ラーメン:04新宿区

2024.03.06

#新宿地下ラーメン「信州松本 凌駕IDEA ×吉祥寺武蔵家」

 新宿西口ヨドバシカメラでお買い物。いつもは、そのついでに なのだけど今日はヨジバシの方が「ついで」。いつもどおり我が家近くの停留所からバスで新宿西口。バスターミナルに着いて階段を降りると、もう目と鼻の先なのです。

240306ryouga01

 何度も何度も来ている「#新宿地下ラーメン」。最近はピンと来ない店が続いたのでしばらくパスしてたのだけど、今回(2/8まで)は信州松本では有名な店が来ているので寄ってみることに。

240306ryouga02 240306ryouga03

 さてその店は信州松本「凌駕IDEA」。松本市征矢野に店があった時代には何回か食べているものの、すぐ近くの南松本(高宮)に移転してからは未訪問。とまぁちょっとノスタルジックな気分もあって今回の出店を機に食べてみようと。

 店先に出ている看板のメニューによると、松本時代の「ニボ二郎」はなく、代わって?「ニボガッツ」なるメニューがあったので、高いなぁと思いつつ券売機でそいつをボチッ。

 水曜日の11時直前という時間。店に入るとまたもやスカスカ。ウーン、無理もないか。12時前後にはもっと入っているのかもしれないけど・・・。

 信州の それも松本近辺と中信地区に縁がある人 または ある程度のラヲタでない限り知っているはずもないブランドだものね。
 だから南松本で縁のあった「武蔵家 吉祥寺(中野が本店)」の名前が必要だったのかもしれない。まぁそれも東京の人には目新しさは無いと思ふ。インバウンドの皆さんには判りにくい場所だし。

 やはりよほど知名度のある有力店でないと激戦地新宿で続けていくのは難しいのではなかろうか。
 出店をコーディネートしてる小田急の人が苦労しているであろうことは想像に難くない。

 てなことはおいといて、紙コップの水を自分で取って案内された席に座ると、間もなくご提供。

240306ryouga04

 「ニボガッツ 1,200円」
 ご覧のとおりラーメンの 2/3ほどを大きなチャーシュー二枚が占めています。ほかにメンマとキザミ玉ねぎに黒いのは岩海苔かな? そして中央に「どうしますか?」と聞かれた「ニンニク普通で」。
 醤油色のスープ表面には魚粉(煮干し)が浮いてます。

240306ryouga05

 麺は極太のストレート。色合いもちょっと硬めの食感も浅草開化楼の極太麺に似てますね。
 煮干しが効いた濃いスープの持ち上げも良くて、この麺好きなヤツ(^^;

 あまりノスタルジーは感じなかったけど、まぁそれなりに旨い。ただ期待値とお値段が高かっただけに・・・。

 「#新宿地下ラーメン」、結構マメに食べている方だと思う。でも低空飛行という印象は変わらずなのでした。

◇凌駕 IDEA
 https://ryo-ga.com/shop/ryoga_idea_matsumoto/
 長野県松本市高宮南6-15

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2024.02.05

#新宿地下ラーメン「高知 拉麺 一方」

 新宿西口ヨドバシカメラでお買い物。帰りがけのついでに昼食となれば、一番近いのはこちら。

240105_ippou01

 何度も来ている「#新宿地下ラーメン」ですね。

240105_ippou05

 今日まで出店しているのは高知「拉麺 一方」。全く事前知識無しでの訪問。高知だから勝手に地鶏出汁系の醤油みたいに思い込んでいたのだけど、まるで違った(^^ゞ

 店先に出ている看板メニューによると、あれま味噌ラーメンなのね(^^; それもとんかつ入りのラーメンなんですって。

 ウーンと思いつつも店内へ入り、キャッシュレスな券売機でその味噌カツラーメンをボチッ。11時という時間でも行列はなく広い店内に先客も数人。後客もポツポツ。最近は「純麦」以外ずっとこんな感じですね。よほど知名度のある地方有力店でないと激戦地 新宿では難しいみたい。

 さて紙コップの水を自分で取って着席すると、アッと言う間にご提供。

240105_ippou02

 「味噌カツラーメン 1,800円」
 ご覧のとおりラーメンの左半分にドンととんかつが載ってます。ほかにメンマとキザミねぎ。とんかつが載っている以外は、なるほど味噌ラーメンというルックスです。

