« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »

2024.02.29

「天ぷら 住友@中野ブロードウエイ」で 上天丼

 ちょいと出遅れた木曜日のランチ。でもこの店ならと 11時半の開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客は二人だけ。ラッキー。

230514sumitomo

 「天ぷら 住友」
 中野ブロードウェイの完成時からある店。つまり創業(開店後) 57年。何度も書いているので詳細はパス。

 今日も厨房の揚げ担当とフロア担当のおじさんの二人体制。

231109sumitomo02

231109sumitomo01

 こちらがメニュー。最初は掻き揚げ丼のつもりで来てたけど、気が変わって「上天丼」をオーダー。もちろんビールもね。(上の画像は過日撮ったもの)

240229sumitomo01

 「サッポロ黒ラベル 590円」 コイツがないと始まりません(^^ゞ

240229sumitomo03

 「上天丼 940円」
 お馴染みのルックスだけど、この天丼にささやかな幸せを感じます。

240229sumitomo04

 エビ天が 4本にアナゴ、あとメゴチとキスかな?。わずかにゴボウのササガキという組み合わせ。これで 940円なんですよ。
 コンデジを忘れてスマホで撮ったので画像がヘロヘロなのはご容赦。

 丼つゆも甘過ぎず辛過ぎず。そして炊きたてのご飯。さらにプリプリのエビとホクホクのアナゴ、白身魚。もう言うことなし。

 味噌汁にお新香もすべてキレイに美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・・#

天ぷら 住友
 中野ブロードウェイ2F 最寄駅:中野
 11:30-15:00 月曜休 1966年創業

| |

2024.02.28

月末恒例「とんかつ けい太@西荻窪」

 毎月月末近くになると西荻窪詣でが恒例となっている。もちろん目的はこの店。

 「とんかつ けい太」。我が家から徒歩と乗換なしのドアtoドアで25分。通いやすいこともあってワタクシ的ナンバーワンのとんかつ店なのです。今回で46回目の訪問になりますね(^^ゞ

230725_keita01

230725_keita02

 ランチメニューを載せておきます。使っている豚肉はご主人の実家である鹿児島の「青木畜産」でご母堂とお兄さんが育てたという「六白黒豚」のみ。

 さて予約時間の11時直前に着いて奥のカウンターに着席。厨房はご主人と女子3名の4人体制。いつもどおりの注文をお願いしてお待ち。

240124keita01

 「サッポロ黒 700円」と先出しの「キャベツ」「熟成生ハム 380円」
 まずはビールですね。キャベツ(お代わり一回無料)には卓上の黒トリュフのドレッシングをたっぷりかけて頂きます。生ハムと併せてビールが進みます。

240228keita12

 「ハイボール 550円」 アッという間にビールがなくなって、これ(^^;

240228keita14

 鹿児島県産「六白黒豚の特上ロースかつ(200g)膳 3,280円」
 生ハムとキャベツがなくなりハイボールも飲み終えたころ、ご提供。味噌汁はいつもどおり豚汁を選択(しじみ汁との二択)。そして炊きたてのご飯は石川県産「華越前(はなえちぜん)」

240228keita16

 もうね、言うことありません。火の入り加減も衣の触感も文句なし。もちろんご飯も豚汁もね。
 月イチでなくてもっと来たいところだけど、そこは我慢の子(^^;

 いつもどおり全て美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・・・。

◇改めてオペレーションを書いておくと、軽く下味を付けてから実に丁寧な衣づけ。その後銅製の大きな丸鍋で低温でじっくり揚げ、続いて高温のフライヤーに移して二度揚げ。さらにバットに上げてからは油切りと同時にジワリと余熱を通す。衣付けから提供までの全てが実に丁寧なのです。

 サクサクで黄金色の衣は中屋パン粉工場謹製のものでやや粗め。昨年NHKの「探検ファクトリー」でも取り上げられてましたね。

 「けい太」はオープンからわずか2年ほどでミシュランの「ビブグルマン」、続いて「東京とんかつ会議」の殿堂入りにも名を連ねた店。
 さらに西荻窪の改札を出てわずか30秒という立地。完全予約制だけど未食の方には是非一度どうぞとお奨めしておきますね。

  なお六白黒豚とは何ぞやという人はこちらをどうぞ。

とんかつ けい太
 https://www.facebook.com/tonkatsukeita/?tn-str=k*F
 杉並区西荻南3-10-6 中村ビル B1F 最寄駅:西荻窪駅
 11:00-14:00 17:00-21:30 完全予約制
 月木休 2019/11 Open

| |

2024.02.27

久しぶりの「青葉 中野本店」で 中華そば

 年に一度の健診を受けた帰り道。朝食をとるべく 10時半ちょうどに「うどんや大門」につくと、あれま開店時間の30分前だというのに、すでに6人の行列。ということは私は二巡目。少なくとも50分は待つことになるなと。

 で、あっさりと諦めて向かったのは、10時半から開いているこの店。地元だというのにおよそ1年半ぶりですね。

240227aoba01

 「中華そば 青葉 中野本店」
 「麺屋武蔵」「くじら軒」と並ぶ 96年組の代表格で「青葉インスパイヤー」の本家本元。今では系列店が20店ほどもあるそう。私がラ界にハマッたきっかけの店でもありますね。

 開店後間もなくで、店内には先客なしの一等賞。最近はお昼時や土日を除けば行列もほとんど見かけなくなっている。お客としては空いているのはいいことだ。

240227aoba02

 久しぶりだから「特製」にしようと思ってたのだけど、券売機の千円超えになっているボタンを見て、普通の中華そばに変更(^^ゞ
 角の席に座ってお待ち。厨房にご主人H氏の姿が見えなくなってもう19年?

240227aoba04

 「中華そば(大盛) 950円」
 ルックスはかつてと全く変わらないように思える。お味の方はとレンゲでひと口。たしかに青葉の魚介豚骨の味。うん美味しい。でも記憶の中の青葉はカツオを中心としたもっと濃い魚介だった気がする。まぁ変わったのはこちらの感じ方かもしれないが。

240227aoba05

 よくスープを持ち上げてくれる中細やや縮れ麺は大成食品謹製のもの。一時期カネジン食品の麺に浮気?していたことがあったけど地元製麺所に戻った。
 この麺とスープがあってこその青葉なのですね。

 朝食を抜いていることもあって大盛りの麺もアッという間に食べ終えてしまった。チャーシューもメンマも美味しかったな。

 気づいてみれば完食の全汁。美味しく頂いてご馳走様でした。

中華そば 青葉 中野本店
 http://www.nakano-aoba.jp/
 中野区中野5-58-1 最寄駅:中野
 10:30-21:00頃(スープ切れ終了)ほぼ無休
 1996/10/12オープン

| |

2024.02.26

「代一元 中野店」で 半チャンラーメン

 快晴。でも風が強いね。まだ半自作PCのあれやこれやがあるので近場でランチ。というわけで我が家から二番目?に近い街中華です。

240226dai1gen01

 「代一元」 久しぶりの訪問です。薬師あいロードの中程にあって、私が物心着いた頃には既にあった店。子供の頃よく父に連れて行って貰った街中華の原体験の店。昭和24年3月の創業。

 かなり傷んでは来たけれど変わらぬ外観と店内。厨房には特大の羽釜。そして変わらぬメニュー。少なくともここ10年は値上げしていないと思われる。ラーメンが 500円ですよ。正しい街中華ですね。持ち家での家族経営だからできるワザか。

