パチリ:30風景

2019.11.04

2019秋の上州路「吹割の滝」

 文化の日振替休日の月曜日。6月に続いて再びの上州遠征。

191104fukiware04

 早朝家を発って最初の目的地は「吹割の滝」

191104fukiware05

 現地着は8時半過ぎ。例年だと紅葉の見頃であるはず。そう思っていたのだけど、まだまだ。


191104fukiware03

 わずかに赤や黄色が見られたところをパチリ。

191104fukiware06

 今年はどうやら遅いらしい。でもまぁ、早い時間だったせいで観光客もまばら。ゆっくりはできたかな。
 お土産屋さんでも覗いてから次の目的地へと向うことにいたしましょう。

◇CANON EOS 5D Mk3 + EF 24-105mm F4L USM
吹割の滝
 http://www.numata-kankou.jp/sight/fukiwarenotaki/

|

2019.05.11

2019GW明けの「富士ヶ嶺おいしいキャンプ場」

 10年ぶり!に張った「DUNLOP Multi Motion Tent(右)」

190511_oicc01

 ソロ用(正確には二人用)のテントだ。遠近法で大きく見えるが、奥のF夫妻のテントの方がずっと大きい。
 このテント、幕体にもポールにも前後があるのを忘れていて、ずいぶん時間がかかってしまった。さらにペグを忘れ夫妻からピンペグを借りるという失態(^^; 完全に鈍ってますな。 

190511_oicc02

 ついでにキャンプ場からの富士山。手前に忠犬ももたろう。奥に可愛いY嬢。

190511shiraito02

 せっかくだから立ち寄った「白糸の滝」も載せておきましょう。

◆富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場
 http://oic-camp.com/

|

本栖湖からの富士山

 続いてお隣の「本栖湖」。いわゆる千円札の富士山ね。

190511_2motosuko01

 ちょうど湖面が鏡状になっていてくれたので、まさに千円札の状態に近く・・・。今まで何度かこの場所から撮っているけれど、この状態はたぶん初めて。

190511_2motosuko02

 良かったらお手元の千円札と比べてみてください。こちらも雲が多いのがちょっと難点ですが。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

|

精進湖からの富士山

 GW明け直後の土日だというのに中央高速には渋滞予測が出ている。渋滞が大嫌いな私はF夫妻とパニパニガールのY嬢を道連れに目指すは富士ヶ嶺。

190511_1syoujiko01

 でも時間はあまりにもタップリあるので。何カ所か立ち寄りましょうと最初は「精進湖」。富士五湖の中で最も小さい湖だそうだ。

 この位置からだと富士山の側火山の一つである「大室山」が正面に来る。標高が 1468mもあるというのに、なんと小さく見えることか。

190511_1syoujiko02

 ちょっと雲が多いのが難点だけど、富士山が見事です。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

|

2019.05.02

2019GWの安曇野「ようやく常念」

 ようやくすっきりと晴れた北アルプス。

190502jyonen01

 蕎麦を食べた後、同じ堀金地区で安曇野のシンボル「常念岳」。そして「横通岳」をパチリ。菜の花畑と常念。右端には鯉のぼりがチラリ。

190502jyonen02

 田んぼ越しの常念。どうやら水を入れたばかりのようで、土色に濁っているだけでなく、風でさざ波が立ってしまっているので、鏡のようにはなってくれない。
 田植えの時期に安曇野にいること。山の上まで快晴、さらに無風。条件が揃わないと撮れない。これまで何度かトライしているのだけど、全て揃ったためしがない。アマでも写真家なら、待つんだろうなぁ。

190502jyonen03

 最後に常念と横通にもっと寄ってパチリ。

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-105mm F2.8L USM
 CANON EOS 1DX + EF 70-200mm F2.8L IS USM

|

2019.04.13

2019春「アクアラインを越えて」

 今日は一日晴天だという。富士山が見られればと近場へのドライブは「海ほたる」

190413bousou01

 狙いどおりというか期待通りに富士山が見えている。ここからだと、ほぼ真西。横浜の臨海地帯越しの富士山になる。晴れていても靄がかかっていて見えない事も多いので、ちょっと嬉しい。

