ラーメン:88その他の地域

2020.06.27

2020梅雨 アクアラインを越えて「梅乃家@富津竹岡」

 移動自粛が明けて2週目の土曜日は梅雨の中休み。明日からはまた雨だという。であればと早朝からアクアライン越え。首都高は羽田空港下のトンネルから大渋滞してたけど、アクアライン入り口の浮島まで下道だった私は海ほたるまでが渋滞。

190506umenoya01

 まずは竹岡式ラーメン発祥の店「梅乃家」。2月以来の訪問。時間を読み違えて開店時間の20分弱前に到着。大行列だったらパスかなと思ってたけど、幸い開店待ちの行列は7人だけ。

 開店少し前におばちゃんがオーダーを取りに来てくれた。大チャーシューメンと「やくみ(薬味=キザミ玉ねぎ )」をオーダー。いつもどおり定刻を数分遅れて開店。

200627umenoya01

 「大チャーシューメン 1,000円+やくみ 50円」
 今年から?値上げされている。昨年10月の消費税UPの影響らしい。大なのに恒例のスープこぼしもなくご提供(^^;

200627umenoya02

 山と盛られたやくみ(キザミ玉ねぎ)に隠れて判りにくいけど、厚く大きいチャーシューが8枚。左奥に海苔、左手前ではメンマがはみ出している。

 毎度ではありますが改めて書いておくと、チャーシューの煮汁を麺を茹でた そのお湯で割っただけという非常に単純な作り方。黒く醤油色をしたスープがその証し。そして麺は千葉市「都一」の乾麺で醤油は富津市の佐貫にある「宮醤油店」のもの。

 チャーシューは普通の大鍋でガスの火で煮るのに、麺は洗面器みたいな丸い鍋を使って炭火の七輪で沸かす。何故そうするのかは判らないけど、これぞ「元祖 竹岡式ラーメン」なんです。

200627umenoya03

 細縮れ麺が醤油色に染まって上がってきて、まさに醤油味に豚の旨み。だから後でやたらと喉が渇くのですね。

200627umenoya04

 8枚のバラ肉チャーシューは、多少の厚さの違いはあれ、どれもこんな感じ。思ったより腹に来るので大盛りにしなければ良かったと思わされます。

 ちゃんとダシを取ったスープにこの煮汁のタレでとか、麺は生麺を使えばとか、考えても意味が無い。とにかく竹岡式はこのスープと麺の組み合わせでなくてはならないのです。

 この地域 と言うか「この店独特の竹岡式ラーメン」は、いわゆる今時流行りのダシの旨みタップリの美味しいラーメンとは一線を画すラーメンなのです。

 そうそう、比較的最近だと思うけど数量限定で「チャーシュー丼 300円」を始めたようです。次回は普通のラーメンとこれだな(^o^)v

竹岡らーめん 梅乃家(うめのや)
 千葉県富津市竹岡401
 10:00-19:00頃
 火・水休+月一回ほどの不定休

|

2020.06.21

2020移動自粛解除の箱根「箱根神社」

 金曜日に都道府県をまたぐ移動自粛が解除され、昨日の土曜日は東名・中央道ともに大渋滞。でも今日は幸いにもスカスカ。
 家内と二人、ゆっくり家を出て最初の目的地「箱根神社(関東総鎮守 箱根大権現)」へ。さすがにこの付近はかなりの人出だ。

 境内の駐車場にクルマをおいて鳥居をくぐり、急な階段を登り切るとようやく本殿。

200621hakone01

 まずは「九頭竜の龍神水」で手を洗いましょう。

200621hakone02

 行列に並び参詣。お守りを買うと、もうお昼過ぎ。お腹が空いたよねと境内のお休み処(食事処)へ移動。

200621hakone03

 「俺のつけめん赤 970円」
 観光地価格だよねぇ。それにしてもなぜ「俺の」なんだろう。場所柄「龍神つけめん」とか「大権現ラーメン」とかの霊験あらたかそうな名前を冠した方が売れそうな気がするのだが。

200621hakone05

 例えば麺上げの様子が芦ノ湖から九頭竜が姿を現す姿に似てるとかなんとか(^^; そういうのはダメとか言われてるのかな?
 あ、お味の方はピリ辛で・・・至って普通です。

 さて、もう2時過ぎ。腹ごしらえがすんだところで、本日のお宿へと向かうことにしましょう。

◇CANON EOS 5D Mk3 + EF 24-105mm F4L USM
 CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