240105_ippou03

 西山製麺の細縮れ麺がいいですね。味噌ラーメンにはこれです。でもスープは熱々というほどではなかったか。

240105_ippou04

 カツの方はこんな感じ。もう少しとんかつのクオリティーが高いと嬉しかったな。

 味噌ラーメンとしては充分に美味しいのだけど、期待値とお値段が高かっただけにもう一段上を行ってくれてたらと言うのが正直な感想。

 この「#新宿地下ラーメン」、結構マメに食べているけど、その印象はなんとなく低空飛行のまま。

 明後日から市川の「魂麺」、続いて中野の「ようすけ」「井さい」、松本の「凌駕IDEA」と出店予定なのだけど、どこも本家で食べているしで、うーむ。中野で上手くいかなかった井さいが入ってたりと小田急さんも呼んでくるのが大変なんだろうな。

 午後から雪の予報。地上に出ると曇り空、今にも降り出しそうだ。さっさと帰ることにいたしましょう

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2024.01.30

「らぁめん ほりうち」で 納豆ざるらぁめん

 朝から新宿へ。用事を済ませるとまだ10時前。また#新宿地下ラーメンにでもと思ったけど、ここもペケ。で思いついたのが、この店。

240130horiuchi01

 「らぁめん ほりうち」
 言わずと知れた「満来」の暖簾分けというか、いわゆる直系のお店。朝8時から開いているのですね。

 この店を思いついた瞬間から決めていたメニューを券売機で買って着席。

240130horiuchi03

 「納豆ざるらあめん(並盛 250g) 1,120円」
 そうそう、このルックス。つけ汁の方は納豆のネバネバに覆われていて、納豆そのものは見えませんね。そのつけ汁に突き刺さっているのは穴あきの金属製レンゲ。これで納豆をすくいとるのです。

240130horiuchi04

 太平打ちの縮れ麺は 250gとあるように結構ボリュームありです。海苔が沢山載っているのも嬉しいことですね。

 本来の醤油ベースのつけ汁に、よく掻き混ぜた納豆の旨みが溶け込んで旨いっ! こんなラーメンは満来系以外にないよねと。

 完食の全汁です。全て美味しく頂いて、ご馳走様でした。もちろん納豆だって ひと粒も残さずすくい取って頂きましたよ。

らぁめん ほりうち
 https://ramen-horiuchi.com/
 新宿区西新宿1-4-7 最寄駅:新宿
 8:00-23:00 日 10:00-23:00 無休

| |

2024.01.26

#新宿地下ラーメン「札幌ラーメン連合」

 ちょうど小田急ハルク近くに所要。中止半端な時間の用事だったために遅い昼食はと・・・目と鼻の先に「#新宿地下ラーメン」(^^;

240126sapporo01

 「札幌ラーメン連合」?なんじゃそりゃ?って思うよね。なんでも昨秋、大久保公園でやっていた「ご当地ラーメン総選挙」なるイベントで準優勝に輝いたグループ?だそうだ。

 15時少し前という時間は、もちろん行列もなく広い店内に先客は 5-6人かな。

240126sapporo02

 キャッシュレスの券売機で食券を買って案内された席へ。取り敢えず定番の味噌ラーメンです。10分ほどでご提供。

240126sapporo03

 「王道札幌味噌ラーメン 1,250円」
 これが一番安いメニュー。やや厚切りのチャーシューが2枚入っている以外は、いかにも味噌ラーメンというルックスです。

240126sapporo04

 西山製麺かな?という細縮れ麺と厚切りのバラ肉チャーシューが旨い、実にオーソドックスな味噌ラーメンでした。

 高いなと思いながらの選択だったけど、その感覚は間違ってはいなかったみたいだ。

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2024.01.16

超久しぶりの「横浜ラーメン 町田家@新宿」

 新宿駅南口で用事を終えて外へと出ると、すぐそこに懐かしい店を発見。

240116machidaya01

 横浜ラーメン「町田家 新宿南口店」
 この店への初訪問は(画像が残っている限り)2002年6月。当時はまだ都内に家系が殆ど無かった時代。今は雨後の竹の子のごとく「家系を名乗る店」が増えたけど。そして最後にこの店に寄ったのは 2016年5月のこと。だから8年ぶりです。当時はよく新宿での呑み会の帰りに寄ったものですが店構えも変わらず、そこに在ってくれました。

