美味しい店:肉料理系

2020.09.21

「ステーキマックス 中野店」で がっつりステーキ

 三連休の中日というか四連休の三日目。今日の昼メシはどうしようと、中野サンモール。すると目には入ってきたのがこの看板。

Steakmax360

 「ステーキマックス(STEAK MAX)中野北口店」
そういえばもう何ヶ月も行ってないよな。久しぶりに肉も食べたいしと二階へ。

 11時半過ぎの店内は先客が3人。後客無し。メニューを眺めてみたものの、やっぱりこれ。

200921steakmax07

 「がっつりSTEAK 450g 1,500円(税抜)」
 改めて書いておくと、USアンガス牛だという肉と唐揚げが二つ。そしてライスとスープ。

200921steakmax08

 ご覧のとおり固形燃料が熱々の鉄皿の下で燃えていて、肉に更に火を通すのと、食べ終わる前に冷めないようにという工夫なのだろう。

 表面に焼き色を付けただけのベリーレア状態で提供されるので、私の場合ミディアムレア程度になるまで待ってから切り分けます。

200921steakmax03

 前回かなり硬く感じてしばらく間をあけるきっかけとなった肉は、割りと柔らかくスジも少ない。ナイフで切り分けるのも楽で、これならいい。

 切り分けた後は箸を使い、二種類のソースを使い分けながら食べ進みます。今日の肉なら 600gでもいけそう。よかった今日は「がっかりステーキ」じゃなかった。

 キレイに食べ終わって、ご馳走様でした・・・・♭

ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)
 中野区中野5-61-6 最寄駅:中野
 通常 11:30-22:00 当面 11:00-20:00?

|

2020.08.01

「BARBACOA(バルバッコア)青山」で 恒例シュラスコのランチ

 毎年この時期(この日)恒例、お父さんの誕生日にかこつけた、おばあちゃん含め家族五人でのランチ。

Barbacoa_Aoyama

 「BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店」。ブラジル・サンパウロに本店があるシュラスコの名店で、我が国における本格的シュラスコ料理の先駆けでもでもある。

 予約時間どおりに着くとまずはエントランスでコロナ対策についての説明と検温、手指消毒がある。店内は席に座っている時以外はマスク必須。サラダバーやデザートバー、あるいはトイレに立つときは、もちろんマスク着用のほか、店で用意した使い捨て手袋を着用し、さらにその上からアルコール消毒をすることが義務づけられている。テーブルには紙製のマスクケースも用意されてたりして徹底されている印象だ。

200801barbazoa01

 さて何度か書いているけど、この店はサラダバーがものすごく充実しているのが特徴。

200801barbazoa02 200801barbazoa03

 サラダ類だけでなくパンやホールチーズのほか「フェジョアーダ」「カレーライス」などもある。でも取り過ぎてしまわないのがコツ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまうのですよ。

200801barbazoa20 200801barbazoa21

 ご覧のとおり「デザートビュッフェ」も充実している。
 さらに「ソフトドリンク一品」が付いて、もちろんシュラスコ食べ放題で税抜 3,800円(土日祝)ね。

200723jirouskd11

 抑えめに取ってきたサラダがこちら。ちょっと取り過ぎたかなとは思うものの肉料理前に葉っぱものは欠かせない。

200801barbazoa11

 判りにくいかも知れないが、この下半分に書かれた肉たちが、代わる代わる出てくる。テーブルまで肉塊状態で持ってきて、目の前で切り分けてくれるのだ。

200801barbazoa12

 毎度最初に必ず出てくるのがこの「ソーセージ」「ローストチキン」。どちらも美味しい。言えばいくつでも貰えるのだけど、これも注意。

200801barbazoa13

 サラダをザッと食べ終わる頃、メインの牛肉たちが登場。左が「フラウジィニア(カイノミ)」で、右が「豚肩ロース」一番左はフワフワのチーズパン。カイノミはフィレとバラ肉の中間。人気の部位だそうだ。

