« 「すぎ田@蔵前」で とんかつ(ロース)の昼食 | トップページ | 「井泉 本店@御徒町」で 特ロースかつ »

2019.01.08

「覆麺智@神保町」で オマールブルー出汁の塩

 今年の東京でのラーメン初めは日曜日の「アカマル」に続いて、ここ「覆麺 智」

190108fukumen01 190108fukumen02

 今日は高級食材のオマール・ブルー(海老)の出汁だというので、それは食べておかなくてはと神保町へ出撃。着いてみると横の路地には既に12人の行列。皆さん同じくオマール・ブルー目当てみたい。

 店先には「ヨーロッパ産 オマールブルー」の貼り紙。いつもの暖簾が右側に移されている。

190108fukumen03 190108fukumen04

 左が仕入れた状態の「オマールブルー」。冷凍された頭の部分だけではあるけれど、なるほど青みがかった色をしている。これが出汁を取るために茹でられると海老らしい赤に変わる。
 ヨーロッパの人たちはエビの頭を使わないのだろうか?

190108fukumen05

 「オマールブルー出汁の塩ラーメン 1,000円」
 やや白濁したスープは がんこ系の塩らしく黄金色。左上から味玉、海苔、メンマにチャーシュー。中央に水菜と青唐辛子、揚げ焦がしたねぎ。

190108fukumen06

 そうして箸の先端に付けられているピンク色のゼリー状のものがオマールブルーのミソ。
 最初にスープだけを口にしてみるといかにも海老出汁ですという塩のスープ。少しだけ箸に着いたミソを舐めてみると、あ、甘いんだと。

 続いてスープにこのミソを溶かし込んでやると、焦がしネギの風味とともに甘み旨みが渾然一体となって押し寄せる。うん、旨いっ!

190108fukumen07

 いつもの中細ストレート麺はサッポロめんフーズ製。トロトロのチャーシューも味玉もいつもどおり美味しいしで、もう文句ない文句ない。

 例によって完食の全汁でご馳走様でした。この出汁の悪魔を食べてみたい。そう思った。

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00(9:00開店もあり) 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は弟子君メニュー

|

« 「すぎ田@蔵前」で とんかつ(ロース)の昼食 | トップページ | 「井泉 本店@御徒町」で 特ロースかつ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/67570221

この記事へのトラックバック一覧です: 「覆麺智@神保町」で オマールブルー出汁の塩:

« 「すぎ田@蔵前」で とんかつ(ロース)の昼食 | トップページ | 「井泉 本店@御徒町」で 特ロースかつ »