 11時半少し前の店内は4割ほどの入り。券売機で買った食券を天板に置くと好みを聞かれたので、もう条件反射的に「カタメコイメオオメ」(^^;

240116machidaya02

 「ラーメン 780円+半ライス 100円」
 2016年当時と60円しか値上げしていないのが立派。そして見慣れたいかにも家系らしいルックスがお出迎えです。豚骨醤油に太麺、トッピングはチャーシューにほうれん草、大きな海苔3枚。そうして表面を覆うラード。濃い味・強い味が好きな私にはピッタリ。

 スープを一口すすってみると、うん旨い。あれっでもこんなにスッキリだったっけ? まぁ8年も前の記憶だからあてにはならない。最近のどこの家系も結構濃いめのトロミ系な気がするので、そう感じるだけなのだろう。
 例によってニンニク、生姜、豆板醤を適量加えて食べ進みます。

240116machidaya03

 黄色味の強い「酒井製麺」製の太ストレート麺が、この旨いスープにも良く合ってます、って当たり前か。

240116machidaya04

 麺をあらかた食べ終わったところで「半ライス」へ。チャーシューが大きいので旨くチャ丼化ができませんでした(^^ゞ スープを適量廻しかけて完食。

 全て美味しく頂いてご馳走様でした。また機会があったら食べに来よう。

町田家 新宿南口店
 新宿区新宿4-1-20 最寄駅:新宿
 11:00-22:00 無休

| |

2024.01.09

#新宿地下ラーメン「時雨 伊勢佐木長者町」

 なんでも横浜関内地区の人気店だそうだ。兄弟で経営していて兄が「多賀野」、弟が「なんつっ亭」で修行経験があるという。それが「#新宿地下ラーメン」に来ているというのなら行ってみようではないか、と路線バスでGO!

240109shigure02

 開店時間の10:30を10分ほど過ぎて着いてみると、先日の「純麦」とは違って行列などは無く、広い店内に先客は5人ほどとスカスカ。

240109shigure01 240109shigure03

 キャッシュレスの券売機で食券を買って案内された席へ。この店の知識は皆無だったので、なんとなく旨そうな貝出汁の塩ラーメンを選択しておきました。

 店内中央のテーブルから「紙コップ」の水と紙エプロンをセルフで取ってお待ち。10分ほどでご提供。

240109shigure05

 「貝出汁 潮蕎麦 塩 1,300円+小ご飯 180円」
 きれいなルックスですね。表の看板によると京鴨と丹波黒鳥のスープと数種類の乾物で取った出汁を合わせたものだそうで、麺は「春よ恋」と「きたほなみ」をブレンドさせた自家製麺だという。

 その麺の上には豚ロース?と鳥のチャーシュー、そしてハマグリ風の貝。まずはスープをひと口。もつと貝出汁がガツンと来るのかと思ったら、それほどでもなかったか。

240109shigure06

 自家製だという白い細ストレート麺が旨い。思ったほどのツルツル感はないものの麺自体がいい感じ。

240109shigure09

 麺を食べ終わったところでチャ丼化しておいたご飯へ。二種類のチャーシューが秀逸。豚の方はもう少し厚みがあるともって良かったかなと。ハマグリ風の貝は味薄め。

 期待値が高すぎたか。どうやら看板メニューの中華蕎麦(醤油)を選択するのが正しかったようだ。

 ともあれラーメンもチャ丼も美味しく頂いてご馳走様でした。この店の出店は 1/13(土)まで。ご興味のある方は一度どうぞ。

中華蕎麦 時雨 伊勢佐木長者町本店
 https://twitter.com/_shigure_490
 最寄駅:伊勢佐木長者町 2017/4/7オープン

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2023.12.28

#新宿地下ラーメン「純麦」で 純玉すき焼き風らぁめん

 なんでも完全予約制で住所非公開という女性店主の人気店らしい。それが「#新宿地下ラーメン」に出るというので、行ってみることにした。いつもどおり開店時のスカスカ時間帯を狙ってバスでGO!

