クルマ関係

2019.11.29

楽ナビ MRZ009 の有償全データ更新(2019/11ver)

 無償での地図データ更新が 2015/6で終わり、2017/11に有償での地図データ更新をしたのが最後。

191129navi_verup

 これまで 9,000円と年額 3,600円もの金額を払ってようやくの地図データ更新だったのが、この11月からは我が「楽ナビ」も年額 3,600円のみでダウンロード更新ができるようになった。

 というわけで、ちょうど新しい「全データ更新 2019/11ver」が公開されたタイミングでもあるので、再度 MapFanのプレミアム会員に入会し更新することにした。

 更新データを購入しダウンロードさらにSDカードへのコピーという作業だけで小一時間。ま、これは放置しておけばいいので無問題。

 そして本日、土曜日。早速ナビを更新することにした。更新データの入った 16GBの SD(HC)カードを楽ナビに挿して更新してやるだけ。

 と言っても、これも1時間強かかる作業なので事前準備が必要。「充電器 DRC-1000」をバッテリーに繋いで放電を防止し。さらにクルマの休眠抑止のためにシフトレバーをニュートラルに入れてと。

191129navi_verup01

 およそ1時間後、こんな画面が出て更新作業が終了。

191129navi_verup02

 無事に全データ更新が完了しているのをバージョン情報で確認してメデタシメデタシ。
 この冬シーズンには南会津遠征を計画している。知らない土地に行くときはナビの地図は最新であって欲しいよね。

◇楽ナビ MRZ009, 同007 全データ更新
 http://pioneer.jp/carrozzeria/carnavi/v_up/raku-m1/

|

2019 SJフォレスターの冬支度

 早いもので 2013年の納車以来7回目の冬を迎える。今年一番の冷え込みとか言っていたが、良く晴れた朝。

181201_4winter01

 というわけで、いつもの「タイヤ館 目白店」。例年と変わらぬ時期のタイヤ交換となった。

181201_4winter02

 「ダンロップ WINTER MAXX SJ8 225/60 R17」
 タイヤ交換 3,080円+センターフィット 880円=3,960円(4本税込)

191129wheel

 何故晴れの日にやりたかったかというと、この作業。夏タイヤのホイールにこびりついた汚れやブレーキダストを落とすべく、専用の洗剤で洗浄してやりたかったのです。

 ブレーキダストが付着していると強く紫色になるはずの洗剤も、毎年ちゃんとやっているとそれほどでもないのが判る。5年ほども放置して初めて裏側を洗浄した時はディープパープルに染まったものだ。自然とハイウェイスターを口ずさんでいた(^^;

 そうそう、ワイパーも冬用へと換装。さらに「折りたたみスコップ」と「スグラ」を積み込んで冬支度完了。

 いつものことだけど、交換タイヤをラゲッジルームへ積み込み、戻ってから被交換タイヤを下ろして、いつもの場所に積み上げるという作業が腰痛持ちのおっさんには本当にツライ。終わると腰から背中にかけてバリバリ。腕は腕で筋肉痛。

 ま、これで安心して家内の里でも厳冬期の雪国でも、どこへでも出かけられるというものです。

▽メモ:交換時総走行距離 65,794km
 夏タイヤの累積走行距離 28,621km (4シーズン)
 冬タイヤの累積走行距離 10,476km (4シーズン)

 夏タイヤ&ホイール 22.5kg
 冬タイヤ&ホイール 24.3kg

|

2019.11.07

エンジン洗浄系燃料添加剤 Fuel 1 注入

 納車後6年が経過したフォレスターSJG。半年ごとにオイルを換え、1年ごとにエレメントを換えとやっているけれど、念のためにとエンジン系の洗浄剤を試してみることにした。

191005_fuel_one03_20191108060501

「WAKO's 洗浄系燃料添加剤 フューエルワン @1,577円」
 例によって AMAZONでボチッたのが先月のこと。口コミの評判はなかなか良いみたい。

191005_fuel_one05_20191108060501

 最初の注入は 10/5のガソリン残量ざっと 35Lくらいの時。
 なんでも経年車や初めて使う場合は2回連続で注入するのが効果的だとか書いてあるので、どうせやるならメーカー推奨どおりにと。・・・見事にハマッてますな、私(^^;
 その後の上州遠征では特に変わった感じはなかったなぁ。

191105fueloner

 二度目は 11/5。上州路から帰着して満タン直前に注入(ガソリンの流入で撹拌されるように)。

 果たして効果は・・・。まだ自宅までの 2kmしか走ってないから全く分からない(^^; 元々エンジンが不調だったわけでもないしね。
 まずは、しばらく走ってみることにいたしましょう。