 二代目?のおじいさんとおばぁちゃん、そして三代目?お兄さんの三人体制。一年中「冷やし中華」があるのも変わらず。

230731dai1gen02

 「サッポロビール 赤星 550円」 もちろん最初はこれです。

240226dai1gen06

 「半チャンラーメン 850円」
 麺がちょっと乱れているのは先にラーメンだけ出てきたので麺の写真を撮ったから。

240226dai1gen07

 とんこつと鶏ガラベースの醤油スープに細ストレート麺。これらもまた変わりませんね。
 トッピングは昔ながらのチャーシューにメンマ、海苔、キザミねぎ。いいですね。コショーを多めに振って食べ進みます。

240226dai1gen08

 「半チャーハン」は意図的に焦げ目をつけているのかな。子供の頃のイメージと随分違うが、それは私の記憶の方が違うの鴨。ラーメンのスープを少量垂らして頂きました。

 かなりノスタルジックな気分になって、ご馳走様でした。

中華そば 代一元 中野店
 中野区新井4-14-15 最寄駅:中野or新井薬師前
 11:30-21:00 金曜休 1949/3/28創業

| |

2024.02.25

14年ぶりにメインPCを新調(Win11)にしたら・その2

 一昨日の記事の続きになります。前回は「半」自作機にストレージ機器を実装して WINDOWS 11が無事認識してくれたところまで書きました。

 さてその後、今回初めて目にする WINDOWS 11の初期設定作業。アカウントの設定や各種ドライブの割り当てなど基本的なところは済ませたものの、どうにも困った点が。

Main_pc_net02

 その一つであって大きな問題なのは家庭内乱、ぢゃない家庭内LANが上手く機能してくれないこと。

 これまでメインマシンとサブのノートPC 2台との間で画像や必要なファイルの同期をとっていたのだけれど、何故か新マシンの WINDOWS 11から サブノート1(WINDOWS 10)の共有ドライブの中身が見えない触れないという事態に。

 これ凄く困る。サブのノート1 (X1Carbon)はちょっとしたお出かけなどにも持って行って、様々な検索や閲覧、このブログを書くのに使っていたのだけど、それはメインPCとの同期が取れていればこそのこと。

 もうね Microsoftは UIを変えすぎ。OSを新しくするたびに戸惑うことが多すぎる。

 あれやこれや悪戦苦闘すること 5日。もちろんWEB上に書かれている殆どのソリューションはやってみましたよ。ってかその殆どがとっくに設定済みのことばかり。でもダメ。何をやってもダメ。

 最悪 Win95系時代だったか XP時代だったかにやっていたネットワークアダプタを削除して再インストールみたいな荒業?をやるかなんて。

Drive_security_r

 でも共有ドライブ側のセキュリティを改めて設定し直したら突然成立。一体何だっんだ、今までの苦労は! ホッとしたのと同時に悲しくもなりましたね。

Main_pc_net01r

 ちゃんと見えてるし触れる。もちろん中身もね。とにかく大きく前進。これでサブノート達も以前と同じように使えるだ、とひとまず安心。

 さてさて、もう一つの大きな?でもケチくさい問題(^^; 未解決のままなんです。

 WINDOWS11になって、これまでずっと便利に使って来た「写真店 (ver.7)」がインストールできなくなっていたこと。これはヤバイ。このソフトが持つ本来の機能の たぶん2割程度しか使っていなかったのだけど、こいつを使えないのはワタクシ的大問題。

 ほぼ同じ機能を持つフリーソフトを探しています(^^ゞ

 今のところ、こんなものかな。まだ旧マシンと同じレベルまでソフトのインストールを終えていませんが、なんとかこれ以上の問題が出てこないことを祈ります。

 徐々にではありますが、元の環境に近づけつつある今日この頃です(^^;

| |

2024.02.23

14年ぶりにメインPCを新調(その1)

 これまでメインに使っていたPCは2010年8月に組み上げた いわゆる自作機で、当時としては最新だった初代 Core i7 をを中心とした構成だった。(下の画像)

171111mainpc02

 その後 Windows7から Windows10へ。さらにメモリの増設やストレージ用HDDの大容量化、システム用のHDDを SSDに換装したりとレベルアップを図ってきてはいた。

 でもでも M/Bなのかグラボなのかは判らないけど、一年ほど前からやたら不調。また来年10月には Windows10のサポートが終了するともいう。
 ウイルスとかの仕業でもソフト的問題でもなさそうなので、これまでダマしダマし使っていた・・・のだけど、さすがに限界。

 というわけで 14年ぶりに今回は「半」自作機を新調することに。なぜ「半」かというと、秋葉原のショップで筐体(ケース)や CPU、M/B、RAM、電源等の部品を選定したのは私。だけどこれら基本的な部品たちを組み上げるのはショップに委託することに。

 どうしてそんな中途半端なことを・・・というと実はですね、14年前の自作時にも相当苦労したのです。恥ずかしながら M/Bの細かい文字や取説の文字がすでに読みづらくなく(見えづらく)なっていたのですよ(^^;

240218newmachine07r

 で、そいつが組み上がって届いたのが一週間前の日曜日のこと。当日は後から発注したストレージ(SSD)の到着を待つため梱包を解いて眺めただけ。あ、ディスプレイは既存の24インチをそのまま流用します。

240218newmachine25

 開腹したところ。こっちが表側です。今回は初めての MicroATX。そして 3.5"の HDDが M.2の SSDとなり、以前より小さめの筐体なのに、ご覧のとおりスッカスカ。CPUのFANだけがバカデカい。

 改めて困ったなぁと思ったのは光学ディスクドライブを内蔵できるベイが無いこと。最近の自作用タワー型筐体はこれが無いことが多いのですね。あってもサイズ的に大きすぎて我が家のPC用スペースに収まらなかったり。
 まぁ外付けの DVDマルチドライブは何故か2台持っているのでなんとかなるけれど。

240219ssd_2tb10

 そうして翌日、届いたばかりの追加のストレージ(SSD)と既存のHDDをなんとか取り付けて、ひと段落。(こっちが裏側)

 もうね追加ストレージ用のベイはね、ビックリするほどというか本当にココに付けるの?というようなシャドウベイでした。

 初めて見る WINDOWS 11もなんとか無事にすべてを認識してくれました。

 めでたしめでたし・・・となるはずが、いくつか問題が発生。いやはや、そのせいでブログ等の更新も滞っていたりするのですけどね。

 またそれは後日。その2に続きます・・・たぶん(^^ゞ

◇構成メモ
筐体: Thermaltake CA-1J1
電源: Thermaltake Smart BX1 650W

M/B : ASUS B760M-Plus WiFi D4
CPU : INTEL Core i5-13500 BOX 2.5GHz,TB 4.8GHz, 24MB, C14,Th20
CPU Fan: DEEPCOOL AK400
RAM : CORSAIR DDR4 3200MHz(PC4-25600) 32GB (16GBx2)

SSD(C): Solidigm P44 M.2-2280 512GB (PCIe 4.0x4,NVMe)
SSD(D): Solidigm P41+ M.2-2280 2TGB (PCIe 4.0x4,NVMe)
SSD(E): CFD CSSD-S6L2TMGAX (SATA3 2TB)
HDD(F): 既存を流用 TOSHIBA SATA3/2TB 7200rpm 4k

