美味しい店:肉料理系

2019.07.30

「BARBACOA(バルバッコア)青山」でシュラスコの誕生会

 ブラジル料理シュラスコの名店「BARBACOA (バルバッコア)青山店」昨年10月ディナータイムに来て以来の訪問になる。

190730barbacoa02

 今回はお父さんの誕生日にかこつけた毎年恒例のイベント
 平日となったのは家族全員のアンドが取れるのは、この日だけだから。

190730barbacoa05 190730barbacoa06

 何度か紹介しているけれど、この店はサラダバーがものすごく充実しているのが特徴。サラダ類だけでなく「フェジョアーダ」「カレーライス」などもある。でも取り過ぎてしまわないのがコツ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまう。

190730barbacoa07 190730barbacoa08

 ご覧のとおり「デザートビュッフェ」も充実している。さらに「ドリンクバー(画像無し)」まで付いて @3,600円(平日)ね。

 葉っぱものを中心に取ってきたサラダを食べているうちにシュラスコが登場。

190730barbacoa11

 毎度最初に必ず出てくるのが、この「ローストチキン」「ソーセージ」。どちらも美味しい。言えばいくつでも貰えるのだけど、これも注意。

190730barbacoa12

 メインの牛さんが来ました。左が「フラウジィニア(カイノミ)」で、右が「ペッパーステーキ」。カイノミはフィレとバラ肉の中間。人気の部位だそうだ。

190730barbacoa13 190730barbacoa14

 こちらは「豚肩ロース」「カレーライス」。カレーは美味しくて大してカラくはないのに、食べた途端にドッと汗が噴き出した。きっと香辛料が効いているのだろう。

190730barbacoa15

 そうしてお待ちかね。これぞシュラスコという「ピッカーニャ(イチボ肉)」

190730barbacoa17

 何度来て貰ったことだろう。他にも「ラムレッグ」「ランプ」等の肉も食べたのだけど「ピッカーニャ」に夢中で(^^;撮り忘れた。

190730barbacoa21 190730barbacoa22

 撮り忘れてたので、これも前回の画像(^^ゞ 鉄串に刺され遠赤外線?で炙られた肉塊が、ギャルソンによって目の前で切り取られ供される。

 右は「焼きパイナップル」ね。おばぁちゃんを含め我が家の女子たちの大好物。

190730barbacoa16
 お父さんがフラウジィニアやピッカーニャ(上の画)ばかり食べているうちに、女子たちはデザートバーで、あれやこれや。別腹だそうだ(^^;

 土日のランチは 90分縛りだけど、平日は2時間。一家全員、大満足で店を出たのでした。

BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://barbacoa.jp/aoyama/
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

|

2019.07.27

「いきなりステーキ@中野」で 450gのコンボ

 2015年6月に中野店がオープンした頃は飛ぶ鳥を落とす勢いだったペッパーフードサービスの「いきなりステーキ」。最近では売上の前年割れが続いたり赤字計上したりで「いきなり失速」だとか「いきなりストップ」だなんて揶揄されているらしいけど。

190727ikiste_menu

 今日、昼食はどこにしようかとこの店の前を通り過ぎがてらふと見ると、おやっというメニューが(上の画は店内のメニューを撮ったもの)。
 ワイルドステーキ 300gとワイルドハンバーグ 150gのセットだそうだ。それは面白そうと食べて見ることにした。

190727ikiste04

 「WILSDスーパーコンボ 450g 1,890円(税抜)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供。左の厚切りの二枚がワイルドハンバーグ 150gで、右の5枚がワイルドステーキの 300gね。

 ジュージュー音が収まり、まだ上がっている湯気をフウフウ飛ばしながら撮ったせいで、全くの湯気無し。湯気がないと旨そうに見えない?(^^;

190727ikiste05

 焼き加減を聞かれることもなく出てきたのだけど、いわゆるミディアムね。
 鉄皿の上部に添えられた「おろしポン酢」で殆どを食べたけど、いわゆる「いきステ」品質とでも言うか、例によってスジが残っていて切りにくく食べにくいワイルドステーキになっている。かといってマズイわけではなく、ボリュームなり値段なりに旨い。

