富士宮やきそば

2016.11.26

富士宮焼きそば「鉄板焼 すぎ本 本店」でハーフセット

 「おじまや」を後にして向かったのはこちら。昭和23年創業という富士宮焼きそばの発祥よりも歴史の古いお好み焼き屋さん。当然富士宮焼きそばにおいても老舗中の老舗「鉄板焼 すぎ本 本店」である。

161126sugimoto01

 鉄板焼きという店名のとおり「洋食焼き(お好み焼き)」がメインの店だ。
 「おじまや」に続いて2連食になってしまうけど、このために朝飯を抜いて来たのだもの。そして先ほども「おでん」を我慢したのだもの。いいぢゃないかと。

161126sugimoto02 161126sugimoto03

 こちらがメニュー。さてさてどれにしようと眺めていると、フロア担当のお姉さん?がやってきて「初めてですか?」と。「はい」と答えると「当店は元々が洋食焼きの店なので、是非お好み焼きも食べて欲しいのでこちらを見て下さい」と、右側のメニューを示された。
 焼きそばとお好み焼きのハーフセットなるメニューがある。それぞれお好みでトッピングも可能だそうだ。さらに焼きそばをメインで食べたいのなら、ハーフ&ハーフでなくて割合を変えることもできるそうだ。

161126sugimoto04

 「肉焼きそば」
 焼きそば8割りで作って貰ったのが、こちら。思ったより量がある。

161126sugimoto05

 ここは「だし粉」を自分で振りかけることができる。食べ進みつつ振りかけてねとお姉さん。これ結構珍しい。好みで濃さを調整できるのがいい。
 2軒目だというのに最後まで飽きずに美味しく頂くことができた。

161126sugimoto07

 「洋食焼き(お好み焼き)ミックス 2分?」
 こちらが2割りに相当するお好み焼き。2割にしては、それなりのボリュームがある。
161126sugimoto06

 この店のオリジナルブレンドだという甘辛いソースが記事によく馴染んでいて旨い。ホクホクのお好み焼きもすっかり頂いて、ご馳走様。

 お値段はたしかこのセットで 780円だったと思う。富士宮焼きそばと洋食屋器の老舗のお好み焼きとのセットでこの価格なら、かなりお得な部類だろう。

 お腹がいっぱいになって店を出た。

 初めて行く方々にはお奨めです。なかなか捨てがたい魅力があねお店です。浅間大社前のお宮横丁にある焼きそば専門の支店の方にも一度行ってみなくては。

 そうそう、この店で富士宮焼きそばは 17店目となりました。そろそろ有名どころは一巡したかな?

◆鉄板焼 すぎ本 本店
 http://teppanyaki-sugimoto.com/
 静岡県富士宮市西町16-3
 11:00-15:00 17:00-21:00
 土日祝 11:00-21:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮焼きそば「おじまや」で 肉玉焼きそば

 「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」へ来たときは、ほぼ恒例となっている富士宮攻め。
 もちろん狙いは「富士宮焼きそば」ね。で、今回向かったのはこちら。

161126ojimaya
 西富士宮駅近くにあって、いわゆる(元)駄菓子屋系のお店「おじまや」である。

161126ojimaya02 161126ojimaya03

 この店は鉄板をコの字型に囲んでお客さんが座る方式(座敷席もある)。隣のテーブルのおでん鍋には「富士宮おでん@60円」が煮込まれていて、お客さんがセルフで取って食べるようになっている。お会計も自己申告みたいだ。ちょっとソソられたけど、ここは我慢。

 やっぱり目の前の鉄板で焼いてくれるのがいい。右の画は隣のお客さんが頼んだお好み焼きの仕掛かり状態?のもの。

161126ojimaya04

 「肉玉焼きそば 600円」
 お姉さん?が手際よく焼いてくれた。鉄板から直接食べる方式ね。と言っても、もちろん取り皿は用意されているので、適当量を取って食べることになる。

