« バッテリーを活性化?「電撃丸」を投入してみた | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 塩ラーメン(二連荘) »

2022.05.18

「らぁ麺やまぐち@西早稲田」で 特製鶏そば

 久しぶりの訪問。過去ログを見てみると2年半ぶりになる。また経営が変わってからは初訪問。かつてミシュランのビブグルマン常連だった店。

220518yamaguchi01

 「らぁ麺やまぐち」
 お昼時 12時少し過ぎという時間。行列だったらパス。そんなつもりでいたのだけど店の前に着いてみると、あれま行列は無し。

 店内はというとカウンターメインの14席ほどの店内に先客はわずか4人ほど。ウソみたい。グルマンから外れたからなのか経営が変わったからなのか、えっ?みたいな。
 まぁ客側からすれば空いているのはいいことだ。

220518yamaguchi02

 券売機の一番左上にある特製をボチッとして着席。店内には鶏の香りが充満している。紙エプロンを貰って待つうちにご提供。

220518yamaguchi09

 「特製鶏そば 1,380円」
 鶏油が浮いた醤油ベースの清湯スープ。そして鶏と豚のチャーシューが二枚ずつ。極太のメンマにかいわれ。味玉に小さなワンタンが三つ。まずはこのルックスで魅せますね。

 目の前に出された瞬間、鶏と醤油の芳香が鼻腔に広がって旨さを予感させます。
 まずはレンゲでスープをひと口。うん、旨い。経営が変わってもこのスープが鶏出汁の真骨頂であることは変わっていない。

 相変わらずテーブル上にはコショーもお酢もない。何も足さずこのまま食べて欲しいということなのだろう。でも私的には切実にSBのコショーが欲しい(^^; 店主のこだわりはどうでもよくて「ラーメンにコショーはつきもの(by家元&私)」なのですよ。

220518yamaguchi05

 麺も変わらず京都の老舗製麺所「麺屋棣鄂(ていがく)」の細ストレートなのだろう。このツルツル感がいい。

 そうして、しっかり鶏と豚の旨みが伝わって来るチャーシュー。極太メンマの柔らかさは特筆もの。経営は変わってもさすがは「やまぐち」。そう思わせられる一杯なのでした。

220518yamaguchi04

 もちろんこのスープは残せない。完食の全汁でご馳走様でした。

らぁ麺やまぐち
 http://www.ramen-yamaguchi.com/
 新宿区西早稲田3-13-4 最寄駅:西早稲田
 11:00-21:00 無休 2013/1/8オープン 2018/9/7移転

| |

« バッテリーを活性化?「電撃丸」を投入してみた | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 塩ラーメン(二連荘) »