ラーメン:14中野区

2019.09.09

「野方ホープ 中野店」で のがほ濃(こく)

 いつもの帰り道。適当に酔いも廻り、気持ちはシメのラーメン。背脂チャッチャ系もいいねと一年ぶりの「野方ホープ 中野店」

Nogatahope01

 券売機で食券を買って着席。相変わらず清潔感のある店内。先客は5人ほど。

Nogata_hope03 Nogata_hope02

 背脂の量を申告できるのですね。スタッフのお姉さんに食券を手渡しつつ「コテコテで」

Nogata_hope04

 「のがほ 濃(こく) 850円」
 中央の赤いのは辛味噌、その奥で黒く見えるのはマー油。ニンニクを一つだけ「しぼり器」で投入。レンゲでスープをひと口。背脂は燕三条系の大脂に近い感じかな(^^;
 マー油と辛味噌を溶いてやると、まさに私好みの味に。

Nogata_hope05

 断面が角の中太縮れ麺は硬めに茹でられていて、濃いスープを良く持ち上げる。これくらいの食感がないと背脂に負けてしまうのかもしれない。

 美味しく頂いてご馳走様でした。

◆野方ホープ 中野店
 http://soryu1988.jp/nogata-hope/stores/nogata/
 中野区新井2-2-1 最寄駅:中野
 11:00-28:00 無休(年末年始は休み)
 2015/11/13オープン

|

2019.08.28

新店「ラーメン食堂(酒場)ブルース」

   先日の 8/23、元「頑徹」「西遊記」があった場所にオープンした「ラーメン食堂(酒場)ブルース」

190828blues01

 取り敢えず初訪問。内装の一部とテーブル椅子を変えた以外は、いわゆる居抜き。
 ご主人らしき人がフロア担当で、他にスタッフは厨房に男2人。ブルースという店名で壁には沢山のブルース系ジャケットが飾られているのだけど、入店時店内に流れていたのは何故かキャロルの「ファンキーモンキーベイビー」(^^;

190828blues04190828blues03

 まずは「ハイボール 330円」を頼んでおいて、ラーメンを注文。ラーメンは3種類あるけれど違うのはトッピングだけで、普通のラーメンの他に「かけ」と「特製」がある。
 メニューは他に定食類とツマミが載っている。まだ種類は少ないが、名前のとおりラーメンのある食堂 兼 酒場なのだろう。

190828blues05

 「ラーメン 690円」
 提供と同時に鶏の香り。ご覧のとおり白湯寄りのスープに中細のストレート麺。ひと口すするとわずかに魚介も香る。
 トッピングは海苔、キザミネギに大きめのチャーシューが2枚。特別なことはないにしても充分美味しいレベル。

190828blues06

 我が家への帰り道にこーゆう店ができるとヤバいのですよね。豚骨白湯と鶏白湯の違いはあるけれど、またひとつ「長浜食堂」の代替店?ができてしまった。

ラーメン食堂(酒場) ブルース
 中野区新井1-3-3 最寄駅:中野
 17:00-24:00 火曜休
 2019.8.23オープン

|

2019.08.23

大成食品直営「MENSTA@中野ブロードウェイ」で生リングイネ

 この 8/12、中野ブロードウェイの地下にオープンした大成食品直営の生麺販売店「麺テイスティング・カフェショップ MENSTA」

190823mensta01

 ようやく行くことができたので、イートイン式のカフェでスパゲッティを食べてみることにした。

190823mensta03 190823mensta02

 店内は前方にパスタや中華麺を始めとする生麺の売り場(冷蔵ショーケース)があって奥にカウンター5席?のイートインスペース。ここでスパゲッティやソフトドリンクが供されるようになっている。

190823mensta04

 こちらが現時点におけるイートインカフェのメニュー。まだ発展途上だそう。

190823mensta06

 「ミートソースで生パスタ(リングイネ)680円」
 実はパスタの提供は今のところ 15:00までで、この時間(16:20)は麺類の販売だけしかやっていないのだそう。でもせっかくだからとミートソースならできますと店長さん。

190823mensta07

 大成食品の生リングイネは「トリパニ」でも「オリエントスパゲッティ」でも食べたことがあるけど、そのツルツル感と、コシというより麺を噛み締めるときのギュッという食感が特徴。いかにも生麺というリングイネになっている。

 美味しく頂いて、ご馳走様と出ようとすると、アイスコーヒーかアイスティーがサービスで付くというのでアイスティーを頂いた。

 落ち着いたらラーメンも始めるという。そのラーメンの有無に拘わらず、近いうちにまた来ることにしよう。おっと、その前に生麺を買って帰らねば。

麺テイスティング・カフェショップ MENSTA
 中野ブロードウェイ地下1階 8/12オープン

|

2019.08.22

「Kaeru(カエル)@中野」で ヤサイ少なめ

 今週はラーメンウイークね。今日は中野における二郎インスパイヤの雄「Kaeru(カエル)」

190820kaeru01

 根っこは「堀切二郎(現 大)」系というか「ぽっぽっ屋」系になる。当然自分の店で炊いているのですね。この当り前が当り前でなくなっている店が増えてたりして・・・。ま、どの店でも同じ味が食べられるという利点もある。

