« 2021年3月 | トップページ

2021.04.10

2021春の那須高原「ホテルエピナール那須」にて挙式

 さて昨日から一族5人で投宿しているのはこちら。

210410epinard11

 「ホテルエピナール那須」  なんでも那須高原のリゾートホテルとして非常に評価の高い施設だそうだ。

210410epinard12

 ちなみに我々家族が泊まったファミリー向けスイートからの眺めがこちら。

210410epinard13

 快晴の「那須岳(那須連山)」が一望にできる絶好のロケーションだった。手前に小さく見える那須御用邸の森

 てなことはおいといて金曜日から前乗りしてのメインイベントは次女の結婚式。なぜ那須かというと新郎君の実家がこちらだから。
 昨年 10/2に入籍を済ませ、とっくに同居もしていたのだけどコロナ禍の影響でここまで伸びてしまったのだ。

 広大な敷地の中にある森のチャペルでの挙式なのですね。お父さんモーニングなんてものを着てバージンロードを歩きましたよ。

210410epinard14

 サプライズ!?アルパカ君登場。なんと結婚指輪を首から下げてきてくれるのですね。

210410epinard15

 そして指輪交換の儀式。

210410epinard16

 ライスシャワーならぬフラワーシャワー?

210410epinard21

 式が終わるとホテル最上階のフレンチレストランを貸し切っての披露宴。

210410epinard22 210410epinard24

 料理の一部。左は新郎君の実家で養殖しているヤシオマスのマリネ

210410epinard25

 披露宴も滞りなく終わり、最後にもう一度「那須連山」。標高約 530mの最上階からの眺めです。
 これで我々両親もお役御免。さてさて部屋へ戻ってモーニングを脱ぎ、露天風呂にでも浸かることにいたしましょう。

◆ホテル エピナール那須
 https://www.epinard.jp/

| |

2021.04.09

2021春の那須高原「佐野SA」で 佐野ラーメン

 金曜日。今日にも蔓延防止等重点措置適用が発表されるという中、目指すは那須高原。そう聞くと遊びに行くように見えるかもしれないけど、そうではないのです。ちょっと大事な行事があるのですよ(^^ゞ

 というわけで11時少し前に家を出て、田舎から出てきてくれた義妹をピックアップ。一族5人フル乗車で東北道は佐野SA

210409sanosa01

 改修工事中のため仮設店舗で営業中のフードコート。メニューもかなり少ない。でも佐野となればもちろんこれでしょう。

210409sanosa02

 「こってり佐野ラーメン 900円」
 全員佐野ラーメンを頼んで違いは味玉入りかどうかだけ。たかがSAのラーメンと侮ることなかれ。なかなか旨いではありませんか。なんというか正しい醬油の清湯ラーメンという感じ。

210409sanosa03

 加水率高めの太平打ち麺のツルツルシコシコの食感と相まって、全員これ美味しいね。
 私は例によって完食の全汁でご馳走様でした。

 さて、ここから那須高原の目的地までは1時間半程度。もうひとっ走りです。

佐野サービスエリア 下り
 https://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040056/2/

| |

2021.04.06

新店・クラフト麦酒酒場「シトラバ 中野店」

 新店と言っても開店からほぼ1ヶ月が経過してしまっているので、ちょっとなんだけど取り敢えずご紹介。

210406citraba01

 この 3/13に中野五丁目の早稲田通り沿い、元モスバーガーがあった場所にオープンした「クラフト麦酒酒場 シトラバ 中野店」である。中野店とあるように本店は高円寺にある人気店らしい。

210406citraba10

 外から店内が丸見えなことに若干の抵抗を感じつつ入店。まず壁面にズラリと並ぶビヤサーバー(の注ぎ口)が目を惹く。16時少し過ぎという時間、先客は奥に女性の二人組だけ。

210406citraba03

 10種類のクラフトビールが自慢のようだ。どれも値段は同じらしく Half 288mlが 580円で Pint 460mlが 980円。Halfで何種類か頼むのが面白そうだ。3種飲み比べセットなるものもあり、各150mlで 1,100円となっている。

210406citraba11

 でも諸般の事情によりビールを呑めない私は一番甘くないサワーを聞いて「いつものレモンサワー 450円」を。左に写っているのは「お通し 300円」

210406citraba02 210406citraba04

 左がドリンクで右がフードメニュー。鶏がメインかと思いきや焼売に合鴨、牛、豚、魚介と何でもござれ。ザッと見て頼んだのはこちら。

210406citraba07

 「白レバーの生姜煮 480円」  なかなか旨い白レバーだ。結構なボリュームがあってコスパに優れている。これはいい。

210406citraba08

 「シトラバチキン(大山どり雛)1/4身(胸・もも肉) 680円」

210406citraba09

 これも値段の割りにボリュームがあって良し。もう少し柔らかく揚がっていたら文句無しかな。

 サワーを2杯追加して小一時間。お会計は 2,810円也。ご馳走さまでした・・・。

クラフト麦酒酒場 シトラバ 中野店
 中野区中野5-49-7 最寄駅:中野
 14:00-21:00 月曜休 2021.3.13 Open

| |

2021.04.04

元一条流がんこ分店「十人十色」で 醤油ラーメン

 宮ケ瀬ダムを後にして向かったのは長津田。同じ神奈川の西方、近くだろうなんて思ってたら実際はかなり遠く1時間半もかかってしまった。・・・長津田ってどこよ?って言う人はMapを見てね。

