ラーメン:14中野区

2022.09.21

「豚野郎@中野」で 努豚骨ラーメン+豚骨雑炊

 シマホで買い物のついでにこの店なのか、この店のついでにシマホなのか。まぁどっちでもいいでしょう(^^ゞ

220920buta8rou01

 「豚野郎」 最近お気に入りで本格博多豚骨ラーメンを謳う店です。
 台風一過にもかかわらずスカッと晴れません。小雨振る中、開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は一組二人のみ。後客無し。
 福岡の「西谷家」出身だという店主はワンオペで相変わらず不愛想(^^;

220920buta8rou02 220920buta8rou05

 努豚骨と豚骨雑炊の食券を買って「本日のサービス」のカードと一緒に提示。本日のサービスは味玉ハーフ。

 卓上に調味料として置かれているのは左からゴマ、唐辛子、コショーのみ。博多系ラーメンよくトッピングされる紅ショウガさえ別料金だ。辛子高菜はメニューにさえない。

 たぶんこれも店主の哲学なのだろう。実際最初からこれらを入れてしまうのは好きではなく、替え玉をしてから投入するのが私流。

220920buta8rou07

 「努豚骨(どとんこつ)ラーメン 780円+豚骨雑炊 150円」
 見るからに博多系という、わずかに茶濁した豚骨白湯に極細麺の組み合わせ。味玉ハーフが付いているとなんとなく華やかですね。

220920buta8rou06

 「努」が付いているように徹底的に煮出した豚骨ダシのスープがとにかく旨い。

Butayarou04

 博多から取り寄せている低加水の極細ストレート麺は、客に好みを選ばせず、全て店主なりの「カタ」で茹で上げられている。もちろんそれで良し。

 トッピングされているモヤシのシャキシャキ感がいいアクセントになっている。考えてみると博多系でモヤシって少ない気がする。

220920buta8rou09

 「豚骨雑炊 150円」
 ラーメンに載っていたチャーシューと味玉ハーフとモヤシの一部をこちらに移してチャ丼化したもの。
 おろしポン酢とスープを適量かけ廻し、チョコンと載った柚子胡椒を含めて上手く混ぜてやると、まさに豚骨雑炊。こりが文句なしに旨い。

 例によって完食の全汁。ドンブリの底にわずかに残る白い粉がどれだけちゃんと豚骨を煮出しているかを物語っていますね。

 ドンブリ類を天板に揚げてテーブルを拭いて、心の中でご馳走様でしたと静かに退店(^^ゞ
 今日もまた最後まで店主の声を聴くことはありませんでした(^^;

豚野郎
 http://www.butayaro.com/
 中野区中野1-41-45 最寄駅:中野
 11:30-15:00 17:00-22:30
 月曜休 2013.4.25 オープン

| |

2022.09.16

「幸縁 中野店@薬師あいロード」で カレーつけ麺

 中野薬師あいロード。ほぼ毎日通る道。今日のランチはどこにしようかな?なんて考えながら歩いていると、ふと目に留まったのはこのお店。

220916kouen01

 「幸縁 中野店」 今年3月から昼の部だけ「つけ麺」を始めていて、その直後に一度だけ食べにきたことがある。当時の印象では麺はいいのにつけ汁がやや弱い気がしていた。

220916kouen02

 ふと目に留まったのは店先の「カレーつけそば」の貼り紙。へぇー、ちょっと意外。しかも数量限定とある。であれば食べて見なければなるまいと、そのまんま入店。
 12時過ぎの店内は先客5人。まだ席には充分余裕がある。

220916kouen03

 こちらが店内のメニュー。まだ「カレーつけそば」の文字はない。水を運んできたお兄さんに「カレーつけそば」を告げてお待ち。厨房の中は半年前と同じお姉さん一人。お兄さんの方も同じかな? この二人体制かと思ったら、しばらくして男子スタッフ一人追加(^^;

220916kouen05

 「カレーつけそば (200g) 1,000円」
 オーダーから11分ほどでご提供。カレーが香るつけ汁ときれいに麵線を揃えられた麺。いいですね。

220916kouen07

 つけ汁には、モモ肉?のチャーシューとつくね、青菜にキザミねぎ、中央には糸唐辛子。そして魚粉にクリーム?が浮いている。
 カレーは辛過ぎず、でもかなり強い味だ。魚粉とクリーム状のものを混ぜてやると、マイルドになった。うん、この方が私好み。

