« 「ぽっぽっ屋@水道橋」で 油めん | トップページ | 晩秋の富士山(うっすらと赤富士) »

2018.11.22

新店「三代目 麺屋 火華@中野」は ピリ辛ラーメン

 9月末頃からだったか、早稲田通りのモスバーガーの向かって右隣り(七輪焼肉日本代表の左隣り)で改装を始めている店舗があった。

181013hibana

 その途中から店先に告知が出ていて、どうやらラーメン屋の新規出店で、米国や豪州、ソウルやプサンなどで既に営業している店が逆輸入的に11月初旬開店予定、ということらしい。

181122hibana01

 その開店が若干遅れ、11月下旬となったみたいだ。正確なオープン日はわからないが店先に並んだ生花か新しいことから、きっと数日以内だろう。

181122hibana03 181122hibana05

 入り口の手前右にある券売機で、一番オーソドックスと思われるラーメンを選択。

181122hibana07 181122hibana09

 これ以外は結構お高めな気がするけど、まぁ今時としてはこんなものか。替え玉があるところを見ると博多系?

181122hibana11 181122hibana13

 17時少し前という時間。結構奥行きのある店内に先客は一人だけ。テーブルの調味料と貼られていたサイドメニュー。
 食券を渡すとスタッフのお姉さんが、当店のラーメンは元々カラめですが、辛さはどうしますか? と聞いてきた。二段階?辛さを増すことができるようだ。カライのが苦手な私は「普通のまま」で硬さはカタメをお願いした。

181122hibana15

 「ラーメン 750円」
 パッと見は豚骨醤油で、目立っているのはバーナーで炙られた大きめのチャーシュー。実際スープをひと口すすってみると、博多系豚骨味のスープがピリ辛に仕上がっている。この程度の辛さなら許容範囲内。

181122hibana19 181122hibana21

 カタメで頼んだ麺は、ストレートで低加水というほどでもなく柔らかめの印象。炙られて香ばしい味のチャーシューがいい。
 何か特別にという感じはないが、ウマいラーメンだった。

 中野ラーメンストリートを抜け早稲田通りに出て、すぐ右という立地。そばには「藤丸」「中野家」さらに「長浜食堂」。大激戦地のこの地で果たして・・・検討を祈ろう。

◆三代目 麺屋 火華
 中野区中野5-49-7のあたり 最寄駅:中野
 11:30からスープ終了までだそう
 休業日不明

|

« 「ぽっぽっ屋@水道橋」で 油めん | トップページ | 晩秋の富士山(うっすらと赤富士) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/67412556

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「三代目 麺屋 火華@中野」は ピリ辛ラーメン:

« 「ぽっぽっ屋@水道橋」で 油めん | トップページ | 晩秋の富士山(うっすらと赤富士) »