« 新店「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」 | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 立川店」で全店制覇再び »

2018.04.22

「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 限定2種

 久しぶりの「ラーメン 大木戸」。大田区は梅屋敷に移転した元「むろや」。昨年5月以来の訪問。ざっと一年近く経ってしまった。

180422okido01

 事前情報では2種の限定を出しているという。開店時間をわずかに過ぎて入店。店内にはご主人のFさん一人。まだ早い時間、先客はなし。

180422okido02

 店先には期間限定のひとつ、「ラーメンマガジン」とコラボ?の「NAKED」なる"かけラーメン"の貼り紙。

180422okido03

 「限定"NAKED"浅利とホンビノスの かけらーめん 700円」
 貝類を使ってのダシは「むろや」時代からの鉄板ネタでもあるので安心感がある。トッピン具はキザミねぎだけという"NAKED"なスープは、がんこ風に言えば 100ラーメンか。それでも充分すぎるほどに旨い。

 ホンビノスはハマグリの仲間で比較的廉価。でもハマグリよりもよくダシが出るのだそう。

180422okido04

 これに合わせるやや硬めにゆでられた細ストレート麺が、この旨いスープをよく持ち上げる。

 これウマッと、あっという間に完食。普段なら一気に全汁するところだけど、ここで一時停止。

180422okido05

 券売機の貼り紙ね。なかなか来られない店だから今日は両方イクのです。

 最初に両方の食券を買っておいて、茹で時間がかかるつけ麺を後に、NAKEDの方を先にとしたわけだ。だから一杯目を食べ終わると、まもなくご提供。

180422okido06

 「限定 カレーつけめん 850円」
 スパイシーな辛さとダシの甘さのちょうど良いところ。うまいよねぇ。

180422okido08

 麺はもちろん浅草開花楼製の太ストレート麺。なんでも「高はし@赤羽」で使っている麺と同じものだそうだ。

 NAKEDがアッサリだったから、ちょっと濃いめのこのカレーつけ麺が余計旨く感じる。

 麺を食べた後は、残しておいたNAKEDのスープでつけ汁を割ってみた。うん、これはこれであり。いつもの、もう一度魚が香る割りスープもいいけれど、この貝ダシも合う。これもいいねと、やっぱり全汁。
 ご馳走様でした。

 この店もまた、もっと足繁く通うべき店なのです。ちと遠いけど(^^;

 そうそう、近々夜の部は半分「居酒屋」にするそうです。当然それなりの肴も用意するそう。Fさんが提供する酒肴。ものすごく興味ありです。

◆ラーメン大木戸
 大田区大森西7-7-17 最寄駅:梅屋敷
 11:15-15:00 17:00-21:00
 不定休(ほぼ無休) 2014.3.16移転オープン

|

« 新店「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」 | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 立川店」で全店制覇再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66640387

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラーメン 大木戸@梅屋敷」で 限定2種:

« 新店「スープカレー GARAKU(ガラク)中野店」 | トップページ | 初訪問「ラーメン二郎 立川店」で全店制覇再び »