231228junmugi01

 狙い通り開店時間の数分前に着いてみると、あれま行列ができてる。それもザッと20人ほども(上の画像は退店後に撮ったモノ)。最近の#新宿地下ラーメンにしては凄い。ちょっとビックリです。予約なしで食べられるのが人気みたい。

231228junmugi02 231228junmugi03

 久しぶりに開店後15分で食券を買って店内へ。案内された奥の席に座ってお待ち。事前情報ほぼゼロで来たので、取り敢えず券売機の一番左上をボチッとしておきました。

 先に20人も居るのだから待ち時間が長くなるのは仕方ないとは思うものの、実際かなり待ちました。着席から20分強かかってご提供。

231228junmugi04

 「純玉すき焼き風 らぁめん 1,280円」
 塩ラーメン風に見える写真と随分違う。黄色みの強い極太縮れ麺が、なるほど すき焼き風の醤油ダレにヒタヒタ程度に浸かっている。ラーメンというよりマゼそばですね。

 麺の上にはオレンジ色の黄身。左手前はローストポーク風チャーシュー。右手は紫のタマネギ。きれいなルックスです。

231228junmugi05

 極太の縮れ麺が旨い。麦を店名に冠するくらいだからよほど吟味したものもを使っているのだろう。タマゴだっていいものを使っているのが、その色と張りからもよくわかる。チャーシューにしても同じ。食材の一つ一つをきっちり吟味している様子。

 でもね、マゼマゼして頬張ってみると、あれ?・・・凡庸。あくまでもワタクシ的感想ですが特別感が消えてしまった。

 普通のラーメンが食べたかったなぁ。なんかやたら高いラーメンはあったのだけどね。

 ともあれ美味しく頂いてご馳走様でした。この店の出店は年明けの 1/5(金)までだそうです。

純麦
 https://www.instagram.com/junmugiholdings/?hl=ja
 最寄駅:大井町

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2023.12.11

#新宿地下ラーメンで「ひるがお作」の塩

 我が家から新宿西口へはバスが手っ取り早い。もちろん中野駅から電車の方が早いには違いないが、その差はわずかなもの。混雑する中央総武線や新宿駅構内の雑踏を避けることができるのが有り難い。

231211hirugao01

 というわけで向かったのは「#新宿地下ラーメン」。西口のバスターミナルから地下へと下りると、もうすぐそこ。

231211hirugao02

 久しぶりにここへ来たのは、あのせたが屋の「ひるがお」が出ているから、しかも昨日は総帥の前島さん自ら厨房で腕を振るっていたとか。もう随分長いこと「せたが屋」系列の店には行ってないよね、と買い物がてら寄って見ることに。

 さて店の前に着いたのが開店時間 10:30の 7分ほど前。あれま予想に反して行列どころか先客ナシのPP状態。店先のメニューなど眺めながら待つうちに後客が二人。

 お昼時はどうか判らないけどこの施設、オープンから1年が経ちすっかり落ち着いてしまったようだ。前にも書いたように地方の超有名店など、ラー博なみのレアな店でも呼ばない限り、基本のラーメンでも 1,300円からというこの価格帯で続けて行くのは難しいのではなかろうか。

 てなことはおいといて、定刻となりキャッシュレスな券売機で食券を買って着席。店内中央にある冷水機まで行って「紙コップ」に水を汲み、紙(不織布)エプロンを取って来るというのはセルフ形式。コショーまでここにあるのが難点ですが。

231211hirugao05

 「地鶏とホタテの塩ラーメン 1,300円」
 まもなくご提供。せたが屋と言うか ひるがおらしく美しいルックスですね。

 黄金色に澄んだ清湯のスープに太ストレート麺。トッピングはバラ肉チャーシュー1枚に肉団子、メンマ、干し貝柱、2種類のキザミねぎ、柚子、海苔。見るからに美味しそうではありませんか。実際スープをひと口すすると、鶏の風味と帆立の旨味がジワリ。うん旨い!

