美味しい店:和食・海鮮

2022.09.26

2022初秋の南房総「富浦 おさかな倶楽部」

 今月二度目のアクアライン超え。いつもどおりアクアライン以外は全て下道。今日の目的は海沿いのドライブと海鮮ランチ。
 というわけで最初に目指したのは富浦漁港。

220926fishclub02

 「浜の台所 おさかな倶楽部」
 店頭に記名簿が出されるのは朝9時頃。その9時をわずかに過ぎて着いてみると先客無し。

 実際記名簿が出されたのは 9:10。一等賞で記名を済ませることができた。開店時間は 11:00で 15分前までに戻らなくてはならない。つまり余裕は1時間半。お気に入りの白浜方面をドライブしてきましょう。

 好天の下での海沿いのドライブは気持ちがいい。グルッと廻って戻って来ると、ちょうど15分前。駐車場にクルマがズラッと並び、記名簿には14組分の名前が並んでた。更に続々と後客。

220926fishclub05r

 定刻の10分前に開店。店内で真っ先に確認するのが壁面に大きく掲げられた本日のメニュー。
 いつもの「賄い丼」や「刺身盛り合わせ定食」などと迷ったあげく「まんぷく定食」をオーダー。

220926fishclub06

 「まんぷく定食 1,720円+地魚のなめろう 380円」
 いかがでしょう、このルックス。結構豪華ではありませんか。刺身の3点盛りに揚げ物(フライ)、サバの煮付け。ほかに小鉢、ご飯と味噌汁がセットになっている。
 そしてサイドメニューの「地魚のなめろう」。たぶんイワシやアジだと思う。

220926fishclub08 220926fishclub09

 「サワラ、太刀魚、黒むつ?の刺身」。フライは「イカメンチ(左)とマグロ」

220926fishclub07 220926fishclub10

 「トロサバの味噌煮」「地魚のなめろう」。たぶんイワシやアジだと思う。

 いやはや、素晴らしい。これだけおかずがあると途中でご飯が足りなくなる。でもご飯は大盛りにしなくて正解。その名のとおり満腹なのです。「大人気定食」なのがよく判る。

 全てきれいに美味しく頂いて大満足。ご馳走様でした・・・・。

 富浦漁協直営。お安く鮮度抜群の海鮮系を食べることができるお店です。未食の方で南房総方面にご縁のある方には是非一度どうぞとお奨めしておきますね。

220926haraoka

 さてドライブがてら、いくつか海鮮系の買い物をして帰りましょう。上の画像はいつもの富浦 原岡海岸から撮ったもの。もの凄くウッスラと富士山が・・・見えないか(^^;

浜の台所 おさかな倶楽部
 https://www.tairyou.com/chokuso.htm
 千葉県南房総市富浦町多田良1254-75
 11:00-15:00(売切れ終了) 火曜休(祝日は営業)

| |

2022.09.21

「YAKISOBA & GROCERIES 一服@中野」で だし焼きそば

 中野薬師あいロードに今年オープンしたお店。7度目?の訪問になる。

22032901

 「一服 YAKISOBA & GROCERIES IPPUK」
 前にも書いたように中野駅南口レンガ坂にある「青二才」の系列で北口としては「三才」に次ぐ店となる。(上の画像は別日に撮ったもの)

220921_ippuku01

 ランチタイムのメインは焼きそば。「ソース神焼きそば」と「だしの神焼きそば」の二種類。麺は大成食品謹製でチャーシューや玉子にもこだわっている。
 すでに両方とも食べたことがある。一瞬迷ってスタッフのキレイなお姉さんに「ダシの方を」オーダー。すると「今日はビールは?」と聞かれてしまったので「それも」(^^;

220921_ippuku02

 「生ビール(HEARTLAND) 660円」 例によってまずはコイツでプハーッ!(^^;

220921_ippuku05

 「だしの神焼きそば 920円」
 ビールを飲み終わりしばらくするとご提供。左上は「スープ」と「ネパール山椒の七味」
 薄くスライスされた肩ロースのチャーシューにサヤエンドウ、ニラに半熟玉子。そしてその下には麺がチラリ。

220921_ippuku06

 大成食品の中太縮れ麺がまた旨い。以前書いたように「出汁」を名乗るだけあって焼きそばでありながら「油そば」か「まぜそば」に近いような感覚。

 ただダシがメインのせいか全体に薄味。それを好みに仕上げるために「ネパール山椒の七味」があるのかもしれないけど、もう少し塩味か旨味が効いていた方が私好み。スープも同じかな。

