ラーメン:14中野区

2017.01.28

「藤丸@中野」で 塩つけ麺

 私的中野の推し麺と言いながら、あまりにも久しぶりの「藤丸」

170128fjio1

 良かった、若き?ご主人、私の顔を覚えてくれていた(^^ゞ

170128fjio2 170128fjio3

 変わらぬメニューと「えび辛」ね。

170128fjio4

 「塩つけ麺(大盛)800円」
 大成食品謹製の極太ストレート麺。まずはそのまま食べて見る。これも変わらずツルツルのシコシコ・・・でも、ちょっとだけ細くなった? 食感も麺自体の旨さも変わらないから文句はがあるわけではありません(^^ゞ

 つけ汁にドップリと浸けてズルズル。旨ーい。更に名物「えび辛」を麺とスープに足してズルズル。いやはや文句なし。
 これを繰り返しているといつのまにか辛つけ麺?(^^;

170128fjio7

 麺を食べ終わってスープ割りをすると、再びカツオを中心とした魚介がフワリ。もう文句ない文句ない。

 もの凄く久しぶりだったけど、相変わらずの旨さの藤丸なのでした。

◆藤丸(ふじまる)
 中野区中野5-42-5 最寄駅:中野駅
 11:00-15;00 17:30-21:00 但し売切終了
 土曜・祝日は昼の部のみ 日曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.04

新年早々の念写「野方ホープ 中野店」

 新年会の帰り道だった。かなり呑んだにもかかわらず、更にパニパニに寄ったとこまでは覚えている。
 そこから後の記憶は例によって私の補助記憶装置であるコンデジに残っていた。

170104nhopen01

 「野方ホープラーメン(値段忘れた)」
 店の写真を撮っていなかったので、ラーメンから推察するに、こりゃどう見ても「野方ホープ 中野店」だよなと(^^;

170104nhopen02

 たぶんニンニクをトッピングしてもいるし・・・

170104nhopen03

 ラヲタ撮りも残っている。でも、味の記憶等はない。

 もったいないことをしたなぁ・・・という、東京でのラーメン初めなのでした。悲しひ(;_;)

◆野方ホープ 中野店
 http://soryu1988.jp/nogata-hope/stores/nogata/
 中野区新井2-2-1 最寄駅:中野
 11:00-28:00 無休(年末年始は休み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.16

新店「新宿麺屋 海神 中野店」

 新店と言っても、この記事のアップまでにかなり日数が経ってしまっているので、鮮度は低いけど(^^;

 石神秀幸氏プロデュースの店として、最初は池袋、その後新宿で本格的に立ち上げた「新宿麺屋 海神」。現在では新宿の本店?の他に都内に5店舗ほども展開しているようだ。

161216kaijin01

 ともあれ、その店がいつもの帰り道、中野ラーメンストリートに出来ていたので、呑み仲間SP氏とともに行ってみることにした。12/11オープンね。

161216kaijin02 161216kaijin03
 かなりお金がかかっていそうな外観と店内。こんなんでやっていけるのだろうかと余計な心配をしてしまう。パッと見、資本系ね。
161216kaijin06 161216kaijin07

 一応メニューを見たりして、定番のメニューを選択。 今日のアラは「穴子・鯛・鰤・鮭・平目」と壁に貼ってある。

161216kaijin11

 「あら炊き塩らーめん 830円」
 ご覧のとおりのきれいに澄んだ・・・あれ?新宿での印象よりもわずかに白濁してるかな? お味の方はきっちりとアラの効いた魚介味。動物系の具材をしっさい使わないダシは、それはそれで潔くて旨い。

161216kaijin12

 麺はかなりユルめ。極細ストレートだけに、スープの中でダレていってしまう。次回以降はカタメ、それも。この店で使っていいのかどうか、バリカタかハリガネをコールしたいくらい(^^;

161216kaijin13 161216kaijin14

 海神名物の「しんじょう」2種。鶏と海老ね。このツルンとした食感もまた楽し。

 記憶の中にある新宿のものよりも、全体的に弱く感じてしまうのは主にかなりユルめの麺のせいだろうか。

161216kaijin15

 「あら炊き辛塩らーめん 880円」
 辛いものが大好きなSP氏が頼んだもの。彼の口には合わなかったようだ。

 激戦地中野北口地区への出店。店の造りなどからして自身満々のオープンのように思えるが、果たして。その後も夜の部には何度も店の前を通っているけれど、今のところいつもスカスカなのが気にかかる。

