« 2017-18冬の安曇野「休暇村 乗鞍高原 天峰の湯」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野「さて、下界へ」 »

2018.01.02

2017-18冬の安曇野「そば処 合掌 で とうじそば」

 乗鞍高原で温泉に浸かったら、帰り道は蕎麦でしょう。

180102gasshou01

 というわけで昨年のGW以来二度目の訪問となる「そば処 合掌」である。

180102gasshou02 180102gasshou03

 メニューを眺め、家内と娘はこの店の名物である「とうじそば」をオーダー。私はいつもどおり「もりそば」。

180102gasshou04

 信州安曇野近郊のそば処では必ずサービスで出される漬け物。この赤いカブが美味しかった。待つうちに無くなってしまった。

180102gasshou05

 「とうじそば 1,600円」
 複数人で来店の場合、二人前からお願いしますとのこと。なるほど具だくさんの鉄鍋をカセットコンロにかけてと、手間もかかっている。

180102gasshou06

 「とうじかご」と「そば」

180102gasshou07

 鍋に蕎麦を投入するのではなく、この小ぶりの「とうじかご」に蕎麦を入れて、しゃぶしゃぶして食べるのだそうだ。

 野菜と山菜、わずかに?鴨肉のダシが効いて、なかなか美味しいつゆだった。さらにボリュームが結構あって二人とも「お腹いっぱいだぁ」と、とっても満足したよう。

180102gasshou08

 私が食べた「もりそば(並) 850円」と「追加そば 600円(下の画)」

180102gasshou09

 新蕎麦というのには ちょっと遅めかもしれないけど、地元「番所(ばんどころ)」のそば畑で採れた蕎麦粉を使った蕎麦が、この濃いめの下地に良く合っていて、美味しく頂きました。

 雪見温泉とおいしい蕎麦。乗鞍三昧といったところでしょう。

Gasshou_gglmap

◆そば処 合掌
 http://www001.upp.so-net.ne.jp/gasshou/
 長野県松本市安曇4025-2
 11:00から売り切れまで
 火曜・第2水曜休(冬季間不定休)

|

« 2017-18冬の安曇野「休暇村 乗鞍高原 天峰の湯」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野「さて、下界へ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68177/66234449

この記事へのトラックバック一覧です: 2017-18冬の安曇野「そば処 合掌 で とうじそば」 :

« 2017-18冬の安曇野「休暇村 乗鞍高原 天峰の湯」 | トップページ | 2017-18冬の安曇野「さて、下界へ」 »