 チャーシューも半熟玉子も旨かった。全て美味しく頂いてご馳走様でした・・・#

220406ippuku02

 以前食べた「ソース神焼きそば」も載せておきましょう。いかにもソース焼きそばという色が付いた麺と豚バラのブロック肉。そして対照的なスクランブルエッグの鮮やかな黄色に紅ショウガ。青菜の緑。色味を旨く使った見事な盛り付けですね。こちらは濃いめの味。

 単に焼きそばとして考えるとちょっとお高めかもしらないけど、未食の方にはどちらかを一度どうぞとお奨めしておきますね。

一服 YAKISOBA & GROCERIES IPPUK
 https://aonisai.jp/
 中野区新井1-15-12 最寄駅:新井薬師前・中野
 11:30-21:00 (food LO 20:00/drink LO 20:30)
 不定休 2022/4/1グランドオープン

| |

2022.09.05

「酒肴処 さくら@中野」で ランチ

 さてと今日の昼メシはどうしようかなと考えて、先日来気になっていたこちら。

22090501r

 「酒肴処 さくら」 中野の旧刑務所通りに今年7月オープンした海鮮系がメインの店。
 開店時間の 11:30を過ぎて着いてみると先客無し。新しいだけあって店内も清潔。厨房にご主人一人、フロア担当のお兄さん一人という体制。しばらくしてポツリポツリと後客が計5人。

22090503 22090506

 まずはメニューを拝見。一番右に書かれている「さくら定食」とビールをオーダー。

22090509

 「キリン一番絞り 650円」 もちろん最初はこれでプハーッ!

22090511

 「さくら定食 1,300円」
 刺身三種のほか焼き魚、鳥の唐揚げ。味噌汁、ご飯にサラダと小鉢が二つ。ビールを頼んだ客には小鉢くらい先出ししてくれると嬉しいよね。

22090521

 「モツ煮」
 少し遅れて出て来た。これなんかも先出ししてくれると、もう一本ビールを頼んでしまいそうだ(^^;

 ともあれ、これだけ揃うと結構豪勢。お値段だけのことはありますね。またご飯と味噌汁のお代わりが自由(但しセルフ)というのもプラスポイント。

 どのメニューもそれなり。強いて言えばご飯がバサッとしてたのがマイナス。まぁお代わり無料だから文句はない。

 特別なことはないけど美味しく頂いてご馳走様でした・・・♭

 あとで食べログを見て気がついたのだけど、全席喫煙可となっていた。店頭にも書いておいて欲しいな。幸い私がいる間に吸っている人はいなかったけど、夜の部にも行ってみようと思ったのは撤回。

酒肴処 さくら
 中野区新井2-24-3 最寄駅:中野
 11:30-14:00 17:00-23:00
 不定休(ランチタイムのみ日曜休)
 2022/7/11オープン 全席喫煙可

| |

2022.09.01

2022晩夏の南房総「おさかな倶楽部」で賄い丼

 久しぶりのアクアライン超え。いつもどおりアクアラインを木更津金田ICで下りて後はずっと下道。途中何度か大雨に降られながら目指したのは富浦漁港。

220901fishclub01

 「浜の台所 おさかな倶楽部」
 記名簿が店先に出されるのは朝9時頃。時間を読み違えて着いたのはその18分も前。雨の中待っていると後から二組。実際記名簿が出されたのは 9:10。記名を済ませ立ち去ろうとするとバラバラと後客。

 営業開始時間は11時。その15分前までに戻ればいいので、また海沿いのドライブをと走り出すと、再び大雨。諦めて館山のマックでコーヒータイム(^^;

 「房総の駅とみうら」で「クジラのユッケ」と「鮪のブツ切り」を今夜の晩酌用に買って戻るとちょうど 15分前。

220901fishclub02

 定刻の10分ほど前に開店。店内で真っ先に確認するのが壁面に大きく掲げられた本日のメニュー。
 迷うメニューは多いものの、やっぱりお気に入りの「賄い丼」をオーダー。

220901fishclub03

 「賄い丼 900円」
 いかがでしょう。この内容で 900円ですよ。信じられます?