190727ikiste06

 ハンバーグの方も同じミディアム。でも、こちらはスジがない分だけ食べやすい。

 コーンもキレイに食べきってご馳走様でした。さすがに 450gともなるとお腹いっぱい。午後の予定に差し支えそうなくらい。

 大中小を選べるライスとミニサラダ、スープ付きでこの値段だからCPはかなり良さそうだ。

 何はともあれ、肉を喰ったぞ的満足感は充分に味わえた。肉好きの人には一度どうぞとお奨めしておきます。

いきなりステーキ 中野店
  http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-15:00
 年中無休

|

2019.06.15

新店「ホルモンギャング@中野昭和新道」

 本日土曜 16時、昭和新道商店街にオープンした「ホルモンギャング」。「魚やよ蔵」の対面であり「ジョージ」のお隣りね。

190615holmong01

 上高田本通りにある「焼き肉苑 うまい」の姉妹店ということらしい。行ったことはないのだけど すこぶる評判が良いので、その系列ならとSP君と開店時間に待ち合わせての訪問。

190615holmong02

190615holmong03

 メニューと調味料ね。ご覧のとおりホルモン系だけでなく牛肉の方も充実している。

190615holmong04

190615holmong05

 こんな風に小さめの鉄皿に盛られて出てくる。一つ一つのお値段はかなり抑えられていて、あれこれ頼みやすい。

190615holmong06

 熱源は炭ではなくガス。火力が強く、切り身は薄いので、あっという間に焼き上がってしまう。

190615holmong07

190615holmong08

 何を頼んだかすっかり忘れたけど、ホルモン系を三品。

190615holmong10

190615holmong09

 肉系もかなり頼んだ。赤身肉がかなり旨かった。

190615holmong11

 最後に頼んだのが牛もつ鍋。これがなかなか良かった。スープが特にいい。この後がなければ、締めに中華麺が欲しいところだ。加水率低めの麺が望ましいかな。機会があったら試してみよう。

 かなり呑んだので、一人 4,500円ほど。ほぼ半分が飲み代だと思うので、食べる方がメインなら結構お安く行けると思います。

 機会があったら、そして踝から先にピリピリが来なかったら(^^ゞ また行こうと思います。

ホルモンギャング
 中野区中野5-53-9 最寄駅:中野
 営業日・時間不明

|

2018.12.13

「幸運豚人@中野」で 極厚トンテキのランチ

 今日もまた何故か平日の昼を地元で過ごすことに。で昼食はここ。

181014tonjin01

 久しぶりの「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」

181213tonjin01

 開店後間もなくの店内はすいていて奥の席へ。いつもの?レアカツにしようかと一瞬迷ったけど今日はこれ。

181213tonjin02

 「極厚トンテキ(肩ロース 300g)ランチ 1,000円」
 ポークジンジャーの時と同じで低温調理済の豚肉をフライパンに載せ温め直すだけみたいな行程だから提供も早い。

 このメニューがオープン当初の頃と違うのは、適度な厚さにスライスされていること。これなら箸で食べられる。以前は、時々スジが残っている分厚い肉塊をナイフとフォークで切り分けなければならなかったのだ。

181213tonjin04

 低温調理。それにしても思い切りピンク色の肉。大丈夫なのか?と思わず感じてしまうほど。でも当然のようにとても柔らかく旨い。かかっているソース(タレ?)も甘辛くちょうどよい。ニンニクチップは必須のアイテムだ。

 今日のこの厚切り豚はスジが殆ど入っておらず、とても食べやすかった。結構キツくスジが残っていることがあるんだよね。

 ともあれ「肉を食った感」を強く感じられる美味しいトンテキなのでした。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.29

