ラーメン:二郎インスパ元等

2022.12.30

悲報その2「Kaeru (カエル)@中野狸小路」閉店

 中野における二郎インスパイアの雄「Kaeru(カエル)」が閉店してた。(下は昨日 12/29の画像)
 中野初の二郎インスパイア系としてオープンしたのが 2009年9月のこと。

221229kaeru_closed02

 知らなかった。ここ数日のことらしい。最後に行ったのは4月。その後もそれなりにお客さんは入っていたように思うのだけど。

221229kaeru_closed01

 あの「ぽっぽっ屋系」の濃く甘辛いスープにゴワっとするくらいの極太麺。もう食べられない。

 「ぽっぽっ屋系」と書いたけど、その根っこは「堀切二郎(現 大)」。同じ根っこを持つ「大」がもっと北に出店し、すぐそばに資本系の「豚山」が出来てしまった影響もあるのかもしれない。

 中野から独立系の二郎インスパイア店が消えてしまった。オープンのその日から通い続けて 13年と3ヶ月。お気に入りだったのに。残念。

191013_kaeru09

 往時のラーメンをいくつか載せておきますね。まずは「ラーメン」

Kaeru_sio_01

 「塩ラーメン」

220401kaerumiso01

 「味噌ラーメン」 コールはもちろん全てゼンマシね。どれも旨かったなぁ。

 イケメンの店長さんの体調に何事も無ければ良いけど。いつかどこかで、できれば中野で復活してほしい。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00 日曜休
 2009/9/27オープン 2022/12下旬閉店

| |

2022.10.16

2022秋の安曇野「そばの庵 はや田」で ソバジロー

 乗鞍高原から下りてくると、まだ 11時。昼食はせっかく安曇野に来たのだから蕎麦でしょうということで話がまとまって、出かけたのはこちら。

221015hayata01

 「そばの庵 はや田」
 堀金の地にあって、気取らないそば屋さんだ。私的には「常念」なき後、ここがお気に入り。家内と次女、孫っちを連れて3年半ぶり4回目の訪問。

 どう気取らないかと言うと、まずは食事としてのボリュームがしっかりあること。元々そばは庶民というか農村の食べ物。ザル一枚を3~4口で食べ終わってしまうような気取った高級店には地元の人は通わないのですよ。

221015hayata02

 ご覧のとおりメニューは基本的には「十割そば」と「二八そば」、温かいそばは「かけ」や「肉そば」などしかなく、天ぷらなんぞ無いという潔さ。
 今回私は、もちろんお気に入りの二八そばをイクつもり。

221015hayata03

 でも3年半のブランクのうちに、こんなメニューが登場してた。思わず「えーっ!」。 なんと!「ソバジロー」。さらに 10食限定だなんて言われたら、もう頼むしかないではありませんか。
 私は当然それ。家内と次女は普通の十割蕎麦をオーダー。

 待つあいだ思い出していたのは、かつて松本駅前にあった「フォルクスラーメン 国分」で提供されていた「大日本邪道そば」。ラーメンのスープにチャーシューやメンマなど定番の具材。でもその中には中華麺ではなく日本そばが入っているという「邪道」なのです。
 あの食後のなんとも言えない切なさ、無念さみたいなのも思い出してしまって戦々恐々(^^;

 注文が入ってからご主人が打ち茹でる。それなりに時間がかかってから出てきたのがコイツ。

221015hayata04

 「豚こつかけそば ソバジロー 770円」

221015hayata06

 いかがでしょう、このルックス。横から見るとこんな感じで、たしかに二郎風。一味をかけ廻せば結構凶悪な風貌に(^^;

 大量のヤサイ(モヤシ7にキャベツ3)とキザミねぎ、ニンニク。見えないけど豚肉の小塊(チャーシューではない)がいくつか。スープは醤油色に茶濁した豚骨ダシ。

 まずはスープをひと口。うん確かに二郎風になっている。日本そばのカエシを豚骨ダシで割ったものがベースのようだ。これ充分あり。

221015hayata07

 で、蕎麦はご主人が打つ十割そばなのです。どうよ!ソバジローです!文句あっか!?みたいな(^^;

