« 「神座 東京ドームシティ店」で 冷やしラーメン | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 味噌つけ麺 »

2018.06.28

「麺匠 ようすけ@中野」で 鶏(清湯)そば

 先日(6/18)、元「黒庸介」の場所へ移転・営業再開した「麺匠 ようすけ」

180628yousuke01

 18時少しすぎに店の前を通ると、店内に先客は一人だけ。それではと入ってみることにした。

180628yousuke04

 外の券売機には、移転当日にはあったはずの醤油や味噌の「濃厚鶏(白湯)そば」は貼り紙で隠されていて、「しばらくの間は塩のみ」でいくことになったらしい。まだ安定していないということなのだろう。

 であればと先日食べ損ねた清湯だという「鶏そば」のボタンをボチっ。入店してカウンターの天板に食券を置くと麺の硬さを聞かれるので「普通で」お願いして待つことしばし。

180628yousuke07

 「鶏そば(塩) 750円」
 提供と同時に「お好みでレモンをお付けできますが」と店長。「お願いします」と私。

 塩ベースらしく透明度の高い清湯スープは、鶏油のせいかわずかに黄金色。
 トッピングに関しては以前の鶏白湯時代と変わらず、先日の濃厚鶏そばにはあった「そぼろ風の鶏挽肉」はない。

 スープをひと口。うん、旨い。これはいい。先日鶏白湯で感じた鶏トリした印象がなくなっている。たぶんブレだったのだろう。説明書きにある「キレとコクのあっさり清湯スープ」は文面どおりに仕上がっているようだ。

180628yousuke12

 鶏白湯と(たぶん)変わらないいつもの細ストレート麺が、この清湯のスープにもよく合っている。もちろん持ち上げもいい。

180628yousuke13 180628yousuke05

 柔らか鶏チャーシューは安定の味。ある程度食べ進んだところでレモンを絞り、コショーをさっと振ってやると更に私好みになってくれた。

 もちろん完食。そしてこのスープは残せませんて。全汁で、ご馳走様でしたと店を出た。

 中野に鶏白湯の名店はあっても鶏清湯はなかった。また一つありがたい選択肢が中野に増えた。

 ご興味のある方は是非一度どうぞとお奨めしておきます。

◆麺匠 ようすけ
 中野区中野5-57-2 最寄駅:中野駅
 11:30-16:00 17:30-25:00 (金土 26:00迄)
 水曜休

|

« 「神座 東京ドームシティ店」で 冷やしラーメン | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 味噌つけ麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66879867

この記事へのトラックバック一覧です: 「麺匠 ようすけ@中野」で 鶏(清湯)そば:

« 「神座 東京ドームシティ店」で 冷やしラーメン | トップページ | 「麺や 神笑(かぐら)@中野」で 味噌つけ麺 »