210403_10nin10iro01

 「十人十色」 "THE がんこ"みたいな店のシャッターが凄い。かつて「一条流がんこ総本家」の分店として営業していたのが一度閉店後 2019年9月28日、この名前で復活してくれたものだ。
 でも営業日は週3日で営業時間も短いと、やたらハードルが高いのですよ。

 開店時間直前に着いてみると家族連れを含めすでに 8人ほどの行列。カウンターのみ5席と聞いていたので、時間がかかるのは覚悟の上。

210403_10nin10iro02

 間もなく開店。ご覧のとおり外観も「がんこ」そのもの。がんこ系が減っていく中でうれしいじゃありませんか。

210403_10nin10iro03

 開店から31分後、券売機で食券を買って着席。醤油ラーメンをチョイス。がんこ(しょっぱい)とマイルドがあるので、食券を渡しつつ がんこを申告。ほかに味玉もボチッ。
 厨房内は二人。ご夫妻?なんだろうか。店主は奥さんと聞くが奥で麺上げしているのはご主人?
 ワンロットは2杯ずつらしい。着席から 8分後、ご提供。

210403_10nin10iro04

 「醤油ラーメン(中盛り)+味玉 1,000円」
 いかがでしょう。なんというか清く正しい醤油の清湯スープ。チャーシューは豚バラ肉と鶏肉が選べたので、あくまでもがんこらしくバラ肉。ロールタイプの小さ目が 3枚。そしてメンマはなんと「穂先」ではありませんか。ほかにキザミねぎ、そして味玉。

210403_10nin10iro05

 ショッパい方をお願いしたスープは、がんこにしてはややマイルド。でも旨いことは間違いない。こういうラーメン、中野にほしいなと(^^;
 卓上のミル式のブラックペッパーとSBのコショーを多めに廻しかけてやると、かなり私の好きながんこ風になってくれた。

210403_10nin10iro07

 麺は変わらずサッポロめんフーズの細ストレート麵。がんこらしい硬さ加減で、これは私好み。スープの持ち上げも良し。できれば背脂を追加したかったなぁ。

210403_10nin10iro09

 味玉。味加減がちょうどよくて、これ旨い。上品な色をしたチャーシューも柔らかく塩加減も素晴らしい。奥さんなかなかやるなという感じ。

 朝食を抜いていたので中盛りにして正解。もちろん完食の全汁でご馳走様でした。旨かったな。また機会を見つけて来てみましょう。

十人十色 (元一条流がんこ分店)
 神奈川県横浜市緑区長津田5-4-33 最寄駅:長津田
 木金土のみ営業 当面 11:30-15:00
 休業日:日月火水 2019.9.28復活オープン

| |

2021.04.03

2021 春の宮ケ瀬ダム

 早朝と言っても 6:30に家を出て、スイスイと中央高速・・・のはずが、国立府中の先から事故渋滞。まぁ時間には充分余裕があるので焦らずに。
 目指したのは「宮ケ瀬ダム」。これまでにも何度も行きたいと思っていたものの縁がなく行けずじまい。でもなんの予定もない土曜日の今日、急遽出かけてみることにした。

210403miyagase01

 というわけで「宮ケ瀬ダム」である(ダム上の堤橋部分)。神奈川県の中津川上流にある首都圏最大規模のダムなのだそうだ。それってどこよ?という人は文末の地図をご参照くださいまし。

 幸い雲は多いながらも晴れてくれていたので良し。でもろくに下調べもせずに来てしまったので、ダム下へ降りるためのインクライン(ケーブルカーの一種)もエレベーターもコロナ禍の影響で運行停止中だった。
 ダム管理事務所に行くと入口脇の受付におねぇさんが二人。でもトイレが使用できるだけでダムカードさえ配布していない。手渡しが危険ということなのだろうけど方法はありそうに思えるが・・・。

210403miyagase02

 ダムを下から見上げられないのは残念だけど、上から見下ろすことにいたしましょう。ダム底部との標高差は 156m。ちょっと怖いくらい。

210403miyagase03

 少し脇に寄って横からの図。この位置からだとさほど恐怖心を持たずに済む(^^;

210403miyagase04

 放出口から勢いよく噴出する湖水。上からでも結構な迫力。下へ降りて近くで見たかったなぁと。

210403miyagase05

 こちらはダムの反対側「宮ケ瀬湖」。見えているのはごく一部。とにかく広い。移転を余儀なくされた 281戸が沈んでいるそうだ。

 コロナ禍が落ち着き機会があったら、是非また来てみたいと思っている。

210403miyagase09

 最後に湖畔にある公園のほぼ散ってしまった桜の木の下で愛車をパチリ。

宮ケ瀬ダム
 https://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/sagami00027.html

| |

« 2021年3月 | トップページ