旅・信州

2019.01.03

2018-19冬の安曇野「Uターン(東京へ)」

 朝6時半、クルマの外気温計は -7度を示していた。今日は東京へ戻らねばならない。

190102snowman

 昨日、次女が作った雪だるまは全く融ける様子もなくそのまま。雪かき後に溜った雪で作ったものだから、あちこち泥や異物が混じってあまり美しくない。というか雑(^^;

 ともあれ、中央拘束の渋滞を避けるべく 07:30に家内の里を出発。

 読みどおりこの時間帯に渋滞はなく、小仏トンネルでわずかにスピードが落ちた程度。またアイサイトのACC設定速度上限を変更してあるおかげで後ろから突っつかれることも殆どなく、ストレスフリーで東京着。

 戻ってから早速、雪ドロ汚れと塩カルを落としておくべく ザッと洗車。ひと段落です。

 というわけで、東京の皆様、本年もよろしくお願いいたしますね m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.02

2017-18冬の安曇野・大町温泉郷「薬師の湯」

 正月二日。今日はラーメンの後、温泉の日。すでに穂高まで来ているのだから、ついでに足を伸ばしてしまえと目指すは大町。ここまで来ていれば残るは 26km 30分。

190102yakushiyu01

 というわけで「湯けむり屋敷 薬師の湯」。大町温泉郷の中で唯一の日帰り温泉施設なのだそうだ。大人 700円。

190102yakushiyu03 190102yakushiyu02

 これらの画像はHPから拝借したもの。左が内湯で右が露天風呂。

 大町まで来ると空いているのかな。ちょうど晴れてきたこともあって、気分の良い雪見風呂となりました。

 カラス派の私としては、いつもよりゆっくりノンビリで、いい湯だな。

◇大町温泉郷 湯けむり屋敷 薬師の湯
 yakushinoyu@amail.plala.or.jp
 長野県大町市大町温泉郷
 7/1-10/31 7:00-21:00
 11/1-6/30 10:00-22:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-19冬の安曇野「一夜明けると雪景色」

 正月二日。昨日までは雪の気配さえなかった安曇野の里。一夜明けると雪。

190102_1st_snow01

 夜半から降り始めたという雪はざっと 7-8cmの積雪。いい年をしていても雪が積もると何故か嬉しい。

190102_1st_snow02

 せっかくだからと少し山側に寄ったリンゴ畑へと繰り出してミニミニ・スノードライブ。他に全くクルマがおらず、真っさらな積雪路にSJフォレスターの轍(わだち)をつけていく。

190102_1st_snow03_2 190102_1st_snow04

 こんな感じで自車の前には道(轍)がなく、自車の後ろに道(轍)が出来る。実際どこまでが道路なのかが判らないので、気をつけないと道を踏み外してしまいそうだ。(画像では判りにくいかも)

190102_1st_snow05

 DUNLOP WINTER MAXX SJ8。積もったばかりの新雪でも、きっちりグリップしてくれる雪道での頼もしい相棒なのです。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.31

2018-19冬の安曇野「常念岳(2)」

 数日間居座った年末大寒波が抜け、ようやく山々の上から雪雲が消えてくれた。

181231mt_jyonen01

 堀金の里からの「常念岳」

181231mt_jyonen04

 場所を変えてパチリ。常念の右にチラリと見えている雪を被った山は「横通岳」

181231mt_jyonen06

 そうして安曇野のシンボル「常念岳と道祖神」

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-105mm F2.8L USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-19冬の安曇野「そばの庵 はや田@堀金」

 次女と二人、買い物がてら昼食へ。十割蕎麦を食べたいという。

181231hayata01

 ちょうど年越し蕎麦になるよねと、安曇野は堀金の里にある「そばの庵 はや田」。見た目 普通の民家に正月の七五三縄。今年の夏以来の訪問になる。

181231hayata02 181231hayata03

 十割蕎麦と二八蕎麦の二種類。蕎麦自体の良さもさることながら、そのボリュームのよさで この地域に並ぶものがないという店だ。

181231hayata04

 その二種類の蕎麦の他はトッピングとして「辛みおろし」に「山菜」「とろろ」など。天麩羅などという色ものはない。その潔(いさぎよ)さも嬉しい。
 元来そばというものは庶民の腹を満たすだけの量が前提だったはずのものだよねと。