220901fishclub04

 カンパチや太刀魚、鯛、サワラなどの刺身5種?に なめろうやマグロのたたき、サバの竜田揚げ、玉等。ほかに小鉢、味噌汁。

 いやはや、この賄い丼は謳い文句通り「超目玉」の逸品。全てきれいに美味しく頂いてご馳走様でした。

 富浦漁協直営。お安く鮮度抜群の海鮮系を食べることができるお店です。

 さてこのランチはカルメにしておいて R127を内房沿いに北上。本日の最終目的地、富津佐貫へと向かうことにいたしましょう。

浜の台所 おさかな倶楽部
 https://www.tairyou.com/chokuso.htm
 千葉県南房総市富浦町多田良1254-75
 11:00-15:00(売切れ終了) 火曜休(祝日は営業)

| |

2022.08.26

中野駅南口「高ひろ 中野店」で 海鮮系の定食

 本日のランチは線路をまたいで向こう側。中野駅南口から線路沿いに東へ向かい 200mほどの場所にある、主に海鮮系の和食を専門とする店。
 なんでも板橋区大山に本店があって、ほかに中板橋と板橋駅前にも店があるそうだ。

220826takahiro01

 「食堂 高ひろ 中野店」 何度か SNSで見かけていて評判も良さそうなので初訪問。

 11:30の開店と同時に入店。地下にある店内は明るく広く清潔。若い女性二人がフロア担当らしい。厨房は男性二人?

220826takahiro02 220826takahiro03

 最初は SNSで何度か見かけた海鮮丼を頼むつもりでいたのだけど、メニューを見て気が変わってしまった。で「迷ったらこれ」と書いてあるちょっと豪華そうなやつをオーダー。

220826takahiro04

 「サッポロビール 605円」 もちろん最初はコイツでプハーッ!

220826takahiro05

 「高ひろ定食 1,320円」・・・迷ったらコレ!のやつね
 ご覧のとおり、刺身定食とアジフライがメイン。ご飯と味噌汁のほかお新香と小鉢が一つ。ご飯は大盛りにして貰ったけど、茶碗が小さめなのでそんなに多くはない。

220826takahiro06

 マグロに鯛にアワビ?。どれも二切れずつ載っている。他にほんの少量のマグロのたたきと釜揚げシラス。

220826takahiro07

 アジは厚さもそこそこあって、なかなか美味しいのだけど、もう少ししっかり小骨を取っておいてほしかったかな。

 あちこちで海鮮系を食べている身としては、そしてお値段的には、もう少し刺身のボリュームがあっても良かったな・・・とは思ったけど、テナント料を考えると仕方ないのかも。

 ともあれ全てきれいに頂いてご馳走様でした・・・。

食堂 高ひろ 中野店
 https://www.himure.com/
 中野区中野2-12-9 B1F 最寄駅:中野
 11:30-22:30 水曜休 2021/5/1 Open

| |

2022.08.22

2021晩夏の秩父「新世界」で 豚味噌丼のランチ

 長瀞の山谷を後にして向かったのは秩父駅近くにあるこちら。今回のミニ旅第四の目的地。長瀞からは 30分ほど。

220822sinsekai01

 「豚味噌丼お食事処 秩父新世界」。ここは豚肉の味噌漬けの老舗中の老舗(大正四年創業)として有名な「秩父 豚肉味噌漬本舗 せかい」が一昨年5月にオープンさせた直営店。

 実はこの店、私は昨年6月にも来ているので、最初は「野さか」という別の老舗を予定していた。でも行ってみるとコロナの影響からか「当面の間、弁当販売のみ」となっていたので、急遽こちらへ再訪。

 14開少し前という時間に着いてみると幸い駐車場も空いていて即入店。店内も半分ほどの入り。店先のノートへの記名式になっているのだけど、その必要もなし。

220822sinsekai02

 こちらがメニュー。基本は「せかい豚味噌セット」というドンブリ定食で、ほかに「すき焼き重」「とんみそ饅頭」というのがある。オーダーして待つこと10分ほどでご提供。

220822sinsekai03

 「せかい豚味噌セット(大盛 肉3枚) 1,210円」
 家内は同じメニューの「並盛 肉2枚 990円」をオーダー。「とんみそ饅頭 330円」は売切れだった。

 肉はあらかじめ短冊にカットしてもらうことができるので、そうお願いした。

220822sinsekai04

 「豚味噌丼」のアップ。旨そうでしょ。実際旨いし香りもいい。できればテーブル上に一味唐辛子か山椒があったら嬉しい。

 表面を覆った肉の下にはキャベツとご飯。紅しょうががいいアクセントになっている。

 付け合わせのサラダもお新香も良し。あっさりめの味噌汁も良しで、お腹いっぱいでご馳走様でした・・・・

210624sekai 210626sekai02

 帰りがけ、店の裏手にある本家の「秩父 豚肉味噌漬本舗 せかい」に立ち寄り。秩父出身のバナナマン 設楽統さんお奨めの店でもありますね。ここでお土産「秩父豚の味噌漬け」を買うことに。帰ったらこの豚味噌漬けで一杯やるのが楽しみなのです。

