食べ物・料理・テイクアウト

2021.10.31

アド街ック天国な枝豆「小糸在来」旨し!

 「梅乃家@富津竹岡」の後、JA君津の直売所に立ち寄りゲットしてきたもの。前回のアクアライン越えの時に買ってみて、そのあまりの美味しさに驚いて再度購入に至ったものなのですよ。

211031koitozairai01

 えだまめ「小糸在来 350円」
 ご覧のとおりルックスはまるで普通の枝豆。二種類あるのは生産者(農家)が違うということだけ。普通のビニール袋(左)に入っている方は 350gほど。専用のパッケージ(右)の方は 280g程度。値段は同じ 350円。

 一般に枝豆というと夏のもの。冷凍モノでなければ9月半ばくらいまでだよね。ところがこの「小糸在来」は収穫時期が10月初旬から始まって中旬くらいまでなのだそうだ。

 なんでも「千葉県君津市の小糸川流域を中心に栽培が分布していた高品質大豆」なのだとか。これもまた先日の出没! アド街ック天国 」で紹介されていたものね。

211031koitozairai03

 茹で後の画像(一部)。見た目、サヤも短いし豆もちょっと小粒な感じだけど、これがまた実に旨い。しっかりした食感で大豆の旨み甘みが凝縮されている感じ。家内の田舎(信州)で収穫したての枝豆を食べたときの感動に似てる。お裾分けした数人の皆さんからも大変な好評を頂いた。
 ちなみに今回の二種類は値段だけでなくお味も同じに感じましたよ。

 東京に出回るほどの生産量はないそうなので、また向こうへ行った際には覗いてみようと思っている。と言っても11月はもう販売終了していそうだけどね。通販もいくつかあるので興味あるかたは検索してみて下さいまし。

◇小糸在来
 http://www.koitozairai.com/koitozairai.html

| |

2021.10.21

アド街ック天国な「とりかいさんちのたまご」アローカナ

 先日アクアラインを超えた時に買ってきたもの。その一つがこれ。千葉県は全国でも有数の卵の産地なのだそう。

211021araucana01

 「とりかいさんちのたまご・幸せの青いたまご 600円」
 以前「アド街っく天国」で紹介されていたのを「道の駅うまくたの里」で見つけた。10個入りだから@60円。高っ!と思ったけど一度は食べて見ようと買ってみることにした。(道の駅で買うと直売所より@11円ほど高いようだ)

211021araucana02

 卵の殻が青いのが特徴。実際見てみるとこのようにほんのりと青い。アローカナという南米チリ原産の鶏が産む卵だそう。

211021araucana04

 実食。もちろんTKGで。うん、間違いなく普段スーパーで買うものより旨い。でも・・・

210922_eikoran04

 私的には先月買って食べた永光卵(@34円)の方が味が濃くて旨いと感じた。殻の硬さや黄身の粘度?も勝っているようだ。ちなみに永光卵は道の駅価格だと@45円だった。

 また機会があったら永光卵にしようと思った。直売所が山の中で不便なので農協か道の駅で買うかな。

| |

2021.09.29

田舎から届いたリンゴ箱

 家内の里、安曇野から届いたリンゴ箱を開けてみると・・・

210929frominaka01

 「梨(幸水)」と「シャインマスカット」
 今年の夏は雨が多く、は収穫が激減したそうだ。我が家に回ってきたのはいわゆる規格外品。収穫はできたけど形が悪かったり、ちょっと傷ついていたり。でもシャキシャキでお味の方も甘く美味しい。

210929frominaka02

 シャインマスカットの方は、義父が趣味で始めてまだ 3年目。大きな房はまだできないし、玉も小さい。

210929frominaka03

 更にタネも残ってしまっているので、まだとても売り物にはならないそうだ。

 でもお味は完全にシャインマスカット。普段なら小さい房でもちょっと買うのを躊躇してしまう値段だけど、遠慮なくパクパクいただきました(^o^)v

| |

2021.09.22

2021初秋の房総・君津 アド街ック天国な「光永ファームの永光卵」

 テレ東の「出没!アド街ック天国」で、「千葉 君津」を対象にしていたのが3週間ほど前のこと。

 その回で紹介された名所・名物の殆どは山の中というか内陸。いつも海沿いばかりを走っている私が知らないスポットが沢山紹介されていたので、その中から気になった場所を水曜日の今日、この番組をなぞるように巡ってみることにした。

210922_eikoran01

 最初に行ったのは「光永ファーム直売所」。この養鶏場で産み出される卵が凄いのだそうだ。「その日の朝に採った産みたて玉子を販売しています」だそうで、時間帯によっては売り切れているらしい。
 9時半過ぎに着いてみると、あれま休業日。でも織り込み済み。卵の自販機が設置してあるのですね。

210922_eikoran02

 こちらがその自販機。お金を入れて欲しい物のボタンを押すと商品ボックスの扉が開くしかけになっている。

210922_eikoran03

 寄って見るとすでに 10個入り2パックの方は残り 2ボックスだけ。20個入り 1パックの方も 6ボックスほどがカラになっている。せっかくだからとそれぞれ買って帰ることにした。どちらも 680円。20個入りだから @34円ね。高級卵?

