ラーメン:14中野区

2022.05.11

「上海麺館@中野」で 朝ラー

 舞浜から帰ってきて、さて腹が減った。この時間でブランチが出来るところはと目指すは中野駅前。

220511shanghaimk01

 「豚そば 鶏つけ 上海麺館」。ご存じ「麺彩房」と同じく「大成食品」の直営店。

220511shanghaimk02

 なんとか朝ラーの時間帯に間にあって、店内を覗いて見ると友人シンちゃんの姿を確認。よしよしと入店。

 厨房内は時間的に彼一人だけ。先客は一人。券売機でビールのボタンを押しても反応がない。よく見ると売り切れ。この時間帯はアルコールを出していないそう。
 ・・・悲しひ。まずはチャーシューとメンマで一杯のつもりだったのに(^^;

 素直にラーメンの食券を買って着席。世間話などしながら待つうちにご提供。

220511shanghaimk03

 「朝ラー 鯖ぶしラーメン(大盛り) 600円+味玉 100円」
 極々普通の醤油ラーメンのルックス。でもうたい文句どおり豚骨と鯖節の出汁が香る旨いスープになっている。

 味玉が最初から身二つになっているのが好ましい。チャーシューとキザミ青ネギと海苔。ナルトがアクセント。

220511shanghaimk05

 大成食品製の細ストレート麺は加水率低め? このスープに良く合っている。さすがは大成食品というか麺彩房というか。
 チャーシューも味玉も充分美味しくて、今時このお値段でこのクオリティーは素晴らしい。

 もちろん完食の全汁でご馳走様でした。
 中野駅北口至近にある実力店。未食の方がいらしたら是非一度どうぞとお奨めしておきますね。

豚そば 鶏つけそば専門店 上海麺館
 http://www.tokyo-ramen.co.jp/wholesales2/04.html
 中野区中野5-63-4 最寄駅:中野
 11:00-22:00 土日祝 11:00-20:00
 朝ラーは日曜を除く 7:00-10:00 ほぼ無休

| |

2022.05.08

煮干し中華そば 小松屋@中野

 GW最後の日曜日。ここ1ヶ月ほど再開していたラヲタ活動もそろそろ再休止かなと思いつつ、近場なのに未食だったこちらへ。

220508komatsuya01

 「煮干し中華そば 小松屋」
 「地雷源」→「さいころ」→「新(凪系)さいころ」と変移した店を「凪」の社内独立制度?を利用して現ご主人が昨年5月に「小松屋」としてオープンしたもの。中野駅南口の用事ついでにようやく初訪問。

220508komatsuya02 220508komatsuya03

 店の外にある券売機の前で中華そばか濃厚煮干しかを一瞬迷って背脂中華を選択。
 10:40着で先客2。カウンターのみ11席の店内はまだスカスカ。しばらくして後客1。中の人はご主人と女性スタッフの2人体制。

 カウンター上の説明書きなど読んでいるうちに、さほど待つこともなくご提供。

220508komatsuya04

 「背脂中華そば 900円+味玉 100円」
 提供前に麺の細麺か太麺かを聞かれたので細麺を選択。また背脂の量も聞かれたので多めで。もうひとつ、今日の「それ」は Twitterによると「メンマ増し」とのことでソレをお願いした。

 背脂がドンブリの半分ほども埋め尽くすスープは新さいころ時代のものと大きく変わった印象はない。濃厚煮干しでなくても、しっかり煮干しが香るスープになっている。凪で9年も修行した人だそうだから、それも当然か。

220508komatsuya05

 新宿だるま製麺製だという中太ストレートの平打ち麺がこのスープに良く合っている。何よりツルツル感がいい。

 美味しく頂いて完食の全汁。ご馳走様でした。また来ることがあれば今度は「濃厚煮干し」かな。

 「地雷源」が中野に来てくれたのが12年前。それから1年後に煮干し系「さいころ」にリニューアル。その後「新さいころ」を経て現在の「小松屋」へ。
 でもね、今でもこの店の前に来ると懐古趣味なのか「我流旨味ソバ」を食べたいと思ってしまうのです(^^ゞ

煮干し中華そば 小松屋
 https://twitter.com/komatsuya_ramen/
 中野区中野2-28-8 最寄駅:中野
 11:00-15:00 17:00-22:30
 月曜休 2021/5/25 Open

| |

2022.05.07

「中華そば 青葉@中野」で 全粒粉のつけ麺

 FBを眺めていると青葉で全粒粉の太平打ち麺を出しているという。つけ麺の場合、太平打ち麺が選べるようになっていたのは知っていたが、その太麺が全粒粉入りのものに変わっていたことは、ついぞ知らなかった。そういえばこの店のつけ麺は何年も食べていない。