OS: WINDOWS 11 HOME

| |

「川越大勝軒」でスタンダードな朝ラー

 三連休初日の今日。川越在住の次女と孫っちを迎えに早朝の関越道。5時ちょい過ぎに出たのだけど読みが甘く、三好PAを過ぎたあたりから渋滞にハマってしまった。でもまぁ中央道と違って関越で 7kmの渋滞なら知れてるか。
 というわけで予定より30分ほど遅れて川越着。

240223taishoken01

 「川越大勝軒」 本川越駅の東口改札からは 2分とかからない距離にある店。朝6時半という薄暗い時間に着いてみると、前回もそうだったけど看板に灯が入っていないので反対側から見ると、あれ?やってない?みたいな店。

 正面に廻ってようやく営業中であることが判る。先客1。良かった、開いてて。厨房は前回と変わらずかなりご高齢に見えるご主人一人だけ。一週間前の初訪問以来、二度目の訪問です。

240223taishoken02

 さてこちらがこの日の券売機。あれま「かけラーメン」がない?! そっか今日は祝日、だから平日用の朝メニューがないわけだ(^^ゞ
 ま、それならそれで通常のラーメンでいいよねと基本の中華麺の食券を買ってカウンターに着席。

240223taishoken03

 「中華麺 (中盛り) 980円」
 例によって銀のトレイに載せられて出てきます。そして大きなドンブリに大きなレンゲ。永福町ですねぇ。

 醤油色の清湯に細ストレート麺。提供された瞬間に香る煮干し、と言うか店内全体に漂う煮干し出汁の芳香。入った瞬間からそそられてます。

 トッピングはチャーシューが二枚に穂先メンマ数本、海苔、キザミねぎ。

240223taishoken04

 白っぽい色の細ストレート麺。その麺量はともかくデカいドンブリに入ったスープの量が凄い。中盛りにしたのをちょっと後悔。でもこのスープは残したくない。スープを9割ほど呑んだところでギブ(^^;

 わずかに残したスープ以外はきれいに、そして美味しく頂いてご馳走様でした。

 今日もまた永福町系の優しいスープが空きっ腹の五臓六腑に染みわたります。

川越大勝軒
 埼玉県川越市新富町2-25-8 最寄駅:本川越
 06:00-15:00 無休

| |

2024.02.21

「らぁめん 生姜は文化。中野店」で 醤油ラーメン

 最近はこの店に来るのは土日で朝ラーばかりだけど、たまには平日昼の部にもいかなきゃねと。あ、ちなみにこの店は平日も朝8時から開いてますよ。

240113gingercul01

 「らぁめん 生姜は文化。中野店」
 11時半に着いてみると先客無しで、おいおい大丈夫かい(^^;

240112gingercul02

 例によって券売機で食券を買って着席。相変わらず朝ラー限定のかけラーメンというメニュー表示はどこにもなくて、裏メニュー扱いのまま。もったいない。

240221gingercul01

 「ハートランドビール(中瓶) ツマミ付き 600円」
 ともあれ、これです。相変わらず豪華なツマミです。
 ビールを飲み終わりかけたところで「ラーメンをお願いします」

240221gingercul02

 「しょうゆらーめん 850円」
 久しぶりにスタンダードな醤油ラーメンです。うん、いつもながら旨いよね。醤油清湯のスープに炙りチャーシュー2枚、鶏チャーシュー1枚、各例見えない味玉、極太メンマ、おろし生姜にキザミねぎ。この値段でこのトッピングなら実態は特製でいいんじゃない?という内容。

240221gingercul04

 加水率高めの中太平打ち縮れ麺もいい。優しい歯ざわりとツルツルピロピロの食感が好ましいのです。

240221gingercul03

 「チャ丼」
 ツマミの一部を残しておいて「小ご飯 100円」に移しチャ丼化したものです。麺を食べ終わった後にスープを適量廻し掛けて頂きます。これもいつもの楽しみの一つなんです。

 もちろん完食の全汁でご馳走様でした。このラーメン、内容的にはかなりお得だと思うけど、850円という値段自体は立地的に考えものかもしれませんね。

 そうそう、ずっと裏メニュー扱いだった朝限定の「かけラーメン」が近々 表メニューになるそうですよ。

らぁめん 生姜は文化。中野店
 中野区新井1-23-22 最寄駅:中野or新井薬師前
 08:00-17:00 休業日:火曜日・第2 第4水曜日
 2023/4/13オープン 2024/1/11再オープン

| |

2024.02.20

「うどんや大門@中野」で かけの冷や冷や

 近くのクリニックに行く日はその後ブロードウエイの地下に並ぶというのがほぼルーチンとなっている。

240220daimon01

 「うどんや 大門」 でもクリニックで想定外に時間がかかり 11時の開店時間を 5分ほど過ぎての到着となった。6席しかない店内は当然満席。ただ壁際の行列は不思議なことにたったの4人。ラッキーと最後尾へ。先頭には見知った顔 M-On氏(^^;

230522menu01a240220daimon06

 メニューの一部と本日の天ぷら。なんとなく眺めているうちに女将さんが注文を取りに来た。ここに着くまでは熱々の釜玉を食べようと思っていたのだけど、今日は暑い。天気予報によると五月並みの暑さになると言う。というわけで急遽方針変更。今日は冷やでしょと。天ぷらを二種とビールも伝えて再びお待ち体制。結局20分ほどのお待ちで M-on氏のお隣りに着席。

240208daimon04

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら2種」
 ビールの提供からちょっと遅れて天ぷらのお出まし。「ナス天(左) 100円」と「しいたけ天 120円」ね。

240127daimon01

 こちらは無料トッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。出汁醤油。

240220daimon04

 「かけうどん(大) ひやひや(冷や冷や) 650円」
 トッピング三種と七味を少々振りかけた加えた状態です。きれいに麺線を揃えて提供される白いうどん。右端には一反木綿風の幅広麺。早い時間帯で運がいいと出てきます。

240220daimon05

 ツルッツルでシコシコ。一反木綿はツルツルのビロビロ(^^; いかにも讃岐という食感。これぞASWn(この店は日清製粉の赤丸金魚)なのですよ。
 イリコでとった冷たいダシつゆも完璧で、讃岐はこうでなきゃ(^o^)v

 これに生姜の風味が加わり鬼おろし風の大根おろしが新たな食感をプラス。もう文句なしの一杯なのです。

 この出汁つゆは残せませんね。きれいに飲み干して、ご馳走様でした・・・・#

 会計を済ませて、店を出ると行列の中から手を振ってくれる ちゅらさんが。そう、そこに愛はあるんです(^^ゞ

 元「映画うどん」のスタッフだったことが縁で讃岐の名店「一福」で修業したというご主人が打ち、茹で上げるうどんと、奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| |

2024.02.17

高円寺 ともちんラーメン」で 朝ラー(もり中華)

 昨日までの生暖かさはどこへやら。今朝は寒い。風の子の爺さんは電チャリを飛ばして高円寺。土日は朝8時から開いているこの店です。

230805tomochin00

 「高円寺 ともちんラーメン」
 ちょうど2週間ぶりですね。何度も書いてるので紹介はパス。

 開店時間をわずかに過ぎて着いてみると先客4人。相変わらず人気ですね。

240203tomochin01

 券売機で食券を買って着席。ビールの食券は最初っから2枚と飲む気満々(^^; 若き店長と年配のおじさんの二人体制。

240114tomochin01

 「サッポロビール 赤星 600円」と無料のツマミ
 朝からプハーッは快感です。ツマミにキューちゃんとニンニクを加え一味唐辛子を軽く振ってやると永遠に飲めます。きっと焼酎や日本酒にも合うな(^^;

240217tomochin02

 「もり中華 (中盛り 醤油) 950円」
 ここのところ中華そばの塩ばかりだったので、今日は久しぶりに「醤油のつけ麺」で行くことに。
 つけ汁の器がつけ麺の器より大きいのがこの店の特徴。スープやつけ汁をケチケチしないのがいいところ。
 中央上に写っているのは少なめでお願いした「めし無料」

240217tomochin03

 凪系共通の新宿だるま製麺製で加水率高めのツルツルモチモチの太平打ち麺。この麺がウケているのだと思います。私もこの麺、大好き。

 テーブル上のニンニクとコショーを適量投入。今日は少量の一味唐辛子も。いつものことながら旨い!

