旅・信州

2018.08.18

2018夏の安曇野「とりでん@松本」で 野菜そば

 家内を松本まで送っていく途中で「とりでん」を発見。ざっと30数年前に何度か食べて以来だ。
 長野オリンピックを境に大きく変貌した松本。区画整理などに伴って移転?したと聞いていたけど、ここだったんだぁと。

180818toriden01

 そうなるともう堪らない。ちょうどお昼時。家内を目的地近くで降ろすと取って返し 11:40に店の前。

180818toriden02 180818toriden03

 松本におけるラーメン店の老舗中の老舗。でもかつてのレトロな佇まいではなく今風の店構えになっている。暖簾に1948とあるから昭和23年。今年で創業70周年ということになる。
 ちなみに安曇野は豊科にあるカタカナの「トリデン」とは、たぶん姉妹店。

180818toriden04 180818toriden05

 店内はカウンターと小上がりという構成。この時間で先客は2人、後客は家族連れを含め3組8人ほど。この家族連れ以外は会話から常連さんだと判る。
 ご主人一人でのオペレーション。二代目?かつて来たときとは違う印象。

180818toriden06

 店内に大きく掲げられたメニュー板を眺め、かつて好んで食べたメニューは何だったろうと。

180818toriden07

 「野菜そば(大) 900円」
 で、オーダーしたのはこちら。いかにも昭和チックな見た目。

180818toriden08

 醤油色に茶濁したスープは店名のとおり鶏ダシが良く効いたもの。さらに野菜の旨みが溶け込んで、これは旨い。これぞ昭和。そんな風に思わせられる。

180818toriden09

 脂の他に表面に浮いている細かい粒子状のものは何だろろう。魚粉ではなさそうだし、ひょっとしてアク? 全く不快ではないので問題はない。

180818toriden10

 細ストレートのやや縮れ麺。昭和風にかなりヤワメかと思ったけど、そんなことはなく適度なヤワさとでも言うか。取り敢えず文句なし。

180818toriden11

 しばらく食べ進んで発掘(^^; こんなゴツッとした感じのチャーシューが1枚(1個?)に、元は1枚?だったと思われる小塊が二つ。歯応えがあるタイプで見た目以上に旨いのが特徴(^^;。

 かつての味は忘れてしまっているけれど、しっかり昔ながらの中華そばの味を守ってくれている松本の名店。

 また機会を見つけて食べに来よう。未食の方で、この地にご縁がある方には是非にとお奨めしておきます。

(備忘録:店の斜め前の月極駐車場に当店用の駐車スペースが5台分?有り。気づかず近くの有料に駐めてしまったのでした。)

◆とりでん
 長野県松本市大手2-7-17 最寄駅:松本
 11:00-19:00 日祝は 18:30まで。
 水曜休 1948年(昭和23年)創業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.17

2018夏の安曇野「ヌプチェ@梓川」で 冷やしまぜそば

 安曇野に来たからには、もう一杯ぐらいはラーメンをいっておきたい。

180817nuptse01

 そう思って立ち寄ったのは梓川倭のショッピングセンター敷地内にあるこちら「ラーメン ヌプチェ」
 南松本にある「俺ら ラーメン ちょもらんま」の姉妹店だからのネーミングね。

180817nuptse02 180817nuptse03

 閉店時間直前に着いてみると先客は二人だけ。メニューを眺めて つけ麺で行こうかと思い始めた矢先、目に飛び込んできたのが画像右のPOP。急遽こちらに変更してオーダー。

180817nuptse06

 「冷やしまぜそば さば・れもん 850円」

180817nuptse07

 ご覧のとおりのルックス。何より左側の大量の魚粉が印象的。

180817nuptse08

 糸唐辛子をよけてやると、サバの上に薄皮を剥いたレモンが二房。

180817nuptse09

 どうやって食べるのだろうと思ったけど、とにかくマゼマゼするとこんな感じ。

180817nuptse10

 麺は加水率低めと思われる極太ストレート麺。かなり冷水で締められていることもあって、かなりゴワッとした食感。魚粉でジャミジャミすることもあって、もう少しツルツル感が欲しいかなと。

 レモンはうまく混ざらず。ちゃんと混ぜたつもりだったけど、サバはさばのまんま。レモンはレモンのまんまの形で出てきた。そのせいで、それぞれをそれぞれとして食べた感じ(^^; レモンは最初に絞り、サバは最初に崩すべきだったのね。

 途中でラー油とお酢を多めに足して完食。それなりに美味しいのだけど「冷やしまぜそば」はピンと来ず。ご馳走様でしたと店を出た。

◆ラーメン ヌプチェ
 長野県松本市梓川倭532
 http://ameblo.jp/orera-ramen-chomoranma/
 11:30-14:30 17:30-21:00
 月曜休日(祝日の場合は翌日)
 2012.6.29オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018夏の安曇野・梓川の土手から