 キャベツが大きめにキザまれているのが特徴か。この食感もなかなかいい。
 ふっくらと柔らかく仕上がっていて、さすがは「前島」と並んで駄菓子屋系の名店と言われるだけのことはある。

 麺は富士宮焼きそばの王道「マルモ食品」のものらしい。まぁどこの麺にせよ、先日食べた某店のガサガサに炒められた焼きそば(^^;よりははるかにいい。

 トロトロの目玉焼きを途中で崩し、焼きそばに絡めて食べるとまた、これはこれはというお味。

 ここも富士宮焼きそばの有名どころが一巡したら、再訪したい店の一つになった。お奨めです。機会があったらどうぞ。

◆おじまや
 静岡県富士宮市貴船町11-14
 09:30-18:00 月曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.12

富士宮焼きそば「つぼ半」で五目焼きそば

 せっかく富士ヶ嶺の「おいしいキャンプ場」まで来たのだから、やっぱり焼きそばでしょうへと富士宮へ。

161112tubohan1

 「鉄板焼 つぼ半」 結構な有名店みたいであちこちのランキングでも紹介されている。

161112tubohan2 161112tubohan3

 開店と同時に入店。店内にいたのは、かなりお年を召したおばぁちゃんだけ。しばらくして別のお客さんが入ってきた時に、ようやく女将さんらしき方がいるのが判った。

 人気メニューだという「五目焼きそば」とおばぁちゃんに奨められるままに大盛りを頼んでしばらくお待ち。

161112tubohan5

 「五目焼きそば 700円 +大盛 300円」
 水を使わないのがこの店の特徴らしい。ソースの他にキャベツなどがら出る水分だけで調理するという、富士宮焼きそばにはよくあるスタイルだ。

 一生懸命作ってくれた おばぁちゃんに感謝しながら、なんとか食べきってお勘定。

 値段を聞きもしなかったけど、まさか大盛りが300円増しとは(^^; 富士宮焼きそばを出すの店の中では、かなりコスパは低い方みたいです。(^^;

◆鉄板焼 つぼ半
 http://shizuoka.j47.jp/tsubohan/info
 静岡県富士宮市大宮町12-14
 17:00-25:00 (LO 24:00)
 土日祝 11:00-25:00 (LO 24:00) 不定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.03

再訪・富士宮やきそば「むめさん」

 今回の「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」訪問のメンツはSP氏と現役JDであるY嬢の三人。まずは富士宮まで下りて、富士宮焼きそばで昼食を取ることにした。

160903mume3_01

 「むめさん」
 この店は地元の知人もお客さんが来るとここへ連れて行くと言う名店の一つ。おいしいキャンプ場からも近いしで、私とSP氏は二度目の訪問になる。

160903mume3_02

 カウンター席に座って、目の前でむめさんが焼いてくれるのを眺めながら待つことしばし。

160903mume3_03

 「肉焼きそば 648円」
 ここでは、もちろん富士宮焼きそばを頂く。この店の麺は「曽我めん」製。富士宮やきそば発祥の「マルモ食品工業」ではないけれど、食感の良さも美味しさも文句なしなのは経験済み。

160903mume3_05

 富士宮に限らず、焼きそばはソースと水分のバランスが大事というのがよく判る。かなり細めの千切りキャベツとショッパめのソースが特徴だ。

160903mume3_06

 「しぐれ焼き・ミックス 918円?」
 この店では、当然これも外せませんね。パッと見はお好み焼き風ではあるけれど、中には富士宮やきそばが入っているのが特徴。広島風お好み焼きっぽくもある。

160903mume3_07

 ちょっとカラメ。呑兵衛向けの味付けなのかもしれない。SPが頼んだビールが羨ましい。

 これまでいくつも(って、まだ14店だけだけど)食べてきたけど、再訪はこの店が初めて。初訪問時の期待を裏切らない「むめさん」なのでした。

◆むめさん
 静岡県富士宮市上井出854-50 TEL 0544-54-1161
 朝の部 7:00-9:00 昼の部 10:30-19:00
 火曜休、第3水曜休(但し祝日を除く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.09