240217tomochin04

 「チャ丼(チャーシュー丼)」 例によってラーメンからチャーシュや具材を移してチャ丼化したものです。

 全て美味しく頂いて、ご馳走様でした。ビール2本とラーメンにチャ丼で腹パンです。また二週間後かな?

高円寺 ともちんラーメン
 杉並区高円寺北2-21-4 最寄駅:高円寺
 10:00-16:00 18:00-22:00
 土日祝 8:00-16:00 18:00-21:00
 木曜休 2021/5/20オープン

| |

2024.02.16

「鵺 NUE@中野」で 限定 昭和のつけそば

 川越で朝ラーした日のランチは、さてどこで食べようか。そう言えば X(Twitter)に この店のWEBチラシが載っていたなと。

220713nue_tsuke01

 「NOODLE DINING 鵺 NUE」 以前「麺彩房@沼袋」の店長を務めていた人物が独立して 2015年にオープンさせたお店。(上の画像は以前撮ったモノ)

24021601

 基本的に鶏白湯のラーメンを提供しているのだけど、年に何回か限定をやってくれていて、今回(今月?)は金土日で「昭和のつけそば」。これまでにも何度か出てきた美味いヤツですね。

 というわけで本日二杯目のラーメンを目指して開店時間に到着。

240216nue_tsuke02

 「ハートランドビール 650円?」スタートはこれですね。そうしてコイツをゆっくりと味わいつつ飲み終わる頃、ご提供。

240216nue_tsuke03

 「限定 昭和のつけそば(大盛) 1,080円?」
 中央にナルトがチョコンと載って美しい盛り付けですね。つけ麺は中盛りまでが無料なのを忘れて大盛を頼んでしまった。かなりのボリューム。

 醤油清湯のつけ汁にはキザミねぎと白髪ねぎ、青菜。中には厚切りのチャーシューを短冊に切ったものが何本も入ってます。

240216nue_tsuke04

 もちろん大成食品製の極太ストレート麺。ツルツルの食感が素晴らしい。大盛でもこの麺を使ったつけめんなら食べられるのです。

 題して「昭和のつけそば」ではあるけれど、実際昭和のそれよりもっとレベルの高い令和のつけ麺になってますね。

 割りスープも貰って完食の全汁。ご馳走様でした。

NOODLE DINING 鵺 NUE (ぬえ)
 中野区中野5-36-14 最寄駅:中野
 11:30-14:30 18:00-23:00(売切終了)
 月曜火曜休 (麺彩房の元店長 2015.4.17オープン)

| |

「川越大勝軒」で かけラーメンの朝ラー

 10年10万kmの整備に出している間、代車として珍しく GT2インプレッサが来た。いつもは軽カーなのに昨年登録されたばかりの新型インプレッサだ。

 であればと高速を含めた試乗がてら、朝ラーがてらで川越まで。早朝6時から営業しているラーメン店があったのですよ。

240216taishoken01

 「川越大勝軒」
 というわけで未明に家を出て 6時半過ぎに着いてみると先客は一人だけ。スタッフ無しの厨房も年配のご主人一人だけ。だからか 6時から15時までの営業になっている。あ、場所は本川越駅口から南へ少し下ったところ。

240216taishoken02

 券売機はと見ると通常のメニューと思われる上部は隠されていて、朝用のボタン類だけが見えるようになっている。

 どうやら普通のラーメンみたいなのはなくて、かけラーメンに各具材を足すという券売機構成。具材無しのかけラーメン普通盛りが 700円。これだけでも高い気がするけど、チャーシューやメンマなどのトッピングのお値段もそれなりで、それぞれ足すと 1,000円を超えるという・・・。

240216taishoken03

 「具材無し(かけラーメン)の1.5玉(中盛り) 750円」
 提供された瞬間にちょっとビックリ。勝手に丸長・大勝軒系と思い込んでいたのだけど違ってた。銀色の長方形のトレイに載せられた大きめのドンブリ。そう言えばレンゲも大きい。あれっ?これは永福町系大勝軒ではないかいな。

 さらに薄めの醤油色をした清湯スープにストレート麺。そのスープをレンゲでひと口飲むと強い煮干しの風味。うん永福町系だよねと。何よりこれ、私の好きな味。美味いっす。

240216taishoken04

 この極細ストレート麺は朝ラーだからかもしれないけど、これも朝の胃袋にはちょうどいい。

 ほかの具材がないこともあって 1.5倍の麺もアッと言う間。大きめのドンブリに張られた美味いスープは残せない。

 もちろん完食の全汁で、ご馳走様でした。

 さて、未明からのクルマの試乗、朝ラーに続いて川越攻め第3の目標は、こちらに住む孫っちの顔を見に行くこと。クルマだとこの店から5分とかからない距離なんですよ(^^ゞ

 この店を知ったことで、これから早朝孫っちを迎えに行くのが楽しみになりました。

川越大勝軒
 埼玉県川越市新富町2-25-8 最寄駅:本川越
 06:00-15:00 無休

| |

2024.02.15

「らーめん・汁なし 兄貴んち@新江古田」で煮干し汁なし

 もうじき 10万kmの愛車。スパークプラグやフューエルポンプの交換のため、いつものスバルへ。乗り続けますよ(^^ゞ
 11時直前にクルマを預けると、その足でこの店へ。

240118anikinchi00

 「らーめん・汁なし 兄貴んち」
 先日初めて行った目白通り沿いにある店。スバル中野店のすぐそばという立地なので使い勝手がいい。またご覧の通り外観はまるで違うけど、二郎インスパイヤ風のメニューが多いのが特徴。

 着いてみるとPP。11時ジャストに開店。後客ポツポツ。

 店内壁面の殆どは E.YAZAWA。BGM(DVD)も E.YAZAWAと永ちゃんリスペクトの二郎インスパイヤ(^^;

240118anikinchi01

 券売機で前回多くの人が頼んでいた汁無しの食券を買ってカウンター奥に着席。その食券を店主に渡すと好みを聞かれるので「ニンニク有りの野菜増し」をコール。(上の券売機は先日撮ったモノ。現在では中盛→1.5玉、大盛→2玉と表示が変わってます。)

