クルマ関係

2023.01.21

2023真冬の北海道「愛車で一人旅」の まとめ

 走行距離や費用など、簡単にまとめておきます。

230114oarai_ferry01

◇出発から帰着までの 総走行距離 945km
 (うち自宅-大洗フェリーターミナル往復 256km)
 道内走行距離 688km(うち雪道走行距離はざっと 300km強)

211213snowdrv03

◇消費ガソリン 94.66L(ハイオク) 平均燃費 9.98km/L
 ガソリン代 22,112円 (東京より 10円強/L高い)
 高速道路代 11,910円

Furano_twinroom23

◇フェリー(クルマ+スーペリア室料) 往復 67,380円(片道 33,690円)

230118_otaru01

◇宿泊費 道内4泊(すべて朝食付)    32,151円

230115yozorano08

◇食費・飲み代、入園料、お土産代等 ざっと 32,000円

旅費計 165,553円

230116for_furano03

北海道の冬道について
 これまで家内の里 信州はもちろん、南東北遠征(2017年2月)北東北遠征(2018年2月)信越国境遠征(2019年2月)尾瀬丸沼の雪道等々、毎年厳冬期の雪国を走破してきたものの、これほど氷雪路を長い距離(連続で)走ったことはなかった。

 本州の雪国は清く正しい圧雪路が多く、結構スノードライブを楽しむことができたのだけど真冬の北海道は違った。

230117to_biei01

 書いたように踏み固められた雪がアイスバーンとなり、その上に新たな雪が乗っている状態。とにかくやたらよく滑る。

230117to_biei03

 幸い他に人やクルマがいない道だったけど、停止線(があるはずの位置)で停まれずに大きくはみ出したこと二回。カーブを曲がり切れず大きく膨らんだこと一回。その後は慣れに慎重さが加わったことで同じことはなかったけど、快適なスノードライブばかりが続くというわけには行かない氷雪路でした。
 大胆に、慎重に、そして楽しく走りきりました。

 たまに除雪されて間もない清く正しい圧雪路が出て来ると凄く嬉しかったなぁ。

 そういえば苫小牧を離れると東京および首都圏ナンバーのクルマには全く遭わなくなりました。さすがにこの時期、クルマで来る人は少ないみたい。

最後に携行品・装備品について

◇持って行ったけど幸い使わなかったもの。
 スノーチェーン、スタック脱出用ラダー、折り畳みスコップ、ジャンプスターター、イヤーマフ、分厚い手袋。

◇持って(装備して)行って正解だったもの。

221124dmv3_22

 スタッドレスタイヤ、は当たり前ね(BLIZZAK DM-V3)。

211201_4winter01

 そして、スノーワイパー。通常のワイパーだと雪国では役に立ちません。

Windowwasher60

 -60度まで対応のウインドウォッシャー液原液のまま入れておくこと。-18.7度の富良野でも凍らなかった。(以前 -40度まで対応のもの(原液のまま)が富士ケ嶺の -10度で凍って出なかったとの証言有り)

230123snow_ice

 左が普通のスノーシューズで圧雪路までは大丈夫。右がスパイクが付いた氷雪路専用のアイスシューズ。これのおかげで札幌や旭川の夜の街(歩道はツルツルなんです)でも普通に歩けました。ただしドライ路面やホテルのロビーだとカチャカチャとウルサイ(^^;

 ほかにスノーブラシとアイススクレーパーは必需品。はてさて、こんなものかな?
 というわけで、これにて真冬の北海道一人旅の総括?とします(^^ゞ

 もう冬の北海道に愛車で行くことは無さそう。でも本州の秋田・山形等の豪雪地帯には行きたい場所がいくつかある。私とクルマが元気なうちに行っておきたいと思っています。

・追記:持っていったけど使おうとさえしなかったもの
 一眼レフカメラ 2基、レンズ 沢山、三脚(^^; バッグから出しもせず。

230117santouka02

 道内4泊で食べたラーメン:5杯(札幌けやき、旭川 蜂屋・山頭火、小樽 麻ほろ、支笏湖 支笏莊)

| |

2022.11.30

メモ:楽ナビ MRZ009 の有償全データ更新(2022/11ver)

