« 本日移転「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏そば | トップページ | 新型「フォレスター」のお披露目会@品川インターシティー »

2018.06.20

久しぶりの品達「金澤 濃厚豚骨らーめん 神仙」

 最後に行ったのは 2012年5月の「なんつっ亭」だから、なんと6年ぶりの「品達(品達ラーメン 麺達七人衆)」である。
 入っている店もずいぶん変わった。2004年12月のオープン以来、ずっと続いているのは「なんつっ亭」と「せたが屋」だけだろう。

180620shinsen01

 品川でのイベントの前に遅い昼食にと寄ってみたのは、なんとなく目を惹かれた「金澤 濃厚豚骨ラーメン 神仙」。濃厚豚骨よりも金澤という地名に釣られたかな。

180620shinsen02 180620shinsen03

 券売機で珍しく特製なるボタンをボチッ。午後4時少し前という時間。他にお客さんのいない店内で待つことしばし。

180620shinsen04

 「特製豚骨ラーメン 930円」
 茶濁した醤油ベースの豚骨スープがいかにも濃厚そうに見える。トッピングには大きめのばら肉ロールのチャーシューが2枚に味玉、海苔2枚、メンマ、きざみネギ、そしてナルト。

 スープをひと口。なるほど濃厚豚骨には違いない。「無鉄砲@沼袋」あたりと比べると、それほどでもないように感じるけど充分美味しい。

180620shinsen05

 博多系低加水の極細麺。カタで頼んだのが正解。ちょうど私の好みに合っていた。

 柔らかチャーシューも、半熟トロリの味玉もよし。途中でテーブル上のニンニクや一味、すりゴマなどを加えて味変。うん、この方がいい。

 替え玉もあったけど、デフォルトの麺量が少ないわけではないので、頼まず仕舞い。

 完食の7割汁で、ご馳走様でした。

 美味しかったけど、豚骨スープで低加水の細麺を食べるのなら、別の店でも良かったかな。なんつって(^^;

◆金澤 濃厚豚骨らーめん 神仙 品達店
 http://www.shinatatsu.com/shinagawa/shop/shinsen.html

|

« 本日移転「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏そば | トップページ | 新型「フォレスター」のお披露目会@品川インターシティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66854573

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの品達「金澤 濃厚豚骨らーめん 神仙」:

« 本日移転「麺匠 ようすけ@中野」で 濃厚鶏そば | トップページ | 新型「フォレスター」のお披露目会@品川インターシティー »