ラーメン:14中野区

2019.07.17

再訪・二郎インスパイヤ「豚山 中野店」

 6/21のオープン翌日に行って以来の「豚山(ぶたやま)中野店」。お昼時には行列が出来ているそうだ。

Butayama01

 いかにも資本系というルックスのこの店は、家系の「町田商店」や博多豚骨系の「ばってんラーメン」等を展開する「ギフト」が新たに手掛ける二郎インスパイヤ系ブランドだ。

Butayama04 Butayama02

 例によって(酔って?)かなり呑んだ後だったので、しっかり覚えていないのだけど取り敢えず上げておきます。

Butayama05

 「小ラーメン汁なし(麺量 250g) 880円」
 この画像からすると「ヤサイ」増しはコールしていないみたいだ。「ニンニクアブラ」に「アレ(今日はカラシマヨネーズ)」ね。

Butayama07

 お味や食感の方は殆ど覚えていないので画像だけ。

Butayama08

 取り敢えず、苦しいほどお腹がいっぱいになったのは覚えている。

ラーメン 豚山(ぶたやま) 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 11:00-24:00 無休 2019.6.21オープン

|

2019.07.13

「鵺 NUE@中野」限定 特製旨塩つけそば

 先日に続いての「NOODLE DINING 鵺 NUE」。食べ損ねた夏期限定メニューがお目当てだ。

190713nue01

 チャンフェスの道じゅねーも一段落したところで行ってみると、先客二人。しばらくして後客一人。

190713nue02 190713nue03

 最初に焼酎「天草」をロックで頂いた。熟成古酒とある。絶妙な甘みがあって、これ旨い。

190713nue04

 「夏期限定 特製旨塩つけそば 980円」
 ラーメンの時と変わらず美しいルックス。つけ汁には大量のゴマが浮いている。

190713nue05

 大成食品製の細ストレート麺が、やたら旨い。つけ汁が要らないのではないかと思ってしまったほど。もちろんそんな事は続けずに、大半はつけ汁に漬け、レモンで味変も楽しんだけど、この麺の旨さは特筆ものだと思った。

 トーチで丁寧に炙られたチャーシュー相変わらず旨い。割りスープを貰って完飲。文句なしね。

NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:00(売切終了)
 月曜休 (元麺彩房の店長 2015.4.17オープン)

|

2019.07.11

「鵺 NUE@中野」で 特製鶏白湯そば

 およそ5ヶ月ぶりの「NOODLE DINING 鵺 NUE」。4年前に元「麺彩房」の店長を務めた人物が始めたこの店は、中野ラーメンストリートを「青葉」のある辻で東へと折れ 50mほどの右側。ちょっと判りにくい場所にあるのだけど、すっかりこの地に定着した感がある。

190711nue01

 店先の看板に「夏期限定 特製旨塩つけそば」とある。そう最初はこれがお目当てだったのですね。

190711nue02

 でも着席して目の前のメニューを見てふと気が変わった。そう言えば、ここのところこの店のスタンダードを食べていないなと。というわけで看板メニューのこちらを注文。

190711nue03

 「特製 鶏白湯そば 830円」
 相変わらずルックスが美しい。ひと口スープをすすってみて、あれ?こんなに旨かったっけ? 元々美味しい店として認知してはいたのだけど、かつてよりずっと進化している印象。鶏の旨味が嫌みなくスッと入って来る。当初わずかに感じた鶏々した感じがなくなっていて、これは旨いわぁと。