200801barbazoa14

 そうしてシュラスコの華「ピッカーニャ(イチボ肉)」が見参。鉄串に刺され遠赤外線?で炙られた肉塊がギャルソンによって目の前で切り取られるところを、テーブルに用意されたトングでつかみ取る。

200801barbazoa15

 いかがでしょう。この「ピッカーニャ」のレア状態。赤身と脂身がはっきり分かれているのが特徴。赤身肉の旨さと脂身の甘みが際立っていて、私的にはシュラスコの中では一番の好み。あ、肉にはそれぞれ塩味か付いているので、テーブル上のタレは使う必要がないくらいだ。

200801barbazoa18

 途中で「焼きパイナップル」や「焼きチーズ」なども出てきて、娘達は二枚ずつ貰っていた。

200801barbazoa16 200801barbazoa17

 さらに「ガーリックステーキ」「ペッパーステーキ」。ひととおり撮ったつもりでいたのだけど「サーロイン」や「ランプ肉」など結構撮り忘れている。惜しいことをした。

200801barbazoa19

 大好物の「ピッカーニャ」。その担当のスタッフにまた来てねとお願いしたところ、三度目の登場で、これでもかと一気に4枚切り分けてくれた(^^; 右上のチラッと写っているのが「焼きチーズ」ね。

 まだお父さんがピッカーニャや三枚目となるフラウジィニアを食べているうちに、女子たちはデザートバーで、あれやこれや。別腹だそうだ(^^;

200801barbazoa23

 お父さんは最後にデザート代わりのカレーライス。これは飲み物です(^^;

 一家全員、幸せイッパイ腹イッパイの大満足で店を出たのでした。そう言えば誰も「お誕生日おめでとう」とは言ってくれなかったような・・・。

BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://barbacoa.jp/aoyama/
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

|

2020.07.28

日本橋ふくしま館で楢葉町「豚壱」の 豚丼ならぬ豚重

 今日の昼食はと神田方面。「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」を覗いててみると福島県双葉郡は楢葉町の「豚壱」という店が出ていて、ラーメンでも蕎麦でもなく「豚重」とある。豚丼は本場北海道でも食べたことがあるが、豚重はない。そりゃ食べてみるでしょう。

200728buta1_01

 レジ前で若干迷って、豚ロース重の特上をオーダーすることにした。幸い空いていて、すぐに着席。若干間があってご提供。

200728buta1_02

 「秘伝のタレ・豚ロース重 特上 1,200円」
 番号を呼ばれて、現物を見た瞬間「おおっ」となりましたね。なかなかのボリューム。お重からはみ出すロース肉に、イッパイのご飯。紅生姜と山椒は自分でかけたものね。

200728buta1_03

 結構な迫力だと思いません? ロース肉はやや硬めの食感。でも豚肉らしい旨みと「秘伝のタレ」が良く合っていてこれはいい。

 好物の山椒を沢山振りかけてやると、うな重を食べているかのような雰囲気に。とはちと言い過ぎか(^^; 実際このタレが旨くて、タレだけでご飯がいけてしまうほど。
 ご飯粒を一粒も残さず頂いて、ご馳走様でした・・・#

 今回の出店は気がついたのが遅くて今日(7/28)まで。次回は 8/8からの三日間だそう。食べてみたい人は一度どうぞ。

豚壱 (ぶたいち)
 福島県双葉郡楢葉町山田岡大堤入7-1
 11:00-20:00 11:00-14:00 日曜休

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.07.13

「幸運豚人@中野」で レアカツランチ再び

 今日の在宅からのランチ。最初はラーメンのつもりでいたのだけど、店の前で可愛いスタッフのお姉さんに声をかけられて、方針変更。

181014tonjin01

 「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」
 開店直後の店内は先客無しで気持ちが良い。後客数人。

181213tonjin01

 メニューを眺めては見るものの、私の場合この店でのオーダーは二択。ポークジンジャーかレアカツのどちらか。前回はポークジンジャーを食べたよなと、今日は久しぶりのレアカツ。