220506aoba01

 「中華そば 青葉 中野本店」 というわけで2ヶ月ぶりに訪問。
 最近は行列も少なくなっている。土曜日とはいえ10時半過ぎならスカスカだろうと思ったら、なんと満席。まだGWだからかな。小さなお子さん連れのご家族がいたりする。
 私の前には3人のお待ち。幸い数分後には着席。

220506aoba02

 「つけ麺(大盛) 900円」
 見慣れたつけ汁に初のお目見えとなる全粒粉入りの極太平打ち麺。もちろん大成食品謹製だろう。

220506aoba03

 まずは何も付けずに麺だけをひと口。うん、小麦の風味。でも以前の太麺の方がツルツル感が強くて好き。というのが素直な感想。もっと言えば、元のラーメンと同じ細麺の方が好き・・・というのは私の懐古趣味もあるかな(^^ゞ

 魚介豚骨のつけ汁は、たしかに青葉味。美味しいけど、やや薄くというかライトに感じるのは、最近の強い味に慣れてしまった私のせいかもしれない。

 コリコリのメンマや短冊に切られたチャーシュー、ナルトが入っているのは変わらない。

 こう言うと元も子も無いかも知れないが、かつてそうであったように、つけ麺でも青葉はラーメンと同じ細麺が好きだな。

 ご主人H氏が店に出なくなって、もう17年か。完食の全汁でご馳走様でした。

中華そば 青葉 中野本店
 http://www.nakano-aoba.jp/
 中野区中野5-58-1 最寄駅:中野
 10:30-21:00頃(スープ切れ終了)ほぼ無休
 1996/10/12オープン

| |

2022.05.02

「藤丸@中野」で 鶏白湯の塩つけ麺

 中野における つけ麺では私的イチ推し、もっと頻繁に行っておくべき店。そう言っていながら年に一度か二度の訪問になってしまって(^^ゞ

220502fujimaru01

 「藤丸」 GW連休谷間の月曜日。11時半過ぎの店内は先客1の後客1。券売機で食券を買ってカウンターの端っこに着席。

220502fujimaru03 220502fujimaru04

 こちらはカウンター上の名物「海老辛」。この店のオリジナルね右はメニュー。

220502fujimaru02

 「サッポロラガー(赤星)550円」 ランチには欠かせません。一杯やりつつ、ご主人TS氏の手慣れたオペレーションを眺めているうちにご提供。

220502fujimaru06

 「塩つけ麺(大盛 380g)850円」
 つけ汁も麺も美しい。このルックスだけでも美味しそうではありませんか。

220502fujimaru05

 「海老辛」を麺にトッピング。これもまた食欲をそそりますね。

220502fujimaru08

 断面が丸に近い大成食品謹製の太ストレート麺。このツルッツルでシコシコの旨い麺が鶏白湯で塩ベースのつけ汁をよく持ち上げるのです。

 「海老辛」を麺につけてつけ汁へ。何度かこれを繰り返すとつけ汁がだんだん「海老辛」味に。私の場合カラくなり過ぎない程度にしておきます。

 短冊に切られたチャーシューとメンマがまた柔らかく好ましい食感と味を提供してくれる。相変わらず旨いなぁ。

220502fujimaru07

 麺を食べ終り天板におかれた割りスープをつけ汁に足してやると、魚介がフワリと香ります。二度旨い。もちろん完食の全汁ね。

 ご主人と近くに出来た新店の感想などお話しして、ご馳走様でした。もっと頻繁に来なくては。

藤丸(ふじまる)
 中野区中野5-42-5 最寄駅:中野駅
 11:00-15;00 17:30-21:00 但し売切終了
 土曜・祝日は昼の部のみ 日曜休

| |

2022.04.30

「らぁめん ご恩@野方」で 醤油ラーメンと半チャーハン

 先月6日、野方の環七外回り沿いにオープンしたお店。今回で二度目。先日の塩と半チャーハンが好印象だったので再訪。

220430go_on00

 「らぁめん ご恩」 GW中の土曜日。開店時間の15分ほど前に着いてみると先客無しのPP。
 すぐに後客続々で開店時にはカウンターx4、二人掛けテーブルx2と 8人収容の店内はほぼ満席。

