどでご提供。肉はあらかじめ短冊にカットしてもらうことができる。
 ご飯はとんみそ饅頭を頼んだので並盛にしてもらった。中央上にあるのがその とんみそ饅頭ね。肉まんとどう違うんだろうという興味で頼んでみたのです。

210624sinsekai04

 「豚味噌丼」のアップ。見るからに旨そう。香りもいい。卓上に調味料は一切ない。このまま食べてということだと思うけど、一味唐辛子か山椒があってもいいかなと。

210624sinsekai05

 肉の厚さが分かるようにとして更に寄って。思ったほどは厚くないか。

210624sinsekai06

 そして表面を覆った肉を少しよけてみると下にはキャベツとご飯
 まずは肉からと実際食べてみると、味噌の味付けはいい。でもわずかに火が入り過ぎている気がする。旨いし豚肉のボリュームもいいのだけど、ちょっとだけ惜しい。
 紅しょうががいいアクセント。味噌味に良く合っていて肉と一緒に頬張るのが吉。満足感アップね。

210624sinsekai07

 こちらが「とんみそ饅頭」を割ってみたところ。要するに豚の細切れを味噌漬けにしたものが入っていて、ふっくらの饅頭と肉の食感が良く合っている。そして何よりも旨い。
 ちょっと高めだけどこれは旨いっ!とさらに満足感アップ。

 付け合わせのサラダもお新香も良し。あっさりめの味噌汁も良しで、お腹いっぱいでご馳走様でした・・・・♭

210624sekai 210626sekai02

 もちろん隣りというか裏手にある本家の「秩父豚肉味噌漬本舗せかい」でお土産にと「秩父豚の味噌漬け」も買って帰りましたよ。この豚味噌漬けで一杯やるのが楽しみなんです。

210624jinjya

 最後に「秩父神社」にお参りして、帰路へと着いたのでした。

豚味噌丼お食事処 秩父新世界
 https://www.sekaishoji.com/shinsekai/
 埼玉県秩父市本町4−1 最寄駅:御花畑<秩父
 11:30-14:30 16:30-19:00(LO 18:30)
 定休日:火曜および年末年始

| |

2021.06.13

2021梅雨入り直前の内房富浦「炭火焼き海鮮BBQ」

 鋸山を後にして向かったのは内房富浦。金谷からは18km 30分ほどの距離だ。

210529_biwa01r

 「房総の蔵 お百姓市場」 「道の駅とみうら」の隣りにあって当初はコバンザメ商法かと思ってましたが、どうしてどうしてナカナカのもの。

210613_bbq_pop

 今日の昼食は併設されている店舗で「炭火焼き海鮮BBQ」。食べ放題のドリンクバー付で税込 2,980円也。

210613_bbq01

 炭火で、というところが新しい。火力が強く安定しているので焼き上がりが早い。

210613_bbq02 210613_bbq03

 こちらは牡蛎とホタテ。焼いて食べるのに忙しく殆ど写真を撮れなかった。牡蛎はかなり大きくプリプリ。ホタテも良し。

210613_bbq05 210613_bbq06

 アジやエボ鯛、エビ、アサリ、ホンビノスなどの魚介類のほかに骨付きソーセージやベーコン、野菜類等々。オーダー制だけど5種類の「すし」も食べ放題。

 沢山食べたなぁ。90分の制限時間をフルに使ってお腹いっぱい。ドリンクバーも何度もお代わりさせて貰ってご馳走様でした。この浜焼き大変お得です・・・・。

房総の蔵 お百姓市場
 https://www.ohyakusyou.com/
 千葉県南房総市富浦町青木103-1

| |

2021.01.22

2021 冬の吾妻路「道の駅 八ッ場ダムふるさと館」でダムカレー

 八ッ場ダムに併設?されている(と言っても 3kmもあるが)道の駅で昼食を取ることにした。

210122yanbadam10

 和食処「やまと屋八ッ場本店」入口の看板にあったダムカレーの写真を見て即決。

210122yanbadam11

 「八ッ場かつダムカレー 1,250円」
 こういうの大好きなんですね。家内も同じものを頼んで出てきたのがこちら。ヒレかつ二枚でダムを作っている。そのカツをハズしてみると・・・

210122yanbadam13

 ダム放流の図(^o^)v 放流というより決壊か(^^;
 揚げたてのヒレかつもなかなか美味しかったし、思ったよりボリュームもあって大満足。ご馳走様でした。

「道の駅 八ッ場ダムふるさと館」

| |

2020.11.24

2020秋の熱海「魚ごころ 季魚喜人」で 海鮮丼

 お世話になった「うたゆの宿 熱海四季ホテル」を後にしたのは 11時。チェックアウトがこの時間だというのは温泉旅館としては正しい姿だと思ふ。
 てなことはおいといて向かったのはこちら。