220916kouen06r

 麺が前回と明らかに違っている。以前のは板橋の豊華食品製と言っていたけど、この美しい玉子色の極太平打ち麺はどこのものだろう。大成食品ではなさそうだ。聞くと「三河屋製麺」のものだそうだ。なるほどね。このツルツル感と喉越しはさすがです。

220916kouen08

 この麺がカレーの香りと色を纏って上がってくる。鼻孔と食欲が一気に刺激されます。いいですね。

 アッという間に完食。そして割りスープも貰って9割汁。ご馳走様でした。

 前回の訪問から半年。きっと通常のつけ汁も変わっているに違いない。今度は普通のつけ麺を食べて見ようと思っている。

幸縁 中野店
 https://ameblo.jp/kouennakano/
 中野区新井1-14-1 最寄駅:中野
 昼の部のみ 11:30-15:00 日曜休?(休日不明)
 2020.2.3オープン つけ麺は 2022.3.7~

| |

2022.09.12

新店「広島式 汁なし担担麺専門 キング軒 中野店」

 先日の 9/10土曜日、中野白線通りのミスドの向かいにオープンしたばかりの店。友人が行ってみてくれというので訪問。

220912kingken01

 「汁なし担担麺専門 キング軒 中野店」
 広島に本店・支店があって、東京・大阪・博多などにも店舗展開を進めている。広島では有名なの? 広島風つけ麺は「ぶちうま」を始めとしていくつか経験あるけど担々麺は聞かないなぁ、というのは私のアンテナが弱いだけか。
 ま、要するにその中野店(都内7店舗目)なわけです。FC店かな?

 てなことはおいといて、月曜日の13時過ぎに着いてみると7席だけの店内は満席。外待ち3名。この程度ならと食券を買って最後尾へ。

220912kingken02

 券売機はこんな感じ。辛さは1から4まであって同じ値段。辛いのが苦手な私は「大盛りの1辛」と「半ライス」を選択。

220912kingken04 220912kingken03

 間もなく入店。厨房は男子二人体制みたい。奥の席に座って目の前に貼られた「食べ方」や調味料などを見ているうちに、あれまもう出てきた(^^;

220912kingken05

 「汁なし担担麺1辛(大盛り) 850円+半ライス 50円」
 ご覧のとおりのルックス。左上が半ライスね。あれこれトッピングを足すとそれなりに豪華なのかもしれないけど、デフォルトはこれ。なるほど細麺ね。ある意味広島風ではあるけど、何より回転に効果ありかな。

220912kingken07

 よぉーくマゼマゼすると美しくなくなるのは、まぜそばの特徴(^^;

 1辛だと軽くシビレる程度。私でも難なくいけます。まぜそばとして考えるとなんとなく物足りない気がするのは細麺のせいか、味のせいか。途中でお酢や後かけ山椒を足してみたけど印象は変わらず。

220912kingken08

 麺を食べ終わり半ライスを投入。汁なしだけあって本当に汁が残らず(^^; 残滓という状態にライス。半ライス(ミニライス)で正解ですね。ライス用のタレとお酢を廻し掛けて食べ終えました。

 何はともあれ腹いっぱいになって、ご馳走様でした。

汁なし担担麺専門 キング軒 中野店
 https://kingken.world/
 中野区中野5-67-7 最寄駅:中野
 11:00-22:00 無休

| |

2022.09.11

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+ワンタン2種

 ここ数日は涼しい日が続いた。昨夜もエアコンをかけずに寝られたので身体が楽だ。昼メシ時にはちょっと出遅れた日曜日。電チャリで目指したのは東中野。

220805hanaki01

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 何度も書いているように、一条流がんこの系列店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回で9回目、ほぼ一ヶ月ぶりの訪問。12時を25分ほど廻って着いてみると<、店内は満席ながら外待ちはゼロ。ラッキーと食券を買って店先のイスでお待ち。しばらくして花木君が食券と注文を取りに来た。「濃いめですね。ワンタンはどうしますか?」と「はい、アオサれんこんとイカ」と告げると間もなく席が空いて店内へ。

 提供直前にトッピングを聞かれたので、珍しく今日は青唐をハズして「味玉に海苔」をコール。

220911hanaki01

 「ラーメン 850円+わんたん2個 190円」
 濃い醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんとイカのワンタンがひとつずつ。海苔二枚、メンマ、味玉にバラ肉とモモ肉?のチャーシュー。中央にキザミねぎ。