 オープン後 間もないというのにすでに人気店ですな。スタッフはご主人と女性スタッフ(奥さん?)の二名体制。

220430go_on01

 カウンター奥に座ってメニューをチラリと眺めたもののオーダーは最初から決まっている。今回は「醤油ラーメン」を食べて見たかったのです。そしてもちろん「半チャーハン」も。

 鶏チャーシュー丼や鶏ねぎ塩丼なんてメニューもあるのだけど、それらはまた後日。

220430go_on04

 「醤油らぁめん 850円」
 鶏チャーシューと豚チャーシュー、メンマに青ネギ。

 国産の鶏ガラをじっくり炊いて、更に一日寝かせたという醤油の清湯スープをひと口。うん旨い! 塩も良かったけど、これもまたいい。

 醤油ダレは、あきる野市にある近藤醸造謹製の丸大豆醤油のほか数種類をブレンドしたものだそう。ふわりと甘く香る、そんな感じかな。

220430go_on05

 池袋の松本製麺所に特注したという中太ストレートの麺は「私的には」だけど、やはりちょっとヤワめ。次回はカタメができるか聞いてみよう。

 肩ロースのチャーシューも鶏胸肉のチャーシューも良し、サクサクコリコリのメンマも美味しくて文句なし。

220430go_on06

 「半チャーハン 400円」
 半チャーハンと言えど一食ずつ丁寧に鍋を振る姿が印象的。やや遅れて出てくるけれど、伸びてしまわぬようにと麺を食べ終わってから取りかかるりので無問題。
 前回も書いたけど、このチャーハンが旨い。絶妙な塩加減なのですよ。

 完食の全汁。全て美味しく頂いて、ご馳走様でした。

らぁめん ご恩
 https://twitter.com/goonmenmen/
 中野区大和町1-13-7 最寄駅:野方
 11:00-15:00 火曜、第2第4水曜休
 2022年3月6日オープン

| |

2022.04.27

「麺尊RAGE 中野腕刀」で 煮干しそば

 今月11日、中野新仲見世商店街の元同級生の店(行ったこと無いけど(^^ゞ)「和喜田」跡にオープンした店。

220427rage12_01

 「麺尊RAGE 中野腕刀(ワント)」
 開店時間の5分前に着いてみると先客は3人。7人以上の行列だったら他へ行こうと思ってたのだけど、もう落ち着いているみたい。(上の画は退店後に撮ったもの)

 今回で三度目。FBで煮干しそばが始まっているという情報を得ての訪問。
 定刻に開店。券売機で煮干しそばと替え玉の食券を買って着席。

220427rage12_03

 こちらは卓上の調味料。ブラックペッパーに青唐を漬け込んだお酢。手前はキザミ生姜とニンニク。

 6席だけの店内。厨房はお兄さん一人体制。あれ?中の人が違うような。手際はかなり良さそうだから無問題。ワンロットが2杯ずつなのは変わらず。

220427rage12_04

 「煮干しそば 850円」
 着席後 6分ほどでご提供。前回の濃い醤油色のスープと違って、茶濁した醤油系のスープ。トッピングは大きく厚めのチャーシューに青と白のキザミねぎ。

 まずはこのスープをひと口。うん、しっかりと言うか強く「煮干し」を感じさせる仕上がりになっている。ブラックペッパーを廻しかけると更に良し。

220427rage12_05

 硬めに茹でられた低加水の極細ストレート麺は「三河屋製麺」製。スープも良く絡むし、この麺好き。

220427rage12_06

 「替え玉 200円」 この店へ来たらこれは外せませんね。
 「つけ麺風に」または「そのまま」でと言うけど、私的には「そのまま」がいい。
 でも残したスープに卓上の「ニンニク」と「青唐を漬け込んだお酢」を多めに投入してやると、つけ麺として食べても、かなりイケた。

