ラーメン:04新宿区

2019.10.30

「らぁ麺やまぐち@西早稲田」で 鶏そば

 昨年 9月に移転(と言ってもすぐそこ)してから初の訪問。ミシュランのビブグルマンに 2015年から載り続けている店。

191030yamaguchi01

 「らぁ麺やまぐち」
 16時という中途半端な時間。店の前に着いてみると幸い行列は無く、カウンターメインの14席ほどの店内に先客はわずか 4人。時間帯もあるけど結構落ち着いている印象。

 店内には鶏の香りが充満。期待値が上がりますね。券売機の前で一瞬フリーズ。殆どの場合、一番左上のボタンを押すのだけど、これが「特製鶏そば」でなんと 1,400円。ゲゲッと思って改めて見ると隣に普通の「鶏そば 950円」。それでもまだお高めだよねと思いつつ、こいつを買って着席。

191030yamaguchi03

 「鶏そば 950円」
 鶏油が浮いた醤油ベースの清湯スープ。そしてチャーシューとメンマ、かいわれ。美しいですね。
 目の前に提供された瞬間、鶏と醤油の芳香で鼻腔が満たされる感じ。まずはレンゲでスープをひと口。うん、旨い。まさに鶏出汁の真骨頂。
 テーブルにはコショーもお酢もない。何も足さずこのまま食べて欲しいということなのだろう。本当はSBのコショーが欲しい(^^;

191030yamaguchi04

 京都の老舗製麺所「麺屋棣鄂(ていがく)」の細ストレート麺のツルツル感が素晴らしい。

 そうして、しっかり豚肉の旨みが伝わって来るチャーシュー。メンマの柔らかさは特筆もの。さすがはビブグルマン。そう思いながら完食の全汁。

 すぐそばには「がんこ西早稲田」がある。今回も後ろ髪を引かれつつ、こちらに来たのだけど、やっぱり私は「がんこ」のショッパカラいラーメンが好きだなぁ。
 ・・・ま、完全に好みの問題ですが。

◆らぁ麺やまぐち
 http://www.ramen-yamaguchi.com/
 新宿区西早稲田3-13-4 最寄駅:西早稲田
 11:30-21:00(LO)月休(祝日の場合は翌日振替)
 2013/1/8オープン 2018/9/7移転

|

2019.10.23

「やすべえ@新宿」で つけ麺(中盛り)

 久しぶりに新宿西口で呑んだ後、懲りない友人たちのリクエストで向ったのは「つけ麺屋やすべえ 新宿店」。つけ麺創業の地が高田馬場であることから「堀部安兵衛」の名にちなんだ店名だそうだ。
 C師匠に連れられて、その高田馬場店に初めて行ったのは、もう17年ほども前の話か。


191008yasubee01

 てなことはおいといて、20時前だったか店の前に着いてみると数人のお待ち。相変わらず人気店のようだ。券売機で食券を買って待っていると間もなく案内され着席。

191008yasubee04

 「つけ麺(中盛 330g)820円+味玉チャーシュー 320円」
 並盛 220g、中盛 330g、大盛 440gが全て同じ値段になっている。

191008yasubee05

  酔っていたせいで、また食欲が爆発していたからだろう。中盛りの上に味玉チャーシューまで追加してしまった。

191008yasubee06

 極太でツルツルの麺を、豚骨魚介(節系)のつけ汁で美味しく頂いたのだけど、もう途中からシンドイの何のって。でも残すのは恥とばかり、なんとか食べ終えた。

 懲りない友人たちも同じものを頼んだのだけど、誰もギブアップしなかったのは偉い(^^;

つけ麺屋 やすべえ 新宿店
 http://www.yasubee.com/
 渋谷区代々木2-11-19 最寄駅:新宿
 11:00-27:00 日曜 11:00-21:00
 正月以外無休らしい

|

2019.08.07

「佐高@新宿御苑」で納豆つけラーメン

 新宿御苑で井之頭五郎ちゃん的な「無性に腹が減った」状態。どの店にしようかと思ったけど、15時過ぎという時間にやっている店は少ない。「本家第一旭」もあるのだけど、こっちのはあまり良い印象がないのでパス。

