イベント・祭り

2020.01.17

「ふるさと祭り東京 2020@東京ドーム」で どんぶり三昧(3)

 先週金曜日から始まった「ふるさと祭り東京」。会期中で平日最後となる金曜日の今日、まずは昼の部へと出かけてみることにした。
 相変わらずの混雑ぶりではあるけれど、歩けないほどではない。

 最初に「全国ご当地どんぶり選手権」のコーナーに向かってみると、こちらはかなりの混雑。長時間居られないこともあって、すぐに食べられそうなこちら。

200117furusato01

 「沖縄そば(アーサーそば)800円」
 沖縄のフースの中にあって、毎年必ずと言っていいほど食べている。

200117furusato03

 アーサーとはアオサのことね。左上に載っている緑色のがそれ。この店はたぶん「中野チャンフェス」に出展しているのと同じ店だと思うのだけど、今年のはカツオ出汁は弱いし、トッピングしたアーサーの風味も薄いしで、あれ?

 うーむと思いながら、軽く場内を偵察しただけで退出。昼の部はここまで。

 続いて夕方の部。といっても少し早い15時半過ぎの場内は、昼時に比べればかなりすき始めている。真っ先に向かったのはこちら。

2020donburi

 「全国ご当地どんぶり選手権」  初日にまとめ買いしておいた食券となるチケット@500円がまだ2枚残っているので、直接店に並びます。
 最初はこちら。

200117furusato11

 「出雲日本海 のどぐろ丼」

200117furusato12

 昨年のグランプリを獲得したドンブリだそうだ。「とろっとした脂身を特製ダレで」と書いてある。実は昨年も食べている。

200117furusato13

 日本海で獲れたプリッとした白身の「のどぐろ」をさっと炙った、そうだ。たしかにこれは旨い。ノドグロの切り身が沢山載っている代わりにご飯も少ないが、グランプリだけのことはある。

 お次は、今回最後のドンブリとなるこちら。

200117furusato14

 「八戸銀サバトロづけ丼」

200117furusato15

 八戸前沖で獲れた脂が乗った銀サバがドンブリになっていて、今ではドンブリ選手権の殿堂入りとなっている。初めて食べた時、これは旨いわぁと感じた4年前に負けない旨さだった。

 さてさて今年の「ふるさと祭り」と「どんぶり選手権」はこれにてお終い。今回出展した全16丼のうち、本当に初出場だったのは奇襲勝浦のマグロかつと京都の牛すき&ハラミの2丼だけではなかろうか。段々マンネリ化しつつあるのかも。

 これまで毎年、毎日のように来ていたのだけど、来年からは諸般の事情により、そうそう来られそうにない。開場の雰囲気を満喫して東京ドームを後にした。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| |

2020.01.16

「ふるさと祭り東京 2020@東京ドーム」で どんぶり三昧(2)

 先週金曜日から始まった「ふるさと祭り東京」。木曜日の今日、再びの訪問。実は昨日の昼過ぎにも行ってみたのだけど、東京ドーム内の会場はまともに歩けない(進めない)ほどの混雑ぶりで、どのブースも大変な行列が出来ていたのでそのまま退散。