240215anikinchi01

 「煮干し汁なし 800円+中盛 100円」
 例によって金属製のドンブリで出て来ます。二重構造なのかな?熱くて持てないなんてことはありません。

 ご覧のとおり、マシにした野菜の山(ほぼモヤシ)と厚めのチャーシューが5枚。左側に味玉の半身と右にニンニク。と見た目もかなり二郎寄り。

240215anikinchi02

 まずはよぉーくマゼマゼいたしましょう。するとこんな感じ。マゼちゃうと美しくないのが汁無し(まぜそば)ですね。

240215anikinchi03

 三河屋製麺製で黄色みの強い極太ストレート麺がタレと魚粉を纏って上がってきますね。美味いではありませんか。普段あまりマゼそば系は食べない私も納得のお味。

 麺が残り 1/4程度になったところで割りスープを少量注入してやると、わずかにラーメン風。これも良し。

 全て美味しく頂いてご馳走様でした。さて次回スバルに用があって昼時なのはいつかな? また来よう。

 前回書いたように店先には「KAWASAKI Z900」も駐められてました。ご主人ライダーでもあるのですね。

らーめん 汁なし 兄貴んち
 中野区江原町3-5-10 最寄駅:新江古田
 11:00-15:00 17:00-21:30
 土日祝 11:00-20:00 月火休
 2022年7月16日 江古田から移転オープン

| |

2024.02.14

「松のや 中野店」で 超厚切りかつカレー

 昨日某Pマスから軽く煽られて(^^;このお店。その画像はかつ丼だったけど食べたくなったのはかつカレー。

 月イチに制限してたはずなのに今月二度目のとんかつ。月末にはいつもの西荻を予約しているので3回に・・・(^^ゞ

240212matsunoya01

 「松のや 中野店」 近いというのはいいことです。入り口入ってすぐの券売機でメニューを確認しつつ超厚切りというヤツに決定。あ、豚汁も付けましょうね。

 店内に先客は一人だけ、と思ったら後客続々。流行ってますね。

240212matsunoya03

 「超厚切りロースかつカレー 1,010+豚汁 100円」
 超厚切りを名乗るだけあって、なかなかのボリューム感。ロース肉は200gから 250gくらいだろうか。中央の一切れだけ返されて出てくるのは今時風。その赤身部分はほんのりピンク色。いいではないですか。カレーは粘度低めのちょいシャバ系。

240212matsunoya04

 濃いめのキツネ色をした衣は破綻はないのだけど、硬めに揚がっていて上顎の粘膜を傷つけそう。カレーに浸すか卵でとじることを考えてこのパン粉にしているのだろうか。それほど硬いと感じた。

 カツカレーを食べる時は最初はとんかつとご飯で「とんかつ定食」風に。端っこの2~3切れはカレーに浸してカツカレーとして。大体これでご飯が終わってしまうので、最後はカレーだけ(^^;

 あまり豚肉の入っていない豚汁は、かなりショッパ目。でも 100円ならいいか。というかカツカレーが 1,010円でこのレベルなら文句を言ってはパチがあたる。

 全て美味しく頂いて、何よりお腹いっぱいで、ご馳走様でした・・・#

松のや 中野店
 https://www.matsuyafoods.co.jp/matsunoya/
 中野区中野5-68-9 最寄駅:中野
 9:00-23:00 土日祝 9:00-22:00 無休

| |

2024.02.13

「天下一品 中野店」で こってりMAX

 飲んだ後の帰り道。どうやら満腹中枢が破壊されていたみたい。急にラーメンを食べたくなって、何故かこの店。たぶん店先のこのノボリに釣られたのだと思われる。実は記憶もあやふや。

240212tenka1pin00

 「天下一品 中野店」
 もうオープンから3年も経つ。通算三回目の訪問だから、ほぼ年イチでの来ていることになる。

240212tenka1pin01

 メニューをざっと眺めて見たけどオーダーは最初から決まっている。

240212tenka1pin03

 「こってりMAX 1,210円」
 トッピングはチャーシューにメンマ、ネギ。
 なんでも「こってりMAXのスープにレンゲが立つ」とか聞いたけど、上手に麺を利用すれば立つかもというレベルかなと(^^;

 スープ自体は豚骨と鶏ガラを徹底的に煮出したもので、なるほどコッテリと言うよりドロドロ。かなり鶏感の強いものに仕上がってます。

240212tenka1pin05

 加水率低め、やや硬めに茹で揚げられた細ストレート麺は嫌でもこのドロドロスープを持ち上げてきます。

 途中で卓上の「カラシ味噌」を少量足してやるも、ドロドロスープにすぐに混ざり合ってくれない(^^;
 ともあれ美味しく頂いて完食の八割汁。ご馳走様でした。

 でもこの値段だと再食はないなというのが正直な感想。普通のラーメンでも 940円と高額・・・なんだけど、また酔っ払うと来てしまいそう(^^ゞ

天下一品 中野店
 https://www.tenkaippin.co.jp/
 中野区新井1-9-3 最寄駅:中野
 11:00-26:45 無休 2020.11.19 Open

| |

2024.02.12

「天ぷら 住友@中野ブロードウェイ」で 天ぷら定食C

 三連休最終日のランチ。家内と娘は「青葉」へ。でも私はラーメンが続いているので今日はこちら。

230514sumitomo

 「天ぷら 住友」 中野ブロードウェイの完成時からある老舗。つまり創業(開店後) 57年ですね。中野駅北口地区における庶民派、コスパ抜群の「街天ぷら」です。

 ちょいと出遅れて開店時間ジャストに着いてみると幸い先客はご夫婦一組だけ。祝日だというのに何故か空いてますね。
 入店してカウンターの隅に着席。スタッフはいつものおじさん二人体制。

231109sumitomo02

231109sumitomo01

 前回と同じ上天丼にするつもりでいたのだけど急遽予定変更。天ぷら定食のCをオーダー。もちろんビールも一緒です(^^ゞ 

240212sumitomo01

 「アサヒスーパードライ 590円」
 いつものサッポロではなく久しぶりにアサヒです。たまに変えてみるのもいい、なぁんて違いの判らぬ男なんですが。

240212sumitomo02

 「天ぷら定食C 1.580円」
 まずはこのルックスだけでも満足感がありますね。これだけネタが載った定食が この値段。

240212sumitomo03

 太い海老が3本に、ししとう、ナス、レンコンと大葉、イカ、キス、アナゴにメゴチ。

 炊き立てのご飯が旨い。ご飯は大盛り(+50円)がちょうどいい。普通盛りだと天ぷらが余ってしまうのですよ。ちょいと濃いめの味噌汁も好ましい。

 全て美味しく頂いて、ご馳走様でした・・・・。

天ぷら 住友
 中野ブロードウェイ2F 最寄駅:中野
 11:30-20:30 月曜休 1966年創業

| |

2024.02.11

お初「とんかつ いちよし 高田馬場店」

 最初は家内のリクエストで「大地のうどん」に行くつもりで小滝橋からテクテク。でも着いてみると14日まで臨休ですと。

 さてどうしよう。日曜だから「ひなた」は休みだし・・・そう言えば近くに宿題店のままだった とんかつ屋さんがあった。

240211ichiyoshi01

 「とんかつ いちよし 高田馬場店」
 というわけでお初のこちらです。11時を15分ほど過ぎて着いてみるとほぼ満席。とんかつ激戦区高田馬場にあって人気店なだけのことはありますね。幸いギリギリカウンター席が空いていて着席。
 カウンター15席のテーブルが 4卓かな。厨房は男子3の女子1という体制。案内の声にも活気があっていい。