 さて、これにて今回のミニ旅における目的の殆どを達成。後は寄居の温泉宿へと向かうだけ。ちょうどチェックイン時間に着きそう。
 というわけで、本日のお宿編へと続きます(たぶん)。

豚味噌丼お食事処 秩父新世界
 https://www.sekaishoji.com/shinsekai/
 埼玉県秩父市本町4?1 最寄駅:御花畑<秩父
 11:30-14:30 16:30-19:00(LO 18:30)
 定休日:火曜および年末年始

| |

2022晩夏の秩父「阿佐美冷蔵」で かき氷

 ライン下りの後、向かったのは家内の念願であったこちら。(前述の「荒川ライン下り」さんはクルマをPに置いたままにしておけるのがいい)

220822asamiice01

 「阿佐美冷蔵 寶登山道店」
 ご存じ「かき氷」の名店ですね。本店はお隣りの上長瀞駅近くなのだけど、こちらの店なら長瀞駅前から歩いて5分ほどで行けるのです。

220822asamiice02

 大の人気店、行列覚悟で10時半過ぎに着いてみると幸い大したことはなく、壁に貼られたメニューを眺めながら待つこと 20分ほどで店内へ。でも後客続々だったので早いに越したことはなさそう。

 クーラーの効いた店内がありがたい。着席して注文を伝えると間髪を置かずというくらいのタイミングでご提供。

220822asamiice03

 「和のかき氷 抹茶みつ(つぶあん・黒みつ付き)1,300円」
 抹茶シロップと黒みつ、つぶあんが別皿で供される。だから提供が早いのね。

220822asamiice06

 ご覧のとおりフワフワのかき氷。かき氷なんて食べるのは一体何十年ぶり? 食べ方もヘタクソになっていて随分こぼした(^^;

220822asamiice07

 上の方をある程度素のまま食べて、抹茶シロップを少量かけまわしたところ。奥に見えているのが家内が頼んだ同じ「和のかき氷 黄な粉みつ 1,300円」(写真撮り忘れた)。

220822asamiice08

 最後に、抹茶・黒みつ・つぶあんの全てをかけたところ。あまり美しくないね(^^ゞ でもとても美味しく頂きましたよ。ただオジサン的には一度でいいな。冷えたビールの方がずっと嬉しい(^^;

 というわけでお店を後にして、長瀞駅前へ。宝登山ロープウエイ編へと続きます。

阿佐美冷蔵 寶登山道店
 「http://asamireizou.blog.jp/」
 埼玉県秩父郡長瀞町大字長瀞781-4 最寄駅:長瀞
 10:00-15:30 火曜休(ただし不定休 ブログで告知)

| |

2022.08.08

中野ブロードウエイ地下「千代田」でミニ丼2種の定食

 ブロードウエイ地下の精肉店「肉の宝屋」の対面にあって、店先のショーケースには沢山の天ぷらが並んでいる店。一見して天ぷらのテイクアウト専門店のようにも見える。

 「千代田」 外観撮り忘れた(^^ゞ
 奥には6席ほどのカウンターもあって、一度は入ってみたいと思っていた。今日ちょうど昼時、買い物がてらに前を通ったので寄って見ることに。

220808chiyoda01 220808chiyoda02

 11:30の店内に先客は無し。店主一人のワンオペみたいだ。店内の壁には沢山のメニューが貼られている。天ぷら選民かと思ったけど壁のメニューは海鮮、それも寿司がメインみたいだ。

