« 2020年7月 | トップページ

2020.08.11

「大地のうどん@高田馬場」で 掻き揚げぶっかけ

 家内の痛飲(違っ!)通院に付き合って、代々木からの帰り道。遅めの昼食はどこにしようかと聞いて決まったのがここ。若干遠回りにはなるけれど高田馬場は家からも近い。

200620daichino01

 というわけで家内と二人「大地のうどん 東京馬場店」でありますね。この店、家内もお気に入りで今回で五度目の訪問。

 改めて書いておくと、この「大地のうどん」は福岡系ではあるものの、東京ではまだ馴染みの薄い「豊前うどん」を出す店で、福岡以外ではここ高田馬場だけだそう。
 「豊前うどん」について詳しくは「豊前裏打会」やネット記事などをご参照くださいまし。あのやたらと柔らかい福岡系うどんとは一線を画します。

 さて 14時半に近い時間。さすがに行列は無かったけど、ほぼ満席。さすが人気店。入口脇の券売機で食券を買って、案内されたテーブル席へ。

200811daichiudon02

 「かきあげぶっかけ 780円」
 なるほど、温かい「かきあげうどん」をそのまま冷しにしたというルックス。結構迫力がありますね。

200811daichiudon03

 半透明でツルツルもっちもちのうどんが旨い。冷水で締めることで、モチモチの食感にさらにコシが加わって噛み応えもたっぷり。

 この麺を横に添えられた下地というかダシつゆをかけて食べるわけだけど、鰹節とショウガが効いて、いい感じ。さらにきざみ海苔の風味。
 もちろん揚げたての掻き揚げも、そして海老天もサクサクのプリプリで文句なし。やっぱりこの店のうどんはうまい。

 家内と二人大満足で、ご馳走様でした・・・・#

大地のうどん 東京馬場店
 http://daichinoudon.com/
 新宿区高田馬場3-22-14 最寄駅:高田馬場
 11:00-15:30 18:00-22:30
 水曜休 2016年3月24日オープン

|

2020.08.10

「覆麺智@神保町」で 覆麺ラーメン

 友人Sと誘い合わせて神保町。コロナやらなんやら諸般の事情により久しぶりの訪問となりました。

200810fukumen

 私にとって神保町と言えばここ「覆麺 智」。悪い奴(悪魔)でも限定でもない日に来るのはさらに久しぶり。

200810fukumen01

 「覆麺ラーメン 900円」
 がんこ系らしい濃い醤油色のスープに、かなり硬めに茹でられた中細ストレート麺。追加でお願いしたトッピングは味玉と青唐辛子。
 出汁は阿波尾鶏と牛骨に肉スープだそうだ。

 その出汁の旨味と強い醤油の味がガツン。でも悪魔に慣れた舌にはもの足りない。O氏にタレを増して貰って、よしよしコレコレ(^^;

 サッポロめんフーズ謹製の中細ストレート麺がこの強い醤油味のスープに良く合う。・・・麺上げの画像はドピンボケだったので無し。

 これぞがんこ系ラーメン。半熟トロトロの味玉も口の中で融けてしまうほど柔らかいチャーシューも文句なし。そして青唐辛子の刺激。

 旨いウマイと食べ進み「アッ」というまに完食。そして、やってはいけない全汁(^^;

 いつかまた「悪い奴」と心に誓って店を後にしたのでした。

覆麺 智(ふくめん とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 9:00-20:00(売切れ終了) 無休 日曜休?

|

2020.08.06

日本橋ふくしま館で「会津 鈴木飯店」の あごだし塩 再び

 「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。今週のイートインは会津若松の「鈴木飯店」。7月初旬に続いての出店。

 メニューは前回と変わらず「あごだし塩らぁ麺」と「つけ麺」の2種類。それぞれにチャーシューのオプションがある。
 つけ麺と一瞬迷ったけど、やっぱりラーメンがいい。

20080608r

 「あごだし塩チャーシューらぁ麺 1,050円」
 前回ここのチャーシューが旨かったので、今回もチャーシューを選択。ブラックペッパーは自分で掛けたものね。

 ご覧のとおり塩の清湯スープに平打ちの縮れ麺。この あご(飛び魚)出汁だという塩のスープが旨い。

20080609

 会津・喜多方系らしい多加水で縮れが強い太平打ち麺がこのスープにはよく合う。

20080612

 チャーシューはこんな感じのが5枚。明らかに前回のより柔らかく旨い。チャーシューメンにして良かったと思わされるできだった。

 また日本橋ふくしま館にこの店が来ることがあったら、今度はつけ麺を食べてみたい。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