240211ichiyoshi02

 こちらがメニュー。ロースかつ定食の 850円から始まって、高くても 1,350円という庶民派というか「街とんかつ」の店。
 家内はミックスフライを、私は上ロースかつとビールを頼んでお待ち。開店直後とあって、若干間がありますね。

240211ichiyoshi03

 「キリンビール(中瓶) 600円」
 でもコイツがあるお陰で待ち時間は気になりません。しばらくしてご提供。

240211ichiyoshi05

 「上ロースかつ定食 1,350円」
 ざっと 200gほどはあろうかというロースかつに沢山のキャベツ、そして大盛のご飯(これがデフォルトらしい)とシジミ汁。お新香は最初に出てきました。

 濃いめのキツネ色をした衣は、ちゃんと豚肉に寄りそって、どこにも破綻がない。あん、宵ではないですか。

240211ichiyoshi06

 中央の2枚を返して見ると、こんな感じ。中央部分がうっすらとピンク色。豚の種類は不明だけど、いかにもロースですという赤身と脂身の割合もいい。

 サクッとした食感の衣と肉に葉が食い込んでいく感じがいい。ちょうど良い歯応え。そして何よりも旨い。
 調味料はソースだけ。醤油も塩もなてところがいさぎよい。この甘辛いソースとカラシの組合せが、一番合ってますね。

 大盛のご飯も朝飯抜きの胃袋にはちょうど良く、シジミの香り高い味噌汁、お新香ともにグッドです。

 いやぁ、この店をこれまでスルーしてたのかと。コスパとだけ言ってしまうのがもったいない街とんかつの雄だと思うのです。

240211ichiyoshi04

 「ミックスフライ定食 950円」
 こちらは家内がたのんだもの。串かつにあじフライ、いかフライの三品。どれも美味しかったそうだ。ご飯は少なめにして貰った。

 二人とも大満足で、ご馳走様でした・・・・#

 こうゆう店にこそ我が地元 中野に来て欲しいと切に思った次第。

とんかつ いちよし 高田馬場店
 新宿区高田馬場3-2-13 最寄駅:高田馬場
 11:00-14:45 17:00-21:00 無休

| |

2024.02.10

「大成軒@中野」で 昼の部 鶏白湯ラーメン

 最初は新宿。ヨドバシカメラは家電屋さんですね。パーツは売っててもPC自作の話はほぼできず、秋葉原まで出かけてきました。

 さてその帰り。気がつくともう14時。せっかくの秋葉原だからとラーメン店をいくつか見てみたけど外人さん(だらけ)で大変な行列。諦めて結局中野です。五郎さんよろしく「腹へった」(^^;

 というわけで駅北口の改札から徒歩45秒のこちら。

240209taiseiken01r

 「大成軒」 ご存じ「大成食品」の直営店ですね。

 しばらく朝の部も昼の部も休業していたのが昨年11月末から昼の部のラーメン営業を開始。メニューも変わっているらしい。
 今日は朝ラーしているのだけど、通り道だし久しぶりだしで寄ってみることに。

240209taiseiken02

 券売機で食券を買ってカウンター手前に着席。昼の部メニューを載せておきますね。14時半の店内は先客3。厨房は男子二人体制。

 その一人から「ご飯はどうしますか?」と。頼まなかったけど、へぇー「ご飯の無料」を始めてたんだ。800円でメシ無料は悪くないですね。ただ、その代わり麺の大盛り無料が無くなってました。
 うーん、大成食品系としてはどうなんだろう? ワタクシ的には嬉しくないなぁ・・・てなことは置いといてまもなくご提供。

240209taiseiken03

 「鶏白湯背脂醤油ラーメン 800円」
 いかがでしょう、このルックス。たしかにその名のとおり背脂が浮いた鶏白湯にわずかに醤油色のスープ。トッピングは大量の白髪ねぎにキザミねぎ、海苔、メンマ。沈みかけていて見えにくいけど大判のチャーシューも。

 まずはレンゲでスープをひと口。あ、旨い! さすが大成食品ですね。期待値を完全に上回っています。鶏出汁の旨味と背脂醤油がうまく合わさって、これ相当旨いっす。

240209taiseiken04

 やや細めのストレート麺はもちろん大成食品謹製。加水率はほぼ中間くらいだろうか。この旨いスープにも良く合っていて、もちろん持ち上げだっていい。大判の叉焼は相変わらず旨いしで文句なし。

 この鶏白湯、良く出来てます。次回はメニューの一番左にある鶏白湯の濃厚味噌をイッてみようかなと。

 旨いスープは残せませんね。全て美味しく頂いて完食の全汁。ご馳走様でした。

東京中野 大成軒
 http://www.tokyo-ramen.co.jp/wholesales2/04.html
 中野区中野5-63-4 最寄駅:中野
 昼 11:00-14:00 夜17:00-23:00 餃子と呑み
 日曜・水曜休
 へいぼん(2008/7/7) →上海麺館(2011/7) →現 大成軒(2022/11/17)

| |

「らぁめん 生姜は文化。中野店」で 朝ラー限定

 ここのところ週2ペースの朝ラーです。土日ばかりだけど、この店は平日も 8:00から開いてます。

240113gingercul01

 「らぁめん 生姜は文化。中野店」
 8時半に着いてみるとちょうど先客が出て行ったところ。

240112gingercul02

 例によって券売機で食券を買って着席。相変わらず朝ラー限定のかけラーメンというメニュー表示はどこにもなくて、裏メニュー扱いのままみたいだ。

240209gingercult01

 「ハートランドビール(中瓶) ツマミ付き 600円」
 チャーシュー3枚にメンマ、ネギ。メンマがやや薄くなってるかな? それでも充分豪華なツマミではあります。友人二人が合流して乾杯。またもビールを一本追加してしまった(^^ゞ

240209gingercult02

 「かけラーメン(醤油)400円 (暫定価格?)」
 醤油の清湯スープと麺に薄めのチャーシュー、味玉、おろし生姜にキザミねぎ。この値段にしてはあまりにも豪華な「かけラーメン」になってます。

 前回は塩を食べてみたけど、朝ラーにはやっぱり醤油の方雰囲気が出ますね。実際こっちの方が好き。

240209gingercult03

 加水率高めの中太平打ち縮れ麺が、この旨いスープをよく持ち上げますね。かけラーメンだけど充分旨い。

 もちろん完食の全汁でご馳走様でした。このかけラーメン、味玉無しで 500円でもいいと思うのだけど。

らぁめん 生姜は文化。中野店
 中野区新井1-23-22 最寄駅:中野or新井薬師前
 08:00-17:00 休業日:火曜日・第2 第4水曜日
 2023/4/13オープン 2024/1/11再オープン

| |

2024.02.09

肉の日に「焼肉ライク 中野サンモール店」

 2月9日は肉の日だという。朝のTVでも、いくつかの焼き肉系の店のサービスを紹介してた。
 そのうち「焼き肉ライク」では別格牛タンなるメニューがワンコインで提供されるという。そう言えば中野にも店があるなぁ・・・と出かけてみた次第。