190413bousou03

 ここまで来たのだからと私が好きなスポット。南房富浦の「原岡海岸」まで足を伸ばすことにした。

190413bousou05

 突堤の先、わずかに左。相模湾越しの富士山。

190413bousou06

 かつて毎年のようにキャンプに行った場所からもパチリ。

190413bousou09

 久しぶりの潮風に吹かれていい気持ちだ。

◇CANON EOS 5D Mk3 + EF 24-105mm F2.8L USM

| | コメント (0)

2018.12.31

2018-19冬の安曇野「常念岳(2)」

 数日間居座った年末大寒波が抜け、ようやく山々の上から雪雲が消えてくれた。

181231mt_jyonen01

 堀金の里からの「常念岳」

181231mt_jyonen04

 場所を変えてパチリ。常念の右にチラリと見えている雪を被った山は「横通岳」

181231mt_jyonen06

 そうして安曇野のシンボル「常念岳と道祖神」

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-105mm F2.8L USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.12.30

2018-19冬の安曇野「常念岳(1)」

 年末寒波の影響を受けて、こちらに来てから ずっと雪雲の中だった安曇野のシンボル「常念岳」

181230mt_jyonen

 今日も朝からずっと雲の中だったのが、鹿島槍から帰ってくるころには晴れ始めていた。

 まだ恥ずかしいのか薄くベールをまとっているようだけど、嬉しくなって車を降りてパチリ。

◇CANON PowerShot G9X Mk2 28-84mm/F2.0-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.23

晩秋の富士山(うっすらと赤富士)

 晩秋のと書いたが、既に立冬を過ぎているので初冬という言い方が正しいのかもしれない。実際この日、山中湖の手前でクルマが示した外気温はマイナス2度だった。

181123fuji3_1dx_01

 てなことは置いといて富士山。ようやく明るくなり始めた山中湖から。
 前日までの雨が嘘みたいに晴れて我々日本人の心富士山が見事な姿を見せてくれた。

181123fuji3_1dx_02

 夜明けとともに徐々に富士山が赤く染まっていく様子をご覧下さいませ。

181123fuji3_1dx_03

 時刻は 6時21分から23分頃。お日様があたる山頂から始まり・・・

181123fuji3_1dx_04

 6時26分頃、この日最高潮の「赤富士」はここまで。うっすらと赤富士ね(^^;

181123fuji3_5d3_01

 別のカメラで少し引いて撮ったのがこちら。もっと赤い富士山の写真はよく見るのだけど、そうそう上手くはいかない。
 風景の場合はレタッチはもちろんトリミングさえもしたくないので・・・なんて ドしろーとのくせに(^^ゞ

181123fuji3_5d3_02

 完全に陽が昇りきった状態も載せておきましょう。やっぱり富士は日本一の山ね。

181123fuji3_1dx_11

 クリックまたはタップして拡大すると、頂上へと続く吉田ルート、須走ルートがハッキリと見えます。

181123fuji3_g9x2_1

 本日の目的地までの時間がもの凄く余っていたので、別の場所に移動してパチリ。
 快晴の富士山。南側(富士宮)方向に気になる雲があるけれど。今のところ上がって来そうにない。

181123fuji3_g9x2_2

 東海道からの富士山もいいけれど、宝永山などの出っ張りがなく、見事なまでに裾野を引く富士山を見られるのは山梨県側(静岡の人ゴメンナサイ)。それも富士吉田や富士ヶ嶺からだと思ふ(^^ゞ

181123fuji3_g9x2_9

 おまけ。富士宮側から見ると、剣が峰(3776m)が一番手前に来るので富士山はこんな形になる。初めての人は大概「あれっ?」と思うそうだ。

◇CANON PowerShot G9X MarkⅡ 28-84mm F2.0-4.9 ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.11.10

2018晩秋の朝霧高原・まっすぐな道

 田貫湖からおいしいキャンプ場へ向かう途中の朝霧高原。

181110asagiri03

 まっすぐな道を見つけたのでパチリ。

 雲が無ければ真正面に富士山がどんと見えるはずなのだけどね。

◇CANON PowerShot G9X MarkⅡ 28-84mm F2.0-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