「さの食堂@富士宮」で 富士宮やきそば

 「虹屋ミミ」でミックス焼きそばを食べた後、まだ腹には余裕がある。であればもう一店くらい行けるよねと寄ったのは「ミミ」からわずか数分の「さの食堂」

160709sano01

 店の看板には「富士宮やきそば」とあるけれど、店先のノボリは「ラーメン」と「もつやき」。さの食堂という名前からしても、ラーメンともつやきがメインの店みたいだ。
 でもここもまた実力店らしく、富士宮やきそばのお奨めの店によく出てくる。

160709sano02 160709sano03

 相変わらずの本降りの中、店の横にある専用Pにクルマをおいて店の中へ。座敷というか小上がりとテーブルに席が判れていて、お一人様の私は二人掛けテーブルへ。

160709sano04

 メニューにはいかにも食堂らしく定食系のものが並んでいる。焼きそばは潔く一種類のみ。これをオーダーして待つことしばし。厨房が店の奥、見えない造りになっているのがちと残念。さして待つこともなく出てきたのがこちら。

160709sano05

 「富士宮やきそば 500円」
 さきほどの「ミミ」とは打って変わって、油っ気がきっちりあるタイプ。画像ではだし粉に隠れて判りにくいかもしれないけど、なんたかそれだけでうれしい。

160709sano06

 特別なことはないけれど、お味の方もマルモ食品の麺の食感も良しで、文句なしですね。

 「ミミ」といい、この店といい、駅から近いので電車できた人にもお奨めできますね。機会があったら是非どうぞ。

◆さの食堂
 静岡県富士宮市大宮町21-1 最寄駅:富士宮
 11:30-15:00 17:00-20:00
 土日祝 11:30-16:00 17:00-20:30
 水曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮やきそば「虹屋ミミ」で ミックス焼きそば

 「おいしいキャンプ場」から身延線富士宮駅までは、クルマでおよそ30分。

160709mimi01

 本降りの中、ナビを頼りにたどり着いたのは、駅近くに店を構える富士宮やきそばの名店「虹屋ミミ」。店先には富士宮やきそば学会公認の店であることを示すオレンジ色のノボリ。店の真ん前にある有料Pにクルマをおくと、ちょぅど開店時間。

160709mimi02 160709mimi03

 ご覧のとおり小さなお店に狭い店内。でもいかにも女性が一人でやっている感じ、清潔で可愛らしいお店だ。

160709mimi04 160709mimi05

 店内には名店であることを示す「第一回 富士宮やきそば鉄人グランプリ」の賞状が飾られている。メニューを見ながらイチ押しだというミックスやきそばをオーダー。

 するとゴルフウエア姿のおじさんが4人。東京からだという。大雨でプレーを諦めたのだそうだ。狭い店内、おじさん4人が座れる席はカウンターしかない。目の前で鉄人の技を見られると思っていたのだけど仕方ない。席を譲っておじさんたちの背中越しに焼く様子を覗き見しているうちにご提供。

160709mimi06

 「ミックス焼きそば 700円」
 なんとラード(油)も水も使わずに焼き上げているそうだ。確かに見ていてもそうだった。自家製だという肉カスから出る油分とキャベツから出る水分だけだそう。

160709mimi07

 さらに驚いたのは麺がマルモ食品でも、曽我製麺でも、叶屋や木下製麺所でもないことだった。特注でとある製麺所に作って貰っているとのこと。これら4つの製麺所以外の麺を使ってはならないのが「富士宮やきそばの掟(富士宮やきそばを名乗れない)」だと思っていたので、ちょっとビックリ。なんと富士宮市の製麺所ですらなく、わざわざ富士市の製麺屋さんに頼んでいるのだそう。