190711nue04

 大成食品製の細ストレート麺はやや硬めに茹で上げられていて、好感触。スープの持ち上げもいい。

 トーチで丁寧に炙られた鶏ではなく豚のチャーシューも実に旨い。特製にして正解。文句なしの特製鶏白湯なのでした。

 中野駅北口地区で鶏白湯と言ったら「ようすけ」、そして同じく大成食品(麺彩房)出身の「藤丸」とこの店。この地のラーメン好きは恵まれてるよね。

 機会を見つけて夏期限定も食べてみなくては。

NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:00(売切終了)
 月曜休 (元麺彩房の店長 2015.4.17オープン)

|

2019.07.08

「拉麺酒場 六や@新井薬師前」煮干し出汁のアサリらーめん

 昨年 9/19、新井薬師への表参道である薬師柳通りにオープンした「拉麺酒場 六や」。 

190708_6ya_01

 夜は拉麺居酒屋、昼間は「煮干しらーめん専門店 ニボロク」としての二毛作営業みたいだ。
 これまで夜の部に2度ほど寄って(酔って)いて、はしご酒の締めにと軽く吞みがてら最初はラーメン、二度目はつけ麺を頂いた。

190708_6ya_11190708_6ya_12_20190709061601

 小ぢんまりした居酒屋としてのメニューや雰囲気はいいのだけど、ラーメン・つけ麺としては、私的にはピンと来なかった。まぁ毎度酔ってから食べているのでアテにはならない。

190708_6ya_13

 でも今回、三度目の正直?とばかり一杯やりつつ食べた締めのラーメンは、エッ!?と思うほど旨かった。

190708_6ya_14


 「アサリらーめん(煮干し出汁) 880円」
 アサリの旨みと煮干しの芳香。これ素晴らしい。思わず唸ってしまった。

190708_6ya_15

 やや硬めに茹でられた細ストレート麺もいい。いつも呑んだ後なので、酔ったなりの感覚でしかないが、これなら帰り道の途中にある店でもあり、ちょっと失礼かもしれないが「長浜食堂」の代替にも充分なるような・・・。

 近いうちに今回の好印象を確認するために寄ってみなくてはなるまい(^^ゞ

190708_6ya_03 190708_6ya_17

 以前食べた「らーめん(煮干し100%)」「つけ麺(煮干し100%) 」も載せておきますね。

 余計なお世話だけど、寸胴が小さい。ご主人が熱心にかき混ぜていたけれど、お客さんが押し寄せたらすぐにスープ切れになってしまいそうだ。

拉麺酒場 六や (煮干しらーめん専門店 ニボロク)
 https://yakitori-rokuya-nakano.owst.jp/
 中野区新井1-18-4 最寄駅:新井薬師前
 月・木金土 11:30-14:30 17:30-00:00 (LO 23:00)
 水 17:30-00:00 (料理L.O. 23:00)
 日祝 11:30-14:30 17:30-23:00(LO 22:00)
 火曜休・水はランチ無し・祝日の月曜は夜の部無し

|

2019.07.02

「GOMA@沼袋」で 湯麺(とんみん)

 いつもの「パニパニ」で吞んだ後、新婚の友人S夫妻と1年ぶりの「GOMA(ごま)@沼袋」

190702goma11

 開店間もなくの18時過ぎという(たぶん初めての早い)時間帯は家族連れが何組もいてびっくり。(上の画像は帰り際に撮ったもの)

190702goma12

 こちらが最近のメニュー。チャーハンがレギュラーになっているのが新しい?

190702goma14 190702goma13

 「青菜炒め」「チャーシュー」ね。
 どちらも相変わらず旨い。私はいつもの紹興酒で。この前に「9番(日替わりの裏?メニュー)」を二品ほど頼んでいたはずなのだけど、撮り忘れた。そう言えばチャーハンも頼んでいたんだ。これも画像がない。

190702goma15

 「キングオブ呑んだ後ラーメン・湯麺(とんみん)」
 さんざん飲み食いした後だけど、この店に来てこれを食べないなんてことはありえませんね。
 まるでコンソメスープのような優しい清湯のスープがアルコール漬けになった身体に染み渡ります。ああ、しみじみ旨いっ!