 まずはこの清湯の醤油スープをひと口。うん、旨い。やっぱり濃いめ(タレ増し)をしたほうが、がんこ系らしいし私好み。卓上のコショーを多めに振って更に私好みに。

220911hanaki02

 いつもどおり硬めに茹でられたサッポロめんフーズ製の黄色味が強い細ストレート麺が旨い。海苔と一緒に あるいは トロトロのバラ肉チャーシューと一緒に頬張るのが吉。

220911hanaki03

 そして餡がきっちり詰まった大きめのワンタンもいい。左手前の「アオサれんこん」の方はアオサの香りとレンコンの食感。右は「イカ」の風味と柔らかな食感との対比もいい。この店に来たらワンタン(できれば2種)は必須なのです。

 このワンタン二つ入りだと大盛りにする必要はなし。お腹一杯の幸せイッパイ。
 完食の全汁でご馳走様でした。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.09.10

「麺尊RAGE 中野腕刀」で つけそば

 今年 4/11に中野 新仲見世商店街にオープンした店。ちょうど5ヶ月になりますね。

220709rage12_01

 「麺尊RAGE 中野腕刀(ワント)」
 開店時間を過ぎて 11:40頃に着いてみると先客は2人。最近は土曜日でも行列は少ない または 無いようでオープン時に比べると随分落ち着いているみたいだ。

 湿気が少ないとはいえ、まだ夏の日差し。券売機の前でちょっと迷って「つけめん」を選択。そして、この店に来たらコイツも必須とと「替え玉」も追加。

 6席だけの店内。厨房はお兄さん一人体制。前回修行中という雰囲気だったお兄さんかな。スマホなど眺めているうちにご提供。しばらくして後客3。

220910rage12_02

 「つけそば 950円」
 油(ラード?)の膜に覆われた濃い醤油色のつけ汁には刻んだ青ネギと長ネギ。沈んで見えないけど中には大きく短冊に切られたチャーシュー。
 きれいに麺線を揃えられた麺の上には青唐辛子と赤唐辛子を和えたものがチョンと残っていて、多めの昆布水に浮いている。

220910rage12_04

 昆布水をまとった三河屋製麺製の中太ストレート麺はそのまま食べるとツルツルのヌルヌル。遠くに飯田商店が見える?かもしれない(^^; ピリ辛で濃いめの醤油味のつけ汁はにもよく馴染んでいる。

 麺の上に載っていた唐辛子をつけ汁に溶かし込むとカプサイシンが一気に押し寄せる。わずかな量でも私の身体には大きな刺激でアッという間に滝汗(^^;
 それでも昆布水が辛さを多少やわらげてくれているか。
 さて、もうじき麺を食べ終わるというタイミングで替え玉をお願いしましょう。

220910rage12_06

 「替え玉 200円」 
 この店へ来たらこれは外せませんね。替え玉と言っても実態は和え玉。ゴツゴツしたチャーシューの切り落としが三つ入っている。
 加水率低めの極細ストレート麺にタレが和えられていて、そのまま食べても充分旨い。だからまずはそのまま。

220910rage12_07

 そして「つけそば」のつけ汁で つけ麺風に。これがまた実に良く合っていて文句なし。

 麺を食べ終えて「スープ割りをお願い」と言うと「昆布水で割って下さい」とのお返事。あれ?前回はスープ割りをしてくれたのに。でもこの昆布水割りが思いのほか合っていてビックリ。ただし温かい割りスープを注いでもらう満足感とはまた非なるもの。

 完食の全汁でご馳走様でした。
 まぜそばも始めたらしい。ワンオペでよくやるなぁというのが正直な感想。でもまた来てみるか。

麺尊RAGE 中野腕刀
 中野区中野5-55-4 最寄駅:中野
 12:00-14:00 18:00-23:00
 無休 2022/4/11オープン

| |

2022.08.27

「麺彩房@中野」で 和風つけそば

 土曜日。最初は東中野方向を考えていた・・・でも待てよ。今日なら元上海麺館の Snちゃんがいるはずと出かけたのは、およそ一週間前に来たばかりのこちら。

220627mensaibou01

 「麺彩房 中野本店」 地元の名店でご存じ大成食品の直営店ですね。開店時間の直前に着いてみると先客4。開店後は後客続々。

 券売機を眺めて、ちょっと迷いつつ「つけそば」を選択。ついでにビールもね(^^ゞ 食券を買って席へ移動しようとすると奥から笑顔の Snちゃんに迎えられてカウンター奥に着席(^o^)v

220827mensaibo01

 「スーパードライ 500円」
 つけ麺だとちょっと時間がかかるので、ビールは必須ですね。もっとも、ラーメンにしても頼むけど(^^ゞ

220827mensaibo02

 「和風つけそば(大盛 400g)800円」
 大成食品直営だけあって全てのメニューが大盛りまで無料。

220827mensaibo05

 ご覧のとおり極太のストレート麺は断面がマルに近くツルツル感が強いもの。つけ汁は和風と言うか魚粉テイスト。
 つけ汁の中には細かく短冊に切ったチャーシューにメンマ、ナルト、ネギなど。