 私的には「腕刀そば」より、この煮干しそばの方が好み。完食の全汁でご馳走様でした。
 二種類とも食べたし、これで当分行かずに済むかな。

麺尊RAGE 中野腕刀
 中野区中野5-55-4 最寄駅:中野
 12:00-14:00 18:00-23:00
 無休 2022/4/11オープン

| |

2022.04.24

「ただいま変身中@中野」で 牡蛎ラーメンのランチセット

 家内と長女がここのラーメンを食べたいという。行列していると嫌だなと思いつつ出かけて見ることにした。この店、女子ウケがいいのですよね。

220424hensining00

 「ただいま変身中」 2019/10のオープン後、すぐにテレビなどで取り上げられたこともあって、お昼時は行列店になっているみたい。

 11時半過ぎに着いてみると幸い行列はなく八割ほどの入り。家内と娘は運良く二人並んで座ることができ、私は一人離れて手前に着席。人気店ではあたり前ですね。

220424hensining01

 券売機で「牡蛎ラーメンのランチセット」を買って着席。

220424hensining02

 「牡蛎ラーメン(豆乳)と牡蛎ご飯セット 1,000円」
 牡蛎ご飯が付くのがランチセットね。スープを電動の攪拌機でもってギュイーン、いわゆる泡系。そして豆乳入りの白湯スープ。

220424hensining03

 中央上にバゲットの薄切りを揚げたもの。その裏にほうれん草。豚と鶏のチャーシューに牡蛎。その牡蛎の表面にはトビコ。

220424hensining05

 濃い牡蛎味のスープに加水率低めの白い細ストレート麺。この麺に泡系のスープが勝手に良く絡む(^^; もちろん伸びてしまわぬようにラーメンを優先して食べ進みます。

220424hensining04

 どちらも低温調理と思われるピンク色の薄切りチャーシューと鶏チャーシュー、さらに牡蛎を「牡蛎ご飯」に移して「チャ丼」の完成(^^;「牡蛎ご飯」なのに牡蛎味がやや薄めだったので。レンゲでスープを適量かけてやるとグツと私好みになった。

 例によってとぢらも完食。そして全汁でご馳走様でした。

ただいま変身中
 https://tadahen.com/
 中野区中野5-53-3 最寄駅:中野
 11:00-15:00 17:30-22:00 日祝 11:00-20:00
 無休らしい 2019/10/17オープン

| |

2022.04.21

「らぁめん ご恩@野方」で 特製塩ラーメン

 先月6日、野方の環七外回り沿いにオープンしたお店。住所は大和町ね。

220421goon00

 「らぁめん ご恩」 ご恩という名前はこれまでお世話になった修業先や関係者の皆さんへの恩返しの意味があるという。
 実はこの店情報もO崎さんのFBで知ったもの。最近の新店やラ界情報の殆どは、このお方に依存してます(^^; そしてそれが中野なら行かねばなるまいと。

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると 8人収容の店内は空席x2。ご主人と女性スタッフの二名体制。

220421goon02

 カウンターに座ってメニューを確認。「塩ラーメン」ちょっと迷って特製をオーダー。チャーハンや鶏チャーシュー丼、鶏ねぎ塩丼なんてのもある。どうしようなんて思っているとお隣りさんが頼んでいた半チャーハンがご提供。あ、旨そう!「同じものください」と即追加オーダー(^^ゞ

220421goon04

 「特製塩らぁめん 1,100円」
 味玉の他と鶏チャーシューと豚チャーシューが増量になっているようだ。青ネギがユニーク。

 鶏の清湯スープをひと口。うん旨い! 凄くインパクトがあるとかではないけれど充分旨い。

220421goon05

 中太ストレートの麺は、私的にはだけど ややヤワ過ぎ、覆麺の硬めパッツン麺が続いたせいだろうか(^^; カタメをコールしていいのならそうしたいところだ。

 肩ロースのチャーシューも鶏胸肉のチャーシューも半熟トロリの味玉も美味しく頂いた。

220421goon06

 「半チャーハン 400円」
 追加でオーダーしたこともあって、わずかに遅れて出てきた。麺をひと通り食べ終わってから取りかかります。
 絶妙な塩加減。このチャーハン旨いわぁ。最近食べた街中華のものよりはずっと上。鍋振りも堂にいっている感じ。

 完食の全汁。美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・。

 再訪必至。近いうちに醤油を食べに来なくてはなるまい。

らぁめん ご恩
 https://twitter.com/goonmenmen/
 中野区大和町1-13-7 最寄駅:野方
 11:00-15:00 火曜、第2第4水曜休
 2022年3月6日オープン

| |

2022.04.19

「覆めん 花木@東中野」で 特製ラーメン

 さて昼メシはどうしよう。気分はラーメン。それも濃い醤油がいいと東中野へ。

220418hanaki01

 「覆めん 花木(ふくめん はなき)」
 1年と3ヶ月ぶりの訪問になる。一昨年10月のプレオープン中を含めて今回で5回目。

 開店時間11時の10分ほど前に着いてみると、幸いお待ちは1人だけ。後客は数人。(上の画像は退店後に撮ったもの)
 定刻に開店。券売機で珍しく「特製(全部入り)」なんのを買って着席。