 年二回恒例の地図データ全更新です。まずはパソコンで更新データをダウンロード。そしてSDカードへのコピーという作業で小一時間。
 続いてその更新データの入った 16GBの SDカードを楽ナビに挿してやれば更新できるのです。
 でもね、これがちょうど1時間かかる作業。エンジンをかけっぱなしでやるのは嫌なので、下記の事前準備をいたします。

180623update02 180623update01

 充電器をバッテリーに繋いで放電を防止し、さらにクルマの休眠抑止のためにシフトレバーをニュートラルに入れて作業開始。(シフトノブ位置がパーキングだと20分?で電源が自動的にオフられてしまうのです)

Rakunavi_verup2205

 SDカードを挿入するとこんな画面が表示されて更新開始。

220528navi_verup02

 ナビ画面には「1時間30分」かかりますと出てくるけれど実際は1時間で更新完了。

221130versionup02r

 更新結果のバージョン情報画面を確認。ちゃんと2022年の第2版になってますね。

 ちなみにこの年二回の更新のための年会費は税込 3,960円から 5,500円に値上げされてしまいました。
 今回は関東甲信越の高速や幹線道路の開通はないけれど、スマートにICの開設等はいくつか。ナビの地図は最新であって欲しいので継続です。

楽ナビ MRZ009, 同007 全データ更新
 https://shop.mapfan.com/category/CARROZZERIA/?navimodel=raku-typevi

| |

2022.11.24

2022 SJフォレスターの冬タイヤを買換え(BLIZZAK DM-V3)

 先日新しいスタッドレスタイヤを AMAZONで発注したことを書いた。
 これまでの"DUNLOP SJ8"は 7シーズン使ったにも関わらず、まだまだ使えそうなのだけど、冬シーズンを前にして安心を買ったというわけ。

 書いたようにブツは「タイヤ館 目白」に着荷済で、今日は旧冬タイヤを持っていって組換え交換してもらう予定。

221124dmv3_02

 というわけで、腰をかばいつつラゲッジに旧冬タイヤ4本(@24.3kg ×4)を積んで 10分ほどの「タイヤ館目白」へ。

221124dmv3_04

  AMAZONで発注して、着荷は信頼するタイヤ館。ブリヂストンのタイヤだからこそできるワザ。着脱や組換えの工賃は高めになったけど、自宅で受け入れたり一時保管したりの余計な手間を省けるのがいいところ。
 さらに発送や交換スケジュールのメール連絡がブリヂストンリテールジャパン(株)と直接出来るという安心感。それでもタイヤ館(^^;やカー用品店で買うよりずっと安いのです。

221124dmv3_07

 さて、予約時間に着いて早速 組換え交換作業を開始してもらった。

211130_4winter03 211130_4winter04

 同時にオイルとエレメントも交換してもらったので、作業時間は 1時間半ほど。

 すでにタイヤ4本の価格 85,540円と組換え脱着の工賃 15,840円は AMAZONで決済しているので、ここでは廃タイヤとバルブ代 4,400円のほか、オイルとエレメントの交換費用 1,100円也(税込 )を支払い。これら全ての工賃込みで総額 106,880円。

221124dmv3_r 221124dmv3_f

 BRIDGESTON BLIZZAK DM-V3 225/60 R17 99Q
 こちらがその雄姿(^^; 左がリヤね。ホイールは DUNLOPのものを継続l使用です。(夏タイヤからはインチダウン)

 タイヤ館の丁寧な作業は毎度好感が持てますね。サビが浮いてきていたハブをポリッシャーで磨いてくれてピカピカ(見えないけど)。仕上げにはタイヤに WAXまでかけてくれるのです。

221124dmv3_22

 で、走り出してすぐに気づいたのは、その静粛性と乗り心地の良さ。静かな ALENZA LX100からの履き替えだというのにね。ハンドルを切った時のフワッとした、でもしっかり付いてくる感じ。きっとトレッドやショルダーにに柔らかさだけではない工夫があるんだろうなと。