 弾力のある美味しい麺だったので、一体どこの麺だろうと思っていたら、ちょうど麺屋さんの納品があった。麺箱には平野製麺の文字。ふーん、そうなんだ。
 女将さん曰く、スーパーでも買える麺を使っているなんて、ラーメンや蕎麦屋ではありえないでしょう。ウチはね、ブームになるずっと前から、こうやってやってきているんだよと。

 公認どころか第一回の鉄人グラプリでもあるし、富士宮やきそばのシバリにも例外があるのだなと思った次第。

 そうそう、肝心のお味の方。おいしい焼きそばだったけど、油も水も使わないせいか、全体にややバサッとした印象。これは好みの問題なのだろうけど、私的にはもう少し水っけ油っけがあってくれた方が嬉しいなという感じ。

 しぐれ焼きも今度食べてみてと言われたので、機会を見つけて再訪してみたいものだと思っている。

◆虹屋ミミ
 静岡県富士宮市中央町3-9 最寄駅:富士宮駅
 11:00-19:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.20

富士宮やきそば「ひまわり」で ミックス焼きそば

 箱根の宿を出て目指すは富士宮。途中の乙女峠でも雲に隠れて富士山がまともに見られなかったのが残念だったけど、1時間半弱のドライブ自体は順調。

 富士宮といえば、もちろん「やきそば」。本場の「富士宮やきそば」を食べたことがない家内に食べさせてやろうという企画ね。

160620himawari01

 「お好み焼き・焼きそば ひまわり」
 この店も今回が初訪問。事前のリサーチによると富士宮やきそばの名店で「B級グルメ鉄人グランプリ」なるものを受賞している店なのだそう。

160620himawari02

 店内にはL字型のカウンターに囲まれるように大きな鉄板。小上がりにテーブルが3卓ほど。そして30代?+と思われる女将さん(ちゅらさん系・・・ここ大事(^^;)が一人。

160620himawari03 160620himawari04

 壁のメニューや酒棚を見ると、本来は鉄板焼きがメインのお店みたいだ。平日でもあり、開店直後という時間のせいもあってお客さんは我々だけ。

160620himawari05

 家内も私もこの店の一番人気らしいミックス焼きそばをオーダー。女将さんが手際よく焼き初めてくれた。鉄板にはすでに油が引かれていて、ラードなのかどうかは判らなかった。肉かす、キャベツ、豚肉、マルモの麺、桜エビ、多めの差し水(お湯)、そしてソース。これもちょっと多め。左手の半熟目玉焼きがいいでしょ。

 手早く、だけど丁寧に作ってくれたのがこちら。

160620himawari06

 「ミックス焼きそば 600円」

160620himawari07

 かなり水分が多め、さらに味も濃いめのように見えたのだけど、実際はそんなこともなく、麺の焼き加減まで含めて完璧。実に旨い「富士宮やきそば」だった。

 これまで食べた「富士宮やきそば」は、この店を入れて12店。その中でも私の好み的に1等賞かも知れない。
 この店こそ再訪必至。機会を作って、今度はお好み焼きのミックスも。できれば夜の部の鉄板焼きで一杯二杯といきたいものだと思っている。

160620sengen

 さて、富士宮といえば、もう一つ。もちろん富士山信仰の中心地であり世界文化遺産でもある「富士山本宮 浅間大社」

 こちらにも家内を連れて行ってやらねば行けませんね。そしてここまで来たからには「おいしいキャンプ場」に顔を出してから東京へと帰ることにいたしましょう。

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

◆:お好み焼き・焼きそば ひまわり
 http://ameblo.jp/hi07mi/
 静岡県富士宮市若の宮町32
 11:00-21:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.04