200712kouun02

 「極厚レアカツのランチ(ロース 250g) 1,000円」
 例によって低温調理済の豚肉に衣をつけて揚げるだけなので、提供までが早いのです。

200712kouun04

 以前食べた時の肉はピンクというか赤に近い色だったのだけど、今日のはそれほどでもない。これぐらいの色合いだと返って安心感がある。低温調理とはいえ、あまりに赤いのはちょっと怖い。・・・って、あれだけ生モツを食べておいて何を今更感はありますが(^^;

 粗めの塩があったので、軽く振って最初の一切れを食べて見たけどピンと来ない。このレアカツはそんな食べ方ではなく、ソースドバッが似合う(^^;
 そう言えば以前はスジの存在がかなり気になったのだけど、今日のはそれもない。良いではないですか。

 そしてスープも少量だけどいい。全体に良くなっている印象。ご飯だけが変わらず・・・。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano
 中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-16:00 16:00-23:00(LO 22:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

|

2020.06.14

「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman@中野」で極厚ポークジンジャーのランチ

 雨の日曜日。昼メシも出来るだけ近場でと考えて。

200510tonjin01

 何ヵ月ぶりかの「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman」。ランチメニューに変更はないようだ。

200510tonjin02_20200516062201

 「極厚ポークジンジャー(肩ロース 300g)ランチ 1,000円」  例によって低温調理済の豚肉を IH調理台のフライパンに載せ焼き目をつけるだけ、みたいな工程だから提供も早い。
 このメニューが初めて提供された頃は一枚肉がドンと皿に載っていて、ナイフとフォークで勝手に切ってね状態だったのだけど、今は適度な厚さにスライスされている。でもまだスジが残っていて若干食べにくい。

200510tonjin05_20200516062201

 低温調理にしてはこの日の肉はいつもより僅かに硬め。心なしかピンク色も薄いようだ。でもこの値段なら仕方ない。もっと生姜が効いていてくれると私的にはさらに嬉しいのだけどね。あとご飯というか米が、相変わらず。

 お安く豚肉を喰ったぞ的満足感を得たいときは、この店が良いかもしれません・・・。

◆幸運豚人(Tsui-teru ! Porkman)
 https://www.facebook.com/porkman.nakano  中野区中野5-50-5 最寄駅:中野
 11:30-13:30? 17:00-24:00(LO 23:00)
 不定休(ほぼ無休?)2017.10.22オープン

|

2020.06.13

新店「馬肉食堂 ウマキチ@都立家政」

 大雨の都立家政。久しぶりだ。思い出の街の一つでもあるのですね。

200613umakichi01

 今日の目的はこちら「馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店」。「七彩」の対面であり、つい先日まで博多ラーメンの「ばりこて」があった場所だ。どうやらその「ばりこて」の業態変更ということらしく、先月20日にオープンしていたそうだ。

200613umakichi03 200613umakichi04

 11:30の開店時間に着いて、まずは券売機で食券を。せっかく来たのだから馬肉のステーキと馬刺しの両方を食べてみたいと、ちょっと奮発。卓上には塩ダレ、焼き肉のタレ、デミグラソースと甘口正油が並んでいる。

200613umakichi05

 「馬のハラミステーキ定食 1,000円」と「馬刺し(単品)900円」
 何故かトレイが縦置きなので縦に並べるとステーキが遠くへ行ってしまった。

200613umakichi06

 「ハラミステーキ」 出てきて間もなく右側の2片を返してみると、こんな感じ。このままだと他の肉片に行く前に火が通り過ぎてしまうと思ったので、左側の4片をコーンとヤサイの上に移動。三種類あるソースを順番に使ってみたけど、塩ダレが一番良かった。とはいえ脂の殆ど無い馬肉はステーキにはなかなか合わないかも知れない。そう思いつつ食べた。

