ラーメン:14中野区

2020.11.22

新店?「天下一品 中野店」で ニラにんにくラーメン

 当初10月オープン予定だったのが遅れて先日木曜日 11/19グランドオープン。「天下一品」の新店と聞いても何を今さら的な感覚。とは言え地元中野、それも自宅から徒歩 5分圏内にオープンともなれば、ラヲタ的には行ってみないわけにはいかないでしょう。

201122tenka1pin01

 オープン日にはそれなりの行列ができていたそうだけど、その後四日目 最初の日曜日の今日は開店 5分前で行列は 7人。待つほどのこともないとスルーしようかと思った瞬間、定時よりわずかに早く開店。そのまま店内へ。

201122tenka1pin03

 奥のカウンター席に案内され着席。目の前の天板には各席ごとの調味料。これはいい。でもね、アクリル板の低めの仕切りはあるけれど、お隣りとの距離は電車並みに近く、手指洗浄液は入口からここまで見当たらないという中途半端な状態。

201122tenka1pin02

 とりあえずメニューを眺め中野店オンリーだと言う「ニラにんにくラーメン」を、天一と言えばコッテリでしょうの大盛りでオーダー。
 開店四日目のスタッフは皆さん不慣れな様子で結構ガヂガチ。

201122tenka1pin04

 「ニラにんにくラーメン 大盛 1,090円」
 こってりの麺硬めね。うん、このこってり感はよく知っているというルックスであり、そのとおりの粘土と味。当然新味はないけど、安定の味。
 しいて言えば看板に「中華そば専門店」と書いてあるけれど、東京人がイメージする中華そばとは大違いのドロリ。かと言って博多系豚骨白湯や鳥白湯等ともまるで違う独自のラーメン。

201122tenka1pin05

 硬めを頼んだけど柔めの細ストレート麺。スープが絡むというよりもマトワりついて上がってくるイメージ。麺もダマみたいになってしまう。でもそうそう、これぞ天一のコッテリ標準だよねと納得。

 このキツいデンプン系のコッテリ感以外に何もない、とは言いすぎかもしれないが、中野店だけ(?)という「ニラにんにく」がとても良いアクセントになっていて、この口腔内の違和感をなんとか中和してくれている。

 途中で天板の「カラシ味噌」と「追いスープ」を足し、滅多に使わない「お酢」をザッとかけ廻して、完食の全汁。

201122tenka1pin

 無理してでも全汁したのは、ドンブリ底のこの文字を確かめたかったから。・・・思い切りモタれたので、やめときゃ良かったとは後の祭り。

 中野に出来たから取り敢えず行ってみようと思っている未食の皆さん。当たり前だけど、あちこちの天一で食べられるラーメンと変わりはありません。食べてみるなら +150円と高いけど、ニラにんにくをチョイスすることをお勧めしておきます。

 私は遅い時間にコッテリ系が食べたくなったら 50m西へ移動して「野方ホープ」か対面の「中野家」へ行くと思います。

天下一品 中野店
 https://www.tenkaippin.co.jp/
 中野区新井1-9-3 最寄駅:中野
 11:00-26:45 無休 2020.11.19 Open

| |

2020.11.19

オープン後 初の再訪「覆めん 花木@東中野」

 これまで 10月のプレオープン中に2回。そしてグランドオープン日に一度食べに行っている。その後しばらく間をおいて、そろそろ落ち着いたかなと再訪。

201101hanaki_noren

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」。改めて書いておくと、神保町の名店であり「がんこ系」の「覆麺 智」で 5年修行していた彼が独立し本人の名前を冠してオープン。場所は東中野の山手通り沿い「味噌屋林檎堂」の跡。

 11時の開店時間少し前に着いてみると、もう 7人も並んでる。一瞬迷ったものの大人しく最後尾へ。
 席数はカウンターのみの6だから2巡目になる。そして1ロットは2杯ずつだから回転はあまりよくない。

