« 「ますたにラーメン@日本橋」で 九条ねぎラーメン | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 塩分補給?! »

2020.08.13

「波と雲@東中野」で 奥出雲と土鍋ごはん

 在宅勤務の木曜日。昼前に仕事が一段落したので急遽東中野まで出かけることにした。

200813namikumo11

 「波と雲」 サブタイトルに「10層天然だしの煮切り醤油ラーメン」とある。
 場所は東中野駅東口(北)から目と鼻の先という商業ビルの地下にあって、かつての「凪」のように、本来バーの店を昼の部だけ間借り営業というスタイル。今回で二度目の訪問になる。

 幸い近くのパーキングにクルマを置くことができて開店時間に間に合った。先客無し。

 コの字型カウンター6席の一角に座って、注文は「奥出雲」。狭い厨房には若い?ご主人が一人。じきに後客3人

200729nanikumo01 200729nanikumo05

 メニューと言っても黒醤油の「奥出雲」と白醤油の「奥三河」の二種類に、それぞれをブレンドした「紀伊由良」だけ。

200813namikumo01

 注文を伝えると最初に出されるのは冷たいハープティー。書かれているようにマルベリー、ローズマリー、フェンネル、カルダモンをブレンドしたもので、食前茶という位置づけだそうだ。これがまた旨い。渇いた喉に心地よいハーブの香りが染み入るよう。

200813namikumo03

 「奥出雲(黒醤油)850円」
 ご覧下さい。薄く澄んだ醤油清湯のスープが美しい。そしてレンゲでひと口すするとこれがまたなんとも言えず旨い。

200813namikumo04

 前回白醤油の「奥三河」を食べた時も「これは旨い」と思ったけど、この「奥出雲」はそれを上回る旨さ。ベースは白醤油と同じ鶏豚に魚介出汁だと思うけど、黒醤油と見事にマッチしている。スッキリ感と出汁の旨味、醤油の旨味甘みを感じることができる。

200813namikumo06

 これに合わせる麺は加水率低めの白い中細麺。どこの麺だろう。この麺も美味い。

200813namikumo07

 前回も感心した極太のメンマ。この食感と味加減。手間が掛かっているのがよくわかる。

200813namikumo08 200813namikumo09

 更に二種類の肉(部位不明)を使ったチャーシューが素晴らしく旨いのです。歯応えがあって、噛むほどに旨みが伝わってくる凄いヤツ。噛むのが楽しい。そんな感じだ。

 断言する。最近食べた醤油清湯の中では出色、というより私的ナンバーワンのラーメンだったのです。
 もちろん再訪必至。次は白と黒をブレンドした「紀伊由良」を食べてみたいけど、また「奥出雲」で逝ってしまいそう。それほどの出来だと思うのです。

200813namikumo10

 「五調天然だしと羅臼昆布の土鍋ごはん 150円」
 そうそう忘れちゃならないこの土鍋。旨いラーメンに気を取られすぎ(^^;
 「五調天然だし」は丁字、陳皮、クコの実、松の実、黒豆)だそうだ。そして「煮干し(瀬戸内海産片口いわし)のピクルス」が付いてくる。これまた、なんとも言えずご飯に合うのです。

 スープ、麺、具材、ご飯、ハーブティー、どれ一つをとっても怖ろしく手間が掛かっているのがよく判る。この店の値段は安すぎる。そう思ってしまうほど もの凄く旨いラーメンだったのです。

波と雲
 中野区東中野5-3-1 B1F 最寄駅:東中野
 11:30-14:00 20食~30食の提供 売り切れ終了
 日曜・月曜休 2019.11.2オープン

|

« 「ますたにラーメン@日本橋」で 九条ねぎラーメン | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 塩分補給?! »