« 「覆麺智@神保町」で 牡蛎出汁の悪い奴 | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 正油ラーメン »

2019.09.05

「とんかつ のり@中野」で鬼おろしかつ再び

 昼メシは何にしようかなと考えて狸小路のラーメン店を覗いてみると、あれま臨休。それではと急遽食種?を変更して対面の店「とんかつ のり」 

Tonkatsu_nori01

 開店後間もなくの店内は既に七割りほどの席が埋まっていて、壁沿いのカウンターに着席。この店もメニューを見るまでもなくオーダーは決まっている。1月半ほど前に食べて、この店の良さを再認識させられた「鬼おろしかつ」。夏季限定メニューでもあるしね。

Tonkatsu_nori02 Tonkatsu_nori03

 当然、昼食のお供はビール。定食に付いているお新香役のキューちゃんでも一緒に出してくれるといいのだけど。そういう気配りもして貰えると嬉しいかなと。

Tonkatsu_nori04

 「鬼おろしかつ(定食) 1,500円」
 前回同様、素敵なルックス。トンカツの上に載っているのは「大葉」と「鬼おろし(大根おろしの荒目のやつ)」に、「梅肉」。

Tonkatsu_nori05

 あれ?でもとんかつが、前回よりやや薄目に感じる。もう少し厚かったような。

190719_nori06

 前回のと比べてみよう。これが前回のものね。こいつの方がたしかに厚い。でもやや小さめ。つまり厚みというものが満足感に与える影響が大きいということか。

 気を取り直して、まずはトッピングの鬼おろし達をポン酢の中に投入してしまいましょう。

Tonkatsu_nori07

 そうして右から3番目を返してみると、部分的に薄いロゼ。火の入り方は毎度一定というわけには行かないようだ。

 例によってまずは何も付けずにひと口。そしてレモンと岩塩(ピンクと黒)。やっぱり私的にはこれが一番。途中で鬼おろしポン酢でも食べてみたけど、強すぎるのね。肉の旨みが半減されてしまうような気がする。

 結局鬼おろしで食べたのは一切れだけ。それなら最初から同じ値段の「上ロースかつランチ」にすれば良かった、とは後の祭り。
 前回、前々回と火の入り方が安定したように思えたのだけど、必ずしもそうではなさそう。簡単ではないということですね。

 たぶんそろそろこの夏季限定も終わる頃。次回以降は普通のメニューを頼むことにいたしましょう・・・。

豚肉料理専門店 とんかつ のり
 https://tonkatsunori.owst.jp/
 中野区中野5-56-15 最寄駅:中野
 11:00-14:00 17:00-23:30
 月曜休 2018.12.3オープン

|

« 「覆麺智@神保町」で 牡蛎出汁の悪い奴 | トップページ | 「がんこ西早稲田」で 正油ラーメン »