パチリ:30風景

2017.01.02

2016-17冬の安曇野「本日の常念」

 「道祖神と常念岳」

170102jyonen

 堀金の里からの一枚。どちらも安曇野のシンボルです。

170102jyonen2

 常念岳のみの画も追加しておきます。

◇CANON EOS 5D Mk2 + CANON EF 70-200mm F2.8L USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.03

2016初冬の安曇野「乗鞍岳」

 安曇野滞在二日目の朝は放射冷却が効いて氷点下。昨日に続き太平洋高気圧に広く覆われて晴天だ。
 この天気で里にいるのはもったいないと R158野麦街道を西へ。

161203norikura01

 「乗鞍高原一の瀬園地」からの「乗鞍岳」である。

161203norikura02

 太平洋高気圧のお陰か、これほど雲一つない青空も珍しい。

161203norikura03

 一の瀬園地から少し移動したビューポイントからの一枚。やっぱり雪を頂いた山というのはいい。

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-75mm F2.8L USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.02

2016初冬の安曇野「長峰山からの景色」

 好天。さきほどの池田の高台「安曇野 翁」からの景色がよかったので、「長峰山」に寄ってみることにした。

161202nagamone3_1

 933mの山頂へ登ると、いきなりこんな景色が広がる。安曇野のシンボルである常念岳と北アルプスの前衛たち。そして眼下には安曇野の里。

161202nagamone3_2

 白馬山麓までが一望にできる。そんな場所だ。午後となり気温が上がってきたために靄(もや)がかかってきてしまったが、これだけの景色が見られれば文句はない。

161202nagamone3_3

 展望台に上って改めて常念岳・横通岳からの山なみをパチリ。常念の左後方にチラリと頭を見せているのは、里からでは見ることが出来ない穂高連峰のどれか 北穂?だろうか。

 「わぁ、すごいっ!」と家内。安曇野産のくせにここへ来たことがないという。
 もうじき、この山へと登って来る道は冬季閉鎖となる。来ておいて良かった。

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.26

2016初冬「富士ヶ嶺へ」

 中央拘束の渋滞を避けるため、ってもうシーズンは終わっているので渋滞はないはずなんだけど、とにかく早朝5時半過ぎに家を出た。
 目指すは「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」

161126fuji3etc01

 ・・・なんだけど、その前に久しぶりに本栖湖へ寄ってみることにした。富士吉田へ下りたあたりでクルマの外気温計が示す温度は-6度。先日の季節外れの大雪はきれいに除雪されているとはいえ、路面の凍結に注意しながら、本栖湖着。

 思い切り逆光なのは想定内。富士山はシルエット。気温の低さからからか湖面には毛嵐(けあらし)とでも呼んでもいいような霧が立ち上がっていたりする。

161126fuji3etc02

 そうして、こちらは富士ヶ嶺の某所からの富士山と、今シーズン初めての雪上のBUSH号。まだ11月だというのにこんなシチュエーションが撮れるのも不思議。

161126fuji3etc03

 続いて「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」越しの富士山。やっぱり、こんな画がいいよね。

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

◆富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場
 http://oic-camp.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.12

おいしいキャンプ場からの「富士山とオリオン座」

 この時期は夜9時過ぎになると、富士山の背後から冬の星座オリオンが上がってくる。

161112fuji3orion1

 もうじきスーパームーンだという月が右後ろに出ていて、明るすぎるのが難点。

161112fuji3orion2

 オリオンの右ひざ「サイフ(Saiph)」が頂上に現れるのを待ったのだけど、アッという間に雲が出てきてしまった。こうなるともうなんだか判らない。

 酔っぱらっていて「まぁいっかぁ」とレンズもズームのままでカメラ任せのオートで撮ったもの。また機会があったら今度は単焦点のマニュアルで、もう少し露光時間を長くして撮ってみたいと思った。

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-105mm F4 L IS USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場へ「樹海と富士山」

 エンジンがかかってくれはしたものの 30分ほどのロス。まだ明け切らぬ街の中を走り出し、中央高速から富士ヶ嶺へ。幸い相模湖手前でわずかに低速になった程度で、ほぼ順調。

161112diafuji2

 樹海ロードの途中にあるビューポイントからは、本栖湖とその向こうに雪を被った南アルプスの山脈(やまなみ)。ここまで見えるのは珍しい。

161112diafuji

 少し引くと、手前は青木ケ原の樹海で、左に竜ヶ岳、右に烏帽子岳。

 「富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場」に着いたのは7時少し過ぎ。着くなり「まだダイヤモンド富士に間に合うよ」というオーナーと二人でそのポイントへ。