220808chiyoda03

 「生ビール 一番絞り 550円」
 まずはこいつを煽りつつ、目の前のメニューの中から気になったやつを。

220808chiyoda07

 「選べるミニ丼って何?」と聞くと海鮮丼、海鮮ばらチラシ、天丼の三種類から二つを選べるという。であればと海鮮丼と天丼で行きましょう。

220808chiyoda04

 「選べるミニ丼セット 1,000円」
 ご覧のとおりミニ丼2種に味噌汁、漬け物が付く。海鮮丼がわずかに遅れて出てきたので揃ってからパチリ。

220808chiyoda05

 天丼は海老にカボチャ、ピーマン、ナス、さつまいもの5種。揚げたてでなかなか旨い。

220808chiyoda06

 海鮮丼の方はマグロのたたきと赤身が4切れ。2種のミニ丼で 1,000円ならこんなものか。

 どちらもそれなりに美味しいけど、ご飯の量がイマイチだったかな。キレイに頂いてご馳走様でした・・・。

 ちょっと他の定食メニューも気になるし、一貫10円?の寿司というのも気になるしで、再訪必至ということにしておきましょう。

千代田
 中野ブロードウェイ  B1F 最寄駅:中野
 イートインは 11:30~ 不定休
 月曜火曜の寿司は休みというのが多いみたい

| |

2022.08.03

「地酒屋 常笑@中野」のランチ(その4)刺身定食

 中野ブローウエイ地下の店で買い物がてらと出かけたのだけど、お目当ての店は休みだった。それでは昼メシ呑みを目的に寄ったのはこの店。

220614tokiwarai00

 「地酒屋 常笑(ときわらい)」 北口地域の狸小路にあって、何度か昼メシ兼呑みに利用している居酒屋。「十七番地」系店ね。(上と下の画像1枚は先日撮ったもの)

220614tokiwarai02

 こちらがそのミニ生ビールと別に頼んだ「瓶ビール(700円?)」

 今日は刺身定食をオーダーしてビールタイム。酷暑の中のプハーッは溜まりませんね。

220803tokiwarai12

 この店のランチメニューには小鉢が沢山付く。それら小鉢を先出しして貰ってビール。

220803tokiwarai13

 「刺身定食 1,000円」 メインの刺し盛り。これ自体は大したことは無い?けど、沢山の小鉢が付いてくるのだから文句はない。

220720tokiwarai04220803tokiwarai14

 サービスで「アナゴの山椒煮?(右)」なんてのも出してくれた。だからウーロンハイを追加(^^;

 どのメニューもお得。機会があったら是非一度どうぞとお奨めしておきますね。
 全てきれいに頂いて、ご馳走様でした・・・・。

地酒屋 常笑(ときわらい)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:30?-14:00? 16:00-23:00
 土日祝 15:00-23:00
 不定休(ほぼ無休)

| |

2022.07.20

「地酒屋 常笑@中野」のランチ(その3)ばらちらし

 さて今日のランチはどこにしようと中野駅北口へ。最初に行った上海麺館には Snちゃんがいなかったのでパスしてもう少し北へ。
 そう言えば、この上海麺館はこの7/末で閉店するそうです。その後どうなるかはまだ??(^^;
 ・・・てなことはおいといて。

220614tokiwarai00

 「地酒屋 常笑(ときわらい)」 狸小路にある「十七番地」系の居酒屋ね。昼も営業していてランチタイムとしては3度目の訪問。ランチタイムのドリンクにミニ生ビールを選べるのも魅力です。(上と下の画像1枚は先日撮ったもの)

220614tokiwarai02

 その「ミニ生ビール」と別に頼んだ「瓶ビール(700円?)」
 ミニといいながら、ご覧のとおりそれなりに楽しめる量だ。

220720tokiwarai01

 メニューを眺め、お初となる「ばらちらし」をオーダー。ミニ生ビールを一瞬で飲み干し。サッポロを飲んでいるうちにご提供。

220720tokiwarai02

 「ばらちらし定食 1,000円」
 ちらし寿司に味噌汁が付くだけかと思ったら、ほかのランチメニュー同様、沢山の小鉢が付いている。

 メインのちらし寿司を後回しにして小鉢を肴に飲むうちにビールが切れた。それではと追加したのがこちら。

220720tokiwarai04 220720tokiwarai05

 「ウーロンハイ」。するとサービスで出してくれたのが「赤クラゲの酢の物」。このコリコリの食感が素晴らしい。さらにススんでしまうではないか(^^;

220720tokiwarai06

 メインの「ばらちらし」。ウーロンハイを飲み終わったところで、ようやく食べ始めます。後客1という状況なので、のんびり飲んで食べられます。

 ネタはウニのほか、細かくサイの目に切られたマグロ、サーモン、イカ、アジ、キュウリ。そしてミョウガに菊の花。
 ワサビ醤油を廻しかけ美味しく頂きました。

 このメニューもとってもお得です。機会があったら是非一度どうぞとお奨めしておきますね。
 全てきれいに頂いて、ご馳走様でした・・・・。

地酒屋 常笑(ときわらい)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:30?-14:00? 16:00-23:00
 土日祝 15:00-23:00 不定休(ほぼ無休)

| |

より以前の記事一覧