181231hayata05

 「二八そば(大盛り)1,100円 」
 前回、二人盛りを頼んで途中で飽きかけたので今回は大盛りにした。

181231hayata06

 少し下から見るとこんな感じ。ボリューム感が伝わるだろうか。

 あれ? 前回よりツルツル感が少ない? まぁ4ヶ月前のたった一度の感覚に信憑性はない。むしろ蕎麦の風味が強くなった感じがあるので、これはこれで良しか。

181231hayata07_2

 「十割そば(一人前)1,000円」
次女が頼んだもの。盛りが良いことは伝えてあったけど挑戦してみるそうだ。おおっ、男の子!(^^;

181231hayata08

 これが一人前。二八そばより太くて やや黒いそばが山盛りになっている。普段小食の娘の反応は「これかぁ!」でも、結構ニコニコしてる。お父さんの血がそうさせるのか(^^;
 二八そばより硬めでわずかにボソッとした食感。でも蕎麦の香りは高い。

 二人とも完食。次女によると味の変化が欲しかったそうだ(^^;

◆そばの庵 はや田
 長野県安曇野市堀金三田小田多井270
 11:30~売切れ終了 15:00以降要予約
 水曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.30

2018-19冬の安曇野「常念岳(1)」

 年末寒波の影響を受けて、こちらに来てから ずっと雪雲の中だった安曇野のシンボル「常念岳」

181230mt_jyonen

 今日も朝からずっと雲の中だったのが、鹿島槍から帰ってくるころには晴れ始めていた。

 まだ恥ずかしいのか薄くベールをまとっているようだけど、嬉しくなって車を降りてパチリ。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-19冬の安曇野「雪道を探して大町から鹿島槍」

 この年末、安曇野の里には全く雪がない。昨日は乗鞍高原まで行っても、雪道は往復でわずか 6km弱だった。
 大町方向には雪雲がかかっている。方向を変えて安曇野から山麓線をひたすら北上。鹿島槍スキー場方面を目指すことにした。

181230snowdrv01

 松川を過ぎ大町に差し掛かると雪が降り始め、温泉郷手前からは狙いどおり雪道となった。ちょっと寄り道をすることにして、扇沢方向に向かうと道幅の広いフラットな圧雪路。

181230snowdrv02_2

 ほかにクルマもなく冬季通行止めの場所までは気持ちの良いドライブができる。クルマから下りてパチリ。

181230snowdrv03

 4シーズン目となる DUNLOP WINTER MAXX SJ8は、きっちりと雪を掴んでくれる。

181230snowdrv04

 本来のルートに戻って最後の峠道を登り切るとそこは「鹿島槍スキー場」。ゲレンデ近くのパーキングは満杯なので、手前のパーキングでもう一度パチリ。

181230snowdrv05

 明るいLEDフォグは雪降りでも目立つので効果有りですね。

181230snowdrv09

 前輪に寄った画像もついでに(^^ゞ

 雪が強くなってきたし寒いしで安曇野の里へと戻ることにした。

 大町から寄り道しながらの雪道は 38km弱。グスグズの雪道もあったけど大半は圧雪路。とっても楽しいスノードライブになったのでした。

 でもクルマはドロ雪と塩カルまみれ。帰りにコイン洗車場でザッと洗っておかなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.29

2018-19冬の安曇野・そば処「中之屋@乗鞍」

 「天峰の湯」を出るとちょうど昼食時。それではと向かったのは以前にも何度か行ったことがあるこちらのお店。

181229nakanoya01

 「水車挽き番所そば 中之屋(なかのや)」

181229nakanoya03 181229nakanoya05

 お正月を迎えるべく松飾りの玄関と水車小屋。蕎麦の実を本当に店の横にある水車で挽いているという珍しいお店。

181229nakanoya11 181229nakanoya12_2

 オフシーズンでもあり店の中も空いていて、先客二組の後客一組のみ。テーブル席に座ると、最初にお茶とお新香が出てくる。安曇野地区では普通のサービスになっている。

181229nakanoya13 181229nakanoya14

 メニューを眺めて4人とも別々のメニューを選択

181229nakanoya15

 「おろしそばセット 1,550円」
 セットという名前のとおり冷やしの「とろろそば」と「もりそば」がセットになっている。辛味ダイコンおろしは別皿で。さらに薬味の他、お新香。

 喉越しの良い蕎麦。コシというよりやや硬めの食感。私好み。新蕎麦というには少し遅いかも知れないが、蕎麦の風味が素晴らしい。そして辛過ぎない辛味おろしとそのわずかな酸味。いいですね。