190807sataka01

 「手打ちラーメン 佐高@新宿御苑」
 新宿西口の有名店「満来」で修行の後、独立開店。すでにこの地では老舗の風格だ。私的には初訪問が15年前で最後に食べたのが11年前。なんと2008年のことだ。当時はこちらに事務所があったので、ちょくちょく来られたのだけど、その後とんとご無沙汰。

 変わらぬ佇まいの店に入り、すぐ右にあるカウンターで注文する。この流れも変わらない。大好物の納豆つけをオーダーして前払い。

190807sataka02

 「納豆つけらーめん 800円」
  あれ? 見るからにつけ汁はピリ辛な感じ。こんなんだったっけか? 記憶にあるこの店の納豆つけは辛くはなく、むしろお酢を強く感じるタイプだったのだけど・・・。まぁ11年も経てば変わることもあるか。

190807sataka03

 ご主人が毎日手打ちする極太平打ちの麺がまた旨い。

190807sataka04

 このツルツルの食感に納豆のヌルヌルが加わって、さらにツルツル。幸いつけ汁のピリ辛度合いも割りと軽いもので、私でも問題ないレベル。

 納豆のヌルヌル感を最後のスープ割りまで残して完飲。ご馳走様でした。

手打ちラーメン 佐高(さたか)
 新宿区新宿1-17-9 最寄駅:新宿御苑前
 11:30-21:00 (土)11:30-15:00 日祝休

|

2019.02.13

「山頭火@新宿南口店」で とろ肉しおらーめん

 酔っ払ってまた食べたシリーズ第二弾(^^; 久しぶりに新宿西口で呑んだ後、友人達と行った店。

190213_310ka_01

 なんとおよそ6年ぶりの「山頭火@新宿南口」である。

190213_310ka_03

 「とろ肉しおらーめん 1,290円」
 酔ってなければ、まず頼むことはないお値段のメニューをみんなで頼んで(^^;

190213_310ka_04

 こんな風にトッピングとラーメンが別々に出てくる。以前もこんなだったっけ?と思ったけど、こんな高いの頼んだことがないわな。

190213_310ka_05

 バラバラに出てきても山頭火らしい味は変わっていない。加水率低めの細麺が白濁した豚骨魚介のスープを持ち上げる。そのスープからはニンニクの風味。

 トッピングをドンブリに移したところは撮り忘れたけど、まさにトロトロのチャーシューとツルンとしたキクラゲが良く合うのですね。そして忘れちゃいけない小梅。

 思いっきり腹一杯になってご馳走様でした。

 もう一軒呑みに行こうという某君の誘いを振り切って、西口からバスで中野昭和新道に帰るのぢゃ。

◆山頭火 新宿南口店
 新宿区西新宿1-18-5 最寄駅:新宿
 11:00~23:00 無休らしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.14

新店・京都たかばしの「本家 第一旭 新宿店」

 この12/7(金)、新宿御苑にオープンした。「本家 第一旭 新宿店」

181214no1asahi01

 あまりにも有名な店の東京初出店であり、広く事前情報もあったので、オープン直後のみならず、あっと言う間に行列の店になっているという。

181214no1asahi02 181214no1asahi03

 昨年、京都への一人ラーメンツアーで、この店の本元である「本家 第一旭 京都たかばし本店」に行ってから、ちょうど一年になる。
 なんでも他にも元祖だ第二だ何だと「第一旭系」を名乗る店はあるし、東京にも出店していたのだそうだけど、それらはこの「京都たかばし本店」とは別物で、嫡流となるのはこの京都たかばし系なのだそうだ。

 てなことはおいといて、金曜日の今日ようやく行くことができた。着いてみるとかつて「龍家」のあった場所ではありませんか。
 16:30頃の店先には5人の行列。この程度なら無問題と最後尾へ。食券を先に買ってから並ぶのがこの店のルールみたいだ。