190702goma16

 毎日マスター自ら手打ちしている細麺は絶妙な茹で加減。そう、この食感が大事なのですよ。

 まさに「キングオブ吞んだ後ラーメン」。あ、もちろん吞んだ後でなくても旨いんですよ。
 そしてこの店こそ「もっと頻繁に行くべき中野のラーメン店」の筆頭なのです。

GOMA (ごま)
 中野区沼袋1-44-10 最寄り駅:沼袋
 18:00-2:00
 休日: 3, 13, 23日(最近は日曜も休みかも)

|

2019.06.22

新店・二郎インスパイヤ「豚山 中野店」

 二郎インスパイヤの「豚山(ぶたやま)中野店」が昨日金曜日にオープンした。先日伝えたように家系の「町田商店」や博多豚骨系の「ばってんラーメン」等を展開する「ギフト」が新たに手掛ける二郎インスパイヤ系ブランドの中野出店(6店舗目)というわけ。

190622butayama01

 ともかく中野に二郎インスパイヤの新店となれば行かないわけにはいかないよねと、上州遠征から帰ったその日に訪問。

190622butayama02 190622butayama03

 店内は先日閉店した「海神(かいじん)」をほぼそのまま居抜きでという状態。上は券売機とコールの注意書き。クリックまたはタップすると拡大されます。
 18時少し前という時間で、店内は4割ほどの入り。客席数は多いから、昼時以外は余裕がありそうだ。

190622butayama04 190622butayama05

 こちらは「アレ」という Twitterを見ている人用の呪文。右はテーブル上の調味料。左から白胡椒、黒胡椒、タレ(醤油)、一味唐辛子、お酢。

 マシは提供直前に聞くという直系二郎風。ニンニク入れますか?と聞かれたかどうかは忘れてしまったけど、ニンニクアブラとアレをコール。

190622butayama06

 「小ラーメン(麺量 250g) 780円」
 警戒してヤサイを増さなかったのだけど失敗だったか。なんだかずいぶん迫力に欠けるような。右上に見えているのが「アレ」ね。今日はカラシマヨネーズ。

190622butayama07

 ブラックペッパーと一味唐辛子をかけてやると、なんとなくそれっぽくなった。取り敢えず天地返しをして食べ始めましょう。
 レンゲでスープを ひとすすりしてみると、確かに二郎風ではあるけれど、私的にはかなりマイルド。すぐさま卓上のタレを ひと回ししてやると私好みに近づいた。もうひと回し。うん、これでよし。

190622butayama08

 麺は太麺というより茹で時間を意識してだろうか、平打ちに近い感じ。もう少し食感が欲しい。次回は直系二郎では決してやらないカタメコールかな。

190622butayama09

 ブタはこんなヤツが2枚。柔らかく美味しかった。このブタはいい。アレをブタに浸けてみたのだけど、ちっとも辛くなかったのでただのマヨネーズ?

 完食の七割汁でご馳走様。ちゃんと二郎系しています。

 でもね、今のところ近所で二郎系が食べたくなったら私の場合、Kaeruかなと。あと前日に閉店してしまった長浜食堂の代わりになる店が欲しいなぁ。ともあれ、もう一度や二度は食べてみることにいたしましょう。

ラーメン 豚山(ぶたやま) 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 11:00-24:00 無休 2019.6.21オープン

|

2019.06.20

「博多餃子房 長浜食堂@中野」最終日

 6/20金曜日。今日が最後の営業。そのことはしっかり覚えていた。

190620nagahm01

 「博多餃子房 長浜食堂」
 最終日だからと言って特別なことは何もなく、ご主人もスタッフも普通に営業していた。と思う(^^;

 「ジョージ」「パニパニ」「よってく」と昭和新道ハシゴをした後だったので、かなり記憶は曖昧。

190620nagahm02

 「長浜とんこつラーメン 753円」
 ちゃんと食べているではありませんか。きっと「カタ」で頼んでいることでしょう。

190620nagahm03

 酔っ払っていてもラヲタ撮りは忘れない(^^;

