ラーメン:14中野区

2018.06.18

本日移転「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏そば

 本日6/18(月)、元「黒庸介」の場所へ移転・営業再開した「麺匠 ようすけ」。早速寄ってみることに。

180618yousuke1

 移転リニューアルと言っても、屋号まで変えるものではなかったようだ。18時頃の店先には雨にも関わらず数人の行列ができていた。さすが名店。
 ご存じのとおり目の前には「青葉」。真っ向勝負と言ったところでしょうか。

180618yousuke2 180618yousuke3

 メニューは上記画像のとおり。濃厚鶏そばには「塩」「醤油」「味噌」の三種類。単なる「鶏そば」というのもある。ほかに「つけ麺」も塩・醤油・味噌は同じバリエーション。わずかに迷いつつも左上のボタンをボチッ。

 店先の貼り紙によると「丸鶏とモミジを10時間以上強火で炊いたコラーゲンたっぷりの濃厚鶏白湯スープです」とのこと。
 最初の告知では「新店舗では、これまでのどちら(ようすけ・黒庸介)のラーメンとも違う新しくて旨い「鶏そば」をご提供できるように」と書いてあったのだけど、この説明書きだけ見ると、あまり変わらない?

 じきに店内へ。厨房には前ようすけの店長と、補助に入っている(らしい)のは久しぶりに見るオーナーの Mr.ようすけ。
 麺の硬さを聞かれ「普通で」と答えて待つことしばし。

180618yousuke4

 「濃厚鶏そば(塩) 味玉付 880円」
 レモンを付けてもらった。パッと見では以前の「濃厚鶏白湯らーめん」と変わらない。鶏そぼろ風の鶏の挽肉が加わっている以外に見た目の変化はなさそうだ。

 スープをひと口。あれ?こちらもまたほぼ変わらない印象。しいて言えば前の鶏白湯スープに比べ「鶏感」が強くなっているような。わずかに私が苦手の鶏臭が・・・初日だけにブレ? ま、私のバカ舌ではあてにならないか。
 塩ベースだと変わらない? メインの濃厚鶏白湯は変えずにきたのかもしれない。新メニューの醤油か味噌を食べてみるべきだったか。

180618yousuke6

 普通の硬さでお願いした(たぶん)いつもの細ストレート麺がこの濃厚鶏白湯を良く持ち上げる。毎度思う、この麺も実にいいよねぇ。

 柔らか鶏チャーシューは変わらず旨い。途中でレモンを絞り、コショーと一味を足して適宜味変。

 もちろん完食の全汁。ご馳走様でしたと店を出た。

 大きく変わった印象はなかった濃厚鶏白湯の鶏そば。ただ券売機の中にあった単に「鶏そば」となっているボタン。これの説明書きには「キレとコクのあっさり清湯スープ」とあるから、醤油ベース味噌ベースだけでなく、こちらこそが「新しくて旨い"鶏そば"」なのかもしれない。

 また機会があったら、そちらを食べて見よう。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 11:30-16:00
 17:30-25:00 (金土 26:00迄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.14

「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚冷し鶏白湯

 6/18(月に黒庸介への移転統合が決まっている「麺匠 ようすけ」

180614yousuke1

 店の前を通って気がついたのは、そういえばここの「冷やし」をたべたことが無かったよねと。

180614yousuke2

 「濃厚冷し鶏白湯 800円」
 というわけで頼んでみたのがこれ。冷製スープというよりジュレ(ジェル状)に近いトロみのスープは、温かいスープに比べて思ったより濃厚ではない。そう感じるのは冷たいせいか。

180614yousuke3

 冷たく締められた細ストレート麺がジュレ状のスープを良く持ち上げる・・・のは当たり前か。
 もちろん鶏チャーシューが旨いのは、変わらない。

 途中でレモンを絞り・・・足らずにお酢を適量垂らすと私好みの味に。

 冷やしラーメンとして良く出来ているし充分旨い。でもこの店の温かい濃厚鶏白湯を知っていると、真夏でもそっちへ行くなぁ。

 黒庸介と移転統合してのリニューアル。新味だという「鶏そば」がとても楽しみです。

◆麺匠 ようすけ (新名称は?)
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 移転後の住所を書いておきます。営業時間は同じ?
 11:30-16:00? 18:00-26:30?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.04