200613umakichi07

 単品で頼んだ「馬刺し」。赤身とさくら色の部位がそれぞ。生姜とニンニクで食べたけど、やっぱり馬肉は生に限る。さもなければスキヤキか。

 帰り間際に「ばりこて」にもいましたというスタッフに聞いてみると、モンゴル産の馬を群馬の工場で加工して直送しているらしい。

 中野では数少ない馬肉の店。続いてくれればと思っている・・・。

馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店
 中野区鷺宮1-27-7 最寄駅:都立家政駅
 11:30-23:00 無休

|

2020.05.28

「ステーキマックス 中野店」で がっつり?ステーキ

 ここのところ週一のペースで通っている店。初訪問時のコスパの高さに、そうさせられている。

Steakmax360

 というわけで「ステーキマックス(STEAK MAX)中野北口店」
 開店時間の 11:00過ぎに着いてみると先客はなし。奥の席を案内されて着席。メニューを眺めるまでもなくオーダーは決まっている。

200528steakmax04

 「がっつりSTEAK 450g 1,500円(税抜)」
 USアンガス牛だという肉と。唐揚げが二つ。そしてライスもとスープ。

200528steakmax08

 ご覧のとおり固形燃料が熱々の鉄皿の下で燃えていて、食べきる前に肉が冷めないよう工夫されている。

 表面に焼き色を付けただけのベリーレア状態で提供されるので。しばらくミディアムレア程度になるまで待ってから切り分けます。

200528steakmax09

 でもね、今日の肉はかなり硬かった。スジも多く残っていてナイフでも切り分けにくかったし、良かったのは初かい訪問とと二回目だけ? まぁこの値段で安定して良質な牛肉を提供するのは難しいということなのだろう。

 気を取り直して食べ進み、なんとか完食。だけど、今日はちょっと「がっかりステーキで」ご馳走様でした。しばらく間を置くことにいたしましょう・・・♭

ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)
 中野区中野5-61-6 最寄駅:中野
 通常 11:30-22:00 当面 11:00-20:00?

|

2020.05.27

吉野家のテイクアウトで「肉だく牛丼」

 時々無性に食べたくなるのが「吉牛」。先日テレ朝の「帰れマンデー見っけ隊」で吉野家のテイクアウトを特集していた。これを見ていた家族全員が「吉牛食べたいよね!」で一致。見事にTVのワナにはまり、家内が買ってきてくれた。

200527yoshigyu

 「肉だく牛丼(大盛) 651円(税抜)」
 酔っぱらって帰った後だったので、まともな写真がない。青ネギや紅ショウガを載せた後でないと旨そうに見えないよなぁ、とは後の祭り。自分の分しか撮っていないし。
 家族は「ねぎ玉」や「汁だく」を食べていたような気がする。

 ともあれ、とても美味しくいただいた。呑んだ後の吉牛が旨いのは定説だ。自分の分だけでも念写してたのは上出来だろう。

吉野家
 https://www.yoshinoya.com/menu/gyudon/gyu-don/

|

2020.05.08

「ステーキマックス 中野店」で がっつりSTEAK (450g)

 近頃一部で?評判の店。中野駅北口からサンモールへ入って、じき右側の2階。リンガーハットの上、というか元「ふらんす亭」の業態またはブランド名変更みたいだ。

200508steakmax01r

 「ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)」
 リンガーハットには気づいても、なかなか上を見上げることはない。だから気づかずに通り過ぎるところだった。
 11:30の開店時間に着いてみると、先客はなし。奥のテーブル席に案内されて着席。

200508steakmax04 200508steakmax05r

 何が評判かと言うと、なんと言ってもランチタイムは 300gのステーキが 1,000円(税抜)で食べられること。ご覧のとおり、以降 450gは 1,500円、600g= 2,000円、 900g= 3,000円と続く(全て税抜)。しかも突き合わせが「鶏の唐揚げ」だという。

200508steakmax10

 「がっつりSTEAK 450g 1,500円(税抜)」
 というわけで 450gをオーダーしてすぐに出てきたのがこちら。結構なボリューム感でしょう。600gにしなくて良かった(^^;
 ライスも多めだしスープも付いてこの値段というのが素晴らしい。(スマホだったので画像が粗いのはご容赦)