 和風でない「つけそば」は何度も食べたことがあるけれど、この和風とどう違っていただろう。もっとトロミが強かった気がするけど、ずいぶん前のことでもあり、記憶はあてにはならない。

 まぁ、また食べに来ればいいだけのことかもしれない。今度もまた土日かな(^^;

 ご馳走様でしたと挨拶して出ると、店外に 4人のお待ち。土日はちょっと早めか、昼食時を外すのがいいみたい。

麺彩房 中野本店(めんさいぼう)
 https://tokyo-ramen.co.jp/wholesales2/01.html
 中野区新井3-6-7 最寄駅: 沼袋<新井薬師<中野
 11:00-15:00 17:30-21:00 スープ切れ終了
 祝日を除く月曜夜休 2001/2オープン

| |

2022.08.19

「麺彩房@中野」で 冷やし鶏そば 再び

 今回もまたライフで買い物のついで(^^; およそ2ヶ月ぶりの訪問。

220627mensaibou01

 「麺彩房 中野本店」 ご存じ大成食品の直営店。先日閉店した上海麺館の Snちゃんがいるかもと思って行ったけどいなかった。残念。

 開店後間もない時間、先客2の後客4。
 券売機を眺めて、やっぱり冷たいのがいいよねと「冷やし」の食券を買ってカウンター手前に着席。

220819mensaibo02

 「冷やし鶏そば(大盛)850円」
 さすが大成食品直営。ラーメンもつけ麺もこの冷やしも大盛り無料なんです。

 トッピングは大きな揚げ浸し風ナスの半身にメンマ、キュウリと長ネギの千切り、そして鶏チャーシュー。冷やしそばというより冷やし中華に近い感じ。ボリューム感も充分。

220819mensaibo03

 細ストレート麺はもちろん大成食品謹製で日本蕎麦に近い灰色がかったもの。最近流行り?のフスマを練り込んだものなのかもしれない。

 この麺が美味い。冷水で締められてツルツルのシコシコ。ただ前回感じたように、この麺に持ち上げられて揚がってくるタレ(汁)が私にはかなりオイリー。

 だから今回は最初からテーブル上のお酢を多めに廻しかけ・・・まだ足りないと更にドバッ。うん、これがいい。見た目だけでなく冷やし中華に近づいてしまったか(^^ゞ

 鶏チャーシューも冷たいナスも美味しく頂いて、ご馳走様でした。

麺彩房 中野本店(めんさいぼう)
 https://tokyo-ramen.co.jp/wholesales2/01.html
 中野区新井3-6-7 最寄駅: 沼袋<新井薬師<中野
 11:00-15:00 17:30-21:00 スープ切れ終了
 祝日を除く月曜夜休 2001/2オープン

| |

2022.08.10

久しぶりの「麺屋 はし本@中野」で らー麺

 水曜日のお昼時。ふと見ると店先に行列がない。さらにすぐそばのPも空いている。であれば寄らない手はないではありませんか。

 「麺屋 はし本」。およそ2年ぶりの訪問。12時少し前の店内を覗くと、なんと先客は3人のみ。ラッキーと食券を買って着席。後客続々。

220810hasimoto01

 「らー麺 950円」
 前回来た時は 850円だったはずだけど・・・まぁ時節柄仕方ないことか(^^; 次に値上げすると 1,000円の壁越えですな。それはそれで凄い。

 軽くトロミがついたスープは煮干しがガツン。相変わらず旨い。大勝軒と青葉を足して良いところだけ切り取ったようなラーメンなのです。

220810hasimoto02

 硬めに茹でられた三河屋製麺製の中細ストレート麺は加水率低め。この旨いスープをよく持ち上げますね。

 大判で柔らかくおいしいチャーシュー。さらに薄めなのにコリフワのメンマ。どれも高いレベルでまとまっていて文句なしのイッパイ。

 完食の全汁でご馳走さまでした。

麺屋 はし本
 中野区新井1-25-4 最寄駅:中野駅・新井薬師前
 11:30-18:00 土祝祭 11:30-17:00 (売り切れ終了)
 日曜・第3月曜休 2017.2.25オープン