「ようすけ@中野」黒庸介への移転統合は6/18に

 「黒庸介」の前を通りかかると「移転のお知らせ」が更新されていたので、書いておきます。

180605yosuke

 先日 6/15以降と伝えましたが「麺匠 ようすけ@中野」の黒庸介への移転統合、営業開始は 6/18(月) 11:30からと決まったとのこと。

 今の場所での「麺匠 ようすけ」としての営業は 6/17の 21時まで。
 黒庸介はすでに営業終了で、再オープンの準備中らしい。新メニュー「鶏そば」を開発中なのかな?

 先日までの貼り紙によると「新店舗では、これまでのどちらのラーメンとも違う新しくて旨い「鶏そば」を提供する予定」だそう。

 この新味にも期待大ですが、今の超濃厚鶏白湯な「ようすけ」が食べられるのは、あと2週間弱。食べておきたい人はお早目にどうぞ。

 移転統合後の店舗名称が「麺匠 ようすけ」になるのかどうかは書かれていないので不明。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 移転後の住所を書いておきます。営業時間は同じ?
 11:30-16:00? 18:00-26:30?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

水曜日の記憶・・・「GOMA@沼袋」

 「パニパニ」からのハシゴ酒。十七番地から最後に流れ着いたのは・・・

180530goma06_2

 久々の念写。

180530goma07

 もちろん「湯麺(とんみん)」。

180530goma02

 こちらは クジラのカルパッチョ? ちがうかなぁ。
 シューマイに青菜もイッている模様。

 私の補助記憶装置であるコンデジに画像が残っていなかったら、せっかくの「GOMA」、せっかくの「湯麺」だというのに、確実に行ったことすら思い出せなかったに違いない。

◆GOMA(ごま)
 中野区沼袋1-44-10 最寄り駅:沼袋
 18:00-26:00  休日: 3, 13, 23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.26

「麺匠 ようすけ@中野」黒庸介への移転統合は6/15以降へ

 今月下旬の移転と聞いていたから(もう思いっきり下旬だけど)もう一度ようすけの方も食べておこうと訪問。

180526yousuke01

 前回「もっと頻繁に食べておくべき中野のラーメン名店」の一つと書いてから間もなく移転統合の告知。やはり、もう一度と思うよね。

180526yousuke02

 「超濃厚鶏白湯らーめん 750円」
 改めて書くほどのこともないか。要するにやたらと旨いのです。

180526yousuke03

 途中で「からし」と書かれたラー油を足し、更にレモンを絞り入れ、二度三度と唸りながら完食の全汁。

 食べ終わってスタッフのお兄さんに聞くと、移転は先に伸びて 6月15日以降になるそうだ。慌てなくてよかったか(^^;

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-16:00 18:00-26:30
 水曜休 2011.11.15オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新店「メンドコロ kinari 」で Ra-men 白醤油

 新店と言っても この 5/16のオープンだから、もう10日ほども経つ。そして既に駒込では「麺処 きなり」として有名。ミシュランのビブグルマンにも掲載されたほどの店が、ここ東中野に移転してきてくれた。

180526_kinari01r

 土曜日、開店時間の10分ほど前に着いてみると、行衛列は 6人だけ。ラッキー! たぶんまだこちらでは知名度が少ないのだろう。(上の画は食べ終わってから撮ったもの)

180526_kinari02

 この程度なら無問題と最後尾へ。大して待つほどのこともなく定刻に開店。行列は20人ほどに。

180526_kinari04 180526_kinari09

 店先に置かれたメニューでも確認していたけど、券売機の一番左上にある「白醤油」をボチッ。
 待つうちにも煮干し系ダシの芳香が漂ってきて、空きっ腹にはもう堪りません状態。