221124dmv3_16

 製造年週は先日連絡があったとおり「4022」。つまり今年9月第2週あたりの製造です。

 まだドライ路面を 3kmほどしか走ってないので評価はできませんね。今シーズン最初の雪道はいつになるだろう。

221124dmv3_17

 さて取り外した夏タイヤはホイールごと洗浄しました。この時しかホイールの裏側は洗えないのですよ。一晩放置して乾いたらカバーを掛けて、また春まで冬眠してもらいましょう。

 あとはワイパーを前後とも冬用に換装。そして雪道対策の「折りたたみスコップ」や「スグラ(雪道脱出器具)」をラゲッジに積み込むと、先日新調したバッテリーと併せて冬支度の完了です。

▽メモ:交換時総走行距離 91,253km [2013/09/07~]
 夏タイヤ累積走行距離 12,595km [2021/04~夏x2 gen3]
 冬タイヤ累積走行距離 0km [2022/11/~冬x0 gen0]

 夏タイヤ&ホイール 22.5kg(LX100 単体 12kg)
 冬タイヤ&ホイール ??.?kg (計り損ねた)

| |

2022.11.20

冬タイヤ BRIZZAK DM-V3 を発注した

 この冬シーズンに向けてスタッドレスタイヤも交換することにした。関東甲信越なら今の冬タイヤでも充分行けると思っているのだけど、すでに7シーズン 19,000kmほど使用しており、どうせやるのなら「今でしょ!」と。

221118dmv3_22560r17

 「BRIDGESTON BLIZZAK DM-V3 225/60 R17 99Q 85,540円」
 4本の組替交換工賃込みで 101,380円(他に廃タイヤ・バルブで 4,400円)

 最初は前回夏タイヤを買った時のようにネットのタイヤ販売店で買って、一旦自宅で受け取り、整備工場と日程調整、その後持ち込んで組替・交換作業をしてもらう、というつもりでいました。
 ところが、なんと AMAZONが「タイヤ館 (ブリヂストン直系販社)」と組んで、商品の受け入れ・組替・交換作業をやってくれるという。

 であれば、近くだしこんな楽で安心なことは無い。工賃は通常のほぼ倍だけど。それでもタイヤ館で買うより 25kほども安い(^^;

 というわけで木曜日にボチッてタイヤ館への着弾は翌日金曜日。さらに安心できたのは発送や交換のスケジュール等の連絡がブリヂストンリテールジャパン(株)から直接来たこと。
 おかげで交換日程もすんなり第一希望通りに確定したのでひと安心。今週末までには新スタッドレスに履き替え予定です。

 ブリヂストンもネット業者による販売増やアジア系タイヤメーカーの台頭に危機感を持ったのか、これまでの殿様?商売ではなく新しい販売方法を取り入れ始めたようですね。

 そうそう、気になる製造年週を聞いてみたら「4022」。ということは今年 9月第2週の製造のようです。無問題ね。

 昨年の夏タイヤの時もそうだったけど、もうネットでの購入だからと製造年週を心配する必要はなくなりました。さらに、その後の組換え交換手配の心配もなくなりましたよ。これも「ちゃんとちゃんと」の「ちゃんと買い」なのです(^^ゞ

BRIDGESTON BLIZZAK DM-V3 225/60 R17 99Q
 https://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/dm-v3/index.html

| |

2022.11.19

クルマのバッテリーを買い換えた(二度目)

 これまで使っていたバッテリーを上げてしまった訳ではない。セルスタートが重くなった、とかでもない。だから特にこれといった問題も無くすこぶる順調なバッテリー君でした。

