美味しい店:肉料理系

2020.06.13

新店「馬肉食堂 ウマキチ@都立家政」

 大雨の都立家政。久しぶりだ。思い出の街の一つでもあるのですね。

200613umakichi01

 今日の目的はこちら「馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店」。「七彩」の対面であり、つい先日まで博多ラーメンの「ばりこて」があった場所だ。どうやらその「ばりこて」の業態変更ということらしく、先月20日にオープンしていたそうだ。

200613umakichi03 200613umakichi04

 11:30の開店時間に着いて、まずは券売機で食券を。せっかく来たのだから馬肉のステーキと馬刺しの両方を食べてみたいと、ちょっと奮発。卓上には塩ダレ、焼き肉のタレ、デミグラソースと甘口正油が並んでいる。

200613umakichi05

 「馬のハラミステーキ定食 1,000円」と「馬刺し(単品)900円」
 何故かトレイが縦置きなので縦に並べるとステーキが遠くへ行ってしまった。

200613umakichi06

 「ハラミステーキ」 出てきて間もなく右側の2片を返してみると、こんな感じ。このままだと他の肉片に行く前に火が通り過ぎてしまうと思ったので、左側の4片をコーンとヤサイの上に移動。三種類あるソースを順番に使ってみたけど、塩ダレが一番良かった。とはいえ脂の殆ど無い馬肉はステーキにはなかなか合わないかも知れない。そう思いつつ食べた。

200613umakichi07

 単品で頼んだ「馬刺し」。赤身とさくら色の部位がそれぞ。生姜とニンニクで食べたけど、やっぱり馬肉は生に限る。さもなければスキヤキか。

 帰り間際に「ばりこて」にもいましたというスタッフに聞いてみると、モンゴル産の馬を群馬の工場で加工して直送しているらしい。

 中野では数少ない馬肉の店。続いてくれればと思っている・・・。

馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店
 中野区鷺宮1-27-7 最寄駅:都立家政駅
 11:30-23:00 無休

|

2020.05.28

「ステーキマックス 中野店」で がっつり?ステーキ

 ここのところ週一のペースで通っている店。初訪問時のコスパの高さに、そうさせられている。

Steakmax360

 というわけで「ステーキマックス(STEAK MAX)中野北口店」
 開店時間の 11:00過ぎに着いてみると先客はなし。奥の席を案内されて着席。メニューを眺めるまでもなくオーダーは決まっている。

200528steakmax04

 「がっつりSTEAK 450g 1,500円(税抜)」
 USアンガス牛だという肉と。唐揚げが二つ。そしてライスもとスープ。

200528steakmax08

 ご覧のとおり固形燃料が熱々の鉄皿の下で燃えていて、食べきる前に肉が冷めないよう工夫されている。

 表面に焼き色を付けただけのベリーレア状態で提供されるので。しばらくミディアムレア程度になるまで待ってから切り分けます。

200528steakmax09

 でもね、今日の肉はかなり硬かった。スジも多く残っていてナイフでも切り分けにくかったし、良かったのは初かい訪問とと二回目だけ? まぁこの値段で安定して良質な牛肉を提供するのは難しいということなのだろう。

 気を取り直して食べ進み、なんとか完食。だけど、今日はちょっと「がっかりステーキで」ご馳走様でした。しばらく間を置くことにいたしましょう・・・♭

ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)
 中野区中野5-61-6 最寄駅:中野
 通常 11:30-22:00 当面 11:00-20:00?

|

2020.05.27

吉野家のテイクアウトで「肉だく牛丼」

 時々無性に食べたくなるのが「吉牛」。先日テレ朝の「帰れマンデー見っけ隊」で吉野家のテイクアウトを特集していた。これを見ていた家族全員が「吉牛食べたいよね!」で一致。見事にTVのワナにはまり、家内が買ってきてくれた。

