« 新店・京都たかばしの「本家 第一旭 新宿店」 | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 黒味噌らーめん »

2018.12.16

年末恒例「覆麺智@神保町」で 渡り蟹と鮟肝出汁のヤバイ奴

 日曜日の神保町。古書店街以外は人通りも少なく閑散としている。でも裏通りだというのに、この店の前(正確には横)だけは行列ができている。

181216fukmen01

 神保町と言えばこの店「覆麺 智」
 行列と言っても、まだ11時をわずかに廻っただけという早い時間のせいかお待ちは 7人ほど。

181216fukmen02 181216fukmen03

 ご覧のとおり、今日は年末恒例スペシャルラーメンの日だ。「渡り蟹と鮟肝出汁のヤバイ奴」と書かれている。皆さんこれが目当てなわけですな。
 右はその出汁に使われた渡り蟹。外壁や暖簾の色とも調和してなかなかいいではありませんか。またそそられますな。
 10分ほども待っただろうか。券売機で食券を買って着席。

181216fukmen04

 「渡り蟹と鮟肝出汁のヤバイ奴 2,000円」
 あは、結構なお値段。まぁ具材にかかったコストからすると、これくらいになるのは仕方ないことだろう。ヤバイ奴と名前が付いているが、要するにスペシャルな悪い奴(悪魔)になる。

181216fukmen05

 一番上には悪い肉(悪魔肉)。その右には増して貰った海苔。そこから右回りに青唐辛子、メンマ、味玉。中央左側を占めているのは鮟肝のすり身。中央にキザミねぎ。

 スープをひと口。最初に来るのはカニさんカニさん、続いてアンキモ君。出汁が強いせいか、スープが悪魔にしては優しく感じる。鮟肝のすり身を口に運ぶと、もうアンキモずぶずぶで堪りません状態。そりゃそうだ 2,000円分を堪能しなくちゃね。

181216fukmen06

 硬めに茹でられたサッポロめんフーズ製の中細ストレート麺。このツルツル感の高い麺が濃い醤油色のスープをよく持ち上げるのです。

181216fukmen08 181216fukmen07

 ショッパ旨い悪魔肉とトローリの味玉。箸で割ったので、美しくないのはご勘弁。

 旨い、でもショッパい、でもやっぱり旨い。そんなのを繰り返して、完食の・・・やってはいけない全汁。

 年末は特例。今月2回目の悪魔注入完了!(^_−)−☆

◆覆麺 智(とも)
 https://twitter.com/hukumentomo2009?lang=ja
 千代田区神田神保町2-2-12 最寄駅:神保町
 11:00-20:00(9:00開店もあり) 水日祝は 17:00頃まで
 売切れ終了あり 無休 日曜は弟子君メニュー

|

« 新店・京都たかばしの「本家 第一旭 新宿店」 | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 黒味噌らーめん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末恒例「覆麺智@神保町」で 渡り蟹と鮟肝出汁のヤバイ奴:

« 新店・京都たかばしの「本家 第一旭 新宿店」 | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 黒味噌らーめん »