「大盛軒@東中野」で 鉄板麺

 つい先日、夕方の日テレ「News Every」で紹介された店。もっとも紹介されずとも東中野界隈の住民にとっては、お馴染みの店だ。

181129omoriken01

 「大盛軒(おおもりけん)」 東中野駅東口を出てすぐの場所にあって、その名のとおり盛りの良さでも有名な、いわゆる街中華の老舗。

 もう随分前に「全チャン半ラーメン」みたいなのを食べた記憶があるけど、最近はとんとご無沙汰。TVをきっかけに超久しぶりに寄ってみることにした。

181129omoriken02 181129omoriken03

 こんなきれいな店だったっけ?なんて思いつつ着席。

181129omoriken04

 各テーブル脇に置かれた調味料の中には やたらと大きいタバスコが鎮座してる(^^;
 メニューを見るまでもなく注文したのは名物のこれ。

181129omoriken05

 「鉄板麺 900円」
 熱せられた鉄板の上でジュージューと湯気を上げながらのご提供。その湯気を吹き払ったところでパチリ。

181129omoriken06 181129omoriken07

 大量のキャベツの上に豚バラ?肉とお店特製のソース。そして半ラーメン。

181129omoriken08

 メニューに書かれたお奨めの食べ方どおり、ニンニクチップを廻しかけ、生卵を中央に落としてかき混ぜる。そしておもむろに食べ始めますな。
 ある程度湯気が収まってもキャベツは殆ど生状態。こういう食べ物なのだろう。それではと大きなビンのタバスコを多めにドバッ。なるほど、この方が旨いというか特製ソースによく合って、タバスコ味で全てを包み込む感じ?

 半ラーメンの方は加水率高めのピロピロ麺に、やや薄味の醤油スープ。濃い鉄板焼きの相方としてはちょうど良いのかもしれない。こちらにはコショーをドバッ(^^;

 ご飯の盛りがいい。でもこの鉄板焼き?を食べるにはご飯の量も大事。でないと途中で飽きてしまいそうだ。

 ワシワシと食べ進み、お腹いっぱいになってご馳走様。さすがは「大盛軒」なのでした。

◆大盛軒 (おおもりけん)
 中野区東中野1-51-1 最寄駅:東中野
 11:00-22:00 年末年始以外無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.09

「司食堂@河口湖」で カツ丼(上)

 先日初めて寄った、地元で人気のお店「司食堂」。夜の部は殆ど呑み屋と化しているみたいだけど、いわゆる大衆食堂という店構え。

181109tsukasa01

 前回「とんかつ定食(この店ではカツフライ定食という)」を食べたので、今回はもう一つの人気メニュー「カツ丼」を食べてみるべく再訪問。(上の画は前回撮ったもの)

181026tsukasa02

 こちらは前回も載せたお品書き。店内にメニューらしきものはこの壁にしかない。

181109tsukasa03

 「カツ丼(上) 1,100円」
 みそ汁とお新香がついて、このお値段。普通のカツ丼との差 100円は肉の質なんだろうか、それとも量?

181109tsukasa05

 ともあれ、大きめのドンブリに大きめのトンカツがドンと載って玉子でとじられている。このボリューム感がいい。

181109tsukasa04

 豚肉の厚さをご覧ください。前回のトンカツ定食より厚めのような気がする。

 玉子でとじられているだけに前回かなり硬いと感じたコロモは、玉子がかかっている部分はそれなりに柔らかくなっている。

 うん、この店はボリュームで勝負する店だ。豚肉にしてもタレにしても特別に旨いと言うわけではないけれど、この物量が与える満足感が腹ペコさんには堪らない。

 カツ系はなんとなく判ったので、次回また機会があったら、もう一つの人気メニュー「焼肉定食」に挑戦挑戦してみようと思っている。

◆司食堂
 0555-72-2037
 山梨県南都留郡富士河口湖町小立2100
 11:30-13:45 18:00-21:00
 月曜、第2日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.18

「BARBACOA(バルバッコア)青山」 シュラスコでディナー

 この店の夜の部というかディナータイムに来るのは一体いつ以来だろう。少なくとも15年は経っている気がする。

Barbacoa_Aoyama

 言わずと知れたシュラスコの名店「BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店」。サンパウロに本店があるそうだ。
 バブル末期頃にはよく利用させて貰ったものだけど、最近では年に一度家族でランチタイムに来るのがせいぜいだった。

 今回は旨い肉を喰いたいと言っていた友人にこの店を奨めたところ、即予約して今晩となったものだ。
 正直、仲間との飲み食いという意味では予算オーバーぎみではあるけれど、たまの贅沢。家族には内緒だ(^^;

181018barbacoa01 181018barbacoa02

 この店はサラダバーがものすごく充実しているので、これらを取り過ぎてしまわないのがコツの一つ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまうのだ。