181214no1asahi04

 券売機のメニューはこんな感じ。京都の本店では 850円だった特製ラーメンが 1,000円になっている。ゲッと思って普通のラーメンと九条ネギ増しをボチッ。

181214no1asahi05 181214no1asahi06

 左はテーブル上の調味料。驚きなのはお水用のコップが紙コップなこと。洗い物を少しでも減らしたいということなのだろう。

 カウンター席だけのやたらと狭い店内。厨房も狭い。だからかワンロットは3杯? 必然的に提供までもそれなりの時間がかかる。

181214no1asahi07

 「ラーメン(九条ネギ増し) 830円」
 ようやくのお出ましとなった第一旭のラーメン(^^; 割りと濃いめの醤油色に澄んだ豚骨ベースのスープに九条ネギのトッピング。チラリと見えているのは薄くスライスされたチャーシュー。
 スープを一口。ちょっとカラめ? あれっこんな感じだったっけ? もう一年も前のたった一度の記憶だから覚えていられるはずもない。

181214no1asahi08

 京都の老舗「近藤製麺」製だという細ストレート麺。ちょっとヤワめ。カタメで頼んだ方が良かったか。
 でも、これはこれでよし。なんと言っても東京に出てきてくれたのだから。

181214no1asahi09

 チャーシューも旨い。もう少し厚いと嬉しいけど、これが3枚入っているのだから文句は言えないか。

 完食の9割汁でご馳走様でした。最近新宿御苑方向に縁が無くなってしまっているけど、機会があったらまたいく・・・かな。
 東京のテナント料が高いせいなのか、かなり強気なお値段設定なのが気になるところ。

◆京都たかばし 本家 第一旭 新宿店
 http://www.honke-daiichiasahi.com
 新宿区新宿1-13-7 最寄駅:新宿御苑
 当面 11:00~300食 日曜 11:00-15:00
 定休日未定 2017.12.7オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.14

「利しり@歌舞伎町」で 呑んだ後ラーメン

 久しぶりに歌舞伎町で呑み喰いした後、やっぱり「どこかラーメン屋に連れて行け」と友人たち。それも「行ったことのないところ」ですと。すでに新宿では全方位的にあちこち連れて行っているので、あまり選択肢が・・・。

 ここは歌舞伎町と言ってもかなり奥まった場所。近くの「凪」や「二郎」には連れて行っているし・・・で、ふと思いついたのは「利しりラーメン」の存在。

 歌舞伎町で飲んだあとなら、やっぱりここ。というのが40年ほど前には定番だったよねと。もう一体何年行っていないのだろう。少なくとも15年以上かな。最近はどうなっている?

180214rishiri01 180214rishiri02

 ともあれ確かこの辺だったと記憶を頼りに行ってみると、外までの行列はなく中待ち。10分ほどして四名様ご案内。

180214rishiri05 180214rishiri06

 後でこの写真を見て思い出したのだけど、あーあ餃子も取っているし、チャーハンもイッているし・・・当然ビールも。みんな一体どうしたことか食欲が爆発してしまったよう。前の店で食べたりないということはなかったはずなのに。

180214rishiri07

 「みそチョンらーめん 1,080円」
 これが提供される頃には、もう腹一杯で苦しいくらい。相変わらずデカいラーメンどんぶりにかなり引き気味。でもほぼ食べきりましたよ。スープは殆ど残したけど(^^ゞ

 カラめのオロチョンは避けてこれにしたのだけど、正直お味の方は判らないというのが正しいところ。お腹がすいている時とでは状態が違いすぎるので感想はパス。てか無い(^^;

 夜のお勤めの方たちと酔客専用みたいなこの店が、まだあってくれて良かったというのが正直な感想なのでした。

◆利しり
 新宿区歌舞伎町2-27-7 最寄駅:西武新宿・東新宿
 18:30-翌5:00 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.30

「つけそば 丸長 目白店」で やさいつけ

 「タイヤ館目白店」でタイヤ交換を待つ間、ここからならと向かったのは「つけそば 丸長 目白店」
 実は歩いて向かうには結構な距離だった(^^; 

170330marucyo01

 13時過ぎという時間。大行列覚悟で着いてみると、なんとラッキーなことにお待ちナシ。すんなり着席して頼んだのはこちら。

170330marucyo02

 「やさいつけそば(大盛)950円」
 なんというか懐かしいルックスに懐かしい味。ヤサイの旨味がタップリ溶け込んだ、つけ汁がいいですな。

 そしてツルッツルでやや色白な太麺。懐かしさも手伝って、アッという間に完食。スープ割りもして貰ってご馳走様でした。

◆つけそば 丸長 目白店
 新宿区下落合3-19-4 最寄駅:目白
 11:00-15:00 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.24