210922_eikoran04

 その現物がこちら。テレビによると、まずはTKG(卵かけご飯)にして食べるのがお奨めだとか。ダシと醤油を 1:1で割ったものをタレとするのが良いとも言っていた。

210924eikoran

 面倒くさがり屋の私はダシ醤油でTKGにしたけど、オレンジ色の黄身はこれぞ卵というほど味が濃くて、実に美味しかった。これ当たりです。(最後の写真は翌日追加したもの)

光永ファーム 直売所
 https://www.city.kimitsu.lg.jp/site/hurusato/9018.html
 千葉県君津市山滝野1593-2
 9:00-18:00 水曜休

| |

2021.09.21

京王百貨店「秋の北海道展」で 牡蛎めし弁当

 イートインで札幌系ラーメンを食べた後、やっぱり弁当を買って帰りたいよねとそのまま「秋の北海道展」
 十勝牛や海鮮系、散々迷ったあげく催事最終日の今日、決めたのはこの店。

210921ujiie_noren

 牡蛎めし弁当で有名な「厚岸駅前 氏家待合所」。ちょうど21年前の夏、道東へのキャンプキャラバン時に厚岸駅前のプレハブ小屋「氏家待合所」で買った「カキめし弁当 900円」。友人に散々奨められた前評判に比べ「なんじゃコレ」みたいに期待外れだったヤツに再挑戦。

210921ujiie_kaki01

 何種類かある中から選んだのは「かき増量」というヤツ。普通の牡蛎めしは21年前よりは良さそうだったけど、ちともの足りない感じだったので。

210921ujiie_kaki03

 「かきめしスペシャル(かき増量) 1,480円」
 ご覧のとおり元は大きかったであろう牡蛎(加熱すると縮む)が8ケとアサリにツブ貝、フキなんかも載っていて、ちょっとリッチな気分。

210921ujiie_kaki04

 牡蛎のダシとタレが染み込んだご飯も旨かったので、ようやく21年前のリベンジができたような(^^;

 家呑みを相当イッた後なので若干評価は甘いかもしれないけど、来年もまた買ってみようと思わせられる「かきめし弁当」なのでした・・・#

京王百貨店 秋の北海道展
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_2009.html

| |

2021.09.14

京王百貨店「秋の北海道展」で帯広の豚丼弁当

 家内が新宿へ出かけたついでに立ち寄ってくれた。

Keiodpt_aki

 家族が毎年楽しみにしている京王百貨店の催事「秋の北海道展」
 去年は海鮮系の弁当だったので、今年はこちら。豚丼の本場帯広こうふく Presents

210914keiodpt01

 「ロース&バラ ミックス十勝豚丼」「霜降り かみこみ豚のロース丼」

210914keiodpt03

 私が食べたのはロース丼の方。ご覧のとおり厚めにスライスされた豚ロースが重なり合うように全面を覆っていてゴージャス。

210914keiodpt04

 下にはご飯がギッシリでボリュームも充分。帯広で豚丼と言えば「ぱんちょう」があまりにも有名だけど、こいつも旨い!
 たしか 1,650円とか言ってたけど、文句なしなのでした。

 この催しは 9/21まで。機会があったら私も行ってみよう。

京王百貨店 秋の北海道展
https://www.keionet.com/info/shinjuku/event/hokkaido_2009.html

| |

2021.07.09

2021梅雨の最中の箱根湯本「福住屋」でイカの塩辛

 目的地は熱海なのだけど土石流の影響で早川から直接向かうことはできない。だから箱根路へと大きく迂回。

210709fukuzumiya01

 「はこねゆもと 福住屋」 途中箱根湯本駅の近くで立ち寄ったのはこのお店。ご飯のお供系の食材を製造直売している店なのですね。

210709fukuzumiya02

 「皮むきいか塩辛 980円」 その中でも有名なのがこれ。その名のとおり皮むきイカを塩辛にしたもので、ツルンとした柔らかな食感が堪らないのですね。

Fukuzumiya

 時期によっては無い時もあるのだけど、今回はしっかりゲットすることができました。家で食べるのが楽しみ。(上の画像はHPから)

 さて箱根の山を登り芦ノ湖へと向かうことにいたしましょう。

◆はこねゆもと 福住屋
 http://www.fukuzumiya.com/
 神奈川県足柄下郡箱根町湯本699-1
 最寄駅:箱根湯本 9:00-17:30 年中無休

| |

2021.05.29

2021梅雨入り前の南房・富浦で「びわ」

 早朝家を出て今日から閉鎖が解除されたアクアラインの浮島入口に到達。ちょうど潮干狩りのシーズン。まだ6時だというのにすでに渋滞が始まっている。
 浮島からは割りとすんなり合流できたけど首都高湾岸線側は、きっと多摩川トンネルから渋滞が始まっていたことでしょう。