富士宮やきそば「ゆぐち」で 肉やきそば

 「すずきお好み」を出て次に向かったのは、クルマで3分の距離にある「ゆぐち」。富士宮やきそばの超有名店・人気店だという。

160604yuguchi1

 店の斜め前には広々とした駐車場があって、結構な台数が停められそうだ。この店も例のオレンジ色のノボリがない。

160604yuguchi2 160604yuguchi3

 実は「すずき」へ行く前、この店へ寄って店頭に置かれたお待ち名簿に名前を書いておいたのだ。2等賞ね。
 開店時間の10分ほど前に着くとお待ちは 6-7組に増えている。正解ですな。

 定刻に開店。男性スタッフ2人と女性スタッフ3人という構成。ご主人らしき男性が焼きそば系を担当し、もう一人の若い男性はお好み焼き担当。そして女性は下拵えや盛り付け、フロアを担当しているようだ。

 すぐに焼き始めるのかと思って見ていたら、鉄板で野菜を焼いてすぐに捨てて・・・って、シーズニングからかい!?と思ったけど、単に鉄板の表面をキャベツで掃除したみたいだ。
 その作業もすぐに終わり、豪快に作り始める。2等賞にしては結構待たされて、ようやく出てきたのがこちら。

160604yuguchi5

 「肉やきそば 650円」
 ご覧のとおり結構ボリュームがある。肉の量にしても、荒めの千切り?にされたキャベツの量にしてもだ。通常の麺1玉で、このボリューム。富士宮やきそばにしては、ちょっとお高めの値段設定にも納得だ。

160604yuguchi7

 そうして何よりこの焼きそば 旨い。麺自体のゴムのような食感がいいし、ソースの濃さも脂の量も良し。さらに肉カスの食感も。さすが人気店だけのことはある。

160604yuguchi6

 さてここの麺はどこのものだろう。ちょっと遠目だったので判りにくかったけど、麺のビニール袋は「マルモ食品」のように見えた。でも叶屋のものだという説もあるので、どちらかはまたの機会に譲ろう。

 この店も、再訪必至。次回は人気メニューだという「ホルモン焼きそば」をイッてみたい。

◆ゆぐち
 静岡県富士宮市万野原新田4032-3
 11:00-13:00 月曜・第2火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士宮やきそば「すずき お好み」で 肉イカやきそば

 さてさて「おいしいキャンプ場」に来た時の楽しみの一つはB級グルメ。すなわち「富士宮焼きそば」と「吉田のうどん」が私的双璧をなすわけですな。
 そしてのこの二つ、富士宮と富士吉田は富士ヶ嶺の「おいしいキャンプ場」からは、それぞれの市内までほぼ等距離。

160604suzuki01

 というわけでクルマでおよそ30分ほど。最初に立ち寄ったのがこちら。「すずき お好み」である。富士宮やきそば学会公認の店である証し、オレンジ色のノボリが出ていないのだけど、れっきとした「富士宮やきそば」の店。それも老舗の部類だそうだ。

160604suzuki04 160604suzuki02

 店に入るといきなり鉄板。その名のとおり、いわゆるお好み焼き系の店なのが判る。スタッフは女将さんらしきお年のお母さんが一人だけ。このお母さんも前回の「前島」同様、お話し好きみたいで昔話などをいろいろ教えてくれる。

160604suzuki03

 最初に出てきたのはヌカ漬けのお新香。サービスだそうだ。いい味を出している。こんな時ビールを飲めないのは悲しい。

160604suzuki05 160604suzuki06

 最初はイカ、そしてキャベツ、麺、肉かす、肉という順番で炒め始めて、ものの数分。

160604suzuki07

 「肉イカ焼きそば 500円」
 まさに目の前でチャチャッと作ってくれたのがこちら。ラードや油を使わず、豚肉と肉カスから出る脂だけで焼くのがこの店の特徴だそうだ。鉄板から取り皿にとって食べるタイプで麺はマルモ食品製。

 まずは薄めの味付けで提供するのも「前島」と同じ。これはある程度お年の女将に共通する味付けなのかもしれない。ここも「薄かったら言ってね」ということなので、ひと口食べたところで「もうちょっと濃い方が好み」というと、ソースを足してサッとまぜてくれた。うん、この方がずっといい。