 ある意味怖いモノ見たさで食べたわけだけど、怖くはありません。またマズくもありません。ちゃんとソバジローとして成立しているのです。それなりに旨いし。

 でも、やっぱり食後の切なさみたいなものは前出の「邪道そば」ほどではないけれど残ってしまうのでした。
 ・・・でも、今度来たらまた頼んでしまうかも(^^ゞ

 このメニューを出し続けるご主人の男気に感謝。二郎ファンの皆さん、こちらに来る機会がありましたら、是非一度どうぞとお奨めしておきますね。

221015hayata09

 そうそう、最後に家内と次女が食べた「十割そば 1,100円」を載せておきます。これが本来の?この店のそばです。

 しっかりボリュームがあって普通なら食べきれない量なのだけど、美味しいので二人とも食べきってました。

 全員(孫っち除く)おなか一杯になって、ご馳走様でした・・・・。

そばの庵 はや田
 長野県安曇野市堀金三田270-1
 11:30-15:00
 以降、夜の部含め予約制 水曜休

| |

2022.04.01

「Kaeru (カエル)@中野」で 久しぶりの味噌ラーメン

 二郎を食べたいと思った。できれば「直系」なんだけど、桜台などに行っている時間はない。そんな時にとてもありがたい存在なのがこの店。

160115_kaeru01

 「らーめん Kaeru (カエル)」  中野における二郎系(インスパイヤ)と言えば、ここでしょう。改めて書いておくと、根っこは「旧堀切二郎」からの「ぽっぽっ屋」系ね。もちろん自店で炊いてますよ。

 券売機で珍しく「味噌」の食券を買って着席。コロナ対策はそのままで、席間を空けアクリル板を設置。そしていつもどおりご主人一人でのオペレーション。先客一人、後客3人。

220401kaerumiso01

 「味噌ラーメン 850円」
 コールはいつもどおり「生玉子以外ゼンマシ」。つまりマシはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミたまねぎ。
 太麺と細麺を選べるのだけど、太麺しか頼んだことがない。いつも次回は細麺も行ってみようなんて思いつつ、今日も太麺(^^;

220401kaerumiso02

 上からだけだとボリュームが伝わらないので、横からの画像も。一味唐辛子とコショーは自分でかけたもの。なかなかの迫力です。
 そして味噌でも「ぽっぽっ屋系」特有の旨みたっぷりで甘辛いスープは変わらない。

220401kaerumiso03

 例によってゴワっとする食感の極太麺は浅草開化楼製。この麺でないと旨く強いスープに負けてしまうのですね。

 大きく分厚く切られたブタの出来も素晴らしい。今日もまた柔らかくも甘い神ブタなのです。

 旨いウマイと食べ進み、完食の九割汁。ドンブリとコップを天板に上げテーブルを拭いてご馳走様でした。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 当面夜の部は 20時まで 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2021.02.25

「Kaeru (カエル)@中野」で 塩ラーメン

 在宅からのランチ。気分はラーメン。それもできれば「直系二郎」なんだけど、桜台まで行って並ぶ時間はない。でもね、中野にはこの店があるんですよ。

160115_kaeru01

 そう、中野における二郎インスパイヤの雄であり最もお気に入りの「Kaeru (カエル)」

 券売機で「塩」の食券を買って着席。席間を空けアクリル板を設置。コロナ対策ね。そしていつもどおりご主人一人でのオペレーション。先客一人、後客3人。

Kaeru_sio_01

 「塩ラーメン 850円」
 コールはいつもどおり「生玉子以外ゼンマシ」。つまりマシはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミたまねぎなんだけど・・・結構盛られたかも(^^;

Kaeru_sio_03

 真上からだとボリュームが伝わらないので、斜め上からの画像も。一味唐辛子とコショーは自分でかけたもの。迫力あるよね。最近はこのボリュームに怯むようになっている自分が情けない(^^;