200527yoshigyu

 「肉だく牛丼(大盛) 651円(税抜)」
 酔っぱらって帰った後だったので、まともな写真がない。青ネギや紅ショウガを載せた後でないと旨そうに見えないよなぁ、とは後の祭り。自分の分しか撮っていないし。
 家族は「ねぎ玉」や「汁だく」を食べていたような気がする。

 ともあれ、とても美味しくいただいた。呑んだ後の吉牛が旨いのは定説だ。自分の分だけでも念写してたのは上出来だろう。

吉野家
 https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/gyu-don/

|

2020.05.08

「ステーキマックス 中野店」で がっつりSTEAK (450g)

 近頃一部で?評判の店。中野駅北口からサンモールへ入って、じき右側の2階。リンガーハットの上、というか元「ふらんす亭」の業態またはブランド名変更みたいだ。

200508steakmax01r

 「ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)」
 リンガーハットには気づいても、なかなか上を見上げることはない。だから気づかずに通り過ぎるところだった。
 11:30の開店時間に着いてみると、先客はなし。奥のテーブル席に案内されて着席。

200508steakmax04 200508steakmax05r

 何が評判かと言うと、なんと言ってもランチタイムは 300gのステーキが 1,000円(税抜)で食べられること。ご覧のとおり、以降 450gは 1,500円、600g= 2,000円、 900g= 3,000円と続く(全て税抜)。しかも突き合わせが「鶏の唐揚げ」だという。

200508steakmax10

 「がっつりSTEAK 450g 1,500円(税抜)」
 というわけで 450gをオーダーしてすぐに出てきたのがこちら。結構なボリューム感でしょう。600gにしなくて良かった(^^;
 ライスも多めだしスープも付いてこの値段というのが素晴らしい。(スマホだったので画像が粗いのはご容赦)

200508steakmax11

 熱々のステーキ用鉄皿の下は、こんな風に固形燃料が燃えていて冷めないというか更に火入れが出来る様になっている。だから提供時は表面に焼き色を付けただけのベリーレア状態。道理で提供が早いわけだ。
 「レア状態なので、お好きなところで火を止めて(専用のフタがある)お召し上がりください」とスタッフのお兄さん。

200508steakmax16

 私はこんな状態で食べ始めた。USアンガス牛だそうだ。「いきなりステーキ」と比べても遜色がないというか、かつてのスジがナイフでも切れないし歯でも噛み切れなかった「ワイルドステーキ」よりずっといい。ちゃんと切れるし(^^;「いきステ」より安いし。
 肉自体もお値段相応またはそれ以上に旨い。脂身が少ないせいか 450gでも飽きずに食べることができた。唐揚げも普通に旨かった。

 強いて言えば2種類のソースがイマイチかな。醤油ダレの方は甘すぎるし、レモン風味の塩ダレ?の方もボンヤリしてる。好みの問題かも知れないが、どちらもキリッとしていないのだ。テーブルのコショーを多めにかけ廻してから塩ダレというのが私的には合っていた。

 そうそう、熱せられた鉄皿とはいえ、火が当たっている場所は限られている。ミディアムやウエルダン寄りが好きな人は適当なタイミングで肉の位置を変えるのが吉だと思われる。

 再訪必至。次回はリブロースの方も食べてみたい。

ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)
 中野区中野5-61-6 最寄駅:中野
 通常 11:30-22:00 当面 11:30-20:00?

|

2020.03.24

「いきなりステーキ 中野店」で コンボステーキ

 テレワークの昼食時。無性に肉が食べたい。

200324_ikisute02

 といわけで、久しぶりの「いきなりステーキ 中野店」。そのランチメニューから選んだのはワイルドステーキ 300gとワイルドハンバーグ 150gのセット

200324_ikisute03

 いつも最初に出てくるのはミニサラダとスープ(諸般の事情によりライス抜き(^^;)。サラダを食べ終わってヒマを持て余した頃にお出まし。

200324_ikisute04

 「ワイルドステーキ&ハンバークコンボ 450g 1,925円(税込)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供(上の画は湯気が落ち着いてから撮ったもの)。左の肉がワイルドステーキ 300gで、右がワイルドハンバーグの 150g。