 ともあれ、ここ中野ラーメンストリートに珍しいアッサリ系塩清湯の店。健闘を祈りたい。

◆新宿麺屋 海神 中野店
 中野区中野5-54-4 最寄駅:中野
 11:00-15:00 16:30-24:00 (LO.23:45)
 土日祝 11:00-24:00 (LO.23:45)
 無休 2016.12.11オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.07

新店「一蘭 中野店」で ラーメン

 新店というには いささか旧聞に属するが、中野に「一蘭」の支店ができたという。最後に一蘭を食べたのは、たぶん10年近く前の黒崎?あるいは小倉だったかだろう。

161205_1ran01

 さて 11/17オープンの 「一蘭 中野店」 すでに60数店舗あるという。いつの間にか香港やNYにも店があったりして、もう大変なものだ。

161205_1ran02 161205_1ran03


 中野駅北口から徒歩2分。中野通り沿いの地下にある店に入るとドンと券売機とメニュー。どうせ替え玉をするのだからと、高いなぁと思いつつも酔いも手伝って「ま、いっかぁ」と左上の替え玉がセットになっているボタンをボチッ。

161205_1ran04 161205_1ran05

 店内は有名な「味集中カウンター」方式。ズラリと並んだ隣席と仕切りのあるカウンターが特徴だ。
 奥の方の席に座ると、間もなく目の前のすだれが上がりお姉さんが・・・こう書くとなんとなく隠微な感じがするけど、とにかくお姉さんに食券を渡してお待ち。

161205_1ran06

 「ラーメン 790円」
 中央の赤いタレは一蘭で「秘伝のたれ」と呼ばれるもので、これを溶かしてやると全体がピリ辛に変化する。

 まず最初は混ぜずにスープから。ああ、そういえばこんな味だったっけ? 特別ではないが普通に旨い。「秘伝のたれ」を混ぜてやると、私的に納得の味になってくれた。

161205_1ran07

 博多系らしい低加水の極細ストレート麺。「カタ」めで頼んだのだけど、これも正解。

161205_1ran08

 「替え玉 190円」
 例によって麺が残り 1/3程度になったところで「カタ」めでオーダー。あれ?今度のはかなりカタい。ブレかな。

 もちろん替え玉も完食。でも幸い全汁は思いとどまることができた。

 替え玉を入れて 980円はやっぱ高いよなと。今どき、このレベルの博多系豚骨白湯を出す店は珍しくない。しかもラーメン激戦地の中野。
 そんな中でこの値段でやっていけるのだろうかと余計な心配をしてしまうけど、たぶん無用の心配なのだろう。だってまだ店は増え続けているのだから。

 場所的、お値段的に中野通りの西側、つまりセントラルパークにできた新しいオフィスビルに務める人々を主なターゲットにした店なのかもしれない。

 全国どこでも同じ味が食べられるというのが魅力の一つですね。

◆一蘭(いちらん)中野店
 中野区中野5-65-5 地下一階
 味集中カウンター 25席
 10:00-23:00 年中無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.18

「代一元@中野」で 中華そば

 久しぶりも久しぶり、おおよそ10年ぶりの「代一元」である。毎日店の前を通っているにも関わらず、なかなか入る機会がない。

16100901

 昭和24年 3月の創業だという。私が物心付いた頃には既にあった店。子供の頃はよく父親に連れてきて貰ったものだ。
 店に入るとその頃の記憶と変わらない特大のお釜がまず迎えてくれる。遅い時間、先客は一人。

16100904

 「中華そば 500円」
 わずかに茶濁したスープに中細ストレート麺。チャーシュー、メンマにキザミねぎ、海苔。

16100906

 特別なことは何もない、でも懐かしい味のラーメン。かなりヤワめな麺も昔のまま。

 かつてはいつもお客さんでいっぱいだったような記憶があるけれど、それも今は昔。

 ランニングシャツに半ズボン、そしてジャイアンツの野球帽という当時の正しい姿(^^;の少年が父親と並んでラーメンを食べた懐かしい店。
 あまり空いていると心配になってしまう。大して行きもしないのに末永く続いて欲しいと思うのは、身勝手というものか。

