« 「オリオン食堂@東長崎」で 清湯鶏そば | トップページ | 「がんこ西早稲田」の 正油こってり進化?中 »

2020.07.06

日本橋ふくしま館で「会津 鈴木飯店」の あごだし塩

 再び「日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ) 」。7/7までのイートインは会津若松の「鈴木飯店」。つけ麺が有名らしい。

 店内のメニューを見ると「あごだし塩らぁ麺」と「つけ麺」の2種類。それぞれにチャーシューのオプションがある。

200706suzuki01

 「あごだし塩チャーシューらぁ麺 1,050円」
 ちょっと高いなと思いつつも。チャーシューを選択。ブラックペッパーは自分で掛けたもの。

200706suzuki03

 ご覧のとおり塩の清湯スープに平打ちの縮れ麺。
 この あご(飛び魚)出汁だというスープが旨い。特別ではないものの、やはりイートインとは思えぬレベル。

 多加水で縮れが強い太平打ち麺は、いかにも会津・喜多方系だ。ツルツル感とスープの持ち上げの良さが素晴らしい。

200706suzuki04

 チャーシューはこんなやつが5枚。しっかりと噛み応えがあるタイプ。旨いには旨いのだけど、もう少し柔らかいと、歯に隙間が目立ち始めたおっさんには有り難い(^^;

 ここ日本橋ふくしま館で、この店のラーメンを食べるのは初めてだけど、また是非来て欲しいものだ。今度はつけ麺を食べてみたい。
 明日からは評判がよほどいいのだろう、また「まるや」が 10日間ほど来てくれるらしい。一日くらいは行けるかな。

日本橋ふくしま館-MIDETTE(ミデッテ)
 https://midette.com/
 中央区日本橋室町4-3-16 最寄駅:三越前・神田
 10:30-20:00、土日祝 11:00-18:00
 休館日 大晦日・元日

|

« 「オリオン食堂@東長崎」で 清湯鶏そば | トップページ | 「がんこ西早稲田」の 正油こってり進化?中 »