« 初訪問「とんかつ 寿々木 コレド室町2店」 | トップページ | 「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman@中野」で極厚ポークジンジャーのランチ »

2020.06.13

新店「馬肉食堂 ウマキチ@都立家政」

 大雨の都立家政。久しぶりだ。思い出の街の一つでもあるのですね。

200613umakichi01

 今日の目的はこちら「馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店」。「七彩」の対面であり、つい先日まで博多ラーメンの「ばりこて」があった場所だ。どうやらその「ばりこて」の業態変更ということらしく、先月20日にオープンしていたそうだ。

200613umakichi03 200613umakichi04

 11:30の開店時間に着いて、まずは券売機で食券を。せっかく来たのだから馬肉のステーキと馬刺しの両方を食べてみたいと、ちょっと奮発。卓上には塩ダレ、焼き肉のタレ、デミグラソースと甘口正油が並んでいる。

200613umakichi05

 「馬のハラミステーキ定食 1,000円」と「馬刺し(単品)900円」
 何故かトレイが縦置きなので縦に並べるとステーキが遠くへ行ってしまった。

200613umakichi06

 「ハラミステーキ」 出てきて間もなく右側の2片を返してみると、こんな感じ。このままだと他の肉片に行く前に火が通り過ぎてしまうと思ったので、左側の4片をコーンとヤサイの上に移動。三種類あるソースを順番に使ってみたけど、塩ダレが一番良かった。とはいえ脂の殆ど無い馬肉はステーキにはなかなか合わないかも知れない。そう思いつつ食べた。

200613umakichi07

 単品で頼んだ「馬刺し」。赤身とさくら色の部位がそれぞ。生姜とニンニクで食べたけど、やっぱり馬肉は生に限る。さもなければスキヤキか。

 帰り間際に「ばりこて」にもいましたというスタッフに聞いてみると、モンゴル産の馬を群馬の工場で加工して直送しているらしい。

 中野では数少ない馬肉の店。続いてくれればと思っている・・・。

馬肉食堂 ウマキチ 都立家政店
 中野区鷺宮1-27-7 最寄駅:都立家政駅
 11:30-23:00 無休

|

« 初訪問「とんかつ 寿々木 コレド室町2店」 | トップページ | 「幸運豚人 Tsui-teru ! Porkman@中野」で極厚ポークジンジャーのランチ »