 しばらくして入店。待つうちに一つ席を空けたお隣りをふと見ると、あれ?横顔に見覚えがある。
 「〇埼さんですか?」と声をかけるとこちらを向いてくれた。「BUSHです。」と言うと「おおっそれはそれは」と。顔を覚えているのはこちらだけというのも無理はない。後で過去ログを調べてみたら、最後にお会いしたのは今からざっと10年前の四谷三丁目「ふわふわ」以来だと思われる。先方は「日本一ラーメンを食べた男」ラーメン評論家として時々テレビにも出るほどの有名人だしFBもフォローしているので、私の方はしっかり覚えている。

201119hanaki00

「味玉ラーメン 880円+ ワンタン一つ 100円」
 そうこうしているうち花木店主から「濃いめですよね」そして「トッピングは?」」と声がかかり、ご提供。この店のメンバーカードも持っていないし、五段以上の認定をもらったわけではないけれど、神保町の覆麺時代からのレガシー(^^;で、青唐辛子と海苔を無料トッピングしてもらった。

201119hanaki01

 濃い醤油色の清湯スープ。奥に大判の海苔が3枚に細くコリコリのメンマ、青ねぎ。右に味玉、トロトロのチャーシューが二枚。レンゲで半分隠れて判りにくいけど左に海老ワンタン、その上に青唐辛子。

 タレを足して貰っているので、元の覆麺の味に近くなった。全体に青唐辛子をなじませてやると、これが良いアクセントに。

201119hanaki02

 黄色味の強い麺はサッポロめんフーズの細ストレート。がんこ系・覆麺系にしてはまだ優しい?スープによく合っている。

201119hanaki03

 箸で無理やり切ったので美しくないけど「海老ワンタン」ね。餡がきっちり多く詰まっているのは、四谷ではなく本郷三丁目譲りなのではあるまいか。そしてこれが激しく旨いのですね。この店に来たらワンタントッピングは絶対だと思ふ。

 旨いウマイと一気に食べ進み完食の九割汁。私も食べるのは早いほうだけど〇埼さんも早い。ほぼ同時に食べ終わり、ご馳走さまでした。

 外へ出て最近すっかり美食家になった〇埼さんと軽く雑談。今日はすでに二軒目だそうだ。一店目は新江古田にできた新店だったそうだ。
 またどこかでお会いしましょうと言ってお別れした。久しぶりにお会いできて良かった。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30  17:00-19:45 土日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2020.11.14

「ラーメン食堂酒場 ブルース@中野」で ラーメン

 今夜もまた家メシの無い日。いつもどおり昭和新道で飲んだ後、寄ったのがこちら。

201114blues01

 「ラーメン食堂酒場 ブルース」 今年1月以来 10ヶ月ぶりの訪問。あまり話題になることは少ないけど旨い店なんですよ。18時過ぎの店内には先客が一人。気を遣わなくていいけど、こんなに空いてて大丈夫だろうかとちょっと心配。

 ブルースという店名にも拘わらず、今日はひたすらロックが BGM。

201114blues06

 「ラーメン 690円+味玉 790円」
 最初に鶏出汁の芳香。味玉のほかトッピングは海苔、キザミネギに大きめのチャーシューが2枚(薄いけど)。

201114blues07

 やや黄色みがかって白濁したスープが中細のストレート麺に良く絡みます。

 ローストポーク風のチャーシューもまた旨い。

 もちろん完食。このスープは残せませんね。ご馳走様でした。

ラーメン食堂(酒場) ブルース
 中野区新井1-3-3 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-27:00
 火曜休? 2019.8.23オープン

| |

2020.11.13

「恵比寿らぁ麺屋 つなぎ 中野店」で 味噌ラーメン

 今日は家メシのない日。パニパニ→石松と飲んだ後、帰り道にあるこの店で締め。

201113tsunagi01

 「恵比寿らぁ麺屋 つなぎ 中野店」。ちょうど一年前の 11/22にオープン。「全国次世代らーめん選手権」という良く判らない催しでの優勝を謳い文句に順調に?スタートしたように見えたのだけど、その後は割りと空いていることが多く、あまりバッとしない印象。