231211hirugao04

 改めて説明書きを載せておきましょう。全ての食材へのこだわりがよく判りますね。

231211hirugao06

 加水率高めの太麺は「井上こん作」とある。なんでも「うどんスナック 松ト麦」を経営する女性の手によるものだとか。この芳醇な風味のスープによく合います。

  特筆すべきはバラ肉のチャーシュー。これ素晴らしい。これほど旨いと思ったチャーシューは久しぶりかもしれない。チャーシュー麺にしておきたかったところだけど 1,800円はちょっとね。

 全て美味しく頂いて完食の全汁。ご馳走様でした。この店のの出店は 12/16(土)まで。ご興味のある方はお早めに。

ひるがお作 (せたが屋)
 https://www.setaga-ya.com/store/hirugao/
 世田谷区野沢2-1-2

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2023.11.07

新店「ナギチャンラーメン@歌舞伎町」

 今日のランチはちょっとだけ足を伸ばして西武新宿駅からの歌舞伎町。途中の大久保公園でやってるラーメンイベントには目もくれず(^^;向かったのはここ。

231107nagichan01

 「ナギチャンラーメン@歌舞伎町」
 ご存じのとおり元「すごい煮干しラーメン凪(新宿ゴールデン街)別館」のあった場所(花園通り)をリニューアルかつリブランドして「ちゃん系」としたもの。10/28のオープンね。

 ようやくロゴに「凪」が入り、ちゃん系を凪系列と正式に認めた(^^;というところでしょうか。イメージとしては、ほぼ「ちん系」です。・・・BNTM君の功績が光りますね。

231107nagichan02

 さて13時少し過ぎに着いてみると、ちょうどお昼のお客さんたちが引けてきたところ。ともちんと同じデジタルな券売機(ほぼすべてのカード使用可)で食券を買ってカウンターの中程に着席。この券売機には「塩変更(+100円)」のボタンもありますが現時点では?まだ「もり中華(つけ麺)」の選択肢はないみたい。

231107nagichan04

231107nagichan03

 「カッパ」という名のキューちゃんも、調味料類も「ちん系」と同じ。違うのはタバスコとマヨネーズが置いてあること。そうそう、BGMも"THE BEATLES"で同じです。

231107nagichan05

 「サッポロ赤星 600円+メシツマミ(無料)」
 やっぱりこれでスタートでしょう(^o^)v 少なめでお願いした「メシ無料」とツマミ(サービス)がほぼ同時に出てきた。メシのキューちゃんとツマミのニンニク・一味は自分で載せたもの。この店はお初だったので「ラーメンはしばらく待って」コールを自粛したせいでビールを飲み終わるずっと前にラーメンが出てきてしまった(^^ゞ

231107nagichan06

 「中華そば 890円 +塩変更 100円 」
 通常の醤油ver.だけでも ちん系より 140円も高いのは場所柄でしょうね。ご覧のとおりドンブリが凪専用のものであること以外は、まさに「ちん系」。塩Verではあるものの、チャーシューの醤油色が移ってパッと見は薄口の醤油ラーメン? これもまた「らしい」よね。

 まずはレンゲでスープをひと口。うん、うまい! かなりショッパく濃い味のスープはまさに「ちん系」です。あ、チャーシューは手切りではなくスライサー。端っこの肉が入ってて嬉しい。

 撮るのを忘れてしまったのだけど、麺はちん系と同じく新宿だるま製麺製の加水率高めの太平打ち麺。ただ高円寺系に比べるとやや細いかもしれない。

 熱々のスープにニンニクとコショー、一味を加えてやると、今日の蒸し暑さも手伝って汗が吹き出します(^^;

231107nagichan07

 「チャ丼」 例によって最初少な目でお願いした「メシ無料」にチャーシューやメンマ、ネギなどを移してチャ丼化しておいたもの。置いてあるマヨネーズをかけてみたらこれがまた旨い!