2020.08.05

「オリエント・スパゲティ@中野」で たらこイカ納豆

 在宅勤務の水曜日。コロナ対応もあって、今週末の土曜日から 8/20(木)まで長い休みを取るというので、その前に行っておきましょう。それにしても今日は暑い。

191102orientspa02

 「オリエントスパゲティ」。いくら暑くても我が家から3分なら、この脂身が溶けてしまうこともないだろう(^^;

200805orientspa05

 ランチタイムには「キャベツとカツオ節、キザミ海苔のサラダ」ドリンクが無料で付く。ドリンクはいつもランチ生ビールではなく、アイスコーヒー。そして今日のオーダーはこの店で一番のお気に入り。

200805orientspa10

 「たらこ・イカ・納豆スパゲティ(大盛) 1,050円」
 海苔の下に隠れて見えにくいけどイカと海苔ね。

200805orientspa12

 茹でかげんがピッタリでツルツルのスパゲテイにタラコと納豆のヌルヌル。さらにイカのツルンとした食感が加わって、やっぱりこれが好き。お味の方だって、タラコの旨みと海苔の風味、そして好物の納豆。もう文句ない文句ない(^o^)v

 美味しく頂いて、食後はアイスコーヒー。ご馳走様でした・・・・。
 まる2週間は長い、食べておいて良かった

オリエント スパゲテイ orient spaghetti
 http://www.arthur-seaton.com/orient/
 中野区新井1-23-22 最寄駅:新井薬師前 or 中野
 11:30-23:00 (ランチタイムは 15:00まで) 月曜休

|

2020.08.04

「八海山 千年こうじや コレド室町2店」のランチ

 久しぶりのコレド室町。どこもちょっとお高いのですよねと、斜めに見ながらも目に飛び込んできたのが八海山の文字。酒造りだけでなく飲食店も手掛けてたのね。

Sennen_kouji

 「八海山 千年こうじや」。店先のメニューを覗いてみると、まぁなんとか許容範囲内(^^;
 奥にいくつかテーブル席があるものの基本はカウンターで、メインは夜のバーという感じ。

200803_8kaisan01

 こちらがランチメニュー。店名どおり麹(こうじ)に特化した店らしく、どの料理にも麹が使われているようだ。

200803_8kaisan02

 「本日の焼き魚・刺身定食 1,200円」  出された瞬間、味噌汁の芳香にやられてしまった。麹味噌を使ったものなのだろう。ご飯はもちろん魚沼産コシヒカリ、サラダに小鉢、漬けものが付く。
 焼き魚は赤魚。キングサーモンも選べたのだけど気分は赤魚。その赤魚の上にも刺身の上にも麹が少量載っているのが判る。

200803_8kaisan05

 麹付けにした赤魚を丁寧に焼いたのだろう。麹が優しく効いて柔らかくジューシーな白身が旨い。これはいい。

200803_8kaisan03

 と思ったら、刺身の方も麹を使った味付けがされていて、これもまたいい。

 みそ汁をひと口すすると、口の中に味噌と具材の旨味が一杯に広がる感じ。もちろんご飯の炊き加減も申し分なく旨い。大盛り(無料)にしなかったのを後悔させられた。このみそ汁と漬け物だけでも、ご飯がお代わりできる。

 いやはやビックリ。どれも麹による柔らかな旨み甘みがよく出ていて、1,200円が惜しくない、ってこともないか(^^;

 さすがは「八海山」が出す店だけのことはあると納得。そうそう行けないけど、再訪必至のお店なのでした・・・・。

八海山 千年こうじや コレド室町2店
 https://www.sennen-koujiya.jp/shop/
 中央区日本橋室町2-3-1 最寄駅:三越前
 ランチ 11:00-14:00
 BAR 平日 17:00-22:00 土日祝 15:00-21:00
 不定休(コレド室町に準じる)

|

2020.08.03

「豚珍館@新宿西口」で 昼食

 家内の通院に付き合った代々木からの帰り道。ちょうどお昼時、いつもの新宿西口ルートを通ってみると、運よく路側帯のパーキングが空いている。ササッと車を停めて、ヨドバシカメラ方向へ歩いて行くと、いつもなら行列が出来ているはずの「豚珍館」に行列がない。

