« 2019GWの安曇野「妙高高原へ」 | トップページ | 2019GWの安曇野「乗鞍高原 雪の回廊」に再挑戦 »

2019.05.01

2019GWの安曇野「新店・とりしな屋@豊科」

 せっかく赤倉という温泉地まで来たのだからと、帰りは近くの日帰り温泉施設に立ち寄ってから安曇野へ。

190501tori478_01

 目的地はこちら。先月17日にオープンしたばかりの「麺kids とりしな屋~和んべえ店~」。まだ二週間しか経っていない。寸八@松本系の「鶏支那屋@南松本」の二号店だそうだ。

 14時少し前に着いてみると、駐車場は満車。お待ちの先客も4組と繁盛しているらしい。しばらく待って空いたスペースにクルマを駐めて店内へ。さほど待たずに着席。
 入ってみて何故「麺kids 」なのかが判った。子供連れに配慮した店作りだかららしい。奥の大広間には遊具のあるキッズスペースがあり、授乳室もあるそうだ。またメニューもお子様向けのものを用意しているとのこと。

190501tori478_02

 さてこちらが通常のメニュー。「寸八」は確か家系チックなラーメンだったと思うのだけど、この店はその名のとおり鶏出汁の支那そばがメインみたいだ。

190501tori478_03

 最初に出てきたのは「ギョーザ(6個) 400円」。家内とシェアして食べた。特別なことはなく普通に食べられるギョーザだ。どちらかと言うとニッスイや味の素の・・・・の方が。

190501tori478_05

 「鶏支那そば(正油)大盛り 850円」
 私が頼んだもの。大きめのチャーシューに海苔、メンマ、キザミねぎ。右手前はほうれん草。
 表面には鶏湯の層が出来ていて思ったよりオイリー。鶏支那そばという名前からもっとあっさりしたものを想像していたのだけど、違った。卓上のコショーを多めに振って、おろし生姜を適量投入してやると、アブラっぽさが中和され、かなり私好みになった。

190501tori478_06

 極細ストレートの麺が惜しい。最初のうちは良いのだけど、この熱々のスープの中では最後まで保たない。途中からダレた感じに。大盛りにしたのも失敗だったかもしれない。

 バラ肉のチャーシューが旨かった。もう少し厚いと嬉しい。

190501tori478_04

 「特製油そば 830円」
 まぜそば好きな家内が頼んだもの。普通に美味しかったそうだ。「オリオン食堂のまぜそばの方がずっと好き」だそうだ(^^;

 ともあれ「令和」最初のラーメンは、安曇野のオイリー支那そばなのでした。

麺kids とりしな屋~和んべえ店~
 長野県安曇野市豊科617-3
 11:00-15:00 17:00-23:00
 木曜休 2019.4.17オープン

|

« 2019GWの安曇野「妙高高原へ」 | トップページ | 2019GWの安曇野「乗鞍高原 雪の回廊」に再挑戦 »