◆中華そば 代一元 中野店
 中野区新井4-14-15 最寄駅:中野
 11:30-21:00 金曜休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.27

「横浜家系ラーメン 中野家」でカタめ濃いめ多め

 軽く一杯やったあと、帰るコールならぬ帰るメールを入れると、今日は夕飯がないという。あれまとは思ったものの、小さくガッツポーズをしたのはナイショ(^^;。

Nakanoya01

 というわけで、久しぶりの「横浜家系ラーメン 中野家」」である。

Nakanoya05

 「ラーメン 650円」
 いつもどおり「硬め濃いめ多め」ね。資本系だろうとそうでなかろうと、旨いのだから文句はない。

 ご飯も付けて、久しぶりに家系を食べられて大満足なオヤヂなのでした。

◆横浜家系ラーメン 中野家
 中野区中野5-51-1 最寄駅:中野
 11:00-25:30 無休らしい 2015.1.31オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.27

「麺や つとむ@中野」で夏季限定 冷やし担々麺

 久しぶりりの「麺や つとむ」。およそ1年半ぶりの訪問になる。

160827tsutomu01

 変わらぬ店構え、変わらぬ店内。そうして変わらぬ、ちょっと照れ臭そうな笑顔で若きご主人が迎えてくれた。

160827tsutomu02 160827tsutomu03

 カウンターに座るとメニューの他に、天板に貼られた夏季限定の表示が目に飛び込んで来た。であれば「夏は冷やしだぜシリーズ」でいきましょう(^^;

160827tsutomu07

 「夏季限定 冷やし担々麺(大盛) 930円」
 辛い(辛すぎる)のが苦手な私は、ちょっと警戒しつつひとくち。無問題。適度な辛さというかマイルドな辛さで、もう少し辛くてもいいというくらい。

160827tsutomu08

 丁寧に揃えられた三河屋製麺製の太麺がツルツルでウ旨い。よく締められているので、頬張るとギュッという食感が跳ね返ってくる。

 トッピングの辛味肉や水菜などの夏野菜をざっと和えると、ちょっとだけ台湾まぜそば風でもある。

 ウマイ旨いと完食の・・・スープ割りもしてもらって全汁(^^ゞ

 帰り道から外れているせいもあって、充分な実力店なのに、どうも間が空いてしまう。もっと頻繁に食べに来なくてはと思わせられる「つとむ」なのでした。

 2017.2.23追記:2016年12月 閉店・・・残念!

◆麺や つとむ (勉)
 中野区新井1-25-4 最寄駅:中野駅・新井薬師前
 11:30-15:00 17:00-24:00 (売り切れまで)
 2011.4.15開店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.20

「麺彩房@中野」で 鶏トローレ冷塩

 夏は冷やしだぜシリーズ?(^^; お隣のライフに買い物がてらで「麺彩房@沼袋」

160820mensaibo01

 13時半過ぎという時間、店内は先客3人と空いている。

160820mensaibo02 160820mensaibo03

 券売機に目論見通り「冷やし系メニュー」を発見して、すぐさまボチッ。ここは大盛が無料なのがいいところ。そりゃ大成食品のお店ですもの。

160820mensaibo04

 小さな冷やご飯もついて、最後はお茶漬け風にFinishするものらしい。「鶏トローレの美味しい食べ方」なんてのに、そんなことが書いてある。ふーんと眺めているうちにご提供。

160820mensaibo05

 「鶏トローレ冷塩つけめん(大盛) 800円」
 こちらがその1セットね。冷たく絞められた中太平打ち麺に冷製の鶏スープ。盛り付け、色使いといい涼感が煽られるルックスに仕上がってますな。

160820mensaibo07 160820mensaibo08

 鶏トローレの名のごとく鶏の旨味が口の無からトロリと広がる。塩加減も強すぎず文句なし。

160820mensaibo09

 そして大成食品謹製の麺は不味かろうはずもなく、ツルツルシコシコの食感でさすがですな。途中でレモンを絞って味変。もう少しレモンを厚く切ってほしいぞ(^^;

160820mensaibo11

 麺をひと通り食べ終わったところで、お茶漬け?に挑戦。先ほどのセットを残った冷製つけ汁に入れてやる。

160820mensaibo12

 上に置いた鶏チャーシューと味玉の半身は、このためにとっておいたものね(^^;

 テーブル上に用意されている割りスープを足して食べてやると、お茶漬けというには低い温度だけど、冷蔵庫でギリギリまで冷やされたご飯とヌルメの出汁がよく合って、これはこれで充分旨い。

 ご飯の量は少ないけれど、大盛りの麺との合わせ技でボリューム的にも1本!

