« 「生そば 長岡屋@中野」で もりそば | トップページ | 「ホープ軒 環七丸山店@野方」で ラーメン »

2019.10.26

「成蔵@南阿佐ヶ谷」で 東京Xのシャトンブリアン

 完全予約制となって非常に行きやすくなった。今月2度目、通算では5度目の訪問となる。

191026narikura01

 「とんかつ 成蔵」 南阿佐ヶ谷の青梅街道から少し入った住宅街の中にあって、気づかずに通り過ぎてしまいそうなほど目立たない。

 予約時間の10:30をわずかに過ぎてスタッフのお嬢さんが注文を取りに来た。さすがにこの時間だとまだ東京エックスのシャトンブリアンもあるようだ。それならシャトンでしょうと注文を伝えてから 20分ほどで入店。
 口開けの客でもすぐ入れない。正規の開店時間は 11:00。店内の回転を少しでも良くするためなのだろうが、不思議なシステムだ。

191026narikura02 191026narikura04

 「愛農ナチュラルポーク」が無いのは判っていた。「岩中」も今日は入っていないようだ。だから「仕方ない、東京Xで行くか」となったわけ(^^;
 カウンター席に案内されて「エビスビール 650円」を注文。店内はいつものイケメンご主人と女性スタッフ4人体制。奥さんは不在のようだ。
 ともあれ一人乾杯(^^ゞ

191026narikura05

 「Tokyo-X シャトンブリアンかつ(60g×2個)定食 4,780円+メンチかつ 580円」
 着席から 10分少々(予約時間からは35分)でご提供。東京Xはこれまでに特ロースリブロースを食べているので、ようやくシャトンブリアンにたどりついた感じ。

191026narikura06

 この店の特徴である白い衣のかつが三つ。左と中央がシャトンブリアンで、右端が単品メニューで頼んだ「メンチかつ」。
 箸で触るだけで衣の表面がハラハラとフレークのように落ちるのだけど、衣全体が剥がれたりはしない。

191026narikura11

 シャトンブリアンの一つを返してみると、期待に違わぬというか全体に薄くロゼが広がっている。絶妙な火の入り具合なのですね。

 そうしてまずは何も付けずにひと口。うわっ!旨い! フワりとした衣の食感はすでにお馴染みだけど、肉が凄い。なんという柔らかさなのだろう。豚のヒレ肉でこれほど柔らかく 且つ 単なる豚の旨みを超えた味とでもいうか、なんとも表現のしようがない旨さを感じた。ピンク岩塩を軽く振ってやると、さらに肉の甘みが引き立つ。

191026narikura12

 こちらが「メンチかつ」の断面。と言っても箸で切ったものなので、美しくないし判りにくいか。これもまた柔らかく、すでに肉汁があふれている。口の中でフワフワの衣ごと溶けていく感じなのだ。やたらと評判がいいのもよく判る。

191026narikura10 191026narikura07

 ご飯も豚汁も美味しく頂いてご馳走様でした。しいて言えば付け合わせのミニ煮物とピクルスは普通のお新香にしてほしいなと

 この店でこれまで雪室熟成のシャトンや東京エックスのロース類を食べてきて、なんとなく判った気でいた。「仕方ないから東京Xで」とか前回なんかは「お値段が一番高い東京Xはこれで卒業かな?」とさえ書いたのだけど、反省。
 さすがは成蔵で食べる東京Xのシャトンブリアン、食べて見て良かったと思える逸品なのでした・・・・#

 さて次回こそは愛農ナチュラルポークが食べられますように。

とんかつ 成蔵(なりくら)
 https://twitter.com/narikura_1010/
 杉並区成田東4-33-9 最寄駅:南阿佐ヶ谷
 11:00-14:00 17:30-20:00 [完全予約制]
 水・日休 2010/8 高田馬場で創業 2019/7/8移転
 予約サイト https://www.omakase-japan.jp/stores/55285

|

« 「生そば 長岡屋@中野」で もりそば | トップページ | 「ホープ軒 環七丸山店@野方」で ラーメン »