200324_ikisute05

 さらに湯気が収まったところで、肉とハンハーグの一部を返してパチリ。焼き加減は、ややレアぎみのミディアムかな。ここでホットステーキソースを適量流し込みます。
 付け合わせのコーンはガーリックにチェンジして貰って、殆どをこれで。

 ちょっと驚いた変化があった。いわゆる「いきステ」品質とでも言うか、これまで思い切りスジが残っていて、ナイフでも切りにくく噛み切ることも出来なかったワイルドステーキが、ちゃんと切れるし噛み切れる。うん、これならいける。
 なんだ「いきステ」さん、やれば出来るじゃないの。

 ハンバーグの方はウェルダン寄りのミディアム。鉄板が熱過ぎてジュージューが収まったころには火が入り過ぎてしまうのかもしれない。

 肉を喰ったぞ的満足感をもって、ご馳走様でした。ちょっと見直した「いきなりステーキ」なのでした。
 肉好きなのに「いきステ」を敬遠していた人には、また行ってみてはとお奨めしておきます。

いきなりステーキ 中野店
  http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-17:00
 年中無休

|

2019.12.30

「幸運豚人@中野」で 極厚ポークジンジャー

 年末年始の連休三日目。例年なら安曇野にいる時期なんだけど、今年は諸般の事情から地元でポン。
 さて今日のの昼メシはどこにしよう。小雨の中取り敢えず出かけてみると、当初考えていた店は軒並み休み。あれ?東京の年末ってこんなだったっけ?

191230tonjin01

 「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」
 とにかく開いている店ということでここ。久しぶり、およそ1年ぶりの訪問になる。

191230tonjin02 191230tonjin03

 ランチメニューを眺めつつ、生ビールをオーダー。気分は生姜焼き。トンテキとポークジンジャーはどう違うんだろうなどと思いながら待つことしばし。

191230tonjin04

 「極厚ポークジンジャー(肩ロース 300g)ランチ 1,000円」
 低温調理済の豚肉をフライパンに載せて焼き目をつけ、ジンジャーソースをまぶすだけ。だから提供も早い。

191230tonjin07

 ご覧のとおり適度な厚さにスライスされているのがありがたい。これなら箸で食べられる。

191230tonjin08

 これぞ低温調理というピンク色の断面。実際柔らかく旨いのだけど、生姜がもう少し効いていてくれると、もっといい。

 あとね、お代わりOKのご飯がハズレ。これは以前から変わっていない印象。惜しいよね。
 肉を食ったぞ的満足感を持ってご馳走様でした・・・。

幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano  中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

|

2019.09.21

「いきなりステーキ@中野」の 300gワイルドステーキ

 今日土曜日の昼飯は先日オープンして平日ランチを始めたばかりの「鮨せいざん」へと思っていたのだけど、店の前に着くと、やっぱりやってない。
 土曜日は平日ですよ。週休二日制の影響か土日祝を除く日が平日と勘違いしている店もあるので「平日のみ営業」と書かれるとどちらだか判らない。。。

190921_ikisute01_20190923085801

 てなことはおいといて、さてどうしようかと「いきなりステーキ」の前を通ると、縦幕におや?という期間限定のメニューが張り出されている。明日日曜までの「いきなり!お客様感謝祭」だそうだ。

190921_ikisute02_20190923085801

 ワイルドステーキが安くなっているではありませんか。さらにソフトドリンクorグラスビールがサービスで付くという。それならばと久しぶりに入店。例の立ち食いスタイルはやめて久しい。

190921_ikisute04_20190923085801

 着席してオーダーを告げると最初に出てきたのがサラダとスープにビール。サラダを食べビールを飲むうちにご提供。

190921_ikisute05_20190923085801

 「ワイルドステーキ 300g 1,200円(税抜)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供。さすがに 300gともなると牛肉も分厚い。