 18:50分という時間で 先客1の後客無しと、ちょっと寂しい。券売機で基本の味噌ラーメンを買って着席。詳しいメニューはこちら

201113tsunagi03

 「味噌ラーメン 800円」
 しばらくしてご提供。シャキシャキのモヤシが印象的ないかにも味噌ラーメンというルックス。スープには多めの背脂が浮いていて濃いめの味噌味をマイルドにしている印象。

201113tsunagi04

 太ストレートのやや縮れ麺がいい。硬めに茹でられていて、この味噌スープによく合っている。

 なかなかやるではありませんか、などとつぶやきながら完食の9割汁でご馳走様でした。

 修行先?の「ど・みそ」ほど強い味ではないけれど、これはこれで十分うまい。同じ北口の味噌で比べると「彩雲」に軍配が上がるが、これは完全に個人の好みの範疇だろう。

 味噌ラーメンが食べたくて「彩雲」の大将がいないときは、この店に来ることにしよう。

恵比寿らぁ麺屋 つなぎ 中野店
 https://tsunagi-ramen.com/
 中野区中野5-49-7 最寄駅:中野
 11:30-23:00 無休 2019/11/22オープン

| |

2020.11.02

たまには食べなきゃ「中華そば 青葉@中野」

 パニパニ、石松と呑んだ後、SP氏と連れ立ってのラーメン。最初に行こうと思った店に店主が不在だったのでパス。ではどこにしよう。

 「中華そば 青葉 中野本店」 というわけで、今年正月に訪問して以来のこちら。
 言わずと知れた青葉インスパイヤーの本家本元で、今では系列店が20店ほどもあるそうだ。でもそれ以外に影響を受けた店がどれほどあることか。

 19時少し前の店内は3割ほどの入り。かつては5時台に売切れ閉店だった頃が嘘みたいだ。券売機で食券を買って着席。店主であるH氏は、残念ながら今日もまた当り前のように店にはいない。

201102aoba01

 「中華そば 750円」
 ルックスはかつてと変わらないように思える。豚骨魚介のお味の方はとレンゲでひと口。うん、たしかに青葉の味。相変わらず美味しい。でも全体にライトになった感じがする。もっとコクがあって出汁感が強かったような・・・。

201102aoba03

 大成食品工業謹製の中細やや縮れ麺。カネジン食品の麺を使っていた時代もあったのだけど元に戻ったようだ。私的にも今の麺の方が馴染みがあっていい。

 先ほど書いたように相変わらず美味しい。「でももっと美味しい青葉を私は知っている(O崎氏談)」。私もそう思う。でも青葉に影響された沢山の店たちがインスパイヤに留まらず独自の味を確立してきているというのもありそうだ。変わったのはこちらの方なのかもしれない。

 同行のSP氏が懐かしい味と評した今の「青葉」。むしろ変わらぬ味でいてくれることが何よりなのかもしれない。

 ともあれ、美味しく頂いて完食の9割汁。ご馳走様でした。

◆中華そば 青葉 中野本店
 http://www.nakano-aoba.jp/
 中野区中野5-58-1 最寄駅:中野
 10:30-21:00頃(スープ切れ終了)ほぼ無休
 1996/10 オープン

| |

2020.11.01

グランドオープン!「覆めん 花木」で オマールブルー

 先日来、名無しでプレオープンしていた東中野の店が本日グランドオープン!
 正式名称は「覆めん 花木(ふくめん はなき)」。神保町の名店「覆麺 智」で 5年間修行していた男が独立し本人の名前を冠してオープン。場所は「味噌屋林檎堂」の跡。ほぼ居抜きね。