◆箱根神社
 http://hakonejinja.or.jp/

|

2020.03.30

「日本橋ふくしま館-MIDETTE」で 喜多方老麺まるや

 久しぶりの「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」

 今日は福島の酒の飲み比べはやめておいて、真っ直ぐイートインへ。ここで来月6日まで提供されているラーメンは「喜多方老麺まるや」。今回で二度目。
 前にも書いたけど「まるや」と言えば、1954年創業の老舗で当地では知らぬ者はいないという名店であり行列店だそうだ。

200330maruya01

 「喜多方老麺(ラーメン) 770円」
 喜多方ラーメンらしく薄く醤油色をした清湯のスープに太く縮れた平打ち麺。トッピングはチャーシューが4枚と中央にナルト、キザミねぎ、メンマ。

 いかにも喜多方ラーメンという豚骨ベースに醤油と煮干しの芳香が鼻腔をくすぐる感じ。こういう醤油スープが大好きなのですね。

200330maruya02

 ツルツルでモチモチの平打ち縮れ麺は、いかにも喜多方ですという多加水のもの。この麺が旨いスープを良く持ち上げる。

200330maruya03

 バラ肉のチャーシューが4枚。これがまた柔らかく旨い。チャーシューメンが切れていたのが惜しまれる。
 コリコリのメンマも旨かったなぁ。

 美味しく頂いて、完食の全汁。ご馳走様でした。このここに出展している間にまた来られるかな。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.03.04

「日本橋ふくしま館」で 会津「一二三家」の塩とソースかつ

 連日の「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」イートイン。ハマっています(^^; 今日も会津ラーメン「一二三家(ひふみや)」

200304_123ya02

 昨日は「醤油」を食べたので今日は「塩」と決めて行ったのだけど、なんと「ソースかつ皿」なんていう変化球があるではありませんか。
 「ソースかつ丼」との連食はあきらめていたのだけど、アタマだけの「皿」とならいけると勢いでオーダー。

200304_123ya03

 「塩らーめん 900円」
 昨日の醤油にもまして黄金色の清湯スープが素晴らしく旨い。トッピングは醤油と変わらずキザミねぎ、メンマ、ナルトにチャーシュー。

200304_123ya04

 麺もまた醤油と同じいかにも手打ちですという加水率高めの中太平打ち縮れ麺。世の中沢山の中華麺があるけれど、やっぱりこんなツルツルモチモチ感を求めていたのですね。
 まずは麺と具材をやっつけてと。あ、バラ肉のチャーシューは今日の方がずっと旨かった。

200304_123ya05

 「ソースかつ皿 800円」
 少し遅れて出てきた。思ったよりずっとボリューム感がある「ソースかつ」がキャベツの千切りの上に載っている。いわゆるソースに浸けてしまうタイプのやつだ。

200304_123ya06

 肉への火の入り加減もなかなか良くて、これはこれで旨い。腹に余裕があったらソースに漬けずに定食で食べたいくらいだったけど、さすがに無理。残しておいたスープを口に運びつつ、ソースかつとキャベツもきれいに頂いた。
 腹一杯の幸せ一杯でご馳走様でした。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00 土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
一二三家(ひふみや)
 福島県会津若松市栄町4-34 21:00-翌 7:30 日休

|

2020.03.03

「日本橋ふくしま館」で 会津「一二三家」の醤油

 先日に続いて「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。今週水曜日までのイートインは会津七日町の「一二三家(ひふみや)」

200303_123ya01

 どうやら喜多方の「まるや」、会津の「うえんで」「空山」とこの店「一二三家」あたりが定期的にローテーションしていて、時々「SampSon」や手打ち蕎麦、その他の名物などが入るようだ。
 てなことはおいといて今日のオーダーはこちら。

200303_123ya02

 「醤油らーめん 750円」
 会津といえば醤油でしょうとまずはこちら。トッピングはキザミねぎ、メンマ、ナルトにチャーシュー。
 豚骨醤油に煮干しが香る喜多方・会津系らしい、でも塩と見まがうほど黄金色の清湯スープが旨い。

200303_123ya04

 そしてこれもまた、この地域らしい加水率高めの中太平打ち縮れ麺。この麺のツルツルモチモチ感も文句なしです。

 完食の9割汁でご馳走様でした。毎度のことながらこの「一二三家」もまたイートインとは思えぬクオリティーなのでした。塩ラーメンも食べてみたいので、明日余裕があったら行ってみたい。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00 土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
一二三家(ひふみや)
 福島県会津若松市栄町4-34 21:00-翌 7:30 日休

|

2020.02.27

「日本橋ふくしま館」で 会津坂下「空山」の山

 先日に続いて「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。金曜日までのイートインは会津坂下の「空山(くうざん)」

200227kuuzan_yama01

 先日も書いたようにメニューは「活・空・山」と三種のラーメンがあって、「活」は辛味噌にんにく背脂、「空」は醤油、「山」は味噌。肉盛とは、それぞれのチャーシューメン。