Kaeru_sio_04

 浅草開化楼製の極太麺は例によってゴワっとする食感。でもこの麺でないと甘辛旨々のスープに負けてしまうのですね。

 今日のキザミたまねぎはちょっと辛め。それ以外は文句なしの旨さ。
 ひたすらワシワシと食べ進み、完食の九割汁でご馳走様でした。

 ちなみにこのお店。何度か書いているけど、根っこは「旧堀切二郎」からの「ぽっぽっ屋」系ね。もちろん自店で炊いてます。ご主人一人で全てやっているのでブレやハズレがないのもいいところ。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 当面夜の部は 20時まで 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2020.12.26

「Kaeru(カエル)@中野」で 塩ラーメンのゼンマシ

 今年最後の土曜日。早い時間から石松で一杯。さらにパニパニで一杯やったあと。向かったのは中野狸小路。
 考えてみると今月は ラーメンをなんと二杯しか食べていない! 私としたことが一体どうしたわけだ? となれば、ここはやっぱし二郎系でしょう(謎)。

Kaeru_kanban

 だから中野における二郎インスパイヤの雄「Kaeru(カエル)」。何度か書いているけど、根っこは「旧堀切二郎」からの「ぽっぽっ屋」系。
 その後「大」とか「豚山」が出来たけど、私的には中野で二郎系と言えばこの店。ちゃんと自分の店で炊いているのですよ。

 券売機で久しぶりに塩の食券を買って着席。相変わらずイケメンのご主人一人でのオペレーション。凄いよね。かつての「暖々@平和島」を思い出してしまう。

201226-kaeru07

 「塩ラーメン 800円?」
 コールはいつもどおり「ゼンマシ、生玉子抜きね」。この場合のマシはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミたまねぎとなります。一味唐辛子とコショーは自分でかけたもの。

201226-kaeru15r

 ナナメ上からだとボリュームが伝わらないので、横位置の画像も。ちょっと凶悪でしょう(^^;

 まずはヤサイをある程度食べ進んでから、少しずつ天地返し。そして麺が顔を出したところで、おもむろに野菜と一緒に麺を頬張りますな。
 ぽつぽつ屋系らしく豚出汁が効いた甘辛いスープが旨い。さらにヤサイとキザミたまねぎが甘みと旨みを加えてくれる。とにかくこの塩ダレのスープがやたら旨いのですよ。

201226-kaeru19

 硬めに茹で上げられた浅草開化楼製の極太麺は、例によってゴワっとする食感。ボキボキ感と言う人もいるけれど、この極太の縮れ麺が甘辛で旨いスープをよく持ち上げる。

 出す直前に湯気で温められたバラ肉ロールのチャーシューもトロトロで旨い。これをシンナリしてきたたヤサイと極太麺と一緒に頬張ると、もう文句ない文句ない(^^;

 完食の九割汁でご馳走様でした。もっと頻繁に来なくては・・・といつも思う(^^ゞ

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2020.07.09

「Kaeru(カエル)@中野」で おつかれ様セット・・・まだ昼間

 さてさて本日の在宅ランチは、あまり時間をかけるわけには行かないので近場でポン。

160115_kaeru01

 狸小路商店街にある「Kaeru(カエル)」
 何度か書いているけど「堀切二郎(現 大)」を根っことする「ぽっぽっ屋」系。ちゃんと自分の店で炊いている店なのですね。ずっとご主人一人でオペレーションしている中野における二郎インスパイヤの先駆け。その後「大」とか最近では「豚山」が出来たけど、私的にはこの店が一番なのですよ。

200709kaeru03

 券売機で「おつかれ様セット 1,080円」なんていうラーメンと生ビールのセットを見つけて、迷わずボチッ。早速、真っ昼間っから生ビールでプハーッ。いいでしょ。

200709kaeru05

 「ラーメン(生玉子以外ゼンマシ)」
 この場合のゼンマシはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミ玉ねぎね。