 朝9時のオープンだというので8時に行って見ると、すでに17人の行列。まさかこれほどとは! 気持ちが萎えかけたけど、取りあえず最後尾へ。

20110102 20110106r

 半分シャッターが降りた店頭には今日の開店記念メニューのメインとなるオマールブルーのガラ(出汁を取ったあと)と花木の一升瓶がおかれている。しばらくしてお手伝いに来ている師匠のOさんとS嬢が出て来て、右の告知文を貼り出していった。

 開店10分前、Oさんが暖簾をかけに出て来た。どんな暖簾が出てくるのだろうと思ってたら、こんな感じ。プレオープン中の覆面といい、イメージカラーは黄色かな。外観を含め「がんこ」や「覆麺」らしく、資本系を感じさせないのがいい。

20110129

 9時。師匠、店主、西巣鴨の3人が店先に並びラーメンをすするという「がんこ」家元譲りのパフォーマンス。9:11開店。行列はざっと50人弱?

 そうして並び始めて 1時間と45分後。ようやく入店。久しぶりだね、こんなに並んだのは。S嬢が事前の人間自販機(^^;サービス。厨房には花木君と 西巣鴨の二人。師匠Oさんは外でお客さんたちと歓談中。

20110132 20110131r

 着席してすぐに出てきたのは「ハートランドビール 500円」。よく冷えてる。目の前には会員またはメンバーカード保持者はトッピングをサービスと書いてある。神保町と同じだ。
 ビールを飲り始めていると、間もなくご提供。

20110137

「限定 オマールブルーとホロホロ鶏出汁の味噌ラーメン 1,500円+青唐辛子 150円」
 会員?でもなくメンバーカードも持っていないけど、覆麺時代からの常連さんサービスは海苔とネギをお願いした。また出汁はオマール海老だけでなくホロホロ鶏も使ったものだそう。

 奥に大判の海苔が3枚に味玉、左右に青唐辛子。中央にはネギ。隠れて見えないけどメンマ。表面に浮いているのは背脂系の謎肉(^^; 手前にチャーシューが二枚。

 スープをひと口すすると甲殻類の風味と味噌スープの優しい味。これは旨い。そして青唐辛子が良いアクセントになっている。

20110151

 黄色味の強い麺は通常(プレオープン時)の細麺よりもやや太めのストレート。これもサッポロめんフーズだろう。この優しくも旨いスープによく合っている。

20110144 20110147

 チャーシューは豚の腕肉?とバラ肉ロールのものが、それぞれ一枚ずつ。どちらも旨い。

20110155

 味玉も載せておきましょうね。箸で切ったのであまりキレイじゃないのはご容赦。

 ビールを飲むのも忘れ、旨いウマイと一気に食べ進み完食の全汁。お陰でまだ冷えたまま残っているビールを片付けるのがシンドかった。

 今後もきっと限定をやってくれることだろう。そうでなくとも間違いなく通うことになる店のひとつ。我が家からチャリで10分。隣の駅だけど中野に来てくれたのが嬉しい。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-19:45 定休日未定(当面無休)

| | | コメント (0)

2020.10.21

東中野にプレオープン「店名不明のラーメン店」アンガーラ!

 東中野に新しいラーメン店がオープン予定。神田方面の某有名店で長いこと修行をしていた若者が心機一転、この地で店を出すことになった。現在店主は覆面でプレオープン中。

201021hanaki01

 まだ店名と場所は出さないで欲しいとのことで、店の外観も判る人には判ってしまうので出しません。神保町の店のスタートがそうだったように「謎」の部分を残しておきたいということだと思われます。代わって店先に貼ってあったこんな告知を(^^;

 開店時間をわずかに過ぎた頃、カウンター6席だけの店内に先客は 4人。厨房には覆面をした若きご主人。

 目が合って私を認知したのが判ったので「アンガーラ!」のご挨拶。即「アンガーラ」と返事があったので、これで決まり。大当たり!(^^;