 てなことはおいといて、夜の部の開店と同時に店内へ。何にしようか一瞬迷ったけど、久しぶりだから最もスタンダードなラーメンをボチっ。

 相変わらずイケメンなご主人一人でのオペレーション。

190820kaeru02

 「ラーメン 730円」
 ヤサイだけ少な目、ほかはマシでとお願いした。生玉子は要らなかったのだけど出してくれたので、早速溶いておくことにした。

190820kaeru05

 少しマシのヤサイの他は普通にマシ。ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。コショーと一味唐辛子を振りかけてやると、さらにジャンキー。

 やっぱりこの店のラーメンはうまい。ぽっぽっ屋系の特徴の一つである甘辛いスープがモロに私好みなのです。

190820kaeru06

 浅草開化楼製の極太麺は、ややゴワっとした食感。二郎系ではいつもそうしているように、麺とシンナリしてきたヤサイを一緒に頬張るのが吉。

 実に久しぶりの Kaeru。文句なしですね。最近北口地区にできたインスパイヤ系には二度ほど行ったけど、今後は浮気しません(^^; ってか、もっと頻繁に  Kaeruしなくては。

 帰宅すると家族中から「ニンニク臭っ!」と非難轟轟。ブレスケアを買いに行かされました。

らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 日曜休 2009.9.27オープン

|

2019.08.19

「麺や 神笑(かぐら)@中野」で たん麺再び

 中駅北口狸小路にある「麺や 神笑(かぐら)」。元中野通りの「青雲」ね。

Kagura_tanmen01

 この店のタンメンがお気に入りで、飲んだ後につい寄ってしまう。

Kagura_tanmen02

 「たん麺 780円」
 無料のトッピングは、ヤサイにホウレンソウ、ショウガ、ニンニク。今回は「全部載せて」。

Kagura_tanmen03 Kagura_tanmen04

 ヤサイの旨みが溶け込んだスープに浅草開化楼製の極太平打ち麺の組み合わせが素晴らしい。そうして一緒に炒められたイカゲソ。この旨みが溶け込んだスープが、大のお気に入り。

 野菜と一緒にモリモリ頬張って、完食の全汁。ご馳走様でした。いつもタンメンを頼んでしまうのだけど、看板メニューの味噌ラーメンも相当旨い。次回はその味噌ラーメンをいってみたい。

麺や 神笑(かぐら)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 土祝 11:00-21:00 日曜休
 旧 麺屋 星雲 2017.5.9 移転オープン

|

2019.08.18

「拉麺酒場 六や@新井薬師前」浅利らーめん

 夜は拉麺居酒屋、昼間は「煮干しらーめん専門店」としての二毛作営業をしている「拉麺酒場 六や」

Rokuya_asari01

 新井薬師への表参道である薬師柳通りの中ほどにあって、我が家から一番近いラーメン屋さんになる。

 先日食べた浅利ラーメンがやたら旨かったので、その後も再訪して食べてみたのだけど、その時は酔っていたせいか、単に私の感じ方のせいか、はたまたブレなのか、今一つピンと来なかった。

Rokuya_asari02 Rokuya_asari03

 で今回、またもや酔った勢いで訪問。やめておけばいいのに、ここでも「塩辛」と「イリコの天ぷら」を肴にホッピーで一杯やって、三度目となる浅利ラーメンをオーダー

Rokuya_asari04

 「浅利らーめん(煮干し出汁) 750円」
 濃い煮干しダシに支えられたスープにアサリの旨みがきっちり効いて、これはまた旨いわぁ。やはり前回の印象は私の感じ方だったのだろう。

Rokuya_asari06 Rokuya_asari07

 どこの麺を使っているのだろう、この店の細ストレート麺は硬めに茹でられて、この旨いスープを良く持ち上げる。

 アサリを食べると口の中は、アサリ味で満たされる。やはりこの浅利ラーメンはいい。

 酔った後、帰り道にこういう店があるとヤバイ。長浜食堂の代替になってしまいそうだ。

拉麺酒場 六や (煮干しらーめん専門店 ニボロク)
 https://yakitori-rokuya-nakano.owst.jp/
 中野区新井1-18-4 最寄駅:新井薬師前
 11:30-14:30 17:30-23:00(LO) 水 17:30-23:00(LO)
 火曜休・祝日の月曜は昼のみ

|

2019.07.26

「麺や 神笑(かぐら)@中野」で たん麺

 今日は家メシのない日。パニパニ@中野昭和新道で呑んだ後、早めの〆にと選んだのはおよそ2ヶ月ぶりの「麺や 神笑(かぐら)」。若きご主人がいるのを確認してから入店(^^;