200709kaeru09

 コショーと一味唐辛子は自分でかけたもの。上からの画像だとボリュームが伝わらないので、斜めからの画像も載せておきますね。ちょっと凶悪に見える?(^^;
 この店の甘辛いスープが私好み。今日は割りと醤油が強かったみたい。

200709kaeru16r

 ゴワっとするほど硬い食感の極太縮れ麺は浅草開化楼製。ボキボキ感と言う人もいるくらいだ。まずはある程度ヤサイを食べ進まないと麺にたどりつけない。
 そしてこの極太の縮れ麺とヤサイを一緒に頬張りつつ食べ進みます。

 分厚く大きい割りにはトロトロのバラ肉ロールのチャーシュー。ほぐれたところをこれもまた極太麺やヤサイと一緒に頬張るのですね。
 文句なし。完食の八割汁でご馳走様でした。

 やっぱりこの店は中野における二郎インスパイヤの雄なのです。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2019.10.13

「Kaeru(カエル)@中野」で ゼンマシ

 体育の日。台風がなければ行きたいところがあったのだけど、中野でポン。

160115_kaeru01

 中野における二郎インスパイヤの雄「Kaeru(カエル)」。その後「大」とか「豚山」が出来たけど、私的にはこの店こそが大の推し麺。
 何度か書いているけど、根っこは「堀切二郎(現 大)」系の「ぽっぽっ屋」系。ちゃんと自分の店で炊き出している店なのですね。ずっとご主人一人でオペレーションしているのも凄い。

191013_kaeru13

 「ラーメン 730円?」
 久しぶりに生玉子抜きのゼンマシにして貰った。ヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。

191013_kaeru09

 真上からだと全くボリュームが伝わらないので、斜め上からの画像も。結構凶悪でしょう(^^;

191013_kaeru17

 浅草開化楼製の極太麺は、ゴワっとするほど硬い食感。ボキボキ感と言う人もいるくらいだ。最初はある程度ヤサイを食べ進んだところで天地返し。
 この極太の縮れ麺が、甘辛く旨いスープをよく持ち上げるのですね。

191013_kaeru19

 出す直前に湯気で温められたバラ肉ロールのチャーシューはトロトロ。これをシンナリしたヤサイと極太麺と一緒に頬張ると、この店へきて良かったと。

 文句なし。完食の八割汁でご馳走様でした。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2019.08.22

「Kaeru(カエル)@中野」で ヤサイ少なめ

 今週はラーメンウイークね。今日は中野における二郎インスパイヤの雄「Kaeru(カエル)」

190820kaeru01

 根っこは「堀切二郎(現 大)」系というか「ぽっぽっ屋」系になる。当然自分の店で炊いているのですね。この当り前が当り前でなくなっている店が増えてたりして・・・。ま、どの店でも同じ味が食べられるという利点もある。

 てなことはおいといて、夜の部の開店と同時に店内へ。何にしようか一瞬迷ったけど、久しぶりだから最もスタンダードなラーメンをボチっ。

 相変わらずイケメンなご主人一人でのオペレーション。

190820kaeru02

 「ラーメン 730円」
 ヤサイだけ少な目、ほかはマシでとお願いした。生玉子は要らなかったのだけど出してくれたので、早速溶いておくことにした。

190820kaeru05

 少しマシのヤサイの他は普通にマシ。ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。コショーと一味唐辛子を振りかけてやると、さらにジャンキー。

 やっぱりこの店のラーメンはうまい。ぽっぽっ屋系の特徴の一つである甘辛いスープがモロに私好みなのです。

190820kaeru06

 浅草開化楼製の極太麺は、ややゴワっとした食感。二郎系ではいつもそうしているように、麺とシンナリしてきたヤサイを一緒に頬張るのが吉。

 実に久しぶりの Kaeru。文句なしですね。最近北口地区にできたインスパイヤ系には二度ほど行ったけど、今後は浮気しません(^^; ってか、もっと頻繁に  Kaeruしなくては。