201021hanaki02

 券売機で食券を買って着席。その券売機には値段だけあってメニュー名が書かれていないボタンがAからFまで並んでいる。ということは、いつか限定をやってくれるということだろうか。
 ご主人一人だけでのオペレーション。だからこの規模の店にしたのだとご主人。1ロットは2杯ずつみたいだ。



201021hanaki3r

 待つことしばしでご提供。覆面をかぶったご主人もろともパチリ。(掲載許可は貰っています)

201021hanaki04

 「ラーメン 800円+味玉 100円+ワンタン2枚 160円」
 プレオープン中は味玉かワンタン一枚がサービスなのを知らずにそれぞれを買ってしまったので、なんだか具だくさん。

201021hanaki06

 いかにも「○ん○」系らしい濃い醤油色の清湯スープに、慣れたサッポロめんフーズ謹製の細ストレート麺。間違いありませんな。でも、あの味とはちょっと違って、割りと優しい味に仕上がっているのは地域性を意識しているからか。大山地鶏に豚骨、各種の魚介。きっちり出汁が効いているのも「らしい」よね。

 タレを増量して貰うと、かなり「あのショッパ旨い味」に」近くなった。但し一般向けではない(^^;

201021hanaki07 201021hanaki08

 「ワンタン」は2種類。生姜が効いているのと通常のもの。かなり肉が詰まっていて、なるほど一つ80円取るだけのことはある。
 豚チャーシューも大山鶏のチャーシューも、コリコリメンマも旨かったなぁ。

 美味しく頂いて完食のもちろん全汁。ご馳走様でした。アンガーラ!

 なんと中野区(東中野)にあの系統の店が出来てしまいました。今の東中野のなんと羨ましいことか。在宅のたびに東中野詣でしてしまいそう。

◆店名をまだ出していない店 (11/1 新店名:覆めん 花木)
(予想仮店名(^^; Fortune-Men HANA)
 中野区東中野 最寄駅:東中野
 11:00-19:30 定休日不明 11/1オープン予定

| |

2020.10.10

「麺屋 はし本@中野」で らー麺

 雨の土曜日。買い物から中野に戻ってくると、ちょうどお昼時。気分はラーメン。
 近くで美味しい店はと、真っ先に浮かんだのが「麺屋 はし本」。行列が出来ていたら諦めるつもりだったのだけど、雨のせいかお待ちは店内に二人だけ。間もなく着席。

 8月下旬に来たときはコロナ対策で席数を5席まで減らしていたのだけど、今日は元の9席に戻っていた。まぁお陰ですぐに座れたわけなので文句はない。ちょっと心配は残るけど(^^ゞ

201010hasimoto01

 「らー麺 850円」 トロミが強く煮干しがガツン。大勝軒と青葉を足して良いところだけ切り取ったようなラーメン。

201010hasimoto03

 三河屋製麺製で加水率低めの中細ストレート麺が硬めに茹でられて、この旨いスープをよく持ち上げる。

 大判で柔らかくおいしいチャーシュー。さらに薄めなのにコリフワのメンマ。文句ない文句ない。

 でもでも私的には、もっと遅い時間のより煮詰まって濃くなったスープの方が好き。問題は売り切れの時間が早いので、なかなかそのタイミングで食べに行けないことなのだけどね。
 完食の全汁でご馳走さまでした。

麺屋 はし本
 中野区新井1-25-4 最寄駅:中野駅・新井薬師前
 11:30-18:00 土祝祭 11:30-17:00 (売り切れ終了)
 日曜・第3月曜休 2017.2.25オープン

| |

2020.10.09

「好日@東中野」で 玉子つけ麺

 在宅勤務の金曜日。最初は「波と雲」に行くつもりでいたのだけど、最寄りの駐車場に空きがなかった。仕方なく裏路地に車を停めることにした。外は雨、台風の影響からか本降りだ。一番近い店はというと「好日」。最後に行ったのはいつのことだろうと調べてみると、もう8年も前のことだった。