190726kagura01

 「たん麺 780円」
 ヤサイやホウレンソウやショウガ、ニンニクなど好きな物を、あるいは全てを増せるのだけど。今回はノーマルのままで。

190726kagura02

 ご主人が鍋を振ったときの、タンメンや味噌ラーメンは実に旨い。ヤサイの甘みはもちろん、一緒に炒められたイカゲソの旨みもきっちり溶け込んだスープが、やたらと私好みなのだ。

190726kagura03

 浅草開化楼製の極太平打ち麺は麺自体が旨い。もちろんそれだけでなく、この旨いスープを良く持ち上げる。あ、野菜も一緒に頬張るの方が更にいい。

 あっという間に完食の全汁。ご馳走様でしたと店を後にした。味が染み込んだ煮玉子がついてこの値段。やっぱりもっと頻繁に食べに来るべき中野の名店なのです。

麺や 神笑(かぐら)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 土祝 11:00-21:00 日曜休
 旧 麺屋 星雲 2017.5.9 移転オープン

|

2019.07.17

再訪・二郎インスパイヤ「豚山 中野店」

 6/21のオープン翌日に行って以来の「豚山(ぶたやま)中野店」。お昼時には行列が出来ているそうだ。

Butayama01

 いかにも資本系というルックスのこの店は、家系の「町田商店」や博多豚骨系の「ばってんラーメン」等を展開する「ギフト」が新たに手掛ける二郎インスパイヤ系ブランドだ。

Butayama04 Butayama02

 例によって(酔って?)かなり呑んだ後だったので、しっかり覚えていないのだけど取り敢えず上げておきます。

Butayama05

 「小ラーメン汁なし(麺量 250g) 880円」
 この画像からすると「ヤサイ」増しはコールしていないみたいだ。「ニンニクアブラ」に「アレ(今日はカラシマヨネーズ)」ね。

Butayama07

 お味や食感の方は殆ど覚えていないので画像だけ。

Butayama08

 取り敢えず、苦しいほどお腹がいっぱいになったのは覚えている。

ラーメン 豚山(ぶたやま) 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 11:00-24:00 無休 2019.6.21オープン

|

2019.07.13

「鵺 NUE@中野」限定 特製旨塩つけそば

 先日に続いての「NOODLE DINING 鵺 NUE」。食べ損ねた夏期限定メニューがお目当てだ。

190713nue01

 チャンフェスの道じゅねーも一段落したところで行ってみると、先客二人。しばらくして後客一人。

190713nue02 190713nue03

 最初に焼酎「天草」をロックで頂いた。熟成古酒とある。絶妙な甘みがあって、これ旨い。

190713nue04

 「夏期限定 特製旨塩つけそば 980円」
 ラーメンの時と変わらず美しいルックス。つけ汁には大量のゴマが浮いている。

190713nue05

 大成食品製の細ストレート麺が、やたら旨い。つけ汁が要らないのではないかと思ってしまったほど。もちろんそんな事は続けずに、大半はつけ汁に漬け、レモンで味変も楽しんだけど、この麺の旨さは特筆ものだと思った。

 トーチで丁寧に炙られたチャーシュー相変わらず旨い。割りスープを貰って完飲。文句なしね。

NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:00(売切終了)
 月曜休 (元麺彩房の店長 2015.4.17オープン)

|

2019.07.11

「鵺 NUE@中野」で 特製鶏白湯そば

 およそ5ヶ月ぶりの「NOODLE DINING 鵺 NUE」。4年前に元「麺彩房」の店長を務めた人物が始めたこの店は、中野ラーメンストリートを「青葉」のある辻で東へと折れ 50mほどの右側。ちょっと判りにくい場所にあるのだけど、すっかりこの地に定着した感がある。

190711nue01

 店先の看板に「夏期限定 特製旨塩つけそば」とある。そう最初はこれがお目当てだったのですね。

190711nue02

 でも着席して目の前のメニューを見てふと気が変わった。そう言えば、ここのところこの店のスタンダードを食べていないなと。というわけで看板メニューのこちらを注文。

190711nue03

 「特製 鶏白湯そば 830円」
 相変わらずルックスが美しい。ひと口スープをすすってみて、あれ?こんなに旨かったっけ? 元々美味しい店として認知してはいたのだけど、かつてよりずっと進化している印象。鶏の旨味が嫌みなくスッと入って来る。当初わずかに感じた鶏々した感じがなくなっていて、これは旨いわぁと。

190711nue04

 大成食品製の細ストレート麺はやや硬めに茹で上げられていて、好感触。スープの持ち上げもいい。

 トーチで丁寧に炙られた鶏ではなく豚のチャーシューも実に旨い。特製にして正解。文句なしの特製鶏白湯なのでした。

 中野駅北口地区で鶏白湯と言ったら「ようすけ」、そして同じく大成食品(麺彩房)出身の「藤丸」とこの店。この地のラーメン好きは恵まれてるよね。

 機会を見つけて夏期限定も食べてみなくては。

NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:00(売切終了)
 月曜休 (元麺彩房の店長 2015.4.17オープン)

|

より以前の記事一覧