 帰宅すると家族中から「ニンニク臭っ!」と非難轟轟。ブレスケアを買いに行かされました。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

| |

2019.06.22

新店・二郎インスパイヤ「豚山 中野店」

 二郎インスパイヤの「豚山(ぶたやま)中野店」が昨日金曜日にオープンした。先日伝えたように家系の「町田商店」や博多豚骨系の「ばってんラーメン」等を展開する「ギフト」が新たに手掛ける二郎インスパイヤ系ブランドの中野出店(6店舗目)というわけ。

190622butayama01

 ともかく中野に二郎インスパイヤの新店となれば行かないわけにはいかないよねと、上州遠征から帰ったその日に訪問。

190622butayama02 190622butayama03

 店内は先日閉店した「海神(かいじん)」をほぼそのまま居抜きでという状態。上は券売機とコールの注意書き。クリックまたはタップすると拡大されます。
 18時少し前という時間で、店内は4割ほどの入り。客席数は多いから、昼時以外は余裕がありそうだ。

190622butayama04 190622butayama05

 こちらは「アレ」という Twitterを見ている人用の呪文。右はテーブル上の調味料。左から白胡椒、黒胡椒、タレ(醤油)、一味唐辛子、お酢。

 マシは提供直前に聞くという直系二郎風。ニンニク入れますか?と聞かれたかどうかは忘れてしまったけど、ニンニクアブラとアレをコール。

190622butayama06

 「小ラーメン(麺量 250g) 780円」
 警戒してヤサイを増さなかったのだけど失敗だったか。なんだかずいぶん迫力に欠けるような。右上に見えているのが「アレ」ね。今日はカラシマヨネーズ。

190622butayama07

 ブラックペッパーと一味唐辛子をかけてやると、なんとなくそれっぽくなった。取り敢えず天地返しをして食べ始めましょう。
 レンゲでスープを ひとすすりしてみると、確かに二郎風ではあるけれど、私的にはかなりマイルド。すぐさま卓上のタレを ひと回ししてやると私好みに近づいた。もうひと回し。うん、これでよし。

190622butayama08

 麺は太麺というより茹で時間を意識してだろうか、平打ちに近い感じ。もう少し食感が欲しい。次回は直系二郎では決してやらないカタメコールかな。

190622butayama09

 ブタはこんなヤツが2枚。柔らかく美味しかった。このブタはいい。アレをブタに浸けてみたのだけど、ちっとも辛くなかったのでただのマヨネーズ?

 完食の七割汁でご馳走様。ちゃんと二郎系しています。

 でもね、今のところ近所で二郎系が食べたくなったら私の場合、Kaeruかなと。あと前日に閉店してしまった長浜食堂の代わりになる店が欲しいなぁ。ともあれ、もう一度や二度は食べてみることにいたしましょう。

ラーメン 豚山(ぶたやま) 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 11:00-24:00 無休 2019.6.21オープン

| |

2019.06.17

セブンイレブンの「豚ラーメン(二郎インスパイヤ)」

 松戸の「とみ田」が監修したというラーメン。割りと評判がいいのは知っていたのだけど店頭に並んでいるのを見たのは初めて?

190618_711buta01

 「豚ラーメン 550円」
 というわけで買ってしまいました。ルックスはもちろんネーミングも二郎インスパイヤね。
 レンジでチンするだけで食べられるというので、早速レンジ強で 7分と30秒。

190618_711buta02

 出来上がりがこちら。ヤサイがヘタッてしまっているのは仕方ないか。見た目の迫力は遠く及ばないものの、まぁなんとか二郎インスパイヤ。スープはかなり濃いめの豚骨醤油。

190618_711buta04

 極太の麺は、すっかりスープを吸って醤油色。そのせいで麺自体に濃い味が付いている。食感はちょっと浅草開化楼に似ているかもしれない。チャーシューはこれが限界か。それなりに旨いけど二郎っぽくはないかな。

 これはこれであり だと思うけど、600円で三田本店が食べられると思うと、うーむ。まぁ並ばず自宅で「珍」というのが吉でしょうか。

| |

より以前の記事一覧