 たった6席しかないこともあって即満席。厨房はずっと花木君一人でのオペレーション。元々一人できる規模ということでこの店を選んだのだから「一人」があたり前。1ロット2杯も同じ。

220418hanaki02

 提供前に「濃いめですか?」と聞かれ「お願いします」。随分間が空いたのに覚えていてくれるのは嬉しい限り。もっと行かなくちゃ(^^;
 ワンタンは「生姜」と「肉」、トッピングは海苔と青唐を選択。

220418hanaki03

「特製ラーメン 1,250円」
 醤油色の清湯スープ。左上からワンタンが二つに青唐辛子、味玉、細くコリコリのメンマにトロトロのチャーシューが3枚、中央に青ネギと白ねぎ。

 清湯の醤油スープが旨い。濃いめにして貰ったので、アクマでも私的にはだけど、好みに近づいた気がする。
 全体に青唐辛子をなじませて、さらに卓上のコショーと一味唐辛子を加えてやると、さらに私好みに。

220418hanaki04

 黄色味の強い麺はサッポロめんフーズの細ストレート。かなり硬めに茹でられていて、これも良し。旨いスープをよく持ち上げます。

220418hanaki05 220418hanaki06

 そして餡がきっちり詰まったワンタンもいい。ショウガ(右)の方は豚肉メインの餡にショウガがよく効いている。この店に来たらワンタンのトッピングは必須ですね。

 旨いウマイと食べ進み完食の全汁。ワンタン二つ入りでお腹も一杯。ご馳走様でした。

覆めん 花木
 https://twitter.com/Fukumenhana2015
 中野区東中野1-31-8 最寄駅:東中野
 11:00-14:30 17:00-19:45 (売切れ終了)
 日祝 11:00-17:00 (売切れ終了) 月曜休

| |

2022.04.14

再訪「麺尊RAGE 中野腕刀」で 腕刀そば再び

 昨日でオープン記念のワンコインは終わっているはず。しかも一昨日行ったばかり。
 にも関わらず雨の中、出かけてみたのはこの店のもう一つのメニューである「煮干しそば」狙い。

220414menson12_01

 「麺尊RAGE 中野腕刀(ワント)」
 開店時間の20分前に着いてみると先客は一人だけ。ワンコインが終わったことと雨のせいだろう。昨日の開店前とは随分違う。後客ボチボチ。

 定刻に開店。券売機を見ると「あれっ?煮干しそばがない!?」。なんとまだやってないようだ。厨房のお兄さんに聞くとまだやってないそう。うわぁ勇み足(^^ゞ
 仕方ないと一昨日と同じ腕刀そばと替え玉の食券を買って着席。

 今日の厨房はお兄さん一人体制。助っ人さんはおらずワンオペで行くようだ。まぁ6席だけだからね。
 ワンロットが2杯ずつなのは変わらず。

220414menson12_02

 「腕刀そば 850円」
 当たり前だけど一昨日と同じルックス。だから具材や麺の説明は省略(^^;

 レンゲでスープをひと口すすると。あれ!?一昨日あれほど強く感じた青唐辛子の辛みが今日はかなり薄らいだ印象。
 これなら辛いのが苦手な私でも無問題。醤油清湯の旨味を無理なく堪能できる。

 ひょっとして辛さを変えてきた? それとも二軒ハシゴした後だった一昨日と私の舌が違っていたのだろうか(^^;

220414menson12_03

 硬めに茹でられた「三河屋製麺」製 低加水の極細ストレート麺が好ましい。卓上のニンニクとブラックペッパーを加えて私好みに。

220414menson12_04

 「替え玉 200円」
 この店へ来たらこれは外せませんね。お兄さんはこれを「つけ麺風に」と言うのだけど「そのまま」で充分旨い。実際殆どをそのままで食べた。

 もちろん完食の9割汁。全て美味しく頂いてご馳走様でした。

 帰り際「煮干しそばはいつからやりますか?」聞くと「まだしばらくは・・・落ち着いたら」ですって。煮干しそばが始まったら、また来てみよう。

麺尊RAGE 中野腕刀
 中野区中野5-55-4 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-22:00
 当面無休? 2022/4/11オープン

| |

より以前の記事一覧