« 「とんかつ こぶた@館山」の特上ロースかつ定食 | トップページ | 満腹中枢が壊れた夜・その1「長浜や」 »

2019.04.14

「とんかつ ふる味@糀谷」で上ロースかつ

 糀谷という地名は聞いたことがあったけど、実際に行くのは初めて。この店が「東京とんかつ会議」で紹介され殿堂入りしなかったら、この地に訪れることは永久に?無かったに違いない。

190414furumi01

 「とんかつ ふる味」
 京急蒲田駅から羽田空港線で一つ目、糀谷駅。ここから伸びる何故かムード歌謡が流れるレトロな商店街の中にある。

 近所にいくつもある駐車場にクルマをおいて店の前に着くと、ちょうど開店時間。先客は無し。

190414furumi02

 上は店先のメニュー。「SPF筑波美豚使用」とある。テレビでは「ヒレかつ」がお奨めと言っていたけど、初訪問ではロースと決めている。

 狭めの店内は吉野家風コの字型カウンターのみ。券売機で食券を買って、その隅に着席。厨房が奥になっているために調理風景が見られないのが、ちょっと残念。

190414furumi04

 カウンター上の調味料。定番のとんかつソースとカラシの他「沖縄・粟國の塩(左)」「ヒマラヤ岩塩」が置かれている。

190414furumi05

 「上ロースかつ定食(200g) 1,800円」
 しばらく待ってご提供。ナメコの赤出汁と油のいいニオイ。キャベツの量が少なく見えるがお代わり自由。卓上にはキャベツお代わりボタン(^^;がある。

190414furumi06

 一番大きな切り身部分を返してみると、全体にごく薄いピンク色が挿している。そして非常に薄い衣は豚肉に寄り添って、どこにも破綻がない。

 まずは例によって何もつけずに一口。うん旨い。衣のサクサク感と歯が豚肉を噛み切る適度な食感。同時にあふれ出す肉汁の旨み。そして脂身の甘さ。

 そうこれなんですよ。求めていたのは。

 続いて「粟國の塩」を振って一枚。さらに「ヒマラヤ岩塩」で一枚。うんヒマラヤ岩塩の方が私好みだ。てか、やたらと旨い。レモンを絞り掛けてやると更に私好み。珍しくカラシを付けるのを忘れて食べ進んだほどだった。

 最後の端っこの部位は とんかつソースで食べてみた。やはりレモンと岩塩の組合せが一番だな。

 素晴らしい。昨日のリベンジ大成功。東京の深南部、ここまで足を伸ばしてみて良かった。

 そう、この店もまた再訪必至の名店なのです・・・・。

◇とんかつ ふる味
 https://www.facebook.com/pg/tonkatu.furumi/about/
 大田区萩中2-8-16 最寄駅:糀谷
 11:00-14:00 17:00-20:00
 月曜休 2018/4末オープン

|

« 「とんかつ こぶた@館山」の特上ロースかつ定食 | トップページ | 満腹中枢が壊れた夜・その1「長浜や」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「とんかつ こぶた@館山」の特上ロースかつ定食 | トップページ | 満腹中枢が壊れた夜・その1「長浜や」 »