180526_kinari11

 「Ra-men 白醤油 780円」
 白醤油と聞いていたから、もっと澄んだスープかと思ってたけど、なるほど清湯醤油。そうして鴨肉かと思うほどのピンク色は低温調理だと聞くチャーシューと、その下には鶏の胸肉。見るからに柔らかそうな穂先メンマもいい。

180526_kinari13r

 三河屋製麺製の細ストレート麺は硬めに茹でられて私好み。もちろんスープの持ち上げもいい。

 チャーシューもそれぞれの素材の旨みを活かした出来映え。柔らかくも実に旨い。

 全てが高いレベルで調和した美味しいラーメンなのでした。

 ご興味のある方には是非どうぞとお奨めしておきます。次回は濃い口醤油で攻めてみようかな。

◆メンドコロ kinari(きなり)
 中野区東中野1-51-4 最寄駅:東中野
 11:30-14:30 18:00-21:00
 日曜 11:30-14:30 水曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.19

統合間近「麺匠 黒庸介」で濃厚黒鶏白湯らーめん

 先日書いたように、近日中に中野駅北口ラーメンストリートの「麺匠 ようすけ」が姉妹店「黒庸介」の場所に移転し両店が統合されるそう。しかも新しいメニュー「鶏そば」でやるのだとか。

180519bkyoske01

 であれば、先日「ようすけ」は食べておいたので、今日はこちら「麺匠 黒庸介(くろようすけ)」。

180519bkyoske02 180519bkyoske03

 「ようすけ」には行列が出来ているのに「黒庸介」は空いている、みたいなことが多かったから、「青葉 本店」の真ん前のこちらで勝負ということだろうか。

 ともあれ券売機で食券を買って着席。もちろんこの店のスタンダードであるこれ。

180519bkyoske04

 「濃厚黒鶏白湯らーめん 750円」
 しばしのお待ちの後に出てきたのがこれ。その名のとおり濃厚な鶏白湯スープだ。マー油を掛けてあるからだけでなく(醤油ベース?)茶濁したスープでもあるから黒鶏白湯なのだろう。
 相変わらず旨い。「ようすけ」ばかりに行列ができるのが不思議。

180519bkyoske05

 硬めに茹で上げられた中細のストレート麺が、このトロみの強いスープによく合っている。

 きざみタマネギがスープの強さ濃さを中和してくれるのも「ようすけ流」だ。

 穂先メンマもやわらか鶏チャーシューも文句なしで、例によって完食の全汁。

 この味を食べられるのは後わずか。食べておきたいかた、または未食のかたはお早めに。

◆麺匠 黒庸介(くろようすけ)
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 11:30-25:30 金土 11:30-26:30
 2016.6.12オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.17

ようすけ@中野→黒庸介へ移転・統合

 先日「麺匠 ようすけ」の店先を通ったときに気がついて撮っておいたのだけど、すっかり忘れてた。

Yousuke_iten

 入り口の貼り紙。
 読みにくいと思われるので概要を書いておくと、今月下旬をメドに「麺匠 ようすけ」が「麺匠 黒庸介」のある場所に移転し両店を統合。

 そして新店舗では、これまでのどちらのラーメンとも違う新しい「鶏そば」を提供する予定だそう。

 楽しみなような、惜しいような。

 ちなみに本日時点でも、ちゃんとした移転日・再開日等は決まっていないのだそう。

 今の味を食べておきたいのならお早めに。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-16:00 18:00-26:30
 水曜休 2011.11.15オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.05

「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏白湯

 もっと頻繁に行っておくべき中野のラーメン名店シリーズ(^^;

 2011年11月、中野ラーメンストリートにオープンして以来、間もなく人気店となった「麺匠 ようすけ」

180505yousuke01

 その後近くに「黒ようすけ」なる姉妹店をオープンさせたりしているが、行列が出来ていることも多く、長い間ご無沙汰のままだった。

180505yousuke02 180505yousuke03

 というわけで本当に久しぶりの訪問。19時過ぎの店内は先客が一人だけ。30過ぎくらいのお兄さんが一人でのオペレーション。ご主人の姿はない。

 外の券売機で食券を買って着席。カウンターの能書きなどを読み返すうちにご提供。

180505yousuke04

 「超濃厚鶏白湯らーめん 750円」
 変わらぬ美しいルックス。"The 鶏白湯"みたいなスープに鶏の胸肉チャーシューと穂先メンマ、糸唐辛子に青ネギ、細かく刻んだ玉葱が載っている。画像右上にチラッと見えているのはレモン。

