« 2018-19冬の安曇野「一夜明けると雪景色」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野・大町温泉郷「薬師の湯」 »

2019.01.02

2018-19冬の安曇野・ラーメン初めは「行雲流水@穂高」

 正月二日から開いているラーメン店の心当たりは二つ。最初に一番近い「ヌプチェ@倭」に行ってみると、すでにかなりの行列。出遅れたか。

19010201

 それではと穂高まで足を伸ばして「行雲流水(こううんりゅうすい)」である。元「麺ちょびほた丸」があった場所ね。前にも書いたけどジョージ秋山氏の「浮浪雲」の主人公を想起させるネーミングだ。

19010204 19010208

 幸いまだ席が空いていて、すんなり着席。メニューを眺めて、一番上にある味噌ラーメンをオーダー。寒いこともあって気分は味噌だったのですね。

19010212

 「とろみにぼし味噌麺 860円」
 具は低温調理だという大きなローストポークに水菜と糸唐辛子、ダイコンの千切り。その名のとおりトロミの強いスープはいわゆるベジポタ系。あまり味噌が強くないのが私的には嬉しい。

19010219

 やや茶色がかった細ストレート麺がこの熱々でトロミの強いスープをよく持ち上げる。一気に口の中に入れたら火傷しそうになった(^^;

19010224

 大きくて柔らかなローストポーク。旨いのだけどもう少し厚みがあると食感的にも嬉しいかなと。

 あと細麺のせいか熱々のスープの中で最後まで保たずに、ちょっとダレてしまった印象。

 ともあれ、ラーメン始めとしては充分満足できるレベルの味噌ラーメンなのでした。

 今度はこの店の醤油系あっさりを食べてみたい。

◆行雲流水(こううんりゅうすい)
 長野県安曇野市穂高8208-2
 11:30-14:00 18:00-21:30 火曜休
 年末は29日まで 年始は 1/2からだそう
 2016.5.3オープン

|

« 2018-19冬の安曇野「一夜明けると雪景色」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野・大町温泉郷「薬師の湯」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018-19冬の安曇野・ラーメン初めは「行雲流水@穂高」:

« 2018-19冬の安曇野「一夜明けると雪景色」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野・大町温泉郷「薬師の湯」 »