190620nagahm04

 例によって替え玉もしちゃってるし(^^ゞ 今朝起床時の膨満感の原因はこれか?!と。念写画像が残っていなければ、替え玉したことも思い出せなかったかもしれない。

 酔っ払って満腹中枢が破壊されると何故か寄ってしまうのが、この店。中野区内の店の中では、最も多く通っている店だと思う。

 だからこの店のラーメンの味は私の中に染みついている。またいつかこの味に出会えたら嬉しい。

 いつもどおり、ご馳走様でしたと言って店を出た、のだと思う。

博多餃子房 長浜食堂 2019/6/20閉店
 中野区新井1-2-10 最寄駅:中野・新井薬師前
 11:30-15:00(土日祝 -16:00) 17:00-02:00

|

2019.06.14

近日オープン「豚山 中野店」二郎インスパイア

 先日閉店した「海神(かいじん)」の場所に二郎インスパイア系の「豚山(ぶたやま)中野店」が 6/21オープン予定だそう。

190614butayama

 すでに看板とメニューは立派にできているので、後は内装工事だけなのかな。

 そして見るからに資本系というメニューの幟だなぁと思ってたら、やっぱりそうだった。
 家系の「町田商店」や博多豚骨系の「ばってんラーメン」等を展開する「ギフト」が新たに手掛ける二郎インスパイヤ系の名前が「豚山」だそうだ。すでに5店舗ほども出しているというから6店舗目かな。

 中野駅北口には既に「Kaeru」という旨い二郎インスパイヤ(ぽっぽっ屋系)があるのだけど、増えるのは大歓迎。オープンしたら、取り敢えず食べに行ってみよう。

ラーメン 豚山(ぶたやま) 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 営業日・時間不明 2019.6.21オープン予定

|

2019.06.12

もうじき閉店「長浜食堂@中野」で とんこつラーメン

 呑んだ後、時々無性に食べたくなるのが、この店の博多系豚骨白湯ラーメン。深夜までやってくれていることもあって、大変重宝?していた。

190613nghmskd01

 「博多餃子房 長浜食堂@中野」

 下井草の「御天」出身のご主人が、松が丘でこの店を立ち上げた頃からのお気に入りだったのだけど、来週の木曜日(6/20)をもって閉店してしまうという。

190613nghmskd02
 とても残念だけど、それも仕方がないことだろう。というわけでの訪問。
190613nghmskd03

 「長浜とんこつラーメン 753円」
  もちろん頼んだのはこちら。博多系ラーメンにしては高いよなと思いながらも毎度この店でこのラーメン。今日は替え玉をしないつもりなので、最初から紅ショウガにゴマ、おろしニンニクをトッピング。

190613nghmskd04

 博多系らしく低加水の極細麺。カタで頼んだもの。途中で辛し高菜を加えて味に変化を。

 旨いウマイと完食の・・・やってはいけない?全汁(^^ゞ さて、あと一週間。もう一度や二度は寄ってみようと思っている。

博多餃子房 長浜食堂 2019/6/20閉店
  中野区新井1-2-10 最寄駅:中野・新井薬師前
  11:30-15:00(土日祝 -16:00) 17:00-02:00

|

2019.05.14

「麺や 神笑@中野」で 味噌ラーメン

 中野で二軒はしご酒。そうジョージとパニパニね(^^ゞ で今日は家に夕食の準備がない日。

190514kagura

 それではと寄ったのは「麺や 神笑(かぐら)」

190514kagura04

 「味噌らーめん 780円」
 相変わらず若きご主人が鍋を振ったときのラーメンは旨い。野菜の旨み甘みがタップリ溶け込んでいるのですね。

190514kagura06

 これに合わせる麺は、えっ?と思ったのだけど「小林製麺」の極太やや縮れ麺。これがまた良く合っていて旨い。さすが小林製麺、熱々のスープの中でダレもせず、食感を保っている

 例によって野菜と一緒に麺を頬張りつつウマイ旨いと完食の全汁。ご馳走様でしたと店を出た。

麺や 神笑(かぐら)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-15:00 18:00-23:00
 土祝 11:00-21:00 日曜休
 旧 麺屋 星雲 2017.5.9 移転オープン

|

より以前の記事一覧