160604suzuki08

 ラードも油も使わないせいでサッパリと仕上がるというけれど、私的にはもうちょっと脂を使ってくれた方が好みだなぁ。もちろん決してまずいわけではないし、このお値段でこの水準なら文句を言ってはバチが当たる。

 いろいろ教えてくれた女将さんに「美味しかった。ご馳走様でした」とお礼を言って店を出た。

 一般的な富士宮やきそばは、わりと量的には多くない。というわけで、もう一軒攻めることにしまょうかね。

◆すずき お好み
 静岡県富士宮市万野原新田3281-17
 11:00-20:00 火曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.14

2016新緑の「おいしいキャンプ場」富士宮やきそば 前島

 本栖湖を後にして富士ヶ嶺の「おいしいキャンプ場」へ。朝早くから畑仕事の真っ最中だったオーナーのR氏が、その畑に使う肥料が足りないからと一緒に買い物がてら富士宮へ。もっともそれがなくても富士ヶ嶺へ来たからには、どうしたって行かないわけにはいかないでしょう。
 というわけで、今回訪ねたのはこちら。

160514maejima01

 「前島」 富士宮やきそば・駄菓子屋系の老舗なのだそうだ。以前にも書いたことがあるけど、富士宮焼きそばは、その出自からこの駄菓子屋系とお好み焼き屋系に大別されるのだとか。

160514maejima02 160514maejima03

 で、この店は由緒正しい?駄菓子屋系の雄であることが店内に入るとすぐに判る。陳列棚には昔懐かしい駄菓子と今どきの駄菓子とが整然と並べられている。

 まだ早い時間とあって、先客はなし。店内には女将さんらしき、お母さんが一人。

 そして店の中央奥に大きな鉄板と、その周りに椅子。ここはオーダーした後、出来上がるまでは、この鉄板の前には座れず、入口脇に並ぶ椅子席でお待ちというのがローカルルールのようだ。

160514maejima04

 お母さんのオペレーションを眺めつつ待つことしばし。出来上がり「どうぞ」と言われて鉄板の前に移動。このお母さん、おしゃべりが好きらしくて、作る間も食べる間も富士宮やきそばの歴史やら何やらいろいろ話してくれる。でも決して不快でないところが人気店の証なのだろう。

160514maejima05r

 「肉やきそば(大盛) 600円」
 お母さん曰く「うちの店は薄味だから濃くしたかったら言ってね」だそうだ。実際食べてみると確かに薄味だったで、もう少し濃くしてと言うと、一旦自分の前に焼きそばを戻してソースを廻しかけさっと混ぜてくれた。うん、この方が明らかに私好み。

 麺は富士宮やきそばの正統派?「マルモ食品工業」謹製のもの。普通に地元のスーパーで売っているのと同じパックに入っている。

 しっかりした弾力の蒸し麺にソースと肉・野菜の味が絡んで、うーむ美味しいではないですか。文句ありません。

160514maejima06

 「イカやきそば 500円」
 こちらはR氏が頼んだもの。旨いのだけど濃いめを頼めば良かったかと、ちと後悔している様子だった(^^;

 撮り忘れてしまったけど、女将さんが奨めるので駄菓子の「ハムカツ 40円?」を焼いて貰った。ちょっと焼いて貰うだけでガラッと味が変わってなかなか旨い。たかが駄菓子と侮ることなかれ。さらにソースを少し加えて貰うと、さらに旨くなった。

 これを玉子でとじて、ご飯に載せたら即席のハムカツ丼が成立するよとお母さん。R氏、痛く気に入ったみたいで、10枚を大人買い?してた(^^;

 とっても美味しくも面白い店なのでした。いつの日か再訪必至ね。

◆前島
 静岡県富士宮市矢立町195
 8:00-19:30 無休(不定休)

| | コメント (0) | トラックバック (0)