 まずはスープをひと口。相変わらず旨い。安定の味だ。かつての濃厚鶏白湯に「超」が付いている。その名のとおりトロミのあるスープは実際超濃厚。でもそれを中和させるかのように玉葱と青ネギ、糸唐辛子が存在感。
 さらにレモンを絞ってやると、スッキリ感が増す。

180505yousuke05

 そうして、これに合わせる麺は中細のやや縮れ麺。ツルツル感を保ちながら小麦粉の感触を残しているような、旨い麺だ。スープの持ち上げもいい。(スマホで撮ったものなので画像がヘロヘロなのはご容赦)

 ほどよい柔らかさの鶏チャーシューに穂先メンマの食感もいい。

 文句なしの完食。さらに全汁。

 中野で鶏白湯といえば「藤丸」か「ようすけ」。最近では「鵺」も加わるか。
 私的には、つけ麺なら「藤丸」で、ラーメンだとギリ「ようすけ」かなと。

 久しぶりの推し麺「ようすけ」。この店もまた、もっと頻繁に通っておくべき店の一つなのです。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-16:00 18:00-26:30
 水曜休 2011.11.15オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.30

「藤丸@中野」で 塩つけ麺

 もっと頻繁に行っておくべき中野のラーメン名店シリーズ(^^;

 GW前半の最終日。いつもより少し遅めの昼食にと寄ったのは、およそ3ヶ月ぶりになるここ「藤丸」

180430fujimaru01

 おさらいをしておくと、大成食品で働いていたご主人が独立して 2009年6月オープン。好立地とはとても言えない場所なのに、その確かな味で間もなく人気店に。以来もう9年になるのですね。すっかり地元に根付いた名店となっている。

 さてお昼過ぎの中途半端な時間の訪問。相変わらず繁盛している。1席だけ空いていたので食券を買って着席。

180430fujimaru02 180430fujimaru03

 安定のメニューと無くてはならぬ「えび辛」ね。湿度は低いものの今日は初夏の暑さ。というわけで、つけ麺を選択。

180430fujimaru04

 「塩つけ麺(大盛 380g)850円」
 光り輝く?大成食品謹製の極太ストレート麺が目を惹きますね。そして鶏白湯の美しいつけ汁。

 まずはそのまま食べて見る。ツルツル感とモチモチの食感は相変わらず。以前よりややヤワメ?に感じたのは、単に私の気のせいか。

180430fujimaru05

 続いてテーブル上の「えび辛」をまぶして、そのまま。辛いのが苦手な私でも、これはいける。さらにつけ汁にドップリ浸して食べてやる。

180430fujimaru06

 マイルドな鶏白湯のつけ汁をよく持ち上げて、旨いですねぇ。この鶏白湯はしっかり鶏出汁が出ているにも関わらず、トリトリしてないのが特に私好み。

 「えび辛」をまぶして浸けるを繰り返していくと、つけ汁が徐々に「えび辛」味に染まっていくのも、また良し。

 撮り忘れたけど、鶏チャーシューがまた秀逸。その柔らかくも弾力のある食感が素晴らしい。

 380gの麺を食べ終わって、天板上の割りスープをつけ汁に投入。この瞬間がまた堪らないのですね。カツオを中心とした魚介がフワリというかドンッ! 文句なしの全汁。

 まさに、もっと頻繁に通うべき名店の一つなのです。

◆藤丸(ふじまる)
 中野区中野5-42-5 最寄駅:中野駅
 11:00-15:00 17:30-21:00 売切終了
 土曜・祝日は昼の部のみ 日曜休
 2009.6.17オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