 今日昼時のドーム内もすでに沢山の人。でも昨日ほどではない。というわけでお目当てのこのコーナーへ。

2020donburi

 「全国ご当地どんぶり選手権」  初日に食券となるチケット@500円をまとめ買いしておいたので、今日は直接食べたい店に並びます。

 全部で16丼あるドンブリのうち、これまでに食べたことがなく且つ行列が少ない店を狙って最初はここ。

200116furusato01

 「群馬 極上のローストポーク丼」

200116furusato02

 薄切りではあるけれど、ローストポークが沢山載っていて、玉子(の黄身)とタレの相性も良く、なかなか旨かったな。

 続いて食べたのはこちら。

200116furusato03

 「瀬戸内お宝タコ天丼」

200116furusato04

 「ぷりぷりのたことミルキーな牡蠣」とあるけれど、なるほどそんな感じ。瀬戸内自慢の海の幸たこと牡蠣の天ぷらに、わさび香る特製甘辛たれが相性抜群!なのだそうだ。

 ここまでが本日(木曜)昼の部。お次は夜(夕方)の部編。この時間帯はある程度すいていて、人気の店以外は行列もない。というわけで、まずはお初となるこちらへ。

200116furusato05

 「京三昧 和牛すき焼き&ハラミステーキ丼」

200116furusato06

 京都名物?の和牛すき焼きとハラミステーキの2種盛り丼だそう。湯葉と九条ネギ、黒七味が京都らしさを演出してますな。このハラミステーキが旨かった。
 続いてこちら。

200116furusato07

 「大分豊後水道 寒ブリ漬け丼(熱めし丼)」

200116furusato08

 漁師が船上で食べていた賄い料理なのだそう。右のカップはカツオ出汁。半分ほど食べたらこれをドンブリにかけてお茶漬けにして下さいとのこと。でも。ドンブリはそのままでカツオ出汁はそのまま飲んだ方が私的には吉(^^;

 最終となる土日はメチャクチャ混むだろうから、明日が最後かな。初日に買ったチケットはまだ2枚残っているので、もう一度ドンブリ選手権に行ってみましょう。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| |

2020.01.10

「ふるさと祭り東京 2020@東京ドーム」で どんぶり三昧(1)

 今日から始まった「ふるさと祭り東京」。例年どおり東京ドームでの開催。

200110furusato

 初日11時半過ぎのドーム内はすでに沢山の人。更に入り口の22番ゲート方向からは、続々と来場客が流入してくる。人気のブースやイベントはまともに歩くこともできないほどだ。でもそんなものには目もくれず、私の狙いは毎年このイベント。

2020donburi

 「全国ご当地どんぶり選手権」  最初に食券となるチケット@500円をまとめ買いしておいて、食べたいお店に並ぶシステム。
 「ハーフサイズ」と書いてある「どんぶり」は、実際には更に小さいミニサイズで 500円均一。

 殿堂入り 2丼、シード 3丼、初出場含め予選勝ち上がり11丼と全16丼あるドンブリのうち、これまでに食べたことがないのは初出場の 4丼だけ。

 というわけで最初に並んだのは、これまで未食のこちら。

200110furusato01

 「紀州勝浦産 生まぐろ中トロかつ丼」

200110furusato02

 制作中の様子を見てみると中トロではなく、普通に赤身に見える。

200110furusato03

 こちらが出来上がり。ご覧のとおりマグロが衣につつまれ中は赤身のまま。たたき風ね。これに土佐酢のジュレが良く合います。そうして何より梅しそのご飯が旨かった。このドンブリに今日は一票かな。

200110furusato04

 続いて食べたのはこちら。

200110furusato05

 「北海道産牛の切り立てローストビーフ丼」
 金獅子という店は例年ローストビーフで出展しているけれど、今年は内容をリニューアル。副題の「北海道産のバターと山わさび昆布のせ」とあるのがそれだろう。
 またパッと見だとよく判らないけど、薄切りではあっても沢山のローストビーフが載っていて、とてもお得な感じ。実際バターと山わさびがよく合っていて美味しかった。これもまた当たり。

200110furusato06

 本日昼の部最後は沖縄県のブースに移動して、こちらへ。

200110furusato07

 「八重山 石垣そば 700円」  断面が丸の沖縄系そばにしてはかなり細めの麺に、カツオ出汁のスープ。トッピングは短冊切りにした三枚肉に沖縄かまぼこ、小ネギ、紅生姜。コーレーグースを適量たらして、いただいた。
 強いて言えば、もう少しカツオ出汁が効いていて欲しかったかな。

 ともあれ、昼食としては充分満足な3杯なのでした。

200110furusato09

 夕方の部で、我が家の夕食にと向かったのは「山形 米沢牛」のブース。「味の梅ばち」という店で毎年ここで買っている。

200110furusato10r

 「米沢牛ステーキ弁当 2,000円」
 A5ランクの牛肉だそうだ。家族分買うと大枚一枚が飛んで行きました。ま、美味しかったからいいか(^^ゞ

 最後にK君、今年もありがとうね。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| |

2019.12.08

「大嘗宮一般参観と皇居乾通り一般公開」最終日

 好天。昨日までの寒さが北へ抜け、初冬にしては穏やかな日曜日。家内と二人「大嘗宮一般参観 及び 令和元年秋季皇居乾通り一般公開」に出かけてみることにした。

191208daijyoq01

 「楠木正成像」を通り過ぎ、9:30に皇居外苑の入場口に着いてみると、ご覧のとおりすでに長い行列ができている。一般公開最終日 且つ 好天となれば、混雑は仕方のないことだろう。
 それでも早い時間のせいでまだ行列は少ない方らしく、入場者が更に増えた場合の予備のレーンは使われていない。時間がもう少し遅くなると、この予備のレーンも全て使われるのだろう。