| |

2022.08.07

新店 台湾まぜそば「麺屋こころ 中野店」

 先日 7/30、中野駅北口のふれあいロード(俗称 中野ラーメンストリート?)にオープンした台湾まぜそばの店。「炙り屋」や「打越酒場」の対面ね。

220807kokoro01

 「麺屋こころ 中野店」
 株式会社こころがチェーン展開するいわゆる資本系のFC?で、すでに関東を中心に21店舗もあるそうだ。

220807kokoro02

 表の看板メニューによると、台湾まぜそば数種類の他に、普通の塩まぜそばやラーメンもある。

 11:30をわずかに過ぎて入店。狭いカウンター8席だけの店内に先客は1。しばらくして後客2。厨房は二人体制のよう。入り口の券売機で食券を買って着席。

220807kokoro03 220807kokoro04

 「サントリー ザ・モルツ 300円」 もちろん最初はこれでプハーっ! 暑さが戻りつつあるところで最初のひと口。缶ビールだろうとなんだろうと旨い。
 右はテーブル上の調味料。昆布が漬かったお酢があるのが嬉しい。

220807kokoro05

 「台湾まぜそば 880円+大盛り 120円」
 特製だという台湾ミンチの上には卵黄、右手には魚粉が見える。まぜそばは提供された時の姿が美しいですね。でも混ぜてしまうとあまり旨そうに見えないのが難(^^;

220807kokoro06

 でも、よーくマゼマゼして食べ進みます。ちょっと浅草開化楼の極太麺に似た食感の麺。特別な感じはないけど、まぜそばとしてちゃんと出来ている。
 途中で昆布風味のお酢を多めにかけ廻して「さっぱり系」に味変。うん、この方がいい。

 麺は大盛りにして正解。茹で前で 300g程度だろうか(グラム数不明)。普通盛りだと腹ペコ男子にはもの足りないかもしれない。

220807kokoro07

 と言うわけで残ったまぜそばのタレというか残滓(^^;に「無料の追い飯」を少なめでお願いしたのがこの画像。これもマゼマゼして食べるとお腹いっぱいの余は満足ぢゃ状態。

 次回は「塩まぜそば」か、涼しくなってたらラーメンも食べてみようかな?と思っている。

 ドンブリを天板に上げテーブル拭いて、ご馳走様でした。

麺屋こころ 中野店
 https://www.menya-cocoro.com/
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-15:00 17:30-21:00
 無休 2022/7/30オープン

| |

2022.08.05

「覆めん 花木@東中野」で ラーメン+2種のワンタン

 珍しく涼しい日。昨夜は久しぶりにエアコンをかけずに寝られたので身体が楽。というわけで今日は久しぶりに熱いラーメンを食べようと目指したのは東中野。

220805hanaki01

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 何度も書いているように、一条流がんこの系列店で「覆麺」から数えると孫にあたる。今回で8回目、ちょうど一ヶ月ぶりの訪問。開店時間の11時少し前に着いてみると先客は一人だけ。店先のイスに座って待つことしばし。定刻に開店。

 券売機で食券を買って着席。「ワンタンはアオサれんこんとイカ」とコール。厨房は変わらず花木君一人でのオペレーション。

 提供前に「トッピングはどうしますか?」と聞かれ「味玉と青唐」と回答。今回は「濃いめですか?」とは聞かれなかったので。そのまま。

220805hanaki02

 「ラーメン 950円(大盛)+わんたん2個 190円」
 濃い醤油色の清湯スープ。左上からアオサれんこんとイカのワンタンがひとつずつ。味玉、細いメンマにバラ肉とモモ肉?のチャーシュー。中央にキザミねぎと多めの青唐辛子。。

 久しぶりにタレ(カエシ)増しをせずそんまんま。この清湯の醤油スープが相変わらず旨い。全体に青唐辛子をなじませて、卓上のコショーを多めに振るのが私流。

220805hanaki03

 サッポロめんフーズ製の黄色味が強い細ストレート麺はいつもどおり硬めに茹でられていて。これも良し。トロトロのバラ肉チャーシューと一緒に頬張るのが吉。

220805hanaki04

 そして餡がきっちり詰まった大きめのワンタンもいい。左の「アオサれんこん」の方はアオサの香りとレンコンの食感。右の「イカ」の風味と柔らかな食感との対比もいい。この店に来たらワンタン(できれば2種)は必須ですな。

 例によって旨いウマイと完食の全汁。大盛りの上にワンタン二つ入りでお腹一杯の幸せイッパイ。ご馳走様でした。

 青唐辛子の量がいつもより多かったみたいで途中から大汗。食べ終わるとTシャツまでグッショリ。結局炎天下を歩いたのと変わらぬ状態になったのでした(^^;

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

より以前の記事一覧