« 「ハヤシ屋 中野荘」で ナポリタンのオムレツ載せ | トップページ | 東村山でミニミニ武蔵野うどん旅(2)「野口製麺所」 »

2020.12.06

東村山でミニミニ武蔵野うどん旅(1)「きくや 本店」

 古くからのキャンプ仲間、呑み仲間でありラ師匠のT氏が「武蔵野うどん」を食べたいと横浜から遠征してきてくれた。それは丁寧に迎撃せねばならぬと中野で拉致して、目指すは聖地東村山。
 車中はベビメタ、ヲタネタで盛り上がり、ぴったりの一時間で最初のお店着。

201206kikuya01

 「手打ちうどん きくや本店」 この地域で日曜日に開いている数少ない店の一つ。でもこの店なら老舗でもあり東村山の武蔵野うどんとして紹介するに相応しいと考えてのの選択。
 クルマを停めるのに若干時間を要したものの、無事に入店して着席。

201206kikuya02

 スタッフはややお年を重ねたお姉さん(^^;ばかり4人というのは変わらず。壁に貼られたメニューをザッと眺め、オーダーを告げると殆ど間髪をおかずにご提供。

201206kikuya03

 「肉汁天付うどん3L 750円」
 二人とも同じオーダー。3Lというネーミングと見た目でかなりのボリュームに見えるけど、竹すだれで上げ底になっているので、それほどでもない。4Lや5Lにしなかったのは、少なくとももう一軒行くつもりだからだ。
 ちなみに「天付」は掻き揚げ天付きの意味。左上にチラッと見えているのが糧(かて)と呼ばれるヤサイ。この店の場合は少量。

201024kikuya05

 この店のうどんは一般的な武蔵野うどんの店よりやや細めなのが特徴。でもキレイにエッジが立って、しっかりしたコシがある。そうこれぞ武蔵野うどん。

 豚バラ肉が数枚入った肉汁は甘過ぎずカラ過ぎず、軽く日本そばのカエシを思わせる感じがいい。薬味のワサビ、これが思いのほか相性がいいのですね。

 掻き揚げは肉汁に浸けてしんなりしたところを食べ進みます。

 T師匠も納得のご様子。きれいに頂いてご馳走様でした。それではと次の店へ向かいましょう。

手打ちうどん きくや 本店
 東京都東村山市廻田町2-12-16 最寄駅:武蔵大和
 11:00~売切終了(平日:13:30、土休日14:00頃)
 月曜休

| |

« 「ハヤシ屋 中野荘」で ナポリタンのオムレツ載せ | トップページ | 東村山でミニミニ武蔵野うどん旅(2)「野口製麺所」 »