200803tonchinkan01

 階段を上ってみると入口付近に先客が2人だけ。スタッフのお姉さんに注文を聞かれると間もなく「どうぞ」。テーブル席に家内と二人並んで着席。間もなく若い芸人さんと思しきお兄さんたちと対面での相席になった(相席自体は人気店なので仕方ないが)。

 行列がないのが判った気がする。もちろんコロナの影響で人出自体が少ないのもあるかもしれないが、この店は全くコロナ対策などしてはいないのだ。入口に手指消毒用のスプレーが置いてあるだけで、席を減らして間隔を開けるでもなく、ビニールなり何なりで仮の仕切りをするでもなく、狭いテーブル席で対面で相席をさせるという。
 しかも前の芸人さんたち声が大きい。ツバが飛ぶっちゅうの。

200803tonchinkan02

 「とんかつ定食 980円」
 ここまで来たからには席を立つわけにもいかず、取り敢えず食事を済ませたけど、とんかつのウマいマズい以前に気持ちがすでに萎えていて、ただソースをドバッと掛けまわして食べきりましたとさ。

 家内も何の対策もしていない飲食店は珍しいと控えめの批評をしておりました(^^;

 コロナがひと段落するまでは、この店に来ることはないだろう。そう、イヤなら来なければいいのだ。
 お気に入りの店なのになぁ。そう思いつつ店を出た・・♭

豚珍館 (とんちんかん)
 新宿区西新宿1-13-8 高橋ビル 2F
 11:00-15:00 17:00-23:00(土は 22:00)
 日祝休

|

2020.08.02

「みんみんラーメン 本店@八王子」12年ぶりなのです

 道の駅巡りが好きな家内のリクエストで東京都にある唯一の道の駅「八王子 滝山」へ。都境を越えないようにするとここしかないのです(^^;

 近所のスーパーより少し安く、朝採れの野菜類を買えるのがうれしいのだそうだ。ひとしきり見て回り調達を済ませると、もうお昼時間。
 ここでも食べることはできるけど、ピンと来るものはない。それではと近くの飲食店をググッてみると、おや「みんみん」が思いのほか近く、わずか 4kmの距離にあるではありませんか。

200802minmin01

 というわけでおよそ10分後に「みんみんラーメン 本店」。言わずとしれた「八王子ラーメン」の雄。老舗中の老舗ですね。最後に来たのはいつのことだろうと過去ログを見てみると、なんと12年も前のことだった(^^;

 さて、着いてみると 15人ほどの行列。幸い裏手の駐車場が空いていたのでクルマを置いて並ぶことにした。ここまで来ると都区内に比べて暑いには暑いけど湿気が少ない(気がする)のが有り難い。

 20分弱のお待ちで店内へ。この店は座敷がメインでイス席はカウンターのみ4席。杖持ちの家内のためにカウンターに座らせて貰うことにした。

200802minmin02 200802minmin03

 卓上のメニューと調味料類。以前は無かった(と思う)鰹節系の魚粉なんかも並んでいる。しばらくしてご提供。

200802minmin04

 「ネギバラチャーシューメン(大盛) 1,000円」  ネギとバラチャーシューが無ければ、昔懐かしい東京の町中華風醤油ラーメンなのだけど、違うんですね。

200802minmin05

 醤油ベース、豚骨メイン(鶏も少々?)の出汁にわずかに煮干し系が香るスープ。その表面をラードが覆い、もう熱々。

 そうしてキザミ玉ねぎと、スリおろした玉ねぎが出す、なんとも言えない甘みが秀逸。

200802minmin06

 硬めに茹でられた低加水の中細ストレート麺はツルツルでいて適度に硬く旨い。

 さらに7枚のバラ肉チャーシュー。薄いけどこれがまた旨いんです。肉の食感を残しながらもトロトロ感が味わえる。

 八王子のはずれ。クルマでないとまずたどり着けない。そんな場所。ここでしか味わえない醤油ベースのスープと玉ねぎ、ラード、麺、そしてチャーシュー。全てが絶妙のバランスに仕上がっている。いつ来ても大満足の「みんみん」なのでした。

200802minmin07

 「バラチャーシューメン 800円」
 こちらは家内が頼んたもの。初めて食べる家内も「このラーメン美味しい!」とビックリ。お会計を済ませ、二人してご馳走様でしたと店を出た。次回来られるのはいつになるだろう。とにかくまた来なくては。

