« 2020春「伊豆高原ビール本店」で 漁師の漬け丼 | トップページ | 2020春の伊豆熱海「うたゆの宿 熱海四季ホテル(2)」 »

2020.04.05

2020春の伊豆熱海「うたゆの宿 熱海四季ホテル(1)」

 30年ぶりの城ヶ崎を後にして、向かったのは熱海。有名な「熱海梅園」の隣りというか、すぐ上にあるホテルが本日の投宿先だ。

200405utayu01

 「うたゆの宿 熱海四季ホテル」 およそ1時間、14時少し過ぎに到着。昨年12月にも利用させて貰ったホテルで、新型コロナとは(たぶん)関係なく期間限定でまたお安くなっていた(^^;

200405utayu04

 今回ちょっと奮発して予約した部屋は、前回よりグレードアップして和洋室。思ったよりずっと広め。家内はベッドでゴロン派、私は畳でゴロン派。その中庸をとったのが和洋室(^^; またこの部屋もベッド(のマット)が畳という私的にはとても嬉しい仕様。(部屋の写真は撮り忘れたので宿のHPから拝借したもの)

200405utayu02

 また今回は残念ながらオーシャンビューではなく山側。眼下に「熱海梅園」を見下ろせるのだけど、梅の季節ではないので、ただの山林(^^; かろうじて桜。

Satukinoyu1

 温泉宿でのいつものパターン。何はともあれ温泉だよねと、まずは貸し切り風呂の「さつきの湯」。いわゆる単純泉。30分しかいられないのが珠にキズなのだけど、カランがないのでちょうど良いかも。(風呂場の画像は全てHPからのもの)

Sakuranoyu

 頭も身体も洗いたいよねと、続いて大風呂へ。この時期空いていることと時間的にだろうけど、貸し切り状態。

Umenoyu

 お湯の温度もちょうど良くて内湯・露天風呂ともに良かったなぁ。ノンビリ浸かって、♪いい湯だな、あははん。

 湯から上がると目の前に無料のマッサージチェア。揺られつつ缶ビール。もう気持ち良すぎて人間ダメになりそう(^^;
 さて部屋へ戻って、晩餐にそなえることにいたしましょう。

 追記。晩餐時に判ったのだけど、40室ほどあるホテルで平日とはいえ宿泊客は たぶん 6組。やっぱり観光産業は大打撃なのだ。

◆うたゆの宿 熱海四季ホテル
 https://www.utayu.com/index_atami.html
 静岡県熱海市梅園町21-7 0557-86-0700
 チェックイン 14:00 チェックアウト 11:00

|

« 2020春「伊豆高原ビール本店」で 漁師の漬け丼 | トップページ | 2020春の伊豆熱海「うたゆの宿 熱海四季ホテル(2)」 »