 夏の間にまた来なくては。未食の方には是非どうぞとお奨めしておきます。

◆中華そば専門店 麺彩房(めんさいぼう)
 中野区新井3-6-7 最寄駅: 沼袋<新井薬師<中野
 11:00-15:00 17:30-21:00 スープ切れ終了
 月曜休(うどん店を営業してるらしい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.16

「さいころ@中野」で 夏季限定 冷やニボ

 早朝、安曇野を発ったおかげで中央高速はスイスイ。およそ2時間半ほどのドライブで猛暑の下界へとたどり着き、田舎で大量に貰った野菜やらスイカやらを運び込んで一休み。

 朝食をとっていないせいもあって、お腹が空いている。早めの昼飯はどこにしようと言うと家内は珍しくラーメンがいいという。

160816saikoro1

 というわけで向かったのは「冷やし」狙いで「肉煮干し中華そば さいころ(元 地雷源)」

160816saikoro2

 店の前にはその「冷やにぼ」の看板が出ている。やっぱり夏は冷やしでしょうと、思わずニッコリ。

160816saikoro4

 「夏季限定 冷やにぼ 850円」
 すでに味玉が入っているのを知らず、サービスで追加してもらってしまった。
 至ってシンプルなルックス。味玉以外は中央にキザミねぎ、奥からかなり太めのメンマ、ナルトの細切り、チューシュー短冊切り。

 スープを一口すすると「さいころ」らしくガツンと煮干しが効いて、これ旨いわぁ。さすが「さいころ」というか「地雷源」。

160816saikoro5 160816saikoro6

 冷水できっちり締められた麺の食感が素晴らしい。短冊に切られたチャーシューと一緒に頬張るのも吉かと。
 旨いウマいと完食の8割汁。大盛がないのが珠にきずか。

160816saikoro3

 「肉煮干し中華そば+味玉 880円」
 こちらは家内が頼んだもの。美味しかったそうだ。

 中野の煮干し系ラーメンの雄、未食の方には是非どうぞとお奨めしておきます。

◆肉煮干し中華そば さいころ 中野本店
 (旧 我流旨味ソバ地雷源)http://www.jiraigen.com/
 中野区中野2-28-8 最寄駅:中野
 11:00-26:00(L.O.翌25:30)日祝 11:00-23:00
 無休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.25

半年ぶりの「Kaeru(カエル)@中野」で 味噌ラーメン

 最初はついさきほど再放送で見たTV「孤独のグルメ」の影響で沖縄料理、ラフテー丼かソーキそばを食べたくて中野へ向かったのだけど、どこも昼の部はやっていない。

160625_kaeru01

 さてどうしようと考える間もなく、この店に吸い込まれてしまった。言わずと知れた中野における二郎インスパイヤーの雄、正月以来の「Kaeru(カエル)」である。

 12時少し過ぎという時間。着いて見ると先客は5人。食券を買って席に着くとトッピングを申告するまでもなく若いご主人から「生玉子以外、全部で」と。お願いしますと私。 「生玉子以外 全部」はヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラにキザミタマネギね。

160625_kaeru02

 「味噌らーめん 850円」
 ブラックペッパーと一味唐辛子は自分でかけたもの。黒く見えているのはマー油ね。この黒が更に凶悪なルックスにしてますな(^^;

160625_kaeru03

 ぽっぽっ屋系らしい甘辛いスープに味噌とマー油。バラ肉ロールのチャーシュー。どれも旨いよね。

160625_kaeru04

 そうして浅草開化楼製のゴワゴワ感さえある極太麺。大汗をかきながら文句ない文句ないと完食の8割汁。

 昨日、札幌で二郎をイッたばかりだというのに、またもや・・・(^^ゞ

◆らーめん Kaeru (カエル)
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-23:00 無休らしい 2009.9.27オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