« 2019GW アクアラインを越えて「梅乃家@富津竹岡」 | トップページ | 精進湖からの富士山 »

2019.05.10

「とんかつ檍(あおき)浅草橋店」で 特ロースかつ

 久しぶりの浅草橋。正月に有名店の「すぎ田」に来て以来になる。今日のお目当ては元「丸山吉平」の「とんかつ檍(あおき)浅草橋店」。「檍」自体も蒲田や大門、銀座に店を持つ有名店になる。

190510aoki_ask01

 平日金曜日、もう空いている時間帯だろうと14時少し前に着いてみると、あれま 4人の外待ち。でもほどなく席が空いて入店。店内はカウンター10席?に 4人がけテーブルが一つ。

190510aoki_ask02

 カウンターの方に着席。メニューを眺めると銘柄豚が2種類ある。秋田ポークの「こまち豚」と千葉の「林SPF豚」。若干迷って「林SPF豚」を選択。「こまち豚」はまた後日。

190510aoki_ask03

 卓上の調味料はソースのほかに塩が3種類。ヒマラヤ岩塩が2種類に沖縄の海塩。そして一味唐辛子に醤油。

190510aoki_ask04

 「林SPF豚の特ロースかつ定食 2,000円」
 しばらくお待ちの後、ご提供。300gはあろうかという分厚いロースかつがドン。豚汁にご飯。チラリとしか写ってないけど、たくあん漬け。

190510aoki_ask05

 左から2番目を返すと、こんな感じにピンク色が残っている。期待は高まりますな。
 まずは何もつけずに一口。粗めのサクッとした衣の食感がいい。これだけ厚いと肉の方もしっかり噛む必要がある。かといって硬いという食感ではない。そして豚に間の旨みがジワリ。脂身を含む部分もまた旨い。、

 林SPF豚は中野の元「かつ真」や「のり」でも食べたことがある結構メジャーな豚。でもこの厚さは食べたことがない。

 続いてナマックというヒマラヤ岩塩で、次いで粟国の塩。さらにヒマラヤのピンク岩塩でと食べてみたけど、一番慣れているピンク岩塩とレモンの組合せが一番私好みかなと。

 この質感とボリュームで 2,000円というお値段はかなりお得な気がする。この店も再訪必至。次回は是非「こまち豚」をたべてみたい。お隣さんが食べていた「かつカレー」も美味しそうだったなぁ。

 そうそう特筆すべきはしっかり豚が入った豚汁の旨さ。これ大事(^o^)v

とんかつ檍(あおき)浅草橋店
 台東区浅草橋5-20-8 最寄駅:浅草橋
 11:00-15:00 17:00-20:00
 日月休

|

« 2019GW アクアラインを越えて「梅乃家@富津竹岡」 | トップページ | 精進湖からの富士山 »