二日連続の「舎鈴(しゃりん) 新宿西口店」・・・でも不覚(^^ゞ

 月曜日。「おいしいキャンプ場」オーナーR氏から飲みのお誘い。得意の?経理関係作業のため東京の本社にいるそうだ。

170124syarin01

 というわけで新宿西口の居酒屋で呑んだ後、寄って見たのは「舎鈴(しゃりん)新宿西口店」
 たぶん今年の夏頃のオープン。いわゆるヨドバシ通りにあって、気になってはいた店だ。名前からして「六厘舎」系かなと思ってたら、果たしてそうだった。

170124syarin02

 こちらはR氏が頼んだ「担々麺 590円」と、私が頼んだ「つけ麺 630円」

 写真の撮り方が雑。結構酔っていたのだろう。つけ麺はなかなか旨かった。そりゃそうだ六厘舎系だもの、なんて思ったのを覚えている以外、あまり記憶がない(^^ゞ R氏の担々麺の評価やいかに(^^;

170124syarin03

 「豚玉中華そば 690円」
 こちらは翌日の画。やはり新宿でシコタマ呑んだ後だ。すぐそばで呑んでいたので、どの店に行こうか考えるのも面倒くさくココにした・・・のだと思われる(^^;

170124syarin04

 もちろんお味の方は覚えていない(^^;(^^; でも同伴者からは「旨い」と言っていたと聞かされた。

 今や六厘舎と言えども資本系には違いないだろう。その六厘舎がこのコストパフォーマンスの高いフォーマットで店舗展開をしているのは、とても評価できる。この場所、この質感でこの値段。他の店の脅威、そして今後のスタンダードに・・・なって欲しいものだ。

◆舎鈴 新宿西口店 (しゃりん)
 http://www.tsukemen-sharin.com/
 新宿区西新宿1-13-6 最寄駅:新宿
 11:00-23:00 (LO 22:45) 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.10

「俺の空@新宿」で 浸け豚そば

 新宿で呑んだ後、例によってどこかラーメン屋に連れて行けと友人。 というわけで、およそ2年ぶりとなる「俺の空 新宿店」

Orenisora01

 「浸け豚そば 830円」
 酔っていたせいもあって、実のところ9h覚えていないのだけど旨かったはず(^^ゞ

Orenisora02

 友人たちも旨いと言っていたので、それで良しとしましょう(^^;

◆俺の空 新宿店
 新宿区西新宿1-3-13 最寄駅:新宿
 11:00-22:30 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.16

「らぁめん ほりうち」でチャーシューらぁめん

 新宿西口で友人たちとしこたま呑んだ後、例によってラーメン屋へ連れて行け、しかも行ったことのない店へと。

160412horiut01

 結構行き尽くしているよなぁと思いつつ、近場でとひらめいたのがここ。「らぁめん ほりうち」
 言わずと知れた「満来」の暖簾分けというか、いわゆる直系のお店。21時少し前という時間。幸いすいていて、すぐに座ることができた。

160412horiut02

 そうして呑んだ時によくある満腹中枢崩壊状態で、ボチッとしてしまったのがこちら。

160412horiut03

 「チャーシューらぁめん 1,300円」
 出てきた瞬間に後悔しましたね。そのボリュームもさることながら、酔ってなけりゃ、こんなに高いメニューも選ばないだろうに。

160412horiut04

 んで、分厚いゾウリのようなチャーシューと格闘しつつ・・・

160412horiut05

 さらに一般的なラーメンよりもずっと多い麺とも格闘しつつ、あぁなるほど満来系だよねということ以外、旨いのかどうかも判らぬまま、無理やり完食。

 絶対食えると豪語して私に同じものを食わせた友人は、途中で試合放棄(^^; こんなに食えるわけないぢゃん、だって(^^;

 というわけで、酔ったときはラーメンで締めちゃいけないという、何度やっても学習しない教訓を、翌朝またも思い知らされたのでした。

 次に呑む時まで覚えている自信は・・・もちろんありません(^^ゞ

◆らぁめん ほりうち
 http://ramen-horiuchi.com/
 新宿区西新宿1-4-7 最寄駅:新宿
 11:00-21:00 土 11:00-20:00
 日祝休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