191208daijyoq02

 普段は通ることができない「坂下門」から入城。手荷物検査を経てさらに中へ。

191208daijyoq06

 大嘗宮へと至る途中、こちらもまた普段は通ることができない紅葉(黄葉)の名所「乾通り」を散策。散策などというと聞こえはいいが大勢の入場者と一緒に行進ね。

191208daijyoq04 191208daijyoq05

 ところどころで、こんな立ち入り禁止の場所を見ることができたのも収穫の一つ。

191208daijyoq08 191208daijyoq07

 こんな風にきれいな紅葉が見られる場所が普段は入れないというのはもったいない気がする。

191208daijyoq09 191208daijyoq11

 ようやく「大嘗宮」が見え始めると、ここからが大渋滞。途中で通路の幅を絞って、入場者の流量をコントロールしているようだ。

191208daijyoq13

 そうして皇居外苑の入場口に並び始めて 70分後、「大嘗宮」前に到着。ご覧のとおり間近で正面の写真を撮れる状態ではなく、人々の頭越しでの撮影。

 元々中に入れるわけでもないので、現物を見ることができただけでも良しとしましょう。

 せっかくだから東御苑内をグルッと廻り「二の丸庭園」なども見て「大手門」から帰りたいところだったけど、脚の弱い家内がギブアップ。一番近い「北桔橋門(きたはねばしもん)」からの退出となった。

 ちなみに「期間中の参入者数は 792,911人」だったそうです。

◆大嘗宮一般参観及び令和元年秋季皇居乾通り一般公開について
 https://www.kunaicho.go.jp/event/inui-r01aki.html

| |

2019.08.17

「対阪神戦@東京ドーム」終始リードで沢山呑みました

 友人Sを誘って東京ドーム。運良く入手したチケット(Snちゃんサンキュ)で昨年以来の対阪神戦。

190817bt_tigers11

 ドラ1ルーキー高橋優貴君の先発。坂本の32号ソロで先制した巨人。その後、阿部などの適時打で7回に3点追加。ビール(800円)でスタートした呑みは、その後 角ハイ(650円)をたしか6杯(^^ゞ

190817bt_tigers12

 中継ぎ1番手の沢村までは零封だったのだけど、8回から変わった高木が捕まりソロ本塁打2連発を喰らって即交代。

190817bt_tigers19

 でもこの即交代が良かったみたいで、鍵谷、デラロサが締めて、結果4-2で快勝。勝ち投手は高橋君。

 これで2位と5ゲーム差。持参したオレンジのタオルも沢山振り回せたし。良かった、良かった(^o^)v ・・・でもやめときゃ良いのに、中野へ戻ってパニパニ、よってく?とハシゴ酒。今朝は軽い二日酔いなのでした。

| |

2019.07.13

2019中野チャンプルーフェスタ

 沖縄の鼓動を中野へ。そして「ここから始まる東京の夏」
 ここ数年、諸事情によりまともに「チャンフェス」に参加できなかったのだけど、今年は満を持して?オープニング前からサンプラ前。

190713chanfes01

 プレオープニングは我が母校「桃園第二小学校」の児童たちによる「桃二エイサー」。なんと総勢77人にもなるそうだ。周りを取り囲み撮影に余念が無いのは、たぶん殆どパパママ達ね。
 ちなみに桃二は来年創立百周年を迎えるそうだ。私の父や叔父叔母が通っていたのは昭和10年代になるわけか。

190713chanfes02

 そうして我らがパニマス実行委員長の挨拶から、いよいよチャンフェスのスタート。「ここから始まる東京の夏」そう言いながら曇り空なのが、ちと恨めしい。

190713chanfes03

 続いて工事のため半分以下のスペースとなってしまった北口の旧暫定休広場でのエイサー。最初は「東京中野区新風(あらかじ)エイサー」。大学生中心のこのチームは若々しく可愛い女子が多いのが特徴?