181018barbacoa03 181018barbacoa04

 ランチタイムと違ってシュラスコのメニューも充実している。今月は「ブラックアンガスビーフフェア」なのだそう。

181018barbacoa05

 サラダバーで取ってきたのはこの程度。

181018barbacoa06

 ブラジルの庶民派カクテル「カイピリーニャ」。ショッパくも甘い、そしてライムも効いてクセになる味。何杯お代わりしただろうか。(ワイン以外は呑み放題を選択)

181018barbacoa07 181018barbacoa08

 そうこうしているうちにシュラスコがやってきた。左が大好きな「ピッカーニャ(イチボ肉)」で 右はちょっと変わりダネ「焼きパイナップル」。これも実に美味しいのです。
 鉄串に刺され炭火で炙られた肉塊が、こんな風にギャルソンにより目の前で切り取られて供されるのがシュラスコ。ブラジル流バーベキューね。

181018barbacoa09

 こちらがその「ピッカーニャ」。いかにもうまそうでしょう。右側にあるのは「揚げバナナ」ね。やたら甘い。

181018barbacoa10 181018barbacoa11

 順番が前後するけど、いつも最初に出てくる「ソーセージ」と「ローストチキン」。右はたぶん「フラウジィニア(カイノミ)」

181018barbacoa12

 こちらは「トモサンカク(もも肉)」(たぶん)。

181018barbacoa13 181018barbacoa14

 ここから先は牛肉の部位名は殆ど訳が分からなくなっているので、撮った画像を取り敢えず載せておきます。

181018barbacoa15

 どれも旨い。和牛のサシが入るような柔らかな肉と違って、しっかり噛みごたえがあって、きっちり肉の旨みがあるのが本場シュラスコの特徴。全て岩塩で味付けされているので、テーブルに用意されたタレを殆ど必要としないくらいだ。

 写真を撮り損ねたけど、他に「アルカトラ(ランプ肉)」「トマホーク」「クッピン」「ショートリブ」など、ブラックアンガス君の全ての部位を食べ尽くした。

181018barbacoa16

 なんども来て貰ったのは、やっぱりピッカーニャね。これが一番旨い。

 でも、そのせいで腹いっぱい。「フェジョアーダ(豆と豚・牛の煮込)」を食べ損ねてしまった。

 2時間縛りで、お一人様あたり 8,748円也なわけだけど、コスパというか満足度高し。もうお腹いっぱいの幸せいっぱいで動けないくらい。

 やっぱり日本におけるシュラスコはバルバッコア、それも青山店(表参道)に限ります。・・・なんて他をいくつも知っているわけではないのだけどね(^^ゞ

◆BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://www.barbacoa.jp/aoyama/index.html
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.16

新店「七輪焼肉 日本代表」で 一人焼肉

 昭和新道を早稲田通りに抜けて右。モスバーガーの並びにできたお店。なぜ日本代表?という疑問は残るものの、まずは行ってみることに。

 9/21のオープンだから新店と言っても、もうじき1ヶ月になる。「独り焼肉OK!!」なんて大書してあるし、外から見える店内もカウンターが殆どで、お一人様がメインターゲットみたいな作りになっている。

181016selecao01

 それなりのお値段がするのだろうななんて思いつつ入ってみると、元気な声で「いらっしゃいませ」。
 手前のカウンターが8席?に奥のカウンターが7席? その奥には4人掛けのテーブル席が2つ。

 19時少し前という時間、空いていたこともあって「お好きな席へどうぞ」と。外から丸見えの席は嫌だなと思いつつ、奥へどうぞとも言われなかったので、丸見えのカウンターに座ってしまった。

181016selecao02 181016selecao03

 気を取り直してまずはメニューを拝見。こちらは焼肉系のメニューね。

181016selecao04 181016selecao05

 続いて飲み物系。おっ、ホッピーがあるのは嬉しいね。

181016selecao06 181016selecao07

 このセット(540円)は 焼酎コップ1杯とホッピー1本という組み合わせ。これホッピーが無くなるのと焼酎が無くなるのがほぼ一緒という絶妙なバランス。思わずイイネしたくなる(^^;
 右はやや小ぶり、お一人様専用かなという七輪。オガ炭がよく熾きている。