161112diafuji3

 そうして、ちょっとだけ右にズレたけど、さらに背後に薄く雲があってイマイチではあるけれど、まぁなんとか本日の「ダイヤモンド富士」である(^^;

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

◆富士ヶ嶺 おいしいキャンプ場
 http://oic-camp.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.13

2016真夏の安曇野「長峰山から」

 にぼ二郎で腹ごしらえをしたあと向かったのは、明科にある「長峰山」

160813nagamine31
 
 933mの頂上にはこんな展望台があって、晴れた日には安曇野を一望にできるハズ・・・

160813nagamine32

 なのだけど、残念ながらご覧のとおり全体に靄(モヤ)がかかってしまっている。

160813nagamine34

 ちょっと寄ってみてもこんな感じ。
 本来なら安曇野だけでなく常念岳を始めとする北アルプスの前衛たちと、遠く白馬山麓までを望めるのだけど。

 せっかくここまで来たのにちと残念。温泉にでも浸かって帰ることにしましょうかね。

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 16-35mm F2.8L II USM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.11

2016真夏の安曇野「美ヶ原方面を望む」

 夕方近く。安曇野の南端、梓川の土手から「美ヶ原高原 王ケ鼻」方面をパチリ。

160811azusadote

 いかにも夏らしい光景だと思いませんか?

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016真夏の安曇野「堀金の向日葵と田んぼアート」

 次女と二人、買い物がてらおでかけ。途中で見かけた風景を二つほど。

160811horigane01

 堀金の道の駅に隣接する向日葵畑。ちょうどこのお盆の時期に最盛期を迎えるようになっているようだ。

160811horigane02

 残念ながら青空でないのと、周りは人工物だらけで風情に欠けるのは、いつものこと。

 続いて島内地区の「田んぼアート」へ。なんでも、松本で行われた「信州・まつもと大歌舞伎」の関連事業として公開されているものだそう。

160811tanboart01

 下から見ると、こんな感じでなんだかわからないのだけど、 300円を払って展望台に上ると・・・

160811tanboart02

 こんな景色が広がっている。中村屋ゆかりの「鏡獅子」と「二人の桃太郎」。約70ヘクタールの水田に色の違う7種類の稲が植えられているのだそうだ。HPには田植え後の状態から今日に至る過程が納められているので、詳しくはそちらをどうぞ。

 展望台に上がった人たちからはウワァっと言う声が上がる。でもひとしきり写真を撮ると、すぐに皆下りていく。
10分と展望台に留まる人はいないのが面白い(^^;

◇CANON PowerShot G9X 28-84mm/F2.8-4.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.18

2016 梅雨明けの霧ヶ峰高原

 海の日の朝、5時過ぎに起き出してまずはお宿の温泉へ。小さなペンションでも温泉だというのがいいところ。
 外は昨日の曇天と大雨がウソみたいな快晴。この日、東海・甲信越地方は梅雨明けしたらしい。ともあれ朝風呂のあと霧ケ峰高原まで出かけてみることにした。

 この時間はさすがに道も空いていて、すれ違うのはカッ飛ばしているライダーさんばかり。でも気持ちよくビーナスラインを走って標高1700m、霧ヶ峰高原・富士見展望台近くのニッコウキスゲの群落へ。

160718kiri01 160718kiri02

 そのニッコウキスゲは最盛期を迎えているという話だったけど、かなりしおれてしまっているのも多くて、あれ?ってな感じ。引いて撮るとガッカリなので寄って。右はツリガネニンジン・・・かな?(^^;
 そうして振り返ると・・・思わず「うわぁ!」と声が出てしまう大パノラマ。

160718kiri03

 八ヶ岳と南アルプスの間には霊峰富士。モヤってしまっているのがちょっと残念だけど、この光景は素晴らしい。

160718kiri04 160718kiri05

 もう少し寄ってみると、こんな感じね。富士山が見えると嬉しいのは、どこにいようと同じだ。

160718kiri06 160718kiri07

 そうしてカメラを右に向けると・・・ここまで見られるとは思わなかった。遠くに御嶽山、ちょっと右手に雪渓が残る乗鞍岳。

160718kiri08

 更にカメラを右に振ると、判りにくいかもしれないけど、左から穂高連峰、槍ヶ岳、さらに常念まで。まさかここから北アルプスの主峰たちが見られるとは! ちょっと感激だ。

 そろそろ朝食の時間。まだここにいたいのは、まさに山々だけど宿へと戻ることにしましょう。

◇CANON EOS 5D Mk2 + EF 24-75mm F2.8L USM
  & + EF 70-200mm F2.8L IS USM

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