200508steakmax11

 熱々のステーキ用鉄皿の下は、こんな風に固形燃料が燃えていて冷めないというか更に火入れが出来る様になっている。だから提供時は表面に焼き色を付けただけのベリーレア状態。道理で提供が早いわけだ。
 「レア状態なので、お好きなところで火を止めて(専用のフタがある)お召し上がりください」とスタッフのお兄さん。

200508steakmax16

 私はこんな状態で食べ始めた。USアンガス牛だそうだ。「いきなりステーキ」と比べても遜色がないというか、かつてのスジがナイフでも切れないし歯でも噛み切れなかった「ワイルドステーキ」よりずっといい。ちゃんと切れるし(^^;「いきステ」より安いし。
 肉自体もお値段相応またはそれ以上に旨い。脂身が少ないせいか 450gでも飽きずに食べることができた。唐揚げも普通に旨かった。

 強いて言えば2種類のソースがイマイチかな。醤油ダレの方は甘すぎるし、レモン風味の塩ダレ?の方もボンヤリしてる。好みの問題かも知れないが、どちらもキリッとしていないのだ。テーブルのコショーを多めにかけ廻してから塩ダレというのが私的には合っていた。

 そうそう、熱せられた鉄皿とはいえ、火が当たっている場所は限られている。ミディアムやウエルダン寄りが好きな人は適当なタイミングで肉の位置を変えるのが吉だと思われる。

 再訪必至。次回はリブロースの方も食べてみたい。

ステーキマックス 中野北口店(STEAK MAX)
 中野区中野5-61-6 最寄駅:中野
 通常 11:30-22:00 当面 11:30-20:00?

|

2020.03.24

「いきなりステーキ 中野店」で コンボステーキ

 テレワークの昼食時。無性に肉が食べたい。

200324_ikisute02

 といわけで、久しぶりの「いきなりステーキ 中野店」。そのランチメニューから選んだのはワイルドステーキ 300gとワイルドハンバーグ 150gのセット

200324_ikisute03

 いつも最初に出てくるのはミニサラダとスープ(諸般の事情によりライス抜き(^^;)。サラダを食べ終わってヒマを持て余した頃にお出まし。

200324_ikisute04

 「ワイルドステーキ&ハンバークコンボ 450g 1,925円(税込)」
 例によってジュージューと湯気を上げながらのご提供(上の画は湯気が落ち着いてから撮ったもの)。左の肉がワイルドステーキ 300gで、右がワイルドハンバーグの 150g。

200324_ikisute05

 さらに湯気が収まったところで、肉とハンハーグの一部を返してパチリ。焼き加減は、ややレアぎみのミディアムかな。ここでホットステーキソースを適量流し込みます。
 付け合わせのコーンはガーリックにチェンジして貰って、殆どをこれで。

 ちょっと驚いた変化があった。いわゆる「いきステ」品質とでも言うか、これまで思い切りスジが残っていて、ナイフでも切りにくく噛み切ることも出来なかったワイルドステーキが、ちゃんと切れるし噛み切れる。うん、これならいける。
 なんだ「いきステ」さん、やれば出来るじゃないの。

 ハンバーグの方はウェルダン寄りのミディアム。鉄板が熱過ぎてジュージューが収まったころには火が入り過ぎてしまうのかもしれない。

 肉を喰ったぞ的満足感をもって、ご馳走様でした。ちょっと見直した「いきなりステーキ」なのでした。
 肉好きなのに「いきステ」を敬遠していた人には、また行ってみてはとお奨めしておきます。

いきなりステーキ 中野店
  http://ikinaristeak.com/shopinfo/nakano/
 中野区中野5-55-13 最寄駅:中野
 11:00-23:00 ランチタイム(平日のみ) 11:00-17:00
 年中無休

|

より以前の記事一覧