190921_ikisute06_20190923085801

 ジュージューが収まってきたところでパチリ。ステーキソースを適量かけると再びジュージュー。

190921_ikisute07_20190923085801

 そうしておもむろにナイフとフォークでもって、このワイルドステーキという名のどこの部位だかよく判らない肉と格闘。適当なサイズに切り分ける作業ね。

 相変わらずナイフでも切りにくく、歯でも噛み切りにくい肉。あらかじめ包丁がある程度入っているのだけど、そのままでは食べにくいし、とりわけスジの部分がちゃんと切られてなかったりするので。もう大変。正に格闘という感じ。
 なんとか小さめに切って頬張るのだけど、結局きれいに噛み切ることができず、適当なところで諦めて飲み込まざるを得ないし。

 天板上のニンニクとわさびを使いつつ、なんとか食べたのだけど、やはりこの肉を食べ切るのはシンドイ。

 安くなっていたので頼んでしまったのだけど、やっぱりこの肉はクォリティに難がある。

 ともあれ、肉を喰ったぞ的満足感は味わえたワイルドステーキ 300gなのでした・・・。

 かつて飛ぶ鳥を落とす勢いだった「いきなりステーキ」。最近では「いきなり失速」とか「いきなりストップ」なんて揶揄されているそうなので、これも必死の挽回策の一つなのだろうけど、ボリューム感を落とさずに、もう少し肉質を上げるのが先なのではなかろうか。

いきなりステーキ 中野店
 http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-15:00
 年中無休

|

2019.07.30

「BARBACOA(バルバッコア)青山」でシュラスコの誕生会

 ブラジル料理シュラスコの名店「BARBACOA (バルバッコア)青山店」昨年10月ディナータイムに来て以来の訪問になる。

190730barbacoa02

 今回はお父さんの誕生日にかこつけた毎年恒例のイベント
 平日となったのは家族全員のアンドが取れるのは、この日だけだから。

190730barbacoa05 190730barbacoa06

 何度か紹介しているけれど、この店はサラダバーがものすごく充実しているのが特徴。サラダ類だけでなく「フェジョアーダ」「カレーライス」などもある。でも取り過ぎてしまわないのがコツ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまう。

190730barbacoa07 190730barbacoa08

 ご覧のとおり「デザートビュッフェ」も充実している。さらに「ドリンクバー(画像無し)」まで付いて @3,600円(平日)ね。

 葉っぱものを中心に取ってきたサラダを食べているうちにシュラスコが登場。

190730barbacoa11

 毎度最初に必ず出てくるのが、この「ローストチキン」「ソーセージ」。どちらも美味しい。言えばいくつでも貰えるのだけど、これも注意。

190730barbacoa12

 メインの牛さんが来ました。左が「フラウジィニア(カイノミ)」で、右が「ペッパーステーキ」。カイノミはフィレとバラ肉の中間。人気の部位だそうだ。

190730barbacoa13 190730barbacoa14

 こちらは「豚肩ロース」「カレーライス」。カレーは美味しくて大してカラくはないのに、食べた途端にドッと汗が噴き出した。きっと香辛料が効いているのだろう。

190730barbacoa15

 そうしてお待ちかね。これぞシュラスコという「ピッカーニャ(イチボ肉)」

190730barbacoa17

 何度来て貰ったことだろう。他にも「ラムレッグ」「ランプ」等の肉も食べたのだけど「ピッカーニャ」に夢中で(^^;撮り忘れた。

190730barbacoa21 190730barbacoa22

 撮り忘れてたので、これも前回の画像(^^ゞ 鉄串に刺され遠赤外線?で炙られた肉塊が、ギャルソンによって目の前で切り取られ供される。

 右は「焼きパイナップル」ね。おばぁちゃんを含め我が家の女子たちの大好物。

190730barbacoa16
 お父さんがフラウジィニアやピッカーニャ(上の画)ばかり食べているうちに、女子たちはデザートバーで、あれやこれや。別腹だそうだ(^^;