 昨日のゲリラ豪雨から一夜明けて快晴・・・なんだけど、北アルプス側には厚く雲がかかってしまっている。今回の滞在中はずっとそんな状態。

180817azusadote01

 でも、美ヶ原高原側は背後に若干雲があるものの快晴。美ヶ原王ケ頭・王ケ鼻から霧ヶ峰方向をパチリ。

180817azusadote02

 少し引いて撮るとこんな感じ。夏の川辺と山々という、普段都会に暮らす人々が思い描く、田舎の光景の一つではないだろうか。

180817azusadote03

 反対側、梓川の上流、乗鞍高原方向を撮ったもの。

 もうしばらく、この松林の中を通り抜ける風に吹かれていたいな。

◇CANON EOS 1DX + EF 70-200mm F2.8L IS USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018夏の安曇野「かかし@豊科」カフェみたいなラーメン店

 安曇野に滞在三日目。考えてみると、まだラーメンを食べてないではないか。というわけで事前にいくつか調べておいた中から評判の良さそうなこの店。

180817kakasi01

 「かかし」 
 豊科の田園風景の中に突然オシャレなカフェ風のお店。えっ?ナビの間違い?一瞬そう思ったけど、たしかに「かかし」と書かれた看板がある。

180817kakasi02 180817kakasi03

 店の前には、ラーメンの立て看板もあって、間違いでなかったことを再認識。でも、おっさん的にはやや入りにくい(^^;

180817kakasi04 180817kakasi05

 店内は正にカフェ。スタッフの制服もカフェ風のパステル?カラー。おっさん的違和感を抱えながらも、幸い厨房側にカウンターがあったので、そこへ着席。開店間もなくという時間は先客なしの後客一組。

 どうやらラーメン系がメインの時間帯とカフェタイム(14:00-17:30)に別れているらしい。

180817kakasi06 180817kakasi07

 こちらがラーメン系のメニュー。クリックなりタップなりして大きくして見てくださいね。ラーメンには塩、醤油、味噌、トマトにつけ麺となんでもござれ。さらにギョーザやカレーライスのメニューも見える。
 右はラーメンとセットに出来るメニュー。これはいいと思ったものの今日はパス。

180817kakasi09

 で、結局決めたのはこの別メニューの中からこちら。限定と言う言葉に弱いんですよ(^^;

180817kakasi11

 「塩バターあさりラーメン 930円(税込)」
 さほど待つこともなくご提供。ご覧のとおりのルックス。

180817kakasi12

 周囲にキザミ海苔、中央にアサリ。緑色はなんと野沢菜?にキザミねぎ。

180817kakasi13 180817kakasi14

 スープはいかにも塩らしい清湯。美味しいのだけど、キザミねぎが強すぎる気が。刻まずに普通に海苔を 1,2枚載せてくれた方が良かったような。せっかくのアサリの風味が弱められてしまう・・・というのはあくまで私の好み。

180817kakasi15

 麺はやや柔めの細縮れ麺。清水製麺所という麺箱があったけど、店で手もみを加えているのだろうか。食べ終わりの底の方に、大量に細かく千切れた麺が残ってしまっている。もったいないので すくい上げて食べましたよ。もちろん。

180817kakasi16 180817kakasi17

 カフェ系のメニューも紹介しておきましょう。パンケーキ類も充実しているみたい。そう聞いて家内もカフェタイムに連れて行けと。

◆かかし
 長野県安曇野市豊科182-8
 11:00-14:00 17:30-22:00
 カフェタイム 14:00-17:30 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.16

2018夏の安曇野「そばの庵 はや田@堀金」

 湯けむり館でノンビリと朝湯に浸かった後、そのまま乗鞍高原で食事をするつもりでいたのだけど、ふと知人から聞いていた堀金の蕎麦屋のことを思い出した。

 小雨だった乗鞍高原には雷が轟き始めている。これは大雨になりそうと 1500mの高地から早めに里へと下りることにした。実際下りの峠道はずっと大雨だった。

180816hayata01

 「そばの庵 はや田」
 というわけで、およそ一時間後の堀金。広域農道から山側に少し入った集落の中にあるお店。

180816hayata02 180816hayata03_2

 その知人の話によると、安曇野に数多ある蕎麦屋の中で、有名ではないが旨い店だという。そういう本当の口コミこそ貴重なのですよね。でも駐車場の3台は全て県外ナンバー。あれ?実は有名店?