みんみんラーメン
 八王子市楢原町437-1 最寄駅:西八王子
 11:00-16:00 17:00-20:15 月曜休

|

2020.08.01

「BARBACOA(バルバッコア)青山」で 恒例シュラスコのランチ

 毎年この時期(この日)恒例、お父さんの誕生日にかこつけた、おばあちゃん含め家族五人でのランチ。

Barbacoa_Aoyama

 「BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店」。ブラジル・サンパウロに本店があるシュラスコの名店で、我が国における本格的シュラスコ料理の先駆けでもでもある。

 予約時間どおりに着くとまずはエントランスでコロナ対策についての説明と検温、手指消毒がある。店内は席に座っている時以外はマスク必須。サラダバーやデザートバー、あるいはトイレに立つときは、もちろんマスク着用のほか、店で用意した使い捨て手袋を着用し、さらにその上からアルコール消毒をすることが義務づけられている。テーブルには紙製のマスクケースも用意されてたりして徹底されている印象だ。

200801barbazoa01

 さて何度か書いているけど、この店はサラダバーがものすごく充実しているのが特徴。

200801barbazoa02 200801barbazoa03

 サラダ類だけでなくパンやホールチーズのほか「フェジョアーダ」「カレーライス」などもある。でも取り過ぎてしまわないのがコツ。でないとメインのシュラスコが入らなくなってしまうのですよ。

200801barbazoa20 200801barbazoa21

 ご覧のとおり「デザートビュッフェ」も充実している。
 さらに「ソフトドリンク一品」が付いて、もちろんシュラスコ食べ放題で税抜 3,800円(土日祝)ね。

200723jirouskd11

 抑えめに取ってきたサラダがこちら。ちょっと取り過ぎたかなとは思うものの肉料理前に葉っぱものは欠かせない。

200801barbazoa11

 判りにくいかも知れないが、この下半分に書かれた肉たちが、代わる代わる出てくる。テーブルまで肉塊状態で持ってきて、目の前で切り分けてくれるのだ。

200801barbazoa12

 毎度最初に必ず出てくるのがこの「ソーセージ」「ローストチキン」。どちらも美味しい。言えばいくつでも貰えるのだけど、これも注意。

200801barbazoa13

 サラダをザッと食べ終わる頃、メインの牛肉たちが登場。左が「フラウジィニア(カイノミ)」で、右が「豚肩ロース」一番左はフワフワのチーズパン。カイノミはフィレとバラ肉の中間。人気の部位だそうだ。

200801barbazoa14

 そうしてシュラスコの華「ピッカーニャ(イチボ肉)」が見参。鉄串に刺され遠赤外線?で炙られた肉塊がギャルソンによって目の前で切り取られるところを、テーブルに用意されたトングでつかみ取る。

200801barbazoa15

 いかがでしょう。この「ピッカーニャ」のレア状態。赤身と脂身がはっきり分かれているのが特徴。赤身肉の旨さと脂身の甘みが際立っていて、私的にはシュラスコの中では一番の好み。あ、肉にはそれぞれ塩味か付いているので、テーブル上のタレは使う必要がないくらいだ。

200801barbazoa18

 途中で「焼きパイナップル」や「焼きチーズ」なども出てきて、娘達は二枚ずつ貰っていた。

200801barbazoa16 200801barbazoa17

 さらに「ガーリックステーキ」「ペッパーステーキ」。ひととおり撮ったつもりでいたのだけど「サーロイン」や「ランプ肉」など結構撮り忘れている。惜しいことをした。

200801barbazoa19

 大好物の「ピッカーニャ」。その担当のスタッフにまた来てねとお願いしたところ、三度目の登場で、これでもかと一気に4枚切り分けてくれた(^^; 右上のチラッと写っているのが「焼きチーズ」ね。

 まだお父さんがピッカーニャや三枚目となるフラウジィニアを食べているうちに、女子たちはデザートバーで、あれやこれや。別腹だそうだ(^^;

200801barbazoa23

 お父さんは最後にデザート代わりのカレーライス。これは飲み物です(^^;

 一家全員、幸せイッパイ腹イッパイの大満足で店を出たのでした。そう言えば誰も「お誕生日おめでとう」とは言ってくれなかったような・・・。

BARBACOA GRILL(バルバッコアグリル)青山店
 http://barbacoa.jp/aoyama/
 渋谷区神宮前4-3-2 最寄駅:表参道

|

« 2020年7月 | トップページ