« はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018(苗プリ編) | トップページ | 「勝本(かつもと)@水道橋」で 濃厚煮干しつけそば »

2018.08.26

はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018(二日目)

180826naepri_last

 さて、二日目の行程の始まり。ホテルのスタッフに見送られて最初の目的地へ。

180826okky01

 ホテルからはすぐ近くの「奥清津発電所 Okky」。揚水式水力発電所としては日本最大級の出力を誇るそうだ。左側に見えているのが洪水吐。

180826okky02 180826okky03

 ここのミュージアムと「水の路」なる作業坑(トンネル)などを見学。

180826okky05

 「二居ダム」 この揚水式水力発電用に昼の間 貯水しているのがこのダム。

180826okky06

 ロックフィル式のダムだそうだ。なるほど表面には岩がビッシリ。中心部は粘土質のコア材、その両面に砂や砂利からなるフィルター材、さらにその外側に岩のロック材を敷き詰めているのだだそう。
 知らなければ確かに岩で満たして(埋め尽くして)いるように見える。

180826uonoayu01

 続いて向かったのは六日町は魚野川の河原。ここで催されていたのが「魚野川 鮎まるかじり祭り」

180826uonoayu02

 ご覧のとおり、河原に全長20mの炉(焼き場)を作って鮎を塩焼きにしている。

180826uonoayu03

 猛暑の中、炭火や焼きの番をしているスタッフには頭が下がる。

180826uonoayu04

 鮎一尾と 600円分の食券をあらかじめ貰っている(ツアー代金に含まれている)ので、足らずまいだけを 実費負担すればいい。

180826uonoayu12

 思ったよりずっと大きな鮎。ホクホクで頭から全部食べることができた。

180826uonoayu14

 「サーモンいくら丼 800円」は家内が頼んだもの。ご飯の量に比してイクラとサーモンが寂しいが 200円の実費で済んだのだから文句は言えないか。

180826uonoayu13

 「牛ステーキ丼 1,000円」
 こちらはボリュームたっぷり。旨かったし。400円の実費負担で済んでしまったのがウソみたい。具が少なかった家内とシェアしても充分の食べ応えだった。

180826uonoayu05 180826uonoayu06

 会場は次々と到着する はとバスのせいもあって大盛況。

180826uonoayu15

 テントは影を作ってはくれるものの熱は通してしまう。川風は吹いているのだけど汗が噴き出してくる。
 早々にエアコンの効いたバスに戻ることにした。

180826harada01 180826harada02

 この後は、上州沼田の「原田農園」で桃狩り。
 甘い桃を3つずつ(計6個)貰って帰路へ。

 日曜日の夕方とあって、帰りの関越は大渋滞。まぁ自分で運転するわけでもないし、殆ど寝ていたわけだから無問題。

 渋滞も計算に入れての帰着予定時間(19:30)には新宿西口着。座り疲れたけど充分満足な「はとバスの旅」だったのでした。

◇奥清津発電所 Okky
 http://www.jpower.co.jp/okky/
◇魚野川 鮎まるかじり祭り
 http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/kanko/event/1469599434377.html
◇原田農園
 http://www.harada-nouen.com/

◆はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018
 https://www.hatobus.co.jp/dom/feature/prince/

|

« はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018(苗プリ編) | トップページ | 「勝本(かつもと)@水道橋」で 濃厚煮干しつけそば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/67105104

この記事へのトラックバック一覧です: はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018(二日目):

« はとバス夏の大感謝祭in苗場プリンス2018(苗プリ編) | トップページ | 「勝本(かつもと)@水道橋」で 濃厚煮干しつけそば »