« 2018北東北遠征・湯煙り旅「鶴の湯・夜の本陣と食事編」 | トップページ | 2018北東北遠征・湯煙り旅「秋保温泉郷 秋保グランドホテル」 »

2018.02.03

2018北東北遠征・湯煙り旅「乳頭温泉から盛岡冷麺」

 出立直前の「乳頭温泉郷 秘湯 鶴の湯」

180203tsurunoyu51

 朝食の時点では、全く降っていなかったはずが、チェックアウトを済ませて外へ出ると、あれま結構な雪降り。

180203tsurunoyu52 180203tsurunoyu54

 山の天気は変わりやすい。積もり始めてるし。フワフワの雪なのでクルマから雪を払うのも簡単・・・だけど、最初に払ったフロントウインドーにはもう積もってる(^^;

180203tsurunoyu53

 雪降りの「鶴の湯」を振り返って、お世話になりました。また来られますように。

 今日の目的地は南下して仙台。その前に再び奥羽山脈を越えて(抜けて)盛岡まで戻らなくてはならない。

180203tazawako

 せっかくだからと「田沢湖」に立ち寄ってパチリ。オフシーズンだからか全く人気が無くて寂しいねと家内。最初は田沢湖を一周して有名な「たつこ像」を見るつもりだったのだけど、天気も良くないし、あまりにも閑散としているのでパス(^^;

180203pyon2sya01

 というわけで盛岡は「ぴょんぴょん舎 稲荷町本店」である。

 盛岡と言えば、私の浅い知識によると「わんこそば」か「冷麺」。家内にどっちがいい?と聞くと、牛タンが食べられそうだからと「冷麺」だって(^^;

180203pyon2sya02

 盛岡で冷麺と言えばここ「ぴょんぴょん舎」というくらい有名な店だそうだ。改めて調べてみたら、あらま銀座にも店があったのね(^^;
 さすが人気店。ちょうどお昼時とあってかなり混んでいる。でも回転は早く10分と待たず着席。

180203pyon2sya03

 こちらがランチメニュー。この右の牛タン付のやつがお得だよねと冷麺と温麺をそれぞれオーダーすることにした。

180203pyon2sya05

「盛岡冷麺+ミニ石焼きピビンパ+牛タン塩 1,280円」

180203pyon2sya07

 「冷麺」は辛さを選べたので中辛。まずは、そのボリューム感に驚き。東京の焼き肉店で食べる冷麺の倍はあるだろうという麺の量。辛さもちょうど良くてこれはいい。

180203pyon2sya06

 「ピビンパ」。ビビンバ(bibinba)だと思っていたら正しくは Pibinpaだったの?
 ミニと付いているけど、こちらもそれなりのボリューム。

180203pyon2sya04

 さらに「牛タン塩」。かなり噛み応えのあるタイプ(^^;だったけど、値段的にはこれもまた充分にあり。

180203pyon2sya08

 家内が頼んだ同じセットで麺だけが違う「雪濃温麺」
 牛骨で取ったと思われる白湯スープが旨い。もしまた機会があったら、今度は絶対これ。そう思わせられる温麺だった。

 さてさて仙台までは およそ3時間の道程。頑張って参りましょう。

◆ぴょんぴょん舎 稲荷町本店
 http://www.pyonpyonsya.co.jp/
 岩手県盛岡市稲荷町12-5
 11:00-23:00 無休

|

« 2018北東北遠征・湯煙り旅「鶴の湯・夜の本陣と食事編」 | トップページ | 2018北東北遠征・湯煙り旅「秋保温泉郷 秋保グランドホテル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66355685

この記事へのトラックバック一覧です: 2018北東北遠征・湯煙り旅「乳頭温泉から盛岡冷麺」:

« 2018北東北遠征・湯煙り旅「鶴の湯・夜の本陣と食事編」 | トップページ | 2018北東北遠征・湯煙り旅「秋保温泉郷 秋保グランドホテル」 »