 というわけで「焼き肉ライク 中野店」。11:00少し前の店内はまだスカスカ。なるほど一人焼肉に適した作りになっているのですね。

240209yn_like01 240209yn_like02

 早速オーダリングシステムで注文を。メニューも全てこのシステムで見るようになってますね。初めてなのと肉(29)の日に釣られてちょいと奮発してしまった。

240209yn_like03

 最初は「グラスビール 380円」。焼肉にはこれがないと始まりませんね。ジョッキはやめておきましたが。
 そして続いて出てきたのがこれ。

240209yn_like04

 「別格牛タン(2枚) 500円」
 たしかに別格の大きさ。だけどよくこれだけ薄くスライスできるなぁ。軽く焼いて、うん普通に旨い。

240209yn_like05

 「ミスジ・ハラミ・バラカルビセット(250g)1,800円」
 その次がこちら。ご覧のとおりご飯にスープ、キムチが付く。右端は先ほどの「別格牛タン」ね。もうなんて言うか値段なりというか。決してマズイとかそんなわけではなく、この焼肉システム含めてよく出来ているよね。パラカルビの薄さも秀逸ではあります(^^;

 どれも美味しく頂いてご馳走様でした・・・#

 結果的に思ったより高くついたけど、これはこれであり。フラッと一人で焼肉できるのもいいところ。もう少し安いメニューで再訪してみましょう。

焼肉ライク 中野サンモール店
 yakiniku-like.com
 中野区中野5-56-8 最寄駅:中野
 10:00-23:00 無休

| |

2024.02.08

「中野 邦ちゃんラーメン」で 中華そばの塩

 ご存じ凪グループ(ちん系)のちゃん系ですね。最近では両国、新小岩に続いて川口にも店を出しています。凄い勢い。

231026kunichan01

 「中野 邦ちゃんラーメン」 中野郵便局の隣りにあって、元「地雷源」→「さいころ」→「新(凪系)さいころ」→「小松屋」と遷移した場所ですね。正月二日以来の訪問となりました。
 夜の部開店時間の17時を5分ほど過ぎて着いてみると先客は三人だけ。(上の画像は以前撮ったモノです)

230904kunichan02

 券売機で「中華そばとビールセット 1,350円」の食券を購入。今回も「塩変更」です。セルフでビールとグラスを取って着席。厨房には見慣れた顔が。邦ちゃんに国ちゃんがいる!(^^;

240102kunichan03

 「サッポロ 赤星 600円」と「ツマミ無料」 今日もまずはコイツでプハーッ。ランチに続いて本日二本目の赤星です(^o^)v

240208kunichan02

 「中華そば(塩)750円」
 これもまた見慣れた、まるでチャーシュー麺?みたいなルックス。塩の清湯スープにチャーシューの煮汁が染み出してわずかに醤油色。コショーとニンニクを適量投入して食べ進みます。やっぱり旨いね。

240208kunichan03

 いつもの高加水の太平打ち麺は、凪系共通の新宿だるま製麺。このツルモチの食感が大好きです。

 あ、今日はメシ無料のチャ丼化は無し。まだこの後飲むのでね。

 初出勤のSnちゃんにも会えたし、ラーメンも美味しいしで、ご馳走様でした。

中野 邦ちゃんラーメン
 中野区中野2-28-8 最寄駅:中野
 10:00-15:00 18:00-22:00
 不定休 ちん系 2023/3/19 オープン

| |

「うどんや大門@中野」で 豚ぶっかけの温(あつ)

  ここ数日間、貼り紙に「インフル罹患のため」とあって休んでいたので、まだやってないかもしれない。

230600daimon01

 「うどんや 大門」
 そう思いつつも 10:30を目指して行ってみると、良かった開いてる。開店準備中だ。それに先客は一人だけだったので待ち席に座れる。約30分座れるのは大きい。後客もボツボツと行列に並び始め、開店時には10人ほど。

240208daimon03 240208daimon02

 開店15分前に奥さんがオーダーを取りに来られたので、豚ぶっかけにに天ぷら、ビールを伝えて再びお待ち体制。定刻に開店。

240208daimon04

 「サッポロビール赤星 550円」と「天ぷら2種」
 ビールの提供からちょっとおくれて天ぷらのお出まし。「ナス天(左) 100円」と「しいたけ天 120円」ね。

240127daimon01

 こちらは卓上の無料のトッピング。左からダイコンおろし、生姜、天かす。右下は出汁醤油。

240208daimon05

 「豚ぶっかけ(大) あつ(温) 900円」
 ご覧下さい、この美しいルックス。熱湯でしゃぶしゃぶした豚ロースがうどんの上を覆い尽くしてます。
 この画像は元々のトッピングの青ネギのほかに上記の無料三種を加えた状態です。

240208daimon06

 元は真っ白なうどんが わずかに出汁つゆの醤油色を纏って上がってきます。ツルッツルでシコシコ、いかにも讃岐というこの食感が素晴らしい。
 この白いうどんはASWn(この店は日清製粉の赤丸金魚)です。讃岐はこれだよね。もちろんイリコでとった出汁と醤油のつゆも完璧。

 これに生姜、大根おろしの風味、天かすの油が加わり、もう文句ない文句ない。早くから並んだ甲斐があるというものです。

 大盛りにしたのと出汁つゆをほぼ飲み干したのとでお腹イッパイ。大満足でご馳走様でした・・・・・♭

◇かつてスタジオジブリのスタッフでもあり、「映画 うどん」の制作にも携わったご主人が、その縁から讃岐の名店「一福」で修業した讃岐うどん。ご主人が打ち、茹で上げるうどんと奥さんが絶妙なタイミングで揚げる天ぷら。どちらも文句なしのお店なのです。

うどんや 大門
 中野区中野5-52-15 最寄駅:中野
 中野ブロードウェイ地下1階
 11:00-15:00頃(売切れ終了) 水曜休

| | | コメント (0)

2024.02.05

#新宿地下ラーメン「高知 拉麺 一方」

 新宿西口ヨドバシカメラでお買い物。帰りがけのついでに昼食となれば、一番近いのはこちら。

240105_ippou01

 何度も来ている「#新宿地下ラーメン」ですね。

240105_ippou05

 今日まで出店しているのは高知「拉麺 一方」。全く事前知識無しでの訪問。高知だから勝手に地鶏出汁系の醤油みたいに思い込んでいたのだけど、まるで違った(^^ゞ

 店先に出ている看板メニューによると、あれま味噌ラーメンなのね(^^; それもとんかつ入りのラーメンなんですって。

 ウーンと思いつつも店内へ入り、キャッシュレスな券売機でその味噌カツラーメンをボチッ。11時という時間でも行列はなく広い店内に先客も数人。後客もポツポツ。最近は「純麦」以外ずっとこんな感じですね。よほど知名度のある地方有力店でないと激戦地 新宿では難しいみたい。

 さて紙コップの水を自分で取って着席すると、アッと言う間にご提供。

240105_ippou02

 「味噌カツラーメン 1,800円」
 ご覧のとおりラーメンの左半分にドンととんかつが載ってます。ほかにメンマとキザミねぎ。とんかつが載っている以外は、なるほど味噌ラーメンというルックスです。

