« 「覆麺 智@神保町」でカメノテ出汁の塩 | トップページ | 「野方ホープ 中野店」で のがほ濃(こく) »

2019.09.08

「豚食健美 優膳@茂原」で吟上ロースかつ膳

 先日食べログの「とんかつ百名店 2019」が発表された。なんとなく眺めていると千葉県で選ばれた3店のうち、今年初選出でドライブがてら行けそうな店が茂原にひとつ。
 というわけでアクアラインを越えて茂原までひとっ走り。と書いたけど、結構走りでがありました(^^;

190908yuzen01

 「豚食健美 優膳(とんしょくけんび ゆうぜん)」
 店の看板には判りにくいけど「とんかつ 串揚げ 優膳」とあって、とんかつだけでなく揚げ物全般の店という雰囲気。開店直前の店先には先客無し。定刻に開店。

 カウンター6席の他、テーブル席と座敷席というか小上りもあるという店内。後客続々。
 厨房にはご主人一人、ご飯みそ汁等担当はフロア兼任の奥さんと若い男性一人。接客はとても丁寧で感じよし。これ特筆もの。

190908yuzen02 190908yuzen03

 メニューを眺めてみると、とんかつ以外にも生姜焼きや旬の魚の刺身、もつ煮など沢山のメニューがある。でも最初からロースかつに決めていたのですね。せっかくだからと単品のメニューも二品ほど追加オーダー。

190908yuzen05 190908yuzen04

 最初に出されたのはキャベツとお新香類。ダイコンとキュウリの漬物に中央は「豚肉の煮こごり」ね。これ、絶対ビールのお供だよね。・・・飲みたひ(^^ゞ
 卓上の調味料はソースに醤油、ピンク塩。

190908yuzen06

 「吟上ロースかつ膳 1,580円」
 オーダーから15分ほどでご提供。赤だしのナメコ汁がうれしい。ご飯も当然炊き立てね。キャベツとご飯はお代わり自由だそうだ。

190908yuzen08

 豚は特に銘柄を謳ってはいないけど、北海道は十勝産のものだそうだ。キツネ色というより白に近い衣は見るからにサクサクのフワり。もちろんどこにも破たんなどない。
 何故か左右が逆。手前に脂身部分が来ている。ちょっとだけ違和感。

190908yuzen07

 でもね、左から二番目を返すと、ご覧くださいまし。この肉全体に入ったロゼを。ピッタリの火の入り加減だよね。もう間違いなし。

 例によって最初は何もつけず。うん旨い。柔らか過ぎない見事な食感。あふれる肉汁の旨み。そうして脂身部分の甘みが加わって、文句なし。

 添えられたレモンとピンク塩の組み合わせが、さらに甘みを増して、なんだか幸せな気分。ご飯もキャベツもお代わり。

190908yuzen11 190908yuzen12

 「カニクリームコロッケ 400円」「ツナクリームコロッケ 290円」。単品でオーダーしたもの。どちらも凄く美味しい。でも味が強いので、とんかつより先に食べない方が良さそう。

190908yuzen13

 「黒蜜と黄な粉のプリン」と食後の「アイスコーヒー」。最後にデザートで出されたもの。
 味は杏仁豆腐、食感はプリン。えっ!どっち?と不思議な旨さのデザート(^^; 黄な粉と黒蜜。信玄餅かっ!?と突っ込みたくなるのだけど、旨いから無問題。

 単品で頼んだコロッケは別として 1,580円で、これだけの品数がどれも高いクォリティーで出てくるのは、ちょっと驚き。
 そうそう来られるところではないけれど、機会があったら是非再訪したい店なのです・・・・・。

豚食健美 優膳(とんしょくけんび ゆうぜん)
 千葉県茂原市東部台3-26-10
 11:00-14:30 17:00-21:30
 水曜・第1,3火曜休(祝日の場合翌日)

|

« 「覆麺 智@神保町」でカメノテ出汁の塩 | トップページ | 「野方ホープ 中野店」で のがほ濃(こく) »