201124kitokito01

 「魚ごころ 季魚喜人(きときと)」 これは入口の画像(店は3階)。この字で「きときと」と読ませるのは無理があるよね(^^;
 熱海の中心地を少し外れた場所にある海鮮系の食事処。ネットで調べてそこそこ評価も良かったのと、駐車場があって熱海の水産会社直営というのがこの店を予約した理由。
 この似非でない水産会社直営とか漁協直営という言葉に弱いんです。

201124kitokito02 201124kitokito03

 まだ早い時間だったせいか店内はスカスカ。予約の必要もなかったみたい。メニューを広げてスタッフのお姉さんにオーダー。

201124kitokito04

 「豪快漁師丼 2,380円(税抜)」
 ご覧のとおり海の幸がどっさり。アラ汁とお新香もついて、なるほど「豪快」と名が付くだけある。Go toクーポンの力を借りてちょっと奮発したのだ(^^;

201124kitokito08

 ワサビを醤油に溶いてサッと掛け廻し、いただきまーす。実際見た目だけでなく、どのネタも新鮮で美味しい。アラ汁も良し。
 ・・・なのだけど、ご飯が残念ながらペケ。水気がなくてバサバサ。ひょっとして昨日の夜営業の残りもの?みたいな。ネタがいいだけにもったいない。

201124kitokito07

 「魚ごころ丼 1,780円(税抜)」 店の名前を冠した海鮮丼は家内が頼んだもの。同じくアラ汁とお新香が付いている。こちらもネタは良かったけどご飯は同じだったそうだ。

 ほかに「きのこの天ぷら 480円」も頂いたのだけど写真を撮り忘れた。これもなかなか良し。

 というわけで、ご飯だけが残念なお店だったのです。

 さてさて、これにて一泊二日のミニ熱海旅行はおしまい。どこかでお土産を買って東京へと戻ることにいたしましょう。

魚ごころ 季魚喜人(きときと)本店
 http://www.nakajima-suisan.co.jp/uogocoro.html
 静岡県熱海市清水町1-5 最寄駅:来宮 or 熱海
 11:00-14:00 17:00-21:30
 水曜休 ほかに臨休および営業時間の変更あり

| |

2020.09.12

京王百貨店「秋の北海道展」で海鮮系の弁当を

 コロナ禍で久しぶりの開催となった各デパートの催事。中でも家族が楽しみにしているのが「秋の北海道展」。家内と娘たち3人に置いていかれた父は「海鮮弁当を買ってきて」。
 というわけで本日の夕食は北海道展の弁当となりました。

20091101

 積丹半島「海のや の 特選海鮮弁当」

20091105

 花咲ガニ、ボタン海老、ホタテ貝、うに、イクラ、サーモン、かずのこ等々が載った豪華バージョン。娘たちが見た中で、一番高い海鮮系だったそうだ。2千数百円だとか。お父さん持ちだって。ゲッ!

 ボリュームも結構あって、旨かったなぁ。

 この催しは 9/15まで。機会があったら父も行ってみようと思っています。

◆京王百貨店 秋の北海道展
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_2009.html

| |

2020.08.04

「八海山 千年こうじや コレド室町2店」のランチ

 久しぶりのコレド室町。どこもちょっとお高いのですよねと、斜めに見ながらも目に飛び込んできたのが八海山の文字。酒造りだけでなく飲食店も手掛けてたのね。

Sennen_kouji

 「八海山 千年こうじや」。店先のメニューを覗いてみると、まぁなんとか許容範囲内(^^;
 奥にいくつかテーブル席があるものの基本はカウンターで、メインは夜のバーという感じ。

200803_8kaisan01

 こちらがランチメニュー。店名どおり麹(こうじ)に特化した店らしく、どの料理にも麹が使われているようだ。

200803_8kaisan02

 「本日の焼き魚・刺身定食 1,200円」  出された瞬間、味噌汁の芳香にやられてしまった。麹味噌を使ったものなのだろう。ご飯はもちろん魚沼産コシヒカリ、サラダに小鉢、漬けものが付く。
 焼き魚は赤魚。キングサーモンも選べたのだけど気分は赤魚。その赤魚の上にも刺身の上にも麹が少量載っているのが判る。