181016selecao08

 「特選和牛四種盛り 2,484円」
 最初に頼んだのは、焼肉系メニューの先頭にあったこちら。サーロイン、特上カルビ、ヘレ、シンシンだそう。

181016selecao10

 早速ジュージュー焼いて食べ方開始。さすがにこの四種盛りは旨い。

181016selecao09

 「サンチュ 421円」も欠かせませんね。

181016selecao11

 「ホルモン四種盛り 1,026円」 しばらくして登場。レバー、ハツ、コリコリ(ハツモト?)、テッチャン。
 別に頼んだご飯(小ライス 194円)が合いますね。

181016selecao12

 「ハラミ 810円」
 ふむふむ、まぁまぁね。途中でホッピーのセットをお代わり。

181016selecao13

 カウンターで七輪焼肉とはどうなっているかと言うと、こんな感じ。真上に吸気口があって煙を吸うようになっている。でも吸いきれない煙りが店内にも拡散していく。後ろの壁にかけておいた上着を回収して座席下へ移動させましたよ(^^; 座席が箱になっているのです。

 そろそろお腹もくちくなったので、どうしようかなと迷っていると、ピッタシのタイミングで大将が「冷麺も旨いですよ。量も少な目ですし」と。こういうのに弱い。言われるままに頼んでしまったではないか。

181016selecao14

 「盛岡冷麺 615円」

181016selecao15

 私の知っている本場の盛岡冷麺とはちょっと違うなぁとは思いつつ、冷たくツルツルの麺はやはり焼肉に合う。

 お勘定をお願いすると、〆て 6,630円也。このお値段をどう感じるかは人によって違うだろう。
 ご馳走様でしたと言って店を出た。

◆七輪焼肉 日本代表
 中野区中野5-49-6 最寄駅:中野
 17:00-27:00 無休らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.10.14

「幸運豚人@中野」で 極厚ポークジンジャーのランチ

 さて昼飯はどこにしよう。いつもならラーメン系に行くところだけど、出かける前のTVで「いきステ」の映像を見てしまったら、もう頭の中はニク、にく、肉。

181014tonjin01

 というわけで2週間ぶりの「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」。何故「いきステ」でないのかと言うと、今週はすでに「牛ガッツリ」の予定が入ってしまっているので旨い豚にしたわけ。

181014tonjin02

 「極厚ポークジンジャー(肩ロース 300g)ランチ 1,000円」
 例によって低温調理済の豚肉をフライパンに載せ焼き目をつけるだけみたいな行程だから提供も早い。
 このメニューが初めて出された時と違うのは、適度な厚さにスライスされていること。これなら食べやすい。ポークジンジャーは箸で食べたいよねと。

181014tonjin03

 低温調理の面目躍如、ピンク色の肉。柔らかく旨い。もっと生姜が効いていてくれると私的にはさらに嬉しいのだけどね。

 あ、強いていえばだけど、この店の厚切り豚メニューに共通の難点は、スジが残っていること。噛み切れないことがよくあって豚肉と格闘するハメに(^^; あらかじめスジを切っておいてくれるといいのだけどね。

 「肉を食ったぞー!」という満足度の高い店。今度はトンテキでいってみよう。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.30

「幸運豚人@中野」の レアカツ(肩ロース)ランチ

 台風24号接近中。でもまだ東京まで影響は及んでいない日曜日のお昼時。

 

180930tonjin01

 

 久しぶりに「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」に行ってみることにした。

 

180930tonjin02 180930tonjin03

 

 ランチメニューにポークキーマカレーなんてのが増えていた。でも全部で5種類のまま。なるほど「ブタコライス」が消えていたのですね。

 

 11:30をわずかに過ぎた店内に先客は一人だけ、でもオーダーを告げて待つうちに8割り方は席が埋まってしまった。すっかり人気店だ。

 

180930tonjin04

 

 「レアカツランチ(肩ロース 250g) 1,000円」  例によって低温調理済の豚肉に衣をつけて揚げるわけだけど、揚げ時間も短い。だからオーダーから提供までが早いのですね。

 

180930tonjin05

 

 ピンクというか赤に近い色。低温調理の面目躍如でしょうか。まずはレモンを絞って、私の場合ソースをドバッ(^^;
 あと、この店はいつもカラシが少ないので別にお願いして出してもらう。

 

 相変わらず旨いのだけど、スジが残っているのが難点。先にナイフで切っておくかしないと噛み切れなくて悪戦苦闘。

 

 ともあれ「肉を食ったぞー!」という食後の満足度高し。またラーメンでない気分の時に行くことにしよう。

 

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano  中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