190713chanfes05

 続いて勇壮可憐?な演舞は「東京中野真南風(まはえ)エイサー」

190713chanfes06

 こちらは青年たちが中心。ここ数年でお父さんお母さんが一気に増えました。でも桃二を中心とした子供達による「南風童(ふぇーわらばー)」が増えて、上がる一方だった平均年齢を下げてくれています(^^;

190713chanfes166r

 そうそう、中野昭和新道の「大衆酒場ジョージ」もこの旧暫定広場に店を出していて、ハイボールやモツ煮込み、冷やしキュウリ、パインなどを売っています。

190713chanfes11 190713chanfes12

 「オリオンビール」と「沖縄すば」
 そうしてチャンフェスと言えば、これですね。どちらも 500円。もう堪りません。

190713chanfes13 190713chanfes14

 もちろん、こんな牛串や牛ステーキなども頂いて、アッという間に結構な散財(^^;

 午後3時過ぎになると小雨が降り始めてしまった。サンプラザ前を離れて、そろそろパニパニへ移動して、エイサーの「道じゅねー(練り歩き)」を見ることにいたしましょう。

2018中野チャンプルーフェスタ
 http://nakano-chan-fes.web2.jp/

| |

2019.01.18

「ふるさと祭り東京 2019」 ラーメンと沖縄すばにお弁当

 金曜日。今日を入れてあと三日となった「ふるさと祭り東京」。平日の昼間だというのに東京ドーム内は大変な人出だ。
 私的には今日が最終日。しっかり食べて買っていましょう。

190118furusato01

 さて今日の麺類皆兄弟の最初の一麺はこちら。

190118furusato03

 「青森 味噌カレー牛乳ラーメン 800円」
 青森市の郊外にある札幌ラーメン専門店。まさに味噌とカレー、牛乳の味。そうしてバターを溶かすと、もう完全にバター味(^^;

190118furusato04

 使っているカンスイによるのだろうけど、かなり黄色みが強く硬め中細縮れ麺。

 牛乳ラーメンという名称から一条流がんこのホワイトを連想していたのだけど、ちと無理があったみたい。まぁこの手の催しであることを差し引けば納得のレベル。

190118furusato11

 続いていくつかのお店を物色して、見つけたのがこれ。

190118furusato13

 「豚バラの角煮弁当 500円」。米沢牛の店で売っていたもの。ワンコインというのが魅力。でも予想以上に美味しかったので、得した気分。

190118furusato41

 夕方、そういえば今年はまだ食べていないよねと沖縄のコーナー。

190118furusato42

 「沖縄すば 700円」
 本日の2麺目。沖縄のコーナーで見つけたもの。なんと中野チャンプルーフェスタに沖縄から毎年出店している店のものだった。安定の味。コーレーグースを加えてご馳走様。

190118furusato21

 最後に立ち寄ったのはこちら「米沢牛弁当」の店。先ほど豚角煮弁当を買った店だ。

190118furusato24 190118furusato26

 「米沢牛すき弁当 1,200円」「米沢牛弁当 2,000円」
 家族へのお土産として買ったもの。家族五人分となると結構な出費だけど、私的最終日だからとちょっと奮発。

 この土日で「ふるさと祭り」は閉幕を迎える。相当混み合うだろうから、行かれる人は目的と店をHPで事前に調べていく方がベターですよ。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.17

「ふるさと祭り東京 2019」 しじみラーメンとチーズパスタ

 再びの東京ドーム。先週の金曜日から始まってちょうど一週間の木曜日。「ふるさと祭り東京」は相変わらずの人出だ。平日の真っ昼間だというのに歩くのもままならない。

190117fulsato01

 こちらは「八戸三社大祭の山車」

190117fulsato02

 さて昨日までに未食だった どんぶりたちを制した私は、昨日の後半から狙いを変えて麺類へ。最初はこれ。

190117fulsato04

 「津軽半島 十三湖のしじみラーメン 750円」
 青森は五所川原市からの出店。このネーミングだけで食欲を刺激されてしまった。どんぶり選手権ではないので、ミニ丼ではなく普通サイズのラーメンね。

 塩ベースの優しいラーメンでした。しじみの出汁がもう少し強いと嬉しかったのだけどね。まぁこの手のイベントへの出店としては満足できるレベルかなと。

190117fulsato05

 夜というか夕方の部ではこちら。これもまたネーミングだけで食べることにしたもの。いざ食べてみようとブースの前で値段を見て、ゲッ!
 でもその気になってしまったのだから、もう止まらない。奮発してしまいました。