200803_8kaisan05

 麹付けにした赤魚を丁寧に焼いたのだろう。麹が優しく効いて柔らかくジューシーな白身が旨い。これはいい。

200803_8kaisan03

 と思ったら、刺身の方も麹を使った味付けがされていて、これもまたいい。

 みそ汁をひと口すすると、口の中に味噌と具材の旨味が一杯に広がる感じ。もちろんご飯の炊き加減も申し分なく旨い。大盛り(無料)にしなかったのを後悔させられた。このみそ汁と漬け物だけでも、ご飯がお代わりできる。

 いやはやビックリ。どれも麹による柔らかな旨み甘みがよく出ていて、1,200円が惜しくない、ってこともないか(^^;

 さすがは「八海山」が出す店だけのことはあると納得。そうそう行けないけど、再訪必至のお店なのでした・・・・。

八海山 千年こうじや コレド室町2店
 https://www.sennen-koujiya.jp/shop/
 中央区日本橋室町2-3-1 最寄駅:三越前
 ランチ 11:00-14:00
 BAR 平日 17:00-22:00 土日祝 15:00-21:00
 不定休(コレド室町に準じる)

| |

2020.07.20

2020夏の湯河原「漁港の駅 TOTOCO小田原」で とと丸頂上丼

 お世話になった湯河原千代田荘を後にして、立ち寄ったのは「漁港の駅 TOTOCO小田原」

200720totoko01

 昨年11月末にオープンした新しい施設で、TBSの「王様のブランチ」で紹介されていたのを見たことがある。今回は家内が地産の野菜類とお土産を買っていきたいというので寄ることにした。
 お父さん的には好物のエボ鯛の干物があればいいかなと。宿の朝食が遅かったので、まだお腹は空いてないし。

200720totoko02 200720totoko03

 でも、入り口のこの看板を見て気が変わりましたね。4月の伊豆行きの際に立ち寄った「伊豆高原ビール本店」の「漁師の漬け丼」を思い出してしまったのですね。

 2階にある「とと丸食堂」という名の店内に入り、券売機の前で食べ切れるだろうかと危惧しながらも目指すボタンをボチッ。家内はドンブリ系は無理とラーメンを選択。

200720totoko04

 「とと丸頂上丼 2,480円」
 伊豆での経験からどんなに凄いのが出てくるのだろうと思ってたら、あれま?ドンブリが小さい。ご飯茶碗の少し大きめくらいの器に海鮮系が山盛りになっている程度だった。

200720totoko045

 とはいえ、ご覧のとおりそれなりのボリュームはある。取り皿を別に取ってきて、上半身の多くをそちらに移し、ワサビ醤油をかけ回して食べ進む。充分旨いのですが、ご飯がややバサバサだったのがイマイチ、イマニ。もったいないよなぁ。

200720totoko05

 「鮪節(まぐろぶし)ラーメン 780円」
 家内が頼んだものだけど、これがまた美味しかったそうだ。私に連れられて旨いラーメンを結構食べているはずの家内が何度も「これ凄く美味しい」と繰り返す。
 釣られて私もスープを貰ってみると、たしかにこれは旨い! 道の駅レベルでは決してない旨さ。麺はちゃんと食べていないので評価はできないけど、私も次回は海鮮系を差し置いてでも、これを食べてみようと思わされる旨さだった。

 ラーメン好きとしては大発見の「漁港の駅 TOTOCO小田原」。もちろんメインの海鮮系メニューも沢山あって、お隣のテーブルで見た「刺身の盛合せ」の分厚く切られた刺身が凄かった。もう間違いなく再訪必至の「漁港の駅」なのでした。

 そうそう、お土産にと買った「金魚プリン(正式名 小田原漁港プリン) @450円」。小さい金魚鉢に入っていて金魚が泳いでいるように見える可愛らしいルックス。実際美味しかったそうです。

 ちなみに東京方面から小田原厚木道路経由で来る場合は「小田原西IC」で降りてくださいね。西湘バイパスに入り終点の「石橋IC」まで行ってしまうとココを通り過ぎちゃいます。帰路に寄る場合も「石橋IC」から入ってしまうと、やはり通り過ぎてしまいますよ。

 というわけで、今回の湯河原行きのミニ旅は、これでお終い。お付き合いいただいた方にはありがとうございます。

漁港の駅 TOTOCO小田原
 https://www.totoco-odawara.com/
 神奈川県小田原市早川 1番地の28 最寄IC:小田原西
 年中無休 9:00-17:00 2019.11.29オープン

| |

より以前の記事一覧