« 「中華そば 勝本@水道橋」で 濃厚煮干しそば | トップページ | めん徳 二代目 つじ田 水道橋店 »

2018.12.19

「とんかつ 神楽坂 さくら 本店」で 桜山豚のとんかつ

 昼食を食べ損ねた午後。そして もうじき日が暮れそうな時間になっての神楽坂。

 空きっ腹を抱えていたせいか、気分は肉料理。こんな時間に営業している店はあるだろうかと坂を上っていくと、ありました。立派な店構えの とんかつ専門店。

181219sakura01

 「とんかつ 神楽坂 さくら本店」
 店先のメニューをチラ見すると「林SPF豚」に並んで「桜山豚(オウシャントン)」という見慣れぬブランド名が載っている。ちょっとお高いかなと思いつつも、とにかく入りましょう食べましょう。

181219sakura03 181219sakura02

 入口近くの「指定農牧 桜山豚」の看板を横目に着席。案内してくれたフロア担当のお姉さんきれいだな、なんて思いながら改めてメニューを見てお願いしたのは、やっぱり桜山豚でしょう。

181219sakura05 181219sakura04

 テーブル上の各種調味料(ピンク色の岩塩・カラシ・ソースは辛口と甘口)と、右はご飯のお供たち(高菜・柚子ダイコン・そぼろ)。

181219sakura06

 「桜山豚のロースかつ定食(140g) 1,680円」
 なるほど、ちょっとお高い価格設定のことだけあって、納得感のあるルックスとボリューム。キャベツが別皿で大盛になっているのがいい。ご飯とみそ汁はお代わり自由だそうだ。

181219sakura08

 厚さ 2cmに切られた桜山豚(オウシャントン)。あまり聞かないブランド名だけど、どうやら那須高原系のものらしい。たぶんこの厚さが食感とルックスが両立するところなのだろう。

 最初にピンクの岩塩だけを少量振って ひと口。とたんに「あ、旨い!」。
 コロモのサクッとした食感も肉の柔らかさ、豚の旨みもグッド。思わずいいね(^^; ちゃんと値段相応の味になっている。

 空きっ腹のせいというのもあるかもしれないが、これはご飯が進む。アッという間にお代わり。
 そうして「おろしポン酢(別料金 100円)」やソースの辛口・甘口などを試しながら、ウマイ旨いと食べ進んで完食。

 キャベツはテーブル上の「ゆずドレッシング」が実によく合っていたし、新潟産「こしいぶき」だと言うご飯も、そしてみそ汁も美味しいしで大満足。

 さてこのお店。いかにも名店・老舗風ではあるものの、資本系のにおいがするなと思ったら「牛角」や「土間土間」などを手掛ける大手外食チェーン系の店だった。

 ここのとんかつを食べたせいで、ちょっと外食産業のチェーン店を見直してしまった。この神楽坂本店のほか横浜馬車道、深川、馬事公苑などにも店があるらしい。

 帰り際、伝票をもってレジに行くと 1,780円だと思っていた会計は税込みでほぼ 2,000円だった。気が付かなかったのは私だし、大した差ではないけれど、なんか悲しい(^^;
 全ての飲食店(だけじゃないけど)の皆様、メニュー価格は総額表示でお願いいたしますm(_ _)m

◆とんかつ 神楽坂 さくら 本店
 https://www.tonkatsu-sakura.jp/
 新宿区神楽坂5-1-1 最寄駅:牛込神楽坂<飯田橋
 11:00-23:00 (LO.22:30) 無休

|

« 「中華そば 勝本@水道橋」で 濃厚煮干しそば | トップページ | めん徳 二代目 つじ田 水道橋店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「とんかつ 神楽坂 さくら 本店」で 桜山豚のとんかつ:

« 「中華そば 勝本@水道橋」で 濃厚煮干しそば | トップページ | めん徳 二代目 つじ田 水道橋店 »