210529_biwa01r

 例によってアクアライン以外はずっと下道。途中休憩を挟み「道の駅とみうら」のお隣り「房総の蔵 お百姓市場」でお買い物。

210529biwa

 ちょうど店頭で売っていた、1kg 1,000円(税込)の枇杷(びわ)を購入。数え忘れたけど大小合わせて10数個入っている。

210531biwa01

 路地もの。朝採れだという。大きさは不揃いだし、シミみたいなのはあるけれどキズがあるわけでもなく、量的にも文句なし。

 毎年のようにこの季節に買いに来ているけれど、一度も化粧箱に入ったキレイなやつを買ったことがないのですね。かしこまった贈答用ならともかく自家消費用なら、袋売りのもので充分というわけ。

210531biwa02

 帰宅して食べてみると、実に美味しい。柔らか過ぎず、でもみずみずしく文句なし。家族の評判も大変よく、買って帰って良かった。

 東京を離れちゃいけないとか言われても、この時期にこの土地でしか買えないものなのですよ。

房総の蔵 お百姓市場
 https://www.ohyakusyou.com/
 千葉県南房総市富浦町青木103-1

| |

2021.05.28

Verbenas Kitchen@新井で自販機の冷凍弁当を買ってみた

 ネットの「中野経済新聞」で知った情報。北野神社の裏方向というか旧新井小学校の西に冷凍の自販機が設置されていて、お弁当が売られているという。
 運営は元々はロケ弁やケータリングが専門の会社で、実店舗は持っていないそうだけど、ロケ番組等が激減したことで販路の一つとして始めたものらしい。

210528verbenas02

 我が家からは徒歩10分。新しいモノ好きな私としては取り敢えず行ってみようと着いてみると一般の飲料用に比べて一回り大きな自販機。屋号というかブランド名は"Verbena's Kitchen"となっている。Verbenaは花の名前だそうだ。

210528verbenas03r

 さて自販機はと見てみるとメインの料理というか弁当は今のところ4種類。左上から「なつかしのチキン南蛮」「たっぷり野菜のミートローフ」「タラと野菜の包み焼き」。ここまでが 600円勢。
 そして下段には「牛サーロインステーキ 800円」とサイドメニュー?の「ローストビーフ 500円」「ライス(200g) 200円」と並んでいる。
 どれもご飯は付いていない。持ち帰るのだから冷凍のご飯をチンするより炊飯器のご飯の方がいい。

210528verbenas10

 ちょっと迷って「牛サーロインステーキ」「チキン南蛮」を買って帰ることにした。

210528verbenas12

 包装紙を外してみると見た目はこんな感じ。冷凍されているのでかなり冷たい。でもレンジでチンなところがおぢさん向き(^^;
 取り敢えず冷凍庫にしまって、夕方。

210528verbenas53

 「牛サーロインステーキ」 肉とそれ以外が別々にパックされていて各々チンしなくてはいけないのが、ちと面倒くさい。

210528verbenas55

 でもこれがなかなか旨い。140g~150gほどもあるだろうか。場所によって若干違うけどそれなりに柔らかいし、しっかり牛らしい旨味もある。ステーキソースも良く合っている。

210528verbenas59

 火の入り具合はこんな感じ。いい感じに赤味が残っている。でも付け合わせのあれやこれやは、ちょっと残念。冷凍後にチンされたことでポテサラなどは原型を留めていない。でも食べて見ると旨い(^^;

 これ 800円ならあり。しばらくオープニング期間(100円引)だそうだから、また買ってしまうかもしれない。チキン南蛮は冷凍しといて明日かな。

ラジュール東京 "Verbena's Kitchen"
 https://lazure-tokyo.jp/

 

| |

2021.02.01

リニューアルオープン「papabubble 中野本店」

 この店がこのこの地にオープンしたのが 2005.6.25 のこと。それをこのブログで伝えてからなんともう16年。いつの間にか全国各地に 16店舗もあるそうだ。ビックリ!

210131papabubble02

 その「papabubble (パパブブレ)」が、この 1/31にリニューアルオープン。

 パッと見、大きな変化はないように見えるけど、16年の歳月はそれなりに効いて来ていたのだろう。黒だったサインの背景色や壁の色がロイヤルブルー?風になり、ちょっと明るいイメージに。

210131papabubble03r

  2/7日曜日までは数量限定でキャンデイBAGが特価になっているようだ。近々寄ってみることにしよう。これ女子に人気あるんだよね(^o^)v

papabubble (パパブブレ) caramels artesans
 https://www.papabubble.jp/
 中野区新井1-15-13 最寄駅:中野・新井薬師前
 10:00-20:00 無休らしい 2005.6.25Open

| |

より以前の記事一覧