« 「塩梅(あんばい)@柏」で特上ロースかつ定食 | トップページ | 日本橋ふくしま館「喜多方老麺まるや」 »

2020.10.13

再訪・ロメスパ「鉄板ナポリタン ゴンザレス@中野」

 本日も在宅勤務。昼メシにと向かったのは中野駅北口三番街。9/2のオープンで二度目の訪問となるこちら。

201013gonzales01

 「鉄板ナポリタン ゴンザレス」 多分この地域初となる、いわゆる「ロメスパ(路面スパゲティ)」の店。11時半過ぎに着いてみると先客は無し(後客も無し)。
 前にも書いたけど「ロメスパ」とは「道路・通路に面していると言うだけではなく、茹でおきのスパゲティをフライパンで煽り炒め、さらに一定以上のボリューム感があり値段もリーズナブルな焼きスパゲッティの店」というのが一つのとおり相場のようになっている。

200917gonzalez02 200917gonzalez03

 店先のショーケースにはサンプルが三種類並べられていて、ボリュームが判りやすいようになっている。デフォルトが 300gで 600gまで無料。
 右手にはトッピングを示す立て看板。メニューは基本的に「ナポリタン 780円」でトッピングの違いが値段の差になっている。更にスパゲティの増量は別料金。

 券売機で食券を買って二列あるカウンターの右奥に着席。食券をスタッフに渡すと量を聞かれるので今回は 600gを選択。

200917gonzalez04

 卓上の調味料はタバスコ、レモン果汁に粉チーズ。この粉チーズはかけ放題。大きな容器が嬉しい。

201013gonzales04

 「スパゲティ ナポリタン(600g) 780円」

 熱々の鉄皿に載せられてジュージュー音を立てながらのご提供。焼き目のついたタマネギがデフォルトで載せられている。ほかの具材はソーセージの輪切りにピーマン。

201013gonzales05

 ボリューム感が伝わり安いように横からの画像も。かつての「ジャポネ」でいうジャンボ程度の量だろうか。

201013gonzales07

 赤く染まったスパゲティ。かなりの太麺だけど表面にはロメスパらしい焦げ目はあまりなく、熱せられた鉄板側、つまり底の方から引っ張り出したものには焦げ目がついている。
 よほど熱いのか、粉チーズをかけるとそばから溶けていってしまう。実際いきなり食べ始めると、やたらと熱かった。

 お味の方は前回も感じたように、旨いのだけど何か物足りない。「焦げ」による香ばしさが少ないのもその一因かもしれないが、もう一つパンチが欲しい。

 粉チーズは最初から多めに使い(溶けてしまうのだけど)、途中からは多めにタバスコを掛け回し、さらにレモン果汁も使って完食。

 何はともあれ、お腹一杯でご馳走様でした。ハラペコさんにはお奨めの店ではあります・・・。

鉄板ナポリタン ゴンザレス
 中野区中野5-58-9 最寄駅:中野
 11:00-20:00 無休 2020.9.2 Open

|

« 「塩梅(あんばい)@柏」で特上ロースかつ定食 | トップページ | 日本橋ふくしま館「喜多方老麺まるや」 »