 全て美味しく頂いて、ご馳走様でした。最近歌舞伎町で呑むことは無くなってしまったけど、また機会があったら寄ってみることにいたしましょうか。でも、ちと高いからなぁ・・・。

ナギチャンラーメン (元すごい煮干しラーメン凪 別館)
 新宿区歌舞伎町1-9-6 三経ビル1F 最寄駅:西武新宿
 24時間営業 無休 2023/10/28リブランドオープン

| |

2023.10.31

#新宿地下ラーメン 新潟「麺屋 太偉(だい)」で 生姜醤油ラーメン

 我が家から徒歩4分のバス停からバスに乗り25分ほどで新宿西口バスターミナルへ。旧スバルビル側の地下へとおりるとすぐそこにあるのが「#新宿地下ラーメン」。なんと、ここまで 590歩。クルマで行って駐車場を探すよりずっと便利(^^ゞ

231031men8dai_pop

 今日からこの施設に入るのは新潟の「麺屋 太偉(だい)」。新潟のラーメンと聞いて買い物ついでに寄ってみることにした。

231031men8dai01

 開店時間 10:30の 5分ほど前に着いてみると、先客はたったの二人だけ。ちょっと拍子抜け。この店の初日だと言うのに閑散としてる。開店時、私の後ろには一人増えただけ。平日だとはいえ、#新宿地下ラーメンもほぼ一年経って落ち着いてしまった感じ。

 東京または近郊に支店がある店が多く出ていることもあって新鮮味に欠けるからかなと。常に話題の店や地方の名店を呼んでくるのは、きっと難しいことなのだろう。

 てなことはおいといて、キャッシュレスな券売機で食券を買って着席。セルフで水と紙エプロンを取ってきてお待ち。

231031men8dai03

 「新潟生姜醤油ラーメンセット 1,500円」
 本来麻婆麺が売れ筋の店らしいのだけど、辛いのが苦手で生姜好きな私は、醤油ラーメンを選択。

 醤油ラーメンらしい清湯のスープに中太のストレート麺。トッピングはチャーシュー1枚にメンマ、ほうれん草、キザミねぎ。パッと見、昔ながらの中華そばの雰囲気。

 でもスープをひと口すすると、生姜がガツン。うん旨いではありませんか。生姜に関しては昨日もっと強いヤツを「生姜は文化。」で食べてしまっているので、それほどの感動はないものの、私的には非常に好ましい。

231031men8dai05

 加水率低め、中太のストレート麺の食感もいい。店内中央にあるブラックペッパーを適量降ってやると更に私好み。
 トロトロのチャーシューも旨いよね。

231031men8dai04

 「月見丼」
 これがセットのドンブリもの。ご覧のとおり挽肉炒めに生卵。特別感はないものの、ちょっと生姜の効いたスープを適量廻しかけてやるのが吉かな。

 完食の9割汁でご馳走様でした。あ、この店のの出店は 11/6まで。ご興味のある方はお早めに。

麺屋 太威 (だい)
 https://www.ramen-walker.com/shop_158.html
 新潟県新潟市東区牡丹山6-11-12

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 過去ログ うどん:吉田のうどん うどん:武蔵野うどん うどん:讃岐・九州系ほか おいしいキャンプ場 そば イベント・祭り エッセイまたは ひとりごと カメラ・レンズ キャンプ・アウトドア クルマ関係 グッズ グッズ:家電 AV パソコン・インターネット パチリ:00いろいろ パチリ:10花・植物 パチリ:20紅葉 パチリ:30風景 パチリ:90中野楽写 ラーメン:01千代田区 ラーメン:02中央区・港区 ラーメン:04新宿区 ラーメン:05文京区 ラーメン:09品川・大田 ラーメン:10目黒・渋谷 ラーメン:12世田谷・杉並 ラーメン:14中野区 ラーメン:16豊島・練馬・板橋 ラーメン:24その他の23区 ラーメン:50信州 ラーメン:88その他の地域 ラーメン:91袋麺・カップ麺等 ラーメン:がんこ系 ラーメン:がんこ総本家 ラーメン:二郎インスパ元等 ラーメン:二郎(直系) 中野真南風エイサー 呑みと肴 家メシ 富士宮やきそば 旅・はとバス・バス旅 旅・ミニ旅 11北海道 旅・ミニ旅 12東北 旅・ミニ旅 13関東 房総 旅・ミニ旅 14中部 甲信越 旅・ミニ旅 15東海道 旅・ミニ旅 16その他の地域 温泉・日帰り温泉・銭湯 美味しい店:とんかつ 美味しい店:中華系 美味しい店:和食・海鮮 美味しい店:洋食系 美味しい店:肉料理系 読書・映画・観劇など 食べ物・料理・テイクアウト