200227kuuzan_yama02

 「山・味噌らーめん 700円」
 で先日は醤油を食べたので今日は味噌の「山」をオーダー。

 醤油の時とトッピングは変わらずでキザミねぎ、メンマ、海苔に薄く小さなチャーシューが3枚。そして鶏肉?のミンチのようなものが少量浮いている。

 二種類の味噌を独自にブレンドしたというスープはやはり鶏ベースのようだ。これはこれで旨いけど、醤油ほどのスタンダード感はない。(個人の感想です(^^;)

200227kuuzan_yama03

 醤油とたぶん同じ加水率高めの縮れ麺。この麺はいい。熱々のスープの中でダレるかなと思ったけど、そんなこともなかった。

 完食の9割汁でご馳走様でした。
 明日の最終日。「活」の辛味噌にんにく背脂を行くべきか迷っている(^^ゞ

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00 土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
空山 https://peraichi.com/landing_pages/view/kuzan
 福島県河沼郡会津坂下町三番11 無休 7:00-15:00

|

2020.02.25

「日本橋ふくしま館」で 会津坂下「空山」の空

 今週もまた「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」訪問。今日から金曜日までの4日間は会津坂下の「空山(くうざん)」だそうだ。
 2014/4のオープンと比較的新しい店らしい。

 ランチタイムを少し外した時間に行ってみると、いつものイートインスペースは空いている。
 レジ前のメニューを見ると「活・空・山」と三種のラーメンがあって「活」は辛味噌にんにく背脂、「空」は醤油、「山」は味噌。肉盛とは、それぞれのチャーシューメンという位置づけのようだ。

200225kuuzan01

 「空・醤油らーめん 700円」
 会津といえば醤油だよねと勝手な思い込みで「空」をオーダー。

 喜多方・会津・白河の系統的にまさしく正しい醤油の清湯にキザミねぎ、メンマ、海苔に薄く小さなチャーシューが3枚。そして鶏肉?のミンチのようなものが少量載っている。

 鶏ベースで香味野菜、鰹節、鯖節がメインだというスープが旨い。レンゲでひと口すすっただけで、素性の良さが伝わって来る。

200225kuuzan03

 喜多方系よりやや細めで加水率高めの縮れ麺。このツルツル感も会津系らしくていい。

200225kuuzan04

 チャーシューも旨いのだけど、会津系にしては薄すぎるし小さすぎるのが珠に瑕か。

 ともあれアンテナショップのイートインだというのに充分過ぎるほど旨い。金曜までの間にまた食べに来よう。今度は味噌をいってみようかな。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00 土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
空山 https://peraichi.com/landing_pages/view/kuzan
 福島県河沼郡会津坂下町三番11 無休 7:00-15:00

|

2020.02.24

2020初春の富津竹岡「竹岡式ラーメン 梅乃家」

 昨年10月以来のアクアライン越え。7:00少し前に出て、ずっと下道。浮島ICからアクアライン。海ホタルで一休みした後、木更津金田からは再び下道。目的地 富津竹岡に着いたのは 9時少し過ぎ。先客は一名ね。

191005umenoya01

 5ヶ月ぶりの竹岡式ラーメン「梅乃家」。この店のためにアクアラインを越えるのです。
 開店は10時。待つ間、行列の中でパカパカ煙草を吸う人たちがいて困りもの。幸い私は風上だったので、ほぼ影響はなかったけど、周りの皆さんは我慢しているみたい。

 例によって開店の少し前におばちゃんがオーダーを取りに来てくれた。チャーシューメンと やくみ(薬味=キザミ玉ねぎ)をお願いした。定刻に数分遅れて開店。

200224umenoya04

 いつもの店内、いつものテーブルに陣取ってしばらくお待ち。
 着席から15分ほどでご提供。恒例の?スープこぼし付きね。でもすぐに拭いたりしないのが、この店流。

200224umenoya01

 「チャーシュメン 850円+やくみ 50円」
 山と盛られたキザミ玉ねぎ(やくみ)と、分厚いチャーシューにメンマ。その下には海苔とチャーシューが隠れている。そうして黒く醤油色をしたスープ?に元乾麺の縮れ麺。

 何度も書いているけど、乾麺は炭火の七輪で沸かした湯で茹でる。何故か七輪でないとダメなのだそう。ガスのニオイが移るのを嫌うのだろうか?
 でもチャーシューはバラ肉のブロックを普通にガスの火で煮るのですね。不思議。どちらも大きな洗面器みたいな丸い鍋を使うのもこの店のこだわりみたいだ。

