« 「麺屋 はし本@中野」で らー麺 | トップページ | 「野方ホープ 中野店」で つけ麺 »

2018.08.09

新店「煮干しそば 梵(そよぎ)@中野」で 濃厚つけ麺

 元「黒庸介」の場所へ移転した「麺匠 ようすけ」。そのさらに跡地に新店ができていた。7/末にはオープンしていたみたいなので、すでに10日程度は営業していると思われる。

180809soyogi01

 今週何度か覗いてみたのだけど、3日間ほど連続して臨時休業? まだ看板もできていないみたいで、入口に貼り紙で「煮干しそば 梵(そよぎ)」とある。

180809soyogi02 180809soyogi03

 どうやら現時点では表札?代わりの貼り紙にある「煮干しそば」はなく「つけ麺」しかやっていないようだ。でも夏場はそれでもいい。早速券売機で一番スタンダードと思われる「濃厚つけ麺」の食券を買って店内へ。

 外観もそうだけど、店内も「ようすけ」時代のまま。更に紙エプロンやヘアバンド(ゴム)の用意があったり、貼り紙に使っている書体などが「ようすけ」時代のものと似ているようにも見える。色濃く「ようすけ」を残している。そんな感じだ。

 18時過ぎの店内は女性客が一人だけ。後客二人。厨房側では30過ぎくらいのお兄さんが一人でオペレーション。他にスタッフはいない。というか前の店同様、入れない。

180809soyogi04 180809soyogi05

 着席して、カウンターの説明書きなどを読んだりしているうちにご提供。この説明書きの文体も似ているような。

180809soyogi06

 「濃厚つけ麺 850円」
 白いドンブリに美しい盛り付け。正面に大きくカットされたチャーシュー。その向こうに麺に合せるかのように縦に割くように切られた長ネギ。海苔。

180809soyogi07

 そうして麺が一番特徴的。断面がほぼ正方形の中太ストレート麺は加水率低め。この画では判りにくいかもしれないが、日本蕎麦をイメージさせるような わずかに茶と灰色がかった色をしている。

 食べて見ると、この麺がやたらと旨い。硬めにゆでられたギュッという、これぞコシというような食感が素晴らしい。一体どこの麺なのだろう。気になる。

180809soyogi08

 これ合わせるつけ汁は、もっと鶏白湯の雰囲気を残しているかと思ったらさにあらず。説明書きどおり鶏の存在を微妙に感じさせながらの濃厚豚骨魚介に仕上がっている。と言っても煮干し系の魚介は強すぎず、むしろ好ましいレベル。

 うん、旨い。激戦地 中野駅北口ラーメンストリートにまた美味しい「つけ麺店(今のところ)」ができました。

 未食の方には、一度是非どうぞとお奨めしておきますね。

◆煮干しそば 梵(そよぎ)
 中野区中野5-57-4 最寄駅:中野
 11:30-22:30 (LO.20:00)
 日祝 11:30-17:30 2018/7オープン

|

« 「麺屋 はし本@中野」で らー麺 | トップページ | 「野方ホープ 中野店」で つけ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/67039368

この記事へのトラックバック一覧です: 新店「煮干しそば 梵(そよぎ)@中野」で 濃厚つけ麺:

« 「麺屋 はし本@中野」で らー麺 | トップページ | 「野方ホープ 中野店」で つけ麺 »