 土日のランチは 90分縛りだけど、平日は2時間。一家全員、大満足で店を出たのでした。

BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://barbacoa.jp/aoyama/
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

|

2019.07.27

「いきなりステーキ@中野」で 450gのコンボ

 2015年6月に中野店がオープンした頃は飛ぶ鳥を落とす勢いだったペッパーフードサービスの「いきなりステーキ」。最近では売上の前年割れが続いたり赤字計上したりで「いきなり失速」だとか「いきなりストップ」だなんて揶揄されているらしいけど。

190727ikiste_menu

 今日、昼食はどこにしようかとこの店の前を通り過ぎがてらふと見ると、おやっというメニューが(上の画は店内のメニューを撮ったもの)。
 ワイルドステーキ 300gとワイルドハンバーグ 150gのセットだそうだ。それは面白そうと食べて見ることにした。

190727ikiste04

 「WILSDスーパーコンボ 450g 1,890円(税抜)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供。左の厚切りの二枚がワイルドハンバーグ 150gで、右の5枚がワイルドステーキの 300gね。

 ジュージュー音が収まり、まだ上がっている湯気をフウフウ飛ばしながら撮ったせいで、全くの湯気無し。湯気がないと旨そうに見えない?(^^;

190727ikiste05

 焼き加減を聞かれることもなく出てきたのだけど、いわゆるミディアムね。
 鉄皿の上部に添えられた「おろしポン酢」で殆どを食べたけど、いわゆる「いきステ」品質とでも言うか、例によってスジが残っていて切りにくく食べにくいワイルドステーキになっている。かといってマズイわけではなく、ボリュームなり値段なりに旨い。

190727ikiste06

 ハンバーグの方も同じミディアム。でも、こちらはスジがない分だけ食べやすい。

 コーンもキレイに食べきってご馳走様でした。さすがに 450gともなるとお腹いっぱい。午後の予定に差し支えそうなくらい。

 大中小を選べるライスとミニサラダ、スープ付きでこの値段だからCPはかなり良さそうだ。

 何はともあれ、肉を喰ったぞ的満足感は充分に味わえた。肉好きの人には一度どうぞとお奨めしておきます。

いきなりステーキ 中野店
  http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-15:00
 年中無休

|

2019.06.15

新店「ホルモンギャング@中野昭和新道」

 本日土曜 16時、昭和新道商店街にオープンした「ホルモンギャング」。「魚やよ蔵」の対面であり「ジョージ」のお隣りね。

190615holmong01

 上高田本通りにある「焼き肉苑 うまい」の姉妹店ということらしい。行ったことはないのだけど すこぶる評判が良いので、その系列ならとSP君と開店時間に待ち合わせての訪問。

190615holmong02

190615holmong03

 メニューと調味料ね。ご覧のとおりホルモン系だけでなく牛肉の方も充実している。

190615holmong04

190615holmong05

 こんな風に小さめの鉄皿に盛られて出てくる。一つ一つのお値段はかなり抑えられていて、あれこれ頼みやすい。

190615holmong06

 熱源は炭ではなくガス。火力が強く、切り身は薄いので、あっという間に焼き上がってしまう。

190615holmong07

190615holmong08

 何を頼んだかすっかり忘れたけど、ホルモン系を三品。

190615holmong10

190615holmong09

 肉系もかなり頼んだ。赤身肉がかなり旨かった。

190615holmong11

 最後に頼んだのが牛もつ鍋。これがなかなか良かった。スープが特にいい。この後がなければ、締めに中華麺が欲しいところだ。加水率低めの麺が望ましいかな。機会があったら試してみよう。

 かなり呑んだので、一人 4,500円ほど。ほぼ半分が飲み代だと思うので、食べる方がメインなら結構お安く行けると思います。

 機会があったら、そして踝から先にピリピリが来なかったら(^^ゞ また行こうと思います。

ホルモンギャング
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 営業日・時間不明

|

より以前の記事一覧