181229nakanoya16

 家内が頼んだ「もりそばセット 1,250円」。黄色く見えているのは「わらび餅」ね。

181229nakanoya17

 娘が頼んだ「釜揚げそばセット 1,250円」。釜揚げうどんのように蕎麦湯に浸かった、そばを下地(つゆ)につけて食べる。

 お婆ぁちゃんが頼んだ「月見そば 950円」は撮り損ねた。

 みんな美味しく食べてご馳走様でした。さて下界へと戻りましょう。

◆そば処 水車挽き番所そば 中之屋 (なかのや)
  http://www001.upp.so-net.ne.jp/nakanoya/
 長野県松本市安曇番所3961-1
 夏季 10:30-15:30 冬季 10:30-17:00まで
 月2回木曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018-19冬の安曇野「休暇村 乗鞍高原 天峰の湯」

 安曇野滞在二日目。家内のリクエストで次女とお婆ぁちゃんも連れて温泉へ行くことに。

181229tenpo01

 「休暇村 乗鞍高原」に併設されている日帰り温泉「天峰の湯」。家内の里から1時間弱で到着。

 途中の山道には全く雪はなく、目的地手前の「湯けむり館」があるあたりから、ようやく全面的に雪道。わずかだけど今シーズン初のスノードライブとなった。

181229tenpo02 181229tenpo03

 すぐ脇には「Mt.乗鞍スノーリゾート」なるスキー場。外は氷点下。駐車場にクルマを駐めて早速館内へ。

 この日この時間(11:00)というタイミングの温泉は完全貸し切り状態。ここまで上がってくる人はスキー客以外にいないからだろう。

181229tenpo04

 内湯(上)と露天風呂。乗鞍の温泉は一般的に乳白色の湯がほとんどなのだけど、ここの湯はやや茶色がかった無色透明。

181229tenpo05

 露天風呂では雪見をしながらのノンビリ湯ったりモードで「いい湯だな、あははん(^o^)v」。

 結局他のお客さんは私が上がる直前に一人だけ。女湯もガラガラだったそうだ。安いし(大人 600円)空いてるしで文句なしの温泉施設なのでした。

 わずか 6km弱だったけど、今シーズン初のスノードライブもできたしで、取り敢えず満足。さて、ここまで来たら昼食は、やっぱり蕎麦でしょう。

天峰の湯

◇休暇村 乗鞍高原 天峰の湯
 https://www.qkamura.or.jp/norikura/oneday/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.28

2017-18冬の安曇野へ・往路「諏訪湖SA」

 19:45に自宅を出た。例によって家内の里に帰省ならぬ寄生するために中央道。
 八王子、大月と進むうちに交通量は少なくなり、甲府を過ぎたあたりから先はスカスカ。

181228suwako_sa

 「諏訪湖SA」で小休止。外観も内装も、たぶん什器備品類も新しくなっている。

 コーヒーブレイク、そしてトイレも済ませたしで、さて安曇野へ向けて出発いたしましょう。

 年末大寒波襲来。日本海側の山沿いは大雪なんてニュースが大きく扱われていたので、ちょっと心配だったけど、幸い中央道に積雪はなかった。

 というわけで、今年も安曇野からの年越しとなります。また温泉と蕎麦を堪能することにいたしましょう。

 家内の里に着くと 外気温は -6度。さすがに寒いよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 過去ログ | うどん:吉田のうどん | うどん:武蔵野うどん | うどん:讃岐ほか | おいしいキャンプ場 | そば | イベント・祭り | エッセイまたは ひとりごと | カメラ・レンズ | キャンプ・アウトドア | クルマ関係 | グッズ | グッズ:家電 AV | パソコン・インターネット | パチリ:00いろいろ | パチリ:10花・植物 | パチリ:20紅葉 | パチリ:30風景 | パチリ:90中野楽写 | ラーメン:01千代田区 | ラーメン:02中央区・港区 | ラーメン:04新宿区 | ラーメン:05文京区 | ラーメン:09品川・大田 | ラーメン:10目黒・渋谷 | ラーメン:12世田谷・杉並 | ラーメン:14中野区 | ラーメン:16豊島・練馬・板橋 | ラーメン:24その他の23区 | ラーメン:50信州 | ラーメン:88その他の地域 | ラーメン:91インスタント他 | ラーメン:がんこ系 | ラーメン:がんこ総本家 | ラーメン:二郎インスパ元等 | ラーメン:二郎(直系) | 中野真南風エイサー | 呑みと肴 | 家メシ | 富士宮やきそば | 旅・ミニ旅・体験 | 旅・信州 | 温泉・日帰り温泉・銭湯 | 美味しい店:とんかつ | 美味しい店:中華系 | 美味しい店:和食・海鮮 | 美味しい店:洋食系 | 美味しい店:肉料理系 | 読書・映画・観劇など | 食べ物・料理・テイクアウト