 ちょうどお昼時という時間。座敷だけの店内は先客3組の後客1組。

180816hayata04

 ご覧のとおりメニューには、そばしかない。トッピング的にあるのは「辛みおろし」に「山菜」「とろろ」くらいのもの。この潔(いさぎよ)さがいい。天麩羅なんていう高級?な色ものはないのだ。

 ちょっと気になっていたのは入り口脇の黒板に書かれていた「盛り沢山。小食の方は半盛りあります」という一文。でも、まぁ大したことはあるまいと、いつもどおり私は二人前、家内は一人前を頼んだわけ・・・だ。

180816hayata05

 「二八そば(二人盛り)1,800円 」
 比べる物がないので判りにくいかもしれないが相当なボリューム。家内は目を丸くしている。本来なら、ざるそばの他に そばチョコと薬味が載るはずのお盆に大ざるが一枚だけで はみ出している。薄くそばが盛られた大ザルは時々見かけるけど、これはきっちり厚く?盛られている。いやはや恐れていた事態が・・・なぁんて本当は「これなら行ける」と(^^;

180816hayata06

 実際ツルツル感が強い とても美味しいそば。そしてクセのないというか、適度にダシが効いた下地で、これはいい。家内もいくらか食べてみて「美味しいね」。

180816hayata07

 「十割そば(一人前)1,000円」
 こちらは家内が頼んだもの。茹で時間の差か、やや遅れて出て来た。一人前は普通のサイズのざるなわけだけど、その盛りの良さが判ると思う。家内はタッパーを持ってくれば良かったと思ったそうだ。

 十割そばらしく、やや黒く わずかにボソっとした食感。二八そばに比べて、そのコシの強さと短く切れていることもあって、若干の食べにくさ。でも蕎麦の香りは高い。こちらを最初に食べておくべきだったかと。

 小食の家内は半盛りで良かったみたいだ。お父さんも手伝って、二人とも完食。そしてきっちりドロッとした蕎麦湯も頂いて、ご馳走様でした。

 先客は私たちと同じ一見さんなのだろう。食べきれずに「すいません」と言って帰る客が二組(^^;

 私的には大のお気に入り。家内の里からも通い慣れた「常念」より近く、通いやすい。旨いだけでなく、そのボリュームが与えてくれる満足感が素晴らしい。

180816hayata08

 店の脇に「安曇野一の盛りの良さ」と書かれた看板が捨て?置かれていたのに気がついた。確かにそのとおりと納得して店を後にしたのでした。

 お奨めは二八そばの大盛りかな。蕎麦っ喰いに自信のある人は二人盛り、三人盛りに挑戦して見てくださいまし。

◆そばの庵 はや田
 長野県安曇野市堀金三田小田多井270
 11:30~売切れ終了 15:00以降要予約
 水曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018夏の安曇野・乗鞍高原で いで湯とお猿の一家

 雨模様の中、家内と二人、山の温泉へ行こうと乗鞍高原。

180816norikura01

 その途中で出会ったニホンザルの一家。見えたのは全部で6頭くらい。

180816norikura02

 そっと寄って行くと、目の前までクルマが来ても逃げない子猿君。濡れ落ち葉を見て何をしようとしているのだろう。

180816norikura03

 そうして、何度も来ている日帰り温泉施設「乗鞍高原 湯けむり館」

150103yukemuri07

 上の画像は同施設のHPからのもの。実際は雨模様だったから、こんな青空ではない。

 ともあれ、のんびりゆったりで、いい気分。そういえば、ここのところずっと抱えていた寝不足から来るダルい疲れが抜けたみたい。

 お猿さん一家との遭遇で癒やされたり、また温泉の効果もあるかもしれなけど、こちらへ来てからの二晩。クーラー無しで寝られたのが大きいかと。久しぶりに熟睡できている信州 安曇野なのです。

◆乗鞍高原 湯けむり館
 http://www.norikura.co.jp/yukemuri/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.15

「たまごの駅@穂高」で ふわふわのオムライス

 あれこれ買い物に安曇野の農道沿いをドライブ。ちょうどお昼時。どこで食べようかとかと迷っていると、こんなお店に気がついた。

180815eggstation01

 なんと「たまごの駅」ですと。写っていないけど「オムライス」の文字が目に飛び込んできた。
 オープンしてもう5年にもなるというのに、これまで未食。先に書いたようにこの地で食事というと、そばかラーメンしか頭になかったので気がつかなかった。まさに眼中に無いってヤツ(^^;

180815eggstation02 180815eggstation04r

 地元の養鶏組合直営の店らしい。店内では鶏卵などの展示販売の他、食堂を併営している。テーブル席のみで、お客さんは七割ほどの入り。

180815eggstation05

 こちらがこの店のメニュー。全て鶏か玉子の料理。なるほど養鶏組合らしい。単にカレーライスと言う名のメニューもあるけれど、これもチキンカレーに違いない(^^;
 さて、当然オーダーはオムライス。着席して待つことしばしで出てきたのがこちら。