WAKO's 洗浄系燃料添加剤 Fuel 1 (フューエルワン)
 https://www.wako-chemical.co.jp/products/

|

2019.10.06

クルマの電子キーの電池を交換(二度目)

 前回、電子キーのバッテリーを交換したのは 2016年7月のこと。それから3年と少々。

191006_key_batt_r

 エンジン停止時、サブディスプレイに電子キーのバッテリー交換を促すメッセージが出るようになった。
 そう言えば、ちょっと遠くからだとロックやアンロックができなくなってきていたのだった。前回も納車から3年ほどで交換したのだっけ。

19100602

 というわけで、いつ寿命を迎えてもいいようにと買い置きしてあったボタン電池 CR-1632 に交換することにした。

19100603

 次回の作業のためにメモ。ドライバー不要。物理キーのロックを解除して取り外し、そのキーで専用の溝をコジッてやるとパカッとカバーが開く。そして電子キー本体部分を取り出し、電池を換えるだけ。

 念のため、エンジン停止時に表示が出なくなっているかをチェック。よしよし、ちゃんと成立してた。めでたしめでたし(^^;

|

2019.09.28

メモ:オイル&エレメント交換

 フォレスターSJGが納車になってから、早や丸6年が経過。

 この間、半年(約5000km)毎にオイル交換。1年毎にエレメントも併せて交換している。

 というわけで、本人が二郎不足を解消したその足で、いつものタイヤ館目白。

Edge5w30sn Piaa_z6m

 Castrole Edge 5W-30 SN(4L) 3,070円 と PIAA Z-6M 1,507円。実際のオイル充填量は 5.5L(差分は前回の残り)。

 

 これに工賃の 1,620円が加わって合計 5,197円也。走行距離は 64,925km。

 毎年秋冬用には合成油の良いヤツを。春夏用にはスバル純正の標準オイルをカード会員価格(ロハ・工賃のみ)で(^^;

 ついでにスタッドレスへの交換も予約もして来たのだけど、すでに第一希望日が埋まっていてビックリ!

|

2019.09.15

2019 SJ-SK Forester 全国オフ@車山高原

 早朝というか未明、自宅を発って 7時前には諏訪湖畔。マックで時間を潰してから車山高原へ。

190915_sjsk_1d_02

 着いてみると、あれまもう皆さん集合してる。一時間勘違いしてたらしく開会式が始まってた(^^; 一年ぶりの顔やクルマが沢山。

 今年の参加台数は 90台超で、最も遠方からの参加は高知!

 この時間は曇り。その後晴れ間も出てくれたけど、風が吹くと半袖半ズボンだと肌寒いくらい。

190915_sjsk_5d_11

 例によって協賛のショップさんも来てくれてデモカーがズラリ。SKが多くなったのは仕方ないね。

190915_sjsk_g9x21r

 そう昨年、私の車フォレスターSJ型の後継SK(上)が発売されたので、今年は SJ,SK混合での全国オフ。まだ SK勢は少数派だけど、こうして世代が入れ替わって行くのね。

 皆さん楽しみにしていたビンゴ大会。もちろん私も参加したけど今年はペケ。

180715keyjacket03

 去年は早いタイミングのBINGO!で、こんな素敵な革製のキーケースが取れたのだけどね。
 ハズレが確定した時点で、お後の予定もあって会場を後にしました。
 来年もまた開催されるかな? また参加できるといいのだけど。

|

2019.09.07

祝! 6th Anniversary! フォレスターSJG

 納車から丸6年になることをクルマのディスプレイが教えてくれた。ちょうどその日に乗らないと出現してくれないのですね。

190907_6th_annvsry

 厳冬期、東北や越後の豪雪地帯も、いつもの安曇野も、様々な場所にコイツと一緒に出かけました。

 7年も前に発売されたクルマなのに、その時点ですでに「被害軽減ブレーキ」も「全車速自動追従」も実現していたのですね。

 スバルのフルタイム4WD。どこへでも行けて、乗っていて楽しいクルマ。まだまだ当分乗り続けますよ。

|

2019.08.16

ドラレコ用「高耐久 MicroSDHC 32GB」を買ってみた

 クルマにドラレコを装着したのが 2015年7月のこと。その初期に何度か録画の状況をチェックした以外は完全に放置プレイ。(記憶容量が足りなくなると自動的に古いものから順に上書きされるので)

 で、先日の安曇野行の際に、韮崎から富士見にかけて遭遇した猛烈な雨と雷の動画を見てみよう、と珍しく MicroSDHCカードを取り出してみると、なんと2016年8月以降録画がされていないことが判明。意味ないぢゃん(^^;

 機械の故障かと思ったけど、調べてみると当時ドラレコと同時に買った Transcend製MicroSDHCの不良であることが判った。いわゆる普通のメモリーカードたちにはクルマの中というのはシビアコンディションなのだろう。