 でも前回交換からすでに6年、57,071km。この冬予定しているプラン(^^ゞのためにと買い換えることにしました。ジャスト 6年での交換なんです。

221118n100d23l_c8

 「PANASONIC CAOS  N-100D23L(C8) 19,123円」
 これまでと同じグレードの最新バージョンね。でも値上がりが凄い。6年前 14,172円だったのが 5,000円近く高くなっている。これも円安の影響なのでしょう。まぁそれでもカー用品店で買うより 20,000円ほど安いよねと AMAZONでボチッ。すると翌日には着弾。製造日は 2022/9/06。文句ありません(^^;

221118battery03 221118battery04

 実装前にテスターで測って見るとこんな感じ。えーっ!マジか?たったの 482.8(CCA)かよ、みたいな。500は楽勝で超えていると思ってたんだけどね。

 ともあれ早速作業開始。最初にバックアップ電源を取っておいての換装作業。ところがそのバックアップに失敗してたりして30分ほどで終わると思っていた作業が1時間超(;_;) まぁなんと手際の悪いこと。CAOSだけに混迷に近かったのだと思ふ(^o☆)\カシッ!

221118battery05

 それでもまぁ何とか作業終了でエンジンスタート。もちろん一発でかかりましたよ。

 ただ現在日時のほか、運転席パワーウインドウのオートやらバックカメラやらの設定がリセットされていてゲゲッ!みたいな。まぁ冷静にひとつずつ対処して事なきを得ましたが。

221119battery22r 221119battery23

 翌朝、未走行の状態で 2時間充電後の数値は上記のとおり。13.29Vの 5.7mΩ、CCAは 567.2。着荷時と初充電後の数値。どっちをメーカースペックと考えたらいいのでしょうかねぇ。

 今度ディーラーさんに行ったらオルタネーターの状態も見て貰うことにいたしましょう。問題無ければこれで冬の計画に一つ障壁が無くなったかなと(^^;

 残るは冬用タイヤ。これが一番の大物なのです。

◇交換時走行距離: 91,054km(2022.11.18換装)

| |

2022.11.09

東京AUTO洗車に愛車を début!

 9年前の納車以来ずっと自分で洗ってきた。ケルヒャーも持っているしね。でもそろそろ冬の足跡が聞こえてきて、自分で手洗いするのは年齢的にもシンドくなりつつある。

Tokyo_auto_carwash

 「東京AUTO洗車 中野店」 というわけで、モノは試しと我が家からほど近いこちらへ。中野でも早稲田通り沿いの落合寄りですね。よく外車を始めとする高級車が列をなしてます。この店へ来るのはたぶんお初。
 10:15頃に着くとすでに場内は洗車待ちのクルマでイッパイ。路側帯で待つことしばしで場内へ。スタッフのおじさんに「如何されますか?」と聞かれ「手洗い洗車でお願いします」。

Carwash_menu012

 料金 2,200円(スピード洗車の基本料金 1,200円+手洗い 1,000円)を支払って小さな待合室でお待ち。

 愛車フォレスターSJGの洗車が始まったのは到着からざっと40分後。見える限り実に丁寧な作業。ルーフボックスまで洗ってくれるとは思わなんだ。(自分じゃ滅多にやらない)

221109carwash01

 間もなく拭き取りの工程へ。ここでも作業は迅速丁寧。この時間帯のスタッフは3人?

221109carwash03

 全ての作業が終わったのは 11:15。最初のお待ちからちょうど一時間ですね。自分で手洗い洗車をしても約一時間はかかるので、まぁこんなもんか。

221109carwash05

 そして仕上がりは ♪ピッカピカの9年生(^^; タイヤとホイールもキレイになってましたよ。

 もう少し寒くなったら春になるまでの間は、ここで洗車して貰うことにいたしましょう。今まで使わずにいたのが不思議。

東京AUTO洗車 中野店
 http://www.tokyo-auto-sensha.com/
 中野区中野6-3-7 早稲田通り沿い

| |

2022.11.05

フォレスター STI Sport に試乗してきた

 ディーラーさんから「ようやくフォレスター STI Sportの試乗車が来ました」との連絡があった。

221105sti01

 であればと早速試乗してみることに。1.8Lの DITで 130kW(177PS)/5200-5600rpm、300N・m(30.6kgf・m)/1600-3600rpmだって。
 9年前の愛車SJGに比べると動力性能に関してはだけど、かなり劣るなぁ。