180815eggstation06

 「オムライス 1,000円」
 ご覧下さい。このルックス。田舎の農道沿いにある食堂とは思えない。強いて言えばプラ製のトレイだけがちと安っぽいけど、なかなか。

180815eggstation07 180815eggstation08

 手前左にあるのは、地鶏卵のプリン。右側にはミニサラダにコンソメスープ。

180815eggstation11

 メインのオムライスは、見るからに ふわふわのトロリ。廻りには単にカットトマトの風味と形が残る濃厚なトマトソース。

180815eggstation12

 オムレツの中は同じトマトソースを使ったと思われるチキンライス。旨そうでしょ。実際食べてみると最初は若干バサッとした印象だったのだけど、フワトロのオムレツと廻りのトマトソースとを一緒に頬張ると、これがまた素晴らしい。なるほどそこまで考えての味付けだったのねと。

 スープはややショッパめ。なめらか食感のプリンは甘め。いいバランスです。

 これまで未食だったことを後悔させられたオムライス。次回はチキンカツ定食とか親子丼なんてのもイッてみたい。そんな当たりのお店だったのでした。

 一番人気だという地鶏卵の「安曇野おうはん(10個入) 500円を買って店を出た。明日の朝食は「TKG たまごかけご飯」に決定ね(^o^)v

◇たまごの駅
 http://tamago.aidaegg.com/e2154384.html
 長野県安曇野市穂高柏原4568-1
 10:00-17:00 レストラン11:00-14:00
(たまごかけごはん単品 10:00-14:00)
 木曜休・年始三日間休 (Open:2013/5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.08.14

2018夏の安曇野へ(@長野自動車道)

 定時に退社。パニでノンアルコールを一杯(^^; 帰宅後シャワーを浴びて、いざ安曇野へ向けて出発。

 中央高速はずっと順調。途中、諏訪湖SAで遅めの夕食をと思ったのだけど、駐車場も施設内もやたら混んでいる。目立つのはキャンピングカーやキャンプ用のトレーラーたち。それもそのはず、明日は諏訪湖花火大会だった。

18081402

 諦めて一つ先のみどり湖PAへ寄って見ると・・・あれま、真っ暗。すでにお店は閉まっているでは有馬温泉。
 というわけで、トイレだけの小休止。今回は家内を迎えに松本駅経由で安曇野へ。

 例年よりも遅めの帰省(寄生)だけど、またしばらく安曇野からのブログとなります。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

2017-18冬の安曇野「さて、下界へ」

 安曇野での5泊6日も終わり、下界へと戻らなくてはならない。

180103asa

 まだ暗いうちに起きて外を見ると雪。うっすらと積雪。うーむ。

Yosoku

 「ドライブトラフィックの渋滞予測」によると、10時には渋滞が始まり、11時にはピークを迎えるらしい。

 なんとかそれをスリ抜けられるよう、早朝こちらを発つつもり。うまく渋滞にハマりませんように。

 下界の皆様、戻りましたら、またよろしくお願いいたしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.02

2017-18冬の安曇野「そば処 合掌 で とうじそば」

 乗鞍高原で温泉に浸かったら、帰り道は蕎麦でしょう。

180102gasshou01

 というわけで昨年のGW以来二度目の訪問となる「そば処 合掌」である。

180102gasshou02 180102gasshou03

 メニューを眺め、家内と娘はこの店の名物である「とうじそば」をオーダー。私はいつもどおり「もりそば」。

180102gasshou04

 信州安曇野近郊のそば処では必ずサービスで出される漬け物。この赤いカブが美味しかった。待つうちに無くなってしまった。

180102gasshou05

 「とうじそば 1,600円」
 複数人で来店の場合、二人前からお願いしますとのこと。なるほど具だくさんの鉄鍋をカセットコンロにかけてと、手間もかかっている。

180102gasshou06

 「とうじかご」と「そば」

180102gasshou07

 鍋に蕎麦を投入するのではなく、この小ぶりの「とうじかご」に蕎麦を入れて、しゃぶしゃぶして食べるのだそうだ。

 野菜と山菜、わずかに?鴨肉のダシが効いて、なかなか美味しいつゆだった。さらにボリュームが結構あって二人とも「お腹いっぱいだぁ」と、とっても満足したよう。

180102gasshou08

 私が食べた「もりそば(並) 850円」と「追加そば 600円(下の画)」

180102gasshou09

 新蕎麦というのには ちょっと遅めかもしれないけど、地元「番所(ばんどころ)」のそば畑で採れた蕎麦粉を使った蕎麦が、この濃いめの下地に良く合っていて、美味しく頂きました。

 雪見温泉とおいしい蕎麦。乗鞍三昧といったところでしょう。

Gasshou_gglmap

◆そば処 合掌
 http://www001.upp.so-net.ne.jp/gasshou/
 長野県松本市安曇4025-2
 11:00から売り切れまで
 火曜・第2水曜休(冬季間不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