Amazonへ

 というわけで AMAZONでボチッたのがこちら。高耐久でドライブレコーダー、アクションカメラ対応だそうだ。カードにも"High Endurance"と書いてあるしね。1,130円也。

Sandisk32gb

 翌日には届いたので、早速ドラレコに挿入。はてさて今度はどうでしょう。というよりもっとマメにチェックする習慣をつけないといけませんね(^^ゞ

 それにしても MicroSDHCカード、安くなったもんだ。

|

2019.08.12

リヤ用ドラレコ(安いヤツ)を付けてみた

 フロントには 4年前から実装していたドラレコ。昨今のニュースを見ているとリヤにも付けておくべきだなと思ってはいた。

190812drive_rec01

 そんな折り、長女から田舎のジジのクルマにも付けてやってくれと言われて Amazonしたのが上のブツ。実際ジジのクルマのフロントに装着してみると、なかなかいいではないですか(下の画像)。

190812drive_rec02

 なんと言っても 3,980円と安いし、最低限必要な機能は付いている。更に16GBの MicroSDまで付属しているのがいいところ。であればと自分のクルマのリヤ用にもとボチッて、翌日には安曇野着。凄いね Amazon。

 やるのなら涼しい安曇野にいるうちにと、さらに涼しい朝の内に作業開始。あれ?以前バックカメラを付けた時はどうやったっけ?としばしフリーズ。
 そう言えばあの時は「おいしいキャンプ場」で今は亡きR氏が手伝ってくれたのだった(合掌)。そう思い出すと、あとは早かった。

190812drive_rec03

 位置決めをして、狙いの画角で映像が写ることを確認して実装。

190812drive_rec04

 室内から見るとこんな感じ。ケーブルはほぼキレイに隠せたけど終端の処理が甘いのはご容赦(^^ゞ

190812drive_rec05

 バックウインドウ越しだと、うーんギリギリ見えるかな。

190812drive_rec06

 でも少し離れると画像では全く判らない。アイボール(肉眼)ではなんとか判るレベルなのだけどね。

 私が思うにはリヤ用ドラレコの重要な使命として、録画機能は当然として、後方視界の邪魔にならない程度の小ささでありつつ、後続車から見た時にドラレコが着いていることが判るサイズというのが大事。

 安っぽいけど、なんとかこの私的基準を満たしているので、これでいいかと。安物だから万一故障したとしてもドラレコが着いているんだぞ的牽制効果として、着けっぱなしにしておくつもりです(^^ゞ

|

2019.08.03

SJフォレスターのフォグランプを交換(六度目)

 我ながらバカだねぇと。私、LEDフォグのフェチだったかも(^^; 昨年10月、五度目の正直となるフォグランプ交換で「黄色く明るいフォグランプ探しの旅?も今回で終わりに出来そうな気がします」と書いた。

Vereno_ledfog_8200lm

 でもその後発売された、もっと明るいバルブが安くなっているのを見つけて思わずボチッてしまった。(何だったかのキャンペーンで ▲5,947円) 7/24に発注して届いたのが 7/28。思ったより時間がかかったかな。

 東京近郊だけだと遭遇することはないのだけど、かつて何度か(何度も)濃霧に巻かれて怖い思いをした経験から、フォグランプはファッションであってはならぬ。黄色く(できればオレンジ色に近く)明るくなければならないという強迫観念があるのだと思ふ。

190730led_fog04 
 REIZ VERENO LEDフォグ(黄) 8200lm 3000k 10,000円
 3000Kとあるけど仕様を確認すると発光色 3150Kとなっている。なんだ違うぢゃん。前のヤツが 6000lmの 3200kだったので、明るさだけが 1.4倍ほどになったことになる。濃霧の中、あるいは大雪の中では明るく、より黄色いことが大事なので、本当は 2800kくらいが望ましいのだけどね。
190803ledfog82m1

 幸い日陰ではあるものの猛暑の中、バンパー下に潜り込んでゴソゴソと作業。でもこの作業自体は簡単。取り敢えず左右とも点灯を確認。

190803ledfog82m3

 真昼間なので、まだ前回のものとは比較できないけど、きっとそれなりに効果があることでしょう。濃霧に会うまでは判らないのだけどね。

 そんな機会がありましたら、またレビューしたいと思います。

 五度目の正直で納得していたはずが、こうなりゃ意地だと言うか毒喰らわば皿までとばかり六度目の正直。今度こそ黄色く明るいフォグランプ探しの迷い旅を終わらせられるだろうか。

 ・・・実はね、明るさにはすでに満足しているのだけど、色温度がもっと低いと嬉しいなと(^^;

|

より以前の記事一覧