« 新店「ラーメン食堂(酒場)ブルース」 | トップページ | 食べて見た・チキンラーメンの「チキとん」 »

2019.08.29

大成食品直営「MENSTA@中野ブロードウェイ」の生ひやむぎ

 8/12、中野ブロードウェイの地下にオープンした「麺テイスティング・カフェショップ MENSTA」。

190823mensta01

 老舗「大成食品」のアンテナショップとして生麺の直売しているだけではなく、先日書いたように生パスタのイートインスペースもあるという店だ。

190829mensta01

 今日何気なく店内を覗いてみると、あれ?こんなのあったっけ?という生麺を発見。

190829mensta02

 見たことあります?「生麺のひやむぎ」なんて。しかもこの色。見慣れた白ぢゃない! 「ひやむぎ」と書いてなかったら蕎麦と見間違えていたかもしれない。大成食品さん、蕎麦も始めたの?みたいな(^^;
 17時前という時間だったからか「半額」の表示。3玉入って 150円也。そりゃ買ってみるでしょう。

190829mensta03

 早速、自宅で茹でてみたのがこちら。茹で時間は90秒推奨ね。

190829mensta04

 色が白でないのと普通のお皿に盛り付けてしまったせいで、ひやむぎというには違和感が。

190829mensta05

 さらに麺つゆをソバちょこに入れてしまったせいで、さらに違和感と言うか蕎麦感が(^^;

 肝心のお味の方はというと、蕎麦のそれではないし、かといって我々が知るひやむぎとも違ってるように感じてしまうのはこの色のせい?  乾麺ではあまり感じることのない小麦の風味はたしかにある。もちろんマズイわけではない。

 普通に市販されている乾麺のひやむぎと並べて、食べ比べてみないと判らないのかも。それにしても何故この色になるのだろう。不思議。今度機会があったら聞いてみよう。

 ともあれ違和感満載、旨い不味いを超越した蕎麦色のひやむぎだったのです(^^;

麺テイスティング・カフェショップ MENSTA
 中野ブロードウェイ地下1階 8/12オープン

|

« 新店「ラーメン食堂(酒場)ブルース」 | トップページ | 食べて見た・チキンラーメンの「チキとん」 »