« 富士宮やきそば「野武士」で 肉玉焼きそば | トップページ | 「九州とんこつらーめん ひらさわ@水道橋」で カタメ »

2018.08.20

吉田のうどん「天下GO!麺 」で ぜいたくうどん

 富士吉田で昼食となれば「吉田のうどん」に決まってますな。というわけで本日はこちら「天下GO!麺」

180820tenka5men01

 お隣の河口湖や忍野を含めると60店舗ほどもあると言う吉田のうどん店のうち、これまでに食べたのはおよそ半分の 29店ほど。残る店の中で有名店となると、ここが最後かもしれない。

180820tenka5men02 180820tenka5men03

 「手打ちうどん」という幟旗(のぼりばた)はあるのだけど、店名の記載が暖簾にもどこにもない。割りと判りにくい場所と聞いていたので、ここでいいのだろうと。実際間違っていなかった。

 店の脇にはサイクルスタンド(右の画)。チャリ旅の人たちには嬉しいことだろう。
 たしかこの富士吉田の地がロケ先になっていたショーケン主演で彼が競輪選手役を務めたドラマ「祭ぱやしが聞こえる」を思い出した。同時に柳ジョージが歌ったテーマ曲も。

 閑話休題。
 定刻の5分前にはすでに開店していたので、すんなり入店。当然先客はなし。カウンター4席に座敷席。かなり広めだ。厨房にご主人、フロア担当に女性二人。うち一人は奥さん?

180820tenka5men04

 メニュー代わりの注文用紙を眺めて「このぜいたくうどんとはどういうものですか?」と奥さんらしき人に聞くと「全部入りです」と。「ではそれを」とお願いして待つこと・・・結構長かった。開店時間前だったので、注文を受けてから茹ではじめたせいだろう。カウンターに座ったので厨房の様子が判る。

 しばらくして釜からうどんを揚げ、冷水で締める様子が見て取れた。そして改めて手ぼザルで温める。丁寧な作業。お待ち時間は若干長かったけど一番いいところを食べられるわけだ。

180820tenka5men05

 「ぜいたくうどん(大盛り) 620円」
 手前に「ちくわ天」、奥が「掻き揚げ」。カットされたカボチャがそのまま入っているのがうれしい。ちくわ天に隠れてしまっているが、左に馬肉とワカメ、右側に極太のキンピラ。上部にキャベツ、手前にキザミねぎ。

 ダシつゆは吉田のうどんらしく味噌と醤油の合わせに、煮干しだろうか魚介ダシを感じる非常に旨いもの。割りとアッサリめなのだけど、揚げが入っているので適度に脂分が溶け出して、とっても私好み。
 天ぷら系を頼まない場合は、テーブルに置かれた天カスを足すのが吉だろう。

180820tenka5men06

 すぐに「スリだね(この店では「辛味」と呼んでいる)を投入。最初はほんの少し。店によってかなりカラい場合があるので、徐々に増やして自分の適量を決めるのが正しいやり方。

 うどんの画像を撮り忘れた。太さ硬さは ほぼ吉田のうどん標準。でもツルツル感が秀でている。むしろ吉田らしくないくらい。このうどんもいいなぁ。

 天下GO!麺という店名に何故か腰が引けていたのと、判りづらい場所にあるのとで後回しにしていたのを後悔したくらい GOOD!

 これで「吉田のうどん」は 30店目。そのうち再訪必至と思った数少ない店の一つなのです。未食の方で、この地にご縁があった方には是非にとお奨めしておきます。

 ・・・今後この土地を訪れる機会が減っていきそう。富士宮やきそばと同じく、気に入った店をリピートする方向でいきたいと思います。

◆天下GO!麺 (てんかごめん)
 山梨県富士吉田市小明見2150
 11:00-14:00 土日祝 10:30-15:00
 火曜休 祝日の場合翌営業日?

|

« 富士宮やきそば「野武士」で 肉玉焼きそば | トップページ | 「九州とんこつらーめん ひらさわ@水道橋」で カタメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/67081184

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田のうどん「天下GO!麺 」で ぜいたくうどん:

« 富士宮やきそば「野武士」で 肉玉焼きそば | トップページ | 「九州とんこつらーめん ひらさわ@水道橋」で カタメ »