201009koujitsu01

 「麺汁食膳 好日」。私にとって つけ麺覚醒の店なのだけど、何度か違和感を覚えてからは足が遠のいてしまっている。
 開店時間をわずかに過ぎて着いて見ると先客は5人ほど。何も変わっていない喫茶店風の店内。時が経っても清潔感は変わらない。

201009koujitsu02

 中央にある楕円型のテーブルに座りメニューを眺め始めると、スタッフのお姉さんがすぐに注文を取りに来てくれた。スタッフが全員女性なのも変わっていない。

201009koujitsu03

 「玉子つけ麺(大盛) 800円」  右上に見えているのは一人前の割りスープが入ったポッド。その右下はランチタイムサービスのミニミニチャーハン。

 先客5人のラーメンやつけ麺と殆ど同時に提供されたので。ちょっと嫌な予感。開店直後なら茹で置きすることはないだろうと思っていたのだけど・・・。

201009koujitsu04

 まるでパスタのようなルックスは変わらず。まずは麺をそのまま食べてみる。茨城産の地鶏の卵を混ぜて一晩熟成させるという太ストレート麺も変わっていないと思われる。そのツルツル感とシコシコ感は変わらないと思われるのだけど。なんか違う。

201009koujitsu05

 醤油ベースで魚介が効いた、あっさりピリ辛のつけ汁。こんなに濃かったっけ? ともあれ麺を浸けて食べて見る。お酢が強い? やっぱり違和感。

 随分時間が経っているので私のバカ舌では正しい評価なんてできないが、あの「つけ麺覚醒」とまで思った感激はすでにない。私の嗜好が変わっってしまったのだろうか。

201009koujitsu07

 つけ汁の中に沈んでいた味玉をサルベージ(^^;してみた。箸で切ったのでキレイでないのはご容赦。これ美味しい。

201009koujitsu08

 まぜご飯風のミニミニチャーハンの小鉢に載せてチャドろうと思って半身を載せてみたけど、小鉢が小さすぎて断念。

 完食。そしてスープ割りもして全汁のはずが、そこそこ残してしまった。決して不味くはない。美味しい方だとは思う。でも残る違和感。
 ・・・かつての感動よもう一度。

◆麺汁食膳 好日
 中野区東中野1-53-7 最寄駅:東中野
 11:30-14:30 18:00-21:00 日曜休

| |

2020.10.05

「彩雲@中野」で神笑時代のタンメンと肉野菜丼

 土曜日にご主人が復活を約束してくれたタンメンのために元「神笑」の「彩雲」。大のお気に入りだったのに味噌ラーメン専門店になってしまってから食べられなくなっていたタンメン。それがたぶん今日だけ?復活。

201005saiun01

 「タンメン 800円+ご飯ハーフ」
 ご飯はサービス(ランチタイムだけ?)。花山椒とコショーは自分でかけたもの。味玉はたぶんサービス。

201005saiun02

 神笑時代のタンメンに比べるとややアッサリめながら、やっぱりご主人が鍋を振ったものは味噌ラーメンにせよ、このタンメンにせよ旨い。

Saiun_men

 たぶん浅草開化楼製の極太平打ち麺。もちろんこれも良し。

201005saiun03

 ご飯にはタンメン側から味玉と肉野菜炒めを載せて、チャーシュー丼ならぬ「肉野菜丼」にしてみた。あまりキレイじゃないのはゴメンナサイ。盛り付けの才能は無いの。スープを少量廻しかけて食べると、これまたいけます。

 このタンメンを今回のように時々でいいからやってくれると嬉しい。

味噌専門店 彩雲
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 土祝 11:00-21:00 日曜休
 旧 麺屋 星雲 2017.5.9 移転「神笑」オープン 2020.5.10?店名変更「彩雲」

| |

より以前の記事一覧