190117fulsato06 190117fulsato07

 茹で上げて玉子を和えたカルボナーラなパスタの上に、こんなホールチーズから削りとった粉チーズをドバッ。さらにホワイトソースをかけ、その上に大量のカニフレークが載る。

190117fulsato08

 「カニで見えないチーズパスタ 1,500円」
 で出てきたのがこちら。たしかにカニでパスタがほぼ見えない。そして多少バサついた感じがあるのかなと思ったけど、そんなことはなしで、これもまた旨いや。

 ボリューム的にも満足感を得られるもので、上質なチーズと牛乳、カニをふんだんに食べさせて貰った感じ。お値段なりに満足できるスパゲッティでした。

 今日はこれで打ち止め。余裕があったらまた明日かな。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.16

「ふるさと祭り東京 2019」 たこ天丼と鮭キムチ焼きそば

 再び東京ドームで「ふるさと祭り東京」。下は青森の「ねぶた」。

190116fulsato01

 さて「全国ご当地どんぶり選手権」で、最後に残った未食のどんぶりを。

190116fulsato02 190116fulsato03

 「瀬戸内お宝たこ天丼」
 正直このネーミングと看板からはソソられるものが何もなく、今回はパスするつもりでいたのだけど、よく見ると「ミルキーな牡蛎」も載っているみたい。であればと方針変更。

190116fulsato04

 瀬戸内自慢のタコと牡蠣の天ぷらに、わさび香る甘辛たれとある。トッピングされたレモンも広島産だそうだ。
 たしかにそのとおりで、これもなかなか旨かった。

 今日までの計 6丼のうち旨い順 TOP3 は昨日と同じ。
 1. 札幌 北海ネバトロ海鮮丼
 2. 湘南しらすの小田原三色丼
 3. 愛媛 宇和島TKG風 鯛めし丼

 知名度が低いせいで行列も短いようなので、是非こちらもどうぞ。

190116fulsato05

 本日の昼食としてはこのミニミニ丼1杯では全く足りない。だから昨日から目をつけていた「ザ・北海道」のコーナーに出店していたこちら。

190116fulsato06

 「鮭キムチ焼きそば 600円」
 焼きそばと鮭、キムチ。まずこの名前がそそりますよね。思ったより旨かったし辛かった(^^;

 取り敢えず今日はここまで。残る食べたいものは・・・また後日。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.01.15

「ふるさと祭り東京 2019」 ドンブリ三昧(2)と黒石焼きそば

 こちらは「その2・夕方編」。まずは「全国ご当地どんぶり選手権」で、これまで未食だったドンブリ 6丼のうち、お昼に食べそこなった 2丼を。

190115furusato17

 最初はこちら「壺漬けハラミステーキ丼」

190115furusato22

 ハラミを鉄板で焼き上げ。壺の中の九条ネギタレにくぐらせるから壺漬けだそうだ。「黒煎り七味」の香りもよくてハラミらしい旨みのドンブリでした。

190115furusato24

 本日最後のドンブリは「愛媛 宇和島TKG風 鯛めし丼」。看板を撮るのを忘れた。

 宇和島の郷土料理なのだそうだ。細く切った鯛の刺身を薬味、タレとともに卵に絡ませて、ご飯の上の載せたものだそう。これもなかなか旨かった。

 今日の計 5丼のうち旨かった TOP3 は下記の順。

 1. 札幌 北海ネバトロ海鮮丼
 2. 湘南しらすの小田原三色丼
 3. 愛媛 宇和島TKG風 鯛めし丼

 殿堂入りやシード勢の行列を見て気遅れした方、是非これら知名度の低いドンブリも食べてみてください。結構旨いっすよ。

190115furusato25

 最後の〆にと食べてみたのはドンブリのコーナーから出て、こちら。

190115furusato27 190115furusato30

 「黒石やきそば」。青森は黒石市のご当地焼きそばで、B級グルメとしても有名。
 一年前の北東北遠征時には旅程の都合で黒石市までは行けなかったので、この機会にと。
 太い平打ち麺に甘辛いソースが特徴で、多めの揚げ玉とネギが入っている。モチモチの麺も特徴ということだったけど、今日のはイベントブースということもあってか、麺はヘタッとしていて全体に油が強かった(^^;

 というわけで本日のドンブリ三昧とB級グルメはここまで。残る未食の 1丼はまた後日食べてみたいと思います。

◆ふるさと祭り東京
 http://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