240105_ippou03

 西山製麺の細縮れ麺がいいですね。味噌ラーメンにはこれです。でもスープは熱々というほどではなかったか。

240105_ippou04

 カツの方はこんな感じ。もう少しとんかつのクオリティーが高いと嬉しかったな。

 味噌ラーメンとしては充分に美味しいのだけど、期待値とお値段が高かっただけにもう一段上を行ってくれてたらと言うのが正直な感想。

 この「#新宿地下ラーメン」、結構マメに食べているけど、その印象はなんとなく低空飛行のまま。

 明後日から市川の「魂麺」、続いて中野の「ようすけ」「井さい」、松本の「凌駕IDEA」と出店予定なのだけど、どこも本家で食べているしで、うーむ。中野で上手くいかなかった井さいが入ってたりと小田急さんも呼んでくるのが大変なんだろうな。

 午後から雪の予報。地上に出ると曇り空、今にも降り出しそうだ。さっさと帰ることにいたしましょう

#新宿地下ラーメン
 https://twitter.com/chika_ramen
 新宿駅西口地下街 小田急エース北館
 SHINJUKU DELISH PARK PARK6
 10:30-21:00 土日祝 10:00-20:30
 不定休 2022/12/1オープン

| |

2024.02.04

「らぁめん 生姜は文化。中野店」で 今日も朝ラー

 ちょうど一週間ぶりの訪問はやっぱり朝ラーです。ここの朝ラーは土日だけでなく平日も 8:00から開いているのですね。

240113gingercul01

 「らぁめん 生姜は文化。中野店」
 8時半を過ぎて着いてみると先客は二人。うち一人は見慣れた顔(^^; 券売機で食券を買って着席。

240112gingercul02

 あれから一週間経っても朝ラー限定のかけラーメンというメニューは無いままみたい。200円のボタンを2回押すのがその代わりになるのは変わらず。まだ試行期間中ということなんだろうか。

240204gingercul02

 「ハートランドビール(中瓶) 600円 ツマミ付き」
 先週と違って味玉がなくてチャーシューが3枚に変わってます。まずはプハーッ。これも朝ラーの楽しみの一つ。ついビールを一本追加(^^ゞ

240204gingercul03

 「かけラーメン(塩)400円 (朝限定で暫定?価格)」
 ご覧のとおり塩の清湯スープと麺に少量のキザミねぎ、おろし生姜にメンマ。おやま、今回は味玉が入っている。これも試行錯誤中である由縁か。かけラーメンに味玉はなくてもいい。この値段ならもう充分だもの。

240204gingercul04

 蛇足ですが、ビールに付いてきたチャーシュー2枚をこちらに載せてやると、立派なラーメンになりますね(^^;

240204gingercul05

 スープ自体が旨いのはもちろん、加水率高めの中太平打ち縮れ麺もよく合っていて、このラーメンは文句なし。途中で生姜と昆布漬けのお酢を適量掛け廻してやると更によし。

 強いて言えばと言うかワタクシ的好みで言えば、朝ラーには醤油の方が合うかなという感じ。

 今日は小ご飯のチャ丼化は無し。完食の全汁でごちそうさまでした。大満足の朝ラーだったのです。

らぁめん 生姜は文化。中野店
 中野区新井1-23-22 最寄駅:中野or新井薬師前
 08:00-17:00 休業日:火曜日・第2 第4水曜日
 2023/4/13オープン 2024/1/11再オープン

| |

2024.02.03

高円寺 ともちんラーメン」で 朝ラー(中華そばの塩)

 土曜日の朝。外は寒いっすね。でも元気に出かけましょう。土日は朝8時から開いているこの店です。

230805tomochin00

 「高円寺 ともちんラーメン」
 およそ三週間ぶり、今年すでに四回目の訪問です。ちん系(ちゃん系)ラーメンの雄ですね。最近では系列の「邦ちゃんラーメン」が中野に続いて「両国」と「新小岩」にも出店しています。

 開店時間の直前に着いてみると一等賞。待つうちに友人二人が合流。定刻を5分ほど遅れて開店となりました。

240203tomochin01

 メニューはこれだけ。中華そばともり中華にはそれぞれ塩バージョンもあります。
 券売機で食券を買って着席。飲む気満々なので、ビールの食券は2枚です(^^; 厨房は年配のおじさん二人体制。

240114tomochin01

 「サッポロビール 赤星 600円」と無料のツマミ
 スタートはこれですね。ツマミにキューちゃんとニンニクを加え一味唐辛子を軽く振ると、永遠にビールが飲めます(^^;

240203tomochin03

 「中華そば(塩) 750円」
 いつものルックス。まるでチャーシューメンです。塩の清湯なんだけど、スープにはそのチャーシューの煮汁が染み出して、ほんのり醤油色。
 左上に写っているのは少なめでお願いした「めし無料」にキューちゃんを載せたもの。

240203tomochin04

 ツルツルモチモチの太平打ち麺は加水率高め。凪系共通の新宿だるま製麺の麺がまたお気に入り。このショッパ旨いスープによく合ってます。

 テーブル上のニンニクとコショーを適量投入して食べ進みます。うん、毎度のことながら旨い!

240203tomochin05

 「チャ丼(チャーシュー丼)」 これまたいつもどおり。ラーメンからチャーシュや具材を移してチャ丼化したものです。

 全て美味しく頂いて、ご馳走様でした。ビール2本とラーメンにチャ丼で腹パンです。

高円寺 ともちんラーメン
 杉並区高円寺北2-21-4 最寄駅:高円寺
 10:00-16:00 18:00-22:00
 土日祝 8:00-16:00 18:00-21:00
 木曜休 2021/5/20オープン

| |

2024.02.02

2024冬の南房総・富津竹岡「魚屋の磯料理 まるとし」

 野島崎のホテルをチェックアウトした後は、特に目的もなく走り始め国道127をノンビリ北上。そろそろ昼メシの時間。さてどうしよう。梅乃家は大行列だろうし・・・。

240201marutoshi00

 「魚屋の磯料理 まるとし」
 ふと見ると、お昼時だというのにこの店の3台分しかない駐車スペースが一つだけ空いている。昨日の「おさかな倶楽部」と宿の夕食とで海鮮系はさんざん食べてきたのだけど、やっぱり好き。

240201marutoshi01

 ご覧のとおりこの店、とっても景色がいいのですよ。天気もいいしで寄って見ることに。

 今回で二度目の訪問。普通の家の玄関のような入り口から入り座敷席だけの2階へ。1階が鮮魚店?兼厨房で2階が食事処という作り。

230616marutoshi04

230616marutoshi05

 広目の部屋に4人掛けの座卓が6台。注文を取りに上がってきた奥さんに、今回も「黄金アジのコース」をお願いすることに。窓からの景色を眺めつつ待つ内にご提供。

240201marutoshi02

 「黄金アジのコース(アジフライと刺し盛り) 2,200円」
 ご覧のとおり、アジフライが2尾と刺身の六点盛り。味噌汁のほか、お新香と小鉢(冷奴)が付く。お値段が去年の6月に比べて 220円高くなっている。

240201marutoshi03

 「刺身の六点盛り」はマグロ、ブリ、黄金あじ、地ダコ、タイに太刀魚。小ぶりだけど結構満足度高し。

 「黄金アジ」は身の厚さ含めて割りと普通サイズ。充分美味しいけどホクホク感等特別なことはない。「サスケ食堂」や「はまべ」で食べた時のような感動はなくなってしまったかな。まぁもう随分前の話だ。

 ともあれ全て美味しく頂いてご馳走様でした・・・#

魚屋の磯料理 まるとし
 千葉県富津市萩生1303-2 最寄駅:竹岡
 11:00-20:00 水曜休

| |

« 2024年1月 | トップページ | 2024年3月 »