 スープはチャーシューの煮汁を、麺を茹でたそのお湯で割っただけ。ダシなんて取ってたりはしないのですよ。とにもかくにも、これぞ元祖竹岡式なんだそう。

200224umenoya03

 例によってチャーシュー煮汁の醤油色に染まって上がってくる縮れ麺。これはこれでいい。というかこの元乾麺の麺が食べたくて何度もリピートしてしまうのですね。

200224umenoya02

 そうして分厚いチャーシューたち。こちらも醤油色に染まっている。全部で8枚ね。これが柔らかく旨いのですよ。
 今日は珍しくハジッコの硬い肉が一枚入っていた。その代わりかどうか判らないが、小さく崩れた肉がいくつも入っていて得した気分。後から後から湧き出してくるかのようなチャーシュー攻撃。でも負けない。いくらでもかかって来なさいと(^^;

 この煮汁スープに乾麺、そしてチャーシュー。これでこそ梅乃家。完食の九割汁でご馳走様でした。頼んでおいた持ち帰り用の「梅割り」を貰って店を後にした。保田まで下って、ひものを買って帰ろう。

 ちなみに乾麺は千葉の製麺所「都一」製、醤油はこの店と同じ富津市の佐貫にある「宮醤油店」謹製。

竹岡らーめん 梅乃家(うめのや)
 千葉県富津市竹岡401 最寄駅:竹岡
 10:00-18:00頃(売切れ終了)
 火・水休+月一回ほどの不定休

|

2020.02.21

「日本橋ふくしま館」で SampSonの会津地鶏ラーメン

 水曜日に続いての「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。今日のお目当ては今日から月曜日まで出展される奥会津のわりと新しい店「SampSon(サンプソン)」の会津地鶏ラーメン。
 奥会津の三島町という所にあるという不思議な名前の店だけど、ひょっとして「山村」をもじったもの? 主体はカフェのようだ。

200221sampson04

 「会津地鶏の鶏白湯ラーメン+ミニカレー 1,150円」
 カレーも評判の店だというので、そのセットにしてみた。ちなみにラーメンだけだと 850円。

200221sampson06

 鶏白湯といっても今時流行りのトロみの強いタイプではなく、割りとすっきりした塩ベース。でも地鶏だという鳥の旨み、野菜の甘みがしっかり効いていて、このスープは旨い。チャーシューがない代わりに鳥のつくねを崩したようなミンチ肉が入っている。ほかに味玉ハーフにモヤシや細か目に刻んだ玉ねぎ、糸唐辛子、青ネギなど。地元奥会津の野菜だそうだ。

200221sampson12

 中細の縮れ麺もよくこのスープに合っている。そこにモヤシや玉ねぎの食感と甘みが加わり文句なし。
 それにしても、この手のイートインにしてはとてもクォリティが高い。毎度感心させられる。

200221sampson09

 「ミニカレー」 会津地鶏を細かくほぐした肉が入っている。特に辛口というわけでもなく、日本人の舌によく合ったトロミの強いルーが実に旨い。ランチにしてはちょっと高くなったけど、これは食べてみて正解。

 ラーメンも完食全汁。カレーもキレイに食べきって、ご馳走様でした。この店の出展は月曜までだと言うから、可能ならもう一度食べに来たいと思っている。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
SampSon https://www.samson-info.com/
 福島県大沼郡三島町宮下居平12 木曜休

|

2020.02.19

「日本橋ふくしま館-MIDETTE」で 会津ラーメン「うえんで」2

 昨日に続いての「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。お目当ては会津ラーメンの雄「うえんで」
 オーダーは昨日食べられなかったこれ。

200219uende01

 「チャーシューメン 900円」
 幅広の短冊に切られたチャーシューが表面を覆い尽くしていて中央のキザミねぎ以外、麺も他の具も全く見えない。
 チャーシューを何枚が剥がすと、出て来たのは薄く醤油色に澄んだ清湯のスープに平打ちのちぢれ麺。さらに太めのメンマが3本。

200219uende02

 豚骨魚介醤油の茶濁したスープも好きだけど、こんなスープもいい。納得の旨さなのですよ。
 そう、いつも突然食べたくなるのは(がんこや二郎を除くと)こんな清湯の醤油スープなのです。でも中野の北口地区にはないんだよね。

 ツルツルモチモチの多加水の平打ち縮れ麺がこの旨いスープをよく持ち上げて、これぞ福島のご当地ラーメンという感じ。
 もちろん沢山載ったバラ肉のチャーシューも柔らかく美味しくて文句なし。

 このスープも残せない。まつもや完食の全汁。明日もまた来てみようかな。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00 大晦日・元日休
うえんで https://uende.jp/
 福島県会津若松市大戸町上三寄大豆田11-3
 9:00-14:30 火曜・第一月曜休

|

より以前の記事一覧