 試乗と言っても都区内かつ目白通りを山手通りまでの往復だけなので判ることは知れてる。でもボディー剛性だったり CVTの進化だったりは伝わってきた。プラスされたターボはトルクに振っているみたいで、それなりの加速感も味わえたね。

 なにより安全面の進歩が凄い。進化したアイサイトに加えセイフティプラスという前後左右のセンサーで死角なしみたいな。

 でもね車両本体が税込 3,630千円で、奨められるままのオプションを付けまくると 4,700千円と(値引無しとして)別次元のクルマみたい。年金生活者には無理っ!(^^;
 あ、納車はおよそ 4ヶ月先だって。トヨタの人気車種みたいに 1年超ってことはないみたい。

22110502

 「キャニスターと A&Fのシェラカップ」 試乗を終えるとこんなノベルティーを貰えました。収穫ありということで(^^ゞ

| |

2022.08.04

車検時の代車「三菱 EK Wagon」

 9年目、4回目の車検。今回は訳あってディーラーではなく、以前サマータイヤの組替で世話になったことがある整備工場へ持ち込むことにした。すると代車として出してくれたのがこちら。

220804ek_wagon01

 「三菱 eK Wagon」
 2018/4登録の軽ワゴンね。さすがに小さい。我が家の駐車スペースもスカスカだ(^^;

220804ek_wagon03

 軽に乗るのは軽トラックを除くとウン十年ぶり。家に帰るまでのわずか 7kmのドライブで感じたのは「長距離さえ乗らなきゃこれで充分ぢゃん」ということ。
 停まるたんびにいちいちアイドリングストップするのがウルサイ。でも今時はこんなもんか。

 高速に乗ったりするとどう感じるかは判らないけど、街乗りには無問題。とはいえ、このクルマ(軽)に慣れたくないなぁというのが本音。

 何も問題無ければ フォレスターSJG君は明日戻ってくるはず。その差を楽しみましょう。

| |

2022.07.31

SJフォレスター エアエレメント交換(二度目)

 SJフォレスター。すでに納車から9年。もうじき4回目の車検を受けるに当たってエアクリーナーのエレメントを交換することにした。

 まずは AMAZONでコイツをボチッておいて。

220728blitz_sf48b

 「BLITZ SusPower AirFilter LM 3,800円」

220731airclea_ch01

 そのエアクリーナー・エレメントが翌日着弾。暑くなる前にと朝のうちに換装作業開始。

220731airclea_ch02

 取り外し途中の画像。この状態でもある程度汚れたエレメントが見えますね。

220731airclea_ch03

 こちらが取り外した新旧のエアクリーナー・エレメント。前回交換したのが 2018/7/30だから丸4年前。さすがに汚れていると言うか詰まっていますね。

 これで吸気効率はそれなりに良くなるかな? ま、体感はできないと思うけど。

220731airclea_ch04r

 ちなみに取り外した後にエアフィルターの内部を見ると、なんとスズメバチの死骸が! ビックリ!!

・交換時走行距離:86,507km

| |

2022.05.31

フォレスターSJG 9年目、CVTからのオイル漏れ

 9年目の車検に向けてディーラーさんでオイル交換ついでに 車検 3ヶ月前の無料点検をして貰ったところ、なんと CVTからのオイル漏れを指摘されました。

 SJG君をリフトアップしている状態で確認してみると、たしかに漏れによるオイル染みあり。

 今すぐにどうこうではないものの、このままでは車検は通らないのだそう。

220531p2r

 実際気持ち悪いから修理をと見積もって貰うと添付画像のとおり。127,609円の費用増はあまりにも痛い。本来の車検費用と合わせて 25万円超(;_;)

 エンジンオイルなら判るような気がするけど、こんな事あるんだ。あと、これって保険は効かないのかな(^^;

走行距離:85,726km

| |

より以前の記事一覧